スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12時打ち

「青春18diary」に関するアンケート実施中!!

今日も7時45分に起きました。
服装ですが、早速、バイト用のポロシャツを着て行きました。(笑)
別に「SCHOOL CAFETERIA」とか書いてあるわけでもない
無地の水色のポロシャツなので、
私服として着ていても全然おかしくないと思います。
むしろ、水色とか青系のポロシャツが欲しいなぁと思っていたところだったので、
ちょうどよかったという話です。

で、朝を食堂に食べに行ったんですが、
入る前に食堂部長のおじさんにバッタリ会いました。
おはようございますとあいさつをして世間話をしたんですが、
すぐに
「しかもそれ、うちのユニフォームやろ?」
……ばれました。(笑)
さすが部長。

1コマ目「文化人類学B」
「文化人類学」は多くの人が受講しているようですが、
僕は今まで受講したことがありませんでした。
別にこのまま受講せず卒業してしまってもいいんですが、
この授業の担当は入学センター長を兼任されている先生なので、
せっかくなので取ることにしました。

で、この先生の「入学センター長」としての立場でのスピーチは何度も聴きましたし、
ご専門とは少し違う分野の講義も受けたことがありましたが、
この授業はまさにご専門の内容だからか、いつもより話がすごくおもしろかったです!!
広い講義室に集まっている学生たちが、何度笑い声をあげたことか。

「全国の動物園・遊園地・公園・水族館・……、
 そんな場所は、たくさんの恋人たちの涙で濡れているんです!!」

「まだ短いカップルにとって、記念日・誕生日、そんな日を忘れることは致命的です。
 しかも、何でもプレゼントすればいいってもんでもない。
 『今日は君の誕生日だから、一生懸命プレゼントを探したよ。はい、サラダオイル。』
 『はい、サバ缶。』
 それはないでしょう!?」

挙げればきりがありません。
そして、僕はこの授業を単位不要で登録して毎回聴きに来るつもりでしたが、
これはちゃんと登録して単位を取ろう!!その価値がある!!と、
授業後すぐに単位を取る登録に切り替えました。

ちなみに、上の話じゃどんな内容なのか判別しかねると思いますが、(笑)
内容は「『信じる』についての文化人類学的考察」です。
「広島大学のスペシャリスト」と「日本住宅史研究」とこの先生の「文化人類学」は、
ぜひ色々な人が受けておくべきだと思います。

2コマ目「日本環境地誌」
2年の前期に「ヨーロッパ環境地誌」を受けましたが、その日本版です。
本当は2年の後期に取りたかったんですが、
同じコマにうちのプログラムの「複素解析」があるので取れませんでした。
複素解析といえば、追試験の追試験を受けてどうにか「可」が取れた伝説の授業です。

で、この先生が1回目の授業ということで20分くらい早く切り上げてくれるかどうかに、
僕の将来がかかっていました。

というと大げさですが、11月の上旬に東京で開かれる
多数の企業の合同説明会の各企業のセミナーが、
今日の12時から、ネット上で予約できるようになっていたんですね。
ということで、定時の12時まで授業をされると、
その足で図書館のメディアセンターに行ったとしても、12時10分ごろまでは予約ができません。
さすがにその10分で満席になるとは思えませんが、
「セミナーの予約が取れない」とはよく聞く話なので、できれば12時に取ってしまいたいところ。

そして、先生はそんな僕の気持ちを察してか(笑)
11時30分ごろには授業を終えてくれました。
ということで、図書館に行って、パソコンを開いて12時を待ちました。
おそらく、全国の何万の就活生が
パソコンや携帯の前でかたずをのんで12時を待っていたことでしょう。

そして、12時ちょうどに予約が開始され、
すぐに、JR東日本・JR東海・JR九州・JTB・ベネッセのセミナーを予約できました。
一安心です……。

そのあとは食堂でご飯を食べて、
チューターの先生を訪ねて、昨日もらいそびれたプリントをもらいました。
そしたら、プリントと一緒に、「ぜひ読んでみて」と、
「鉄子の旅」の1巻から3巻を渡されました!!
久留里線の各駅に下車するという話が実際に出ているそうです。
だからということもあるんですが、
まさかチューターの先生から「鉄子の旅」を借りる日が来るとは思いませんでした!!(笑)

14時30分から、島根からの高校生をガイドしました。
僕は30分前には準備を済ませていたんですが、
まさにちょうど30分前くらいに先方が到着したので、
担当のメンバーがそろうまで、しょうもない話をして間をつないでいました。(笑)
受験生の前での話といえば、あの
「『私は自分自身を客観的に見ることはできるんです、あなたとは違うんです』を目指しなさい」
の話は欠かせません。
他にも
「AO入試は『アホでもオッケー入試』か?」
「受験は『一番であることに何の理由があるんでしょうか?2位じゃダメなんでしょうか?』」

といった持ちネタがあります。(これは今日は使わなかった)

で、この時気付いたビックリな事実。
何と、萩出身の人がいました!!
それも、中学校は僕とは別でしたが、小学校は一緒。
まさかこの東広島の地において、島根からやってきた高校生と、
母校の先生の話題が共有できるとは思いませんでした。
これには腰を抜かしました。

「鉄子の旅」のマンガは、同じ時間にガイドの部屋にいた友達に貸しました。
(後になって気付いたんですが、これをまた貸しと言うんですね……)
優秀な鉄子を育成するためだと思えば、先生も許して下さると思います。(笑)

ガイドの後は、そのまま就活のセミナーに行こうと思っていましたが、
今日の活動の後始末がそれまでにできなかったので、セミナーはやめて後始末をしました。
こないだ「セミナーには皆勤する」ということを書きましたが、
そのために他の活動への責任が不十分になるようでは、単なる自分勝手にすぎません。
「就活だから」で何もかもが許される、そんな甘いものではないと思っています。

幸い、セミナーは映像化され後日改めて見ることができるので、
それを見ることで、参加したことに代えようと思います。

ちなみに、資料だけもらいに一瞬会場に姿を現したんですが、
大きな教室が満席になっていました。
前期のセミナーは受講者が少なくて、余裕で座れていたんですが……。
正直、広大生の進路に対する意識ってそんなに低いのか!?と思っていたくらいでしたが、
これからはちゃんと早く行かないと座る場所に困りそうです。

で、夕方にはバイトに行きました。
就活のセミナーに参加する前提で1時間の遅刻を申請していたので、
それをそのままガイドの後片付けに充てました。

ところで、前々から「サンライズか夜行バスか」で揺れに揺れていましたが、
あのことに結論を出しました。
僕はかねてより、「KRYの大河原あゆみさんを見習って
就活の移動はすべて青春18きっぷか高速バス」
と宣言していましたが、
やはり、僕が志望するのは鉄道会社なのに、
しかもまさにサンライズを走らせるJR西日本なども志望しているのに、
それであってサンライズに乗ったことがないとは、ゆゆしき事態だな、
と思ったわけです。
それに、やはり説明会にはある程度ちゃんと寝た頭で参加しないと、
得るものも得られないな、
と思ったんです。

そんなわけで、
「行き帰りのどちらかには、必ず青春18きっぷか高速バスを使う」
とすることにしました。
具体的に、今度行く東京へは、往路にサンライズ、復路にツアー会社のバスを使うことにします。
復路は少々寝られなくても東広島に戻ってこれさえすればかまわないので、
一番安い手段であるツアー会社のバスにしておきました。

で、このことを、こないだ相談したバイトの先輩に報告して
「サンライズには2種類あるって知ってます?
 出雲市からのサンライズ出雲号と、高松からのサンライズ瀬戸号が、
 岡山で連結して東京まで行くんですよ。
 だから、岡山から東京までなら、出雲号か瀬戸号か好きな方が選べるんですよ。
 どっちにしたものかな~~と思って……

と相談したら、即、出雲にすべしと返されました。
その先輩が島根の出身だからなんですが……。(笑)

というか、鉄子さんでもなんでもない、
単に島根の出身だからサンライズを知っているだけの先輩に、
「出雲か瀬戸かどちらにしようか」などと相談した時点で、
答えは見え見えですね。(笑)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。