スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空はどこまでも高く青い

「青春18diary」に関するアンケート実施中!!

ゆうべ、2時30分ごろまでパワーポイントのスライドを作っていました。

変換 ~ 無題

これ、アニメーションの設定がかなり複雑だったんですよね……。
そのアニメーションを写真でお伝えできないのが残念です。(笑)

で、それだけ夜更かしをしていながら、今日は1コマ目からだという……。
予告通りカーペットに掛け布団をかけて寝ました。
やはりあまりよくは寝られませんでした……。
なのに、朝はなかなか起きられませんでした。

起きたら大急ぎでご飯を食べて、食器を洗って、
家を出たのが8時38分
一時は遅刻を覚悟しましたが、(授業は45分から)どうにか間に合いました。
自転車置き場から一番近い教室だったのが救いでした。

1コマ目が「文化人類学B」。
今日は、霊とか呪いに関する話です。
もともとそこまで関心のあるテーマではないんですが、
あの先生の口から出る話なら何でも聴き入ってしまいます……。

「わら人形、五寸釘、トンカチをお持ちになって、神社にお出かけください。」

聴き入らずにはいられない……。(笑)
この授業を取っておいてよかったな、と思う瞬間です。

この授業のように、「周りの人に薦めたくなる授業」に
たくさん出会えたのは収穫だったと思います。


1年生の頃お世話になった、学生スタッフの4年生の先輩は、
「色々な学部の授業にもぐりこんでいるので、
個別相談で聞いてくれればおすすめの授業を教えるよ」

受験生に向けて言っておられました。
果たしてその声に心を揺さぶられた受験生がいたのかどうか僕にはわかりませんし、
当時の僕には、自分が取るべき授業を取ることで精いっぱいで
「余分に授業にもぐりこむ」なんて想像できない世界でしたが、
今思えば、あの先輩にもっとおすすめを聞いておけばよかったなぁと思います。

で、先生が30年来授業で言い続けていることがあるそうです。

「万が一、億くらいかもしれませんが、不幸にして私より先に逝くことがあったら、
 恐縮ですが、私の授業に化けて出ていただきたい。
 できれば、前の晩に私の枕元に
 『○年入学の○○です、明日先生の授業に出ます!』と伝えていただきたい。
 決して皆さんのご不幸を望んでいるわけではありませんが、
 後輩のためです!研究のためです!

わかりました、もし僕が先生より先に逝ってしまったら、授業に行きます。(笑)

あと、今日配られたプリントに載っていた新聞記事に、
「兵庫県たつの市」の文字がありました。
それを見てふと「古今東西・ひらがなを含む自治体!!」を頭の中でやったんですが、
パッと思いついたのが
「むつ・いわき・にかほ・ひたちなか・さいたま・あきる野・南あわじ」でした。
あと、山口県にはかつて「むつみ村」がありました。(現在は萩市に編入)

ただ、wikipediaで調べてみたら、見落としが相当あって、
「つくば」「えびの」なども知ってはいました。
そういえば「南セントレア」という構想もありましたね……。

で、ここで思い出したんですが、
中学2年生の頃に萩市が広域合併をやったとき、
新しい市の名前が一般に公募されました。
それで残った5つの候補が
「萩市」「新萩市」「はぎ市」「阿萩市」「長州市」
だったように記憶しています。
「阿萩」は「あしゅう」と読みます。
「阿武(あぶ)郡」と「萩市」からなる地域をまとめて呼ぶ時に、
「阿萩大会」のような形で、従来から使われている言葉です。

この当時の僕は、
「せっかく合併して名前を公募したなら、『はぎ市』か『新萩市』がいいなぁ」
と思っていました。
そして、結局は今まで通りの「萩市」に落ち着き、
何のための公募だったのかとがっかりした覚えがあります。
しかし、今思えば、「萩市」のままで本当によかったと思います。
萩は「萩」であり、それ以外の何物でもないんです。

合併してから10年100年と続く地名に安易に「新」を付けたり、
難しい漢字でもないのに安易に「はぎ」とひらがなにしたりしては、
末代までの笑い者だと思います。

かつて山口県に「南陽(なんよう)町」という町がありました。
この町が市になるとき、「南陽市」がすでに山形にあるからということで
「新南陽市」という名前になりました。
その当時の南陽町民の思いを僕は知りませんし、
今では「新南陽市」を含む2市2町が合併して「周南市」になったので
いずれにせよ過去の話です。
ただ、もし僕が当時の南陽町民だったならば
いくら「南陽市」がすでにあるからと言って、
「新」を付けて済ませるのには抵抗があったんじゃないかな、と思います。

そういえば、萩市の合併後の名前の公募の結果は
5票以上入っていたものがずらっと公表されていましたが、
中には「北山口市」というのもありました。
当時の僕は、「北九州市」のイメージがあるからか
これをすごく気に入ったことを覚えているんですが、
これまた、今思えば、

「出身どこなん?」
「んー?北山口。」


なんてやり取りは、恥ずかしくてできません。

変換 ~ 100921_162613

萩市民館のロビーに掲げられている書です。
「萩に生まれたことを幸福に思う」
今年の成人式で、来賓の元官房長官と新成人代表の僕は
壇上でのあいさつでそろいもそろってこの言葉を取り上げていました。
しかも、順番としては僕が後だったのでとても困ったんですが、(笑)
萩への愛を語るのに、これほど美しい言葉はないと思います。
もし僕が育ったのが萩市ではなく「北山口市」だったら……。
きっと、こんな思いにはなれなかったんじゃないかな、と感じます。

2コマ目は「日本環境地誌」。
先生の板書で、長崎県の「対馬」が「対島」になっていました。
あれれ!?と思ったら、前の人が電子辞書を引いて確認していました。
まぁ、書き間違いの気持ちはよくわかります。
高1の時の、現代社会の時間の「市長村」(←市町村)も、
気持ちはすごくよくわかりました。

で、授業が12時ちょい前に終わったんですが、
終わったらその足で図書館のメディアセンターへ。
今日は、12月11日に福岡市で開かれる
リクナビ主催の大きな説明会の企業説明の申し込み開始日なんです!!
それが12時ちょうどで、僕は12時05分ごろから申し込みの作業を始めたんですが、
「JR西日本」「西日本鉄道」は取れました。
そして最後に「JR九州」!!と思ったら、何と、満席になっていました。
時間にして12時06分30秒でした。
や、やられた……!!
上から順に申し込むのではなく、早く埋まりそうなのから申し込めばよかった……。
なら確実に「JR九州」を一番にしたのに……。

一応、当日の整理券を取れば同じ条件で話が聴けるのでいいんですが、
これにはちょっと落ち込みました。

とりあえず、キャンセルが出ないかなぁと思い
しばらくはこまめに更新ボタンを叩いてみましたが、
新幹線じゃあるまいし、そうホイホイとキャンセルは出ませんよね。

最近の新幹線は、エクスプレス予約とかEX-ICなどで
手数料不要で受け取るまで何度でも変更が効くので、
とりあえず取っておいて、その後柔軟に変更するのが常識になりつつあると思います。

そういえば、東北新幹線の新青森開業まであと1ヶ月になりましたが、
新青森発の一番列車の指定席は30秒で完売したそうですね。
やっぱりというか、何というか……。
ちなみに、「さくら」の一番列車の指定席を狙ってます。

このあと食堂へ。
北海道フェアの「シチュー・ド・北海道」と「男爵チーズもち」を選びました。

変換 ~ 101104_125934

変換 ~ 101104_125939

「シチュー・ド・北海道」ですが、やけにホタテがたくさん入っています。
試しにホタテだけ残してみたら

変換 ~ 101104_130652

こんなことになりました。
13個もあります。

「13個!?」
「13個!?」
「合わせて26個!?」


あいにく食堂に行ったのは1人でだったのでこれは脳内の妄想ですが……。(笑)

というわけで、落ち込んだ気持ちはどこへやら、すがすがしくなって食堂を出ました。

変換 ~ 101104_131220

変換 ~ 101104_131227

変換 ~ 101104_131937

気付けば、空の何と青く高いことか。
天高く馬肥ゆる秋。

「青」つながりで、コブクロの「蒼く優しく」をYouTubeで聴きながらこの文章を書いています。
この後は「青い珊瑚礁」「青いベンチ」「碧いうさぎ」「青い山脈」「青の時代」にしよう!(笑)

午後からは、ガイドで大学祭の準備をしました。
その途中で、お使いでキャンパス内をウロウロしたんですが、
相変わらずの空の青さと高さが心地よく、
携帯を出して、川嶋あいさんの「空とつぼみ」を流して歌いながら歩いていました。

---
時は経ち春が来て桜咲き君はいつのまにか誰かのものになって笑っていた Ah~~
空はどこまでも高く青い もう一度君へと手を伸ばす
だけどもう届かないよね わかっているけどまだ恋しくて
胸のつぼみは消えないよ

僕は君を見つめてるだけの青空になるのを決めた Ah~~
空はどこまでも高く青い 変わらずつぼみを抱きしめた
たとえもう届かなくても 今はこうしてたい
ただここから 君の幸せ願うから
---

切ない歌詞ですが、メロディーがにぎやかなので、歌っていると楽しくなります。

ん、「蒼く優しく」が終わったので、次は「青い珊瑚礁」じゃ。(笑)

で、5コマ目には「数理情報科学演習」に行ってきました。
ゆうべのスライドを、持ち込んだ指示棒まで使って発表しました。(笑)
あと、先生が、「鉄子の旅」の4巻~6巻を貸してくださいました!!

そのあと再び大学祭の準備に戻り、解散後はとりあえず近くの食堂に行ってみたんですが、
食べたいおかずが見つからなくて、結局はバイト先まで行きました。
やっぱり僕とあの食堂の間には何かがあるみたいです。(笑)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。