スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やし

今日は「中国伝統文化論」と「数理幾何」の授業を受けましたが、
そこからの話題は特にありません。

バイトに行ったら、昨日いなかった人に携帯を自慢しました。(笑)
LEDのライトが付いていたり、ワンタッチで画面を隣の人からのぞかれなくできたりと、
前の携帯にはなかった機能が満載なのです。

あと、喫茶のかき氷の話になって、先輩が
「食べに行く人どれくらいおるんかねぇ?」
と言っておられたので
「僕食べましたよ!去年、○○さんと行きました。ガイドの後に!
と答えたら大笑いされました。
そんなにおかしかったかな……。
それがおかしいなら、それ以降○○さんのことを「かき氷の先輩」とここで呼んでいることを知ったら
多分1日中笑いが止まらなくなると思います。(笑)

それから、KRY(山口放送)のHPのニュースに
【「やし」発言で副知事が謝罪】というのが出ています。
今朝はYahooのニュースにもなっていましたが、KRYのニュースを引用すると
---
山口県の西村副知事が来年開かれる山口国体で「ずるいこと」を意味する「やし」をしてでも1位を取るなどと発言したことについて12日、市民団体から抗議を受け謝罪した。(中略)申し入れによると西村副知事は先月23日、市内で開かれた会合で挨拶した際、来年に迫った山口国体に触れ「ヤシをしてでも1位をとる」つまり「ずるいことをしてでも1位を取る」等と発言した。(市民団体の名称)では「発言はスポーツ精神を根本から否定するもの」等として発言を撤回し関係者に謝罪することなどを求めた。これに対して西村副知事は発言した事実を大筋で認めた上で「国体を盛り上げる為の口上から出た発言でスポーツ精神をないがしろにする意味で使ったものではない。撤回はしないが関係者に不快感と誤解を招いたことについてはお詫びを申し上げたい」と謝罪した。
---
だそうです。
これを読んで「バカじゃなかろうか」と思いました。
副知事がではなく、市民団体がです。

確かに山口弁で「やし」といえば
共通語に直すなら「インチキ」「ズル」「違反」「反則」などでしょうが、
それは決してイコールではないと思います。
「やし」には「やし」なりの、微妙なニュアンスがあるんですよ。
副知事が言うように、「やしをしてでも」なら
普通の人は「国体を盛り上げるための口上」と解釈できると思います。
いわんや、「やしをしてでも……」を「反則をしてでも……」と直訳することは
とてもおろかなことです。
それこそ、鳩山じゃありませんが、ルーピーです。(笑)
そして、この市民団体はハッキリ言って「非山口県民」。僕はそう思います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。