スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リクルーターもどき

今日は、午後から、以前からやりとりのあった新入生に会う約束がありました。
1年半前に知り合い、受験前にはメールでいろいろと励ますも、残念ながら不合格。
この春にも再度挑戦し、受験の後は「落ちたとしても満足です」とメールをくれました。
晴れて合格し、ついに会う日がやってきたというわけです。

で、「中央図書館の向かいのガラス張りのカフェ」で約束をしていたんですが、
その20分前にメールが来ました。

---
先輩(笑)
カフェわからないんですけどもしや中央図書館って大学にあるんですか?
---

僕は「広島大学中央図書館」のつもりだったんですが、
後輩は「東広島市立中央図書館」の向かいを探していたみたいです!!(笑)
確かに、その近くに住んでいると聞いているし、
入学以来数日の後輩には、「中央図書館」と言えば東広島市立中央図書館の方が
印象が強いかもしれません。

つい昨日「相手の立場に立ってどうのこうの」と書きましたが、
これ、相手の立場に立ててませんでしたね……。(笑)

で、無事に(笑)大学の中央図書館の向かいのカフェで会えました。
お互い顔は知らないので、目印として、
僕は手帳を、後輩は授業の時間割の冊子を持っておきました。
お互いが目印を持ってカフェの前で待ち合わせるなんて、
僕の気分はまるで就活生に面談をするリクルーターです。(笑)

そして、この先もリクルーターの気分で、
「飲み物とお菓子と、何か頼んでええよ!おごっちゃげるから!」

あ、でも、飲み物以外までおごってくれたのは、
今まで会った6人のリクルーターさんのうち1人だけでしたが……。(笑)
予想通りひどく恐縮され、
この「おごられ慣れてなさ」が純粋でいいなぁと思いました。
その点、最近の僕はといえば……。(笑)

……まぁ、だからこそ、たまには後輩におごってあげないといけません。
正直、就活に使った交通費や宿泊費がもうすぐ30万円を超えようかというところで、
しかもそれはすべて自分の貯金から出しているので
(親から補助をもらうこともできるかもしれませんが、
僕自身の信念として、親には頼らず自分で出そうと思っています)
我が家の家計簿は、ここ数ヶ月、相当な額の赤字を計上しています。

でも、やっぱり後輩におごってあげるのって嬉しいんですよね!!
就職したら、どんな大人になるんでしょうか……。(笑)

それから1時間15分くらい、
大学生活のアドバイスをしたり、時間割を一緒に考えたりしました。
新入生が入学してまず経験する行事が
「オリキャン」(オリエンテーションキャンプ:2年生が企画する新歓キャンプ)ですが、
昨日がその班発表だったそうで、
早速班の2年生に遅くまで拘束されたそうです。
班でたこ焼きをやったそうで、話とか雰囲気にあまりついていけなかったんだとか。
僕自身もそうだったなぁ~~とすごく懐かしくなりました。

やはり気分はリクルーターで、(笑)
相手を元気づけよう、大学(大学生活)に関心を持ってもらおう、
という気持ちでいっぱいだったし、その気持ちで接したんですが、

後輩は後輩で

「(メールでの)予想通りの先輩でよかったです!」
「もっと早く入学したかった……。」
「就職したら広島を離れるんですか? さびしいですね!」
「また会えますよね?」


などなど、それこそリクルーターのように僕をヨイショしてくれて、
もはやどっちがリクルーターだかわかりませんでした。(笑)
何と素直でかわいい後輩だろうかと思いました。(笑)


この後、新入生のガイダンスの教室まで送ってあげました。

こうして僕になついて(?)くれた後輩ですが、
学部はもちろん、キャンパスさえも違います。
きっとこれから、学部やキャンパスで
僕よりずっとずっと尊敬できる先輩にたくさん出会うと思います。

そう考えると何かさびしいですが、
後輩には多くの先輩のいいところを積極的に吸収してほしいし、
僕自身も、入学した当初に(オリキャンなどで)出会った先輩よりも、
その後にガイドとか飛翔とかで出会った先輩に多くの影響を受けて、4年生になりました。

でも、入学前から関わっていたよしピーとかいう先輩がいたということは
これからも覚えていてもらえたら嬉しいな、と思います。

春になって以前から関わりのあった後輩を新入生として迎えると、
いつもこんな気分になります。
多分前にもブログに同じようなことを書いたかと思います。(笑)

で、その後、最寄の駅に行ってきました。
今度面接で広島市に行くきっぷを、もしリクルーターさんが窓口におられたら買おうと思ったんですね。
ただ、おられませんでした……。
ぜひリクルーターさんからきっぷを買って一言挨拶をしてから面接に臨みたいので、
明日も行ってみようと思います。(笑)

あと、天気が良かったので、駅の周りを少し散歩してみました。

変換 ~ 110406_151251

神社がありました!!
ありましたというか、上りホームから見えるので、あることはすでに知っていたんですが
一度行ってみようと思いつつ、まだ行ったことがありませんでした。

変換 ~ 110406_151257

駅を眺めます。
数年後には駅が橋上化され、こちら側と向こう側がつながります。

帰ったら、今度面接を受けに行く会社のHPから、
安全に関する資料をすべてダウンロードして印刷しました。

変換 ~ 110406_194705

A4の両面印刷で100枚近い枚数になりました……。

あの会社の面接で安全に関するやりとりは必須でしょうし、
志望動機にも、安全という言葉は使っています。

でも、「安全」という言葉を、
単なる「ア」と「ン」と「ゼ」と「ン」という4つの文字の組み合わせとして使うだけでは
絶対にいけないと思います。

「2つ覚えておけばいい」と言った広島の法務大臣がいましたが、
「ア」「ン」「ゼ」「ン」と言っておけばそれで通用するなんて、そんな甘いものじゃないと思います。

なので、会社が考える「安全」とは何なのかを勉強し、
その上で、自分が考える「安全」とは何なのか
それを明確にして面接に臨みたいと思っています。

夜になって後輩がくれたメールに、

「思った通りの頼れる素敵な先輩で良かったです(笑)」
「また会ってください!!」

などに並んで

「先輩の就活がうまくいきますように。」

というフレーズがありました。
ついに、入学して数日しか経たない立場の人からも励まされてしまいました……。(笑)
絶対に負けられない戦いです。
緊張しますね……。

あと、さっきヤフーのニュースに

変換 ~ 無題

「川嶋あい 被災の高校生と合唱」というのが出ていました。
被災地のある中学生が、卒業式で歌うはずだった
あいさんの「旅立ちの日に…」を歌って励まし合っていた、という記事が新聞に載り、
あいさんは強く感動したそうです。
そのことはもちろん僕は知っていたんですが、(笑)
実際に歌いに行ったとは、すごいことだと思います。

もともとあいさんはカンボジアへの学校建設に熱心で
すでに何校か学校を建てているはずだし、
今回の震災後は、すぐに路上ライブを行い、
福岡・山口・広島・兵庫・大阪ののべ6箇所で約100万円の募金を集めました。

あいさんが20歳のときに出版した「最後の言葉」という本に、
こんな記述があります。

---
「被災地でのライブ」

(略)

2004年11月23日、私は新潟に行ってた。
被災地を目にした。
避難所で歌も歌った。
私が行ったときは偶然、震災後1ヶ月で多くのマスコミがいた。
取材の依頼を受けたが、私は断った。
2つのことで迷っていた。「偽善とか売名だとか思われたくない」。
一方で「何かしたい」結局取材を拒否することで思いを遂げた。
被災地、避難所は文字で表せられないくらい、胸の痛む光景だった。

いろんな思いがめぐった。私は今ひとりの人間であるとともに歌手としてたくさんの方に見ていただく背中を持っていると思う。
自分のエゴかもしれないが、人としてそして歌手としての立場でできることがあると思った。
「売名だと思われたくない」そんなちっちゃなことで取材を拒否したことに対して自分が悲しかった。
心が痛かった。
避難所では80歳くらいのおばあちゃんが私の歌を聴きながら涙を流してくれた。
たくさんの温かい言葉をもらい逆にはげまされた。
「売名だと思われてもいい」「偽善だと思われてもいい」何と思われようが、そこでひとりでもはげみに思ってくれる人がいればいい。
私が行くことで誰かが募金してくれたり、何かしようと思ってくれればいい。
心から思った。

(略)

こんな人になりたいとも思った。
「歌手である前に人でありたい」
非難する人がたくさんいることもわかっている。そらぞらしく思う人もたくさんいることもわかっている。
ボランティアに対してネガティブに思う人が多い国民だということもわかっている。悲しいことだ。
私はどう思われてもかまわない。
「ピエロになろう」今は思ってる。

1つだけ伝えたいことがある。現場ではとてつもない数の心が粉々になっている。
10年もたっているのに神戸の人たちは心の中にみんな暗い影を背負い生きている。
行ってみてよくわかった。
悲しい言葉はやめませんか?
つまらない推測はやめませんか?
いいと思う。たとえ偽善でも自己満足でも。
何もしないよりは……。
みんなやさしい気持ちってあるでしょ。
---

僕があいさんを好きなのは、もちろん曲がいいからというのもありますし、
僕より若い20歳の段階でこれだけの考えを持ち
それを今でも貫いて行動に移す姿の頼もしさ
という理由もあります。
あー、これからも応援しよう!!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。