スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教養の塊

今日は、2コマ目の前に健康診断を受けに保健管理センターに行ってきました!!
別に今朝行かなくても、明日の午後とか、行ける日はあるんですけど、
健康診断に行く予定でも入れないと、朝ちゃんと起きないのでそうしました。(笑)
あと、検尿をあんまり長く(午後まで)持ち歩くのも気が進まないし……。(笑)

で、気になる(?)身長・体重ですが、
身長が170.9cm、体重が55.0kgでした。
身長はこの1年で6ミリ伸びました!!

あと、視力が、左1.5、右1.2だそうです。
今日は何か右目の調子がおかしくて見えづらかったので、
別の日に測ればもっと右目の視力もいいはずです。(笑)

そのあとに、2コマ目の「応用統計学」の授業を受けて、
昼休みに飛翔の会議がありました。
で、会議の後、副編集長の後輩に
「名刺できた!?」
ここ数日かなり楽しみにしていた名刺です。(笑)
「あ、できましたよ?」
「なら、1枚ちょうだい!」
もらった名刺を見てみると、さすがに顔写真入りにこそなっていないものの、
やはり僕の名刺とレイアウトが程よく似ていました。(笑)
そして、ついに肩書き(所属団体)が僕とそっくりそのまままったく同じになりました。
誰のせいでしょう……。(笑)

3コマ目が「計算機演習Ⅱ」でした。
ここで授業で配られるプリントの話なんですが、
僕はいつも、ページ番号が振られてないプリントが複数枚配られたら、
右下に「(第何回)(何枚目)」という数字を書き込んで整理しています。
たとえば、今日の計算機演習Ⅱなら第2回目の授業なので、
「21」「22」……となるわけです。
そうすると、今回配布されたプリントが10枚あったおかげで、
「28」「29」に続く数が「210」になってしまいました。
こうならないためには「(何枚目)」を2ケタにして
「201」「202」……とすべきだったんでしょうが、
もはや、赤のボールペンで書き込んだので直せません。
まぁ、10枚以上プリントが配られることは経験上めったにないので、
それをあえて「(何枚目)」を2ケタにするのは労力の無駄遣いだと思います。

で、5コマ目が「文化交流論」で、今日の担当は
かき氷の先輩が尊敬してやまないドイツ文学・風俗が専門の先生でした。
前にかき氷の先輩とメールをやり取りしていてこの先生の話になった時
 ○○先生いいなぁーーあの先生につきたいなぁーー!!
 でも教養の塊すぎて会話ができないかもしれない笑
と言っておられました。
ただ、僕もこの先生のことはかなり気に入っています。
高3の時、オープンキャンパスでこの先生(当時の学部長)の講義を聴いて、
何を言っておられるのか(僕の専門とまったく違う分野なので)よく分からなかったんですけど、(笑)
漠然と、あの先生はすごい!!とファンになったんですね。
エネルギッシュというかパワフルというか……。

そして、あの時以来のあの先生の講義です!!
現在は学部長ではなくなりましたが、副学長になっておられます。
で、相変わらずエネルギッシュでパワフルで、
しかもすごく上品な感じの
「お名前を呼ばれなかった方いらっしゃいますか?」
「司教座聖堂についてご説明する時間もないのですが」
「しからば……」
「トルコ行進曲は、こうやって演奏していたのですよ!!」
など(プリントにメモを取ったフレーズ)(笑)の言葉づかいでした。
僕だったら「ないですが」「いたですよ」ではなく
「ないですけど」「いたですよ」とかになります。
福田首相だって「あなたとは違うです」でした。(笑)
あと、「しからば」なんて、僕の日常会話で絶対に出てきません!!

ちなみに、トルコ行進曲の話ですが、
今でこそピアノで♪シラソラド……(←モーツァルトver)と弾きますけど、
昔はまさに「行進曲」であって、
ドラムとかもあったらしいん……らしいのですよね。(笑)
で、先生は(現在の)ピアノのフレーズを口ずさんで教卓の上でピアノを弾くマネをしながら
左手で教卓のそばをドン!とたたいて、
横山ホットブラザーズが口で雅楽(?)を演奏しているときみたいなことをしておられました。
確かに、トルコ行進曲は常に「ドン!ドン!ドン、ドン、ドン!!」とドラムがたたけるリズムです。

結局今日の授業も、何を言っておられるのか理解できた自信はありませんが、(笑)
総合科学部に入ってこの先生の講義を聴かずに卒業するのはもったいないと思います。
今期はもう間に合いませんが、来期以降、この先生の授業に何かもぐりこむことにします。
とにかく、「教養の塊」という先輩の評価は確かにわかりました。(笑)

そのあとバイトへ。
5コマ目の後なので、当然1時間弱の遅刻になりますが、
行ったらおばちゃんに「アナタが来るのを待っちょった!!」と大歓迎されました。
待っててもらえるなんて光栄です。(笑)
というのも、おかずのコーナーで注文を聞いて対応できる(やったことがあって慣れている)のが
僕1人しかいないんけど、(笑)
そんなわけで、今日もお客さんが注文で噛むシーンに遭遇しました。
「たこキャベツフライ」の「キャ」のところで、
「たこカベ……キャベツフライ」と注文した人が1人おられました。
もちろん笑いませんでした!!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。