スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萩に帰る 2日目

今日は、午後から「まぁーるバス」で母方の祖母のところに行ってきました。
祖父が亡くなってもうすぐ4年になります。

で、祖母に会うのは5ヶ月ぶりだったんですが、
僕の姿を見るやいなや

「まぁ~~!!ええ男になってから!!」

と言われました。

この「ええ男」というのは、このあたりの方言(?)です。
決して「ええ(良い)」が「男」を修飾しているのではなく、
「500系のぞみ」と同じように(笑)「ええ男」でひとつの名詞です。
したがって、発音は「エーオトコ」、
「映画館」とか「ボールペン」とかと同じような感じです。(笑)
で、意味の方は、読んで字のごとく、イケメンということです。(笑)

どうも祖母にも髪が短い方が好評です。
僕はといえば、就職が終わったらここぞとばかりに髪を伸ばそうかと思っているんですが、
みんな「短い方がいい」と言うので、伸ばすに伸ばせません……。(笑)

あと、「色が白くなった」と言われました。
それどころか、こないだのガイドで日焼けしたんですが……。
さらに「彼女できた?」とのこと、
会うたびに……ではありませんが、祖母にはけっこうな頻度で質問されます。
もうじき80になる(確かそれくらいのはず)祖母ですが、
物の考え方はけっこう若いみたいですね。(笑)

そういえば、小学生のころ、「伊東家の食卓」で

「『♪チャンチャンチャーン、チャンチャンチャーン』の続きに
 どういうメロディーを口ずさむかで、
 相手の年齢がある程度分かる」


というのをやっていました。
「ジングルベル」か「青い山脈」のどちらを口ずさむか、ということです。
で、それをいとこ2人と一緒に祖母に試したことがあり、
僕たちは「青い山脈」だろうと思っていたんですが、
何の迷いもなく当然のように「ジングルベル」を口ずさんでいて
いとこと一緒に驚いた記憶があります。

そういえば、大学1年生の3月時点のこのブログの書き込みに

---
帰りがけに、祖母は
「ボクが就職してお嫁さんをもらうまで、元気でおられようか!?」
(祖母は未だに僕のことを「ボク」「ボクちゃん」「○○ちゃん」などと呼ぶ)
と言っていました。
順調にいけばちゃんと3年後には就職できるだろうし、
僕が見る限り、祖母は元気なので、多分前半は大丈夫でしょう。
ただ、後半、「お嫁さんをもらうまで」という点に関しては、
いくら元気そうに見える祖母であっても、ちょっと保証はできかねます。(笑)
---

とあります。
僕の就活がこの先どうなるかわかりませんが、
まぁ内定をもらうまでは十分生きてくれると思います。
ただ、お嫁さんをもらうどころか
彼女ができるのと祖母が亡くなるのとどっちが先かは、今一つ微妙です。(笑)

今回の訪問で、小遣い(福沢諭吉1人!!)と
お供えのお菓子をけっこうたくさんもらえました。
ホクホクになって、まぁーるバスで帰りました。

それにしても、祖母の家はけっこうな山奥にありますが、
割とその近くまで「まぁーるバス」が走っています。
昨日「萩あいぶらり」のことも書きましたが、
萩市はかなり住みやすいところだと、東広島市に住んでみて感じます。
山口県全体に言えることですが、
道路とか施設の整備はかなり進んでいると思います。

あと、「まぁーるバス」といえば、
萩市が、防長交通に委託して運行していますが、
防長交通といえば、近鉄の子会社です。
他にも、防長トラベルとか、近鉄タクシーとか、萩観光ホテルなど、
萩には近鉄グループの会社がたくさんあります。
僕が近鉄を志望した理由のひとつは、
こうして、関西からは遠く離れた萩にも
何らかの形で貢献できそうだから
でした。
選考を受けるにあたってじっくり研究したり、
実際にリクルーター面談2回とグループディスカッションまで受けたりする中で、
近鉄の志望度はかなり上がったし、
その後初めての帰省で、実際に近鉄グループが萩の人の生活に貢献している様子を見るに、
縁がなくて残念だったなぁとつくづく思うところです。

夜には、母とバイキングを食べに行きました。

あと、20日に受けた面接の結果が今月中に連絡されることになっていました。
正確には、28日以降かつ今月中なので
おとといか昨日か今日かということになりますが、
おとといも昨日もなかったので、ならば今日だなとハラハラしていました。

で、その結果ですが

---
この度は、弊社が実施いたしました「平成24年度総合職社員採用選考」にご応募いただき誠にありがとうございました。
貴殿につきましては一次選考に「合格」されましたので、お知らせいたします。
---

だそうです。
よかった!!
「サヨナラバス」にならずに済んで本当によかった!!(笑)


あの時の面接は5人1組の集団面接で、
面接官は2人いました。
向かいに座って質問をしたりメモを取ったりするのが1人と、
もう1人は真横から黙ってメモを取りながら観察している人でした。
で、今までは1次面接では
たいてい人当たりのいい人が優しく面接をしてくれるものでしたが、
今回はけっこうビシビシと矢継ぎ早に質問が飛んできました。
確か

---
・自己紹介
・趣味
・その趣味のどこがいいのか、聞いた人が始めてみたくなるようにアピールせよ
・どんな社会人になりたいか
・入社して何をやりたいか
・20年後にどうなっていたいか
・社員になったつもりで、当社の魅力をPRせよ
---

だったと思います。

で、僕の受け答えは居合わせた5人の中では1番か2番目によかったと思いますが、
それでも、最後の「当社の魅力をPRせよ」について
終わってから反省点が山ほど出てきて、
こりゃ失敗だったな、と思っていたところでした。

仮にも僕はキャンパスガイドをやっているわけなので、
自分が興味を持っていることについて、
その魅力をPRする能力
には長けているという自負があります。
なのに、説明会とかパンフレットなどで得た知識を
死んだような目で並べ立てることしかできませんでした。
「当社の魅力は『お客様のニーズに沿ったサービス』と『安全への高い意識』です」
から始めて、
夜行バスにさまざまなシートや価格をそろえていることや
安全のために取り組んでいること
(正直、「安全」を「魅力」として紹介したがる
最近の鉄道会社・バス会社の風潮は歓迎しない
んですが)
を紹介したかと思います。

でも、僕はこの会社のシンボルである
プレミアムドリーム号のプレミアムシートを1度利用していることがあるので、
何だったら、ジャパネットたかたの社長みたいな雰囲気で
いっそプレミアムシートに絞って魅力をPRしてみるのもありだったかな、と思っています。

---
みなさん!!
高速バスについて、どんな印象をお持ちですか?
「狭い!」「窮屈だから乗りたくない!」
「あんなところで夜を明かすなんてまっぴらだ!」

そんなあなたに、わが社からとっておきのシートをご提案します!
---

次に同じ質問がくるかどうかは分かりませんが、
雰囲気としてはこんな感じでプレミアムシートをがんがん押していって、
最後に申し訳程度に「こんなサービスも、日ごろの安全への取り組みがあるからです」
のような締めくくりをしようかな
、と思います。

とにかく、次は2次選考です!!そしてその次が最終選考です。
フローがはっきりしているというのは、いかにすばらしいことか。(笑)
親会社の総合職採用でも見習ってほしいものです。(笑)


就活をやっていて思うんですが、
やっぱり、志望度の高いところは、それなりにいいところまで進みます。
一方、特に興味はないけどとりあえず出しておくかみたいなノリで出したところは
エントリーシートであっさり落とされるか、
エントリーシートは通過しても、最初の面接で終わりになります。
でも、今回の会社のように、本気で志望しているところは
こうしてちゃんと駒を進めることができるんですよね。
不思議なものです。
スポンサーサイト

萩に帰る 1日目

今朝は、5時30分に起きて、タクシーで西条駅へ。
西条駅からJRと広電を乗り継いで
広島バスセンター発7時55分の萩行きに乗るわけですが、
日曜祝日に関しては、それに間に合うように西条駅に着くバスがないんですよね。
なので、やむを得ずタクシーにしたわけです。

で、駅に着いてみると……、窓口にリクルーターさんがおられました……。
何というか、選考に落ちた今、顔を合わせるのは何とも気まずい!(笑)
と思っていたら別の人に交代されたので(6時30分が交代の時間なんですかね)、
ホッと胸をなでおろし、中野東駅で分割した広島駅までの乗車券を買いました。

ただ、そのまま奥にはおられたので、
ひょっとしたら僕が来たことに気付かれたかもしれません。
面談をした学生に最終的に内定が出る可能性よりは
途中で不合格になる可能性の方が圧倒的に高いのだから、

駅員とか運転士のような
お客として顔を合わせる可能性のある社員をリクルーターにするのは
なるべく避けた方がお互いのためだと思います……。

そんな考えがあるからかどうなのか、
他社のリクルーターさんとか、人事以外の面接官には
駅員とか運転士はいませんでした。(笑)

で、広島バスセンターからの高速バス。
今日からゴールデンウィークだし、
これまでは4往復あったのが2往復に減ってしまったので
お客の数が去年と一緒なら、単純に考えて、倍ほど混んでいることになります。
確かにそうで、とりあえず僕は隣の席に荷物を置いても大丈夫でしたが、
ところどころ、相席をした座席もあったようでした。

僕はといえば乗るやいなや睡魔に襲われ
(本当は西条駅からの電車でもすごく眠かったんですが、
広島駅を過ごしてしまっては困るので、意地で起きていました)(笑)
すぐに寝てしまいました。
そして、目が覚めてみると……、道路の混雑でバスが止まっていました。
交通量はもちろん多いんでしょうし、事故があったみたいです。

結局、途中の徳山駅には35分遅れで到着。
さらに、休憩の山陽道・富海PAはものすごく混んでいて、
女子トイレには30mくらい(?)行列ができていたし、
たいてい空いている男子トイレでさえ、15mくらいは並んでいました。
この状態で乗客がトイレに行けるはずがなく、
次の防府駅でしばらく止まって、トイレ休憩が取られました。

最終的に、萩バスセンターへは、
55分遅れの4時間55分で到着しました。
調べてみると、去年は5月1日(土)に利用して
時間どおりの3時間55分で着いたようですが、
おととしは5月2日(土)の利用で
1時間50分遅れの5時間45分かかっていたみたいです。
この時のことは今でもよく覚えています。
(現在の所要時間は4時間ですが、以前は3時間55分でした)

午後からは自転車であちこちを走り回ったんですが、
最近できた新しい図書館「萩あいぶらり」に行ってきました。
「愛」と「ライブラリー」をかけたんでしょうね。
正直、「あいぶらり」という名前を聞いた時には、
大変うまいけど、恥ずかしくて口に出せんな、と思いました。(笑)
鹿児島の姶良(あいら)に「あいらびゅー」というコミュニティバスがあり、
これについても「姶良」と「VIEW」と「I LOVE YOU」
見事にかけた素晴らしい名前だと思うんですが、
やはり恥ずかしくて口に出せません。(笑)

ただ、このあいぶらり、なかなかです。
写真を(あいぶらりに限らず、色々と)改めて載せますが、
ま~~ぁでっかい!!
そして、自動貸出機なるものまである!!
つまり、恥ずかしい本を借りても、係員さんに見られずに済む!!
(「恥ずかしい本」って大いに誤解を招くような表現ですが……)(笑)

あと、驚いたのが、CDとかDVDの種類がけっこう充実していて、
新しいのが割と入っています。
何かこう、図書館に新しいJ-POPのCDがたくさんあるイメージって
僕にはあんまりないんですが、

まぁ、「新しい」とは言っても
さすがにレンタル屋さんにあるような新鮮さではないにせよ、
興味のあるのはけっこうあったので

・桜咲く街物語(いきものがかり)
・My song Your song(いきものがかり)
・夢の中のまっすぐな道(aiko)
・桜の木の下(aiko)
・CAN’T BUY MY LOVE(YUI)

を借りました。
で、早速帰ったらウォークマンにコピーしました。
CAN’T BUY MY LOVE、確か高3くらいだったと思いますが、
レンタル屋さんで借りてMDにダビングしてよく聴いていたものです。
(あのアルバムに限らず、YUIさんのアルバムはすべてMDにダビングしています)
あの中だとやっぱり「CHE.R.RY」がいいですねー。

他にも、前に帰省した時には改装で閉店していたスーパーに入り、
改装後の様子を目の当たりにしました。(笑)
あと、カラープリンタのホワイトとイエローのインクがなくなり気味なんですが、
せっかくなら萩で買って萩の経済を回そうと思い(笑)
ヤマダ電機に買いに行きました。

で、ついでにデジカメをちょっと眺めました。
僕のデジカメ、2年前のゴールデンウィークにこのヤマダ電機で買った分です。
しかもその時点でカタログ落ちの展示品だったので
実際の年齢はもうちょっと上ということになりますが、(笑)
全面液晶のタッチパネルだからか、今でもけっこう新しく見てもらえます。

そうそう、昨日だって、
ガイドの後に中学生のスナップ写真に写らせてもらったとき

『すみません、僕のでも撮っていただいていいですか?
(と言いながらポケットからデジカメを出して
 シャッターを押してくださった引率の先生に手渡す)』
「さすがー!!」
「そのデジカメ、めっちゃいい!! いくらしたん?」
『お店に展示されちょった『現品限り』の分で25,000円くらいやったよ。』
「じゃぁ、ホントはもっとするん?」
『じゃろうね。』
「いくらくらい? 5万とか?
『それはさすがにないやろう~~』

という具合に、
彼女らの目には、5万円するモデルに映っていたみたいです。(笑)

ただ、そろそろ新しいのがほしいなぁと思い始めたんですが、
別にどこか不満があるわけではなく、単に気分転換をしたいだけなので
余計なぜいたくはせんとこうと思いとどまりました。(笑)

そんな感じで適当に自転車でぶらぶらした後に帰宅し、
夕食後には、「CAN’T~~」を聴きながら自転車で家の周りを走ってきました。
やっぱり萩はいいところです。

そういえば、去年のちょうど今日ですが、
ガイドでバイキングに行ったとき、
ガイドのメンバーで萩に行こう、という話になりました。
結局人数がそろわずにとん挫しましたが、
萩に来ることは、ガイドのメンバーには絶対にいい勉強になると思います。
今年こそ、企画して実現させたいなぁ、と思いました。

交通費は、広島から高速バスで往復で6,000円。
ホテルは、高校の友達との飲み会の後によく泊まる(笑)
「萩ロイヤルインテリジェントホテル」なら、
2人1部屋朝食つきで1人3,700円。
多分、15,000円でそこそこ、20,000円で十分楽しめるはずです!!

昨年度のガイドは、何かにつけて「飲みニケーション」に走りがちでした。
それ自体は否定しませんが、
例えば、飲み会を1回やると、2次会まであるとすれば5,000円くらいかかります。
同じ5,000円使うとしても、
3~4回分積み立てて1泊2日の旅行を1回やるとか、
青春18きっぷでちょっと遠くに日帰りしておいしいものを食べてくるとか

(それこそ1月の下関への旅行のように)、
それはそれでいい使い方なんじゃないかと僕は思います。
頑張って「旅行ミュニケーション」に流れを変えたいなぁ……。(笑)

とか何とか、そういうことをワクワクしながら考えていたり
中学生と2時間触れ合ってすごく楽しい思い出になったりした僕のことだから、
きっと、旅行会社に就職して
学校向けの団体旅行営業(要は修学旅行の営業から添乗まで)をする
のも
すごく向いているんだろうなぁ、と思います。

「ちょる」全開

今日は、食堂で朝食をとり、10時から工業高校3年生のガイドでした!!
生徒は全員男子、ガイド2名も男子でした。(笑)
冒頭の先生とのやりとり:

先生「すみませんねぇ、工業高校だから男子ばっかりで。」
「そこにさらにガイドも男2人ですみません!!」
先生「まぁ、ちょうどいいでしょう。(笑)」

で、別の大学の附属高校なので
そのままの大学に進学する生徒が多いようですが、
広大に興味を持ってくれている人も何人かいました。
「○○学部に入るには、何点取ったらいいんですか?」
答え(合格者の平均点・最高点・最低点)は大学案内のパンフレットに出ているので、
途中に立ち寄った総合博物館で、パンフレット片手に教えてあげました。

ただ、
「○○さんは何点取ったんですか?」
「あーごめん、AO入試やったから、センターなかったんよ!!」

ただ、長い読者はご承知の通り、センター試験、受けるには受けています。
そして先生に散々冷たくされています。

もはや時効かなぁと思うんですが、
僕のセンター試験の点数はやっぱり人には言えません。(笑)

で、30分の休憩の後、12時30分からは中学3年生のガイドでした。
まず立ち寄った総合博物館で、いつものように

『みんな、これ(パンフレット)持っちょる~~!?』

と聞いたら、

「『ちょる』~~!?」

と歓声(?)が上がりました。
てっきり、広島でも「ちょる」ってある程度通じるものだと思っていて
(広島の人は「~~とる」と使うので)

『あれ? 方言なんやけど、どこと思う?』

と聞いたら

「長野……!?」

とのこと!!
なんで!?なんで!?(笑)
(以前、「名古屋っぽい」と言われたこともあった)

ただ、そのおかげでか僕に対する緊張感は一気に解けたようで、
博物館を出た後は、自分で言うのもなんですが、
みんなからの人気者になっていました!!
言うこと言うことに、それ以上の反響を返してくれて、
だったらこっちこそと、さらにそれ以上の反響を返す。
そのくり返しで、大盛り上がりでした。(笑)

『この建物は食堂なんじゃけど、みんな、中学校には食堂ってないやろ?』
「あるよー!!」
『えっ!?うそ!!あるん!?』
「自販機とか、パン売り場とかもあるんよ。」
『何で!?うちの中学校にはなかったんやけど……。カルチャーショックじゃ!!』
「ちょっとー、かわいそうじゃろ!!」

(中高一貫校なので、食堂もあるみたいです)

別の場所では

「ミスコンとかあるん?」
『大学祭で、確かあったよ!!』
「それの男バージョンは?」
『男子もあったと思う。』
「(よしピーは)出とらんのん?」
『えっ、出たら(審査に)通ると思う?(笑)』
「(一同、笑う)」
『何なんちょっとその笑い~~!!』
「性格はおもしろいと思う!!(笑)」

『性格『は』って……。(笑)』

あと、僕は今日もいつもどおりに「~~ちょる」の連発でしゃべったんですが、
そのつど、大きな笑いが起こりました!!
誤解しないでいただきたいのが、決して方言をからかって笑っているのではなく、
こっちの『じゃぁ今日は『ちょる』全開でいくからね!!』という言葉に
彼ら彼女らなりの人懐っこさで返してくれている感じです。

『みんなも生徒手帳とか身分証明書とか持っちょると思うけど、』
「ちょる!!」
『大学生の学生証って、こんなんなんよ。(見せる)
 食堂とかで買い物するとき、これをレジに当てたら支払いができるんよ!!』
WAONみたいなん?」
『そうそう、WAONとかPASPYみたいな感じ。」
「PASPY、持っ『ちょる』よー!!」
「じゃぁ、学生証の中にチャージするん?」
『そうそう、チャージして、この中から精算する感じ。」
「今(チャージが)いくらあるん?」
『えっ!?ちょっと覚えてないわ……』
「1000円?」
『ごめん、わからん』
「1円!?」
『さすがにもっとあるわ!!(笑)』


そんな感じで、もうかわいくてかわいくて、
中学校の先生になりたい!!と本気で思ったくらいです。(笑)
あと、いつも列の先頭で話を聞いてくれた子がいて、
最後にスナップ写真を撮ったときにも進んで僕の隣に寄ってきてくれて、
何か、キュンとなりました。(笑)


最後には(途中にドイツ語会話をいくつか教えたので)

「さようならって、ドイツ語で何て言うん?」
アウフ ヴィーダーゼーエンやけど、
 じゃあね!くらいの軽いあいさつなら、チュース!って言うんよ。』

と教えたら、みんな口々に「チュース!」と言いながらバスに乗っていって、
バスに乗ってからも窓を開けて「チュース!」と言いながら去っていきました。


何より嬉しかったのは、
最初は緊張した感じで敬語でしゃべっていた子たちが、
みんなすぐに普通の口調で話しかけてくれたこと
でした。

前に「僕のガイドは中高生より中高年に受けがいい」と書いたことがありますが、
最近、気のせいか、中高生の受けがすごくいいような気がします。
今までは、中高生の受けがいい先輩が別個におられたので
その影で僕はあまり出る幕がなく
うちのグループは結局いまいちパッとしないままたんたんと終わってしまうのが
よくあるパターンだったんですが……。


その先輩なきあと、何となく僕に人気が回ってきたみたいです!!(笑)
今日のお別れの様子を見ていたメンバーは
「○○君に『モテ期』がやってきた」と呆然としていました。(笑)

で、終わったら、大急ぎで保健管理センターに健康診断に行ってきました。
今月の何日間か設定日があったんですが、ことごとく行きそびれ、
今日の15時が最終設定だったんですね。
けっこうギリギリに駆け込んだんですが、
最終日の終了間際なので、空いていてラッキーでした。(笑)

身長は170.6cm
さすがに伸びる時期は終わったみたいなんですが、
170cmを超えたところで終わってくれてよかったです……。
視力は、右が「1.2」、左が「1.5以上」。
血圧も正常とのこと。

安心しました。

夕方にはバイトに行ってきました。
さっそく、ガイドでも一緒の先輩
(そういえば、「キンモクセイの先輩」とか「ガトーショコラの先輩」の影に隠れ気味ですが
あの先輩は「かき氷の先輩」なんでした)(笑)に

『○○さん、今日ガイドした△△中学校なんですけど、
 何かもう、すっごく、かわいくて!!』

そのしばらくあとにも

『ホント、みんなかわいかったんです!!』
「何が? 女の子が?(笑)」
『えっ……、いや、素直で、純粋で!!
 そりゃまぁ女の子もかわいかったですけど……!!』


……何を言わせるんですか先輩。(笑)

で、帰宅してパソコンを付けてしばらくすると、

---
【(企業名)】「プロフェッショナル採用」選考結果のお知らせ
---

というメールが来ました。
エントリーシートとWEBテストの結果を今月下旬に発表、と聞いていました。
今日あたり、と思っていましたが、案の定です。

で、パッと見、「しでかしたか!!」と思いました。
前にも書いたかもしれませんが、おおよその傾向として、
もし選考に合格していれば

「グループディスカッションのお知らせ」

などのように、次のステップを具体的に示されることが多いです。
一方、不合格なら

「選考結果について」

などのようなケースが多いです。

その法則に割り当てれば、まさか、不合格……!?
と思い、
かなりドキドキしながらメールを開くと

---
○○ ○○ 様

こんにちは。(企業名) 採用担当です。

先日は、エントリーシートの提出とWEBテストの受検ありがとうございました。

「プロフェッショナル採用」の選考結果を
○○ ○○さんのMyPageの「レターボックス」にお送りしています。
ログインのうえ、ご確認ください。
---

引っ張りますねー!(笑)

で、最高潮の緊張感をもって、マイページにログインすると……、

---
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

             二次選考のご案内

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


このたび、一次選考の結果
○○ ○○さんにはぜひとも次の選考にお進みいただきたいと思い、
二次選考のご案内をさせていただきます。

(以下略)
---

とのこと。
はい、ぜひとも次の選考に進ませていただきます!!

この企業の総合職採用のエントリーシート・WEBテストの選考には通過しています。
その後の選考で落ちてしまいましたが、
WEBテストは総合職採用で受験したときの結果がそのまま回されるし、
エントリーシートも総合職採用のときと同じような内容だから、
まぁ大丈夫だろう
、とは思っていました。

一方で、総合職採用とプロフェショナル採用とでは
入社後の働き方がまるっきり違うので、
ひょっとしたら、総合職採用に通ったからこそ、
プロフェッショナル採用には(自分で気付かないだけで)向いていなくて、
あっさり落とされるかな
、とも思っていました。

結局、無事に通過して、2次選考へと駒を進めました。
総合職採用の時と違い、今後のフローは明確に示されています。
この違いは何なのかと思いますが、(笑)残りは面接2回です。

2回の面接を突破した企業なら、
この企業の総合職採用を始めとし、他にもあります。
そう思うと、前例のあることをもう一度やればいいだけのことなので(笑)
いくぶん気が楽になります。

あと、もうひとつ安心なのが、今日の健康診断の結果。
今後の選考で健康診断を受けることになりますが、
プロフェッショナル採用だと人の命を預かる仕事なので
面接がどれだけよくても視力とか血圧で引っかかれば容赦なく落とされるはずです。
確か視力は1.0以上だと何かで聞いた記憶がありますが、
それは十分クリアしていると分かったので、一安心です。

ということで、今日は何かごきげんです!!

郵便制度に感謝

昨日

そして、帰ったらさっさと寝たいところなんですが、
今日中に書き上げて、明日の朝一番に投函すべきエントリーシートがあります。
何が何でもそれを終えないことには寝られません。
幸いにも明日はゼミは休みだしバイトも入っていないので
今日は疲れた体にむち打って頑張ります。(笑)

と書きましたが、
もはや頭が使い物にならず、寝るまでに書き上げる自信がなかったので
ダメもとで送り先への郵送にかかる日数を調べてみると……、
速達で、
今日の午前に投函すれば明日(締切日)の午前に、
今日の午後に投函すれば明日(締切日)の午後に、それぞれ到着するようです。
始めから速達にするつもりだったのでその点は問題ないとして、
速達の力をもってしても、
てっきり、今日の午後に出したんじゃあさって以降になるだろうと踏んでいたので
これは大変な喜びでした。(笑)
昨日ほど日本の郵便制度に感謝した日はありませんでした!!(笑)

ということで、寝ました。
で、今日の午前中に書き上げました。

午後からは、大学の郵便局に出しに行こうかとも思いましたが
念のため、東広島の本局である安芸西条支店まで
わざわざバスに乗って、大雨の中出かけてきました。

ちなみに、当該企業は、郵送ではなく持参でもエントリーシートを受け付けてくれます。
持参するためだけに尼崎まで出かけるのも変な話ではありますが、
正直なところ、
郵便局までのバス代480円と速達の送料410円を使うくらいなら、
8,400円使って、尼崎までの往復の学割乗車券を買って
持参する方がよかった気がします。(笑)

会社の雰囲気が少しでも分かるだろうし、顔を覚えてもらえるかもしれないし……。

ただ、明日は、午前と午後に1件ずつガイドの予定があり、その後がバイトです。
要は昨日とよく似たスケジュールです。
昨日で少し焼けたと書きましたが、明日も天気に恵まれるようです。
また焼けるかな……。

大声キャンパスガイド

今日は、県内の工業高校からガイドに数百名の参加がありました。
午前と午後に分けて対応しましたが、僕は終日予定が空いていたので両方やりました!!

で、昨夜、今日のことを考えながら

「今時の高校生って何に興味があるんやろう?」
「やっぱりAKBかな?(笑)」

という結論に至ったので、YouTubeでいろいろと聴いてみました。

まぁ、そう考えたからというのは後付けの理由で
実際は普段からよく聴くんですが、(笑)
何か、たいていの曲はカラオケで歌えるレベルになった気がします。

ただ、誰が何と言う人なのかは全く分かりません。
(あくまでBGMとして聴くだけで、PVを見ているわけではないので)
例えれば、「のぞみ」「ひかり」「こだま」という名前は聞いたことがあっても
「N700系」「500系」などと言われても困る
、という
世間一般大多数の人のような状態だと思います。(笑)

ガイドの話ですが、
午前と午後に2時間ずつ、それぞれ約30名を相手に大声を張り上げました。
しかも今日はけっこう日差しが強かったんですが、
途中で博物館のアルバイトの先輩と久しぶりに出会ったので挨拶をしたら
「めっちゃ焼けとるじゃん!!」と言われたのでビックリしました。
あとで鏡を見てみたら、確かに焼けていました……。
あの先輩に会うのは1月に下関に行って以来なので
何か反響があるならば髪が短くなったことだろうと思っていたんですが、
それ以上に反応すべきほど、そこそこ焼けているみたいです。

それと、今日担当したグループの中に、
小学校以来の友達によく似た人が1人いました!!
何とも懐かしい感じがして、つい何度か見てしまいました。(笑)

総じて、のべ4時間のガイドを終えた後には、
体育祭の練習の後みたいな疲労感がありました。(笑)
せっかくAKBの話を書いたので、
今日のタイトルは「大声ダイヤモンド」ならぬ「大声キャンパスガイド」です。(笑)

で、その後にはバイトに行ってきました。
なかなかタフです……。

そして、帰ったらさっさと寝たいところなんですが、
今日中に書き上げて、明日の朝一番に投函すべきエントリーシートがあります。
何が何でもそれを終えないことには寝られません。
幸いにも明日はゼミは休みだしバイトも入っていないので
今日は疲れた体にむち打って頑張ります。(笑)

赤い縁取りのぐるぐる巻きのかまぼこ

昨日の旅行記を更新しました。

で、あのようなことがあったあと、(笑)
今日は11時からガイド会議を兼ねた食事会
バイキングの店に行く予定だったんですね!!
しかも、僕の好物のピザとかパスタの食べ放題だし、
時間の制限がないんですね!!

ということで、思いっきり食べたいところですが、

・すでに昨日たくさん食べた
・二日酔い

という条件に加え、

・去年の4月にガイドで同じ店に行ったとき、
 特に食べ過ぎたつもりはないのだが苦しくて完全にダウンしてしまい、
 もう同じ過ちは繰り返せない……(笑)

ので、様子を見つつ食べました。(笑)

今日は9名の大所帯で、11時から15時まで食べたりしゃべったりしていました。
幸いにして、今日はダウンしませんでした。(笑)

あと、友達が小さいロールケーキを食べていたんですが、
それを見て、とっさに、赤い縁取りのぐるぐる巻きのかまぼこが思い浮かびました。
……が、その場にいた誰に話しても、そのかまぼこを知らないんです!!

「何か、あるじゃないですか!?赤い縁取りの、ぐるぐるーって巻いてあるかまぼこ!!」
一同「?」
「じゃ、僕お得意の絵で説明しましょうか?(笑)」

変換 ~ DSC01833

「こんなのです!!」
(「キリギリスってどんなのかいね?」と「瑠璃光寺」は気にしないでください)(笑)
一同「?」

僕はよく食べていた記憶があるんですが、あのかまぼこ、一般的じゃないんでしょうか!?
試しに帰りにゆめタウンとかショージで探しましたが、確かに、見つかりませんでした……。

2011.春 旅行記 11

今日は、呉エクスプレス大阪号で大阪にやってきました!!
で、「息抜きプロジェクト1日目」を敢行しました。(笑)
すごくいい1日でした……。また改めて旅行記を書きます。

現在、1時16分。
帰りのツアーバスで休憩中(12時50分~1時45分)の、
山陽道三木サービスエリアからの更新でした。

……ということで、旅行記です(4月24日追記)……

雨だったので、6時35分に歩いて家を出ました。で、大学への道すがら、セブンイレブンへ。朝食のパンを買いました。あと、後に登場するチケットを買うために、コピー機のマルチの機能というのを初めて試したんですが……。あれすごいですね!!コピー機の端末が、チケットぴあにつながっているんです!!あれは感動した……。(笑)

広大中央口から、7時15分発の「呉エクスプレス大阪号」へ。最近このバスに何回も乗っています……。で、バスなら前の方に乗る主義の僕ですが、このバスに限っては気付けば無意識のうちに8列目とか9列目を指定しています。このバスが夜行とほぼ同じ機能の独立3列シートなので、僕の中ではこのバスでの移動中は「景色を見ること」より「寝ること」を優先してしまうんですね。(笑)

というわけで今回もよく寝ました。僕の座席は8C(8列目の窓側)でしたが、後ろに人がいたので、後ろに人のいない8B(中央)に移動して背もたれを全開に倒して寝ていました。一応昼間のバスなので、背もたれを全開に倒して寝ている僕の姿は若干浮いているかもしれませんが……。

山陽道に入り、小谷SA(広島)・吉備SA(岡山)・三木SA(兵庫)で休憩を挟みつつ、大阪駅桜橋口に12時すぎに到着。

変換 ~ DSC01810

ここで……、「ガトーショコラの先輩」と会いました!!(この言葉、定着してきたでしょうか!?)(笑)10日にも会ってもらったばかりなんですが、どうしてまた会うのかというと、

今日大阪に出てきたのは、もともと、父から「たまには飲もう」と大阪での飲みに誘われたからでした。父としては、就活を頑張る息子をたまには飲みに誘って励ましてやろうという考えがあるんでしょうが、最近の就活の不調さからして、とてもじゃないが父に会わせる顔がなかったんですね……。

ということで、その前に何でも話せるガトーショコラの先輩に会って話をし、思いを整理したうえで父に会いたいなぁと思ったわけです。2段階の作戦です。(笑)

ただ、本来は身内である父にこそ不安をさらけ出すべきであって、たまたま大学で知り合ってガイドで一緒だっただけの先輩をその相手にしてしまうのは筋違いであり……、どうしようかとかなり迷ったんですが、ついに前日にヘルプのメールを送ってしまいました。(笑)そうすると今回はわざわざ大阪まで出てきてくださるとのことで、こうして大阪駅で会ったわけです。

まずは北口のヨドバシカメラへ。8階のレストランフロアで

変換 ~ DSC01814

鶴橋風月に入って「大阪セット」を注文しました!!写真にあるとおり、とんぺい焼き・ぶた玉モダン・風月焼き(イカとかエビとかがどっさり入ってます)・ソース焼きそばのセットです。まずは

変換 ~ DSC01812

とんぺい焼きです!!続いて

変換 ~ DSC01813

焼きそばが出てきて、その傍らお好み焼きも焼き進んでいます。

で、新生活の話などをして場を暖めてくださった先輩にいつどうやって就活の話を切り出したものか難しかったんですが、一念発起して(笑)話を切り出しました。先輩も「どのタイミングで聞いたものか迷っていた」そうです。

先輩からは、

「弱気になったらいかんで!!」

とのお言葉をいただきました。まさにそれに尽きると僕も思っています。そして、僕のことだから、先輩からそんな優しい言葉をかけられて泣きそうにならないはずがなく、許されるなら泣きたいくらいだったんですが、さすがにお好み焼き屋で泣いていたらおかしいのでそこはこらえました。(笑)

上の「大阪セット」の写真には「2~3名でどうぞ」とありますし、それを読むまでもなくセットの内容からして分かると思いますが、量がけっこうあってお腹いっぱいになりました……。(笑)

で、食後はしばらく時間があるんですが、お茶でも飲みに行きましょうということになり、地下鉄で谷町九丁目駅へ。そして、地下で接続している、近鉄の大阪上本町駅へ。

変換 ~ DSC01816

こんなところにやってきました!!どんなところかというと……、某社の1回目のリクルーター面談で連れて行っていただいた、モロゾフのカフェです!!(笑)結局この会社の選考には勝ち残れませんでしたが、こうやっておしゃれなカフェも知ることができたわけだし、ただじゃ転びません!!(笑)

ただ、土曜日のおやつの3時なので、席はいっぱいで並んでいる人さえいました……。というわけで、このカフェをやめて、2回目のリクルーター面談で連れて行っていただいた、近鉄百貨店1階のカフェにしました。(笑)おかげさまで、上本町のカフェには詳しくなりました……。

このカフェでアイスティーを飲んで(何かすごくおいしかった!!リクルーター面談では「コーヒーでいいですか?」とのことだったので素直に従いましたが、しまったなぁ、アイスティーにしとくんやった……)(笑)、ここでもしばらくしゃべりました。

で、谷町九丁目駅から谷町六丁目駅で乗り継いで京橋駅へ。ガトーショコラの先輩との思い出は数多くありますが、ひとつあげるなら、吉本新喜劇のネタの掛け合いをよくやっていたことです。そんな先輩には、ずっと前から「就活で大阪に来ることがあれば、新喜劇を見に行こう」と言っていただけていたので、今回はとことん甘えて京橋花月に新喜劇を見に来てしまいました。(笑)

座長は辻本さんで、まぁそれを聞けば通の人にはストーリーも見えてくるでしょうが、(笑)今回はおじいさんの役ではなく僕はあまり見たことのないヤクザの役だったので、ちょっとストーリーが読みにくくてよかったです。(笑)それでも、

「本気で愛してるからなんや!!」
「許してやったらどうや!!」

のくだりはもちろんありました。辻本さんのネタといえば着メロが大好きなんですが、それはありませんでした……。

新喜劇で1時間思いっきり笑って、京橋駅から地下鉄です。心斎橋駅まで一緒に行って、先輩とはここでお別れ。今日1日でどれだけ励まされたかは計り知れないし、連絡をすればこうやって会っていただけるのは本当にありがたいことだなぁと思いました。

で、僕は御堂筋線でなんばです。高島屋の前で父と待ち合わせて、いかにも「大阪!!」という感じの飲み屋に入りました。いわく「昔『サライ』(雑誌)で見たことがあって、それ以来気に入っている」とのことです。確かに父にはチェーンの飲み屋よりああいう店の方が合っている気がします……。思いっきり食べたかったんですが、(笑)お腹がいっぱいになっていたので残念でした。

そのあと、サウナでお風呂を浴びて、「スイスホテル南海大阪」の36階のバーへ!!

変換 ~ DSC01817

変換 ~ DSC01819

オトナの2次会です。(笑)前にも連れてきてもらったことがありますが、メニューに書いてあることの意味がサッパリ分かりません。で、父に適当なのを選んでもらったら、何か注射みたいな味がして、これをおいしいと感じるには僕にはまだまだ時間がかかりそうだなと思いました。

この後、23時30分発のツアーバスへ。

変換 ~ DSC01822

普段は1台か2台で走っていますが、今日は3台でした。で、やたらと若い姉ちゃんが多く、消灯してからもしばらくはヒソヒソとやかましくしていました。雰囲気からして、ジャニーズか何かのライブに行った帰り(あるいは、今から行くところ)かな、と思います。

変換 ~ DSC01829

三木SAでは休憩が1時間近くありました。これには訳があり、本来このバス(ツアー路線)はなんばを出た後梅田を経由するんですが、僕のバスに限っては梅田を経由せず(要は、なんばから乗る人だけで1台が埋まったというわけです)、梅田を経由した他のバスと足並みをそろえるためのようです。

この後、日付が変わってからは福山・広島と経由した後東広島に戻ってきます。僕は福山とか広島で停まっていたのは何となく記憶にはありますがマイペースで寝ていて、(笑)広島から東広島に向かう山陽道の奥谷PAで休憩のために停まったときに目が覚めたんですが、

運転士さんが僕の座席(前から3列目)までやってきて

「ちょっと休憩しますね。1人なので(マイクではなく直接あなたに伝えます)。

エッ!?と思って振り向くと

変換 ~ DSC01830

確かにお客は僕だけでした!!いやー、すみませんね、僕1人のために……。(笑)

休憩の後、7時30分に大学に到着。

変換 ~ DSC01832

バスは1台増えて4台になっていました。梅田から1台増えたんでしょうか。

ちなみに、どうでもいいことですが、降車場所は大学内でも僕のアパートからかなり離れた場所にあり、歩いて帰る都合上、けっこうわずらわしい感じです。なので、どうせ1人なのだし、降車場所までのバスの経路上で適当なバス停ででも降ろしてもらえないかお願いしようかと思いました。路線バスだと(フリー乗降制のものを除き)バス停以外の場所でお客の乗り降りをさせてはいけませんが、これはツアーバス、要は「バス旅行」なので、どこで乗り降りをさせようと問題ないはずです。

ただ、「バス停で」となると、あれは国から認可を受けた路線バスのみが使えるスペースのはずなので、そこでツアーバスがお客の乗り降りをさせることはできません。そして、バス停や所定の降車場所以外にバスが停まれるような場所も思いつかず、結局所定の降車場所まで乗って歩いて帰りました。

この1日を振り返ると、とにかく前向きになれた1日だったということと、よく食べ、よく飲んだ1日だったということが言えます。(笑)案の定二日酔い気味で、帰ったらゆっくり休みたいところなんですが、実は今日もよく食べる予定が入っています。(笑)それはまた別の記事に続きます。

four times a week

昨日は某社の1時面接で大阪に行ってきました。

で、それにあたり(というわけでもなくいつもやることですが)
おとといの夜はYouTubeでいろいろと音楽を聴いていたんですが、

僕、ゆずもけっこう好きなんですよね。
書くのは初めてかもしれませんが。(笑)
なのでゆずの曲を聴いていて、
関連のある動画をたどって他の曲も聴いていたんですが、

目に留まったのが

「サヨナラバス」

……こっ、これだけは何があっても絶対に聴いちゃいけんっ!!縁起が悪すぎる!!(笑)

で、昨日は「呉エクスプレス大阪号」で大阪へ。
阪神高速が混んでいて、20分遅れで着きました。
それでも面接には十分間に合うし、
個人的には、20分余計にゆっくりできてよかったです。(笑)

面接会場の控え室では、
人事の人がエントリーシートを片手に受験者ひとりひとりに世間話を振っておられて、

僕は

「今日はどうやって来たんですか?」
「はい、もちろん高速バスで!
 西日本(JRバス)さんじゃありませんが、中国JRバスさんの『呉エクスプレス大阪号』です!
「おぉ、いかがでしたか?」
「はい、昼間のバスなのに独立の横3列で、とても快適に来れました。」
「そうでしたか。あのバスが夜行で折り返すんですよ。」
「あ、そういう運用なんですね!!」

決まった!!(笑)

ただ、人事の人のおっしゃることは間違いです。
呉エクスプレス大阪号は、夜行の呉ドリーム大阪号としてではなく
同じ呉エクスプレス大阪号として折り返します。
呉エクスプレス大阪号はエアロクイーン、
呉ドリーム大阪号はガーラと、別々の車が運用に就いています。

……まぁ、そんな反論は
熱心な企業研究の成果ではなく単なるバスオタクの切り返しにしかならないので
特に何も言いませんでしたが……。(笑)

他にも、

「出身地、すごくいいところですね!」
「ありがとうございます!よくそう言っていただけます。」
「以前出かけたとき、○○○○(旅館名)に泊まりましたよ。」
「ええっ!!その旅館、実家のすぐそばです!!
「それ、言ってくれればおじゃましたのに……」
「ぜひ次はおいでください!」

肝心の面接にはあまり手ごたえはないんですが、
この方とて人事には変わりないわけで、
仮に先の面接に進めれば、面接官になる可能性はあります。
顔を覚えてもらえたかな……。

面接の後は、ウィラーのツアーバスで帰りました。(笑)

で、今日は、2コマ目がゼミでした。
ブログで書くのは初めてかもしれませんが、
4年生になり、ついに研究室に配属されました。
ということはゼミがあるわけですが、
うちの研究室のゼミ、火水木金に1コマずつ、計4コマもあるんです!!
しかも、やたら外国人(中国人)が多く、やりとりは英語なんです!!
ちょっと、英語のカンを取り戻すのに時間がかかりそうなんですけど……。
えっと、「週に4回」って、タイトルの通りで合ってましたね?(笑)

ちなみに、正確には、4コマのうち2コマは出席必須ではないので
まぁ残りの2コマにのみ行っておけばいいんですが、

こういうのにはちゃんと出席する主義なので、できるだけ出るようにしています。
実際に、今日のも行かなくていい方のでしたが、行ってきました。(笑)

夕方にはバイトに行って今日の1日は終了となりました。

新聞に載りました!!

今日は短く終わらせてもらいたいんですが、

変換 ~ DSC01802

今朝の中国新聞に載りました!!
11日に書いた

---
午後からは、今年度に関わることになったとあるプロジェクトの顔合わせに行ってきました。
博物館のアルバイトの先輩に誘われたもので、
大学の「地域連携推進事業」のひとつです。
自治体から大学に寄せられた「こういう研究をしてほしい」という依頼に対して、
大学が学生を募り、研究費を助成して、研究するものです。

詳しくは書きませんが(というか僕自身まだはっきりと把握できていない)(笑)
顧問はガイドでお世話になっている博物館の先生だし、
メンバーには博物館のアルバイトのメンバーもいるし、
これから楽しみだなぁという漠然とした思いでいます。
---

という内容に関するもので、
あの顔合わせに、記者も来られていたんですよね。

ちなみに、僕の名前などは記事には一切出てきません。
が、他のメンバーの個人情報に関わる部分については
白く加工させてもらいました。

あと、写真には僕も写っています。
右から2番目です。
何か、1人だけすごくにこやかな表情をしています……。(笑)
やっぱり、人柄のよさというのは、隠しても隠せないものなんでしょうか。(笑)

お近くの方、ぜひチェックを。

中の下の下

昨夜、某社からエントリーシート通過の連絡がありました。
最近の厳しい状況からして、その喜びたるや筆舌に尽くしがたいものです。(笑)

で、近いうちに大阪に面接を受けに行くんですが、
青春18きっぷの時期でないので、頼りになるのは高速バスやツアーバスです。
調べたところ、ツアーバスだと大学から大阪駅まで3,000円で行けるので
迷わずそれを予約しようとしたんですが……、

頭に浮かんだ、面接でのやりとり。

---
面接官「今日は広島からお疲れさま。どうやって来たの?」

僕「はい、ウィラーさんのツアーバスで!!」

面接官「そうなんだ? ウチを受けるのに、ツアーバスにしたの?
(と言って、エントリーシートに×をつける
---

こりゃまずい!!
ということで、750円高くはなりますが、
JRバスの「呉エクスプレス大阪号」を利用することにします。
これだと、

---
面接官「今日は広島からお疲れさま。どうやって来たの?」

僕「はい、もちろん、呉エクスプレス大阪号を利用させていただきました!!」

面接官「どうもありがとう。ウチの路線、他にもよく使ってくれるの?」

僕「もちろんです!! 青春ドリーム広島号は大阪への頼れる足ですし、
  以前、東京から大阪まで
  プレミアムドリーム号のプレミアムシートを利用したこともあります。
  水平まで倒れて寝返りも打てるシートに、座席ごとの液晶テレビ。
  御社の、顧客のニーズを読み取った的確なサービスと
  新たな事業への積極的な取り組みに、大変魅力を感じています!!


面接官「よく研究してくれてるね。」
(と言って、エントリーシートに○をつける
---

うん、この作戦でいこう……。(笑)

で、今朝は8時に起きて、午前中2コマの授業にもぐりこみました。
1コマ目は「広島と平和」。
同じコマに、これより受講者の多い授業があったようで
先週より小さな教室に変更されていて、
どうやら受講者の抽選もあったそうです。

……ということは、座席の定員ピッタリしか受講者がいないはずだから、
もぐりこみの僕が座ってしまうと、
理論上、座れない人が1人出ることになりますよね!?(笑)


まぁそれは受講者が1人たりとも欠席せずにいればの話であって
実際は僕が座っても全員座れていましたが、
何とも肩身が狭いですね……。

今日の授業は、前の前の広島市長に関する内容でした。
ただ、この先生の授業全般に言えることが
余談もかなり多いということと、かなりの毒舌だということで、(笑)
今日も毒舌の余談がかなりありました。

その中で、(前の前の広島市長の業績のひとつとして)
広島で5月に開かれる「フラワーフェスティバル」というイベントの話があって、
これ、中国新聞(広島の郷土紙)などが主催するイベントなんですが、

「連れてくる芸能人はさすが中国新聞、中の下の下ばかり」

とのことでした。(笑)

うーん、どうなんでしょう!?
今年のPerfumeは正直よく分からないんですが、
前回のベッキーとマナカナ、おととしのジェロ、そしてその前の川嶋あいさん!!、(笑)
けっこういいところなんじゃないかと思うんですが……。

2コマ目は「広島大学の歴史」でした。
受講者は何と962名になったそうで、
2つの教室に分けての開講となりました。
で、本来なら学籍番号によってどちらの教室で受けるかが指定されますが
これまた僕はもぐりこみの身なのでどっちに行っても変わらないわけで。(笑)

内輪にしか分からない話で恐縮ですが、
教室は、総科のL102と法経の257です。
せっかくなら普段行かない法経学部に行こうかとも思ったんですが、
雨だったので別の学部まで歩くのが嫌だったのと、(笑)
多分当初の講義室だった総科のL102が「ハブ」になるのだろうからと思い
総科のL102に行きました。

2つの教室に分けて、どのような方法で授業が行なわれるのか
(この時点では)わかりませんでしたが、
例えば、片方の内容を片方に生中継するのなら、
絶対、「ハブ」の教室で、リアルに受ける方がいいに決まっています。

また、この授業は4名の先生がローテーションで担当されるので
順番を入れ替えれば両方の教室でリアルに授業をすることもできますが、
そうだとしても、「ハブ」の教室で、当初の予定通りの順番で受けたいです。

いや、もぐりこみの分際でわがままが多くてすみませんけどね……。(笑)

で、総科のL102の教室では、
当初の予定通りの順番でリアルの講義がされました。
この時間に、法経の257ではどんなことがされていたのか気になります……。
来週は法経の257に行ってみようかな……。(笑)

(でも、順番を入れ替えて両方の教室でリアルの授業をやっているのなら、
ずっと同じ部屋で受けないと受け残しが出てしまいますね……。)

今日の内容は「広島大学の源流」で、
広島大学の前身の学校に関する話でした。
まぁ、おととしにも受けているし、(笑)ガイドでもよくしゃべる内容なので
今さら聞くまでもないんですが、

「広島高等師範学校」(広島大学教育学部の前身)の話をするとき、
今日の講義でも、僕のガイドでもその対極に出るのが
「東京高等師範学校」(筑波大学の前身)です。
当時2つしかなかった「高等師範学校」(教員を養成する学校)を前身とするため、
今でも、教育学部といえば広島大学・筑波大学が有名で(だといいんですが)
「東の筑波・西の広大」なんて言われたりします(だといいんですが)。

で、講義でも「東の筑波・西の広大」という話はありましたが、
前に東京学芸大学の友達に会ったとき、
その友達は「東の学芸・西の広大」と言っていました。
なるほど、東京学芸大生には東京学芸大生なりのプライドがあるんですね……。

夕方にはバイトへ。
いつも月曜は忙しいんですが、今日もその通りで、
しかも2つあるレジの1つは
入ったばかりの後輩が単独で担当せざるを得なかったので、
お客さんの列がおかずレーンにまで延びてきて、
おかずレーンにいると、目の前のお客さんが全然進まなくて、
こりゃ後輩も入ってそうそう大変な目に遭ったもんやな……と思いました。

終わってから

「大変やったじゃろう? よう頑張ったね!!」
と、
レジなんてまったくやったことのない僕がフォローしてあげました。(笑)

あと、入ったばかりの別の後輩は、
始め一緒に食器洗いをしていて、しばらくおかずレーンに離れた後に戻ってきたら、
お客さんに「ありがとうございました」と言いながら若干むせていて

「どしたん?」
「ちょっと声が枯れました……!!」
「はっ、そうなんかね!!
 まぁ、『ありがとう』の言いすぎで声が出んようなるなら、そりゃ幸せなことやねぇ。(笑)

面倒の見がいのある、なかなかかわいい後輩たちです。

思えば、僕が「かき氷の先輩」(この言葉は久しぶりに使う気がする)(笑)に誘われて
バイトを始める決断をしたのが、2年前の4月14日。
そして、実際に始めたのが、2年前の4月22日。
もうすぐ3年目に入ります!!

よしピー、起きろ

今日も遅くまでダラダラと寝てしまいました。
昨日はいいとしても、今日もそれというのは単なる怠惰です。
「そういうのを怠惰っちゅうせーや!!バカタレが!!」(笑)

で、今日は特に何もしてません。

そういえば、今期のバイトのシフトを取りまとめているんですが、
金曜に出られる人が今のところ僕1人しかいません!!
なにっ、金曜日のバイトは僕1人で切り盛りしろと!?(笑)

……と書いていたら、後輩からメールが届いて、金曜に来れるそうです。
ほっ、とりあえず2人か……。(笑)

よしピー、寝ろ

ここ最近ゆっくり寝ていなかったので、
「よしピー、寝ろ」とばかりに(笑)今朝はゆっくり寝ました。

で、起きたら、スーツをクリーニングに出してきました。
最近説明会や面接が立て込んでいたのでクリーニングに出す合間がありませんでしたが、
昨日でさしあたってのスケジュールは終わったので、久々のクリーニングです。

さて!!
10日の旅行記を書きました。
こちらをどうぞ!!

2011.春 旅行記 10

今日は、8時に起きて出かける支度をしていたんですが……、
途中で雨が降り始めました!!
雨になると知ってはいましたが、とりあえず自転車で行くつもりで計算していたので
若干ペースを乱され、(笑)
ちょっとあせりながら大学まで歩いて行きました。

で、食堂でご飯を食べて、9時に学内のマーメイドカフェへ。
昨日書いた、入学センターからの伝達事項のために後輩をカフェに呼びました。
資料を見せながら話したいのでメールでの伝達はしないにせよ、
何もカフェに呼ぶ必要はないわけですが、
後輩に会うのは去年12月のガイドの研修旅行以来実に4ヶ月ぶりになるので、
せっかく久しぶりに会うんやし、カフェでお茶でもおごってやろうかという
先輩の優しさです。(笑)

席にカバンを置いてレジに向かうとき
後輩はとりあえずカバンから財布を出していましたが、
まぁ、彼女にはけっこうよくおごっているし、
今回だってこちらからカフェに呼んでおいてお金を払わせるのも変な話です。(笑)

そういえば、このカフェこそ、今はやりの「キンモクセイの先輩」の初期の呼び名である
「アイスココアの先輩」という言葉の発祥の地です。
今月になって2人の後輩にこのカフェでオレンジジュースとカフェラテをおごりましたが、
どうだろうか、「オレンジジュースの先輩」なんて陰で言われてたりしないでしょうか?(笑)

ということで、僕はもちろんアイスココアを注文して(笑)後輩に伝達事項を伝えました。
昨日書いたように、去年は僕が参加した説明会なので
今年も行かせてもらえるだろうという期待はまったくありませんでしたが、
僕の後任がこの後輩になるとはちょっとうらやましいところで、

「ええねぇ!!うらやましいわ。」
『でも、去年も行ったんでしょ!?(笑)』
「行ったけど……。(笑)」


で、そのあと、10時からガイドの担当をしました。
今日は県内の中学校から3年生が120人ほど来ていて、
そのうちの40人を担当しました。
僕の話はすごくまじめに聞いてくれるし、
その上で、盛り上げようと思って発言したことにはちゃんと盛り上がってくれて、(笑)

素直でいいなぁ……と思いました。
僕のガイド、中高より中高に盛り上がる傾向があるんですよね。(笑)

あと、最後にいろいろと質問をしてもらいましたが、

「大学に持ってきちゃいけないものってあるんですか?」

とか

「宿題はあるんですか?」

とか、
これまた、素直でかわいらしい質問ばかりで気持ちが和みました。

ガイドが終わったら、大学発11時52分のバスで西条駅へ。
駅で切符を買って、12時19分発の糸崎行きに乗り、
三原駅で新幹線に乗り換えました。

福山駅からは、「さくら」です。

変換 ~ DSC01791

変換 ~ DSC01793

変換 ~ DSC01794

変換 ~ DSC01797

九州新幹線が全線開通してまだ1ヶ月ちょいしか経ちませんが、
「みずほ」・「さくら」に乗るのはこれで3度目です。

で、新大阪駅から在来線に乗り換えて、
大阪駅の近くで、某社の1次面接に行ってきました!!

というわけで、今日は朝からスーツでした。
スーツで後輩に会い、スーツでガイドをしました。
ガイドが終わって歩いていたら、
新入生と思しき人が2人「こんにちは!!」と挨拶をしてくれたんですが、
さては、僕を先生(職員)と思ったか!?(笑)

面接は、学生6人に面接官2人の集団面接でした。
時間は40分で、面接官のうち1人は
まさに午前中に会ったばかりのガイドの友達と同じ名字で、
変に親近感がわきました。(笑)

面接の前に

---
皆さんは、とても緊張した表情をしている。
この場で緊張するなという方が無理な話だし、
旅行の添乗などでも同じように緊張する。
でも、そのとき「み、み、みなさん……!!」などとやっていては、
お客さんは不安に思ってしまう。
緊張を顔に出さないスキルというのも、これから見に付けていってほしい。
---

という話があって面接がスタートしたんですが、
始めに聞かれたのが、学生時代に力を入れたことでした。
ということでもちろんガイドの話をしました。

どんな活動なのか、
どうしてそれを始めようと思ったのか、
やってみて、どんなときにやりがいを感じるか、
一方で、難しいと思うのはどういうことか、
そこから何を得たのか……。

その中で、

「先ほどの○○様のお話ではありませんが、
 最初はまさに『み、み、みなさん……!!』という感じのガイドでした。」


と、さりげなく面接官にアピールしました。
(実際は、初めてのガイドのときから堂々としていたと思いますが)(笑)

あと、

「今日も実は午前中に中学3年生の子供たちをガイドしていました。」

と、リアルタイムな話題も取り込みました。(笑)

で、一連の話をし終えたら、2人の面接官、
顔を見合わせて「立派やなぁ!!」と声をそろえて詠嘆しておられました!!(笑)

他の人は、海外ボランティア・海外留学・飲食店でのアルバイトなどをアピールしていました。
もちろんそれらだって立派なことだし、
肝心なのは何を得たかなので、その点で僕より勝っているかもしれません。
でも、「キャンパスツアーの活動」をアピールすることができる
(大学がそういう活動をやっている)学生はほんのわずかだし、
こと旅行会社の面接においては、ガイドの活動はけっこういい武器になると思います。
言い換えれば、学生時代から、
団体旅行のコンダクターを何百回と経験してきた
、ということですから。

(あ、今日の面接は旅行会社です。)

その次の質問が、「これまでに訪れた旅行先で印象に残っている場所と、そのエピソード」。
そんなん、山ほどあるんですけど、(笑)
単なる旅行の思い出話なら、入社してから飲み会の席ですればいいので、(笑)
去年の夏の北海道・東北旅行での、
2時間以上話をしたあと1,000円札を握らせてくれたおばちゃんとの出会いと、
青森の市場で食べた「のっけ丼」の話をしました。

そして、単なる思い出話にならないように、

・移動はあえて普通・快速列車のみで行なった。
 交通費を浮かせたかったからというのももちろんあるが、
 その方が、その地方地方の人との出会いが期待できるからだ。

・途中、列車内で同じボックスに乗り合わせ、
 そのまま2時間以上話をしたおばちゃんがいた。
 別れ際、「何か買って持たせてあげたいけど、荷物になるから」と
 1,000円札を握らせてくれた。

・青森の市場では、多くの店を回り、
 店主とコミュニケーションを取りながら丼の具材を購入していった。
 値切ってみるのも楽しいという情報もあったので挑戦してみたが、
 それは見事に失敗してしまった。(笑)

のあとに

・旅の醍醐味は、移動中や目的地での現地の人とのふれあいだと思う。
 その出会いは、きっと二度ともたらされることはないが、
 だからこそとても尊く、それを求めて旅をしてしまうのだと思う。

と締めくくりました。
自分にとって「旅」がどういうものであり、
例の旅でその考えを深めることができた
、という話の流れです。
これにもけっこう食いつきがよく、
2人の面接官のうち1人(修学旅行の企画をされているそうです)は
「のっけ丼」もご存知だったので、

『市場を回って「のっけ」ていくんですよね!』
「はい! 山ほど載せても1,000円ちょっとで、大満足でした!」
『もらった1,000円はそこに消えましたね。(笑)』
「あ、そうですね。(笑)」


と、けっこう楽しく会話ができました。

面接はこれで終了でした。
志望動機などは一切聞かれず、
本当に、人柄や(旅行に対する)熱意が見られていたのかな、という実感です。
だったら今日の面接は勝ち進めたかなと思うんですが、
最近、負ける勝負が圧倒的に増えてきたところで、
昔のような気持ちの余裕がないので、
ここは謙虚に構えておきます。(笑)


それにしても、今日の面接は、
今まで受けてきた中で一番印象のいいものでした。
学生のことをよく見てくださっているな、と思いました。
圧迫もそりゃけっこうですが、個人的には、
圧迫面接は選考フローの中で1度あれば十分だと思います。
せめて、中身のある圧迫なら2度3度とあってもいいでしょうが、
なぜ同業他社ではないのかについて2回も圧迫をされては、
結局のところ、この人たちは学生のことを見たいのではなく
自分のプライドを傷つけられたくないだけなのかな
、と
思ってしまわざるを得ません。

そうやって、選考が進んでいく中で、
印象のよくなる企業と、印象の悪くなる企業とがあります。
今日の企業は、就活を始めたばかりの時期には、実は存在を知りませんでした。
でも、たまたまガイドの研修旅行の前の日に
就活サイトを通じてこの会社からのPRのメールを受け取り、
「心に届く旅」というフレーズに惚れ込んでしまいました。
その後、エントリーシート・筆記試験をクリアしてここまで来ています。
旅行業界では、この会社が第1志望です。
今日の面接、うまくいっているといいな、と思います。

で、16時30分に面接が終わり、そのまま17時10分の「呉エクスプレス大阪号」に乗りました。

変換 ~ DSC01798

変換 ~ DSC01799

座席は夜行と同じ独立3列シートで、背もたれが相当深く倒れます。
僕は窓側の座席を指定していたんですが、後ろに人がいたので、
隣(中央)の座席に移動して背もたれをフルリクライニングして寝ていました。

今週は、火曜から金曜まで、説明会や面接が立て込んでいました。
さすがに疲れました。(笑)

そして、これで、今予定のある面接はすべて終了です。
あとは、これまで面接を受けた企業から、次の面接への案内が来るかどうかの問題です。(笑)
もちろん今からエントリーシートの選考を受ける企業もありますが……。

とりあえず、この週末はゆっくり休みたいと思います。

22歳

今日は、朝6時30分のグリーンフェニックスで広島バスセンターへ。
8時50分から12時30分まで、某社の1次選考でした!!

で、この会社にはインターンシップからお世話になっていて、
受付をされていたのは、インターンシップの2日間はもちろん
「広島バスまつり」(先方は社員として、こちらはプライベートで)とか
紙屋町の商店街(お互いプライベートで)とかでバッタリ出会ったときにも
やさしく声をかけてくださった、この春入社2年目の社員さんでした。

先方としてはたとえ受付の対応だけであっても
僕を特別扱いするわけにはいかないでしょうが、
それでも特別な感情が(とりあえず僕には)あるので、
小声で

「お世話になっております!」

と挨拶を交わしました。(笑)

で、冒頭の約2時間が筆記試験で、あとの約1時間が面接でした。
面接は、1対1の面接を2回(2人の面接官と)するんだったんですが、
1回目に当たった面接官は、
これまた、インターンシップで2日間お世話になった社員さんでした……。
インターンシップに来ていた学生にも、ちょいちょい、面接で当たるんだそうです。

ところで、面接の前に面接官用の資料として
「面接カード」というものの記入を求められ、
大学時代のこととか、入社して取り組みたいことなどを簡潔に書いたんですが、
生年月日(正確には年と月)と年齢を書く欄があり、

平成元年4月(22歳)

と書いたわけですが、
これを見て

「ははぁ、4月生まれで(22歳なので)、すでに誕生日を迎えられたんですね!

とのことだったので

「はい、今日22歳になりました!!」

と答えたら、祝っていただけました。(笑)

面接が終わったら、広島バスセンターへ。
再びグリーンフェニックスで大学に戻りますが、
12時55分の便に数分の差で乗り遅れ、
しょうがないのでバスセンターの入っているそごうの本屋で時間をつぶすことにしました。

で、「週刊東洋経済」の4月16日号
(特集:「徹底検証 鉄道被災 動き出す復旧への道筋」)と、
「週刊 歴史でめぐる鉄道全路線07 広島電鉄」を買いました。
どちらも就活用です。

というか、「週刊東洋経済」のようなビジネス雑誌で
時々鉄道の特集が組まれていますが、
鉄道業界で就活をする人には、こういう本はバイブルだなと思いました。
過去には、この雑誌で得た知識が面接で生かせたこともありました。

あと、せっかく誕生日なので、(笑)
以前から気になっていた、♪ディアゴスティーニ!
「My Birthday Book」というのを買ってみました。
1月1日から12月31日まで365冊出ていて、
「M月D日生まれのあなたへ」として、性格・運勢・その日の歴史などが書いてあります。

で、これらを持って、広島バスセンターの1番ホームへ。
そばの旧広島市民球状の解体が進んでいて、
景色がずいぶん変わったなぁ……と背伸びをして振り返ると、
何と、アイスココア……じゃない、キンモクセイの先輩がおられました!!
先輩の会社のピンズを胸につけたおじさま(上司なのでしょう)と一緒で、
驚くべきことに、お仕事で今から僕と同じバスに乗るんだそうです!!

もう、嬉しくて嬉しくて、
バスで先輩と色々しゃべりたい!!と思うも
先輩はお仕事やし、ここで僕と座ったらおじさまの立場がないしなぁ……と思っていたら、
おじさまが気を利かせて先輩に僕と座るよう仕向けてくださいました!!

というか、「おじさま」って、
相手に敬意を払っているのかいないのかよくわからない言い方ですね……。(笑)

で、「My Birthday Book」の封を切って
(CDのようにビニールでラッピングされている)
先輩と一緒に見たんですが、

僕自身は確かに当たっていると思ったし、
先輩も、当たっていると思うとのことでした。

ちなみに、4月14日生まれのあなたに贈る言葉は

---
自分の理想に向かって
ひたすら前進するあなた。
頑張るほどに実り多き人生に。
---


だそうで、
性格については

---
(要約)
・いつも「こうありたい」という理想がある
・その実現のため、外からは要領よくやっているように見られがちだが、
 実際は本人の中では試行錯誤を繰り返して努力を重ねている毎日
・類まれなる前向き人間
・他人の目にはテキパキと大胆にやっているように映るが、本来のあなたは、
 割と神経質で小さなことも考え抜いて進む、繊細な人
---

だそうです。
当たっちょる!!(笑)

そして、恋愛については(笑)

---
・選ぶ相手は、たいていの場合「育てがいがある人」
・完成されてしまった相手よりはそういう相手との恋愛の方が喜びを感じられる
・相手と別れてしまっても、相手を恨んだり憎んだりはせず、
 とても「懐の深い、大人びた恋愛」をする人
・その一方で「運命の出会い」が自分に訪れるのをまるで子供のように待ちわびている
・「自分は必ずドラマチックな恋愛をする」という確信めいたものを持っている
---

ははーっ!!
その通りや!!(笑)
特に終わりの2つ!!(笑)


で、他は省略しますが、おもしろいことがたくさん書いてありました。
ぜひ皆さんも本屋で自分の誕生日のを買ってみてください!!
あるいは、絶対に他の人からのと重複しないという自信があるなら、
誰かの誕生日プレゼントにしてみてもいいと思います。(笑)

大学に戻ったら、食堂でお昼(?)を食べて、
入学センターの先生と今年度の活動について打ち合わせをしてきました。
今回もオープンキャンパスでは重役を担わせていただけそうです。

あと、ガイド・飛翔・入学センターで一緒の後輩へ、
僕が去年スタッフとして参加した東京での大学合同説明会への出張を打診してほしい、と言われました。
あの合同説明会は数多くの大学が参加しているし
学生同士のオープンディスカッションなどもあるのでとてもやりがいのある出張で、
それを依頼されるとはさすが僕の後輩やなぁという感じなんですが、(笑)
それより僕は次にどこに出張させてもらえるかな……と今からわくわくしています。

1年のときが、岡山・松江・山口・高松・福岡。
2年のときが、松江・山口・神戸・名古屋・広島。
3年のときが、東京・松江・高松・福岡・大阪・神戸・名古屋。
すでに説明会が予定されている地域から選ぶなら、
例年の松江から変更になった米子とか、まだ行ったことのない松山、
これまで行った中なら山口とか神戸とか名古屋とか高松、
んー、多すぎますね……。(笑)

打ち合わせの後、バイトへ。
こないだ入ったばかりの後輩が2日目にしてレジに立っていて、
僕はレジに関しては全くの素人なので、
(僕もやってみたいんですけどね。レジは男子禁制なんでしょうか?)(笑)
何か頼もしいなぁ……と思いながら見ています。

とりあえず、今日22歳になったということで、
YouTubeで「22才の別れ」とか「22歳」など、
何かしら22歳に関係のある曲(けっこうある)を色々と聞いています。

そうそう、そういえば、産経新聞の阿比留さん、彼は立派な記者ですね!!

「与野党協議にしても最大の障害になっているのが総理の存在」
「総理の存在自体が国民にとっての不安材料」
「一体、何のためにその地位にしがみ付いていらっしゃるのか」

とはまぁ、総理に対する国民の思いを、見事に代弁してくれました。
そして、それに対する総理の答えが

「阿比留さんの物の考え方がそうだということと、私が客観的にそうだということは必ずしも一致しないと思っています」
「私とあなたとの見方はかなり違っているとしか申し上げようがありません」

ときた!!
何か数年前の9月にも「客観的に」とか「違う」という言葉を聞いた覚えがありますが、(笑)
この一連のやりとりは、僕の中で大ヒットでした。
これも、YouTubeで何度も聞いています。(笑)

今日はそんな1日でした。
例年、誕生日には何かしらバカな旅行とかをやったりするものですが、
さすがにそんな余裕はありませんでした。
でも、メールをくれた人はたくさんいたし、
何より、キンモクセイの先輩に会えたことは本当に嬉しかったです。
いい誕生日でした!!

2011.春 旅行記 9-1

今日は、食堂で朝ごはんを食べたらバスで最寄りの駅へ。
窓口でちょっと複雑なきっぷを買おうと思ったら、リクルーターさんでした!!
ちょっと複雑なので、変なプレッシャーをかけないために
今日はリクルーターさん(入社2年目)以外の方に窓口にいてほしかったなぁと思ったんですが、

買った切符が

・乗車券(片道) 西条→広島
・乗車券(連続・学割) 広島市内→大阪市内・大阪市内→西条

・特急券 広島→姫路 さくら558号
・特急券 姫路→大阪 在来線自由席(乗継割引適用)

なんですね。

で、僕はメモ用紙に分かりやすくまとめた申込書を出したんですが、
2度も誤発券されてしまいました……。
んー……、
別に、僕の書き方や伝え方に問題はなかったと思うんですが……。

先方とて、
先月には人事担当として面談した学生がきっぷを買いに来て
自分の誤発券を指摘してくる
とは、何ともいえない気分だと思います。(笑)
だから今日は、お互いの心の平和のため、他の人にいてほしかった……。(笑)

で、広島駅に到着したら、11時に某社の人事の人と待ち合わせ。
そのままカフェに案内されました。
これまでは広島駅の新幹線口のお店でしたが、
今回は初めて在来線口でした。(笑)

そして、面接ですが、今回もけっこうな圧迫でした。
というか、何をもって「圧迫」とみなすかであって、
前回も今回も、決して人間性を否定されるようなことを言われたり
高圧的な態度で臨まれたりするわけではありません。
ただ単に、僕の答えにひたすら即座に鋭く切り返してくるだけのことなので
これは面接に対する僕の心構えが甘いだけのことかもしれませんが……。

で、手ごたえですが、ほとんど自信がありません。
受け答えはどうにか成立したと思いますが、
言うことはめちゃくちゃだし、後から言いそびれたと気付いた内容もありました。
これまでの面接(面談)にはあった、内容のフィードバックもなかったし……。

それにしても、負け惜しみではありませんが、(笑)
エントリーシートを手元に置くでもなく、メモを取るでもなく、
カフェというプライバシーのない環境での面接を行なう企業
って、
果たして信用できるんですかね?
選考フローの不透明さだってそうで、
今日の面接(面談)が何回中の4回目なのかサッパリ分かりません。

こちらとしては、何回目だろうと全力を尽くすことに変わりはないんですが、
志願者に対して不要な不安を与えるやり方で、
全力で向かっている志願者に対して失礼な行為だと思います。

それでも僕はやっぱり
この企業から非通知で電話がかかってくることを待ち続けるんでしょうが、(笑)


選考を受けている学生も、面接が終われば利用者のひとり。
志願者に対して誠実に向き合うことだって、
めぐりめぐれば、
この会社の社長がHPのトップで約束する

お客様や株主、社員、地域、社会など、弊社に関係する全ての方々と誠実に向き合う

ということにつながるのだと、人事の人には気付いてほしいです。
選考のときに企業に誠実に向き合ってもらえなかった志願者が新入社員になったとき、
果たして、「弊社に関係する全ての方々と誠実に向き合う」ことができるんでしょうか?
そういう考えが、あの企業には欠落していると思います。


その後、マクドナルドでお昼を食べて、
広島駅13時10分発の「さくら558号」に乗りました!!
もちろん4号車14番A席を指名買いです。(笑)
さくらさく、といいなぁ……。

で、夕方には大阪にいないといけないんですが、
新幹線に乗るのは姫路駅までで間に合います。
この先は新快速でよかったんですが、
乗継割引で自由席が470円なので、「スーパーはくと」の自由席に乗ることにしました。

ただ、面接の後に広島駅で時刻表を見てみたら
「スーパーはくと」の4号車は指定席で、しかも14番A席が空いていたので、
その時点で指定席に変更していました。

というわけで姫路駅からは「スーパーはくと」の4号車14番A席で大阪駅へ。
この後、某社の説明会に行ってきました。

そのまま明日が面接なので大阪に泊まりますが、
かねてから考えていた取り決めにより、今日は

「ホテル京阪ユニバーサルシティ」

に泊まります!!
(つまるところ、その会社の説明会と面接に来たというわけです)(笑)

USJのオフィシャルホテルで、何となく高そうなイメージがありますが、
部屋に関する一切の指定(階・向き・タイプ・禁煙喫煙など)ができなくてよければ、
今日だと5,000円で利用できました。
案内されたのは14階のパーク側のダブルルームでした!!
大満足です。

ダブルなので、備品は全く同じものが2つずつあります。
浴衣も、コップも、タオルも、スリッパも……。
「さーて、どっちを使おうかな?」と考えるという、
嬉しいのか空しいのかわからないイベントが、備品を使うたびに待っています。(笑)

窓を開ければ、パーク内の音楽や歓声が聞こえてきます。
「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」(ジェットコースター)に乗っている人の
悲鳴も聞こえてきます。
なかなかおもしろい環境です。(笑)

もぐリスト

今日から授業です!!
で、僕はゼミ以外に授業はありませんが、
おもしろい(おもしろそう)のにはもぐるつもりで、今日は午前中に2つほど行ってきました。

1.広島と平和

今年度から、「平和科目」というのが1年生の必修になりました。
せっかく広島の大学に来たからには僕もそれらを学んでおきたく、
そのうちのひとつである「広島と平和」にもぐりこむことにしました。

500名以上収容できる教室が1年生でほぼ満員になっており、
何か、若いパワーをもらった気がします。(笑)

そういえば、先日退任された広島市の秋葉市長ですが、
入れ替わりに広大の特任教授に就任されることになり、
実際に後期には15回の授業を持つそうです。
前期に関しては、単発で授業を担当されるそうです。
正直、秋葉市長のことはあまりよく知らないんですが、
授業にはぜひもぐりこみたいです。

2.広島大学の歴史

これも欠かせません!!

で、先生によると
教室(大学で一番大きい部屋)の定員をはるかに超える申し込みが入っているらしく、
実際、今日は立席の人が100人以上(?)いました。
教室は1コマ目と同じなので、
単純に見積もって、650人とかくらいの規模で受講者がいることになります。

本来なら教室の定員を超えた授業は受講者の抽選が行なわれるんですが、
この授業に関してはそれをせず、2つの教室に分けて
片方に映像を配信するなどの方法で
全員を受け入れる体制が準備されるそうです。

実際には、大学内には1,000人が収容できるホールもあります。
そこでやってもいいのに……とも思いますが、
あのホールはあくまでホールなので薄暗いし机もないし、
電気代とかの問題もけっこう大変なんだろうな、と思います。

で、この授業の先生には以前から長くお世話になっているので
最後にあいさつに行ったんですが、

「あれっ!?何でいるん?」
『今回ももぐりこみます。(笑)よろしくお願いします!!』
「こんなにいるのに、来ないでよー。(笑)」
『ホントそうですよね、1席取ってしまうのが申し訳ないんですが(笑)』


新幹線に例えれば、(笑)
混雑した自由席に、きっぷを持たない(大人に同伴された)子供が座っているようなものです。
以前、1度だけ、混雑時の車内放送で

「荷物は網棚の上、きっぷを持たない小さなお子様はひざの上に抱いていただきまして
 1人でも多くの方にお座りいただけますよう~~」

というくだりを聞いたことがあります。

ともかく、年間50万円以上の授業料を納めているのだし、(笑)
おもしろそうなのにはとことんもぐります。
目指すは、もぐリストです!!(笑)

午後からは、今年度に関わることになったとあるプロジェクトの顔合わせに行ってきました。
博物館のアルバイトの先輩に誘われたもので、
大学の「地域連携推進事業」のひとつです。
自治体から大学に寄せられた「こういう研究をしてほしい」という依頼に対して、
大学が学生を募り、研究費を助成して、研究するものです。

詳しくは書きませんが(というか僕自身まだはっきりと把握できていない)(笑)
顧問はガイドでお世話になっている博物館の先生だし、
メンバーには博物館のアルバイトのメンバーもいるし、
これから楽しみだなぁという漠然とした思いでいます。

そのあと、食堂のアルバイトへ!!
メンバーが一気に卒業し、今日は新入りの人がたくさんいました。
さらにお客さんも多いので、ずっと忙しくしていました。
本当はおかずレーンに立ってお客さんの対応をしたいんですが、
新メンバーの教育とか(笑)でそれどころじゃありませんでした。

で、バイトに入る前、
選考を受けている企業からの連絡が入るかもしれないので、
マナーモードを解除した状態の携帯を携帯させていただきたい

(携帯を携帯って……。)(笑)お願いしていました。
それが認められ、実際に携帯をポケットに入れていたんですが、

バイトの途中、1度電話があったんです!!
でも、周りは騒がしいし、じっとしているわけでもないので、
着信音にもバイブの振動にも気付きませんでした……。

おととい、非通知からの電話を2度ほど取り逃がしたと書きましたが、
実は昨日も同じことをやらかしたんです。
1度目は三ノ宮駅から乗った新快速の車内で、
加古川駅に停車中のことでした。
ためらわずに降りて電話を取ろうとしたんですが、
すんでのところで降り損ね、(笑)
周りには

「何を思ったか突然降りようとして、しかも降り損ねた、変な人」

と映っていたと思います。(笑)

2度目は、姫路駅で乗り換えた電車の
三石駅を発車する寸前のことでした。
2回ともけっこういいタイミングでかけてきてくれてはいるんですが、(笑)
結局取れなかったんですよね。

そして今日もバイトのときに取り逃がし、
愛想を尽かされたらどうしよう……と思っていましたが、
バイトから帰って、もう1度かかってきました!!
今度はもちろん取れました……。

それにしても、よく6度も辛抱してくださったものです。
そもそも非通知でかけてこなければこちらからかけ返すんですが……。(笑)

で、明日の午前中に面接を受けに行くことになりました!!
今回も公共の場所を待ち合わせ場所に指定されました。
「○○さんにはぜひもう1度面接をさせていただきたい」という趣旨で言われたので、
前回のも明日のも、れっきとした「面接」だということにはなります。
ただ、あの企業に会社の建物内での面接はないんでしょうか!?
不思議です……。

ちなみに、明日は夕方には某社の説明会で大阪に行きます。
西条から広島に行き、さらに大阪に行くというハードスケジュールが待っています。

2011.春 旅行記 8

今日も、青春18きっぷの「ラス1」で日帰りしてきました!!
今期は青春18きっぷを2枚(10日間)使いましたが、
そのうち8日間が就活という、いまいち冴えない使い方ではありました。(笑)

ただ!!今日は、最後を飾るにふさわしい、すごくいい使い方でした。
何より、久々の「登場人物のいる旅行(記)」になり、
就活のことなどを思うままに話せる環境が本当に嬉しくて、
予定より2時間も長居してしまいました。(笑)

最近の旅行記はほとんどが闇に葬られていますが、(笑)
(就活に関する旅行記は、
このブログが万が一同じ会社を受けている人の目に留まったらと思うと、
若干書きにくいのです)
今回は全くのプライベートだし、すごく楽しかったので、
近いうちにちゃんとまとめようと思います。

(というわけで、4月16日に追記……。)

昨日に続き、青春18きっぷの使い切りのための旅行です。6時10分に家を出て、自転車で西条駅へ。季節によって家から西条駅までの自転車での所要時間が違っていて、冬だともっと早く出ないと間に合わないんですが、だんだん気候もよくなってきたので6時10分で大丈夫な季節になりました。(笑)

西条駅からは6時34分の糸崎行きへ。乗ったら寝てしまい、本当は糸崎駅の手前の三原駅で降りるつもりだったのを、見事に寝過ごしてしまいました!!

とはいえ、別に困るわけではなく……、最終的に三原始発の相生行きに乗るようになるので、その電車には糸崎駅ではなく始発の三原駅から乗ろうと思っていただけのことです。寝過ごしたので糸崎駅から乗ろうかとも思いましたが、一度三原駅に引き返してもその電車に間に合うと分かったので、そうすることにしました。

変換 ~ DSC01659

ということで、三原始発の相生行きです。これが7時45分発であるのに対し、当初の予定(寝過ごさない場合)では7時10分には三原駅に着いていました。だったら、三原駅でダラダラするよりも、あえて糸崎駅まで余分に往復したほうが楽しくてよかったかもしれません。(笑)

実は朝食がまだなので、三原駅で弁当を買いました。

変換 ~ DSC01660

何にしたものかけっこう考えましたが、お腹が減っていたのでけっこうボリュームのありそうなチャーハンとから揚げのセットにしました。これが朝食……。(笑)

このあたりの電車は何となく4両のイメージがありますが、この相生行きは6両だったのでけっこう空いていました。相生駅では姫路行き、姫路駅では新快速の長浜行きに乗り換え。

変換 ~ DSC01661

223系と225系の12両でした。もちろん225系に乗ったことは言うまでもありませんが、223系の方が好きです。(笑)

この新快速を11時38分の三ノ宮駅で下車。

変換 ~ DSC01667

今回の目的地は神戸市です!!3月までガイドでものすごくお世話になった先輩がこの春から神戸市におられ、遊びに来てねと以前から言っていただけていたので、早速行きました。(笑)

で、三ノ宮駅の改札口を出たところで待ち合わせたんですが、先輩と最後に会ってから数週間しか経たないのに、何か雰囲気が変わっていてビックリしました。あと、阪急の沿線にお住まいだとのこと、それは確かにあの先輩のイメージはJRでも阪神でもなく阪急だと思います。

三ノ宮駅で合流したら、隣の元町駅へ。

変換 ~ DSC01670

変換 ~ DSC01671

中華街にやってきました!!端から端まで歩き、とりあえずベンチに腰掛けて先輩おすすめの豚まん(3つで270円)を食べました。

変換 ~ DSC01672

さらに、ちゃんとしたお店に入ってお昼を食べました!!

変換 ~ DSC01674

どれも、ボリュームがあってしかも安い!!この中から

変換 ~ DSC01673

「海鮮焼きそばセット」にしました。それにしても……朝食にチャーハンとから揚げの弁当を食べたのはどこの誰でしたっけ!?(笑)中華は大好きなので3食中華でもかまわないくらいなんですが、リーチをかけてしまいました。(笑)

あと、代金は先輩のおごりでした!!ということは、この3日間で、異なる2人のガイドOGの先輩から、中華をご馳走してもらった、ということになります……。(笑)

お昼を食べたら、「桜が見たい」という僕のリクエストに対して「王子動物園」に連れて行ってもらえることとなり、JRと阪急を乗り継いで行ってきました!!

変換 ~ DSC01677

変換 ~ DSC01679

動物園に入るまでにしばらく桜並木を歩きましたが、満開(?)でとてもきれいでした!!さらに、シートを敷いてお花見をしている人もたくさんいて、これぞ日本の春だなぁと思いました。

変換 ~ DSC01681

何となく桜といえば「見上げるもの」のイメージがありますが……、橋のすぐそばの木を橋から見れば、至近距離に桜の花が見えました。(笑)

この後、動物園へ。

変換 ~ DSC01727

僕は動物にはあまり詳しくないんですが……、

変換 ~ DSC01684

変換 ~ DSC01687

変換 ~ DSC01698

変換 ~ DSC01699

変換 ~ DSC01701

いろんなのがいました。(笑)

変換 ~ DSC01696

変換 ~ DSC01697

ワニの顔をまじまじと見つめるのは初めてでしたが、何ともいえない顔つきをしてますね!!

変換 ~ DSC01690

先輩が見たがっていた、コアラです。

変換 ~ DSC01704

僕はキリンが見たかった!!

あと、この動物園の中には小さな遊園地もあります。

変換 ~ DSC01725

入園料は共通(乗り物ごとに料金はかかる)なのでこちらにも入って、

変換 ~ DSC01708

この観覧車に乗りました!!

変換 ~ DSC01714

変換 ~ DSC01715

他にも、乗ってはいませんが

変換 ~ DSC01710

こんなジェットコースターもあります。写真に写っているのがコースの全てで、この「超・省スペース」のコースを3周します。(笑)

この後は、プリクラも撮りました!!この先輩とどこかに出かけると、何かしらそういう(今回で言えば観覧車とかプリクラのような)おもしろいイベントを挟むのが恒例です。過去にも多くの例が……。(笑)

で、その後、三ノ宮駅の近くでお茶をしました。

変換 ~ DSC01730

僕はガトーショコラにしたんですが、この瞬間、決めました。今後、この先輩のことはブログでは「ガトーショコラの先輩」と呼びます。(笑)

予定では三ノ宮発16時22分の新快速に乗ろうかなぁと思っていたんですが、何かと盛り上がり、その時点ではまだ王子動物園にいました。一緒に変なことをやれる(と言うと失礼ですが)(笑)、どんな話でもできる、そんなガトーショコラの先輩の優しさに甘え、結局、1時間45分も長居をし、18時07分の新快速まで付き合っていただきました。

変換 ~ DSC01732

新神戸駅とか三ノ宮駅から見下ろす神戸市の風景が好きです。また来たいなぁ、と思います。

三ノ宮駅を出た後は、姫路駅・岡山駅・糸崎駅で乗り換えて、西条駅に23時に戻ってきました。この後は自転車で帰宅し、今シーズンの青春18きっぷは全て使い切ることができました。

2011.春 旅行記 7

今朝は7時に起きることに見事成功し、(笑)
西条駅から、広島・三次の各駅で乗り継いで
青春18きっぷで備後落合駅へ。
そこからは木次線の「奥出雲おろち号」に乗って木次駅に行き、
同じコースで引き返して帰ってきました。

本当にただ「奥出雲おろち号」に乗るだけの行程でしたが、
2回目のリクルーターさんと面談したときの

「観光列車は、単に2点間を結ぶだけでなく、
 その沿線すべての魅力を拾い上げられるものにすべき」

(少し僕の言葉にアレンジしていますが)

という言葉の意味がよく分かりました。
(悪い意味でではなく、いい意味でです)
勉強になりました。

で、その帰りの道中、非通知で着信がありました!!
こっちは楽しく旅行をしているというのに、
就活をやっているという現実からは決して逃げられません。(笑)

そして、非通知といえば、昨日面接を受けたあの会社しかないんです!!
「縁があれば」1週間以内に連絡する、とのことだったので、
もし本当にあの会社からであれば、昨日の面接は合格だったみたいです!!

本当は電話を取りたい思いでいっぱいだったんですが、
それだと

「私は、御社の定めるルールには従いません」

と表明しているも同じなので、グッとこらえました。(笑)

それにしても、昨日の人が木次線をすすめてくるから
僕は今日わざわざ木次線に乗りに行ったのに、
その途中に車内にいるときに電話をかけてくるなんて、
あの人も罪な人ですよ。(笑)


そして、時々思うんですが、
「車内での通話は禁止」というルールは、もはや時代遅れの感があります。
誰もが当たり前のように携帯を持ち、当たり前のように電話がかかってくるこの時代
そして、(かつての機関車に牽かれていた客車と違い)デッキのない電車が普通のこの時代
「周りの乗客が携帯で通話していて感じるストレス」
「自分の携帯に着信があったのに電話を取れないストレス」を天秤にかけたら、
僕自身は、後者の方が重い(深刻な)気がするんですよね。

もちろん、通話を完全に認めるのではなく、
小声で、用件は簡潔に、など、ひとりひとりの自覚と責任においての話です。
そういった自覚と責任を求めた上で、同意できる人を対象に、
4両編成の1両目あたりを、通話OKの車両にしてみてはどうかと思います。

関西の私鉄に、編成のうち1両を「携帯電話電源オフ車両」に定めている会社があります。
それを聞いたとき、その対極には「携帯電話使用(通話)OK車両」があるのかと
少し期待したんですが、
あいにく、対極にあるのは従来どおりのルールの車両でした。

まぁ、とりあえず、僕が今やりたいのは
車内での携帯電話のルールについて議論することではなく
非通知で電話をかけてきた相手と会話をすることです。(笑)


仮に昨日の面接に合格したんだとして、
一体あとどんな過程が待っているのか、非常に気になります。
あの会社の選考過程の不透明さには定評があり、(笑)
説明会でも、面接は「数回」としかアナウンスされていないし、
僕は今どの段階にいるのか……。
そもそも、昨日のは「面接」なのか「リクルーター面談」なのか?

一応、心情的には、昨日のは「面接」として十分でした。
もう、面接を2回受けたくらい、寿命が縮んだ思いです。(笑)
それに、相手も人事の担当者でした。

でも、エントリーシートを手元に置くわけでもメモを取るわけでもなく、
しかも喫茶店でお茶を飲みながらの面接
って、
そんなのありでしょうか……!?

ただ、昨日調子に乗って書いたように、
もし昨日の面接に合格していれば、もう怖いものなしです!!
あまり大きなことは言わないほうがいいとは思いますが……。(笑)

選考フローとしては、
エントリーシートとWEBテストがあって、面談(面接)が3度あったので、
そろそろ、けっこう数が絞られていると思います。
僕の面接、さすがにあと1回ということはないでしょうけど、
あと3回ということもないんじゃないかな?と思っています。
あと2回!!
そう思って頑張ります。

旅行記からずいぶん内容がそれました……。(笑)

桂花陳酒のキンモクセイ

昨日書いたように、今日は午後から第1志望のJR某社の面接を受けに行ってきました。

で、その連絡があったときから不思議だったんですが、
待ち合わせが、1回目のリクルーター面談のときと同じだったんですよね。
面接なら、どこかで待ち合わせてカフェに案内されるのではなく、
その会社の建物に案内されるはずです。
いくら何でも、駅構内まで迎えに来て会社の建物まで案内されるとか
そんな高待遇はないやろう
と思っていたんですが、(笑)

時間になったら会社の人がやってきて、
まさしく1回目のリクルーター面談と同じカフェに案内されました。

……ということは、僕はまだ正式な面接に進めたのではなく、
今日のは「3回目のリクルーター面談」なのか!?

でも、前に電話をもらったときは、
「エントリーシートとWEBテストの結果を踏まえて、○○さんには(正式な)面接を~~」
みたいな話だったと記憶しています。
ですが……面接をカフェでやるって、そりゃないでしょ!?(笑)

で、内容は「面接」そのものでした。
あぁ、こういうのを「圧迫面接」っちゅうんやろうなぁ……と思いながら受けていました。
緊張するだろうと思ったので(ホットではなく)アイスのコーヒーを注文させてもらったんですが、
それに口をつける暇もなく、とにかく必死に答えていました。

話の内容は「入社してからやりたい仕事」に関するものが大半だったんですが、
僕が興味のある企画乗車券とか旅行商品の開発は、
まさに、西隣のJRが大変熱心に取り組んでいます。
ということで、どうしてそのJRではないのかについて、とにかくひたすら突っ込まれました。
よくあんなに矢継ぎ早に応答できるなぁと感心したくらいです。(笑)

それに35分くらい耐えたのち、(笑)
「弊社のいいところは存分に理解してくれていると分かった。
 今後はぜひ悪いところにも目を向けてみてほしい」

というアドバイスがあって、さらに10分くらい、大学生活について質問されました。
これには的確に答えたし、けっこう相手を納得させることができたように思います。
(ここだけの話、答え方のいくらかは、
他社のリクルーターさんが言っておられたことのマネなんですけどね!!)(笑)

で、最後に「質問はあるか」と聞かれたので、
この会社の人には必ず質問している2か条:

「『安全への高い意識』が御社の強みであることは分かった。
 でも、他にもあるはず。それを1つ紹介してほしい。」

「あなたが、御社のエリアの中で愛着を持っている路線なり景色なりを紹介してほしい。」


を質問しました。
これから一緒に働く学生を募集する「人事」という立場として、
自社のことをどれだけ魅力的にアピールできるか
、が僕の質問の意図です。

で、2つ目の答えとして、九頭竜線を紹介してくださったのに続いて

「木次線もいいんじゃない? トロッコ列車もあるし。」

とのことでした。

僕、青春18きっぷを2日分使い残しているんですね。
ということで明日とあさってとで使い切るつもりで、どこに行こうかけっこう思案していました。
その選択肢の一つが、木次線に行って「奥出雲おろち号」に乗ることでした。
ということで、この瞬間、明日は木次線に行こうと決めました。(笑)

とりあえず、そんな具合に今日の面接?面談?は終わりました。
「弊社のいいところは存分に理解してくれていると分かった」ということは、
すなわち、その会社について十分に研究し、
(プラスの意味での)特色は正しくつかんでいる、ということだと思います。
そこから熱意を伝えることができたかどうかが、今後を決めるところだと思います。

でも何か、今日のでけっこう「免疫」はついたので、
仮に今回の面接?面談?にパスしていれば、内定までたどり着けそうな気がします。(笑)

このあと、金券ショップで広電の1日乗車券を買って、宮島に行ってきました。
それから、せっかく広電が乗り放題なのでとりあえず無意味に乗り回して、(笑)
19時から、ブログでは
「大大大大大尊敬する先輩」とか「アイスココアの先輩」として有名な先輩(笑)
ご飯に連れて行ってもらいました!!

まず中華をたらふくごちそうになって、
「もう1軒行きますか!!」とのことで、バーというものに連れて行ってもらいました。
薄暗い照明で、タバコの煙がどことなく漂っていて、
カウンターの向こう側では兄ちゃんが「シャカシャカシャカ……」とやっているという、
僕にはなかなかなじみのない世界です。(笑)

しかも、座ったカウンターの隣には先輩の顔見知りの方がおられて、
さすがは先輩、顔が広いんやなぁ……と思いました。

そして、最後には、お約束の(?)恋バナもしました!!
アイスココアの先輩といえば僕が1年生のときの4年生なので、
大学で一緒だったのは1年間のみで、
そんな込み入った話題には触れたことがありませんでした。(笑)
そんな先輩とついにそういう話題を共有してしまいました!!(笑)

中華のお店では「桂花陳酒」(ケイカチンシュ)というものをよばれたんですが、
白ワインにキンモクセイを3年間漬け込んだものだそうです。
ということは、僕が今日飲んだ桂花陳酒のキンモクセイは、
僕が先輩と出会った頃からずっと漬かっていたということになります。
桂花陳酒のキンモクセイの風味は、先輩にお世話になった期間の長さなんですね!!(うまい)(笑)
そんな長い時を経てもなおこうしてよくしてくださっているというのは本当に嬉しいです。

ということで、今後、先輩のことは
「大大大大大尊敬する先輩」とか「アイスココアの先輩」ではなく、
「中華の先輩」「バーの先輩」「キンモクセイの先輩」といった書き方をしようと思います。(笑)

先輩とはマイミクになりました。
ということは自動的にこのブログにやってこられることになるわけで、
「大大大大大尊敬する先輩」とか「アイスココアの先輩」というキーワードでヒットする
記事の数の多さに腰を抜かされると思います。(笑)

都合、2軒で6杯飲んだことになります。
これまでに飲んだことがあったのは1杯目の生ビールと6杯目のハイボールだけで、
他は全部初めてでした。
何かこう……大人の飲み会、という感じがしました。

で、西条駅には日付が変わってから帰ってきました。
こんな(6杯も飲んだ)状態にあってもなお、きっぷを記念にもらうことは忘れません。
そして、こんなときに限って窓口にリクルーターさんがおられたらどうしようかと
少しビクビクしていたんですが、
幸い、おられたのはリクルーターさんではない駅員さんでした。(笑)

明日は8時11分に西条駅を出ます。
現在、1時55分。
果たして起きられるのかどうか!?
これは見ものです。(笑)

牛鍋丼

お昼を食べに食堂に行ってみたら、
「牛鍋丼」が出ていました。
どこかで聞いたようなメニューですね!!(笑)

就活を始めてから、
「吉野家」・「マクドナルド」・「メディアカフェポパイ」の3つが
僕の行きつけになりました。
各地の大きな駅の周りのそれらの場所は、大体覚えました。(笑)

で、吉野家では、「ハムエッグ納豆定食」か「牛鍋丼」をよく食べます。
どうでもいい情報ですが。(笑)

あと、食堂といえば僕のバイトですが、
うちの食堂は来週から空くので、週明けから早速復帰します。
もともと食堂のバイトが大好きなので、復帰が楽しみでなりません。
2ヶ月も空きましたが、お客さんは僕の顔を覚えてくれているでしょうか!?(笑)
髪も短くなったしなぁ……。

そのあと、最寄の駅に行ってみました……が、窓口にリクルーターさんはおられませんでした。
ついに明日が面接です!!
あとは、明日乗る前に窓口におられるかどうかの話です。

それにしても、めったなことじゃ緊張しない僕ですが、
今度ばかりはさすがに緊張しています。
明日の面接に数十年の人生がかかっちょるっ!!

あ、ちなみに、明日は面接の後広島市内でご飯の約束があるので帰りが遅くなる予定です。
ひょっとしたらブログを更新しないかもしれませんが、
決して、面接のできに落胆してブログを更新しないのではないので、その点ご心配なく。(笑)

晩は食堂で「牛鍋丼」を食べてみました。
……やっぱり「吉●家」の方がいいかな、と思いました。(笑)

あと、帰りにゆめタウンで「ゆめか」を使って買い物をしたんですが、
「ゆめか」って、ICOCAみたいな非接触式のカードではなく、
決済は接触式(カードリーダに通す)で行なわれます。
なので、現金を用意しなくていいのは楽なんですが、
期待するほど時間の短縮にはなっていないなぁというのが率直な感想です。

それと、「ゆめか」で支払うとレシートに残高などが記載されるので、
その分長くなって財布の中でかさばります。(笑)

ともかく、これを機会に「ゆめか」を作る人は多くいるようで、
昨日も今日も、ゆめタウンでバイトをしている後輩がお客さんの対応に追われていました。
そんな後輩の横を颯爽と歩く僕でした。(笑)

そういえば、JR西日本の国鉄型車両の間引き運転が今日で終わりましたね!!
報道からして相当長期化するだろうと思っていたので、
手持ちの時刻表を

変換 ~ 110407_205509

こんなことにしてしまってました。(笑)
間引かれる列車に、黒のサインペンで二重線を引いてしまったんですね……。

最初はピンクの蛍光ペンにしておこうかと思ったんですが、
それだと「走らないのに強調される」という逆なことになってしまいます。
そんなわけで思い切ってサインペンで二重線を施したんですが……。
思い切りすぎた感は否めません。(笑)

というか、若干不謹慎かもしれませんが、
今回の間引き運転は相当長期化するとみていました。
そして、最終的には新快速の12両編成を8両編成に短縮して、
そうして捻出したたくさんの4両編成が広島エリアに来るんじゃないかとみていました。

そうならなくてよかったですが、
早く223系が広島に来てほしいなぁ、と思います。

リクルーターもどき

今日は、午後から、以前からやりとりのあった新入生に会う約束がありました。
1年半前に知り合い、受験前にはメールでいろいろと励ますも、残念ながら不合格。
この春にも再度挑戦し、受験の後は「落ちたとしても満足です」とメールをくれました。
晴れて合格し、ついに会う日がやってきたというわけです。

で、「中央図書館の向かいのガラス張りのカフェ」で約束をしていたんですが、
その20分前にメールが来ました。

---
先輩(笑)
カフェわからないんですけどもしや中央図書館って大学にあるんですか?
---

僕は「広島大学中央図書館」のつもりだったんですが、
後輩は「東広島市立中央図書館」の向かいを探していたみたいです!!(笑)
確かに、その近くに住んでいると聞いているし、
入学以来数日の後輩には、「中央図書館」と言えば東広島市立中央図書館の方が
印象が強いかもしれません。

つい昨日「相手の立場に立ってどうのこうの」と書きましたが、
これ、相手の立場に立ててませんでしたね……。(笑)

で、無事に(笑)大学の中央図書館の向かいのカフェで会えました。
お互い顔は知らないので、目印として、
僕は手帳を、後輩は授業の時間割の冊子を持っておきました。
お互いが目印を持ってカフェの前で待ち合わせるなんて、
僕の気分はまるで就活生に面談をするリクルーターです。(笑)

そして、この先もリクルーターの気分で、
「飲み物とお菓子と、何か頼んでええよ!おごっちゃげるから!」

あ、でも、飲み物以外までおごってくれたのは、
今まで会った6人のリクルーターさんのうち1人だけでしたが……。(笑)
予想通りひどく恐縮され、
この「おごられ慣れてなさ」が純粋でいいなぁと思いました。
その点、最近の僕はといえば……。(笑)

……まぁ、だからこそ、たまには後輩におごってあげないといけません。
正直、就活に使った交通費や宿泊費がもうすぐ30万円を超えようかというところで、
しかもそれはすべて自分の貯金から出しているので
(親から補助をもらうこともできるかもしれませんが、
僕自身の信念として、親には頼らず自分で出そうと思っています)
我が家の家計簿は、ここ数ヶ月、相当な額の赤字を計上しています。

でも、やっぱり後輩におごってあげるのって嬉しいんですよね!!
就職したら、どんな大人になるんでしょうか……。(笑)

それから1時間15分くらい、
大学生活のアドバイスをしたり、時間割を一緒に考えたりしました。
新入生が入学してまず経験する行事が
「オリキャン」(オリエンテーションキャンプ:2年生が企画する新歓キャンプ)ですが、
昨日がその班発表だったそうで、
早速班の2年生に遅くまで拘束されたそうです。
班でたこ焼きをやったそうで、話とか雰囲気にあまりついていけなかったんだとか。
僕自身もそうだったなぁ~~とすごく懐かしくなりました。

やはり気分はリクルーターで、(笑)
相手を元気づけよう、大学(大学生活)に関心を持ってもらおう、
という気持ちでいっぱいだったし、その気持ちで接したんですが、

後輩は後輩で

「(メールでの)予想通りの先輩でよかったです!」
「もっと早く入学したかった……。」
「就職したら広島を離れるんですか? さびしいですね!」
「また会えますよね?」


などなど、それこそリクルーターのように僕をヨイショしてくれて、
もはやどっちがリクルーターだかわかりませんでした。(笑)
何と素直でかわいい後輩だろうかと思いました。(笑)


この後、新入生のガイダンスの教室まで送ってあげました。

こうして僕になついて(?)くれた後輩ですが、
学部はもちろん、キャンパスさえも違います。
きっとこれから、学部やキャンパスで
僕よりずっとずっと尊敬できる先輩にたくさん出会うと思います。

そう考えると何かさびしいですが、
後輩には多くの先輩のいいところを積極的に吸収してほしいし、
僕自身も、入学した当初に(オリキャンなどで)出会った先輩よりも、
その後にガイドとか飛翔とかで出会った先輩に多くの影響を受けて、4年生になりました。

でも、入学前から関わっていたよしピーとかいう先輩がいたということは
これからも覚えていてもらえたら嬉しいな、と思います。

春になって以前から関わりのあった後輩を新入生として迎えると、
いつもこんな気分になります。
多分前にもブログに同じようなことを書いたかと思います。(笑)

で、その後、最寄の駅に行ってきました。
今度面接で広島市に行くきっぷを、もしリクルーターさんが窓口におられたら買おうと思ったんですね。
ただ、おられませんでした……。
ぜひリクルーターさんからきっぷを買って一言挨拶をしてから面接に臨みたいので、
明日も行ってみようと思います。(笑)

あと、天気が良かったので、駅の周りを少し散歩してみました。

変換 ~ 110406_151251

神社がありました!!
ありましたというか、上りホームから見えるので、あることはすでに知っていたんですが
一度行ってみようと思いつつ、まだ行ったことがありませんでした。

変換 ~ 110406_151257

駅を眺めます。
数年後には駅が橋上化され、こちら側と向こう側がつながります。

帰ったら、今度面接を受けに行く会社のHPから、
安全に関する資料をすべてダウンロードして印刷しました。

変換 ~ 110406_194705

A4の両面印刷で100枚近い枚数になりました……。

あの会社の面接で安全に関するやりとりは必須でしょうし、
志望動機にも、安全という言葉は使っています。

でも、「安全」という言葉を、
単なる「ア」と「ン」と「ゼ」と「ン」という4つの文字の組み合わせとして使うだけでは
絶対にいけないと思います。

「2つ覚えておけばいい」と言った広島の法務大臣がいましたが、
「ア」「ン」「ゼ」「ン」と言っておけばそれで通用するなんて、そんな甘いものじゃないと思います。

なので、会社が考える「安全」とは何なのかを勉強し、
その上で、自分が考える「安全」とは何なのか
それを明確にして面接に臨みたいと思っています。

夜になって後輩がくれたメールに、

「思った通りの頼れる素敵な先輩で良かったです(笑)」
「また会ってください!!」

などに並んで

「先輩の就活がうまくいきますように。」

というフレーズがありました。
ついに、入学して数日しか経たない立場の人からも励まされてしまいました……。(笑)
絶対に負けられない戦いです。
緊張しますね……。

あと、さっきヤフーのニュースに

変換 ~ 無題

「川嶋あい 被災の高校生と合唱」というのが出ていました。
被災地のある中学生が、卒業式で歌うはずだった
あいさんの「旅立ちの日に…」を歌って励まし合っていた、という記事が新聞に載り、
あいさんは強く感動したそうです。
そのことはもちろん僕は知っていたんですが、(笑)
実際に歌いに行ったとは、すごいことだと思います。

もともとあいさんはカンボジアへの学校建設に熱心で
すでに何校か学校を建てているはずだし、
今回の震災後は、すぐに路上ライブを行い、
福岡・山口・広島・兵庫・大阪ののべ6箇所で約100万円の募金を集めました。

あいさんが20歳のときに出版した「最後の言葉」という本に、
こんな記述があります。

---
「被災地でのライブ」

(略)

2004年11月23日、私は新潟に行ってた。
被災地を目にした。
避難所で歌も歌った。
私が行ったときは偶然、震災後1ヶ月で多くのマスコミがいた。
取材の依頼を受けたが、私は断った。
2つのことで迷っていた。「偽善とか売名だとか思われたくない」。
一方で「何かしたい」結局取材を拒否することで思いを遂げた。
被災地、避難所は文字で表せられないくらい、胸の痛む光景だった。

いろんな思いがめぐった。私は今ひとりの人間であるとともに歌手としてたくさんの方に見ていただく背中を持っていると思う。
自分のエゴかもしれないが、人としてそして歌手としての立場でできることがあると思った。
「売名だと思われたくない」そんなちっちゃなことで取材を拒否したことに対して自分が悲しかった。
心が痛かった。
避難所では80歳くらいのおばあちゃんが私の歌を聴きながら涙を流してくれた。
たくさんの温かい言葉をもらい逆にはげまされた。
「売名だと思われてもいい」「偽善だと思われてもいい」何と思われようが、そこでひとりでもはげみに思ってくれる人がいればいい。
私が行くことで誰かが募金してくれたり、何かしようと思ってくれればいい。
心から思った。

(略)

こんな人になりたいとも思った。
「歌手である前に人でありたい」
非難する人がたくさんいることもわかっている。そらぞらしく思う人もたくさんいることもわかっている。
ボランティアに対してネガティブに思う人が多い国民だということもわかっている。悲しいことだ。
私はどう思われてもかまわない。
「ピエロになろう」今は思ってる。

1つだけ伝えたいことがある。現場ではとてつもない数の心が粉々になっている。
10年もたっているのに神戸の人たちは心の中にみんな暗い影を背負い生きている。
行ってみてよくわかった。
悲しい言葉はやめませんか?
つまらない推測はやめませんか?
いいと思う。たとえ偽善でも自己満足でも。
何もしないよりは……。
みんなやさしい気持ちってあるでしょ。
---

僕があいさんを好きなのは、もちろん曲がいいからというのもありますし、
僕より若い20歳の段階でこれだけの考えを持ち
それを今でも貫いて行動に移す姿の頼もしさ
という理由もあります。
あー、これからも応援しよう!!

非通知といえば……

さっき「コストを削って東京往復」をアップしました。

で、その後ですが、非通知で着信がありました。
非通知で電話をかけるといえば……今のところ思い当たるのは1社しかありません!!

そして、実は昨日の20時54分にも非通知から電話をもらっていました。
ちょうど、米原発20時55分(当該駅始発)の新快速の車内にいたところで、
「あの会社だ!!」とは思ったのでとりあえず車外に出て電話を取り、
「今、お時間大丈夫ですか?」の問いかけに
「申し訳ありませんが、今、駅におりまして、
 55分の電車に乗らなくてはならないのですが……」
と答えたら
「それでは後日改めてお電話いたします」とのことでした。
ちょうど乗車を促すベルが鳴り響いていたところなので、
その臨場感が先方にも伝わったと思います。(笑)

で、それっきり電話がもらえなかったらどうしようかと思ったんですが、(笑)
今日もほぼ同じ時間になったら電話がありました。

そしてそして、面接に進んでもらいたい、とのことでした!!
2回目のリクルーター面談から1週間経っても何の音沙汰もなく、
特に落とされるような心当たりはなかったものの、
ひょっとしてダメやったんやろうか……と不安になりかけていたところでした。

あ、実は、リクルーター面談で失敗(?)をひとつやらかしています。
当日、雨が降るような予報は聞いていなかったので
傘を持たずに電車に乗ったんですが、
広島駅で降りた頃には空は曇り、
待ち合わせ場所に着いてリクルーターさんと合流した頃には降り出していたんですよね。

そんなわけで、面談のあったカフェまではリクルーターさんの傘に入れてもらうという
失敗をやらかしていました。
(あ、リクルーターさんは男性です。念のため)(笑)

まぁ、それが原因で落とすような会社ならこちらだって考えさせてもらうし、
入れてもらうときには「準備が悪くて申し訳ありません」
カフェに着いたときには「大変、失礼をいたしました」と詫びたので、
失敗に対するフォローはちゃんとできたと思っています。

リクルーター面談のあった3社のうち、2社はすでに逃してしまいました。
ただ、何の収穫もなく逃したのでは決してなく、
2社との面談を通じて、リクルーターさんからたくさんの考え方を吸収できたと思います。
それも生かして面接に臨みます!!

で、広島駅へはいつもならトラベルセンターで中野東分割の乗車券を用意して行くところですが、
今回はその用意をせずに直接駅に行こうかなぁと思います。
前に書いたように、1回目のリクルーターさんは僕の最寄り駅におられて、
3日に実際に窓口に座っている姿も目撃したので、
(つまり、すでにリクルーターから駅勤務に復帰され、なおかつ、新年度の異動はなかった)
もしそのとき窓口におられたら、
ぜひ「今から面接に行くんです!!」と挨拶をして広島駅へのきっぷを買いたいなぁと。

あ、そのときは、中野東分割などとセコい手を使わず、広島駅への直通のきっぷを買います。(笑)

コストを削って東京往復

大変お久しぶりです。
ここ数日、ネット環境を離れていたり、家にいても忙しかったりで、更新ができませんでした。

ということで、最近の様子ですが、

(2日)
天王寺都ホテルで迎えた朝。

変換 ~ DSC01471

部屋がすごく広くて快適でした。

あと、

変換 ~ DSC01477

変換 ~ DSC01476

それぞれ、1回目・2回目にリクルーター面談をしたカフェです。

変換 ~ DSC01475

リクルーターさんといつも待ち合わせたお惣菜屋さんです。

変換 ~ DSC01478

そして……前日に1次選考で初めて立ち入った、本社ビルです!!

結局、この会社からの選考通過の連絡はなく、
かつ、来る人には翌日には来ているそうなので、
僕は縁がなかったみたいです。
でもリクルーターさんとの面談を通じて本当にいい会社だと思ったし、
防長交通という子会社が地元にもつながっているので、
これからもずっと大切にしていきたいと思います。

あと、就職先が決まったら、
1回目の面談のカフェ(モロゾフ!!)にはもう一度行ってみたいし、
お惣菜屋さんでお惣菜を買って食べてみようと思います。(笑)


午後からJR某社の筆記試験を受けてきました。
東京・大阪・「高松」(これでどのJRなのかわかりますね)(笑)から会場が選べますが、
僕は大阪にしていました。
関西の企業にはいくつかエントリーしたので、
もし同じ日の午前とか前日・翌日などに関西に行く必要が生じた場合
ひとつにまとめれば1つの日程にできるからです。
(仮に高松にしてしまうと、そのためだけに高松に行かねばならない)
(事実、前日に某社の選考で大阪に行く必要が生じたので作戦通りだった)(笑)

で、クレペリン・一般教養・小論文の試験がありました。
クレペリンというのは、1桁の数字の足し算をして、
その答えの1の位をひたすら書き続けていく
、というものです。

たとえば、

2 5 6 3 4 3 9 7 5 2 1 5 8

という数字が並んでいたら、

7 1 9 7 7 2 6 2 7 3 6 3

と書きます。
これを、間に5分の休憩を挟んで30分続けます。
これによって、その人の性格がピタリと分かるそうです。

あと、一般教養は
よくあるマーク式のものではなく
その会社独自のものでした。
国語・数学・理科・社会・英語・時事など幅広く出題されていて、
陸奥宗光や小村寿太郎の問題を見て「中学時代なら分かった!!」と思ったり、(笑)
「2011年3月12日に(  )新幹線が全線開通した」という問題を見て
これはこの業界を志望する人にはサービス問題やなぁと思ったり、
解いていてなかなか楽しかったんですが、

「(  )に漢字2字を入れて四字熟語を完成させなさい」

という問題(例えば「(  )当千」など)に

「才色(  )」

というのがあって、
あぁ、けんびやな、と思い、迷わず「兼美」と書いてしまいました。
後で調べたら「兼備」でしたね……。
「才」と「色」とを「兼備」しているわけですもんね……。
「才」と「色」とを「美」が兼ねるわけじゃないですよね……。(笑)


もしかすると、珍回答として後世に語り継がれるかもしれません。
まぁ、そんな存在になれたことを誠に光栄に存じます。(笑)

この後、青春18きっぷで西条に帰ってきました。
相生~岡山間のみ、新幹線に乗りました。

(3日)
午後から再び青春18きっぷです。
西条駅への路線バスが15分遅れていて、
ダイヤどおりなら7分で電車に接続しているところ、乗れませんでした。
ということでやむを得ず岡山~相生間のみ新幹線に乗って予定に追いつきました。

変換 ~ DSC01494

東日本大震災の影響で、列車の運行に必要な部品の確保が困難になり、
4月2日から間引き運転が始まりました。
昼間を中心に、列車がかなり減っています。

変換 ~ DSC01498

岡山~相生間は「レールスター」のこだまでした。
800系が「さくら」の運用にも就くので
車体から「つばめ」のレタリングを消したJR九州の論理でいけば、
JR西日本も、「Rail Star」のレタリングを消すべきだということになりますが、
この先どうなるんでしょうね……?
「レールスター」は「700系8両編成で走る『ひかり』」に付けられた名前であって、
「700系8両編成」に付けられた名前ではないはずです。

この先はひたすら東を目指し、大垣駅へ。

変換 ~ DSC01508

「ムーンライトながら」で東京に行きました。

東京には5時すぎに着きます。
9時50分から、某社の「若手社員との面談」が予定されており、
それまでかなり時間があるので、
新宿にある行きつけ(?)のサウナで朝風呂を浴びて、
その後は1時間30分ほどカラオケに行って声を出してきました。

変換 ~ DSC01521

変換 ~ DSC01520

変換 ~ DSC01519

変換 ~ DSC01518

変換 ~ DSC01517

変換 ~ DSC01516

これだけ歌いました!!
少しでも多く歌いたかったので、
ほとんどの曲は、1番のみでやめました。

で、「あずさ2号」を歌っていたときのことなんですが、
映像に

変換 ~ DSC01511

変換 ~ DSC01512

変換 ~ DSC01513

変換 ~ DSC01514

今から受けに行く会社の電車が出ていました!!
これはっ!!と思い、激写しました。(笑)

で、面談会場には余裕を持って行っていたつもりなんですが、
会場の最寄り駅にコインロッカーがなく、
まさか私服類を入れたカバンを持って面談を受けに行くわけにもいかないので、
コインロッカーを求めて、近くの別の駅に走りました。
そんなわけで着くのがギリギリになってしまったんですが、
会場の近くで、同じ方向を向いて走っている
明らかに今から同じ会社に面談を受けに行くだろうみたいな人がいて、
「○○(の面談)ですか?」「(会場は)ここですよね!?」などと自然にやりとりが生まれました。

(ちなみに、最寄り駅は東京スカイツリーのふもとにあり、
いずれ「とうきょうスカイツリー」に駅名が改称されます。
その暁には、コインロッカーも設置されるんでしょう)

そして、通された控え室がまさかのお座敷で、
集まった10人は
初対面同士の飲み屋でお通しが来る前みたいな雰囲気でいたんですが、(笑)

面談は学生2人が一緒に受けるんですが、
発表された僕のペアは、さっき会場の近くで一緒になった彼でした!!
不思議な縁があったものです。

で、面談ですが、けっこうよくできたと思います。
途中の

「最近の鉄道業界のニュースで関心を持ったものは?」

という質問に対して

---
 1月でしたでしょうか、読売新聞の朝刊のトップで、
 数年後に全国の主なICカードが統合されるというニュースが報じられていました。
 (これについて、考えを述べる……)
---

と述べたところ、
2人の面接官のうち1人が「おっ!!」という表情を浮かべられたそうで、
(一緒に受けた彼曰く。僕は気付かなかった)

「実は私はICカードの事業に携わっている」

というカミングアウト!!
続けて

「将来、統合されたときのサービスとして、何かいいアイデアはあるか?」

という質問がきて、
ここぞ!!とばかりにアイデアをひとつ提案し、
その提案をかなり気に入っていただけたようでした。
売り込みはバッチリできました。

他には

「唐突な質問になるが、あなたを飲み物に例えると?」

とも聞かれ、
「カルピスです」と答えました。

まぁ、僕がカルピスが好きだからとっさにそれが思いついた、というのもありますが……、

それまでの話の流れとして、

---
 私はキャンパスガイドの活動で様々な立場・世代の方々と触れ合ってきた。
 対象はお客さんに限らず、時に大学の偉い方々であったりもする。
 そんなやりとりの中から、相手が何を求めているのかを読み取り、
 それにそった最高のサービスを提供できるよう努めることができた。
---

というPRをしていたので、そこに結び付けて、

---
 カルピスは、飲む人が任意の濃さに薄めて飲む。
 つまり、それぞれの人に対して、その人好みの最高の味が提供される。
 一方私は、前に述べたようなことから、
 それぞれの相手に対して、最高のサービスを提供できる。
---

という理由付けをしました。
これも話に一貫性があってなかなかよかったかと……。(笑)

エントリーシートの段階では勝つ勝負が多かったところ、
選考が進むにつれて最近はだんだんと負けが出始めたところで、
関東の私鉄では、もうこの会社しか残っていません。
でも、けっこう手ごたえがあったので、ちょっと気持ちが楽になりました。
この1社、大事にせねば……。

面談自体は20分くらいで終了。
この20分のために、地方の学生はわざわざ東京まで出るんですよね……。
そういう意味で、地方の学生には、東京の学生にはない「タフさ」が養われると思います。

東京に選考を受けに行って東京の学生と話をすると、
鉄道会社を受けているのだから「テツ」ではないにせよいくらかの関心はあるのだろうに、
「『青春18きっぷ』で『ムーンライトながら』に乗ってきた」などと伝えても
あまり意味が通じないような顔をされることが多いです。
彼らにとっては、選考は東京で受けるもので、よそに受けに行くものではないみたいです。
(確かに、関東以外の企業でも、東京で選考が受けられるところは多い)

で、面談が終わったら、一緒だった彼の案内でJRの高田馬場駅まで一緒に行きました。
普段は初めての場所でも案内する側なので、
人に案内されて地下鉄に乗ったり乗り換えたりするというのはすごく斬新な気分でした。(笑)

高田馬場駅で別れたら、僕は青春18きっぷで新宿へ。
構内に献血ルームがあって、前に東京に来たときに立ち寄ったんですが、
「寝台列車で今朝東京入りして、夜行バスで今夜東京を経つ」という話をしたら
「スケジュールがタイトなので」と断られてしまいました。(笑)
で、そのときに、献血をした人が
献血バスのトミカをもらっていることに気付いて、
あれほしい!!!!と思っていたんです。(笑)

というわけでその献血ルームに再度足を運び、今度は断られなかったんですが、
記念品はトミカではなく歯磨きに変わっていました……。
ま、まぁ、いいですよ?ちょうど家の歯磨きが減っていたので……!!

あと、実際にベッドに横たわって血を抜かれているときって
その作業をしてくださる人(何て言うんですかね?)とたわいもない会話が弾むものですが、
今回の人は、僕の問診票に書かれた大学名を見て
「私の父が昔この大学に落ちていて、その関係で大学名は散々聞かされていた」
とのことでした。
きっと、ご実家のお父さんに「広島大学の学生が献血に来た!!」と報告されたと思います。
んー、「そんなヤツは断って帰らせろ!!」と言われていなければいいんですが。(笑)

この後に東京駅から東海道線の下り列車を目指したんですが、
10秒の差で乗り遅れてしまいました……。
この瞬間、途中の一部区間で新幹線に乗る必要が生じてしまいました。

結局、浜松から豊橋で乗ることにしました。
時刻表を見ると、乗車券と自由席特急券で1,480円
もっとよく見ると、乗車券を途中の弁天島駅で区切れば1,450円
それでいこう!!と思ったんですが、
浜松駅で試しに外に出たところ、すぐに金券ショップを見つけることができ、
豊橋までの回数券を1,400円で入手できました。

で、浜松駅の新幹線ホーム。

変換 ~ DSC01548

目と鼻の先(今から乗る線路の隣)にN700系が停車しており、
そうか、浜松駅は2面2線で通過線がないんか……などと思ったんですが、
停車している列車名は「のぞみ」。
静岡県には「のぞみ」は停まらないはず!!と思ったら、
今から乗る線路に「ひかり」が入線するも
「この『ひかり』にはご乗車になれません」とアナウンスが続き、
明らかに普段と違うことが起こっていました。

そして、目と鼻の先の線路(N700系が通過している線路)は
上りの本線ではなく、下りの通過線だと気付きました!!
要は、あの「のぞみ」、浜松駅で通過線に緊急停車しているわけです!!
そして、その後を走る「ひかり」が、本線から通過していったわけです。


変換 ~ DSC01550

自由席の列は異様に長いし、明らかに何かあったはずなのに
ホームの放送では一切それに触れられておらず、
よくわからない気分のまま

変換 ~ DSC01555

予定の「こだま」に乗って、その車内放送で初めて分かりました。
三原駅で触車事故があり、山陽新幹線への乗り入れがストップしているそうです。
結局、通過線の「のぞみ」を差し置いて「こだま」が先に発車するという
普段ならありえない体験をしたわけですが、
おそらく、山陽新幹線への乗り入れ列車は抑止させて、
東海道新幹線内で完結する列車を優先に走らせていたのだと思います。

ところで、車内放送での「触車」(しょくしゃ)という案内ですが、
いささか不親切だと思いました。
「ショクシャジコ」と言われても、普通の人はピンとこず、
結局何なん?と不安が増長されるだけだと思います。

それをストレートに「人をはねたので」と伝えられてもかえって不安になりますが、
このあたりの言葉遣いはちょっと考えてほしいところで、

リクルーター面談で東京電力の対応に関する質問に答えられず
その後JR東海からの音沙汰のない僕ですが、(笑)
「相手の立場に立って、最高のサービスを提供できる」僕を採ってくれれば、
このあたり、絶対に改善するんですが……。

で、豊橋駅からは再び在来線。
金山駅と米原駅で乗り換えました。
そして、22時18分に大阪駅へ到着。
23時ちょうどの「青春ドリーム広島号」で
今朝西条に戻ってきました。

そんなわけで、

「西条から東京まで(岡山から相生までを除く)と、東京から大阪まで(豊橋から浜松までを除く)を
 青春18きっぷのみで移動し、
 大阪から西条へは、夜行バスで帰ってくる」


という思いっきりコストを削減した方法で東京に往復してきました。
新幹線は、僕自身の不注意で乗るハメになってしまいましたが、
本来ならかからなかった額として計算から省くとすれば、

・青春18きっぷ2日分 4,600円
・ムーンライトながら 510円
・青春ドリーム広島号 3,580円

8,690円で往復できました。
これこそ僕が目指していた姿であり、
KRYの大河原あゆみさんが実践されていた姿でもあります。(笑)

2011.春 旅行記 5-1

新年度1日目の今日ですが、
青春18きっぷで、大阪にやってきました。
そして、午後から某社の1次試験を受けに行ってきました!!

1回目に面談をしたリクルーターさんもおられて、
控え室でエントリーシートのコピーを読み返していたら
「緊張してるやん!!」と話しかけてくださって本当にいい人だなぁと思ったんですが、

(そういえば、控え室では午前中に入社式が開かれていたようで、
国旗とか社旗とか「入社式」の横断幕がそのままでした)(笑)

内容が「面接」と伝えられていたんですが、
待っていたのは、グループディスカッションでした!!

うーん、確かにグループディスカッションも広義的には「面接」だと思いますが、
少し違うような気がするんですが……。(笑)
で、前に1度経験済みですが、どうもグループディスカッションは少し苦手で、
今日のもあまり自信はありません。

合格していれば1週間以内に連絡があるそうですが、
実際は1週間とかからず、明日か、早ければ今日に連絡があってもおかしくないと思います。
そして、僕には連絡がなくてもおかしくないと思います。(笑)

一応、当該企業グループの天王寺都ホテル
ミュージックステーションを見ながら連絡を待ってみます。(笑)

シェラトン都ホテル大阪も天王寺都ホテルもすごくいいホテルだし、
アーバンライナーも伊勢志摩ライナーも大好きだし、
面談でお世話になった2人のリクルーターさんもすごくいい人なんですが……。

そういえば、話は変わりますが、
もうすぐ「ミュージックステーション」にサザンが出そうなんですが、
もう「TSUNAMI」をテレビで聴くことは二度とないでしょうね……。
今や、音楽の教科書に載り、
高校の授業では弾き語りのテストの候補にもなっていた曲で、
(僕は「TSUNAMI」ではなく「翼をください」にしましたが)
語り継がれていくにふさわしい名曲だと思います。
そして、別に(災害の)津波を歌っているわけではなく、
「津波のように押し寄せる思い」を歌っているわけであって、
仮にあの曲がダメなら、
「話が『脱線』する」とかいう言い回しだって、未来永劫使えないと思います。
そんなわけで、別に僕は歌っていいと思いますが、なかなかそうも……。
プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。