スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の名前

今朝は雨だったのでバスで大学に行きました。
で、2コマ目が「応用統計学」ですが、
定時に教室にいたのが先生と僕の2人だけでした!!

ところで、この先生、平城遷都1300年祭の平城宮跡会場で
「天平衣装体験」をされたようです。
その写真がブログにアップされていて、それを見たときの
先を越された悔しさたるや筆舌に尽くしがたいものがありましたが、(笑)
こないだ先生にメールを送る用事があったので、そのことを書いておきました。
そしたら、2人だけだった授業開始後の数分にその話になりました。
先生は1週間空けて2回(2週続けて)行かれたそうです。
さすがの僕でもまだ平城宮跡会場には1度しか行っていないのに……!!(笑)

人数がそろったら、選挙の話になりました。
(授業はまだ始まらない)(笑)
で、出口調査をもとにした予測について、
「そんなに焦らなくても数時間後には分かるのだから、
 サッカーでも見ながら、歓談でもしながら、待っていたらいいのに」とのことでした。
それも一理ありますね!!
「サッカーでも見ながら」が、今の時勢をちょうどよく反映していてツボでした。

授業では、「因子」という言葉が板書に何度も出てきたんですが、
つくづく、僕は「子」という字が下手です。
というか、上手に書けるときは上手に書けるんですが、下手な時は目も当てられません。
あと、ひらがなだと「き」とか「さ」とか「ら」がそうです。
……ということは、将来女の子の父親になったとしても、
まかり間違っても「さき子」などという名前を付けないようにしなければなりません。(笑)

子供ができるなんてずっとずっと先でしょうから、今は好き勝手なことを言いますが、
名前は実在する(した)列車名から取りたいなぁという希望がちょっとだけあります。
新幹線なんか候補の宝庫で、(候補の宝庫って回文ですね)
「のぞみ」「ひかり」「さくら」「はやて」「つばさ」「こまち」「あさひ」「あおば」
在来線だって「はるか」「みどり」「やくも」「あずさ」などなど、
選ぼうと思えば山ほどあります。

一番いいのは、
「名字がすでに駅名になっていて、その駅を通る(かつて通った)列車名が名前になっている」
というパターン。
この時点ですでに僕はアウトです。
(名字と同じ漢字を書く駅名はあるが、名称付き列車は通らない)
例えば
「品川のぞみ」「三原ひかり」「福島はやて」「新庄つばさ」「秋田こまち(そのままですね)(笑)」
「長岡あさひ」「郡山あおば」「石山はるか」「有田みどり」「松本あずさ」

などなど……。
普通にありそうなのからちょっと無理があるのまで様々ですが、(笑)
生まれ変わったら、そういう名前で生まれてみたいです。

そのあとも5コマ目まで授業があって、バイトをして帰りました。
で、帰ったら、5月に宿泊した「スーパーホテルJR新大阪東口」から
宿泊のお礼のはがきが届いていました。
ずいぶん前の話ではありますが、(笑)
僕がスーパーホテルを気に入っているのは、
部屋のきれいさや施設の充実具合だけでなく、
アンケートに回答して住所を書いておけば必ず手書きのはがきをくれるからというのも
かなり大きなポイントです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

そりゃあもう、婿養子に行くしかないね!笑

No title

あ、ナルホド!
名称付き列車が通っている駅名を名字に持つ人に婿養子に行って、
子供の名前にその駅を通る列車名を付ければいいわけですね。
最後の手段として……。(笑)
プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。