スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.夏 旅行記 11

昨日までずっと長い旅行をしていたわけですが、実は今日も日帰りの旅行に行ってきました。この元気さには我ながら感服しますが、(笑)むしろ、11日(実質10日)にも渡る長い旅行の終盤になっても「あぁもう終わりか……」というブルーな気分にならずにいられたのは、今日の旅行の予定があったおかげかもしれません。もちろん、旅行としてはお金の使い方とか行き先とか人数が全く昨日までのと異なっており、たまたま日付が連続しているだけのことなので、別の旅行記として仕立てます。

さて、8月も29日になり、高校生の夏休みも終わりに近づいています(もしくはもう終わったのかもしれません)。しかし、オープンキャンパスは私立大を中心にまだまだ活発に続いています。今日は、「オープンキャンパス探検部」(仮)のガイドの先輩と、山口大・県立広島大に続き、他大学のオープンキャンパスを見に行ってきました!!

朝は5時45分に西条駅に集合。今までガイド関係で何度か遠出をしていますが、そのどれよりも早い集合時間です。というか、ガイド関係であるか否かにかかわらず、これだけ早い時間に誰かと集合して旅行に出かけた記憶がありません。

窓口で切符を買って、6時03分発の相生行きへ。上りの始発電車で、何度か利用したことがあります。相生まで乗り換えなしで行けるというのは、個人的にはポイントが高いです。(笑)

三原駅で下車して、10分後の「ひかり540号」へ。

変換 ~ DSC06805

三原駅に停車する上りの「ひかり」は朝に2本あります。1本は、6時22分の「ひかり462号」。三原を始発で出た後、名古屋までと小田原・新横浜・品川に停まる東京行きです。そしてもう1本が6時49分の「ひかり540号」で、岡山までと姫路・新神戸に停まる新大阪行きです。レールスターですが、

変換 ~ DSC06806

普段は指定席になる4・5・6・7号車も自由席です!!ということで、当然この号車にいないと損をします。(笑)どうせなら、全車自由席にしてくれれば、8号車の個室も使えたのになぁと思うんですが……。

この新幹線に岡山駅まで乗りました。岡山駅では一旦改札を出て朝食を購入。本当は、西条駅で買うつもりがハートインが空いておらず、それならば三原駅でと思いきややはり同様で、ようやく岡山駅まで来て朝食にありつけました。(笑)

さて、ここからは、

変換 ~ DSC06808

快速マリンライナー9号のグリーン車です!!先輩はグリーン車に興味をお持ちなので(というか、僕がそうさせてしまったので……)(笑)この区間をグリーン車にしました。ちなみに、始めは「マリン・パノラマ9号」(運転席真後ろの4席)の空席を照会してもらったんですが、すでに2席が埋まっているそうで、あの狭い空間を見ず知らずの人と共有するのは厳しいなぁと思い普通のグリーン車にしました。そしたらそれが当たり、ほぼ貸切でした!!(上の写真を撮った後、おじさんが1人きました)

変換 ~ DSC06809

朝食です。食べ終わったらテーブルをたたんで向かいの座席を転換させて広々と過ごしました。

変換 ~ DSC06810

瀬戸大橋を渡っています!!ちなみに高松行きのグリーン車は、4番・6番・8番のA・B席にすれば、海がすぐそばに見え、かつ、目の前に太い窓枠がありません。僕はそれを知っていたので座席をリクエストして4のABにしました。皆さんもぜひご参考にどうぞ。

そういえば、7月に説明会で高松に行った帰りも、僕の話を聞いて興味を持った学生スタッフ2人を誘ってグリーン車に乗りました。そんな具合に、僕と関わりのある人の中で、鉄ちゃん・鉄子さんにさせられている人が今までに何人かいます。まったく気の毒な話です。(笑)

坂出駅で下車し、特急「しまんと5号」へ。

変換 ~ DSC06833
(下車駅で撮影)

特急ではありますが、2両です。1号車の半分が指定席、1号車の残り半分と2号車が自由席です。僕は今までにJR四国の特急に乗ったことがなくて(厳密には、1度だけ、伊予西条から新居浜まで乗ったことがありますが)、自由席の込み具合というものが全く想像できなかったんですが、割と空いていて十分座れました。

変換 ~ DSC06818

変換 ~ DSC06822

吉野川に沿って走ります。写真だと分かりませんが、時々、川の色がきれいな緑色をしていました!!

変換 ~ DSC06830

おもしろ駅名の「大歩危」です。この先には「御免(ごめん)」という駅もあります。

ただ、今回は御免駅までは乗らず、その手前の土佐山田駅で下車。

変換 ~ DSC06835

今日訪問する大学は土佐山田駅の近くにあり、オープンキャンパスに合わせてここから送迎バスが出ています。

変換 ~ DSC06836

土佐電鉄のバスでした。車内には、ICカード「ですか」の広告も出ていました。それにしてもこの「ですか」、ICカードの中ではかなり異色の存在だと思います。まずひらがなというのは珍しいし、何より、「ですか」って……、疑問文じゃないですか!?(笑)

バスで15分、高知工科大学に到着です。

変換 ~ DSC06838

入口をくぐりました。この大学は「日本一美しいキャンパス」を名乗っていますが、実際に足を踏み入れてみて、それは決して言いすぎた話ではないと心から感じました。とにかく、美しすぎる!!建物のデザインも、キャンパスの自然環境も、何もかもが素晴らしい!!

あと、他に素晴らしいと思ったのが、

変換 ~ DSC06841

受付時に記入する用紙の身分の選択肢に「大学生」があったことです……。(笑)他大学からの参加者があることを少なからず想定しているというわけで、キャンパスの美しさに並んで我々「オープンキャンパス探検部」が感激したことでもあります。

さて、今日は、模擬授業が3本開かれます。それに並行して学生によるキャンパスツアーも開かれます。まだどちらにも時間があったので、受付でもらった資料を頼りに歩いてみました。

変換 ~ DSC06842

ちょうど1陣目のツアーが出たところでした。後ろに写っているのが図書館や本部が入った建物で、広大にあるホールの色違いみたいなデザインだと思います。(笑)

まず向かったのは、「アイス無料配布」のコーナー。

変換 ~ DSC06843

そのとおり、アイスが無料配布されるんです!!同窓会の提供だそうです。

次に、こんなところへも行ってみました。

変換 ~ DSC06845

これ、何だと思いますか!?個人的な第一印象は「USJのそばにこういうホテルがあるなぁ……」だったんですが、これ、学生寮なんです。15階建てです。キャンパス内で一番高い建物がこれで、最上階からの眺めはとてもきれいだと思います……。ここの公開も随時行っているということで、見せていただきました。案内して下さった女性の口から時々出る方言が何か好きで、「(食事を摂るのは)食堂になると思うがですけど」は特に印象的だったのですぐに携帯にメモしました。(笑)

変換 ~ DSC06853

居合わせた高校生の女の子2人とでした。果たして、彼女ら(に関わらず、オープンキャンパス関係者)の目には、僕たち2人はどのように映っているのやら……。やはり、同じ高校生ではないだろうということは、明らかだと思いますが。(笑)

あと、寮の敷地内に男女別のコインランドリーとか物干し場がありましたが、男性用の物干し場に、僕が使っているのと同じ足ふきが1枚干してありました。(笑)

寮の見学を終えた頃には、見学希望者の列がけっこう長くなっていました。あと、アイスクリームがもらえる場所も混んでいました。「先んずれば即ち人を制す」とは僕の好きな言葉です。

次に、図書館へ。館内を歩いている時にポケットの携帯がメールのテンポで振動していたので、誰じゃい!?と思って、窓に面した足が伸ばせる椅子に座ったところでメールを見てみました。(この椅子、クッションがへたれているのがけっこうありました)

すると!!

メールの差出人はガイドの友達で、本文が

---
変なこと聞くんだけども、
今高知来たりしてない…?

---

でした!!

来たりしてます。(笑)これには背筋がゾクッとしました。西条から(鉄道に沿って)300km近くも離れた高知県土佐山田町の高知工科大学構内で、どうして知り合いに目撃されなければならないのか!?果たして彼女は大学生になりすましたパパラッチか……!?(笑)

というか、順番からいえば、先に高知工科大学のオープンキャンパスに来たのは友達の方なんですよね。そのお母さんが「オープンキャンパスは模擬授業や学食体験ができて記念品ももらえる最高のテーマパーク」と言っておられて(僕もそう思います)(笑)去年親子で高知工科大学のオープンキャンパスに来ていたらしく、その話を聞いたことがきっかけで僕も高知工科大学のオープンキャンパスに興味を持って先輩とやってきたわけです。だから、友達が来ていようと僕たちには驚く権利はなく、むしろ友達の方が相当驚いただろうと思います。ただ、まさか今年も来るなんて僕には予想できませんでした……。

次に、12時からのキャンパスツアーへ。ツアコンは大学祭の実行委員の学生で、そういえば確かに大学祭が好きそうな兄ちゃんだなぁという感じがしました。特に整理券を出したり上限を設けたりせず、来た人はすべて案内するようでした。これがキャンパスツアーの理想の形だと思います。オープンキャンパス全体の参加者がざっと計算して20倍くらいは違うだろうなぁと思うので(広大は今年24,000人でした)、仮に広大のオープンキャンパスでガイドを希望する人をすべて受け入れてしまってはパンクするわけですが……。

変換 ~ DSC06859

図書館と、時計台と、講義棟です。

変換 ~ DSC06877

池の上の細い道を歩いています。開始時の諸注意で、「(この道は)ところどころ端が切れているので、うっかり足を池に突っ込む人がいます。暑いのですぐ乾くからといって突っ込まないように気を付けてください」というのがあって、これが相当ツボでした!!

ツアーでは、研究棟の中にも入ることができました(これも僕たちにはできなかったことです)。それで分かったのが、この大学の研究室はすべて廊下側の壁がガラス張りになっていて、ところどころに学生同士の自習や先生への質問に使える大きなテーブルも用意されていて、研究棟が、学生にとってかなり気軽に入れる場所なんだなぁ、ということでした。

変換 ~ DSC06888

参加者に配布されたうちわには、この辺りのもう少し高い場所から撮影した写真が使われていました。それにしても、どこを歩いても美しいキャンパスです。

この後食堂へ。

変換 ~ DSC06893

ざるうどんのセットにしました。ところで、食堂でバイトをやっているともちろん他大学の食堂がどんな感じかは興味津津なんですが、特に興味を持つのが、食器の下げ方です。広大ではトレイごとコンベヤーに載せれば奥でバイトが処理しますが、他大学ではそこまで楽なやり方は見たことがありません。たいてい、残飯やラーメンの残り汁などは所定の場所に廃棄して、食器を流しでシャカシャカっと軽くゆすいで、ある程度きれいになった食器類とトレイを別々に下げるようになります。ここもそうで、

変換 ~ DSC06896

分け方がかなり徹底されていました。これならバイトも楽でしょう……。(笑)

あと、食べ終わったところで友達親子に会いました。こんなところでガイドのメンバーが鉢合わせするなんて、世の中も狭いモンです。(笑)あと、高知へは広島からの無料送迎バスで来たとのことなんですが、僕もそのバスを申し込もうとするも「受験生・保護者・高校教員のみ」となっていて(そりゃそうなんですが)申し込めなかったところなので、よくよく話を聞いてみたところ、友達の弟が高校生で、「受験生の家族」として申し込んだそうです。方や10,000円以上かけてJRで来たというのに、家族に高校生がいるだけでずいぶん得をしたものです。(笑)

午後の模擬授業を1つ受けました。「マネジメント学部」の「カルピスの誕生について」と「数学はマネジメントの役に立つか??」のセットです。僕はカルピスは好きだし、「総合科学部で数学を主専攻する」という立場としては「他の学問に数学がどのように必要なのか」ということにも興味があります。ちょうどいいセットです。

ちなみに、どの模擬授業を受けに行くかをお昼を食べながら先輩と話していたとき、「カルピスは何月何日に発売されたか知っているか」と聞かれたんですが、7月7日だそうですね。で、水玉模様は天の川のイメージなんですってね。カルピスの模擬授業では見事にその話も出てきて、前もって予習できていたことに感謝しました。(笑)

あと、授業で知りましたが、カルピスの当初のキャッチコピーが「初恋の味」だったそうです。「初恋の味」。いい言葉じゃないですか!!清純さ、甘酸っぱさ、カルピスにピッタリです。そこから、「今でも、CMに長澤まさみさんとか小さい子供を起用してどこか清純なイメージがある」、「最近はどういうわけかはんにゃが出ていますが」という一言もあり、おもしろかったです。(笑)

次の「数学はマネジメントの役に立つか??」では、

変換 ~ DSC06902

こういう結論で話が締めくくられました。最終的に必要なのはやはり総合科学の見方だなぁと感じました。

ところで、この部屋の椅子ですが、

変換 ~ DSC06904

こうなっています。最初、座り方が分かりませんでした。(笑)座面を(写真でいえば)右側にスライドすれば座れます。奥の方は座面が完全に収納された状態、手前の方は途中までスライドさせた状態です。なかなかおもしろいなぁ……と思いましたが、僕の座り方のクセで授業中に時々座面が後方に収納されそうになることがあったので、この大学には来ない方がいいかなと思いました。(笑)

これでやりたかったことはすべてやれました。最後にガイドの友達と3人で記念に写真を撮って(この場所での記念写真は相当レアだ!!)、友達親子は広島への、僕たちは土佐山田駅へのバスに乗りました。

土佐山田駅からは「南風20号」へ。行きと違って自由席はけっこう埋まっていて、2人掛けはかろうじて1つあるだけでした。朝早かったことや暑い中ウロウロした疲れで多くを寝て過ごしましたが、途中で

変換 ~ DSC06923

車窓に虹が見えることに先輩が気付きました。周りのお客さんに気付いていそうな人はいて、ソフトバンクの携帯のシャッター音が聞こえました。(笑)こういうとき、車掌さんが目ざとく気付いて「進行方向右手に虹が見えます」なんてアナウンスしてくれれば素敵だなぁ、と思います。

自由席のお客さんはどんどん増えていって、しばらく寝て目が覚めてみたら座席はほぼ埋まってデッキへの立ち客もいたことには驚きました。

岡山駅では、10分の接続で「こだま755号」へ。100系の4両で、こちらは十分に座れました。で、どういうわけか、僕たちの周りには座席を向かい合わせているおばあちゃんの集団とかアンパンマングミを食べている子供を連れた親御さんなどでにぎやかになっていて、これはぜひ対抗せねば!!とばかりに、「せーの、2!!」の指遊びをやっていました。ガイドの旅行で大阪に行った帰りにもレールスターの個室が一緒だったメンバーでやったので、これはガイド内の一部の人間での定番の遊びだといえるでしょう。(笑)

ところで、先輩は新幹線でちくわを食べるのが夢(?)だったそうなんですが、例のおばあちゃんの集団がまさにビールのおつまみにちくわだかかまぼこだかの練り製品を食べていて、その様子を看過することができず、途中の福山駅で4分停車している間に車外に出て階段を下りてコンコースの売店に走り、

変換 ~ DSC06926

かまぼことちくわを買ってきました。元の席はもう埋まっていておばあちゃんに対抗することはできませんでしたが、(笑)福山駅から三原駅までの間で、練り製品パーティーが催されました。

あと、新尾道駅で、

変換 ~ DSC06929

初代の塗装にリニューアルされた100系を初めて見ました。僕にとってはこれこそ100系で、もっといえば、これこそが新幹線かもしれません。幼稚園の頃、「しんかんせんのおごおりえき」へはこの100系(もちろん当時は16両)で帰省していましたから……。100系の引退も迫っていますが、この「新幹線の中の新幹線」を、最後まで暖かく見守りたいな、と思います。

三原駅で在来線に乗り換えて、20時前に西条駅へ。これで、オープンキャンパス探検部の3回目の活動は終了しました。さぁ、次はどの大学に行きましょうか!?ひょっとしたら、パソコンの向こうのあなたの大学に行くかもしれませんよ!?

変換 ~ DSC06930

今日使った切符です。アンパンマンのスタンパーが押されている物もあり、にぎやかなことになっています。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。