スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追試験の追試験

今日は、2コマ目に「複素解析」の教室に行ってきました。
単位が心配な人は来るようにとのことだったので……。
で、期末試験が返してもらえたんですが、
なんとなんと、35点中の5点でした!!
これは見事です。(笑)

ということで、追試験を受けることになりました。
他にも何人か受ける人がいました。

ただ、あいにくですが、
時間が足りなかったとか、計算を間違えたとか、それで35点中5点だったのではなく、
本当にわからなくて、「5点」とはいえ、全身全霊で臨んだ結果だったんです。
だから、何度受けようと分からないものは分からないのであって、
今日も答案はほとんど書けませんでした。
提出したら先生には「これはちょっと厳しいですねぇ~~」と言われましたが、(笑)
後で人づてに聞かされたところによれば、
追試験の追試験をやるから連絡をよこしなさいと言っておられるのこと。
そうまでしてくださるなら何としても単位を取らねば……という思いと、
何度やっても分からんもんは分からんのじゃけど……という思いとが交錯し、
嬉しいようなそうでないような複雑な気持ちになりました。

こんなとき、高3の時に亡くなった母方の祖父は僕に何と言うのかな、と思います。
小学校の先生をやっていた祖父でしたが、
僕は、かつて、ものの1度でも「勉強しなさい」と言われたことはありませんでした。
「勉強なんてしなくていい」と言われたことこそ数あれど……。
そんな祖父だから、今でも
「お前さんに分からんもんは、誰にだってわからん。
 (決してそんなことはないのですが……。)(笑)
 無理してそんな科目の単位を取らんでいい」
と言ってくれるかもしれないし、
「将来のためだから、ここはひとつ踏ん張れ」
と言われるかもしれません。
こればかりは、僕がこれから先いい行いをして
死んだときに祖父のそばに行けるまで分からないことですが、
ともかく、頑張って単位を取ります!!

ちなみに、おとといが祖父の誕生日でした。

で、複素解析のあと

7.チャレンジング・TOEIC(R) 14:35~16:05

結果は優か良あたりかなと思われます。

夜は例のごとくバイトに行ってきましたが、
友達に
「俺、こないだ初めて寝台(列車)に乗った!!
と言われました!!
僕は一気にテンションがあがり

僕「うそっ!? 何に乗ったん?
友「サン……サンライズ出雲?」
僕「えーっ、サンライズ!! ええなぁ!! ノビノビ座席?
友「そう、それ。東京に行く用があって……。(夜行バスと違って)横になれるから楽やった。」
僕「岡山から乗ったんやろ?」
友「そうそう。」
僕「(隣にいた島根出身の先輩に)
  ちょっと○○さん、サンライズ出雲って知ってますか?
  出雲市から出ちょる東京行きの列車です!!」
先「あっ、東京行きって何か見たことがある。」
僕「出雲を出て、松江を通って、米子を通って、
  岡山からは、高松からの「サンライズ瀬戸」をつなぐんですよ~~。
  いや~~、うらやましい!!」
友「こういうのに詳しい友達がおって、新幹線から乗り継……」
僕「新倉敷から岡山まで自由席で行って、特急券を乗り継ぎ割引にするんやろ!?」
友「……そう、それをやった。
  で、東京からは、何か7時台の名物っぽい列車があるとかで」
僕「下り? 横浜とか名古屋の方を向いて行くやつやろ?
  185系って言って、特急の車両で走る普通電車があるんよ!!」
友「それに乗るよう(友達に)言われたんよ。」

と、相手の会話の一歩先を常に読んでいました。(笑)
サンライズ、乗ってみたいですね~~!!

ちなみに、これらの会話はすべてバイトが終わってからのものです。
バイト中にこんな話題でベラベラしゃべってはいません。
念のため。(笑)

あと、時間が前後しますが、
昼食を食べている途中、知り合いの新聞記者の方から電話がありました。
着信に気づかなくて、食べ終わって気づいて返電しましたが、
用件を要約すると

---
民主党の小沢幹事長が不起訴の見込みだ(その時点では)。
これについて、意見を述べてくれる人を探している。
記事に実名が掲載されることを承知の上で受けてくれる
20代の女性はいないか。
---

というもの。
途中までは、僕に意見を求めているのかと勘違いし
こりゃ弱ったなぁと思っていました。(笑)
僕は「鳩山も小沢もさっさと辞めろ」と頑なに主張しますが、
民主党が嫌いだからそう思っているという部分も相当あると思うんですね。
例えばですが、今の与党が自民党で、
麻生総裁(首相)と安倍幹事長が率いていて、
彼らに鳩山と小沢みたいな問題が出てきても(本当に例えばですよ!?)
心のどこかでは、擁護してしまうんじゃないかと思うんですよ。
だから、意見を求められたら「辞めるべき」とまでは言えますが、
その先は感情論にしかなりません。

そうかと思えば、用件は「20代の女性を紹介してくれ」とのことで、
僕に女性を紹介しろと頼まれてもなぁ……と思いましたが、(笑)
とりあえず、こういった用件をパッとお願いしてもおかしくない程度の付き合いということで
ガイドの女性の先輩に一斉メールをしておきました。

それにしても、この記者の方は今年が1年目だそうですが、
僕に連絡があったということは、僕は貴重な人脈の1人だということですね。
結局希望に添うことはできなかったんですが、相談を持ちかけられたことは何か嬉しかったです。
僕、複素解析で35点中5点しか取れなくても、人脈はけっこう豊かなんですよ。(笑)
社会に出て役に立つのはどっちなんでしょうね……?
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

今後の試験の為に先達から

こんにちは。
複素解析は確かに難しいけれど、今後も、
そんな教科が出てくる可能性は十分にあります。
私は、3年生になって、本当に大変な思いを何度かしました。
しかし、先生の側も、そういったことは分かっていらっしゃることが多いので、基礎的な問題を出してくれます。

・・・つまり、ノートの丸暗記です。
今は分からないけれど、1年後、否応なく使わなければならなくなり分かることもよくあります。
解き方に納得できないことはあると思いますが、とりあえず、覚えれば単位は取れるのです。
それで取れないなら努力が足りないのかもですね=ι=。

ありがとうございます。

その点は僕もわかっているつもりです。
高3の時、物理Ⅱや数学Ⅲの試験はたいていその手(丸暗記)で臨んでいました。(笑)
そして、物理Ⅱはともかく、数学Ⅲの内容なら、今なら分かるようになりました。

ただ、それでもどうにもならない場合というのも時にはあるんじゃないかな、と思っています。
単に逃げているだけかもしれませんが……。(笑)

ともかく、ご忠告をありがとうございました!!
心しておきます。
プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。