スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働くことを考える

今日は9月1日です。
9月1日といえば、あの不朽の名作「あなたとは違うんです」が誕生した日です!!
時間にして、22時ごろだったでしょうか?
あと40分くらいです。

というわけで、今日は、図書館の書庫にもぐって
2008年9月2日の中国新聞を読んできました。
前にも書きましたが、この「あなた」は、中国新聞の記者です。
「あなたとは違うんです」の生みの親は広島県の記者なんです!!
さすが広島県。(笑)

で、2日の新聞のうち、「あなたとは違うんです」に触れている部分をコピーしてみたところ、
何箇所かありました。

◆1面「天風録」
---
「貧乏くじかもしれない」。福田康夫首相が就任するとき、冗談めかして口にした言葉がよみがえってきた。(略)「国民には、ひとごとのように聞こえるのでは」。会見の最後に本紙記者が質問した。「私は自分自身を客観的に見ることができるんです!」と気色ばむ首相。自らの貧乏くじも見通していたということだろうか。
---

◆3面「弱気の場面何度も 国会運営で意欲を失う」
---
「わたしは自分自身を客観的に見ることはできるんです。あなたとは違うんです」。約十七分間続いた辞任会見の最後、首相は「(会見が)ひとごとのように聞こえる」と質問した記者にこう言い放ち、無念さをにじませた。
---

◆3面「特別評論 もはや選挙しかない」
---
衆院議員の任期が残り一年になり、おひざ元の自民党内で渦巻く「福田首相の下では衆院選は戦えない」との認識は、事実上の退陣要求にほかならなかった。辞任記者会見で「私は自分自身を客観的に見ることができる」といみじくも漏らした言葉は、そういう状況を端的に表している。
---

◆27面「2代続け投げ出し 「問題次々」「民主が」 声震え視線泳ぐ」
---
語気を強めたのは「(首相の会見が)人ごとのように聞こえる」と質問されたとき。「人ごとのようにとおっしゃったけど、わたしは自分を客観的に見ることはできる。あなたとは違う」と言い放った。
---

さらに、この「あなた」が、数日後に手記を寄せていました。

◆「記者手帳 「慎重な首相」だからこそ」
---
「総理の会見は国民には『人ごと』のように聞こえる。この辞任会見も」。一日夜、福田康夫首相の辞任会見で、そんな質問をぶつけた。首相は「私は自分を客観的に見ることができる。あなたとは違う」と気色ばんだ。生意気な質問だという指摘を受けるかもしれないが、あえて聞いておきたかった。(略)福田首相は確かに自信の置かれた状況を客観視し、慎重に発言する人だと思う。しかし、それだけでは務まらないのが首相の重責だろう。国民に自身の明確な意思を伝える必要に常に迫られている。辞任会見を聞きながら過去の取材経験がよみがえり、どうしても聞かずにはおれなかった。
---

書庫の中はもちろん蒸し暑いです。
ただでさえ暑いのに、読めば読むほど興奮してしまって、余計に暑くなりました。(笑)
「私は自分自身を客観的に見ることはできるんです。あなたとは違うんです。」。
僕は(僕が)自分自身を客観的に見ることはできていないと思いますが、
「あなたとは違う」とは、常に思い続けていきたいものです。

あと、こないだ「12個の季節~4度目の春~」の混成3部合唱の楽譜を手に入れました。
ということで、伴奏をキーボードで弾きながら、1人で合唱(?)して遊んでみました。
それでもやっぱり1人では1つのパートしか歌えないので、
機会があれば誰かに歌ってもらいたいです。(笑)
思えば僕は「合唱」といえば歌う方より圧倒的に弾く方だったわけで、
ちょっと歌う方をやってみたいな、と、最近少し思います。
ですが、せっかくキーボードを持っているので、
やっぱり合唱よりアンサンブルをやりたいな、とも思います。

夕方にはバイトに行ってきました。
で、僕とほぼ同じ時期に入った3年生のメンバーから、
「公務員講座が忙しくなるので、今月で辞めようと思う」と言われました。
確かにあの人は前期にも週に1日しかシフトに入っていなくて
忙しいんだろうなぁ、とは思っていましたが……。
そして、自分から活発に話をする人ではなかったものの
話しかければ色々と話の合う人で、
山口放送のアナウンサーの話をしたり、
僕がバイトにサインを持って行って自慢したりしたものです。(笑)
あと、小・中と一緒だった友達と、この人は高校で一緒で
何年生の時だったかに同じクラスで仲良くしていたそうで、
何となくその友達の分身のような感じもしていました。(笑)

僕の見る限り、公務員試験というのは相当厳しいもののようで、
ガイドの先輩にもそれを目指す人が毎年おられますが、
最近の先輩もすごく一生懸命勉強されていて、
僕はあの先輩のほんの一部しか知りませんが(ビーズの曲にこんな歌詞があったなぁ)(笑)
自分には絶対マネできん、と、ただただ尊敬するばかりでした。
そして、立派なところに合格された先輩を見て、
そんな人を「先輩」と呼べることをすごく誇りに思います。

そうかと思えば、ついに同級生もそんな境遇に置かれるようになり、
果たして僕はバイトと旅行ばかりの毎日でいいのだろうか!?と、漠然と不安になり、
バイトの間、色々と考えてみました。
ヒマだったので。(笑)

それでですが、
結局、就活をするには何やかんやでお金がかかるわけで、
それは当然自分で稼ぐべきものですから、
バイトに精を出しているのは、まぁいいか
、と思いました。
かの山口放送の大河原アナウンサーだって、
就活のためにバイトをたくさんかけ持っておられたわけですし!!

あと、旅行に関しても、
色々な場所の公共交通機関を利用することは、
僕にとってまさに就活(業界研究)そのものだから、まぁいいか
、と思いました。
(きれいごとかもしれませんが……。)(笑)

結局は、自分は自分、「あなたとは違うんです」が大事なんですよね。
ここでまたあの言葉に救われたわけです。(笑)

とりあえず、明日からインターンシップに行ってきます!!
楽しみは楽しみなんですが、6時30分のバスに乗らないといけないので
ちょっとあせってます……。

そのあとは、業界研究の一環として(?)青春18きっぷ2回分を消費せねばなりません。
2回分なら「2人で日帰り」「1人で1泊」「1人で日帰りを2回」のどれかになりますが、
どのような形態にするにせよ、ちょっと最近吉本を見に行きたいので、(笑)
なんばグランド花月と京橋花月のスケジュールを確認してみたところ……!!
来週の月火木なら、京橋花月では笑い飯と内場さんが見られます!!
「笑い飯と内場さんが見られるねんて……イイィィーーッッ!?」
これは前向きに検討すべきです!!
来週はバイトを入れていなくて正解でした……。(笑)

それか、九州新幹線と最南端の駅を組み合わせた1泊2日もいいなぁと思います。
ただ、僕の信条では、暑いところには寒いときに行くことと決まっているので(笑)
(逆に、寒いところには暑い時に行く)
あまり賢いやり方ではありません……。

思えば、去年の今ごろも青春18きっぷが2回分余っていて、
タムさんが広島に来られた帰りに大阪まで一緒に行って、
憧れのホテルグランヴィア大阪に泊まって、
次の日には大河原駅と姫新線に行ったものです。
この時期にそんなのんびりと旅行ができるなんて、大学生は幸せです。(笑)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。