スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中の下の下

昨夜、某社からエントリーシート通過の連絡がありました。
最近の厳しい状況からして、その喜びたるや筆舌に尽くしがたいものです。(笑)

で、近いうちに大阪に面接を受けに行くんですが、
青春18きっぷの時期でないので、頼りになるのは高速バスやツアーバスです。
調べたところ、ツアーバスだと大学から大阪駅まで3,000円で行けるので
迷わずそれを予約しようとしたんですが……、

頭に浮かんだ、面接でのやりとり。

---
面接官「今日は広島からお疲れさま。どうやって来たの?」

僕「はい、ウィラーさんのツアーバスで!!」

面接官「そうなんだ? ウチを受けるのに、ツアーバスにしたの?
(と言って、エントリーシートに×をつける
---

こりゃまずい!!
ということで、750円高くはなりますが、
JRバスの「呉エクスプレス大阪号」を利用することにします。
これだと、

---
面接官「今日は広島からお疲れさま。どうやって来たの?」

僕「はい、もちろん、呉エクスプレス大阪号を利用させていただきました!!」

面接官「どうもありがとう。ウチの路線、他にもよく使ってくれるの?」

僕「もちろんです!! 青春ドリーム広島号は大阪への頼れる足ですし、
  以前、東京から大阪まで
  プレミアムドリーム号のプレミアムシートを利用したこともあります。
  水平まで倒れて寝返りも打てるシートに、座席ごとの液晶テレビ。
  御社の、顧客のニーズを読み取った的確なサービスと
  新たな事業への積極的な取り組みに、大変魅力を感じています!!


面接官「よく研究してくれてるね。」
(と言って、エントリーシートに○をつける
---

うん、この作戦でいこう……。(笑)

で、今朝は8時に起きて、午前中2コマの授業にもぐりこみました。
1コマ目は「広島と平和」。
同じコマに、これより受講者の多い授業があったようで
先週より小さな教室に変更されていて、
どうやら受講者の抽選もあったそうです。

……ということは、座席の定員ピッタリしか受講者がいないはずだから、
もぐりこみの僕が座ってしまうと、
理論上、座れない人が1人出ることになりますよね!?(笑)


まぁそれは受講者が1人たりとも欠席せずにいればの話であって
実際は僕が座っても全員座れていましたが、
何とも肩身が狭いですね……。

今日の授業は、前の前の広島市長に関する内容でした。
ただ、この先生の授業全般に言えることが
余談もかなり多いということと、かなりの毒舌だということで、(笑)
今日も毒舌の余談がかなりありました。

その中で、(前の前の広島市長の業績のひとつとして)
広島で5月に開かれる「フラワーフェスティバル」というイベントの話があって、
これ、中国新聞(広島の郷土紙)などが主催するイベントなんですが、

「連れてくる芸能人はさすが中国新聞、中の下の下ばかり」

とのことでした。(笑)

うーん、どうなんでしょう!?
今年のPerfumeは正直よく分からないんですが、
前回のベッキーとマナカナ、おととしのジェロ、そしてその前の川嶋あいさん!!、(笑)
けっこういいところなんじゃないかと思うんですが……。

2コマ目は「広島大学の歴史」でした。
受講者は何と962名になったそうで、
2つの教室に分けての開講となりました。
で、本来なら学籍番号によってどちらの教室で受けるかが指定されますが
これまた僕はもぐりこみの身なのでどっちに行っても変わらないわけで。(笑)

内輪にしか分からない話で恐縮ですが、
教室は、総科のL102と法経の257です。
せっかくなら普段行かない法経学部に行こうかとも思ったんですが、
雨だったので別の学部まで歩くのが嫌だったのと、(笑)
多分当初の講義室だった総科のL102が「ハブ」になるのだろうからと思い
総科のL102に行きました。

2つの教室に分けて、どのような方法で授業が行なわれるのか
(この時点では)わかりませんでしたが、
例えば、片方の内容を片方に生中継するのなら、
絶対、「ハブ」の教室で、リアルに受ける方がいいに決まっています。

また、この授業は4名の先生がローテーションで担当されるので
順番を入れ替えれば両方の教室でリアルに授業をすることもできますが、
そうだとしても、「ハブ」の教室で、当初の予定通りの順番で受けたいです。

いや、もぐりこみの分際でわがままが多くてすみませんけどね……。(笑)

で、総科のL102の教室では、
当初の予定通りの順番でリアルの講義がされました。
この時間に、法経の257ではどんなことがされていたのか気になります……。
来週は法経の257に行ってみようかな……。(笑)

(でも、順番を入れ替えて両方の教室でリアルの授業をやっているのなら、
ずっと同じ部屋で受けないと受け残しが出てしまいますね……。)

今日の内容は「広島大学の源流」で、
広島大学の前身の学校に関する話でした。
まぁ、おととしにも受けているし、(笑)ガイドでもよくしゃべる内容なので
今さら聞くまでもないんですが、

「広島高等師範学校」(広島大学教育学部の前身)の話をするとき、
今日の講義でも、僕のガイドでもその対極に出るのが
「東京高等師範学校」(筑波大学の前身)です。
当時2つしかなかった「高等師範学校」(教員を養成する学校)を前身とするため、
今でも、教育学部といえば広島大学・筑波大学が有名で(だといいんですが)
「東の筑波・西の広大」なんて言われたりします(だといいんですが)。

で、講義でも「東の筑波・西の広大」という話はありましたが、
前に東京学芸大学の友達に会ったとき、
その友達は「東の学芸・西の広大」と言っていました。
なるほど、東京学芸大生には東京学芸大生なりのプライドがあるんですね……。

夕方にはバイトへ。
いつも月曜は忙しいんですが、今日もその通りで、
しかも2つあるレジの1つは
入ったばかりの後輩が単独で担当せざるを得なかったので、
お客さんの列がおかずレーンにまで延びてきて、
おかずレーンにいると、目の前のお客さんが全然進まなくて、
こりゃ後輩も入ってそうそう大変な目に遭ったもんやな……と思いました。

終わってから

「大変やったじゃろう? よう頑張ったね!!」
と、
レジなんてまったくやったことのない僕がフォローしてあげました。(笑)

あと、入ったばかりの別の後輩は、
始め一緒に食器洗いをしていて、しばらくおかずレーンに離れた後に戻ってきたら、
お客さんに「ありがとうございました」と言いながら若干むせていて

「どしたん?」
「ちょっと声が枯れました……!!」
「はっ、そうなんかね!!
 まぁ、『ありがとう』の言いすぎで声が出んようなるなら、そりゃ幸せなことやねぇ。(笑)

面倒の見がいのある、なかなかかわいい後輩たちです。

思えば、僕が「かき氷の先輩」(この言葉は久しぶりに使う気がする)(笑)に誘われて
バイトを始める決断をしたのが、2年前の4月14日。
そして、実際に始めたのが、2年前の4月22日。
もうすぐ3年目に入ります!!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。