スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.冬 旅行記 3

いろいろあって、前の晩は4時まで起きていました。ということで2時間しか寝ずに6時に起床。出かける支度をして、家を出たらまずパンを買いにコンビニへ。パンを買って店を出るとき、新聞の見出しをチラッと見たら、読売のトップ記事が「鉄道カード1枚でOK 全国10種相互利用」でした!!ついでに買おうかなと思いましたが、場所を取るし、あとで大学の図書館にコピーを取りに行けばいいやと思ってやめました。(笑)

バスで西条駅へ。実は今日の行程を最新の時刻表でまだ検めていなかったので、時刻表をで行程を確定させ、青春18きっぷに2回目の日付をもらって入場しました。まずは7時40分発の岡山行きへ。すぐにパンを食べましたが、食べ終えたらすぐに寝てしまいました。そりゃ、2時間しか寝ていませんしね……。個人的には、尾道付近の瀬戸内海の景色を眺めるのが好きなんですが、そんな景色も眺めずに寝ていました。そして目が覚めたら「里庄」駅だったんですが、一瞬「中庄」駅と勘違いしてあせりました。中庄駅の手前、倉敷駅で降りるつもりだったので……。

変換 ~ DSC09172

その後、寝過ごすこともなく倉敷駅で降りました。というか、絶対に倉敷駅で降りなければならないというものでもないんですが、岡山駅から先の列車は伯備線から来て倉敷駅から山陽線に入る相生行きなので、岡山駅まで行かずに倉敷駅で降りて迎え撃つほうが確実に座れるだろうという判断です。(笑)

で、倉敷駅では座れませんでしたが、岡山駅での席取りバトルには優位に参戦でき、ちゃんと座れました。

あと、この列車の車掌さん、放送がかなり丁寧でした。まず、優先席とその近くで携帯の電源を切るようにとの注意には「医療機器などに悪影響を及ぼすおそれがありますので」と断りを入れ(以前は普通に断りが入っていた記憶がありますが、最近は注意だけになっていますね)、岡山駅到着前の乗換案内では、近くの方はご存知でしょうが北長瀬駅を出てからの短い時間でかなり多くの乗換列車を案内しなくてはならないにも関わらず、特急のことを略さずに「特別急行」と言っておられました。

岡山駅から先でも寝直して、相生駅からは新快速の野洲行きへ。この電車を姫路駅で降りました。

変換 ~ DSC09176

その次の新快速の案内を撮ったものですが、来年の3月からは、「石山」と「草津」の間で「南草津」にも停車するようになります。

姫路駅での約40分の乗換時間で、昼食をとります!!姫路駅といえば「駅そば」です。本当はラッチ内の吉野家で「牛キムチクッパ」を試してみたい気もしたんですが、やっぱり駅そば!!

変換 ~ DSC09177

本当は350円のところ、学割で300円です。あと、「そば」を名乗ってはいますが、そばアレルギーの僕が食べても大丈夫です。(笑)

変換 ~ DSC09179

ここからは播但線に乗ります。播但線は以前夕方に逆方向から乗ったことがありますが、明るい時間にちゃんと景色を見ながら乗るのは初めてです。

まずは、寺前行き。電化区間を走破します。姫路駅を出る時点では座席はほとんど埋まり立つ人もいたんですが、徐々に減って行き、終点の寺前駅に着くころには1つのロングシートに1~2人という感じでした。

変換 ~ DSC09181

何となく萩の山陰線に近い、懐かしい車窓でした。

変換 ~ DSC09183

変換 ~ DSC09182

変換 ~ DSC09184

寺前駅から先は非電化区間です。ホームを横切った和田山行きに写真を何枚か撮ってから乗り換えましたが、幸いなことにボックスが1つ空いていました。

変換 ~ DSC09186

思えば、萩にいた頃はこれが最大のぜいたく品でした。東広島に移ってからは、山陽線の電車で(転換クロスシートではなく)ボックスシートの車両に当たったらがっかりしますが……。(笑)

変換 ~ DSC09188

変換 ~ DSC09190

変換 ~ DSC09191

寺前駅までと同様に雰囲気は山陰線そのもので、とてもほのぼのした気持ちでいました。

で、終点の和田山駅からはまさに山陰線ですが……僕の中での「山陰線」のイメージとはかけ離れています。

変換 ~ DSC09193

223系が走っているからです!!(笑)2両でワンマンのこの223系、以前から見たいと思っていたところ、ようやくその姿を拝めました。やはり、新快速で見慣れている分には、大変な違和感がありました。

変換 ~ DSC09198

変換 ~ DSC09200

駅前には、「はまかぜ」への新型車両の導入を歓迎する横断幕が掲げられていました。

変換 ~ DSC09208

地方の駅に行って、こういう手作りのPRグッズを見かけると、少し気分が和みます。

変換 ~ DSC09203

待合室にはものすごく大きな時計がありました……。ドアやポスターの大きさと比べてみてください!!

変換 ~ DSC09205

列車案内は電子式ですが、自動改札機はありません。自動改札機が当たり前の環境に身を置かれると、こういう光景がとても懐かしく感じられます。

で、ここまでは青春18きっぷでやってきましたが、この先はすべて普通に乗車券を買います!!すなわち、特急に乗るということです。

変換 ~ DSC09209

まず乗るのは、特急「北近畿」7号。来春のダイヤ改正からは、新型の287系が導入され、列車名も「こうのとり」へと変わります。287系も「こうのとり」という名称もすごく気に入っているので今からとても楽しみなんですが、その前に「北近畿」にも乗っておこうという策略です。(笑)リアルな話をすれば、15時49分までに城崎温泉駅に行きたいので、そのためにはここから特急でワープすることが不可欠なのでもありますが……。

ちなみに、本当は、和田山駅から豊岡駅まで引き続き青春18きっぷで行き、豊岡駅から城崎温泉駅でのみこの「北近畿」に乗っても予定は成立します。ただ、豊岡駅から城崎温泉駅までの所要時間はわずか8分で、その区間の運賃と自由席特急料金は820円。1分あたり102.5円です。でも、「北近畿」という列車名を券面に残すために指定席を取りたいのが本心なので自由席という選択は眼中になく、もし指定席にすれば1,330円、1分あたり166.3円ということになります。それはさすがに……ということで、この和田山駅から指定席で行くことにしました。そうすれば運賃と特急料金は1,790円、1分あたり148.4円と、かなりお得に(?)なりました。

変換 ~ DSC09216

変換 ~ DSC09218

変換 ~ DSC09224

変換 ~ DSC09220

これでめでたく「北近畿」に乗ったという証拠が残せました!!あと、乗車券と特急券の一葉券を久しぶりに手にしました。普段使う切符のほとんどを大学のトラベルセンターで手配していますが、いつも別葉で発券されるので……。ちなみに僕は一葉券より別葉の券の方が好きです。きっぷを集めている身としては、本来なら2枚のきっぷになるところを1枚にまとめられてしまうと、何かゲンナリします。(笑)

さて、この列車ですが、

変換 ~ DSC09254

こんなふうに、2つの編成が連結されています。こういう違和感にすごく惹かれてしまい、たまらんなぁ~~と思うわけですが、(笑)

変換 ~ DSC09238

変換 ~ DSC09240

内側は内側でおもしろいことになっています。2枚目の画像は、開放されている車掌室から撮ったものです。

変換 ~ DSC09250

40分弱の乗車で、終点の城崎温泉駅に到着しました!!

で、実は、「北近畿」の車内で、マイミクでもある北海道在住のKAZさんと合流していました。母親同士がネット上の仲間で、その流れからこうなったんですが、(笑)以前から年賀状の交換こそするものの距離が距離だけにお会いすることはほとんどなく、今年の8月の北海道旅行で5年半ぶりにお会いしたところです。今回は、KAZさんが旅行で関西に来られるとのことで、しかもその行程に興味深い列車があったので、途中でご一緒することにしたわけです。

変換 ~ DSC09263

とりあえず、城崎温泉駅で、「北近畿」の後にやってきた「はまかぜ」を撮影。まだ目が慣れていないからか、かっこいいのかどうなのかよくわからない車両だなぁと思います。(笑)

変換 ~ DSC09265

山陰の冬の味覚といえばカニです。駅を歩いていても、その熱意(?)が存分に伝わってきました。(笑)

改札を出たら、まずはみどりの窓口でこの先に使う乗車券を購入しました。特急券はすでに用意していましたが、乗車券はまだだったんですね。西条(東広島)発着の乗車券ならいつもトラベルセンターで済ませますが、今回は城崎温泉駅の増収に貢献すべく、あえて乗車券は事前に準備しませんでした。

乗車券を準備したら、駅前へ。

変換 ~ DSC09269

そのまま、右へ!!

変換 ~ DSC09279

城崎温泉といえば、この川です。円山川です。志賀直哉の小説「城の崎にて」を高校の現代文で習い、ここまではよくある話だと思いますが、さらに、この夏に「オープンキャンパス探検部」として先輩と県立広島大学のオープンキャンパスに行ったときに「城の崎にて」を扱った模擬授業を受けたので(笑)城崎温泉や円山川には世間一般の人より思い入れがあります。

変換 ~ DSC09280

こんな感じに旅館や土産物屋さんが軒を連ねていて、もともとあった思い入れがさらに強くなり、今度は泊まりに来たいなぁと思いました。

変換 ~ DSC09283

変換 ~ DSC09285

カニはさすがに買えませんが、(笑)「うにめかぶ」を1つ買って帰りました。

という感じで足早に30分ほど観光(?)をし、城崎温泉駅に戻りました。

変換 ~ DSC09289

変換 ~ DSC09290

変換 ~ DSC09291

何となく鳥取県な感じがしますがここは兵庫県。駅にある、駅員さんの手作りと思われる観光案内図には、「はばタン」がいろいろなポーズで登場していました。上にも書きましたが、こういうグッズを見ると嬉しくなります。

さて、この先は、

変換 ~ DSC09295

変換 ~ DSC09296

変換 ~ DSC09299

特急「かにカニはまかぜ」大阪行きに乗ります。萩でおなじみだった「いそかぜ」や、「いそかぜ」亡き後も長く「はまかぜ」の顔として活躍してきたキハ181系ですが、「はまかぜ」としての運転はすでに11月6日で終了し、臨時特急「かにカニはまかぜ」としての運転を残すのみでした。そして、この「かにカニはまかぜ」にキハ181系が充当されるのは年内いっぱいなので、キハ181系に乗れるチャンスの「ラス2」である今日、城崎温泉から大阪まで乗ることにしたんです!!

変換 ~ DSC09304

朝はパン、昼は「駅そば」という感じの食生活なので、まだ16時ですがお腹は減っています。KAZさんともども「城崎のかにずし」(1,120円)を買いました!!で、乗ったら早速ふたを開けたんですが、

変換 ~ DSC09305

さらに弁当箱がありました!!それを開けると

変換 ~ DSC09307

こうでした!!すばらしい!!これでもかという感じで、1,120円を投じた価値はあったと思いました。弁当箱は記念に持ち帰りました。(笑)ちなみに、座席ですが、写真では「2号車19番C席」となっています。これ、そこを指定して買いました。というのが、新型の「キハ189系」だと、19番列が存在しないんですよね。ということで、「19番」の指定席を残しておけば、必然的に、キハ181系に乗ったのだという証拠になります。前に500系でやった「13号車19番」と同じからくりです。(笑)

変換 ~ DSC09314

車両は全部で6両あって、すべて普通車の指定席。前の晩にサイバーステーションで確認したところ、まだ空席はあるようでした。実際に端から端まで歩いてみても、ところどころ空席のままになっていました。

あと、弁当を食べたらKAZさんの行程表を見せてもらったんですが、旅行会社が発行したかと思うようなしっかりした行程表で、感激のあまり写真に撮らせてもらったくらいです。(笑)エクセルで作られたとのことですが、どうすればあんなに立派なのが作れるのか……。

途中、姫路駅で、13分ほど停まります。

変換 ~ DSC09326

変換 ~ DSC09331

その間に撮影に行ってきました。「いそかぜ」はもちろん「はまかぜ」でも6両での運転は見たことがなく、最後に乗る機会があり、しかも6両での姿も見ることができてよかったと思いました。

ちなみに、ホームの掲示ですが、英語版に切り替わると「Ltd.Exp.Kani-Kani」になります。ちょっとツボです。(笑)

姫路駅で進行方向が変わり、これまでは壁とにらめっこだったのが、車両の最後部になりました。大きなテーブルが使えるようになったのがありがたかったです。(笑)乗客の多くは姫路駅までに下車してしまっており、ずいぶん閑散としていました。

変換 ~ DSC09360

19時11分、終点の大阪駅に到着です。そのままホームに残って、回送されるのを見送りました。

変換 ~ DSC09365

向かいのホームにもギャラリーがたくさんいて、端にはロープも張られていました。

で、発車を見送った後、今度は新大阪駅へ。

変換 ~ DSC09372

今日は何かと「姿を消す物」の話題が多いようですが……。(笑)引退が迫ってきた100系を撮ってきました。個人的には100系といえばこの塗装だし、ぜひキハ181系も最後は国鉄色に復元してほしかったな、と思います。

100系を撮影したら、構内のお好み焼き屋さんに行きました!!

変換 ~ DSC09374

この店、半分は規定のソースを、残り半分は3種のソースから1つを選んでかけてもらえます。「どれがいいですか」と紙を示して聞かれて、さてどれがいいんやろう……と(なめてみたりしない限り選びかねるところがあり)
半ば適当に選んでしまいました。でもおいしかったです。(笑)


食べ終わったら、快速電車で西宮駅へ。

変換 ~ DSC09378

西宮には、去年の9月に「飛翔」のメンバーで来たことがありました。(このとき)あと、上のいとこがこの春まで西宮の大学に通っていたんですが……よくよく考えれば、いとこを訪ねて西宮に行くことをただの1度もしないままでした。(笑)

西宮に来たのは、新山口の検側車「キヤ141」が来るからです。

変換 ~ DSC09386

暗くて見づらいでしょうから、画面をやや上から覗き込むように見てください。(笑)

この後は快速電車で大阪駅まで戻って、KAZさんとは解散。遅くまでお世話になりました。今度は僕が北海道を訪ねる番ですね!!(笑)

僕はといえば、23時発の「青春ドリーム広島号」に乗ります。けっこう乗り慣れていて、トイレのない側の最後尾である「11C・11D」の席が足元の広い当たり席だと把握しているので、できればそこを押さえたかったんですが、前日に広島バスセンターで購入したときにはすでに売れていました……。

変換 ~ DSC09395

このバスに乗るときは発車までの時間のつぶし方に困ることがよくあるんですが、今回は大阪駅での待ち時間はほぼゼロでした。遅くまで夜遊びをしたもんです……。(笑)

指定された座席は「3B」。通路側で、窓側にも人がいました。隣に人がいなければ、途中休憩の白鳥パーキングエリアでたつの市の名産品を使ったアイスクリームを買って車内で食べるんですが(このとき)、今回はそれができませんでした。けっこうお腹が減っていたので、本当はアイスクリームではなくとも何か口に入れるものを買いたかったんですが……。(ちなみに、隣の人に遠慮して何も買わずにいた僕とは裏腹に、席に戻ってみたら隣の兄ちゃんはパンを食べていました!!)(笑)

最近横4列のバスでもぐっすり眠れるようになりました。今回も、西条駅到着前に車内灯が点灯されるまではよく眠ることができ、朝5時の大学で下車した後は帰宅して少し寝足し(?)をし、いつもどおりの月曜日の生活を始めたのでした。

ところで、今回の旅行のきっぷについて2つほど心残りがありました。1つは

・乗車券を、「和田山→城崎温泉」「城崎温泉→【阪】大阪市内」の学割の連続乗車券にすればよかった。
→計算はしていませんが、多分安くなったと思います。
・「かにカニはまかぜ」の特急券と合わせて、新幹線の「新大阪→京都」の自由席特急券を買えばよかった。
200円ちょい、安くなりました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

お世話になりました!

その節は、突然のお誘いにも関わらずありがとうございました!
早くもあれから10日が過ぎましたね~。昨日の事のように覚えてます!(笑)
100系も見れて満足でした!
最後、梅田の駅では恥かしい思いをしましたが…笑
どこでもSuicaが使えると思っていたら、大間違いですね!

次はこちらへいらっしゃるのですね!楽しみにしています(笑)

それではよいお年をお迎えください!

No title

いえ、こちらこそ、ちゃんと誘ってくださってありがとうございました。(笑)
色々と楽しい時間を過ごさせていただけました!!

もうすぐ10のICカードが統合されると報道が出ましたね。
きっと、そのうち、いい思い出になりますって!!(笑)

はい、絶対に行きます!!
またよろしくお願いします。
プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。