スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疑問を直接ぶつけられる先輩

今日の1コマ目は、先生が消え失せてしまったので(失礼)休講でした。
その時間はいつもより少し長めに睡眠をさせていただき、(笑)
起きたら食堂に行ってきました。

食べ終わって授業に行く途中、博物館の企画展のアルバイトの先輩に会いました!!
今年初めてなので、挨拶は「明けましておめでとうございます」でした。(笑)

で、ずっと心の中に温めている計画があるんですが、
時間がなかったので先輩に伝えそびれました。
まぁ、僕のする「計画」といえば大概は旅行なんですが、今回もそれです。(笑)
前に書いたように、僕は常に何か団体旅行のチャンスはないかと模索しているんですが、
今それを仕掛けやすい団体は、
間違いなく、企画展のアルバイトのメンバーなんじゃないかと思うんです。
「今度は何をしよう」というさまざまな提案が常に絶えないグループだからです。

本当は、この春にもガイドでの旅行を企画したかったんです。
ただ、前回みたいに
12月の研修旅行の後に「また行きたい」という声を聞くことはできませんでした。
それに、最近のガイドは何かあればすぐ「飲みニケーション」に走る風潮があります。
みんなそれで満足しているようなので別にかまわないんですが、
現状では、とても「旅行ミュニケーション」の出る幕はありません。(笑)
企画するチャンスのないまま、春を迎えんとしています。

だったら企画展のアルバイトのメンバーしかない!!
そして、このメンバーだからこそ行っておくべき旅行先があると思うんです!!
次に先輩に会ったら、絶対に提案しよう!!

2コマ目は「環境人間総合科学」でした。
エントロピー増大則から始まったこの授業、
最終的には、その考え方を根底に置きつつ、
人が幸福であるための必要条件や充分条件に話が広がりました。
この授業で学んだことは、これから先、何かしら「生きる指針」になりそうな気がします。
受けておいてよかったです。

元はと言えば、去年学生スタッフとして参加した広大の説明会の福岡会場に
この先生が学部の講演の担当で来られていたのがきっかけでした。
「あの先生、何かおもしろそうな授業やっちょっちゃないんかな~~」と調べたら
この授業を発見したんですよね。
やっぱり、自分から色々なことに挑戦するのって大事ですね。
そこから出会いや経験が広がります。

午後からは、ガイドの後輩のメインガイドの練習に付き合いました。
最近入った後輩には定期的にヒアリング(?)をやっているつもりですが、
この後輩はこれからのことが不安そうだったので、
こうやってフォローしてあげることにしています。
せっかく同じ学部なのだし、
本人がどう思っているか分かりませんが
1年後・2年後には確実にガイドの中心になるであろう人物なので、
そんな後輩の育成をすることにも注力しなくてはなりません。

というわけで、こないだは実際に僕がガイドをして見せたんですが、
今回は後輩にガイドをしてもらったというわけです。
バイト先の食堂の説明をするときに

「ちなみに、○○さん(僕)はここでバイトをしています。」

と言ってくれて、かわいい後輩だ!!と思いました。(笑)

僕はクリップボードにA4の用紙を挟んで
びっしりとメモを取りながら付き添いましたが、(笑)
終わってから色々とフィードバックをしてあげました。
あの後輩には、先輩の言うことをちゃんと受け入れる素直さがあると思っています。
その点は僕に欠けているところだと思います。(笑)

夕方にはバイトへ。
おかずレーンにいたとき、炒め物を頼まれて盛り付けたら
タマネギばっかりで牛肉がほとんど入らなくて、
タマネギを取り除いて牛肉を入れてあげたら、相手はすごく嬉しそうな表情をしてくれました。
ああいう、「個」の単位でないおかずを盛り付けるときは、けっこう気を遣います……。(笑)

あと、帰ってからですが、
ガイド・入学センター・「飛翔」編集委員、で一緒の後輩とメールのやり取りをしています。
というのが、入学センターからの連絡があって伝達してあげたら

「それから、質問なんですが、広島大学では東大の受験カフェみたいな取り組みはないんですか?」

という返信が来たんですね。
僕、うかつにも「東大の受験カフェ」を知らなかったのでまずそこから勉強したんですが、
東大とネスカフェがタイアップして原宿にオープンさせた、
相談があれば大学生が受け付けて(別に東大に関する相談でなくてもよい)、
自習のスペースもあって、体にいい献立も提供している、

そんなカフェだそうですね!!

何か、キャンパスガイドとしても、入学センターのスタッフとしても、
さらに食堂のアルバイトとしても興味をそそられる内容だなぁと思うんですが、(笑)

後輩いわく

「人が集まりやすい場所を押さえて、相談会じゃなくカフェっていう足を運びやすいラフさのある場所を学生が提供出来たら良いかなぁと思うんですよね。」

「ちょっと前にニュースで東大の受験カフェが取り上げられてて、気軽に大学生に相談出来たら良いんじゃないかなぁって年明けから考えてたんです!」

「毎月っていうのは難しいかもしれないけど、定期的に気軽に大学生とコミュニケーション取れる場ってもっとあっても良いと思うんですよね。」

などなど、
以前から思っていましたが、自分なりの考え方をかなりハッキリ持っている後輩です。
だからこそ僕はキャンパスガイドや入学センターのスタッフに誘ったわけですが、
時にこういう難問をぶつけられることもあって
(以前「この件について、現リーダーである○○先輩の見解をお聞かせ願います。」
言われたこともある)、

さすが僕の見込んだ後輩だ、という嬉しさと
先輩としてどういう答えを出してあげたらいいんかなぁ……という困難
の間に立って
さっきからメールに全力で返信しています。(笑)

「だからいろんな先輩と会って疑問を直接ぶつけられる機会は必要かなって。」

後輩のいう「疑問」とは、
受験生が大学生活とか受験に対して抱いている疑問のことですが、
この後輩にとって、ひょっとしたら僕こそが
「疑問を直接ぶつけられる先輩」なのかもしれません。
僕は今朝先輩に旅行の提案をし損ねましたが、(笑)後輩は思いを伝えてくれました。

そうこうするうちにやり取りは7往復になり、もうじき日付が変わります。
とことん付き合ってあげようと思いますが、ブログはここまでにします。(笑)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。