スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっちのミス?

こないだ、祖母に小銭をジャラジャラとたくさんもらいました。
何でも、買い物にはいつも紙幣だけを持っていっていて、
お釣りはすべて家に置いて貯めているらしいんですね。
で、息子(父)が帰省した時に大放出しているようですが、(笑)
今回は、そのおこぼれが僕に回ったということです。

で、数えたら5,313円ありました。……いや、あったはずです。
とりあえず、財布に小銭ばかり持っておくわけにもいかないので、
祖母にもらった封筒から313円出して、残りを郵便局に持って行きました。
5,000円札に両替してもらおうと思ったんですね。

何年か前、小銭を萩の某郵便局に持っていって両替をお願いしたら、
係員にものの見事に無視されるというひどい経験をしたのですが、
そのことを未だに根に持っていて、
今回こそはちゃんと両替させるんだ!!と意気込んでいきました。
ただ、小銭の両替って郵便局の正式な業務なのだろうか……?という思いもあったし、
(もし正式な業務でないなら、それを「ちゃんとやらせる」と意気込んでも
単なるモンスターでしかないので、そうまでして希望を通そうとは思いません)
ATMに小銭を全部放り込んで入金してしまえば、事実上両替ができたことになるので、
時間外窓口に持っていって、愛想なく断られたらちょっとゴネて、(笑)
丁重に断られたら諦めることにしました。

ちなみに、はじめからATMでやれよという人がいるかもしれませんが、
僕は通帳に不必要な記録を残したくないんです。
仕送りとか、光熱費の引き落とし以外は、できる限りきれいにしておきたいし、
ましてや、5,000円入金して、同じ日に5,000円払い戻すなんて、
そんな意味のない記録は残したくありません。

で、結果。

「すみません、この袋の中に5,000円あるんですけど、
 これを両替してもらうことはできますか……?」
「あ、申し訳ありません、両替はやってないんですよ~~」

丁重に断られたので、おとなしく諦めました。
ゴネる方のパターンとしては、

「え~~っ?あ、ATMでやってくれる?」
「いったん入金して払い戻すってことですか?
 できるだけ通帳に余分な記録を残したくないんですよ。
 窓口じゃやってもらえんのですか~~?」

という感じでした。(笑)

で、ATMに行って、封筒の中身を硬貨の挿入口にドボンと入れて、
さすがに数えるのに時間がかかっていたのですが、(笑)
数え終わった画面の表示を見ると、「挿入金額6,000円」になっているんですよ。
まぁ、僕が小銭を1,000円少なく数えていたのであって、
ATMが1,000円多く数えてしまったなんてことは絶対にないと思いますが……。
僕が数えた分だと、確か5,000円だったはずなのですが……。
何か不気味です。

さて、夏休みももうすぐ終わりですが、明日から雲隠れします。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。