スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稀に見る滑りっぷり

またずいぶん間が空きました……。
この間、いろいろありました!!

16日は……特に変わったことはなく、
それゆえにあえてブログを書こうという気にもなれなかったんですが、(笑)

17日には、説明会のスタッフで山口市に行ってきました。
学生スタッフは、ガイドでもお馴染みの後輩と2人で担当します。

で、本来は、西条駅を9時20分に出て広島駅から「のぞみ」に乗れば
所定の時間までに新山口駅に着けるんですが、
他にも、西条駅を8時11分に出て広島駅から「こだま」に乗るという方法もあります。
さらに、この「こだま」、500系。
510円の追加で、元グリーン車の座席を利用できるわけです。

もともと、新山口駅へは後輩と一緒に「のぞみ」で移動する約束だったんですが、
あと1時間出ればすごく豪華な座席でゆったりと移動できて、
しかもその510円は僕がおごるから!!
と後輩を説得し(笑)
「こだま」で行くことにしました。

というわけで、西条駅から広島駅まで在来線で移動して、
広島駅で途中下車して「みどりの窓口」に向かったんですが、
当該「こだま」の指定席(6号車)は、何と満席!!
これはびっくりでした。

ただ、おもしろかったのが、
僕はただ

「この切符(自由席)を、こだま735号の指定に変更していただきたいんですけど……」

と窓口で告げただけなんですが、後輩にはそのやりとりが斬新だったみたいで、

「21年間生きてきましたけど、指定席ってあぁやって買うんだ~~って
 勉強になりましたよ……。」


と言われました。(笑)

結局「こだま735号」の自由席に乗って、
車内でスピーチの練習をしながら行きました。
新山口駅には、説明会の会場(駅の目と鼻の先)への集合時間の30分以上前に着いたので、
後輩が欲しがっていた「カピバラさん」のご当地のストラップを探したり、
SLやまぐち号を見たりしていました。
後輩も山口県民でありながら、SLを見るのは初めてだったようで、
機関車やレトロ客車を見て驚いていました。
後に

「やっぱり早起きは三文の得ですね。カピバラも買えてSLも見れて、私は幸せですよ……。」

という名言を残します。(笑)
指定席の買い方の話もそうですが、
この後輩、驚きや感激をストレートに表現してくれるので
先輩として面倒の見がいがあるというものです。
あれをやってあげよう!とか、これを教えてあげよう!など、いろいろと頭に浮かんできます。
もっとも、彼氏のいる人なので、僕があまりあれこれ手を出すのもよくないですが……。(笑)

11時に会場に集合して、セッティングをしたあと、
入学センターの先生と一緒にお昼を食べに出ました。
もともと、後輩とは
お昼は新山口駅で「ふく天うどん」を食べましょう、という話になっていたんですが、(笑)
お昼の予定を先生に聞かれて、かくかくしかじかです、と答えたら
ごちそうしていただけました!!
米子に行ったときには、帰りに後輩とそろって「かに寿司」の駅弁を買いましたが、
こういうことこそ、県外出張の醍醐味だと思います。(笑)

もともと、後輩には「こだま735号」の指定席を買ってあげる予定だったのが
満席だったことでおじゃんになり、
だったら昼はおごってあげようかと思っていたら
今度は先生にごちそうになることになり、
予想外のところで、出費を避け続けることができました。(笑)

午後から説明会。
米子会場と同じく、司会進行は学生スタッフに任せてもらえています。
ということで、冒頭、配布資料の確認などを僕からしましたが、
特に台本は用意しておらず、その場で思いついた言葉でしゃべりました。
でも、

---
まず「広島大学で何が学べるか」と書かれております、
分厚い大学案内のパンフレット。あるでしょうか?
こちら、これからの説明でも使いますので、
どうぞ机の上にお出しになってご覧になりながらお話をお聞きください。
---

とか

---
アンケートについてなんですけれども、
参加者の皆さんは、よろしければご協力をいただいて、
帰られる際にご提出ください。
これからの説明会をよくしていくための、皆さんの後輩のためのアンケートでもありますので
ご協力いただければと思います。
---

など、
大学の顔にふさわしい丁寧な口調とすらすらしたしゃべりで
我ながらうまいなぁと思いました。(笑)
その後、先生にマイクを渡したときには

---
びっくりされたかと思いますが、
今日の司会進行は、2人の広島大学生にしてもらうことにしました。
こういう説明会、いろんな大学でやってると思いますけど、
進行を学生がやるっていうのはちょっとないんじゃないかと。
広島大学では、そういう学生の主体(の組織運営)が育っているという
ひとつの証になるんじゃないかと思って話を持ちかけたら、2人とも意欲満々で、
やります!ということですので、任せました。
正直言うと、多少心配だったんですけど、
今の滑り出しを見ると、これはもう、私なんかがやるよりもよっぽど良いと思われますので
今日は安心して彼ら2人に任せたいと思います。
---

と絶賛でした。(笑)

先生から大学の全体に関する説明があったのち、
後半の20分が、学生によるスピーチです。
従来、こういうときは2人の学生が10分ずつ分け合ってしゃべっていましたが、
米子会場でもやったように、2人でのオープンディスカッションで20分を使いました。

で、上の文章も録音したMDを聞き返しながら書いているんですが、
おもしろいシーンがいくつかあります。
たとえば、後輩が、演台の上からレーザーポインターを落としてしまったとき。

---
(ドン!!)
 すみません……。スライ……、次の……、次のスライドにも、
 受験生の皆さんにぜひやってもらいたいことをまとめてみました。
---

音声を聞くだけでも、後輩の動揺が伝わってきます。(笑)

あと、僕もやらかしています。
食堂の「冷麺ラリー」の話のとき。

---
 食堂の話でちょっと余談なんですが。
 季節に応じていろいろな取り組みをやっているんですね。
 今の時期だと、「冷麺ラリー」というのをやっています。
 これは、すべての食堂の冷麺を食べて味を評価すれば
 もれなく500円分の利用券がもらえるというものです。
 今年の冷麺ラリーはどこそこの食堂が1位でしたー!とかっていうふうに
 発表されるんですね。
 AKBの総選挙みたいなもんですかね、はい。
(見事に滑る)(笑)
 ……あ、で、あのっ、北海道フェアというのも秋から冬にかけてやっていて、
---

総選挙のくだりは台本にはなかったんですが、
「500円分の利用券が~~」のあたりで、
聴衆に、おおっそうなのか!!みたいな空気が見られたので
アドリブで入れてみました。
が、正直、あそこまで滑るとは思っていませんでした。(笑)
予想外のこと(レーザーポインターを落とす)が起きて動揺するのと、
受けると思ってした発言が滑って動揺するのとでは、
果たしてどちらが恥ずかしいでしょうか。(笑)

終わってから後輩に

「アドリブであんなこと言ったけど、あんなに滑るとは思わんかった!」

と言ってみたところ

稀に見る滑り方でしたね! あぁ、滑るってこういうことを言うんだ、って思いましたよ!」

だそうです。
ちょっと待ってね、そんなにひどかった……!?(笑)

スピーチの後は個別相談で何人かと話をしました。
広大志望のお兄ちゃんに連れられて来た、
僕の高校志望の弟君
とも話ができました。(笑)
まさか、大学の説明会で、高校入試に関する話をするとは思いませんでした……。

終わったら、後片付けをして、16時36分の「のぞみ」へ。
後輩は翌日の福岡会場も担当するので、帰りは僕1人です。
広島駅と西条駅で乗り換えて、バスで大学に戻ったのが18時20分ごろ。

実はこの後、別の旅行を続けて行なっています。
それについてはまた今度。

あと、今日は、台風の影響で授業が休講になりました。
あわせて、食堂も13時で打ち切りになり、バイトも休みになりました。
去年にも台風で授業が休講になったことがありましたが、
あの時は食堂は普通に夜まで営業していて、結局は大学に行かざるを得ませんでした。
台風の影響を考慮して授業を休講にするなら、
大学の機能(図書館・食堂など)そのものをシャットアウトしてしまわないと、
「とりあえず授業は休講にしたから、それで何かあっても自己責任」
みたいで変だと思います。
実際は、食堂を閉めなかったばっかりに、大学に行かざるを得なかった学生がいるのに。

それを考えれば、今回は食堂も閉めるという判断に出たことは正しかったと思います。

ただ、休講の意思決定をもっと早くできないものか、と思います。
ホームページやツイッターで様子を見ていましたが、
僕が知る限り、最も早かった情報(裏の取れるもの)が、
大学のツイッターから9時過ぎに流れた情報でした。
1コマ目は8時45分からです。

大学の規定では、

---
◎交通機関の運休,台風等の場合における授業等の取扱いについて(抜粋)

 1.授業期間中における授業等(土曜日開講の授業を除く。)の取扱いについては,次の基準をもとに理事(教育担当)が決定し,各学部長,各研究科長及び学生へ伝達するものとする。


  広島県南部地方に暴風警報,大雨警報,暴風雪警報等(広島地方気象台発表)が発令された場合,又はストライキ等で公共交通機関が運行停止の場合で,授業(期末試験等を含む。以下同じ。)を実施することが困難と判断されるときは,当日のその後に開始する授業を休講とする。
ただし,次の場合は授業を実施する。


(1)午前6時までに警報が解除された場合,又は交通機関が運行することとなった場合
 1・2時限目の授業から実施する
(2)午前10時までに警報が解除された場合,又は交通機関が運行することとなった場合
 5・6時限目(午後)の授業から実施する
(3)午後3時までに警報が解除された場合,又は交通機関が運行することとなった場合
 夜間授業時間帯の1・2時限目の授業及び法務研究科の7・8時限目の授業から実施する

 2.休業期間中における集中講義,補講等の実施及び授業期間中の社会科学研究科マネジメント専攻における土曜日の授業実施の判断については上記の判断基準を基に各学部長,各研究科長が行うこととする。
---

となっています。
「授業(期末試験等を含む。以下同じ。)を実施することが困難と判断されるときは」みたいな
あいまいな基準は撤廃して、
あっさり、警報が出ていれば休講とすべきです。
警報が出ていながら、「授業を実施することが困難と判断されないとき」って
一体どんなときなのか
、という話です。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。