スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あってはならない一言

今週に入ってから、一気に寒くなりました。
だんだんと起きるのが辛くなってきて、
授業への無遅刻無欠席が途絶えてしまわないか心配なところです。(笑)

で、1コマ目・2コマ目の授業に出たあと、
ちょっとメールチェックをしたかったので図書館に行きました。
今日は図書館は休館日でしたが、館内のパソコン室にだけは入ることができ、
正面の入口は端っこだけが空けてありました。

それで、そのドアに「ワックスがけの作業中」と案内があったので、
あとどれくらいかかるかな~~と思い、ドアを小さく開けて、

「すみません!」
「すみませ~~ん!!」
「すみませ~~~~ん!!!!」

これは無視されているなと思ったのですが、
長くしゃべれば無視もなるまい

「すみません、ちょっとお聞きしたいんですけど~~!!」

すると、あろうことか、作業員は

「いや、そこに書いてあるやろ!!」

何ちゅう愛想のないババァや、と、温厚な僕もさすがにカチンときて

「じゃなくて、時間を聞きたいんですよ!!あとどんくらいかかるんですか!?」

「え~!? 30分!!」(いかにも適当に)

……という出来事がありました。
こういうときにいかに冷静にいられるかがその人の価値を決めると思うので、
僕としては、十分冷静にいたつもりです。
(大声を出したのは、機械がうなっていたからです)
ただ、もし相手が目の前にいたなら、ちょっとした口論になってもおかしくありませんでした。

「そんな言い方せんでもえかろうが!!
 そもそも、いつ終わりますっちゅうことを書き添えることが、何でできんの!?
 気の利かんやっちゃのう、ドアホ!!
 お前みたいなやつに、掃除の作業員が務まるか!!」

という具合に……。
広島弁(山口弁)か関西弁かよくわからない言い方ですね。(笑)
ともかく、あのババァ、今に見とれよ、という感じです。
自分の心のワックスがけさえできないような人に、
床のワックスがけをする権利はありません。(笑)


別に、大学生が偉くて掃除の作業員が程度が低いと言いたいのではありませんが、
大学から雇われて、給料をもらってやっているのだから、
その「お客さん」である大学関係者に、
ここまでぞんざいな対応をすることは許されないと思うんですね。
見た目の年齢から判断すれば、あの作業員には子供がいると思いますが、
あんな母親に育てられた子供が不憫でなりません。

あと、今日はチューター面談がありました。
とりあえず、僕の就学状況には問題はないそうなので一安心です。
ということで、本題だけでなく、鉄道関係の話も色々としました。(笑)
先生も鉄道がお好きで、JRの6割には既に乗っておられるそうです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。