スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同窓会

 君は来るだろうか 明日のクラス会に
 半分に折り曲げた 「案内」をもう一度見る

サスケの「青いベンチ」の一節です。
中3のころこの曲がすごく流行って、合唱コンクールで隣のクラスが歌っていました。

で、今日は、「同窓会」に行ってきました!!
小学校のでも中学校のでも高校のでもなく、大学のです。(笑)
総合科学部は今年で35周年目を迎えますが、それを記念した同窓会大会が
広島市内で行われました。
在学中の学生も大歓迎とのことで、学生の参加費も安く設定されていましたが、
実を言うと、僕は「招待客」としてタダで参加させていただけました。

というのが!!
同窓会のお世話をされている先生から
ぜひ同窓会大会の様子を「飛翔」で紹介してほしいと希望があったんですね。
で、僕と、1年生2人とで取材に行ってきました。

1年生の1人と、「グリーンフェニックス」で大学を出発。
起きる時間は問題なかったと思うのですが、思いのほかバタバタしたのと、
雨が降っていて歩いて行かざるを得なかったのとで、
遅刻するのではないかとかなりヒヤヒヤしました。

広島バスセンターで1年生のもう1人と合流し、
まずは、紙屋町東の電停から路面電車に乗りました。

変換 ~ DSC00922

グリーンムーバーmaxでした!!

路面電車を、日赤病院前で下車。

同窓会に来たのにどうしてまた日赤病院前かということですが、
この電停、数年前までは「広島大学前」という名前でした。
広島大学の東千田(ひがしせんだ)キャンパスの前にある電停なのです。
このキャンパスには、法学部と経済学部の夜間コースがあります。
(キャンパスがまだあるのに電停の名前が変わったということは、
最近は広島市民にとっては
広大東千田キャンパスより日赤病院の方が印象が強いんでしょうかね)

また、この場所は、大学が東広島市に統合移転する前は
広大の最も主要なキャンパスでした。
当然、総合科学部もここにあったわけで、同窓会の様子だけでなく
かつてのキャンパス跡地の様子も見ておこうという徹底した取材です。(笑)

変換 ~ DSC00940

電停から撮った、かつてのキャンパス跡地の様子です。
(かつては正門の真ん前に電停があり、数分で紙屋町まで行けたんです!!
これはすごい)

で、ここで、僕のガイドが始まります。(笑)
---
ここが東千田キャンパスで、東広島に統合移転する前は総科もここにあったんよ。
ちょうど、入って左側になるんかねぇ。
で、この門とかフェニックスの木とか奥の「旧理学部1号館」とかはそのころからずっとあって、
この道路も、昔からそのまんま。
名前が「森戸道路」っちゅうんやけど、森戸は初代学長の名字なんよ。
この人、もともと広島の人で、文部大臣をしよっちゃったんやけど、
広島に新制の国立大学ができるっちゅうことで、それを辞めて、学長になっちゃったんて。
---
(「~~しちゃった」というのは、共通語の「~~してしまった」の意味ではなく、
「~~されていた」という方言です。関西で言うところの「~~しはった」
僕は一応キャンパスガイドの学生ですが、あくまで専門は東広島キャンパスです。(笑)
これは、「広島大学の歴史」の授業で習って覚えた知識です。

変換 ~ DSC00927

マンションのあるあたりが、かつての総合科学部でした。

変換 ~ DSC00929

この建物は昔のままです。

変換 ~ DSC00942

現在キャンパスとして使われている建物はこんな感じです。

という感じでササッと東千田キャンパスを取材したら、電車で紙屋町東に戻り、
6月にマツダスタジアムの取材に来た時に行った食堂でお昼を食べました。
安いし、おいしいし、何かもう、広島市内に来た時の行きつけになりそうです。(笑)

そしてそのあと、まとまった時間があったので、「広島市こども文化科学館」へ。
ここは小学校の修学旅行以来何度か来ていますが、
今ちょうど広大の博物館がここで企画展をやっているので、見学に行きました。
(これは取材とは関係なく、僕のわがままです)(笑)

企画展以外にも、常設展として色々な体験器具などがあって、
大学生になって行ってもとても楽しめます。

変換 ~ DSC00947

Nゲージの模型も走っています。(笑)

そして、同窓会の会場である、近くのホテルに入りました!!
今日の取材に当たっては、「公的な場なので、フォーマルな服で行くこと」としており、
僕は上がピンクのラインの半そでシャツ、下がベージュのズボンだったのですが、
ホテルに入った時点では、暑いのでシャツは出して第2ボタンまで外して、
かなりなめきった服装でいました。
で、3人ともまだ心の準備のできていない状態で会場の階に上がったら
エレベーターを出て割とすぐのところに受付があって、スーツの人たちがたくさんいて、
3人ともドキッとして、すぐにエレベーター内に引き返し、
1階に戻って心の準備を整えました。(笑)
(何をやっているのやら……。)

ともかく、第2ボタンをとめて、シャツを入れて、再び受付に出直しました。
で、受付を済ませて会場に入りましたが、
現役の学生の参加者は僕たち3名だけで、けっこう目立っていたみたいで、
こちらから声をかけるまでもなく、自分から進んで話しかけてくださる人がけっこういて、
取材がはかどりました。
また、来賓として学長・学部長・同窓会長も参加され、その挨拶を録音するとともに
「学生に一言!!」とぶらさがり取材を行いました。(笑)
ついに「飛翔」の編集委員が学長と接触する日がやってきました!!

あと、会場には飲み物や食べ物がずらりと並んでいたのですが、
招待していただいた僕たちが食べてもよいものか……?と3人でオドオドしていました。
ただ、よくよく考えれば、受付の人たち以外は僕たちが招待者だとは知らないわけで、
飲み食いをせずにいたらかえっておかしいので、それなりにいただきました。
並んでいた飲み物のほとんどがビールで、
大人になるとお酒を飲めないと付き合いがつらいなぁと感じました。
普段から父に言われているとおりです。(笑)
一応僕たちは「取材」で来ているし、ましてやあとの2人は1年生なので、
とっさに、ウーロン茶を出してもらうという対応をお願いしました。

そんな具合に歓談の時間が長く取られ、学長以下何名かの方にインタビューをし、
途中から映像の上映の時間になりました。
これが何種類かあったのですが、ひとつすごくおもしろいのがあって、
題名が「プロジェクトphoeniX」なんです。(笑)
(フェニックスは大学のシンボルです)

変換 ~ DSC00987


以前放送されていた某番組のパロディであることは言わずもがなですが、
あの番組のオープニング・エンディングのシーンをまねて、
例の2曲に載せて、学部の歴史が振り返られていました。
かなりよくできているし、僕たち3名は大ウケでした。
「プロジェクト・フェニーックス!!」(と映像で本当に音が流れていた)

で、最後に抽選会がありました。
これが、参加者人数に対してかなり多くの景品が用意されていて、
3名が3名とも、何がしかの景品を手に入れました。
僕がもらったのは広大のオリジナル定規なのですが……、すでに持っていました!!(笑)

という感じで、とても充実した2時間を過ごしました。
この間、たくさんの人と話ができ、名刺の交換もたくさんして、
僕たちの取材の様子を写真に撮ってくださっていた方から先ほど早速メールが来るなど、
編集委員をやってきて一番思い出に残った1日だったように思います。
「飛翔の編集委員です」と言ったらどの人も優しく答えてくださって、
中には「私が編集長でした」という方もおられ……。
(私が今の編集長でございます)(笑)

取材が終わったら、地下街(「おしゃれ」をもじって、シャレオといいます)に降り、
スターバックスに入りました。
記事の内容や担当者を話し合うためです。
そして、ここで、朝から予定していた行動に出ました。

「おごっちゃげるから、何か好きなもん頼み?」
「えっ、いいんですか!?」
僕「ええよええよ。1年生の特権じゃから!!」

どこかで聞いたセリフですね。(笑)

キャンパスガイドの大大大大大尊敬する先輩に
「いいよ、おごるから。1年生の特権だよ!!」と言って
アイスココアをおごっていただいて8ヶ月。
僕も、いつかこうして後輩におごってあげられる先輩になりたかったんです。
ただ、前に書いたように、誰彼かまわずおごって人気を得ようとか、そんなつもりはありません。
「この人なら」と思える後輩にしか、おごるつもりはありません。
しかも、僕が「この人なら」と思うレベルは、はっきり言ってかなり高い(つもり)です。

ただ、今日の2人は、心から「この人なら」と思える、とてもいい後輩たちです。
そんな後輩たちに出会え、「1年生の特権」と言っておごってあげられて、
何かすごく嬉しく思いました。
それと同時に、あの先輩に、少しだけ恩返しができたような気がしました。


記事の打ち合わせは1時間以上に及びました。
この記事を含む全ての記事の最終締め切りを試験明け数日後に設定しています。
試験が終わってから、超短期決戦で仕上げるつもりです。
協力して、今日の思いをギッシリ詰めた4ページを完成させたいと思います。

あ~~楽しかった!!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。