スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の準備はできていた

今日は久しぶりにバイトのない日だったので、
昼と夜にミールカードを使う計算で、朝は家で食べました。

で、雨が降っていたのでバスで行くつもりで家を出ましたが、
出てすぐ忘れ物に気付いて取りに帰ったおかげで時間がなくなり、
バス停まで、久しぶりに「全力疾走」をしました。
バスが信号にかかっていてくれたおかげで間に合いました……。

ところで、PASPYなんですけど、
乗るときのタッチはいつも問題なくできるのに、
降りるときのタッチは、けっこうな確率でエラーが出ます。
そうなってしまっては財布からPASPYだけを出してタッチしなくてはならないので、
お互いけっこう気まずい思いをします。
実は最近PASMOとnimocaを持ちましたが、
当然財布には入れていません。

(ちなみに、PASMOとnimocaで自動改札を通ることは絶対にしません。
電車や地下鉄に乗るときは、PASMOやnimocaを券売機に挿入して切符を買います。
今まで僕がパスネットやバスカード・よかネットカードでやっていたのと同じ使い方をします

だとすれば、ICの学生証と干渉するのかな……。
ということは、財布を開いて学生証は向かって左、PASPYは向かって右に入れているので、
バスを降りるときは、財布を開いて右だけをタッチすればいいわけか!!
大発見をしました。(笑)
次はそうします。

2コマ目が「情報統計学」ですが、今日も先生は絶好調でした。
さっそく「はやぶさ」の話が出てきました。
まだ地球に戻ってきたばかりなのに、早速授業中の小ネタに取りこむとは……!!
あと、「はやぶさ」の話を

「我々が戦っているのは、摩擦力であって質量ではない」

と締めくくったかと思えば、次に

「『ひらけ!ポンキッキ』ってあったでしょう?ガチャピンとムックの。
あれで昔やってたんですけど、」


物理の次はポンキッキ!?と思ったら、

「名古屋に『リニモ』ってあるじゃないですか。浮いて走るやつね。」

リニモの話でした!!
「リニモ」の車両をガチャピンとムックが押したら動いた
(だから「我々が戦っているのは、摩擦力であって質量ではない」)という話でしたが、
その時は何にも気にならなかったんですが、
今調べたら、ポンキッキって93年には終わっているんですよね。
そんなポンキッキのガチャピンとムックがリニモを……とは何ともミスマッチな感じがします。
……先生、さては、「モリゾーとキッコロ」と間違えられたのではないでしょうか……!?
まぁ、よう似てますし!!(笑)

あと、ワールドカップの話もあって、
「サムライブルー」という言葉はヘンだ、とのことです。
次代芸で「青侍」といえば「腰抜け侍」という意味なんだそうです。
だから、かわりに「daihyo」でどうだろうか、とのことでした。

この先生が担当される教養の授業に来週からもぐりこもうかと本気で思っています。
ただ、月曜1コマ目なのがちょっと……。
来週の月曜の朝はバスの車内で迎える予定なんです。(笑)

昼休みになったら、まず3コマ目の教室に荷物を置いて、
学生証(ミールカード)だけポケットに入れて手ぶらで食堂に行きました。
計算機室なので、出入りには学生証がいる(出入りの記録がすべて分かる)し、
室内には監視カメラも付いているので、
セキュリティ対策万全です。(笑)
しかも、3コマ目の授業の受講者はあと1人しかいないので、
その人や先生を信頼していれば、最高の荷物置き場です。

その後、3・4・5コマ目と授業を受けて、
夜は久しぶりにお客さんとして食堂に行ってきました!!
ただ、おばちゃんやバイトのメンバーから
強烈なラブコールを受けてしまったので、(笑)
大急ぎで食べて、食べ終わったら働きました。
確かにみんな忙しそうにしていました。
正直、こんな展開になりそうな予感はあったので、
心の準備はできていたんですけど……。(笑)


で、ふと思い出しましたが、
1年生の頃、1度「かき氷の先輩」と食堂に夜を食べに行ったことがありましたが、【こちら】
あの時もみんな忙しそうにしていたようで、
「食べたら手伝ってきます!!」と言って大急ぎで食べていました。
結論。
頼られるバイト生は、
「お客さんとして行ったはずなのに働いて帰る」ことを1度は経験するものである。(笑)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。