スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙サプライズ!

またしてもお久しぶりです!!
あーあもう……。

●28日

出前博物館の展示の撤収をしました。
午前中で撤収を終えて、お昼は会場近くの喫茶店で「冷製カレーパスタ」を食べて、
午後からは大学に戻って撤収した展示物の片付けをして、
夕方にはそのまま食堂のバイトに行ってきました。
ここまで稼いだ1日は未だかつてなかったんじゃないかと思います。(笑)

●29日

某社の2次選考(集団面接・筆記試験)で広島市に行ってきました。
グリーンフェニックスで往復したんですが、往路の運転士さんがすごく丁寧!!

「まもなく不動院に到着いたします。
 不動院でお降りのお客様、いらっしゃいましたら、
 大変お手数ではございますが、お近くの頭上にございます降車ボタンでお知らせください。」

「今日も、中国ジェイアールバス、グリーンフェニックスをご利用くださいまして、
 ありがとうご……、誠にありがとうございました。」

「誠に」を付けるのが、運転士さんのポリシーなんでしょうかね……。

で、この企業、本社も勤務地も広島です。
別に勤務地は限定せずに就活をしているので、
広島の企業も、関西の企業も、関東の企業も、全国の企業も、
いろいろと受けてきました。
ただ、「広島の企業」は少なめで、広電以来2社目ということになります。

「広島で働く」ということを考えるとき、
「ドーノドーノの後輩」がドーノドーノに行ったときにかけてくれた

「先輩は、就職したら、広島を離れちゃうんですか……?」

という言葉を思い出します。
今でも同じように思ってくれているかは分かりませんが……。(笑)

あと、この企業は社員数が100人にも満たない規模ですが、
広島で知らない人は誰一人としていないと思います。
そして、生涯、なくなることはないと思います。
事実、経営状態は健全なようで、来年度から初任給が上がることになっているし、
まだ最終選考でもないのに交通費の支給がありました。
最終選考でも交通費を出してくれなかった、
誰でも名前を知っているような大手の企業もあったのに……。(笑)


で、値段は自己申告で、
片道の値段を記入して、それ×2が支給されることになっています。
僕はグリーンフェニックスの往復乗車券を買ったので、
片道の値段のところに、往復乗車券÷2の680円と記入して、
往復乗車券のぴったりの額を受け取ろうと思っていました。
ただ、往復乗車券を買って浮かせた分はこちらの手柄になるみたいで、(笑)
定価(800円)×2の1,600円がもらえました!!
240円得した!!(笑)

あと、選考の合否は「速やかに連絡」とのことでした。
これまでに受けてきた中で最も早かった合否連絡は、即日(数時間後)でした。
やっぱり「速やかに」というからにはそれに匹敵する速さで、
そうは言っても筆記試験の採点があるから即日はないにしても、
翌日(土曜)に休日返上で採点をして連絡が届く感じかな?と見ていました。

ちなみに、この日(29日)は、この企業にとって記念すべき日です。
本来は祝日になるくらいです。
(基本的に代休として与えられるそうですが)
でも、そんな日に選考をやるくらいだから、
筆記試験とか面接でそういう質問があるんだろうなぁと思っていたんですが、
ありませんでした。(笑)

で、終わったらグリーンフェニックスで大学に戻り、自転車で帰宅して、
服を着替えてバイトに行ってきました。
行く途中、「織姫の後輩」とすれ違ってあいさつしたんですが、
しばらくして、あの子かわいいなぁ……と思って振り返ったら
同じタイミングで後輩も振り返って
(ちなみに、後輩が振り返ったのは、道路を横切る前の安全確認をするために、です)(笑)
目が合ってしまって、
気まずっ!!と思いました。(笑)

何を書いちょるんでしょうかねぇ、ええ。(笑)

●30日

特にそれといった話題もなく。

●31日

色々あって、午後から新幹線で大阪に行きました。
8月1日に大阪で面接があって、当初は当日に青春18きっぷで入るつもりだったんですが、
前日(31日)の夜に大阪で父と飲むことになったんですね。
しかも、新幹線の代金は出してくれるそうで。

ということで、三原から「こだま」に乗って、福山で「のぞみ」に乗り換えて新大阪へ。
「のぞみ」の自由席はけっこう混んでいて、立っている人もいました。
僕はあらかじめ作戦を立てていて、

まず、福山で「のぞみ」の自由席の乗車位置(編成後部の3両)に速やかに移動できるよう、
「こだま」も最後尾(1号車)に乗っていました。
そして、福山では、「のぞみ」の2号車の後ろ寄りのドアに並びました。
自由席のドアが6枚ある中で、2号車の後ろ寄りが一番「当たり」のドアだと思うんですね。

というのが、奇数号車(1・3号車)にはトイレと洗面所があってその分座席が少ないわけです。
だったら偶数号車(2号車)を狙うことになりますが、
その2号車から降りる人は、当然(ホームの中央に近い)前寄りのドアに集中するはずです。

だから、2号車の後ろ寄りのドアが一番座席にありつきやすいだろう、と考えたんです。

結局その作戦が当たりました。

夜は大阪難波で飲んで、
僕は最近の行きつけである「スマイルホテルなんば」に泊まりました。

●1日

某社の1次選考(筆記試験・個人面接)でした。
鉄道会社で働く最後のチャンスです。

で、冒頭に説明会、その後に人事担当への質問の時間があったんですが、
僕は一番前の席で存在感をアピールしつつ、(笑)特に質問はしませんでした。
ただ、予想しなかったことに、
説明会や質問の担当だった人事担当者が、そのまま面接官になったんですよね。
だったら的を射た質問でもしてより強く存在感をアピールするんやった!!と思いました。

ちなみに、説明会の開始前にトイレに行ったんですが、
行く前に「行ってらっしゃい」、戻ったら「お帰りなさい」と言われました。
さすが鉄道会社!!(笑)


とりあえず、面接は割とうまくいったように思いました。
ただ、筆記試験に手ごたえがなく。
漢字の書き取りで「スコやか」が出たんですが、それが書けなかったんです!!
「健やか」か「康やか」かかなり悩んで、「康やか」にしてしまったんです……。(笑)

終わったら、青春18きっぷで大阪発13時の新快速へ。
姫路まで乗って、駅前の金券ショップで福山までの新幹線回数券を買い、
福山までは「さくら」の自由席に乗りました。
で、福山から西条は、再び青春18きっぷです。
こうすることで、15分遅れでではありますが、バイトに行くことができました。
相生から岡山までを新幹線でワープすることはよくあることですが、
今回はバイトに間に合うようにワープの範囲を広くしてみました。
こうするとかなり疲れが軽減されることが分かりました。

バイトが終わったら、まだ開いている食堂に行って、
使い残しているミールカード800円で豪華に夕食をとりました。
で、当然僕はバイトの服装(水色のポロシャツ)で行ったわけですが、
これまた当然、この食堂でもバイトは同じ服装をしているんですよね。
バイトがサボって食事をしよると思われないか、ちょっとドキドキしました。(笑)


●2日

7月29日の選考の合否が、「速やか」に?届きました。

---
拝啓 時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

 さて、先般、実施いたしました選考の結果、貴殿につきまして、以下のとおり、最終選考試験を実施したいと存じますのでご来社くださいますようお願い申し上げます。
---

だそうです。
よかった!!

で、心配だったのが、
仮に最終選考に進めたとして、オープンキャンパスの日程と被らないか、ということ。
オープンキャンパスは8日・9日です。
僕にとってのオープンキャンパスは、
部活とかサークルの人の、インターハイとかコンクールに相当する価値があります!!
時にはガイドとして、時には入学センターの学生スタッフとして、
この2日間を目指して、それまでの363日間頑張っているという感じです。


なので、被ってしまったらどうしようと
ある意味こないだの選考に合格したかどうかより強く心配していたんですが、(笑)
幸い、被りませんでした。

●3日

5コマ目にゼミがあって、その後急遽1時間だけバイトに入ったのち、
19時30分から出前博物館の打ち上げがありました!!
「ありました」というか、僕が企画したんですが……。

日にちは、メンバーの都合が一番よかったのがこの日だったから決めたんですが、
この日は、「レーザーポインターの後輩」の誕生日でもありました。
だったら打ち上げにサプライズの誕生会をのっけよう!!と思い、
事前にメンバーにメッセージを書いてもらって色紙に貼り付けたり、
お店には、誕生日のサプライズのサービスをお願いしたり、
思いつく限りのことを準備してみました。

で、何かもうサプライズの部分を無事に終えるまでは
喜んでもらえるかハラハラして飲むに飲めなかったんですが、

……ということもなく、(笑)始めからいつもどおりのペースで飲んでいた、
開始20分後のこと。
06~で始まる番号から携帯に着信がありました。
全くもって見に覚えがなかったんですが、相手は、1日に選考を受けた企業!!
合否の連絡はメールでだと思っていたので、まーぁビックリしました!!

で、電話がかかるということは、合格だったということです。
次の面接の日時を確認して、3分強の電話を終えました。
不謹慎にも、生ビールをジョッキに1杯飲んだタイミング(確か)で話したわけですが、
会話に失礼はなかったと思います……。(笑)


ともかく、こうして、後輩へのサプライズより先に僕へのサプライズがあったのでした。(笑)

この後、打ち上げが佳境に入ったところで店員さんにサプライズをお願いしました。
しばらくしたら、お店の電気が消えて、AKBの「涙サプライズ!」がかかり、
店員さんがケーキを持ってきてくれました。
「涙サプライズ!」の歌詞に
「クラスメイトが集まって 準備したのさこっそり」とか
「みんなの気持ち受け取ってよ 寄せ書きプレゼント」などとありますが、
僕たちがやったことも、まさにその通りでした。(笑)

このことを通じて、
やっぱり僕は「人を喜ばせること」に大きなやりがいを感じるんだな、と思いました。

●4日

ようやく今日です……。(笑)

今日は、夕方に、入学センターの先生・「レーザーポインターの後輩」と学長室を訪ね、
オープンキャンパスの行事に関する打ち合わせをしてきました。
あくまで学生主体の行事なので、先生方はそばで見守る立場で
進行は僕がしたんですが、
だてに数多く面接を受け(そして落ち)(笑)ていませんね、
学長の前でも、全く物怖じせず、堂々としゃべれたと思います。

終わったら、後輩に
「○○さん、敬語バッチリですね!!」と言われました。
確かに、単に人前でしゃべることだけでなく、
それを敬語で行なうことにも、けっこう自信があります。

かといって、別に敬語に関する高い教育を受けたわけでもないんですが……。(笑)
ひとつ言えるのは、小学1年生の頃に、
山口弁で、「~~する」という意味で使うことのできる、少し軽めの尊敬語を
母から教わり、自然に使っていた、ということです。
「~~する」という部分で尊敬語が使えれば、
会話の多くが敬語になるんじゃないかと思います。
おかげで、「先生がこう言った。」とか「あの人が食べよる。」みたいな言い方は
絶対にしませんでした。
必ず「先生がこう言っちゃった。」とか「あの人が食べちょって。」になりました。
「言う」とか「食べる」は、極めれば
「おっしゃる」とか「召し上がる」になりますが、
とりあえず「言っちゃった」とか「食べちょって」という言い方ができれば、
(少なくとも山口においては)相手への敬意は十分に伝わるというものです。


あとは、敬語というものは、
「この人のしゃべり方は丁寧だな」という人を
政治家でも先生でもアナウンサーでもいいので、誰か見つけて、
その人のしゃべり方をまねするようにすれば自然と身に付くんじゃないかと思います。

それと、敬語とは関係ありませんが、
打ち合わせで相手の心をグッとつかむ魔法の言葉。
「ぜひとも」、「もちろん」、「あなたなら」です。
「私がやります」ではなく
「もちろん私がやります」とか「ぜひとも私にやらせてください」。
「お願いします」ではなく
「ぜひともよろしくお願いします」とか「あなたならできると確信しています」。
言葉の綾、と言えばそれまでですが、
敬語を上手に使いこなすことができ、
しかも相手の心をつかむ言葉が出てくれば、
打ち合わせの成功は確約されたようなものです。


そういうわけで(?)今日の打ち合わせもつつがなく終え、
バイトに行って帰宅しました。

以上、この1週間の振り返りでした!!
あ、別に、今後は週1更新のブログに移行するとか、そういう意味じゃないです。(笑)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。