スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画きっぷの開発

明け方見た夢で、

//ここから、夢の内容
キャンパスガイドの昨年度のメンバーで
何かの交流会みたいなものに参加していて、
そこに、中学校まで同じだった友達も参加していて
なぜかその人がみんなの前で「12個の季節~4度目の春~」を歌っていました。
で、その友達というのが
過去に「こういう友達がいる」とガイドの昨年度のメンバーに話したことのある人で、
(「過去に~話したことのある」は、夢ではなく現実)
まさかの登場に一同ビックリしていました。
//ここまで、夢の内容

まさかのコラボです。(笑)
こんなことが起こる確率は限りなく0に近いでしょうけど、
そんなことでもホイと起こってしまうのが夢のおもしろさですね。(笑)

で、最近は起きたらまずパソコンのメールチェックをするようにしていて、
今朝もそれをやりましたが、
1コマ目から授業があるというのにパソコンの電源がなかなか落ちなくて、
早く出たいのに!!とかなりあせりました。
それでも、食堂で朝食を食べて教室に入ったのは開始5分前なので
あせったときほど実はあせらなくてもよかったというのはよくあることです。(笑)

1コマ目は「地域を科学する」で、今日のテーマは「地域論の多様性」でした。
要は、地域研究における「総合科学」の必要性を説いたものです。
かなり興味深い話でした。

あと、この先生のpptのスライドが、
アニメーションに毎回異なった効果音も付いていて、
それにいちいち
「この辺で寝る人が出るかなと思ったので、インパクトのあるものを」
「航空写真なので、飛行機に乗っているような音を」
とコメントを述べておられたのもおもしろかったです。
「授業ってのは、細工がなきゃいけない」そうです。
僕の作るpptのスライドも確かにアニメーションを多用することはありますが
効果音を付けたことはありませんでした。
今度やってみようかと思います。(笑)

そのスライドの中で、瀬戸内海沿岸都市、具体的には
室津・鞆・尾道・呉・新居浜、が出てきました。
この中で「室津」だけは場所を知らなかったんですが、兵庫県のようです。
で、歌川広重の浮世絵にも描かれているそうです。
だとすれば、浮世絵はひょっとしたら見たことがあるかもしれないなぁと思いました。
というのが、わがふるさと萩にある山口県立萩美術館・浦上記念館
浮世絵(と、東洋陶磁器)を専門にした美術館で、
小学生の頃から、個人的にも、ホームルーム活動などでも、よく行っていたので……。

それと、神戸大学に通えば
帰り道に神戸の夜景が見られるそうです。
そういえば長崎大の友達も同じようなことを言っていましたが、
何となくうらやましいです。

次の「コンピュータシステム」ですが、
この授業、受講生が3人なんですけど、
今日は僕しかいない状態で授業が始まりました!!
マンツーマンです。
内職も寝ることも絶対にできません。(笑)
ただ、途中で1人来てくれたので緊張から開放されました。
先生も1人じゃやりづらかったみたいです。

で、昼休みには例の「最近おしゃれになった食堂」に行きましたが、
思った以上に込んでいたので、隣接するトラベルセンターに入って
連休に使う切符を買いました。
ついでにパンフレットを色々と眺めてみましたが、
最近感じるのは、
僕はJR西日本に入ったら企画きっぷの開発をするのがいいんじゃないかな、ということです。
僕は企画きっぷをけっこうよく使う人間で、
青春18きっぷは毎シーズン1~2枚買っていますし、
この1年でも、「赤ヘルきっぷ(在来線用)」「こだま指定席往復きっぷ」(3回)・
「大阪ぐるりんパス」を使いました。
近いうちに別の企画きっぷを使う予定もあります。
こないだのガイドの旅行が成功したのも、
そりゃ、幹事の腕前もあるでしょうけども、(笑)
「大阪ぐるりんパス」がとても優れた企画きっぷだったからというのも大きいと思います。
使い終わったきっぷを集めるだけではなく、
そんなきっぷの開発に関われれば、すごく幸せだろうなぁと……。

あと、もし僕が企画きっぷの開発に関われれるなら、
1人利用のお客さんにももう少し優遇したいなと思います。
「こだま指定席往復きっぷ」などが2人以上からしか使えないのは当たり前のことで、
回数券などと同じように、まとめて買うからこそあれだけ割り引けるわけだし、
仮に「こだま指定席往復きっぷ」の1人利用を認めてしまったら
「こだま」の指定席特急料金が区間によらず500円ということになってしまって
既存の料金体系を破壊してしまいます。
だから1人利用ができないのは当然だし、特に気にならなかったんですが、
先日発売された「まほろばグループ特急券」はあまりに1人利用のお客さんに不公平だなと……。
あのきっぷを買えば、「まほろば」の指定席特急料金が
2人利用で1人500円、3人利用で1人400円になりますが、
そこまで下げると、1人利用のお客さんが定価の1,450円で買うのがばかばかしくなります。
ここまで言うのは、まさに僕が今度1人で「まほろば」に乗って
奈良に行ってくるから
なんですけど……。(笑)

そういえば、JR九州は「2枚きっぷ」「4枚きっぷ」でほぼ既存の料金体系を破壊してますね。
小倉~博多間に関して言えば、
「往復で買えば特急料金は片道50円でいいよ!!」ということになります。
「2人で往復するなら、特急料金は取らんし、乗車券も片道50円まけるから!!」
ということでもあります。
ただ、この区間ではJR西日本も既存の料金体系を破壊しており、
往復すれば、自由席の特急券が片道390円で済みます。

午後からは「論理と計算」の授業を受けて、バイトまで時間があったので
図書館のメディアセンターからこの文章を書いています。
ヒマだから、いつか書こうかなと思っていたネタを書いてみました。(笑)
続きはバイトを終えて帰ってからということで……。

で、バイトに行ってきたわけですが、
仕事前にまかないを食べるとき、新幹線の話になって
(「なって」って、そうしたのは紛れもない僕ですが)(笑)
1人の先輩が
「『のぞみ』はあまり好きじゃない。『ひかりレールスター』がいい」と言っておられました。
座席が2-2で広々しているからだそうです。
座席のことを除いても、「のぞみ」だと速すぎてくつろげない
(その先輩は帰省で新大阪まで利用される)から嫌だ、とも言われました。
ということで、500系の「こだま」の指定席を利用されるよう勧めました。

それと、バイトのメンバーの中で
誰か「吉本新喜劇」について熱く語れる人はいないのかなぁと思って
何人かに話を聞いてみましたが、
みんな「吉本新喜劇」を知ってはいても、
別に好きな芸人さんがいるとか、好きなギャグがあるとか、
そういうレベルには達していないようです。
いくつかギャグをマネしてみても、分からないみたいです……。
ということは、例えばバイトに入るとき
「おじゃましますか?」
なんて言ってしまっては白い目で見られるだけで、
何かやからしたとき
「しまったしまった!!」
と言っても「そうやね、次から気を付けて」と言われるのが関の山、
転んでしまって
「あぶなぁ~~、もうちょっとでこけるとこやった!!」
と言ったら「頭打った!?」と心配される、ということになります。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。