スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会から求められる人間

昨日は、北海道のマイミクの人と城崎温泉に行ってきました!!
途中、来年3月で名前の変わる特急「北近畿」
キハ181で運転されるチャンスの「ラス2」だった特急「かにカニはまかぜ」に乗りました。
出かけてよかったと思います……。

で、夜はおなじみの「青春ドリーム広島号」に乗って、
大学に今朝の5時に帰ってきました。
帰宅したら寝直して、洗濯をして、大学に行ったんですが、
あと10分早く起きなかったばっかりに、食堂に朝ごはんを食べに行く余裕がなくなり、
やむを得ず、学内のローソンでパンを1つ買うことになりました。
まぁ、学内でSuicaを使うという経験ができたのでよかったことにします!!(笑)

最近、財布の中にPASPY以外にSuicaも持つようになりました。
コレクション用とは別に、普段使う用にも1枚買ったんですよね。
相変わらず自動改札機にタッチして電車に乗ることはせず、
もっぱら、券売機できっぷを買うためやコンビニで支払いをするための
プリペイドカード代わり
に機能しています。

そういえば、昨日の読売朝刊1面の報道によると、
2013年春をめどに、
国内の10枚の交通系ICカードが相互に使えるようになるらしいですね。
僕が「普段使う用」にSuicaを選んだのは、
普段よく使うエリアが、ICカードで言えば
「Suica」「PASMO」「TOICA」「ICOCA」「PiTaPa」
「PASPY」「SUGOCA」「nimoca」「はやかけん」

に相当し、かつ、

・PITAPAエリアでは(スルッとKANSAIのカードできっぷを買うので)
 別に使えなくてもかまわない
・PASPYエリアでは(正真正銘のPASPYで支払うので)別に使えなくてもかまわない

という特徴があることから検討するまでもないことだったんですが、
もしどのカードでもよくなれば、どれを使おうかな……。

というか、そのころには広電に就職しない限り広島にいないと思うので、
「普段使う用」に選ぶのは、住んでいる先のICカードにするのがいいでしょうね。(笑)

で、パンを買った話です。
レジで「Suicaで」と言って支払った後、
2コマ目の「広島大学のスペシャリスト」の教室に行き、
始まるまでに大急ぎで食べました。

今日は文書館に関する講義で、僕が楽しみにしている4回のうちの1つでした。
担当の文書館の先生とは顔見知りになって長いんですが、
今日は赤いネクタイをして来られていて、
「赤いネクタイにどういう意味があるか知っているか」という話が冒頭にあり、

先生「面識があるので当てさせてもらいますが……」

僕(ギクッ!!)

先生「○○君(僕)、何か知ってますか?」

(やっぱり当てられた……)
「えーと……、情熱を表す、とかですか?」

そうではなく、(笑)オバマ大統領の選挙戦のときのような、
「この人は今から重要な話をする」というイメージを与えることができる色なんだそうです。

で、そのあとに、そもそも文書館とはどういう施設なのかの話があったんですが、
何でも、その整備に福田元首相が熱心だったそうです!!

「『あなたとは違うんです』と言って辞めたというエピソードがあるが、
 確かにあの人は『あなたと違』った」

そうです。
「アーカイブズの分野では得がたい人物」
だと評しておられました。

何でも、その昔、福田さんがまだぺいぺいだったころ、
外遊する際、群馬県史を編纂している団体(部局)から
「アメリカの公文書館に行って、群馬県の航空写真を入手してきてほしい」
と依頼され、実際に行ってこられたそうなんですが、
日本にはそんな写真は残っていないのに、アメリカの公文書館にはそれがあり、
日本はそんな国と戦争をしていたのか、情報戦で日本はすでに負けていた、と痛感し、
その後、文書館に関する懇談会を開いたそうです。

(お察しかと思いますが、上の話は、
先生の説明をニヤニヤして聴きながらプリントに書き留めた話です。
状況が状況だったので、心ここにあらずな感じで、多少の誤記があるかもしれません)

あと、「あなたとは違うんです」の「あなた」が広島県の中国新聞の記者だとは
このブログの読者の皆さんはブログ上で1度は読んだことがあるかと思いますが、
その記者が、文書館に取材に来られたこともあるそうです。
会ってみたい!!

ともかく、パンを食べたはよいがお腹は減った状態で授業を受けていましたが、
先生のこの一通りのお話のおかげで、お腹がいっぱいになりました。ごちそうさまです。(笑)

そういえば、もし11日の大阪でのJR西日本のセミナーの予約が取れなければ、
東京で今日の16時30分から開かれる同じセミナーに行く予定でした。
で、そうなると、今日の授業へは出席できなくなるところでした。
今日出なかったら絶対に後悔したはずです!!予約が取れて本当によかった……。(笑)

ちなみに、
「『広島大学のスペシャリスト』の授業にもぐりこんだ後に
 広島空港から飛行機で羽田空港へ飛び、セミナーに行く」

ことが仮に可能なら、迷わずそうするつもりでした。
それほどこの授業には強い関心を持ってもぐりこんでいます。(笑)
ただ、「12時から16時30分までの4時間30分」では
たとえ飛行機に乗ってもセミナーに時間通り行くことはできない計算でした。

昼休みは友達と食堂へ。
朝食で食堂に行かなかったおかげで、昼食の予算は1,000円もありました。
中華で決めてみようと、坦々麺と回鍋肉を選び、そこにケーキをつけました。

夕方前には月例のガイド会議をやりました。
最近、ガイドのリーダーである僕の支持率は
ついに落ちるところまで落ちたなぁ、と感じることがよくあります。
返信希望のメールに対する反響とか、
今日みたいに集まってもらうときの状況などを見ればすぐにわかります。

僕がリーダーの立場に就いて、もうすぐ2年。
この2年で、ガイドのメンバーの雰囲気は大きく変わりました。
大きく変わってしまった雰囲気と、それに付いていけず、何も変わらない僕。
そりゃ、そんな人間が周りから好かれるわけがないし、
そうは言っても、親しくしてくれる人はいるので
仮に「個人」としては認めてもらえたとしても、
そんなリーダーには、付いていきたくありませんよね。
僕は、ガイドに限らずリーダーとして関わる(関わった)グループでは、
周りの人のことをまず考え、そして先を見据えて、その勤めを全うしているつもりですが、
もはや僕の能力には限界があるようです。
一生懸命やっていることが空回りし、「これに何の意味があるのか」と裏で言われ。
締め切りまでに十分な期間を確保しているはずの返信希望のメールにも、
結局返信をもらうことができなかったり。


恐ろしいもので、「国民が聞く耳を持たなくなった」と言って辞めた前の総理の気持ちが
何かちょっとわかるようになってしまいました……。(笑)
リーダーとしての僕の価値は、もはや末期症状だと思います。

就活をやっていると、やれ「自分の強みは何だ」などと考える機会がありますが、
最近は、僕に「強み」と言える点があるのかから、不安になりつつあります。
こんな人間を求めてくれる社会(企業)が果たしてこの世に存在するのでしょうか?
本気でそう思います。

とにかく、今の自分にできることは、厳しい状況にあっても決して逃げず、
今までどおり、やるべきことにひたむきに取り組むこと
かな、と思います。
というより、それ以外にできることは何もありませんし……。

こういう気分のちょうどいい発散の機会が、まさにバイトだったりします。
おかずレーンに注文にやってくるお客さんや、
食器を下げにくるお客さんには、
どんな気持ちだろうと、必ず、相手の目を見て大きな声と笑顔で接するようにしています。
それで相手が少しでも笑顔で返してくれたり、
そんな僕の接客態度が浸透してか
逆にお客さんのほうから笑顔で注文や食器の返却をしてくれたりすると、
「こんな僕でも、少しでもこの人のためになることができたかな」と、嬉しい気持ちになります。
今日はお父さんと3歳くらいの男の子(多分先生と息子さんだと思う)が食べに来られて
男の子が小さな手に大きなトレイを持って食器を下げに来てくれたので

「ありがとう。おいしかった?」

と声をかけたら、彼は笑顔でうなずいてくれました。

「また来てね。バイバイ!!」

と手を振ったら、返してくれました。

せっかく週に3日も4日もアルバイトをできる環境にあるのだから、
その機会も活かして、社会から求められる人間になれるよう、自分を高めていきたいです。

こんなネガティブな記事をアップしてよいものかどうか考えているうちに、
気づけば、2時間が経っていました。
まぁ、ここは僕の日記ですので、書きたいことを書こうと思います。(笑)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。