スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び、東広島に戻る

今朝起きたら、
ゆうべ知人と飲みに出かけて、僕が寝る23時30分の時点では帰宅していなかった父が、
先に起きて掃除機をかけていました。
僕を見るや「お前、ようそれだけ寝られるのう!!」と呆れられました。
逆に、飲んだ翌日に普通の時間に起きて掃除機をかけられるのがすごい……。(笑)

午前中には、病院にいる祖母を父と見舞いに行きました。
4人の祖父母についてこんがらがっている人のためにまとめると、

(父方)……いわゆる「X島」の人
祖父:大学2年の8月に亡くなった
祖母:存命、ただ最近は病院にいる

(母方)
祖父:高校3年の5月に亡くなった
祖母:存命、現在は1人暮らし、僕に彼女ができたかをちょいちょい詮索してくる(笑)

という感じです。

その後、「どんどん」へ。
萩市民にはお馴染みのうどん屋です。
最近まで大学近くの「ゆめタウン」にもありましたが、なくなってしまいました。
東広島では定着しなかったようで、食事時に行っても閑古鳥が鳴いていましたが、
萩の「どんどん」にお昼時に行こうものなら大混雑に遭います。
それでも、回転がものすごく速いので安心です。


午後からは祖父(母方)のお墓参りに行ってきました。
僕が小学1年生の頃、まだ元気だった祖父と一緒にこのお墓に参ったことがあります。
そのとき、井戸の水の汲み方(ポンプの扱い方)を初めて教わりました。
あの後に近くの模型屋さんでミニ四駆を買ってもらったこともよく覚えているんですが、
1人で井戸のポンプで水を汲み、お墓の前で手を合わせていると、
祖父のことが思われて泣けてきました。
幼稚園の頃、夏休みに(当時住んでいた大阪から)帰省するときには
決まって「小郡駅」(現新山口駅)で待ってくれていました。
SLを見たいと言ったら、
「孫がSLを見たいちゅうんですいね」(電話口でのこのセリフが今でも記憶にあります)と
駅に電話してダイヤを聞いて、徳佐あたりまで連れて行って見せてくれました。
早くどこかの企業から内定をもらって、祖父に報告したいなぁと思います。

その後、萩バスセンター15時10分発の広島行きに乗りました。
今回は今まで乗った中で最も混んでいて、
萩を出る時点で、すべての座席(2人がけ)に1人か2人は座っている状態でした。
僕は窓側に荷物を置いて通路側に座っていたんですが、
進むにつれてどんどんお客さんが増えてきたので、
荷物を棚に載せて窓側を空け、引き続き通路側に座っていました。
別に相席をするのは大いに結構なんですが、できれば通路側にいたいんです。
バスでは通路側に座る主義なんです!!


だって、バスの窓ガラスは電車のそれに比べてかなり大きいので
景色は窓側からじゃなくても十分見えますし、
(むしろ、通路側からの方が視野が広くなると思う)
それに加えて、通路側にいれば、通路に顔を出せば前方の景色だって見えるじゃないですか。

あと、たいてい、
フットレストは通路側より窓側の方が小さいし、
アームレストは窓側には付いていません。


ただ、いくら窓側を空けていても
通路側にデンと座っていると「隣どうぞ」という意思は伝わりにくいようで、
仕方ないので(笑)窓側につめて、通路側に人を座らせました。

ところで、僕は広大のオープンキャンパスのために初めて乗った2007年8月2日以来、
防長交通の萩~広島線に乗るたびに
どこからどこまで、どの車(ナンバー)に乗ったのか、を記録していますが、(笑)
それによれば、今日は39回目の利用でした。
そして、39回目にして、初めて誰かと相席をしました!!
(隣が空席だったかどうかまでは記録していませんが、相席した記憶はありません)

広島バスセンターに着いたら、広電の電車で広島駅に行って
窓口で中野東分割の西条までの乗車券を買って山陽線の電車へ。
そして、西条駅に降り立って構内放送に耳を傾けると……、
あの声は、リクルーターさんの声に間違いない!!
案の定、有人改札におられました……。

で、この瞬間、きっぷをもらうことを諦めました。
だって、「きっぷを記念に持ち帰りたい」とお願いし、
しかもそのきっぷが途中駅で故意に分割して20円浮かせたものだと分かれば、
リクルーターさんの前で面談のときに被っていた化けの皮が
見事にはがれてしまうじゃないですか。(笑)

(どっちみち選考には落ちているので、今さら関係ないですけど)
そんなわけで、泣く泣く、自動改札機にきっぷを通しました。
そして、選考に落ちてしまっているという引け目があるので
何となくリクルーターさんとは顔があわせにくく、
そっち(有人改札)を見ないようにし、そそくさと立ち去りました。

ただ、帰り道に自転車をこぎながら思ったんですが、
たとえ総合職採用の選考に落ちたとはいえ
今度プロフェッショナル採用の選考を受けに行くのだし、
あのリクルーターさんは僕をちゃんと次のステップに進めてくださったし、
せっかくならプロフェッショナル採用への意気込みを語りに
有人改札の窓口に詰め寄ってみてもよかったな、と思いました。(笑)


2日の旅行記を完成させました。こちら
!!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。