スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆる~い感じで vs 粛々とした気持ちで

今日も授業は2コマ目からです。

2.応用統計学

2年の「データ解析序説」でもお世話になった先生で、
授業中の余談が僕にはかなりツボです。(笑)
いわく、
「人間の3大欲求、すなわち食欲・睡眠欲・性欲に続くものは説明欲だ」
だそうで、それは何となく僕もわかります。(笑)

あと、この先生の使っておられるデジカメのケースが僕のと同じだということが分かりました。

昼休みを挟んで、

3.計算機演習Ⅱ

「基礎演習」「演習Ⅰ」に続く、コンピュータプログラミングの授業です。
で、これらの演習を順々に受けていくことが前提なので
学期ごとに受講者が減ることはあっても増えることはあり得ないわけですが、
この「演習Ⅱ」の受講者は何と2人でした!!
しかも、先生も2人なんですよね……。
そして、この「先生」というのが
シラバスに書いてあった先生ではなく、まったくはじめましての先生(2人とも)でした。
  もう、分からんことがあったらすぐに聞いてください!
  でも、私もすぐに分からないこともあるかもしれないから、
  その時は次の週に回答するということで……。
  そんな感じで、ゆる~くやっていければと思いますので!
だそうです。(笑)

とりあえず、割と楽そうだし、
シラバスに書いてある先生の授業は過去に2つ受けていますが
どうも説明が単調で退屈してしまうので、
色々と結果オーライだったなと思いました。(笑)

で、今日は授業の進め方について話があったあと、
  これで終わりって言ったら怒ります?
  去年は次の週から来た人がいて……。
だそうで、「いえ、かまいません!」と答えたら本当にそれで終わりました。

5.文化交流論

皆さんもご存じの通り(?)僕の主専攻は数理情報科学ですが、
準専攻は地域文化になりました。
で、この授業は地域文化の授業です。
毎週色々な先生が違ったテーマで講義をされます。

で、その講義のリストが今日のガイダンスで配られましたが、
「敦煌文書と大英帝国」という講義が6月にあります。
概要を書いてみると

---
20世紀初めに中国甘粛省の敦煌から発見された敦煌文献には、5~10世紀ごろの6万点を超える膨大な資料が残されていた。これらの文献は学術的価値も高く、「敦煌学」という研究ジャンルも生まれたほどである。しかし、中国に残された文献は2万点弱と意外に少なく、多くの文献は国内の研究機関で整理保管されている。この講義では、敦煌文献が中国で発見されてから、大英博物館など海外の研究機関に分散していく過程と現状について取り上げてみたいと思う。
---

だそうです。
まさに……、僕がAO入試の小論文で問われたテーマです!!
この先生が、「敦煌学と研究資料の現状」というテーマで30分の講義をされ、
それについて小論文をまとめたんですよ……。
あの先生がこの先生だということは最近知り、
機会があればこの先生の授業にもぐりこもうかなと思っていましたが、
まさか、同じ内容について講義を受けることになろうとは!!
あぁ、なんともはや……。(笑)

で、もうひとつ言うと、
この授業が行なわれる教室は、面接の控室でした。(小論文の試験室とは違う)
どの教室なのかはあの時のメモに残っていたんですけど
過去2年間、あの教室で授業を受ける機会がなかったんですね。
面接の順番を待っている時の気持ちや
小論文の講義を受けている時の気持ちを思い出し、
粛々とした気持ちでこの授業を受けたいものです。(笑)

終わったらバイトに行きました!!
今週は毎日入るつもりです。
来週以降も、週4日は確実です。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。