スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命共同体

お久しぶりです……。

●13日(木)

昼食前に生協の窓口に行って、
新しく受け取った学生証に、ミールカードの機能を載せてもらいました。
それまでは「仮カード」と大きく書かれた、文字通りの仮カードを使っていましたが、
これ、本来は、新入生が春先に
(それこそ学生証に機能が載るまでに)仮に使うカード。
今この時期に使うとすれば、学生証を失くして再発行を待っている人以外にありません。
なので、仮カードを使っている期間、すごく恥ずかしかったです……。(笑)


食後には中国からのお客さんをガイドしました。
通訳の学生も付いてくれたんですが、それが何とバイトの先輩(中国からの留学生)。
(バイトのキャリアは僕の方がずっと上なんですが……。)(笑)
おかげさまで、意思疎通はかなり取りやすかったです。

あと、「レーザーポインターの後輩」が、
親御さんがお仕事で使った後に不要になった
「ちょるる」のカッターシャツ・ポロシャツ・ネクタイをくれました!!
残念なことに、後輩の家では「アンチちょるる」だそうで、(笑)
国体が終わってしまえば、ちょるるのグッズへの愛着はないらしいです……。

ということで、どうせ捨てられるくらいならと思い、いただきました。
あの後輩、今度から「ちょるるの後輩」にしてもいいですね。(笑)

夜にはバイトに行って来ました。

●14日(金)

大学の広報誌「HU-style」が発行されました。
9月17日の記事に

---
ちょうど、大学の広報誌(季刊)の裏表紙に載せる
スナップ写真の被写体を求めて歩いていたところだったそうで、
(そのこと自体は、数時間前に更新された
広大のツイッター公式アカウントで把握していました)
それに写らないかとのお話をもちかけられました!!
後輩たちも乗り気だったので、写真を撮っていただきました。
愛すべき後輩たちとのつながりが、広報誌を通じて一生残ります!!
これは嬉しい……。(笑)

で、打ち合わせを1時間ほど予定していたんですが、
スナップ写真(ポラロイドカメラで撮影)にマジックで飾り付けをする作業が必要で、
それに45分をかけました。(笑)
4人それぞれがデザインの案を作り、よかったところを集めて写真に描いたんですが、
縁あって、(笑)僕は「ちょるる」の絵を描きました。
---

と書きましたが、
裏表紙には、「レーザーポインター」「ドーノドーノ」「ストール」の各後輩と
4人で一緒に写って書き込みをしたスナップ写真
が載っています。
いい思い出になりました。

それにしても、ドーノドーノの後輩が

 進学相談会 成功させるゾ
 この4人の広島大学への情熱は本物です!


と書き込んでくれていますが、
確かに成功したものの、その後に大変なオチが付くとは、
この時点では誰も知る由がありません……。(笑)


午後からはゼミ、夜にはバイトに行きました。
バイトには、3日から続けて、9営業日連勤でした。

で、バイトで、ちょっと火傷をしてしまいました。
ハンバーグなどを焼くオーブンがあるんですが、
焼け上がって開いていたドアの内側のガラスに
ひじをガン!とぶつけてしまいました……。

ガラス面の温度がどれくらいだったかは分かりませんが、
オーブン自体は225度に設定されていました。

あと、床を掃除する道具を何と呼ぶか、後輩たちと議論しました。
僕は「ゴシゴシ」(アクセントは、2つの「シ」につく)と呼んでいるんですが、
後輩たちは「デッキブラシ」か、せめて「ブラシ」と呼ぶらしいです。
そんな高度な呼び方、僕は知りませんでした!!(笑)
2次会の後輩に「そんな呼び方、萩でも通じませんよ!!」と言われました。(笑)


●15日(土)

特に変わったことはありませんでした。
あっ、ちょっと飲みたかったので、ゆめタウンでチューハイを3本買ってきて飲みました。(笑)

●16日(日)

髪を切りに行って来ました。

あと、夜には、いつも見ている
「さんまの~」と「行列のできる~」がどちらもスペシャルだった上、
それぞれの裏番組の「シルシルミシル」・「ほこ×たて」で鉄道関係の話題をやっていることを
ガイドの後輩・友人から

「どうでもいい情報ですが、今シルシルミシル(5ch)で電車の裏側の特集をやっています。(笑)」
「それよりもなんかフジテレビのほこたてって番組で鉄ちゃんと職員さんのクイズ対決があるみたいよ(笑)」


と知らされ、
テレビのチャンネルが頻繁に変わっていました。(笑)

●17日(月)

「呉エクスプレス大阪号」で大阪へ。
大阪に着いたら金券ショップで京都までの昼特きっぷを2枚買って、
長岡京の某社に行ってきました。
書類選考に続く選考として、筆記試験とグループディスカッションを受けてきました。
筆記試験はちゃんと解けたと思いますが、
グループディスカッションのテーマがずいぶん漠然としていて面食らいました。
たいてい、その企業かその業界に関することなんですけど……。

終わったら再び昼特きっぷで大阪に戻り、
お昼に買っておいた阪急310円区間の回数券で三宮へ。
三宮といえば、「ガトーショコラの先輩」です。
夕食のお供をお願いしていて、
イタリアン(パスタ1品と、ピザ・パンは食べ放題!!)のお店で
2時間くらい面倒を見ていただきました。
選考に関する報告が少しと、あとは恋バナでした。(笑)

21時すぎに解散して、僕は時間つぶしでカラオケへ。
1時間で入って、

・BELOVED(GLAY)
・everyday、カチューシャ(AKB48)
・大声ダイヤモンド(同)
・10年桜(同)
・フライングゲット(同)
・ヘビーローテーション(同)
・12個の季節~4度目の春~(川嶋あい)
・津軽海峡・冬景色(石川さゆり)
・あずさ2号(狩人)

を歌いました。
AKB多いですね……。(笑)

で、終わったら、30分ほどネットカフェへ。
その後は三宮バスターミナルで時間をつぶし、
23時45分発の「呉ドリーム大阪号」に載りました。
運転士さんが、行きの「呉エクスプレス大阪号」と同じ人でした。

この便、どちらも座席は独立3列ですが、
車両は

「ドリーム(下り)」→「ドリーム(上り)」
「エクスプレス(下り)」→「エクスプレス(上り)」

という運用で、「ドリーム」と「エクスプレス」で分けられています。

ただ、乗務員は

「ドリーム(下り)」→「エクスプレス(上り)」
「エクスプレス(下り)」→「ドリーム(上り)」

というふうに、ドリームとエクスプレスを片道ずつ担当するようになっているようです。

で、この運転士さん、僕を見て

「お帰りなさいませ。行きと同じで、広大中央口でいいですか!?」

と声をかけてくださいました。
覚えてもらえていたようです!!
僕の方も、この運転士さんのことは以前から覚えていました。
(「ドリーム」や「エクスプレス」の運転士さんと
普段乗るような東広島市内の路線バスの運転士さんは共通なので)

●18日(火)

ゆうちょのキャッシュカードの再発行手続きを終えました。
これで、どこででもできる再発行手続きはすべて終了です。
あとは、関東に行く機会があったとき、Suicaの再発行を申請するだけです。

夕方にはバイトへ。
お客さんに「日替わり」と言うところ、「日帰り」と言い間違えそうになりました。(笑)

●19日(水)

2コマ目はゼミでした。

夕方にはバイトへ。
今日から後輩が1人増えました。
で、その後輩、すでにいる後輩と同じ名字なんですよね。
しかも、どちらも男子。
僕は基本的に先輩も後輩も名字で呼ぶ主義なので、
それでいくと、2人とも「○○君」になってしまいます。
(男子と女子なら、「君」と「さん」で区別ができますが……。)

ということで、どう呼び分けるか。
ガイドでもすでにその事例があります。
先輩と後輩(女子)に同じ名字の人がいて、
(正確には、音がにごるかにごらないかの違いはありますが……。「おおた」と「おおだ」のような)
この場合、僕の呼び方だと、2人とも「○○さん」になってしまいます。
そこで、先輩を名字・後輩を名前で呼ぶことで区別をしています。

そういえば、話が横道に逸れますが、
「ドーノドーノ」・「2次会」のそれぞれの後輩のことは、
2人で話すときには下の名前で呼んでいます。
ただ、知り合った当初はそれで問題ありませんでしたが、
ドーノドーノの後輩は入学センターの学生スタッフに、
2次会の後輩はガイドやバイトに入ってくれたため、
どうしても、他の人を交えて話す機会もあります。
そのときにだけ、名字で呼んでいます。
ただ、習慣とは怖いもので(?)
他の人を交えていても、話の勢いなどによっては、
ポロッと下の名前で呼んでしまうこともあります。

別にみんなの前でも同じように下の名前で呼んでもいいんですが、
ある人は名字で、ある人は名前で呼んでいる、というのは
何か区別(差別)をしているようでよくないなぁ、
というのが僕の考えです。
僕は小学校から高校までずっと「○○君」と呼ばれ続けていて、
その一方で周りの人には何かしらのニックネームがあるわけなので、
そのとき、少し違和感があった、という思い出もあります。
(別に嫌な思いは全くしていません。
「○○君」こそが僕の雰囲気にピッタリのニックネームなのだと
その頃から当たり前に受け止めていました)


まぁ、そういう話はいいとして、(笑)
バイトの後輩2人をどう呼び分けるか。
ガイドのケースと同様に、
すでにいた後輩は今までどおり名字で、
新しく入った後輩は下の名前で呼ぶことにしました。
店長も、そう言われてましたし……。

ところで、その新しく入った後輩は、すでにいる後輩が誘って入れました。
こういうときって、
誘った側と誘われた側は運命共同体だと思います。
誘われた側がしっかり働いていれば
「いい人を誘ってくれた」と誘った側もよく思われるし、
逆に、期待に沿うことができなければ、
「何ちゅう人を誘ったんや」とでも言われかねません。(笑)


その点、2次会の後輩は非常に優秀です。
もともと、そう思っていたから誘ったわけですが、
働きぶりはおばちゃんからも好評で、僕も鼻高々です。(笑)
ただ、ここにきて、ライバルが現れました。
仮に新しく入った後輩がかなりの働きぶりを見せた場合、
「確かによしピーはいい後輩を誘ってくれたけど、
今度のはそれ以上に期待できるぞ!!」
ということになってしまいます。
そうなると悔しいので、2次会の後輩には、

「ええかね!? ○○君(新しく入った後輩)には負けなさんなよ?
 こういう時って、誘った側と誘われた側は運命共同体やから。
 ●●さん(2次会の後輩)がしっかり働いたら、お互いええ評価がされるんやからね!?
 しっかりしぃよ!! あの2人には負けんからね!?」


と、発破をかけておきました。(笑)

……という感じの1週間でした。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。