スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.冬 旅行記 2-1

12月になって2回目の週末ですが、またしても旅行です。前回の旅行記の冒頭に「(冬になっても)旅行自体は「冬の時代」なんてことはなく、これからものすごいペース&ボリュームで出てきます。(笑)」と書いていますが、まさにそのとおりです!!(笑)

7時10分に大学に集合。ガイドの先輩の車に乗せてもらって、4人で新幹線の東広島駅へ移動しました。ここでガイドの他の先輩2名と、ガイドでお世話になっている職員さん1名と合流。計7名の大所帯になりました。ちなみに「職員さん」ですが、学部を卒業されてからまだ時間が経っておらず、大学生に換算すれば「大学院修士課程2年生」に相当します。僕より4つ、4年生の先輩より2つ上というわけで、はたから見れば「大学生7名のグループ」として十分通用します。(笑)

さて、今回は、キャンパスガイドのメンバーで研修旅行に行きます!!YEAH!!もちろん僕が幹事です。(笑)さしあたり、全員の自由席特急券を回収し、まとめて指定席に変更してもらおうとみどりの窓口に行ったのですが……、なんと、希望の列車はすでに満席とのことでした!!「途中で席を代わってもいい。岡山で区切るとどうか」と粘るも、やはり満席とのこと。しょっぱなから大変なことになりました。

とりあえず、7時51分の「こだま」に7人で乗車。これは全車自由席なので、指定席がどうのこうのという問題ではありません。福山駅まで乗車した後の、乗り換えの「のぞみ6号」が問題です。

で、たぶんすでに「旅行記冬1-1」を読んでくださっているでしょうから、察しがついたでしょうか?「福山駅からのぞみ6号に乗る」ということを、まさに先週しています!!あの旅行記に「どうしても自由席の様子を見ておきたい事情があって」と書いていますが、これは、1週間後に7人という大所帯でこの列車を利用するので、自由席のままでよいか、指定席を取った方がよいか調べるためのものだったんですね。そして、岡山駅の到着前後にともに立ち客がいることを知って「これは何としても指定席を取らないと悲惨なことになる!!」と思ったわけです。

それなのに指定席を取ることができず、さてどうなることか。他のメンバーには「先週はいっぱいで立ち客もいた」「福山駅で座れないと、新神戸駅か新大阪駅までは立ちっぱなしを覚悟せよ」と通達していますが、誰よりも、惨状を実際に目の当たりにしていた僕が心配していたと思います。(笑)とりあえず福山駅で降りたら「のぞみ」の自由席のうち2号車の列にサッサと並び、「のぞみ6号」の到着を待ちました。

で、どうにか、本当にどうにか、7人全員が着席できました。僕が先輩1人と一緒だった以外はバラバラだったみたいです。ちなみに、福山駅から乗った人の中でも、列の最後の方に並んでいた人は立っていました。これは、「自由席の列までサッサと移動させる」という幹事の正しい判断の賜だと思っています。(笑)

変換 ~ DSC02592

ゆうゆうと座って2号車の様子を見ていましたが、仮に福山駅で座れなかったら、新大阪駅までは座れなさそうでした。あと、途中の駅からの乗り換え列車の案内放送に、まさに隣に座っている先輩と同じ名前の特急が出てきたので「○○っていう特急があるの、知ってました?」と聞いたところ、知らなかったとのことでした。この情報が、先輩の将来に何か役に立ってくれれば嬉しいなと思います。(笑)

変換 ~ DSC02595

変換 ~ DSC02598

変換 ~ DSC02599

我々7名は京都駅で下車。1時間20分の、500系の旅でした。7名のうち約2名は、先週と続けて2週連続で500系に乗り、2週続けて京都駅で降りました。(笑)改札を出て、ロッカーに荷物を預け、地下鉄烏丸線へ。向かった先は今出川駅です。

変換 ~ DSC02628

駅を降りてすぐのところに、同志社大学の西門があります。ここが今回の旅行の最終的な集合場所で、ここでキャンパスガイドの先生と集合。合わせて、同志社大学のキャンパスツアーの学生ガイドの皆さんにも来てもらいました!!去年からキャンパスガイドでは「研修旅行」を行っていますが(もとをたどれば、僕の発案です!!)(笑)、2回目となる今年は、同志社大学のキャンパスツアーに参加することにしたわけです。ちゃんと1年目より距離が伸びています。(笑)

ということで、2時間弱くらいかけて、同志社大学の今出川キャンパスを案内してもらいました。広大のように大きなキャンパスがあるわけではありませんが、同志社大学には歴史を感じさせる建物が多くあり、それらひとつひとつについて説明を受けました。また、結婚式を挙げられる建物まであって、実際に結婚式が行われているところでもありました。(笑)

終わったら、食堂へ。生協の食堂ではなく、値段も(生協の食堂よりは)高めではありますが、それでも安い方だと思います。

変換 ~ DSC02630

これで確か600円でした。食器は広大の食堂と一緒でした。(笑)それにしても、こういうおしゃれな食堂でバイトがしたいです。前にも書きましたが、広大の食堂のダサさといったらありません。

食後は、学内のカフェに集まってガイド同士の交流会をしました。活動内容を報告しあったりしたのはもちろん、話のネタは趣味の話や学生生活の話などにまで及び、一瞬にして仲良くなったことが証明されました。(笑)中でも印象的だったのが、同志社大の学生ガイドの中に鉄道ファンがおられ、その人は名古屋から新幹線通勤されているということです。新幹線の定期券なんて初めて見せてもらいました!!また、僕のデジカメに入っているドクターイエローや「さくら」(九州新幹線)の写真を見せてあげて大盛り上がりしていました。どこにでも、こういう人はいるんですね。(笑)

変換 ~ DSC02644

同志社大学の学章入りのどら焼きで、中には八ツ橋が入っています。

こうして、かなり盛り上がった交流会も終わり、同志社大を後にしました。次はぜひ広大のガイドに参加してもらいたいです。

この後、広大の8名は東に向かって歩き、次の目的地である京都大学へ。

変換 ~ DSC02646

京都大学では、京都大学総合博物館を見学しようということになっていたんですね。ただ、同志社大での交流会があまりに盛り上がりすぎたせいで、閉館時間を過ぎていました。(笑)仕方ないのでキャンパスの中をふらふらと歩いていました。

変換 ~ DSC02655

そして、今回の旅行の引率者であり、京都出身の職員さんの案内のもと、

変換 ~ DSC02658

こんなところ、

変換 ~ DSC02660

こんなところ、

変換 ~ DSC02662

こんなところ、

変換 ~ DSC02665

こんなところ、をうろうろしました。かなりクネクネと歩いたので、どこをどう歩いたのやらよくわからないのですが、(笑)4枚目の写真が錦市場の「こんなもんじゃ」であることは確かです。中学校の修学旅行のグループ行動で錦市場に来て、この「こんなもんじゃ」の豆乳ドーナツを食べたので。今回も食べました!!

そして、

変換 ~ DSC02667

変換 ~ DSC02670

四条駅から地下鉄に載りました。「四条」と「西条」がよく似ている、と、ここで盛り上がっていました。(笑)

京都駅で下車し、駅ビルへ。ここの高層階にある店で夕食です。高層階へはエスカレーターで上がれますが、「だれか階段で上がってみたら?」という職員さんの一声で僕は「やります!!」とその気になり、それにのってくれた先輩と2人で階段をひたすら上がりました。

「上がるまで、(後ろの)景色は見ん方がいいよね?」
「そうですね!前だけ見て上がりましょう。」

そして、

「着きましたね!いいですか、せーの、

変換 ~ DSC02675

という感じで、頑張った分は達成感として返ってきました。さらに、そのあとにやってきたエスカレーター組に

「ちょっと~~、遅いですよ!!」

いや~~気持ちいい!!(笑)

で、「京百才」という店で、おばんざいのバイキングを満喫しました。

変換 ~ DSC02676

かなり歩いた1日のしめくくりがバイキングとは、最高だと思います。(笑)このチョイスは、京都出身の職員さんによるものです。

で、22時ごろまでゆっくり食べて、翌日のスケジュールも完成させて、お腹いっぱいで店を後にしました。下りはさすがに階段を使わずおとなしくエスカレーターで降りました。(笑)そして、降り切ったところにある「みどりの窓口」へ。翌日の帰りの自由席を、とある列車のとある指定に変更してもらおうとしたんですね。ただ、朝の「のぞみ6号」と同様、またしてもいっぱいだとか。時刻表とにらめっこしてメンバーで再検討し、もう一度窓口に並び、別の列車の指定をとりました。このときの駅員さんのマルスさばきがすばらしく、2週間たった今でもあの感動は忘れられません。(笑)都会の駅の駅員さんはたいていマルスをたたくのが早いですが、今までに見たことないくらい早く、一瞬手持ち無沙汰になる時もすかさず余白をたたき、常に指が画面の上を忙しく動いている状態でした。まぁ、見た目だけではなく、発券の作業もかなり忙しかったと思います。かなり複雑な注文で、受け取った切符も20枚近くあったので……。(笑)(人数が多いからというのもありますが)

この後、職員さんとは分かれて、学生6名は駅近くの「ホテルステーション京都」へ。ここを予約したのは僕で、男性(2名1部屋)6,000円、女性(4名1部屋)5,000円という値段の手ごろさ、駅からの近さ、などを理由に選びました。で、いったんそれぞれの部屋に落ち着き、1時間くらいの時間を置いたのち、片方の部屋に集まって3時ごろまであれこれとしゃべっていました……。大学祭の打ち上げに続く「大恋バナ大会PART2」であります。仲の良い大学生が一緒に旅行に行き、その夜に何もせず寝るわけがありませんね。(笑)こうして、京都の夜は更けていったのでした。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。