スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.冬 旅行記 10-2

今日は、京セラドーム大阪で開かれている合同説明会に参加してきました!!
多くの企業が講演やブースで参加しており、
近鉄・京阪・南海の講演と、
エントリーシートでの志望動機の書き方に関する講演を聴いてきました。

あとは、空き時間にウロウロしていたときにブースに呼び込まれた「くら寿司」と、
JR西日本のグループ会社の「JR西日本総合ビルサービス」のブースに行き、

さらに、講演は本来は予約がいるんですが
当日枠が直前に残っていた阪急阪神百貨店の講演も聴きました。

で、今日驚いたことが3つあるんですが、

1.
近鉄電車の講演の待ち時間、
会場でぎゅうぎゅうに座っているときに
ひざの上で参加票(学校名や住所を書く)を書いていたら、
隣の席にいた人が「東広島なんですか!?」と声をかけてきました。
相手もそうなんだとか!!(大学は違うんですが……。)

始まるまで色々と話をし、アドレスを交換しました。
これまで説明会には色々と参加してきましたが、
ここまで密な交流ができたのは初めてでした。

2.
近鉄電車の講演の終わりの質疑応答の時間に
真っ先に手を上げて質問したのは、高校の同級生(3年間同じクラス)でした……!!

「貴重なお話、ありがとうございました。山口大学の●●です。」

個人的には、このくだりはムダだと思います。
時間は限られているのだから、
このくだりの繰り返しで、ひょっとしたら質問できなかった人が1人2人出るかもしれない……。

卒業して以来(クラス会を含めて)顔を合わせる機会はなかったし
まさか同じ会場で同じ講演を聴いているとは思いませんでした……。
後になってすれ違いましたが、ほとんど変わっていませんでした。

ちなみに、別に仲がよかったわけではないので、声はかけませんでした。(笑)

3.
夜には、阪神百貨店で開かれている駅弁大会に行って
新潟駅の「まさかいくらなんでも寿司」を買ってきました!!
これこそ、My Best of 駅弁です。(笑)

で、駅弁以外にも各地の名産品が出展していて、
山口県からは、萩の「株式会社 井上商店」が来ていました。
嬉しくて、何か買うつもりでブースに行ってそれとなく見ていたら
向こうから試食をさせてくれたので、それをもらっておもむろに

「私、萩の出身なんですよ~~。」

ビックリされました。
そのまま店員さんと色々と話をしたんですが、
中学校が一緒だったり、店員さんも広島県に進学していたり、
共通点がいろいろとありました。
最後には名刺を交換してくれました。(笑)
就活で大阪に来た、と告げると「うちを訪ねてくれてもいいよ」とのことでしたが、
僕としても、井上商店に就職するのはやぶさかではありません。
僕が目指したいのは
「鉄道会社か旅行会社」か「山口県の発展に貢献できる会社」かのいずれかです。
井上商店は、そもそもこういうイベントに出展している(出展できている)時点で
山口県ではある程度認められている会社ということになりますし、
ここの「しそわかめ」なんて、萩に食べたことのない人はいないと思いますよ!?
さらに、広島のゆめタウンでも「しそわかめ」は売られているし、
年末に会った東京の友達いわく、東京でも売られていて、
一時期その友達の周りでブームになったそうです。(笑)


最近、萩市役所の試験を受けてみようかな、とちょっとだけ思っています。
国立大学法人に合格した先輩いわく、
民間企業の対策で公務員試験には対応できるから
興味があれば公務員も考えてみるとよい
、とのことでした。
それを聞いてから、なんとなく……。

明日も同じ合同説明会に行ってきます!!
スポンサーサイト

2011.冬 旅行記 10

今日は大阪は上本町で開かれた
近畿日本ツーリスト・KNTツーリストの説明会に行ってきました!!

また改めて旅行記にしますが、
お話を聴いて深く感動し、感極まって泣きそうになりました。(笑)

「旅行は一瞬一瞬が商品。
 マイク(手に持っておられたので)なら修理や交換ができるが、旅行はそうはいかない。」


このどこに感動するのか、今思えば不思議でもあるんですが……。(笑)

あと、個人的に思うんですが、
旅行は一瞬一瞬が商品であるとともに、
その一瞬一瞬の商品を素敵なものにするための努力は、
すればするだけ報われる
んですよね。
乗り換える駅の構内の様子を調べて(できれば覚えて)おくとか、
現地で利用できそうな路線バスの時間を調べておくとか……。
そこに、すごくやりがいを感じます。

もちろん、僕がたまにやる
遊びの延長みたいな「幹事ごっこ」
仕事としての旅行商品企画や添乗とは一緒にはできませんが、

やはり、将来は旅行に関することを仕事にしたいし、
仮にそうできなくても、「幹事ごっこ」だけでもずっと続けていきたいなぁ
、と思いました。

最終回

今日を持って、このブログの更新は最終回にします。
……というのはウソです。(笑)

昨日の続きですが、
大体想像はできると思いますが、後輩は、
受験生と大学生とが気軽に話せる機会がもっと必要だ、と主張しているんですよね。
彼女の主張はもっともで、僕も「なるほど」とか「そうやね」とか聞いていたんですが、
肯定するばっかりが先輩として正しい姿でもないぞと思い(笑)

---
仮に「受験生と大学生とが気軽に話す」というだけのことであれ、
それに参加した人には大きな自信になるかもしれないし、
参加しなかった(できなかった)人は気後れしてしまうかもしれない。

こういう機会は、本来、全部の受験生に公平に与えられなくてはならないが、
東広島でしか行わないのでは、関西や九州の受験生に不公平になってしまう。

だから、開催地にはかなり気を配らないと、
「広大は広島の受験生にひいきをするのか?」という見方が
どこかから出てきてしまうことも、ありえなくはない。
---

という趣旨の疑問を投げかけてみたら、

---
私は最初から全国各地開催を最終目標に出来たらなぁと思ってたので、わかります!
だから人が集まる場所をおさえる必要があるんですけど、それって結構難しいかもしれないし…
細かいことは大人の事情もあると思うので、あまり提案を具体化しすぎずにとりあえずなげかけてみたいですね。
---

とのことで、
どうやら彼女は僕が予想する以上の熱い思いを持っているようです。

そして、それを話せて安心したのか

---
では日付も変わったことですし(笑)

このへんで失礼します。

おやすみなさい。
---

と、お開きになりました。(笑)
3時間で8往復、いい話を聞かせてもらいました。

今朝は1コマ目から。
後期の授業は今日が最後で、
「文化人類学B」と「日本環境地誌」で3年生の授業をすべて終えました。

今日に限らず、授業の内容がきちんと完結したということで
最終回を受け終えた後には何ともいえない達成感があるんですが、(笑)
いやおうなく待ち受けているのが、試験やレポートです。
集めたがりぃの性格が災いして
性懲りもなく今期も必要以上に授業を取ってしまったので、
いつものことながら、これから大変になります。(笑)


授業が終わったら12時から13時30分まで
ガイド会議での資料を突貫工事で作成して
(今回のはいつものパワーポイント以外にも表紙付きの数ページの文書がある)
お昼を食べに行って、
ガイドの部屋で続きをしました。
友達に手伝ってもらったんですが、「東京まで安く行くにはどうすればいいか」と相談を受けました!!
旅行計画に飢えている今、これはうれしい相談です!!(笑)

ということで、話が前後しますが、帰宅した後に
3ページに渡る「旅行企画提案書」を作成してしまいました。

話を戻し、(笑)
作業を終えたらゆめタウン(東広島店)まで買い物に行って、
帰宅したら「旅行企画提案書」を作ったりと久々にのんびり(?)していました。
お分かりのように、今日はバイトは休みだったので……。

疑問を直接ぶつけられる先輩

今日の1コマ目は、先生が消え失せてしまったので(失礼)休講でした。
その時間はいつもより少し長めに睡眠をさせていただき、(笑)
起きたら食堂に行ってきました。

食べ終わって授業に行く途中、博物館の企画展のアルバイトの先輩に会いました!!
今年初めてなので、挨拶は「明けましておめでとうございます」でした。(笑)

で、ずっと心の中に温めている計画があるんですが、
時間がなかったので先輩に伝えそびれました。
まぁ、僕のする「計画」といえば大概は旅行なんですが、今回もそれです。(笑)
前に書いたように、僕は常に何か団体旅行のチャンスはないかと模索しているんですが、
今それを仕掛けやすい団体は、
間違いなく、企画展のアルバイトのメンバーなんじゃないかと思うんです。
「今度は何をしよう」というさまざまな提案が常に絶えないグループだからです。

本当は、この春にもガイドでの旅行を企画したかったんです。
ただ、前回みたいに
12月の研修旅行の後に「また行きたい」という声を聞くことはできませんでした。
それに、最近のガイドは何かあればすぐ「飲みニケーション」に走る風潮があります。
みんなそれで満足しているようなので別にかまわないんですが、
現状では、とても「旅行ミュニケーション」の出る幕はありません。(笑)
企画するチャンスのないまま、春を迎えんとしています。

だったら企画展のアルバイトのメンバーしかない!!
そして、このメンバーだからこそ行っておくべき旅行先があると思うんです!!
次に先輩に会ったら、絶対に提案しよう!!

2コマ目は「環境人間総合科学」でした。
エントロピー増大則から始まったこの授業、
最終的には、その考え方を根底に置きつつ、
人が幸福であるための必要条件や充分条件に話が広がりました。
この授業で学んだことは、これから先、何かしら「生きる指針」になりそうな気がします。
受けておいてよかったです。

元はと言えば、去年学生スタッフとして参加した広大の説明会の福岡会場に
この先生が学部の講演の担当で来られていたのがきっかけでした。
「あの先生、何かおもしろそうな授業やっちょっちゃないんかな~~」と調べたら
この授業を発見したんですよね。
やっぱり、自分から色々なことに挑戦するのって大事ですね。
そこから出会いや経験が広がります。

午後からは、ガイドの後輩のメインガイドの練習に付き合いました。
最近入った後輩には定期的にヒアリング(?)をやっているつもりですが、
この後輩はこれからのことが不安そうだったので、
こうやってフォローしてあげることにしています。
せっかく同じ学部なのだし、
本人がどう思っているか分かりませんが
1年後・2年後には確実にガイドの中心になるであろう人物なので、
そんな後輩の育成をすることにも注力しなくてはなりません。

というわけで、こないだは実際に僕がガイドをして見せたんですが、
今回は後輩にガイドをしてもらったというわけです。
バイト先の食堂の説明をするときに

「ちなみに、○○さん(僕)はここでバイトをしています。」

と言ってくれて、かわいい後輩だ!!と思いました。(笑)

僕はクリップボードにA4の用紙を挟んで
びっしりとメモを取りながら付き添いましたが、(笑)
終わってから色々とフィードバックをしてあげました。
あの後輩には、先輩の言うことをちゃんと受け入れる素直さがあると思っています。
その点は僕に欠けているところだと思います。(笑)

夕方にはバイトへ。
おかずレーンにいたとき、炒め物を頼まれて盛り付けたら
タマネギばっかりで牛肉がほとんど入らなくて、
タマネギを取り除いて牛肉を入れてあげたら、相手はすごく嬉しそうな表情をしてくれました。
ああいう、「個」の単位でないおかずを盛り付けるときは、けっこう気を遣います……。(笑)

あと、帰ってからですが、
ガイド・入学センター・「飛翔」編集委員、で一緒の後輩とメールのやり取りをしています。
というのが、入学センターからの連絡があって伝達してあげたら

「それから、質問なんですが、広島大学では東大の受験カフェみたいな取り組みはないんですか?」

という返信が来たんですね。
僕、うかつにも「東大の受験カフェ」を知らなかったのでまずそこから勉強したんですが、
東大とネスカフェがタイアップして原宿にオープンさせた、
相談があれば大学生が受け付けて(別に東大に関する相談でなくてもよい)、
自習のスペースもあって、体にいい献立も提供している、

そんなカフェだそうですね!!

何か、キャンパスガイドとしても、入学センターのスタッフとしても、
さらに食堂のアルバイトとしても興味をそそられる内容だなぁと思うんですが、(笑)

後輩いわく

「人が集まりやすい場所を押さえて、相談会じゃなくカフェっていう足を運びやすいラフさのある場所を学生が提供出来たら良いかなぁと思うんですよね。」

「ちょっと前にニュースで東大の受験カフェが取り上げられてて、気軽に大学生に相談出来たら良いんじゃないかなぁって年明けから考えてたんです!」

「毎月っていうのは難しいかもしれないけど、定期的に気軽に大学生とコミュニケーション取れる場ってもっとあっても良いと思うんですよね。」

などなど、
以前から思っていましたが、自分なりの考え方をかなりハッキリ持っている後輩です。
だからこそ僕はキャンパスガイドや入学センターのスタッフに誘ったわけですが、
時にこういう難問をぶつけられることもあって
(以前「この件について、現リーダーである○○先輩の見解をお聞かせ願います。」
言われたこともある)、

さすが僕の見込んだ後輩だ、という嬉しさと
先輩としてどういう答えを出してあげたらいいんかなぁ……という困難
の間に立って
さっきからメールに全力で返信しています。(笑)

「だからいろんな先輩と会って疑問を直接ぶつけられる機会は必要かなって。」

後輩のいう「疑問」とは、
受験生が大学生活とか受験に対して抱いている疑問のことですが、
この後輩にとって、ひょっとしたら僕こそが
「疑問を直接ぶつけられる先輩」なのかもしれません。
僕は今朝先輩に旅行の提案をし損ねましたが、(笑)後輩は思いを伝えてくれました。

そうこうするうちにやり取りは7往復になり、もうじき日付が変わります。
とことん付き合ってあげようと思いますが、ブログはここまでにします。(笑)

ICカードで国際交流

昨夜ブログの更新を終えてからいつものように山口放送のHPをチェックしたんですが、
2012年3月卒(=僕たち)の総合職の募集要項が出ていました!!
それを目にして「ビビッ!!」ときました。(笑)
僕、番組を見たりイベントに参加する対象としてだけではなく、
就職先という対象としても、山口放送にはすごく興味があるんです!!
実際に、リクナビなどの就活サイトで山口放送を調べようとしてみたこともあるんですが、
リクナビ・マイナビ・日系ナビのどれにも募集が出ていなくて、
それっきり諦めたところでした。

ともかく、常日頃から山口放送の何とかさんのファンだと叫んでいる人間
突然こんなことを言っても
100人中100人に「しらじらしい!!」と言われるのが関の山だと思いますが、
別に変な下心があってとかじゃないんです。(笑)

例えば、僕が山口県を愛してやまないことは
100人中100人が理解してくれますよね?
だったら、将来は山口県のために貢献したいという思いがあることも、
100人中80人くらいは理解してくれますか?
そして、「この会社で山口県のために貢献したい!!」と思える会社というのが、
防長交通と、山口放送なんです。
どうやら防長交通は新卒採用を行なっていないみたいで残念なんですが、
万が一総合職で新卒採用を行なっていれば、
間違いなく、JR西日本と並んで第1志望にしています。
仮にどちらか好きなほうに行けるとしたら、けっこう悩みます。


まぁ、僕が防長交通に興味を持つことは、
これはやはり100人中100人が理解してくれると思いますが、
問題は、どうして山口放送なのかということです。

別にここはエントリーシートでも面接会場でもないので
志望動機を詳細につづることはしませんが、(笑)

例えば、どうしてマスコミ系なのか?と問われれば
大学で行なっている(いた)キャンパスガイドや「飛翔」の編集委員の活動は
言ってみればマスコミの端くれであって、
自分の口(言葉)で相手に何かを伝えることのすばらしさと、
それを通じて時に相手を幸せにすることができるという
この仕事の潜在能力に惹かれたから


どうして山口放送なのか?と問われれば、
(県内の他のテレビ局のことはあまり知らないので
他社と比較して述べることはできませんが)
朝や夕方の自社製作の番組で山口県民の生活に密着した情報を提供し、
それが山口県民から高く支持されているので、
山口放送でなら、自分の感じている
「それ(相手に何かを伝えること)を通じて相手を幸せにする」という魅力が実現できそうだから


という感じです。

そういえば、大大大大大尊敬する「アイスココアの先輩」だって、
広島県内のテレビ局に就職し、とても楽しそうに仕事をされています。
決してあの先輩はマスコミ系に絞っておられたわけではなく
それこそJTBとかだって受けられたそうなので、
だったら、ここで僕が山口放送にエントリーしても決して不自然なことではありませんよね!?

ちょっと、ホント、エントリーしてみようかな!?
一番いいのは、防長交通が新卒採用をしてくれることなんですが……。

今日は、2コマ目に「日本住宅史研究」の授業がありました。
そのあと昼休みにパソコンのメールをチェックしたんですが、
明日1コマ目の授業が休講になったそうです!!
先生が入院中なんだとか。
ということで、図らずも、先週の授業が最終回になってしまいました。

で、考えてみたんですが、
あの先生が授業の最後に発した言葉が、確か

「私は時間になったら消え失せますので。」

だったと思うんですよ。
先週の授業は、前半が教室での講義、
後半がメディアセンターでのパソコンの実習、だったんですが、
実習は各自が進める方式で、先生は適宜質問を受け付ける、という感じでした。
で、時間が来たら各自で解散しましょう、という意味で、
「私は(特に終わりの指示は出さず)時間になったら消え失せますので。」と言われたんです。

その後、結局実習の時間には何も言っておられないはずなので、
結局、あの「消え失せます」という言葉を最後に、本当に僕たちの前から消え失せてしまった
ということになります。
試験があればそのときにまた顔を合わせますが、レポートなので……。

で、そのレポートですが、数がけっこうある上、難しくて歯が立ちません。
単位は諦めようかと思い始めています。(笑)
別に落としても卒業には差し支えないのだし、
レポートにかける時間を、他の科目の試験勉強やレポート作成、
あるいはエントリーシートの準備に充てた方がいいような気がします……。
もちろん、すでに出したレポートもあるし、出せそうなレポートもあるし、
3割は出席でつくので、
できることの最低限はやって、運よく「可」がもらえれば、みたいなそういう……。(笑)

午後からは臨時のガイドを担当しました。
今日は韓国の大学から、日本語を勉強している学生が参加してくれたんですが、

途中、ICOCAの話になったんですよ。
(普通、韓国人へのガイドの途中にICOCAの話になんてならないと思いますが……。)(笑)
そしたら、僕が担当した4人のうち、
いきものがかりのボーカルの人によく似た人が、
何と、Suicaを持っていました!!
しかも、外国人にしか買えない、
「Suica & N’EX」のオリジナルカード。
「交換してください!!」と出そうになりました。(笑)
しかもその人、PASPYのことまで知っていました!!
ICカードは、ついに国境を越えたんですね!!(笑)

夕方にはバイトに行ってきました。
で、今日から、おかずレーンに立つときの言葉遣いを少し改めることにしました。
今まで、注文を受けるときとかそれを出すときとかに待たせてしまったときは
「お待たせしました」と言っていたんですが、
それを「お待たせいたしました」に変えてみました。

こないだ、京阪電車に乗りました。
車掌さんから「スルッとKANSAI」のカードを1枚買ったんですが、
一連のやり取りの後、「失礼いたします。」と言ってその場を離れたんですね。
耳を疑いました。
これまでそんな車掌さんを見たことはなかったからです。
別にお辞儀をして立ち去れば十分だと思うけれど、「失礼いたします。」の言葉があれば、何か嬉しい。
なら僕も食堂でやってみよう。
そう思いました。

むしろ、混んでいるときは言葉遣いは極力簡潔(お待たせしました)にして
その分迅速な処理を心がけたほうがいいのかもしれませんが、
まぁ、とにかくやってみよう、と。
それでもしやっぱり「お待たせしました」の方がいいなと思えば戻すつもりです。

できれば、食堂の偉い人に、抜き打ちでキャンパス内のすべての食堂を立ち入り検査して、
「広大の食堂一接客態度のいいバイト生」を選んで表彰してほしいです。(笑)
それに選ばれる自信はあるし、
ここまで高いプロ意識(?)を持って
自らの接客態度の向上のために自己研さんを積んでいるバイト生もいないと思います。

心に届くエントリーシート

また旅行記にしますが、昨夜は西条駅に下りの最終列車(23時58分着)で帰ってきました。
おかげで(というか、いつもそうですが)(笑)朝はダラダラと寝てしまい、
朝食もとらずに2コマ目の「広島大学のスペシャリスト」へ。
ついにこの授業も最終回を迎えてしまいました……。

あ、でも、来年度ももぐりこむから、真の最終回はまだ先か!!(笑)

夕方にはバイトへ。
髪を短くしたことの反響が、思ったほどにはありませんでした。
今回は今までにない短さで(多分高校生の頃以来だと思う)
個人的には100人中100人から反響してもらうに相当することなんですが、(笑)
世間の人たちは、僕が自分で思っているほどには、
僕の髪の長さには大して関心がないということですよね。(笑)

ただ、いつものようにおかずのレーンをさばいていたら、
よく来るお客さんで、学部も名前も知りませんが
「今年もよろしくお願いします」なんて言葉は交わす人
が、
「あ、この人、髪切ったな!!」という目で僕のことを見てきました。
思い込みかもしれませんが……。(笑)

さてさて、
僕にとって初めてのエントリーシートの提出の締め切りが、今日(一杯)でした。
例の「心に届く旅」のあの会社です。

正直、キャリアセンターの先生にも相談に行っていたわけだし
決して怠けていたつもりはないんですが、
それでも直前まで持ち越してしまい、ギリギリでの提出(送信)になりました。
いくつか設問があり、おおむねよく書けているんじゃないかとは思いますが、
一番肝心な「当社を志望した理由・動機をお書きください」がいまひとつ弱かった気がします。
やはり、説明会での講演を聴けないうちからのエントリーは厳しいものがあります。
せめて何かつかめないかと、大阪は梅田にあるこの会社の店舗に2度ほど足を運んで
JRのきっぷを色々と買ってはみたんですが……。(笑)

まぁ、「『人事』を尽くして天命を待つ」と言うように、
あのエントリーシートが、文字通り「人事」の(笑)
「心に届く」ものであったことを信じておきたいと思います。

そういえば、お年玉付き年賀はがきの当選番号が発表されましたが、
手元にある約30枚の年賀状のうち3枚が、切手シートに当選していました。
確率的には50枚に1枚なので、けっこう運がいいですね!!(笑)
早速引き換えてきました。

というのが、去年には1枚だけ切手シートに当選していたんですが、
結局それを引き換えるのを忘れていたんですよね……。(笑)

あ、引き換えるといえば西銀座チャンスセンターで買った年末ジャンボですが、
10枚買ったら、何と、1枚が300円に当選していたんです!!
(当たり前~~)(笑)
それも早く引き換えないと、忘れそうです。

2011.冬 旅行記 9

今日のはそれほど大した旅行でもありませんが……。一応、JRを100km以上利用したので、旅行記にします。(笑)

朝は7時に起きて、納豆でご飯を食べて、バスで西条駅へ。行きつけている美容室が西条駅前にあるので、まずはそこに寄って髪を切ってもらいました。その後、9時50分発の糸崎行きへ。途中の三原駅で岡山行きに乗り換えました。さらに、福山駅では快速サンライナーの岡山行きへ。西条駅から岡山駅までは2時間10分~2時間30分程度かかりますが、三原・福山でこまめに乗り換えたおかげで、頻繁に気分が入れ替わってあまり長く感じませんでした。(笑)

変換 ~ DSC00340

岡山駅に11時53分に到着。駅前は路線バスのターミナルになっていますが、

変換 ~ DSC00338

変換 ~ DSC00339

この「すみません回送中です」、何かこっけいでおもしろいなぁと思います。(笑)

お昼をどこで食べようか考えた挙句、西口の松屋に行ってきました。考えた割に平凡です。(笑)

変換 ~ DSC00337

「豚めし」の大盛りとキムチです!!豚にはキムチがよく合います……。

さて、今回岡山にやってきたのは、やはり企業の説明会があるからなんですが、会場は「ラヴィール岡山」。

変換 ~ DSC00342

僕の中で「上りの新幹線に乗ってこの建物が見えたら席を立つ」という目印になっている建物です。(笑)行くのは初めてでした。ちなみに、真の姿は結婚式場です。(笑)

変換 ~ DSC00345

「両備グループ」の説明会にやってきました。両備グループといえばこのときに講演を聞いて以来何となく頭から離れない企業。(笑)両備バス・岡山電鉄・和歌山電鉄などでおなじみです。そこまで志望度が高いわけではありませんが、直前になって説明会に空席を発見したので、なら行ってくるか!!という流れでやってきました。

まず、1時間ほど、グループの代表からの講演がありました。その後は別の人から採用に関する説明やグループ会社ごとの質疑応答があったんですが、これまでいくつかの企業の説明会に行ってきた中で、代表(社長)の姿をお見かけできるのは今回が初めてでした!!さらに、受付時にコートをすばやく預かってハンガーにかけてくれたり(僕はコートを着ずに行ったのでそのお世話にはなりませんでしたが)(笑)、間の休憩時間に紙コップに水が用意されていたり、大企業の説明会にはない細やかな気配りが印象的でした。

その反面、大企業だと絶対そんなことはしないだろうなと思う点もありました。アンケートが記名式だったんです。企業にプレエントリーした時点で、個人情報はすでに提供しているにも関わらず。説明会の参加者募集で「開催以来、ほぼ満席と好評をいただいている説明会です」とありましたが、そりゃ確かに記名式のアンケートじゃ悪いことは書けませんよね……。しかも、大企業の説明会のアンケートなら、無記名で個人を特定できないのに「選考には一切関係ありません」と分かりきったフレーズが踊っていますが、(笑)今回のアンケートにはそのフレーズがなかったんですね。そんなことはないと分かりつつ、ひょっとしてここに書いたことが選考に響くんじゃないか……と不安になってしまうのも確かです。

説明会は16時45分ごろに終わり、母に頼まれていた買い物のため、路面電車で「郵便局前」の電停へ。岡山駅からは、この郵便局前までなら100円、それ以降は140円です。

変換 ~ DSC00351

変換 ~ DSC00346

両備グループの100周年記念のラッピング車両でした。

で、「郵便局前」の電停の前にあるGAPに行って、すぐに岡山駅まで戻りました。帰りの電車は18時40分発に乗るつもりでいましたが、その前の17時26分発に間にどうにか合いそうな希望が見えてきました!!(ちなみに、もっと本数はありますが、西条駅からのバスのことまで考慮すれば18時40分発の前は17時26分発になります)

変換 ~ DSC00350

岡山駅前の電停には「MOMO」が停まっていて、車内にイルミネーションが施されているのを見ると、時間がないにも関わらず写真を撮ってしまいました。(笑)

さらに、駅前の岡電バスの窓口で、ICカード「Hareca」の利用履歴を発行してもらいました。あ、そういえばまだ旅行記にしていませんが、僕は去年の10月に「Hareca」を作っています。

で、それが終わったら大急ぎで改札を通って2番乗り場へ。17時26分発の快速「サンライナー」にギリギリで間に合いました!!次の倉敷駅までは混んでいましたが、そこで一気にお客が減り、転換クロスの座席を向かい合わせにして足を伸ばして座っていました。

福山駅で、岩国行きに乗り換え。てっきりホームを渡るだけかと思って脱いでいた上着と読んでいた本を手に持って耳にはイヤホンを挿したままホームに降りたんですが、あにはからんや、別のホームでした!!階段の上り下りを伴う乗り換えをかなりしにくい状態でしたが(笑)どうにか乗り換えて、19時37分に西条駅に戻ってきました。

この次は20時03分のバスに乗るんですが、この26分の中途半端な時間に何かできないかなぁと思い、駅前から出ている「ゆめタウン東広島店」行きの無料バスの19時40分発の便に乗ってゆめタウンに行きました。で、明日の朝食べるパンを買って(これで「ゆめか」のチャージ分を使いきれた!!)、予定していた西条駅発20時03分のバスに途中の停留所から乗って、無事に帰宅できました。

変換 ~ DSC00352

今回使ったきっぷです。普通に「(陽)西条~岡山」の往復で買うと3,520円しますが、途中の中庄駅(または入野駅)で分割すれば3,480円。40円も節約できます!!

変換 ~ DSC00353

今日のネクタイとピンです。両備バスに関係している企業ということで、ともにバスで決めてみました。(笑)

団体旅行の幹事をやりたくなる症候群

今朝は、ガイドの後輩にこれからのキャリアアップのための指導をする約束がありました。
で、それが1コマ目の時間なので、
要は1コマ目に授業のある日と同じ時間に起きなくてはならないわけです。

いつも、1コマ目に授業のある日には、
7時30分に目覚ましのアラームと暖房のタイマーを、
8時に携帯のアラームをセットします。
それで、目覚ましと携帯のスヌーズの機能でちょっとだけダラダラと寝過ごして(笑)
8時10分までに布団から出る、というあんばいです。

この「8時10分『までに』」に関してですが、
実際のところは、8時を過ぎたところから、
半分寝たままの頭の中で「最大限、あと何分なら寝てもOK」ということを見積もっています。
譲りに譲って8時11分までなら寝ていても大丈夫なんですが、(笑)

その「いつ布団から出るのかということを
半分寝たままの頭にもかかわらず綿密に計算する」
という動作をしているときの頭は
きっと普段の何十倍も回転しているんだろうな、と思います。

で、1コマ目には後輩にガイドをやって見せました。
数日の後に、今度は後輩にやってもらうことにしています。
先輩として、楽しみにしておこうと思います。(笑)

2コマ目が「ヒューマン・コンピュータ・インターフェース論」の授業。
今日以降の授業は、すべて最終回になります。
この授業ではレポートの課題が提示され、けっこう難しそうだなぁとは思ったんですが、
この先生は出したレポートは最大限によく評価してくださる
(その証拠に、たいしたレポートでもないのに、
今までに受けた授業は3つ中3つすべてが「秀」だった
)ので、
今回も全力を尽くして「秀」を狙おうと思います。

午後からは、ガイドの担当でした。
最近入った後輩とで、
僕は、リーダーでありながら、その人と顔を合わせるのは今日が初めてでした。(笑)
初対面で一緒に仕事をするとは……。

ただ、顔を合わせたことがないだけで、
(事務的な)メールのやり取りは今までに何度かしたことがありました。
そこからは、すごく礼儀正しい人なんだろうなぁ、という印象を強く受けていました。
月例の会議の日程を決めるときには
回答フォームに箇条書きした選択肢を返信メールにコピーペーストして
それぞれの選択肢の横に都合を書いてもらうようにしているんですが、
僕としては

---
・1日(日)
・2日(月)
・3日(火)
・4日(水)
---

という回答フォームに対して

---
・1日(日)○
・2日(月)×
・3日(火)午後からなら○
・4日(水)△(予定が入るかも)
---

のように回答してくれれば満足なんですが、後輩は

---
・1日(日)5コマ後~OKです!
・2日(月)× すみません。
・3日(火)15時までOKです!
・4日(水)どうなるかわかりません…
---
(カレンダー・予定はすべてフィクションです)

のように、ちゃんとした日本語で回答してくれます。
要は、回送中のバスに

「  回    送  」

と表記するか

「すみません回送中です」

と表記するか、の違いだと思います。(笑)
別に前者でかまいませんが、後者だと嬉しいですよね。
こういう細やかな気配りのできる人が、周りから好かれるのだと思います。

そして、今日会ってみて、
後輩のあの(メールでの)礼儀正しさは
決して僕と関わり始めて日が浅いからとか自分が後輩だからとかの理由で
装ってそうしているのではなく、
後輩のこれまでの人生で確かに形成されてきたものであって、
仮に僕との関わりが長くなろうと、先輩として後輩をまとめる立場になろうと、
ずっと残されていくものなんじゃないかな
、と思いました。

ガイドにはお客さんがなかったので、
少しだけお手本でガイドをやって見せました。
今日2回目のことです……。(笑)

夕方にはバイトへ。
こないだ来た高校の同級生が、今日も来ていました。

さて!!
この週末ですが、明日は岡山・あさっては大阪に行ってきます。
本当は1泊2日でひとまとめにすればいいんですが、
大阪に日帰りするためのきっぷをすべて手配した後に岡山行きが決まったので、
日帰りを2日連続でやります。(笑)

それも含めた、今後の就活での旅行(矛盾してますね)(笑)の予定ですが、

・1月22日(土) 岡山
・1月23日(日) 大阪
・1月28日(金)~30日(日) 大阪
・2月6日(日) 福岡
・2月8日(火) 福岡
・2月17日(木) 大阪
・2月24日(木) 大阪

という感じになっています。
できる限り、何かしらおもしろいイベントを付け足すつもりでいます。(笑)

で、こうやって「いかにして楽しい旅行をやるか」ということを考えると、
団体旅行の幹事をやりたい~~とウズウズしてきます。
飲み会の幹事をすることが好きな人が月1くらいで飲み会を企画したがるのと同じように、
僕は、月1で、団体旅行を企画したくんるんです!!(笑)
あっちが「飲みニケーション」なら、こっちは「旅行ミュニケーション」。
そういう人だって世の中にはいると思います。

そういう運命

昨日は午後から大阪に行き、今朝戻ってきました。

帰りはJRバスを利用しましたが、
大阪から東広島までの便は、

青春ドリーム広島号(横4列):学割4,080円・大阪駅23:00→広大5:13
呉ドリーム大阪号(横3列):学割4,680円・大阪駅22:10→広大6:02

の2種類があります。
いつもは「青春ドリーム」を愛用していますが、
今回は、帰ってきた日(今日)が1コマ目から授業なので
少しでもよく寝られるようにと、あえて「呉ドリーム」を選びました。

思えば横3列の夜行バスなんて久しぶりに乗るわけで、
600円の投資で横1列分のゆとりとプラス2時間の睡眠時間を得られるなら
これはお得だと思ったんですが、

何と、定員の29名に対し、お客さんは5名だけでした!!
「青春ドリーム」に押されているのか、何なのか……。
萩行きの高速バスがそうであるように、
この状況だと、「呉ドリーム」にも何らかの改廃があっておかしくないと思います。
(昨日がたまたまそうだったのかもしれませんが……)

で、よく寝られる環境を求めて600円を投資したわけですが、
そうは言っても横になって寝るのとは話が違うわけで、
今日は1・2・5コマ目に授業がありましたが、ほとんどダメでした。(笑)

夕方には、急遽バイトに行ってきました。
おととい「木曜日はもともと担当でないので、久々の連休」と書いたところでしたが、
いろいろあって今日も入ることになったんです……。
そういう運命なんでしょうか。(笑)

以上が今日のことで、
昨日のことは改めて旅行記にしますが、
午前中に関しては旅行ではないので、ついでにここにまとめます。

1コマ目は「数理解析」でした。
この授業でスーパーコンピュータの話になり、先生が
政府にいる、いつも白い服を着た大臣
  『世界第2位じゃダメなんですか』
 と言って物議をかもしましたが」
と言っておられたんですが、
「世界第2位じゃダメなんですか」ではなく「2位じゃダメなんでしょうか」です!!
僕、あの声を携帯の着信音にしているので、間違いありません!!(笑)


2コマ目が「環境人間総合科学」で、昨日は「幸福」について考えたんですが、

「幸せに生きるため、自分はどんな心の状態で過ごせるか?」
「幸せに生きるため、また自分の能力を充分に生かすため、
 自分は一生を通じての主たる仕事として何をするか?何を選ぶか?」
「幸せに生きるため、自分はどんな結婚がしたいか?」
(彼女がいるわけでもいたことがあるわけでもないので、若干ハードルの高い問いだと思う)(笑)

など、けっこう込み入った問いが出されました。
あの先生、所属は自然環境科学のコースで、授業は主に化学をもっていて、
さらにこんな授業までされる、総合科学者にふさわしい人だと思います。

このあと、大阪に行きました。

やる気が試される

※昨日は記事を2本アップしています。

今日は、2コマ目に「日本住宅史研究」の授業がありました。
テーマは「町家」についてで、萩が出ないかなぁと少し期待したんですが、
残念ながら、山口県で登場したのは柳井市のみでした……。

あと、(大阪ではなく)東京の日本橋がちょっと出てきたんですが、
日本橋といえば、先月就活で東京に行ったときに友達と遊んだ(?)ところでした!!

そんな僕の就活ですが、ついに来週の月曜日に
初めての企業のエントリーシートの締め切りが迫っています。
で、この企業のエントリーシート、
設問が公開されたのが11日で締め切りが24日というハードスケジュールに加えて
「同業他社と比べて弊社が劣っていると思う点を200字で」などの項目があるんですが、
説明会もまだ開いていないくせにそれはないだろうという問いだと思いませんか!?

ということで、少し気持ちが幻滅してしまって、

「同業他社と比べて御社が劣っているのは、
 説明会も開かないうちから
 同業他社より圧倒的に早いペースでエントリーシートを締め切ってしまい、
 就活生に大きな負担を与えている点」


なんて書いて出してやろうかとも思ったくらいなんですが、(笑)
まぁ、要は、あの企業へのエントリーはやめようかなぁと思ったんですが、
「心に届く旅」を謳っているのこそこの企業で、
旅行業界では一番関心があるので、
絶対にエントリーするぞと思っています。

(ちなみに:この企業のエントリーシートの締め切りは、
企業の採用サイトにいつ会員登録したかによって違うようです。
これはよくあることなんですが、
早くから会員登録した人は、関心が強いと解釈され、早くから選考を進めてもらえます。
もっとも、このたびは、
早くから会員登録したがために説明会より早くエントリーシートを締め切られてしまい、
本末転倒かな、というところです)

で、今日・明日・あさってで完成させて
しあさっての金曜日にキャリアセンターの先生に添削してもらって
土日にもう少し検討して締め切りの月曜を迎えようかと思っていて、
キャリアセンターに行ってどの先生かの予約を取ろうと思ったんですが、
何と何と、どの先生も、来週の火曜までは予約がいっぱいだとのことでした!!

そういえば高校時代の担任の先生も
高3の受験期には数多くの生徒の小論文指導を抱えておられて
捕まえるのに苦労したなぁという感じなんですが、(笑)


キャリアセンターの先生の添削を経ずに提出するのか……とゲンナリしていたところ、
応対した職員さんから、「今からなら大丈夫ですが」とのお言葉。
かなり未完成な状態で、見てもらうのも申し訳ないくらいだったので
そのときは辞退したんですが、

キャリアセンターの建物から出て自転車置き場まで行ったとき、
今の状態だけでもいいから見てもらっちょくか!!と思い、
「やっぱりお願いします!!」と引き返しました。(笑)

応対してくださったのは、先輩からいい評判を聞いていた先生だったんですが、
確かにその通り、とても丁寧に指導していただけました。
書いていた分については添削してもらえたし、
まだ手付かずの分も、こんな流れで書いてみたらよい、というアドバイスがもらえました。

さらに、ハードスケジュールさを聞いて

「やる気が試されるなぁ~~」

と一言漏らされたんですが、
その言葉に少し気持ちが変わりました。
先方も、説明会も開かないうちから
ハードスケジュールでエントリーシートを締め切っていることは承知の上で、
あえて、早くから会員登録している関心の高い学生の本気度を試しているんですね!!
なら、やるぞ!!(笑)

キャリアセンターから出た僕は、自信満々で、
もうあの企業に内定をもらえそうなくらいに気分が高揚していました。(笑)

夕方にはバイトへ。
明日は大阪に行くので、バイトを代わってもらっています。
木曜日はもともと担当でないので、久々の連休、ということになります。

減った!!

さっき更新したばかりですが、すごいニュースを得たのでもう1本。

久しぶりに防長交通のHPをチェックしたら、

---
2月1日(火)より
都市間高速バス 広島線の
ダイヤ改正を実施します。
都市間高速バス(広島)をご覧下さい
---

というニュースが出ていました。
この手のニュースを目にするたび、背筋が凍えます。
今回も、少し勇気を出したあと(笑)新しい時刻表をチェックしてみると……。

減った!!

と、思わず声に出している自分がいました。(笑)

これまで、防長交通の萩~広島線は1日4往復走っていました。
萩バスセンターを出ると、
大田中央・山口湯田温泉・山口米屋町・農業試験場前・防府駅前・戸田駅前・新南陽高校前・徳山駅前
と停車したのちに広島市内に至る路線です。

で、帰省で利用するときの様子から「そのうち」と覚悟はしていたんですが、
2月からはついに1日2往復になります……。
(あとの2往復は、途中の「山口湯田温泉」を始発/終着とする便に変わる)

【下り】

(従来)

 広島バスセンター 萩バスセンター
①   7:55    11:50
③   9:30    13:25 (廃止)
⑤  15:55    19:50
⑦  17:25    21:20 (廃止)

(改正後)

 広島バスセンター 萩バスセンター
①   7:55    11:55
③  16:00    20:00

【上り】

(従来)

 萩バスセンター 広島バスセンター
②   7:20    11:15 (廃止)
④   8:40    12:36
⑥  14:55    19:03
⑧  16:00    20:08 (廃止)

(改正後)

 萩バスセンター 広島バスセンター
②   8:40    12:40
④  15:10    19:22


という感じです。
まぁ、これでも朝と夕方に1往復ずつ確保されているのでまだいいんですが……。

ちなみに、僕が愛用しているのが、
下りが③(9:30発)、上りが④(8:40発)でした。
見てみると分かるように、④はほぼそのままのダイヤで残りますが、
③は廃止され、午前中に帰省しようと思えば7:55発に乗ることになります。
そのためには西条駅を6:51(または八本松駅を6:57)に出る必要があり、
これに接続する路線バスが平日と土曜にしかないので、
事実上、日曜・祝日の午前中に帰省することが不可能になりました……。
まぁ、ちゃんと平日か土曜かに帰省すればいいだけの話なんですが……。(笑)

西条会

今日は、今年最初の月曜日の授業でした。
ということは、待ちわびた「広島大学のスペシャリスト」です。(笑)

今日は就活支援に関するスペシャリストからのお話で……、
何というか、自分のこととして重く身にのしかかる話でした。(笑)
去年の1月にも同じ人から同じ授業を受けていますが、
当時の僕は、感想を

---
今日は就活支援に関するスペシャリストの講義でした。
行きたい業界や企業が定まらなくてどうのこうのと悩む人も多いらしいですが、
僕ははるかの昔から業界や企業が定まっているので、その点優れたもんです。(笑)
さらに、大学生活を充実させて「語ることのできる引き出しを増やそう」とのことでしたが、
引き出しにしても、ありすぎて、「もうちょっと整理したらどうですか状態」です。(笑)
根拠のない自信がわいてきました。

この授業の後、一緒に受けている先輩から
「○○くんは早々と内定をたくさんもらって困っていそう」と言われました。
そうなりますように……。
---

とつづっています。
今日も、「語ることのできる引き出しを増やそう」の話はあって、
引き出しは相変わらずありすぎて困るくらいなんですが、(笑)
1年前と違い、それだけではどうにもならないものだということがわかっているので、
「根拠のない自信」までは持てないなぁと思いました。

夕方にはバイトに行ってきたんですが、
今日は「ぶりの照り焼き」が出ていました。
で、鉄板の上に3×10くらいで並べてあって
僕は注文があったらそれを無作為に(順々に)取っていたんですが、
あるときやってきた2人組は

「これ、どれがいいとかできるんかな?」

みたいな話をしていたので「いいですよ!?」と応じたら、
それからしばらく

「真ん中の列のこっちから2番目をお願いします!!」

みたいなピンポイントでの注文がブームになって、何かおもしろかったです。
指定席を取るときに
「4号車14番A席をお願いします!!」なんて言う人がたまにいますけど、(笑)

それと同じようなものですね……。

ここで、バイト生が語る食堂の賢い利用法ですが、(笑)
基本的に、少なくとも僕個人は、
「個」の単位で数えるおかず
(つまり、煮しめとか炒め物を除くおかず:揚げ物や魚料理など)に関しては、
具体的にどれがいいという注文があれば、言ってもらえれば応じます。
そうは言っても、普段出している「個」単位のおかずは
ほとんどの場合形がそろっているんですが、
魚料理に関しては、その魚その魚によってやっぱりいろいろとあるし……。(笑)
例えば、さばの塩焼きを出すときは
1匹を半分にして頭の方としっぽの方とで出していますが、
これなんか、絶対「頭の方が好き!!」とか「しっぽの方が好き!!」とかあるだろうから、
余裕のあるときは、逆にこちらから聞いているくらいです。

そんな具合にお客さんが流れていったんですが、
突如として、高校の同級生が現れました!!
3年間同じクラスだった人で、
バイト先の食堂に近接する学部にいる人なんですが、
食堂でバイトを始めてもうじき2年になるというのに、
一度としてその人を食堂で見かけたことはありませんでした。
そういう生活リズム(?)なのだと思います。
その一方で、同級生と同じ学部にいるガイドの友達は
ありがたいことにちょいちょいと食べに来てくれていて、
今日も向かいの丼のレーンに並んでいるのを目撃しましたが……。
丼のレーンもええけど、たまにはおかずのレーンにもおいで!!(笑)

で、それでふと思い出したんですが、
同じクラスだった人で東広島在住のもう1人の同級生からもらった年賀状に
「『西条会』の実現を!」とありました。
これ、2008年(当時1年生)の6月10日の

---
それから、夜には東広島市在住の高校時代の友達がやってきて、
「3年6組同窓会東広島支部」を結成することが決まりました。(笑)
(もちろん、「3年6組」や「同窓会」とは一切関係ない、
僕が大げさに名づけただけの組織なのですが)
とりあえず、僕と友達は会員になっています。
対象者がもう1人いますので、その人を誘ってみて入会してもらえるようなら、
今度「設立記念総会」と題して、我が家でたこ焼きパーティーを執り行います。

何をバカなことをやっとるんか!って感じですけど……。(笑)
---

という書き込みでいう「設立記念総会」のことです。
あのころ、3人でたこ焼きをしよう!!という約束があって、
実施の一歩手前までこぎつけたんですが、
都合が合わなくなって幻になった、という経緯があります。

結局そのあとこの話はフェードアウトしてしまったんですが、今度こそ、やろう!!(笑)

ただ、今というのはちょっと間が悪すぎですよね……。
「神がかり的な間の悪さ」ですよね……。(と昨日新年会で友達に言われた)(笑)
とりあえず、期末試験が終わるのを待ってみようかな?
けど、そしたら今度は就活で忙しくなるんかな?

年賀状でリクエストしてくれたあなた、意見を求めます!!

10+20分前集合

かねてから書いているように、今度大阪に行くんですが、(笑)
今月は結局3回(4日)も大阪に行くことになりました!!
19日と、23日と、29日~30日です。
で、19日は授業が終わってすぐ東広島駅から新幹線に乗るんですが、
自由席の特急券が3,980円であるのに対し、
エクスプレス予約(J-WESTカード)で買える「e特急券」なら
指定席でも3,530円です。
指定席なのに自由席より安いんです!!

ということで、父に「e特急券」を買って送ってもらいました。

変換 ~ 110116_154511

ところで、僕は送料の実費とあわせて特急券の額は支払うつもりだったし、

僕にすれば「自由席より安く指定席に乗れる」
父にすれば「ポイントがたまる」と、双方にメリットありです。
父はポイントをためてちょいちょいグリーン車に乗っている口ですから……。

で、その「e特急券」が届いたんですが、
郵便ではなくゆうパックで届きました!!
チョコパイとか、名古屋の「赤から」のきしめんなど、いろいろ入ってました。
しかも

---
この交通費の代金はいらんから、積極的に色々な所へ出席しなさいよ。
上級生や同級生と情報交換して効率よく計画をたてなさい。
あんたの事やからいわんでもきっちりやるやろうけど、元気にがんばれよ。
---

(漢字・ひらがなは原文のまま)
だそうです。

ん~~、何か申し訳ないですねぇ~~!!
そして内心、これからも新幹線に乗るときには父に頼んでe特急券を送ってもらって
双方にメリットのある取引をしようかと思っていたんですが……。(笑)
これだと下心があるみたいで頼みにくくなりました。(笑)

夜にはガイドの新年会に行ってきました。
会場が西条駅前なので、
積雪はないものの、ところどころ凍結している道
25分もかけて自転車で行く勇気はなく、バスで行きました。
日曜なのでダイヤが薄くて、
会場には時間より20分以上早く着きました……。
幹事でもないのに一番乗りして、寒い中を静かに待っていました。(笑)

集合時間が17時50分になっていて、
多分それは、18時からの予約に対する10分前集合という意味だったと思うんですよね。
ということは、定時に行っても10分前集合なのに、
僕はそれのさらに20分上をいったわけです。(笑)

今日は一次会だけで解散になったこともあって、
まぁ周りのお荷物になるようなことはなかったかな、と思います。(笑)
あと、通された個室にはカラオケの設備があって、ビックリしました。
歌う人も何人かいて、本当は僕もすごく歌いたかったんですが、
ここで「12個の季節~4度目の春~」とか「あずさ2号」は変やなぁ~~などと思っていたら

先輩が
「ここで○○くんがAKB歌ったらビックリするやろな!!」
とコソッと耳打ちしてきて、
それはそうだろうなぁと僕も同じことを考えていました。
あの流れに対抗するには、AKB48しかなかったと思います。(笑)
そして、もし歌えばおそらく、
一瞬にして僕はメンバーの中での人気者になり(それは言い過ぎかもしれないが)、
多分今よりは「付き合い甲斐のある人間」と見てもらえると思います。


ブログをよく読んでいる人ならご承知のように、
僕は「大声ダイヤモンド」は最近カラオケに行くたびに歌うし、
「スカート、ひらり」とか「涙サプライズ!」とかも歌ったことがあるし、
「ヘビーローテーション」なんかも歌えると思うんですが、
さすがに、さすがに、それはごく一部の人にしか披露できません……。
(上の先輩になら披露できるし、したことがある)
(そういえば旅行記をまだ書いていない……)(最近こればっかりやなぁ!!)

……というこの文章は、
「大声ダイヤモンド」を聴きながら書いていますが、何か!?(笑)


さて!!
昨日・今日と、センター試験でしたね。
昨日の昼食を食堂に食べに行ったときに受験生の姿を何人か目にしましたが、
とにかく、あの頃(センター試験の後)は学校に行くのがつらかった!!
担任の先生のやったことは、完全に「いじめ」です。
ちょうどあの年の現代社会の問題に
尾崎豊さんの「卒業」を題材にしたものがありましたが、

---
 行儀よくまじめなんて 出来やしなかった
 夜の校舎 窓ガラス壊してまわった
 逆らい続け あがき続けた 早く自由になりたかった
 信じられぬ大人との争いの中で
 許しあい いったい何 解りあえただろう
 うんざりしながら それでも過ごした
 ひとつだけ 解っていたこと
 この支配からの 卒業
---

この歌詞に心から共感したものです。(笑)

で、昨日昼食を食べに行った食堂に
その担任の先生にそっくりな人を目撃したんですね。
まぁ、あくまで「そっくりな人」どまりなんですが、(笑)
雰囲気とかたたずまい(雰囲気とたたずまいって同じ意味かな?)がそっくりで、
チラッと視野に入って「あれっ!?」と思い、
しばらく置いてもう一度チラッと見て「えらい似ちょるなぁ!!」と思い、
最後には、違和感なくその人の方に近付くために、
飲みたくもないお茶をわざわざくみに行ったくらいです。(笑)
(お茶のポットが、その人の近くにあったんです)

そういえば、今日新年会に行くために乗ったバスにも受験生が何人かいましたが、
そのせいか、運転士さんのアナウンスがとても丁寧でした。

「この先も多くのお客様がご乗車されますので、
 終点の西条駅以外でお降りの方は、できるだけ前の方にお座りください。」
「ただいま整理券をお取りになった方、番号は6番です。
 9番ではございませんので、ご注意ください。」
「このバスではICカードとしてPASPYとICOCAがご利用になれます。
 なお、ICOCAでは、運賃の割引はありません。両方をお持ちの方は、ご注意ください。」

などなど……。

夢か!?

僕が普段愛用している「ゆめタウン」というスーパーですが、
「ゆめカード」というポイントカードがあります。
100円の支払いごとに1ポイントがたまり、
500ポイントたまると500円分の値引き券がもらえます。
(要は、代金が1%オフになるわけです)

で、昨夏から、「ゆめカード」に代わる「ゆめか」というカードが導入されました。
waonなどと同じような電子マネーです。
このカードの存在を、去年の8月に
「オープンキャンパス探検部」(懐かしいっ!!)(笑)の先輩と
県立広島大学のオープンキャンパスに行ったときに、
広島市の大きなゆめタウンで知りました。

そのときには時間がなくて作れなかったんですが
(確かあの時は僕がその足で萩に帰省する予定にしていたので……)
いつか作ろう!!という話にはなっていて、

それ以後、僕が1人で広島市に行くことがあろうとも、
ここで「一抜け!!」といって僕が先に作ってしまっては
先輩に対して一生黒い十字架を背負って生きていくことになると思っていたので、(笑)

決して作らずにいました。

そして、先月からついに東広島市の「ゆめタウン東広島店」でも使えるようになり、
今日、先輩と作りに(「ゆめカード」から切り替えに)行ってきました!!

(ちなみに、「東広島店」は広大から山をひとつ越えたところにあり、
広大生が普段利用するのは、「学園店」です。
で、その「学園店」には、「ゆめか」はまだ導入されていません。
ただ、チャージした電子マネーでの支払いができないだけのことで、
従来の「ゆめカード」と同じように、ポイントをためることはできます)

変換 ~ 110115_150401

変換 ~ 110115_150757

これが「ゆめカード」です。
3年間使ってきたので、左上の一部が割れています。
もっとも、僕が割ったのではなく、(笑)
いつもレジのリーダーと接触する部分なので、負担がかかっていたのだと思います。

で、サービスカウンターに切り替えに行ったんですが……、
僕のはちゃんとできたんですが、ちょっとした事情で先輩のは切り替えができませんでした!!

……ということは。

せっかく僕はこれまで何があっても「ゆめカード」を「ゆめか」に切り替えずにいたのに、
何やかんやで、結局「一抜け!!」をやってしまったわけですか!!
僕は一生黒い十字架を背負って生きていななくてはいけないんですか!!

ひえぇ~~。(笑)

で、先輩には「(切り替えたら)何か記念になる買い物をしよう」と言われていたんですが、
切り替えができたのは僕だけだったし、
専門店では使えないので結局は食品くらいしか選択肢もなく、
結局

変換 ~ 110115_154258

お気に入りの種類の餃子が98円と僕の知る底値だったので、3パック買いました!!
いつも、安いときにまとめて買って冷凍しておくんですよ~~。

……って、うーん、これでいいのか!?
「ゆめか」に一緒に切り替えて、記念になる買い物をしようとか、あの話は夢だったのか!?
「ゆめか」に関する計画は、「夢か」!?
だから君の名前は「ゆめか」なのか……!?


……ヒュ~~ッ……(風の音)

と、ともかく、(笑)
カードを出すだけで、現金を出さずにレジを通過できるというのは、
確かにとても便利でした。
早く学園店にも導入されてほしいです。
学園店のサービスカウンターでバイトをしている後輩いわく、
6月ごろに導入されるみたいですが……。

で、餃子を3パック買って、残高が706円。
東広島店は遠くてめったに来ないので、できれば今日使い切れればと思っていました。
なのに、記念になる買い物どころか買ったのは安かった餃子3パックだけだったもので(笑)
かなりの残高を出してしまいました。
まぁ、要りもしないものを無理に買う必要はないんですが、
そういえば!!と思い、
先輩と解散してから、3階のダイソーに行ってみると、
ここでも「ゆめか」での支払いができました!!
ということで、使用済みきっぷの整理用の名刺ファイルを5冊買いました。
僕は、使用済みきっぷを名刺ファイルに整理していますが、
その名刺ファイルは5冊ごとに同じ種類のを買うことにしています。

というか、それは後付けで、
本当は、とりあえず最初に名刺ファイルをダイソーで5冊買っておいて、
5冊目が終わったときにまたダイソーに行ってみたら同じ名刺ファイルはもうなかったので
そのときあった別の種類の名刺ファイルをまた5冊買った、という感じなんですが……。(笑)

名刺ファイルを5冊買った結果、残高は181円になりました。
僕は、家計簿の上では
「Suica」とか「ゆめか」の電子マネーも現金として手元にあるものとして管理しているので、
「あるはずなのにない現金」が181円計上されているというのは、
あまり気持ちがよくありません。
東広島店の近くを通ることがあれば、
とりあえず入ってみて、餃子が安くないか確かめよう、と思います。(笑)

1杯のアイスココア

明日からセンター試験。
その準備があるために、今日の授業は休講でした。

で、午前中には、ガイドのOGで
「大大大大大尊敬する先輩」とか「アイスココアの先輩」とブログで書いている先輩が(笑)
お仕事の都合で大学に来られました!!
ということで、その合間に、10分くらいではありますがお話ができました。
先輩と会うのはほぼ1年ぶりでしたが、お元気で何よりでした!!

思えば、先輩に「1年生の特権だよ!!」とアイスココアをおごっていただいたのが、
2年前(正確には3年前ですね)の12月のことでした。

時は流れ、今では、
僕が後輩に「後輩の特権やから!!」と言って何かをおごってあげる立場に変わっています。
そのとき、アイスココアのエピソードと「1年生の特権だよ!!」という言葉を紹介することは
いつも忘れません。
気前のいい先輩にとっては何気ないことだったのかもしれませんが、
あの1杯のアイスココアが、僕の理想の先輩像を確立させたような気がします。

「1杯のかけそば」ならぬ、「1杯のアイスココア」
本を書いてみましょうか。(笑)

先輩は今、テレビ局で営業の仕事をされています。
そんなわけで、今日はテレビとかラジオの番組表やパンフレット
(そういえば先輩のテレビ局は広島の民放で唯一ラジオを持っているんです!!)
たくさん提げてこられました。
しかも、テレビの番組表の「年男・年女の特集」に
アナウンサーと並んで先輩も登場されていました!!
相変わらずご活躍されているようで、何か嬉しかったです。

それにしても、社会人2年目になった僕は、
一体何を提げて母校を訪問するんでしょうね……。
「こだま指定席往復きっぷ」のパンフレットとかかな?(笑)

午後からはガイドの担当だったんですが、今日もお客さんはありませんでした。
そんなわけで、一度帰宅して、夕方にはバイトに行ってきました。

さて!!
JR九州の説明会で大阪に行くことになったとは昨日書いたところですが、
当日は、往路は横3列の昼行バス(4,250円)、
復路は横4列の夜行バス(4,080円)で移動するつもりでした。
往路はちゃんと寝た状態で、かつ疲れずに移動できるように、
復路は帰ってこれさえすればよいのでとにかく安く
、という感じです。
これで交通費は8,330円
青春18きっぷの時期でないので、これが底値だろうと思っていました。

ただ、家にいた昼下がり、ふと気付きました。
関西には「冬の関西1デイパス」があるじゃないか、と。
あのきっぷなら、2,900円で関西圏の自由周遊区間が乗り放題になります。
(さらに南海か京阪での特典もありますが、これは多分使わないと思います)
で、その自由周遊区間の西の端が、上郡駅
だとすれば、西条駅から上郡駅までは普通に乗車券を買って
それと「1デイパス」とを併用
すれば、
ひょっとしたらバスで往復するより安いかもしれません。

西条駅から上郡駅までの学割運賃は2,600円ですが、
和気駅・三石駅で分割すれば、2,430円になります。
そして「1デイパス」が2,900円ということは……、
往復の交通費は、7,760円
バスで往復するのより570円も安いじゃないか!!
さらに、うまく時間を作って南海とか京阪の特典を利用すればなおお得だし、
あのきっぷ、ライバル関係にあるはずのJR西日本と私鉄とが手を組んだ、
今後の鉄道のあり方を端的に示したきっぷだと思っています。

そんなきっぷを実際に使えるなんて、とても光栄です!!
こっちにしよう、と思いました。

で、バイトから帰ってきてJR西日本のHPをチェックしてみると、
岡山支社内の普通列車が乗り放題で、
特急券を買えば特急とか新幹線にまで乗れてしまう
「岡山・尾道おでかけパス」というきっぷが
1,800円で発売されるというプレスが出ていました。
岡山支社内といえば、山陽線は糸崎駅から三石駅まで。

……ということは。

西条駅から糸崎駅までは普通に乗車券を買い、
糸崎駅から三石駅までは「おでかけパス」を使い、
三石駅から上郡駅までは普通に乗車券を買い、
上郡駅からは「1デイパス」を使って往復すれば
、さらに下がるんじゃないか!?というのは
自然と沸いてくる欲です。

調べてみました。
西条駅から糸崎駅までの運賃は730円ですが、
途中の入野駅で分割すれば710円になります。
また、三石駅から上郡駅までは230円です。
結局、往復の交通費は、6,580円!!
バスより1,750円、「上郡まで+1デイパス」より1,180円安くなりました。
「おでかけパス」は岡山支社内の駅で前日までに買わなくてはなりませんが、
そこはまぁ、岡山在住のいとこにでも甘えればいいでしょう!!(笑)
これはWonderful!!と思い、

そういやぁ説明会は昼行バスで大阪入りして夜行バスで大阪を出ることを想定して
15時30分から17時30分までのを申し込んじょったけど、
そうじゃなしに、12時30分から14時30分までのに変更せんにゃな
と気付き
変更をかけようとしたんですが……。

何と、満席になっていました!!(笑)
アレッ、どしたん!?
今朝見たときは、まだ空席があったのに……。

とりあえず、17時30分までのセミナーであっても、
大阪駅を18時に出ればいいので、何とかなりはします。
万が一何とかならなかった暁には、
せっかく「おでかけパス」では特急券と併用できるので
岡山支社内で新幹線に乗って追いつけばいいと思います。
ただ、せっかく大発見をしたのに
大前提でコケてしまって、ゲンナリしたのでした。(笑)


お待たせしました!!
8日・10日の旅行記をアップしました。
8日
10日

あぶな~~、もうちょっとで……

……コケるとこやった!!

というのは新喜劇の安尾さんのボケですが、
今日の昼休みにメディアセンターでネットをしていたときに、
JR九州の説明会の日程がすでに公表されて
参加申込まで始まっていることに気付きました。

「あぶな~~、もうちょっとで気付かんとこやった!!」
「いや、気付いてへんかったし!!」


ということで、(笑)即効で予約をしました。
まだ残っていて本当にラッキーでした……。

JR九州は総合職を事務系と運輸系とで募集していて、
説明会はそれらが別々の日に実施されます。
とりあえず両方に行こうかと思うんですが、
事務系について、日にちが西鉄と重なってました!!

別々にしてよ~~と一瞬思ったんですが、
よく考えれば、僕のように遠方から参加する学生は、
午前と午後で両方をはしごできるのでかえって便利ですよね。
もっとも、僕はその日の午前中に授業があるので、福岡には午後にしか滞在できません。
なので、午後に予定通り西鉄の説明会に行って、
JR九州の事務系については、別の日に開かれる大阪での説明会に参加しようと思います。


実際のところ、その授業は出席を取らないし、
成績評価の対象となるレポートは15回の授業のうち任意のひとつを選んで書けばよいようなので
授業を休んでしまっても、成績には一切響きません。

でも、学びたいことを学びたいように学べるのって、大学生のうちだけだと思うんです。
そんなせっかくの権利を、就活のために失ってしまうのは、すごくもったいないことです。

授業を休んで西鉄のとまとめて参加してしまえば
大阪まで出かける旅費はかからずにすむわけですが、
むしろ、大阪までの旅費ですむ問題なら、それですませればいいと思います。
お金で解決できることは、お金で解決します。
(今のセリフ、何か聞こえがよくないですね……)(笑)


というわけで、急遽、福岡と大阪に1回ずつ出かけることになりました。
早速、おとといに行ったばかりのトラベルセンターに行って(笑)きっぷを買ったんですが、
顔見知りの係員さんに、ついに「就活ですか?」と聞かれました!!
正直、ホッとしました。

いや、別に、目的が何であろうと
足しげく利用してあげているのだから変に気後れする必要もないんですが、
もしいつも買っているきっぷがすべて遊びのためだと思われていたらどうしよう……
最近心配だったんですよ。(笑)
きっとこれで係員さんも「あの人が買うきっぷの『いくらかは』就活に必要なんだ」
理解してくださったはずです。(笑)
ちょっと行きやすくなりました……。

今のところ、
今月は大阪に2回行き、
来月は大阪に2回と福岡に2回行く予定です。


学びたいことを学びたいように学べるのが今だけであるように、
お金のことを気にせずあちこちに出かけられるのも、やはり今だけだと思います。
というのが、僕は就活にかかる旅費をもちろん自分の貯金から出していますが、
その旅費を普段の家計簿に記録してしまっては、
ここ数ヶ月、相当な額の赤字を計上することになります。(笑)
それを見てゲンナリして「こんなことなら説明会に行く数を減らそう」なんて
思ってしまっては本末転倒ですから、
僕は、就活にかかる旅費は、普段の家計簿とは別に就活用の家計簿を作って管理しています。
結果、通帳の残高こそ減っていくものの、
その減少が月々の家計に響くことはないので、
通帳の残高が持つ限り、お金を気にせずあちこちに出かけられるわけです。

就活用の家計簿を見ると、去年の6月から先月までで
旅費と宿泊費で80,780円ほど使っています。
そして、今月・来月に予定している6件のうち4件について、
33,580円ほど使うことが見込まれます。
改めて見ると、お金を使っているなぁ、と思います。(笑)

今日の授業は午前中の2つでした。
1コマ目の「文化人類学B」では、「幼稚園のとき『なに組』だったか」
先生が1人1人に質問されたんですが、
僕は、年少がもも組・年中がすみれ組・年長がふじ組でした。

午後からはネットで驚愕の事実に気付いてトラベルセンターに走りました。(笑)

で、5コマ目に、JR西日本の学内セミナーに行ってきました。
本当は木曜の5コマ目には「数理情報科学演習」の授業があるし
JR西日本の説明はもう3度も聞いていて、今回のもそれと同じだとは分かっていたので
昨日の夜までは、行かないつもりでいました。
ですが、せっかく学内であるのだし、第1志望の会社でもあるし、
近づけるときには近付いておこうと(笑)先生に70分の遅刻をお願いしました。

鋭い人は、上に書いた
「学ぶ権利を就活のために失いたくない」と矛盾するとお思いでしょうが、(笑)
この授業、僕ともう1人の学生が、
担当の先生に、自分の研究の進捗具合について報告するものです。
担当の先生から何かを習うものではなく、
それゆえに、いつ行なうかということについては、
ある程度、個人の都合に柔軟に対応していただけます。

セミナーですが、僕にとっては4度目の説明でしたが、
初めて「机の上でメモを取りながら聞けた説明」でした。
(今までは椅子に座ってクリップボードの上でメモを取っていた)
そのおかげで、細かいところまでメモを取ることができ、
行っておいてよかったなぁと思いました。

気になったのは、プレゼンターである人事の社員さんが
九州新幹線開通・大阪駅ビルオープンの時期を「来春」と(3度)おっしゃったこと。
もう「今春」です!!
あと、「エクスプレス予約」のことを「エクスプレスカード」と(2度)おっしゃったこと。
「エクスプレスカード」だと、JR東海のクレジットカードです……。(笑)

終わってから、事務的なことではあるんですが
個人的に質問に行ってきました。
そうすると、「いいところに気付きましたねぇ!!」と褒められました。
ますます、行っておいてよかったなぁと思いました。

ところで、本当は、JR西日本の社員さんにすごく質問してみたいことがあります。
もっともこれは、こういう説明会でのプレゼンターである人事の社員さんではなく、
社長とまではいかずとも、支社長くらいの社員さんに聞いてみたいんですが、

---
日本にはJR・私鉄と含めてたくさんの鉄道会社があります。
それらの中で、御社が他社と比較して優れていると感じる点、
また、劣っていると感じる点について
、お聞かせください。
---

ここまでならよくあります。肝心なのはこの先で、

---
ただし、「大きな事故を起こしたこと」とか
「安全に対して高い意識を持っていること」など、
事故に関するものは除いてお答えください。
---

実際に質問してどのような回答が返ってくるかはわかりませんが、
大きな事故を起こしたことは、他社より劣っている点に違いありません。
そして、それを受けて制定された安全性向上計画・安全基本計画は、
たとえその内容が他社にない優れたものであろうとも、
あれだけの事故を起こしておいて何の反省もしない方が異常なのであって、
「優れた点」ではなく「ごく当然のこと」でしかありません。

JR西日本の説明を聞いていると、
やむを得ないことではありますが、
事故を反省しています、それを受けて安全のためにどういう取り組みをしています
という雰囲気が、終始漂っているような気がします。
何を置いてもまず安全、という意志が先行し、
JR西日本が本来持っているはずの魅力や仕事のやりがいについて、
十分に聞き出せないまま終わってしまう、という印象を受けます。
事故のことは忘れて、というと大いに語弊がありますが、
魅力ややりがいをもっと生き生きと語ってもらえると嬉しいなぁ、と思います。


あと、説明の最後に告知があったんですが、
12月に東京と大阪であったセミナーが、
来月には広島でも実施されるそうです。
だったらわざわざ先月大阪まで行かんでもよかったのに~~と一瞬思ったんですが、
(今日2度目の「~~と一瞬思ったんですが」)(笑)
「先んずれば即ち人を制す」とは僕の好きな言葉だし、
説明会は、地元で開かれるものより、
知らない場所で開かれるものに参加した方がいいと思っています。
もっとも……僕にとっては大阪より広島の方が「知らない場所」なんですが。(笑)
知らない場所に行って、周りは見知らぬ人ばかりという環境に身を置く方が、
絶対に自分のためになると思います。

何か今日は持論を熱く展開することが多くなりました。(笑)

想像の範囲内だ!

今日は授業が1コマ目からなので、久しぶりに(旅行のため以外で)(笑)早起きをしました。

1コマ目は「数理解析」ですが、
今日は先生の口から「そのこころは」という言葉が3度くらい出てきました。
「○○とかけまして~~」から続くものではなく、
それ単独で、「結果として」とか「期待するところは」みたいな意味合いでの登場なんですが、
さては先生、冬休みになぞかけにハマったか!?(笑)

2コマ目は「環境人間総合科学」。
今日あたり期末試験がいつあるか発表されるかな~~と少し期待していたんですが、まだでした。
2月2日か2月9日だということは確実なんですが、
できれば2日に済ませてほしいんです。
9日には、入るかもしれない用事がひとつあって、
仮にその用事の予定が入らなければ別の用事をしなくてはならないんですが、
そこに期末試験が入れば、それが最優先される用事として位置づけられますから、

2月9日の過ごし方が、現時点でか~~なり不安定なんです。(笑)
早く決めてしまいたい……。

夕方にはバイトに行ってきました。
熊本出身の後輩と話をしたんですが、彼は新八代駅のことを「しんやつ」と言っていました。
そういえば山口の人には「新下関」を「しんしも」、「新山口」を「しんやま」と呼ぶ人もいます。
(僕は「新下関」は「しんしも」といいますが、「新山口」は旧駅名の「小郡」ですね)
えてして、「新○○」という駅は「新」と「○○」の頭2文字で略されることが多いんでしょうかね!?
「新富士」だと略しようがありませんね……。(笑)

ところで、来週と来月に大阪梅田・福岡天神に就活関係で出かけますが、
それぞれ、乗車券は複数に分割して、200円・180円ほど節約するつもりでいました。
ただ、分割すれば学割証も2枚必要なわけで、
年度で20枚まで取得できるとはいえ、200円の節約のために2枚使ってしまって
いざというとき(例えば東京に行くとして)学割証が足りなくて
2,210円の損をしては単なるバカですから、(笑)

学割証を今年度あと何枚取れるのか調べてみました。
結果、あと8枚とのことで、手元にある2枚とあわせて10枚を
残り3ヶ月に使うかどうかという問題になります。

さすがに10枚あれば大丈夫だろうとは思うんですが、
3月ごろには面接で遠くに呼ばれることも少なからずあるだろうし、
ここは、乗車券を節約せず、普通に学割1枚で買うことにします。

ところで、今年度、学割の乗車券をいったいどれだけ買ったのか!?
調べてみました。

・(連続)7月17日~ (陽)西条 ─→ (讃)高松・(讃)高松 ─→[福]福岡市内
・(片道)7月19日~ [福]福岡市内 ─→ (陽)西条
・(往復)7月24日~ (陽)西条 ←→ [阪]大阪市内
・(往復)8月29日~ (陽)西条 ←→ 土佐山田
・(往復)10月3日~ (陽)西条 ←→ [名]名古屋市内
・(片道)10月22日~ (陽)西条 ─→ [阪]大阪市内
・(片道)11月5日~ (陽)西条 ─→ [区]東京都区内
・(片道)11月18日~ (陽)入野 ─→ 万富
・(片道)11月18日~ 万富 ─→ 大阪・新大阪
・(往復)11月20日~ (陽)西条 ←→ 中庄
・(片道)12月19日~ 城崎温泉 ─→ 大阪

(入学センターで出張するときには学割証が支給されることがあり、
その分は20枚から引かれないようなので、計算は合いません。)

この11件を用途別に見てみると

・出張:4件
・就活:5件
・私用:2件

という感じでした。

最後に、今日心に響いた名言。
「○○だって?……想像の範囲内だ!」
やっぱりあの人の勘は鋭い……。隠し事はできん……。

accountability

今朝東広島に戻ってきました。
横4列の高速バスですが、いつものようによく眠れました!!

で、2コマ目の「日本住宅史研究」の授業へ。
朝食が授業の直前になったので、授業が終わってもあまりお腹が減っておらず、
食堂には行かずにメディアセンターでメールチェックをして、
トラベルセンターにきっぷを買いに行ってきました。
今回はJRではなく高速バスを2つです。

その2つのうち1つ目は
シートマップを示されて好きな座席を選べたんですが、
何と、25席の定員のうち、まだ1席しか埋まっていませんでした!!
来週半ばの便なんですが……。これからどれだけ埋まるのか!?注目です。(笑)

で、2つ目は座席の指定はできず、
係員さんが電話でどこかに問い合わせて席の確保をされていたんですが、

「1号車7番、デンマークのお席ですね」

と向こう側に復唱されていました。
「デンマーク」とは「D席」のことで、他には
「A席」は「アメリカ」、「B席」は「ボストン」、「C席」は「チャイナ」、
「E席」は「イングランド」というのが、その道の用語です。
ただ、実際にそれを使っている場には初めて遭遇しました……。

その後に食堂でお昼を食べました。

夕方にはバイトへ。
授業も本格的に始まり、お客さんも戻ってきました。
久しぶりに忙しいバイトでした……。

あと、昨年末から、ちょっといろいろと
説明責任を果たさねばならない事態に遭遇しているんですが、(笑)
結局それをせぬまま年を越してしまいました。
これではいけないと、メールでその事態の説明責任を果たそうと
今日はバイト前とか夜の時間にそのメールを書いているんですが、
字数にしておよそ9,000字になってしまいました……。
9,000字って……。ちょっとした論文になるじゃないですか。(笑)
もっと書き足せば、
夏目漱石の「こころ」の後編(「先生」からの手紙)みたいになってしまいます。

そうまでするくらいなら、文章でカタカタ書くのより、
どこかの市長よろしく、動画に撮ってYouTubeにアップする方が早いですね……。(笑)

2011.冬 旅行記 7-2

朝は6時30分に起きました。買っておいたパンを食べて、7時に出発。これからのことは前の日にほぼ予告したも同然ですが、(笑)改札口で「さわやかライナー」のライナー券を買って、その「さわやかライナー」に乗車しました。前夜の「ホームライナー」と同じく、この列車も3月からは特急「川内エクスプレス」に変わります。最初で最後の乗車になります。

変換 ~ DSC00090

変換 ~ DSC00093

変換 ~ DSC00097

まぁ、名前以外は昨日の「ホームライナー」と同じなので改めて書くこともありません。(笑)昨日と同様にお客さんは少なく、座席をひっくり返して4人分を独占しても問題ないんですが、今回は旅行記ではなく「環境人間総合科学」のレポートの執筆のために背もたれのテーブルを使いたかったので、やはりひっくり返しませんでした。(笑)

変換 ~ DSC00100

あと、ホテルの部屋でデジカメのバッテリーを当然充電していたんですが、見るとすでに残りがわずかになっていました。このデジカメも買ってから1年8ヶ月になるし、在庫品だったのでバッテリーの実年齢(笑)はもっと上なのだろうから、そろそろ消耗しているんですかね……。で、これだと今日は持たん!!と思い、洗面所のコンセントで鹿児島中央駅まで充電しておきました。

変換 ~ DSC00104

鹿児島中央駅で、特急「きりしま」と並びました。こんな光景が博多駅で見られていた時代を、ほんの少しだけ知っています。

変換 ~ DSC00111

駅には観覧車があります。乗ってみようかと本気で思ったんですが、やめました……。(笑)

改札を出た案内所で鹿児島市交通局(電車・バス)の1日乗車券を買い、市内循環バス「シティービュ」の乗り場へ。

変換 ~ DSC00110

シティビューはこのバスとは違うんですが、(笑)回送中の車が独特の表示をしていました。回送中の表示といえば、岡山で見られる「すみません回送中です」が好きです。

シティビューには3つの路線があり、そのうち2つが昼間に運行しています。運賃は一律180円です。まぁ鹿児島観光にはちょうどいいかと思い、両方の路線に乗りつくすことにしました。

変換 ~ DSC00115

変換 ~ DSC00127

まずは8時40分発の「ウォーターフロントコース」。海とイルカをイメージした、「ウォーターフロント」にふさわしいバスです。

このバス、小田急のVSEのように、座席が少し外寄りに向けられています。

変換 ~ DSC00121

写真だと分かりにくいと思いますが、乗ればすぐにわかります!!(笑)

海沿いを走る時には、桜島がきれいに見えました。

変換 ~ DSC00125

このバスで鹿児島市を1周し、9時40分に鹿児島中央駅に戻ってきました。

続いて、10時30分発の「城山・磯コース」。

変換 ~ DSC00129

レトロ調のバスで、松江市の「ぐるっと松江レイクライン」、奈良市の「バンビーナ」などでも使われているタイプです。もっとも、仕様はそれぞれ若干違っているようで、車内後部の座席が、レイクラインでは立席スペース+最後尾5名(だったような気がするが自信はない)、バンビーナでは外向きロングシートだったのに対し、シティビューでは立席スペースのみでした。

あと、この磯山・城コースの運転士さんは運転中にずっと観光ガイドをしてくれました。もともとシティビューでは自動放送により観光ガイドがされますが、それを全く流さない、すべて自己流の観光ガイドです。そして、「それはなかなか言わんでしょう」というところまでズバッと言っておられて、個人的にはけっこうツボだったし、他のお客さんにも受けていたみたいでした。たとえば

---
「(とある施設の展望露天風呂の説明をしたあとに)入浴料は2,400円とけっこう高めなんですが、この車内にあるパンフレットを見せるとなぜか半額になります。」

「(銃弾の跡が3000発?残っている壁の説明をしたあとに)ヒマな方はぜひ数えてみてください。」

「(左手に見える小さな施設の説明をしたあとに)右側の方は見えませんので、あきらめてください。

「皆様、大河ドラマの「篤姫」はご覧になったでしょうか?私、篤姫は1度も見たことがないんですが、」
---

などなど……。これを、決して「どうだ、おもしろいだろう」という雰囲気を見せずにしゃべっておられて、それなのにうけていて、(笑)いいなぁと思いました。

あと、「バスの正面を12時だとすると1時くらいの方向に……」という言い方もあって、これはうけるための話ではなくわかりやすいための話として、確かによく使う言い回しではありますが、参考にしたいと思いました。

こんな具合に運転士さんの名調子を楽しんでいたんですが、途中の仙巌園(せんがんえん)前を出てからそれがパタッと途絶えました。お客さんが一気に下車したからでしょうか……?それでも座席は8割方埋まっていたので、オーディエンスは十分にいたと思うんですが……。

僕はこのバスで途中の天文館で降りるつもりだったのを、この運転士さんの話を最後まで聞きたくて終点の鹿児島中央駅まで乗り通そうと決意したのに、途中で話が終わってしまったので最初の予定に立ち返って天文館で降りました。(笑)

変換 ~ DSC00132

天文館通といえば、南九州を代表する繁華街です。おととし(2年生)の5月に大学の博物館の先生たちと学会で鹿児島大学に出張しましたが、学会の懇親会のあと、内輪の2次会では当然(?)天文館通で熱い夜を過ごした思い出があります。今日は特に天文館通のお店には行きませんでしたが、またここで飲みたいなぁと思います。(笑)

天文館通からは、路面電車に乗り換え。鹿児島の路面電車も広島と並んでいてその取り組みは先進的です。架線の電柱が2本の線路の中央(両側ではなく)に寄せられていたり(センターポール化)、軌道に芝生が敷かれていたりするんです!!そして、学会で鹿児島に来たときにも市内の移動のために路面電車に乗ったものの、あの時は運悪く「ユートラム」(低床車)に乗れなかったので、今回こそ乗ろうと思っています。

変換 ~ DSC00133

ということで、少し待ってユートラムに乗りました。この電車、見た目は3両編成に見えますが、1両目と3両目は運転席専用で、客室は2両目だけです。おかげで運転席がものすごく広いんですが、スペースの使い方としてちょっともったいないんじゃないかと思うくらいです。(笑)

変換 ~ DSC00135

終点の郡元まで乗りました。「ユートラム」には2種類あって、できればもう1種類にも乗りたいなと思っていたところ、次にやってきたのがそれでした。

変換 ~ DSC00137

しばらく停まりそうな雰囲気だったので写真を撮っていたんですが、そうこうしているうちに、ドアが閉まってしまいました……。(笑)

あまりここで使う時間もなく、結局今乗ったのと同じタイプのユートラム(正確には、同じ車両の折り返し)に乗って鹿児島中央駅に引き返しました。

変換 ~ DSC00139

鹿児島中央駅では、駅ビル「アミュプラザ」の地下へ。あまりなじみのない場所に出かけるときに前もってその地の知り合いからおすすめの情報を仕入れることを僕はよくやりますが、今回は、博物館のアルバイトの後輩に鹿児島の出身の人がいるので、情報を求めました。結局

---
とりあえずは鹿児島中央駅が改装したので降りてすぐのお土産コーナーと、駅から直通のアミュプラザという駅ビル?が一番栄えてるところだと思います。アミュプラザの地下にあるラーメン屋さんは有名らしいですよ。名前はちゃんとは覚えてないのですが、むらさき~だったと思います。
---

という情報を得ました!!調べると、「むらさき~」の正体は「こむらさき」だったので(笑)そこに食べに行くことにしました。

変換 ~ DSC00143

1杯950円します。「一蘭」を大きく上回る、今までに食べた中で一番高いラーメンです。(笑)

変換 ~ DSC00142

写真を見るとけっこうこってりしていそうな感じだったんですが、食べてみるとかなりあっさりした味でした。どちらかというと僕は「一蘭」の方が好きかな~~という感じではありましたが……これから鹿児島に行くときの行きつけにしたいと思います。

食べ終わったら、指宿枕崎線のホームへ。今から、13時40分発の特別快速「なのはなDX5号」に乗ります。

変換 ~ DSC00147

昨日の「ゆふDX」は今日がラストランでしたが、この「なのはなDX」もこの3月をもって引退することになっています。個人的には、「なのはなDX」を特急「指宿のたまて箱」に置き換えることはとんでもない改悪だと思うんですが……。

変換 ~ DSC00152

変換 ~ DSC00183

変換 ~ DSC00153

変換 ~ DSC00155

「なのはなDX」は3両編成で、3号車が「DX」たるゆえんの指定席です。車内の中央には縦長の窓を取ったフリースペースもあります。座席は特急「はやとの風」(まだ乗ったことがないが)と同じものが使われており、特急と快速の違いといえば、リクライニング機構が省略されている程度です。「なのはなDX」という名前の入った切符を残したいという思いもあるのでもちろん指定を取りましたが、座席と窓割とが一致しないので、どこを押さえるかはけっこう重要になってきます。前もって下調べをして、今から乗る方向(上り)なら5番列が最も窓割があっており、さらにA席なら海側だと分かったので、5番A席を指名買いしました。

変換 ~ DSC00159

ただ、せっかくそうまでして眺めのいい席を買ったんですが……、このときに眠気のピークがきており、一度旅行記を書きかけるもすぐにダウン。途中からは本格的に寝てしまい、終点の指宿駅に到着しても目覚めず、車掌さんに「終点ですよ!!」と起こされるという経験をしました。これまで数多くの鉄道旅行をしてきて、途中で深く寝入ることはあっても起きるときにはちゃんと自分で起きており、終点ですと車掌さんに起こされるのは初めての経験でした。

しかも、僕は9分後の「なのはなDX6号」ですぐに折り返すことにしているんですね。なのでこの9分で駅の写真をいろいろと撮りたいわけですが、ただでさえ少ないその時間を、寝過ごしによってさらに食いつぶしてしまいました。

変換 ~ DSC00164

変換 ~ DSC00167

変換 ~ DSC00169

変換 ~ DSC00168

ということで足早に写真を撮り(ホームや駅前には菜の花が咲いていました)、すぐに折り返しの6号に戻りました。車掌さんもさっきと同じ人で、検札に来られたとき「もう帰るんですね……」みたいな表情が顔に出ていました。(笑)

(ここまで、後に乗った列車内にて記録。現在19時23分)

鹿児島中央駅への折り返しはちゃんと起きていました。

変換 ~ DSC00175

変換 ~ DSC00177

桜島がきれいに見えました。ちなみに帰りは7番A席を指名買い。ちゃんと景色を眺めてこそ、眺望に優れた席を指名買いしたかいがあったというものです。(笑)

で、途中の駅で、そういえば僕はこの駅にぜひ下車してみるべきだなぁと気付くところがありました。終点の鹿児島中央駅に到着してからまだ1時間以上の余裕があったので、同じ列車の自由席に移り、折り返しの「なのはなDX7号」で元の道を引き返しました。(笑)

しばらく走ったところで目的の駅で下車し、入場券と、縁起のよさそうな「喜入駅」までの乗車券を買っておきました。「喜入」は「きいれ」と読みます。ワンマンの車内放送では「次は、喜び入る駅、喜入駅です」と案内されます。まぁ、目的の駅から喜入駅までの乗車券を買って、そこに表記される駅名(発駅と着駅)に「レ点」と送り仮名を付ければ、いい言葉ができるというわけです。(笑)(僕に近い人にしか意味が分からないと思います……。あしからず)

きっぷを買ったら、鹿児島中央駅まで引き返しました。今度はさすがに「なのはなDX」ではなくワンマンの普通列車なんですが、自動放送で「車内をきれいにするため、車内美化にご協力をお願いします」と流れます。前に乗ったときにも気になったんですが、これ、日本語として変ですよね?「車内美化」とは「車内を美しく化かす=きれいにする」ことなのだから、「馬から落馬」と同じことだと思うんですが……。

鹿児島中央駅に到着したら、改札前の土産物屋さんへ。後輩のすすめです。旅行者に対して土産物屋さんをすすめるということは、何かちゃんとお土産を買ってきてねという婉曲なおねだりなのかもしれませんが、特に何も買いませんでした。(笑)

この後は、新幹線ホームへ。

変換 ~ DSC00204

例の「つばめ・おれんじ ぐるりんきっぷ」ですが、熊本駅への復路には九州新幹線とリレーつばめに乗れます。指定料金券を買って指定を取ったとは前日に書いたとおりですが、僕は「つばめ18号→リレーつばめ18号」の乗り継ぎを選びました。どうしてもこの「つばめ18号」に乗りたかったんです。というのが、現在の「つばめ」は各駅停車と川内駅停車が交互に運転されていますが、1日に1往復だけ、新八代駅までノンストップで走る便があるんです。ただ、この3月からは、「つばめ」はすべて各駅停車になり、速達列車の役割を「さくら」「みずほ」に譲り渡すようになります。そのため、今のうちにノンストップの「つばめ18号」に指定を取って乗り、鹿児島中央駅から新八代駅までを全列車で最速の35分で走り切っている証拠を指定料金券に残したかったんです!!言うならば、「こだま」が東京~新大阪間を2時間30分で走っているようなものです。

変換 ~ DSC00211

前期の「応用統計学」の先生が、ご自身のブログにこのような写真を載せ、「『これ以上先まではレールが伸びない』という、真の意味での新幹線の『終点』は、今のところここだけだと思う」という趣旨のことを書いておられました。

変換 ~ DSC00219

鹿児島中央駅を出たら、35分で新八代駅。いつもは6号車側から「リレーつばめ」との並びを撮りますが、今回は1号車に乗っていたので、1号車側から写真を撮ってみました。

変換 ~ DSC00224

思えば、初めて「リレーつばめ」で新八代駅に降り立ったとき、6号車側(リレーつばめでいう7号車側)からでないと両者の並びが撮れないことを知らず、1号車側に行ってしまって並びを撮れなかったという思い出があります。高2の8月のことでした。

「リレーつばめ」は3号車。壁の真ん前の座席だったんですが、ちょうどよくコンセントがあったので、短い時間ではありますがデジカメのバッテリーを充電しておきました。(笑)

熊本駅で「つばめ・おれんじ ぐるりんきっぷ」は終了。

変換 ~ DSC00230

駅前の建物にはこんなイルミネーションがありました。

さて、ここからは、昨日買った福岡市内までの10枚きっぷと、それに付随する指定料金券を使います。乗る列車は「有明28号」。直前に指定席券売機で空席を照会してみましたが、どうやら僕の隣は空席のようです。

変換 ~ DSC00236

変換 ~ DSC00241

特急「リレーつばめ」は廃止になりますが、特急「有明」も、その多くが廃止され、朝と夜のみの運転で1日わずか7本のみになります。要は「有明1号」から「有明7号」までしか存在しないわけで、「有明28号」なんて大きな数が付くのもあと少しです。そう思って指定料金券を買ったんですが……、「有明28号」ってどこかで聞いたことあるなぁ……と、券面や車内の電光掲示を見るたびに思っていました。

変換 ~ DSC00247


で、気付きました。「鉄人28号」のイメージがあったんでした。(笑)

隣が空席のようなので、カバンはハットラックに上げずに隣の席に置いて、テーブルにノートパソコンを出して旅行記を書いていました。そしたら、途中の玉名駅からサラリーマンが何人連れかでやってきて、そのうち1人は隣の席を買った人だったみたいです!!慌てて荷物をハットラックに上げて、旅行記を覗き見されるかもしれんなぁ……と不安になりながら頑張って書いていました。(笑)

博多駅に19時36分に到着。熊本駅から約1時間30分、快適な旅でした。

博多駅では、福岡在住の高校時代のクラスメイトと約束をしています。ここで合流して、駅の近くのお店にもつ鍋を食べに行きました!!前にも(旅行記がまだですが)彼ともつ鍋を食べに行ったことがありますが、いいですね、もつ鍋!!大好きです。今から横4列の夜行バスに乗るかと思うと飲む方も食べる方もあまりガンガンいけなかったのが残念でした。(笑)

この後はもちろん2次会です。カラオケに1時間行きました。僕が歌った曲と採点結果ですが

---
・12個の季節~4度目の春~(川嶋あい):84点
・あずさ2号(狩人):75点
・Hello,Again~昔からある場所~(MY LITTLE LOVER):63点
→これ、つい最近知って何度かYouTubeで聴いただけだったんですが、ノリで歌ってしまいました。そしたら全然だめで、例えるなら「ろくに勉強せずに試験を受けてしまったとき」みたいな感じでした。(笑)その割に63点、単位は取れていますね!!(笑)
・大声ダイヤモンド(AKB48):77点
この曲が最近の持ち歌になりつつあることについて……。(笑)
・海が運ぶうた(川嶋あい):76点
・ありがとう(いきものがかり):77点
---

友達とは地下鉄の駅で解散して、僕は博多バスターミナルへ。けっこうギリギリまで遊んだので、待ち時間はほとんどありませんでした。広島行きの「広福ライナー」です。最近、夜行の「広福ライナー」は中国バスの車に当たってばかりでしたが、今回は久しぶりに中国ジェイアールバスの車に当たりました。あと、座席は3Cだったんですが、夜行バスなら窓側より通路側の方が通路に足を伸ばせるので格段に楽だと再認識しました。

博多バスターミナルを出ると、小倉南インターからもお客さんを拾って、吉志(きし)パーキングエリアでの休憩を挟んで夜間の走行に入りました。実は吉志パーキングエリアまでの時点ですでに熟睡できていたんですが、休憩のあとも引き続きぐっすりと眠れました。

翌朝7時前に、西条昭和町バス停に到着。

変換 ~ DSC00255

「広福ライナー」は広大へは行ってくれません。なのでここから大学行きの路線バスに乗り換えて大学に戻るんですが、広福ライナーの所定の到着時刻が6時53分で、そこから乗り換えられるバスが57分発。これを逃すとこの先50分も便がありません。ここでの4分の遅れはかなり大きいんですが、今回も無事に定時に到着しました。

今回、青春18きっぷの有効期間が10日間ほど短くなりました。おかげで、この3連休は毎日旅行をするという、大変な贅沢をしました。(笑)

2011.冬 旅行記 7-1

前日の予定通り、朝は4時15分に起床。自転車で家を出て、セブンイレブンに寄って朝食の弁当を買い、広大中央口のバス停に着いたのが5時。バス停の向かいにタクシー乗り場があって、まぁこの時間ならいるだろうと悠長に構えていたんですが……いなくて、(笑)電話で呼び出したところ、10分くらいかかるとのこと。……しょっぱなから予定が崩れそうな気がしてきました!!

電話対応の係員氏の言葉通り、タクシーがやってきたのは5時10分ごろでした。乗ったらすぐに「西条駅までお願いします。19分発のに乗りたいんですけど」。すると「まぁ、9分ありゃぁ着くでしょう」と応じた後けっこう豪快に車を飛ばし、18分に西条駅に着きました。ちょっと危ないところでした……。

西条駅では青春18きっぷの4日目にハンコをもらい、19分発の下関行きへ。
変換 ~ DSC09938

乗ったら、まずは朝食にしました。車内が混んでしまう前に食べた方がよいだろうと思ったので……。決してお腹が減っていたわけではなく。(笑)

変換 ~ DSC09940

で、食べ終わったら、「2度寝」(?)をしました。前の晩は2時間しか寝ていなく、しかもこれから数時間は前日にも通った路線なので、寝直しの時間に充てるつもりでいます。(笑)広島駅を出たところで寝始め、柳井駅で1度目を覚まし、それ以外にはほとんど目を覚ますことなく新山口駅までやってきてしまいました。さらにそのあとも寝たり起きたりを繰り返して、下関駅に到着。2日続けて、西条駅から下関駅まで在来線に乗りました……。

下関駅からは、九州方面の小倉行きへ。

変換 ~ DSC09941

さらに、小倉駅からは、快速の鳥栖行きへ。今日は北九州市の成人式が開催されるようで、会場はスペースワールドなんですが、そんなわけでスペースワールド駅まではスーツや振り袖の兄ちゃん姉ちゃんで混雑していました。車内から見たスペースワールドの入場ゲートも、彼らで大混雑。ところで、ちょっと気になるんですが、スペースワールドで開催するということは、式典の後はパーク内で遊べる(招待されている)んでしょうか!?そして、その場合、彼らは一度帰宅して服を着替えて出直すんでしょうか!?この疑問は、北九州市出身のバイトの先輩にぶつけてみることにします。(笑)

スペースワールド駅から先はあまり混雑することもなく、11時41分に博多駅に到着。ここで下車し、筑紫口のヨドバシカメラの入口にある金券ショップで、特急の回数券「2(4・10)枚きっぷ」のばら売りを2区間分ほど購入しました。ともにこの先に使う分で、自由席用なんですが、「2(4・10)枚きっぷ」などの自由席タイプの企画乗車券を提示すれば購入できる「指定料金券」(今の時期だと500円)を購入して指定席に乗車するつもりでいます。

そういえばこの「指定料金券」のことをJR四国では「ザ・席(券)」と呼びますが、あのネーミングはなかなか好きです。(笑)

指定料金券を求めてみどりの窓口へ。1つ目は普通に発券してもらうだけなのでいいんですが、問題は2つ目です。これは、今から乗る、12時18分発の「ゆふDX3号」のものなんですが、その話題に明るい人はご存知のように、「ゆふDX」は明日をもってラストランとなります。それもあってか、それとも普段から人気なのか、数日前にサイバーステーションで空席をチェックすると、途中の久留米駅までの短距離の乗車予定にも関わらず「」になっていました。

「ゆふDX」には自由席も連結されているので万が一指定席を取り損ねれば自由席に乗ってもいいんですが、せっかくなら「ゆふDX」の名前入りのきっぷを手元に残したいところ。そこで考えた結果、昨日の朝、とりあえず博多駅から久留米駅までの(指定席の)特急券(1,100円)を西条駅で購入しておきました。そして、もし「特急券」から「指定料金券」への乗車変更ができるならそのようにしてもらい、できないなら、「特急券」を払い戻して「指定料金券」を購入することにしようと思ったわけです。

万が一「特急券」を払い戻すことになった場合の手数料は、1,100円の30%なので330円です。もし満席で「ゆふDX」の名前入りのきっぷを残せないという事態に遭遇することを考えれば、330円の払い戻し手数料くらい安いものです。(笑)

で、相談してみると……乗車変更で処理できるとのことだったので、結局手数料は発生しませんでした。ただ、この取り扱いが正しいかどうかは係員さんによって解釈の分かれそうなところ(乗車変更は「同じ種類のきっぷ」への変更を認めるものですが、「特急券」と「指定料金券」は(確かに同じような種類のきっぷではあれど)どう見ても別の名前のきっぷなので、断られてもおかしくはないと思う)なので、読者の皆さんがこのやり方を試してもし断られたりしても、係員さんを悪く思わないであげてほしいです。(笑)

ちなみに、「ゆふDX3号」ですが、直前になっても数席のみながら空席はありました。

ホームに上がったら、まだ15分くらいの余裕があったので、立ち食いの博多ラーメンを食べました!!

変換 ~ DSC09947

食べ終わる頃には「ゆふDX」が入線。

変換 ~ DSC09948

変換 ~ DSC09951

変換 ~ DSC09955

「ゆふDX」には以前にも1度乗ったことがありますが、あの時は自由席の利用でした。あと、この車両は「オランダ村特急」→「ゆふいんの森2世」→「シーボルト」→「ゆふDX」とかなりいろいろな歴史をたどって生きていますが、(笑)「ゆふDX」になってからも、1度塗装が変えられています。現在は見てのとおりの黄色ですが、初期は漆色でした。僕が前に乗ったときはその色でした。

変換 ~ DSC09961

変換 ~ DSC09972

座席の模様や機能は前に乗ったときから変わっていません。

変換 ~ DSC09963

変換 ~ DSC09969

編成の両端にはパノラマシートやソファーのスペースがあります。

隣の席には駅弁を広げんとしているおばさんがいて、通路を隔てたおじさんとご夫婦同士のようです。もし僕が長距離の利用をするならおじさんと席を替わってあげてもいいんですが、なまじ久留米駅までなので、下手に変わってもまたすぐ戻らせるようになります……。そんなことを考えていると、このご夫婦は、駅弁を持ってソファーのスペースに食べに行きました。なるほど、賢いと思います。(笑)

そのおかげで僕の隣の席も空いたので、のんびりさせていただきました。(笑)

変換 ~ DSC09974

ただ、少し気の休まらないこともあり……。引退が決まってから、「ゆふDX」には客室乗務員さんが乗務して記念乗車証を配付しているんですが、久留米駅までに回ってこられそうにないんですね。確かにこの列車のメインは久留米駅より先の久大本線なので回ってこられないのはわかるんですが、せっかくもらえるものをもらわないのももったいないので、自分から客室乗務員さんを探し出して1枚もらいました。(笑)

久留米駅に到着。

変換 ~ DSC09977

別に狙ったわけじゃないんですが、僕が今日持っているかばんも、「ゆふDX」と同じ黄色です。(笑)

乗り換えの時間に一旦改札外に出て駅の様子を見てみました。

変換 ~ DSC09979

久留米駅にはもうすぐ新幹線がやってきます。新幹線コンコースの表示機には、「九州新幹線(鹿児島ルート)は3月12日に全線開通します」の文字が流れていました。

観察を終えて改札内に戻るとき、僕の青春18きっぷのハンコを見た駅員さんが小さく「西条……!!」と(単なる確認ではなく、ある程度感慨深げに)つぶやいたのを僕は聞き逃しませんでした。あるいは、西条駅が広島県の山陽本線の駅だとご存じで、遠くからやってきた僕のことをいとおしく思ってくれたのかもしれません。(笑)

ここからは、13時07分の快速荒尾行きへ。

変換 ~ DSC09985

さらに、荒尾駅で、普通の八代行きに乗り換え。熊本駅まで乗りました。

さて、ここまでは青春18きっぷを使ったり2枚きっぷを使ったりといろいろな切符が登場していますが、ここからもさらに登場人物?登場きっぷ物?が(笑)増えます。「つばめ・おれんじ ぐるりんきっぷ」という企画きっぷです。エリアにはいくつかの設定がありますが、僕が使うのは

往路:熊本 -(特急自由席)→ 八代 -(肥薩おれんじ鉄道・この区間は乗り放題)→ 川内 -(新幹線自由席)→ 鹿児島中央
復路:鹿児島中央 -(新幹線自由席)→ 新八代 -(特急自由席)→ 熊本
(往路・復路は逆も可)

というバージョンで、2日間有効で7,000円です。実は去年の9月にもこのきっぷを使ったことがあるんですが(まだ旅行記を書いていない……)、なかなか使い勝手のいいきっぷなのと、九州新幹線の全線開通後には何らかの改廃があるだろうと思われるのとで、今回もう1度使うことにしました。

ということで、熊本駅のみどりの窓口で

「すみません、『つばめ・おれんじ ぐるりんきっぷ』で鹿児島中央までなんですけど~~、」

と切り出すと

「はい、往路はどうしましょう?」
「おれんじ鉄道で。」
「では復路が」
「九州新幹線です。」

という具合に、話はスムーズに通りました。前回は別の駅で購入したんですが、話がすぐに通じず係員さんは分厚い通達書類のファイルを取り出し、さらに2度も誤発券されそのつど指摘し、3度目でようやく正しいきっぷを買えたという経験がありました。やはり経験が人を成長させるというか、前回購入したのはこの切符のエリア外の駅だったのでなかなか発券することもないんでしょうが、それにしても今日の熊本駅の係員さんのマルスさばきの鮮やかさには目を奪われました……。いつも、目の前でマルスを操作されるときには「あぁなるほど、こうやるんかぁ~~」という具合に目で追っているんですが、今日のは、全くもって、何をしているのかサッパリわからない状態でした。(笑)

あと、このきっぷも、「指定料金券」を買えば指定席が利用できます。今後レアになる列車名や券面は保存したいので、往路の「リレーつばめの券」と、復路の「つばめとリレーつばめの一葉表記の券」を残す意味でそれぞれ指定を取りました。

変換 ~ DSC00003

変換 ~ DSC00007

変換 ~ DSC00008

新幹線の全線開通を2ヶ月後に控えている割には工事があまり進捗していないなぁと思ったんですが……、(笑)熊本駅は、新幹線と在来線との乗り換え通路は高架ではなく地下に設けられるようです。

熊本駅からは、15時30分の「リレーつばめ15号」へ。

変換 ~ DSC00015

変換 ~ DSC00018

2号車の席が割り当てられたんですが、車掌室も2号車にあって、乗ったら座りもしないうちから検札がありました。(笑)

変換 ~ DSC00024

15時51分に新八代駅に到着。

変換 ~ DSC00028

乗客が3分のうちにホームを横切って新幹線に乗り換えるこのシーンも、もうすぐ見納めとなります。

変換 ~ DSC00035

今まで数多くの人に撮影されてきたであろうこの並びも、もうすぐ最後です。

新八代駅からは、肥薩おれんじ鉄道の出水行きへ。

変換 ~ DSC00037

新八代駅を出発する時点では1両だったんですが、次の八代駅で前に1両つなぐそうです。まぁ、後ろの車両にいればドアの開け閉めがなくて車内の温度が保たれるからいいやとそのまま居座るつもりでしたが、前に連結されたのは……、

変換 ~ DSC00039

転換クロスシートの「おれんじちゃん」でした!!後ろの車両はボックスシートなので、この差は大きいです!!しかもこれから1時間30分以上乗るので……。

変換 ~ DSC00042

車内は、転換クロスシートなだけではなく、小さなテーブルまで付いています。パソコンを持ち込んで旅行記を書く身には大変助かります!!(笑)結局あのテーブルは幅(奥行き)が狭くてパソコンを落としそうなので使いませんでしたが……。

変換 ~ DSC00044

変換 ~ DSC00045

九州新幹線にはトンネルが多く、海の見える箇所はわずかですが、肥薩おれんじ鉄道からなら海もよく見えます。今日は曇ったり小雨が降ったりの天気でしたが、海のそばでは美しい夕焼けを見ることができました。

あと、前に乗ったときに気付いてビックリしたんですが、肥薩おれんじ鉄道の車内放送のメロディって、いつも利用している防長バスの萩行きの高速バスのそれと全く同じです!!いや、正確には、いつも利用している防長バスの萩行きの高速バスのそれの短縮バージョンです。肥薩おれんじ鉄道では、高速バスの半分までしか流れていません。いつもフルバージョン(?)を聞き慣れていると、この車内放送はなんともちぐはぐに聞こえます。例えるなら、JR西日本の新幹線の途中駅で「♪あぁ~ 日本のどこかに~」と流れるべきところが「♪あぁ~」で終わるようなものです。(笑)

現在、転換クロスシートを転換させて、前の座席に足を伸ばして、膝の上にノートパソコンを置いて旅行記を書いています。あと10分で終点の出水駅です。

(ここまで、肥薩おれんじ鉄道6233D車内にて記録。現在17時52分)

出水駅ではそのまま川内行きに乗り換えました。途中、この駅では列車の行き違いで2分の停車がありました。

変換 ~ DSC00048

変換 ~ DSC00047

時事ネタを「ここぞ!!」というときに使うのが好きな僕は、阿久根駅に来るとついついニヤリとしてしまいます。顔はめまであって……。誰かと一緒なら、確実にやりましたとも。(笑)

19時13分に、終点の川内駅に到着。まだ今日の活動は続きますが、ホテルを川内駅前に取っているので、先に荷物を預けに行ってきました。今回の宿は「川内ホテル」です。本当に駅の向かいのとても便利なところにありながら、ホテルのHPから申し込めばシングルが3,150円という安さです。その話には裏があり、(3,150円の)部屋にはお風呂がないんですが、別に温泉の大浴場があるので、部屋にはなくてもけっこうですという話です。(笑)結局のところ、非の打ち所はありません!!

変換 ~ DSC00053

荷物だけ部屋に置いたら、また川内駅へ。「つばめ・おれんじ ぐるりんきっぷ」では川内~鹿児島中央間は九州新幹線の自由席に乗れるので、19時50分の「つばめ55号」に乗りました。これからも「つばめ」という列車名は残るのであえて記録に残す必要もあるまいと思い指定席は取りませんでしたが、いろいろと考えれば、指定席が現在の1~3号車から4~6号車になるとか、号数が300番台(つばめ329号、のように)に変わることなど、よく考えてみれば今の状況も記録に残すに相当するものだったかなと、ちょっとだけ後悔しました。

やってきたのは、初めて見る、新型の800系でした!!

変換 ~ DSC00070

客室のデッキ寄りの壁には金箔が塗られています。また、座席のモケットにもさまざまな種類があります。

変換 ~ DSC00063

変換 ~ DSC00064

変換 ~ DSC00065

変換 ~ DSC00066

変換 ~ DSC00067

変換 ~ DSC00068

これらを撮影して回るのに、12分という時間はあまりに短すぎました……。ちなみに、上から順に1号車・2号車……の順になっています。

20時02分に鹿児島中央駅に到着。

変換 ~ DSC00071

変換 ~ DSC00061

鹿児島市は明日ちゃんと見る予定なので、ここではあまり目に物を写さないようにし、(笑)20時40分発の川内行き「ホームライナー」のライナー券(300円)を買ったら在来線のホームに戻りました。

この「ホームライナー」と、翌朝の川内からの折り返し「さわやかライナー」ですが、この3月のダイヤ改正で特急「川内エクスプレス」に格上げされ、車両が現行の485系から787系へと変わります。ならばこれにも乗らねばというわけです。そして、ホテルを鹿児島ではなく川内に取ったということは、翌朝どういう行動を取るのかは言わずもがなだと思います。(笑)

変換 ~ DSC00076

変換 ~ DSC00077

変換 ~ DSC00080

変換 ~ DSC00084

列車は3両編成で、1両に10人いるかどうかくらいの乗車率です。なので座席をひっくり返して4人分を独占してもかまわないんですが、バックレストのテーブルを使って旅行記を書きたいので、ひっくり返さずにいます。(笑)乗っていると、車体のゆれがかなり気になります。787系に置き換えて特急化した方が、100円の値上げにはなりますが、まだいいんじゃないかと思います。

(ここまで、鹿児島本線5412M「ホームライナー」車内にて記録。現在21時10分)

終点の川内駅には21時23分に到着。走っている最中から車掌さんは空いた座席の向きを変えられ、さらに降りたら方向幕は翌朝の「さわやかライナー」に変わっていました。明日の朝を待たずして、明日の朝の姿を見てしまいました……。(笑)

変換 ~ DSC00088

駅前はイルミネーションがきれいでした。あと、泊まっている「川内ホテル」は写真の右端の建物です。

ファミリーマートで今夜と明朝の食料を買い込んで、ホテルへ。近くなので本当に便利です。早速温泉の大浴場に行ってきましたが、銭湯のような感じで、番台におばちゃんがいて、タオルとか歯ブラシとか石鹸が売られていました。(宿泊者はタオルや歯ブラシは部屋にありますし、シャンプーなどは借りることができます)

こうして今日の予定を無事に終えました。

2011.冬 旅行記 6

今日のは、これまでに僕が手がけた数多くの(?)グループ旅行の中で
一番うまく企画できた気がします!!
まさに「心に届く旅」だったと思います。
7,000円もかけていないのに、大満足の1日でした!!

僕は自分で立てた企画で自分自身を楽しませることができるし、
時に、一緒に出かける誰かをも、楽しませることができます。

やはりこれは僕の才能だと思います!!
今日は、思いっきり自分自身を甘やかしておきます。(笑)

本当は、はやる気持ちを抑えきれず、今すぐにでも旅行記を書きたいんですが、
明日も西条発5時19分の電車(始発!!)で出かけるので
さすがにもう寝ます。(現在1月9日0時33分)
もう嬉しくて嬉しくて、今夜はさぞかしよく眠れそうなんですが、
明朝は何が何でも4時15分に起きます!!(笑)

~~

2009年の暮れも迫った12月26日、博物館の企画展のアルバイトの先輩から電話をもらいました。青春18きっぷ1回分の使い道に困っている知り合いがおられるとのこと。二つ返事で僕が引き取ることとなり、(笑)入手でき次第実家に郵送していただくことになりました。

ところが!!その後に状況が変わったようで、実家に届いた郵便には、話に聞いていた1回分以外に、2回分の券も一緒に入っていました。使えれば使ってほしいとのこと。そりゃ、できれば使いたいし、ここで使い残したりしたら鉄ちゃんの名が廃れるし……。(笑)でも、手元にもまだ2回分が残っており、それ以外に自分で使えるのは、当初の話にあった1回分が限界です。

そこで、企画展のアルバイトの先輩から回ってきた青春18きっぷはそのメンバーで使うべしと、(笑)メンバーの皆さんに「こういう事情で青春18きっぷが3回分手元にあるので、せっかくならみんなで旅行をしよう!!」と、アルバイトのメンバーでもない僕が(笑)メールしました。結局、ちょうど2人から参加の申し出を得られたので、3回分をきっちり使い切れることになりました。

そんなわけで、今回の登場人物は、僕と、アルバイトの先輩2名。先輩は2人とも4年生で、1人はガイドの先輩でもあってよく知っている人、もう1人はその先輩の(アルバイト前からの)ご友人、という感じです。もっとも、僕はアルバイトのメンバーでの打ち上げとかその後のもちつきのボランティアなどにもちゃっかり寄せてもらっているおかげで、その(ガイドの先輩でない方の)先輩ともすでにもう十分仲良く(?)なっていると思っています。年賀状も交換させてもらいましたし……。

という3人で西条駅に集合しました。僕は6時45分には到着して翌日の旅行に使う切符をみどりの券売機で買ったりしており、もう1人もすぐに来られましたが、最後の1人は、電車が入線するのと同時に来られました。(笑)下りの乗り場が改札を通ってすぐでよかったです……。

乗ったのは、6時55分の新山口行き。広島駅を過ぎた西広島駅まで40分近く立ったままでしたが、3人で話をしながらなので全く苦痛になりませんでした!!僕の旅行の「1人旅:グループ(2人以上)旅行」の比率は3:1か4:1くらいだと思いますが、普段当たり前のように1人旅をやっていると、この感覚(長く立ちっぱなしなのに疲れないという感覚)はとても新鮮です。(笑)

このまま乗り続け、和木駅からが山口県です。先輩は2人とも山口に来た経験はあまりないみたいで、(ガイドの先輩にいたっては、山口県に来られた経験2回中2回までもが僕に連れてこられたケース)(笑)そんな人に山口県に来てもらえるのはすごく嬉しいことです。大畠駅・富海駅界隈では車窓に望む瀬戸内海の景色も楽しんでもらい、終点の新山口駅へ。

新山口駅では、4分の接続で下関行きに乗り換え。今度は117系でした。

変換 ~ DSC09892

途中の「小月(おづき)」駅で気付いたんですが、ローマ字の表記が「Ozuki」になっています。

変換 ~ DSC09891

これだと「おずき」になると思うんですが、いいんでしょうか……?ひょっとして、ひらがなに直したときのことより、(たとえば外国の人が)声に出して読んだときのことを優先したんでしょうか?「du」だと「づ」でなく「どぅ」とも読めるので、外国人には「おどぅき」と読めてしまうとか、あるんですかね?

11時49分に終点の下関駅に到着。

変換 ~ DSC09893

西条駅から実に5時間の長旅でした。こんなこと僕には慣れっこですが、先輩の1人は初めての青春18きっぷだったとか。帰りには新幹線に乗る……ということもなく、帰りも同じように青春18きっぷで帰りますが、初めての青春18きっぷの旅行として10時間近い移動を経験していれば、きっと強い免疫がついたと思います。(笑)

下関駅の海を渡った次の駅は門司駅ですが、下関駅では、「関門突破祈念きっぷ」というきっぷを発売していました。

変換 ~ DSC09894

門司駅までのきっぷ(=『関門』海峡を『突破』するきっぷ)を購入すれば、オリジナルの台紙が付いてくるとのこと。これはうまいぞとポスターに釘付けになりました。(笑)そして、買うことにするから少し時間をと先輩に告げると、「(就活中のあなたにとって)そういうのは自分で買うものじゃない」と、先輩が買ってくれました!!さらに、台紙の「大切なあの人への応援メッセージ!」という欄も、「ぜひ書かせてほしい」とメッセージを書いてくださいました!!

変換 ~ DSC09936

きっぷを買ってメッセージを書いてくださった先輩と、何よりこういうアイデア商品を発売してくれたJR西日本に深く感謝するところです。(笑)気のせいかもしれませんが、JR西日本の駅には、こういう(地域の特徴に目をつけた)おもしろいきっぷを売っていたり、駅員さんが手作りの装飾を施しておられたり、という箇所が多いように思います。これもJR西日本のよさのひとつかな、と思いました。

さて、下関といえば、河豚です!!山口の人は、「福」にかけて「ふく」と呼びます。今回の目的地が下関になっていて、しかも山口を愛する人間が幹事をやっているのに、ふくを食べずして買えるという野暮なマネは決してしません。(笑)まずはふくを食べに行きます!!駅前のバス乗り場から、サンデン交通のバスへ。

変換 ~ DSC09896

車両自体はけっこう古い型だったんですが、座席のモケットはかなりきれいで、下関の名産や観光名所が描かれた座席になっていました。

バスを唐戸バス停で下車。唐戸市場やカモンワーフ(複合施設)がすぐそばにあります。ふく料理を食べるお店に関してはかなり多くの選択肢がありましたが、その中から、「からと屋」を選びました。

変換 ~ DSC09897

変換 ~ DSC09902

掘りごたつ席からは関門海峡の景色が見えます!!こんないい景色を眺めながら、

変換 ~ DSC09901

1,680円の「ふく刺し御膳」を食べました。山口のふくがおいしいことくらい始めからわかっているんですが、(笑)期待通りおいしかったです。そして、この冬には、城崎温泉駅のかに寿司・富山駅のますのすし・下関のふく、と、海の冬の味覚を堪能しているなぁと思いました。

お腹がいっぱいになったところで、運動がてら、(笑)近くの赤間神宮へ。

変換 ~ DSC09905

僕は初詣がまだだったのでそれを兼ねています。お約束のおみくじは……「末吉」でした。余談ながら、先に引いた先輩2人はそろいもそろって大吉で、その流れからの末吉は、若干気後れするところがありました。(笑)

あと、赤間神宮といえば、「耳なし芳一」の伝説のあるところです。それに関連してですが(というか特に関係はありませんが)、「フットンダ」の「名曲モジり」で「♪涙のキッス もう一度~」がお題だったとき、タカ&トシのどちらか(忘れた)が「♪お耳をカット 芳一の~」と「モジって」いて、ついそれを思い出しました。

参拝を終えて階段を下りるとき、海が望めます。

変換 ~ DSC09907

ここでの写真が、「初詣客でにぎわう赤間神宮」みたいなコメントつきで、新年1月3日あたりの新聞の山口版のページによく出ているような気がします。(笑)

初詣を終えたら、お昼を食べた「カモンワーフ」の隣の唐戸市場へ。

変換 ~ DSC09909

市場に来ると、青森の「のっけ丼」を思い出します。あれをまたやりたい……。

そして、カモンワーフで食事前から目をつけていた「ふく焼き」を食べました。

変換 ~ DSC09912

要は、たこ焼きの中身がふくなんです!!たこみたいな存在感がないので生地とふくとの違いがあまりわからなかったんですが(生地だけで売られても騙されそうな気がします)(笑)おいしかったです。

このあと、カモンワーフのそばの下関桟橋から門司側へ関門汽船の船で渡りました。

変換 ~ DSC09914

変換 ~ DSC09913

関門海峡を渡る方法はいくつかあります。観光客なら、船で渡るのが一番いいと思います!!

門司桟橋に着いたら、門司港レトロ地区の散策です。

変換 ~ DSC09916

跳ね橋「ブルーウイングもじ」は工事中で渡れませんでしたが、レトロ地区のレトロな雰囲気は堪能しました。(笑)あと、ここでプリクラを撮りました。

変換 ~ DSC09919

最後に門司港駅へ。ここでは、オリジナルの記念入場券を売っています。

変換 ~ DSC09937

それを買って、バス乗り場へ。15時21分の和布刈(めかり)行きに乗ります。

変換 ~ DSC09922

ちなみに、JR九州のSUGOCA・西鉄のnimoca・福岡市交通局のはやかけんとSuicaが相互に利用でき、バスにはSuicaをタッチして乗りました。そして、「関門トンネル人道入口」で下車。帰りは関門海峡を歩いて渡ります!!観光客なら、歩いて渡るのが2番目にいいと思います!!(笑)

人道は全部で780mのようです。下関側に向けて歩き始めます。

変換 ~ DSC09923

坂を徐々に下りて行き、途中でついに……、

変換 ~ DSC09924

県境にやってきました!!ここでどんなポーズで写真を撮ったかは言うまでもないところです。(笑)

この先は坂を徐々に上り、下関に出ました。

変換 ~ DSC09930

変換 ~ DSC09932

大砲のレプリカが展示されています。お金を入れると音と煙が出るようになっていました。(笑)

ここからはサンデン交通のバスで下関駅へ。駅横のショッピングモール「シーモール下関」のサンリブ(スーパーの名前です)で弁当を買って、16時55分発の岩国行きへ。下関駅始発の列車ですが、すでにけっこう並んでいて、往路のように座席をひっくり返して向かい合わせで座ることはできませんでした。僕はといえば先輩と一緒に座っていたんですが、眠気がピークに達し、すぐに寝てしまい……。少し記憶にあるんですが、通路側に座っていた僕は、通路に向けて倒れそうになりながら寝ていたみたいです。そんな僕を見て、先輩は「一番疲れたのは○○くんだから」という優しいお言葉とともに、窓側と席を入れ替わってくれました。幹事の努力が報われる、すごく嬉しいできごとでした。

岩国駅までそのまま行き、岩国駅で乗り換え。久しぶりに向かい合って座り、弁当を食べました。

変換 ~ DSC09934

ここから西条駅まではまだ1時間30分ありますが、最後までいろいろと話は尽きず、楽しい時間を過ごせました。

総じて、今回の旅行は、「心に届く旅」そのものだったんじゃないかと自負しています。機会があって3回分の青春18きっぷが手元に渡り、企画展のアルバイトの先輩2人と出かけることになったとき、初めに書いたように2人はすでにご友人同士なので、僕の分は共通のご友人に回してあげたほうがいいんじゃないかと心配しました。でも僕と一緒でいいと言っていただけて張り切った僕は、前の晩も遅くまでかけてしおりを作ったりバスの時間を調べたりしていました。先輩の優しさと、ほんのちょっとの僕の努力で(笑)、僕自身にとっては「心に届く旅」になったし、先輩も、関門突破祈念きっぷの台紙に「楽しい山口旅行をありがとう♪良い思い出になりました。」と書いたり、「一番疲れたのは○○くんだから」と労をねぎらったりと、今回の旅行に満足してくださったようでした。

「飲みニケーション」という言葉があります。確かに、飲み会で強まる絆はあると思います。でも、それと同じくらい、「旅行(リョコ)ミュニケーション」(僕の造語です)(笑)もまた大きな威力を発揮すると思うんです。とりわけ、青春18きっぷでの旅行においては。

青春18きっぷでの旅行は、特急や新幹線との旅行に比べて、車内で過ごす時間が長くなります。途中の乗り換えも多くなります。長い車内での過ごし方や多くの乗換えを通じて、仲間を思いやる意識が生まれると思います。さらに、交通費が格段に安くできます。その分を、食事や観光に回すことができます。

今回は、新幹線で行けば最速3時間程度で往復できる下関まで、10時間もかけて往復しました。その道中、いろいろな話ができました。さらに、お昼は奮発してふくの料理を食べることができました。それでも、交通費・食事代で5,000円ちょっとしかかけていません。これなら、飲み会1回分(2次会まであるとする)(笑)と大して変わりませんよね。

今回の旅行で、鉄道の旅行の持つポテンシャルを再発見することができました。さらに、「旅行ミュニケーション」というおもしろい言葉(?)まで作ることができました。(笑)絶対にこの経験は僕の将来に生かされると思います。

一緒に出かけてくださった先輩、本当にありがとうございました。「関門突破祈念きっぷ」は台紙ごと机の上に飾っています。一緒にアルバイトをしたわけでもない僕ですが、もう違和感なく溶け込めているかな、と思います。(笑)

Made by わたし

今日から授業が始まりました。
2コマ目の「ヒューマン・コンピュータ・インターフェース論」です。

で、午後からはガイドの担当だったんですが……参加者はありませんでした。
まぁ、こんな時期に歩きに行こうなんてなかなか思えないと思います。
僕だったら、暑かろうと寒かろうと出かけるときは臆することなく出かけますが……。(笑)

さらに、夕方はバイトへ。
今日から授業が始まったとはいえ、本来は今日はまだ冬休みで、
今日の授業は「不足する回を補うための振り替え授業」という扱いです。
それでも、カレンダーの都合でどの授業も一様に回数が不足しているので
本当はどの授業だって開講されなくてはならないんですが、
休講にする先生もサボる学生もいるでしょうから(笑)やはりお客さんは少なく、ヒマでした。

---
ととのいました!!
日本のリーダーとかけまして、今日の食堂の様子とときます。
そのこころは、どちらも、「かんさん(菅さん・閑散)」でしょう!!
---

なんてことがつい頭に浮かんでしまったんですが、
ドン引かれそうなので、(笑)誰にも言いませんでした。
それをここでぶちまけます。(笑)

そういえば、今日はお客さんが少なかった割に
最後まで居残るお客さんは3組もいました。
で、閉店の時間になってそういうお客さんに帰ってもらうとき、
先輩たちは持ち場(レジなり、食器の洗い場なり)から声を張って閉店を告げていますが、
個人的にはそれはあまり感じがよくないなぁと思っていて、
今日は僕が閉店を告げることになったので、
3組の席をそれぞれ回って

「すみません、そろそろ閉店しますので、ご協力いただけますか?
 ありがとうございました。」


と直接声をかけました。

あと、明日はうちの食堂が開くんですが(普段は土曜日には開かない)
おばちゃんに
「明日食べに来るじゃろう?ミール(カードのユーザー)じゃけぇね!!」
と言われ、勢いに押されてハイと言ってしまったんですが、
明日のお昼はもっといいものを食べに行くんですよ~~!!
楽しみです。

さて、年が明けて、ついに就活も本格化という感じですが、
(そういえば今度からは12月にならないと説明会を開けなくなるそうですね……。
もっと早くそうしてほしかったですよまったく)
今日は、K阪電鉄(もろわかり)(笑)から、
エントリーシート(の提出フォーム)が届きました。
手書きではなくネット上で入力しての提出になるんですが、
設問の中に

---
あなたが何かを成し遂げた・創り上げた、『Made by あなた』といえる事例を教えて下さい。
---

というのがありました。
なるほど、「いい質問ですねぇ~~!!」と思わずうなってしまいました。
常日頃から「あなたとは違うんです」を座右の銘に生きている人間ならば、
これはスラスラと書けてしかるべきです。(笑)
Made by わたし
キャンパスガイドのオープンキャンパスでの活動は、
僕がゼロから作り上げたものだと自負しています。
それにしようかな?

あと、N日本鉄道からは、説明会の案内が届きました。
2コマ目に授業のある日の15時から、福岡・天神で開催されます。
もちろん行くつもりなんですが、
そのためには、授業が終わってすぐに、
食堂にも行かずにタクシーで西条駅に向かわなくてはなりません。
西条駅までなら路線バスが頻繁に出ているのにも関わらず
タクシーという選択肢を選ばなくてはならないということは、
それだけ、時間に余裕がないということです。

別の機会で、同じく2コマ目に授業のある日の15時30分までに
大阪・梅田にも行かないといけないんですが、
この場合は、2コマ目の授業が終わってすぐ、
タクシーで東広島駅に向かうことになります。

僕は別に大学のある東広島市が田舎だから嫌いだとは全く思いませんが、
交通で大きく遅れを取っているなぁとは、こんなとき切実に感じます。

萩だってそれはそうなんですが、
年末に友達と忘年会をやったとき、真顔で
「山陰線ってまだICOCA使えんのやねぇ!!」
と言われたときには、吹き出しそうになりました……。

さて、今日は、手持ちのきっぷコレクションを少し紹介します!!
中2の12月から集め始めた使用済みきっぷですが、
もはや、120枚入りの名刺ファイルの10冊目の半分に到達しようとしています。
その中には、もう二度と手にできない類のきっぷも何枚かありますが、
今日紹介するのは、「もうすぐ二度と手にできなくなる類のきっぷ」です。

変換 ~ 110107_163232

この3月のダイヤ改正で、博多駅・小倉駅での乗継割引の制度が廃止されます。
上2枚は小倉駅で、下2枚は博多駅で乗り継いだ在来線の特急券です。

変換 ~ 110107_163318

特急「リレーつばめ」は廃止されます。
あわせて、新八代駅で新幹線に乗り継ぐ場合の
新幹線・在来線の特急券を一葉にして発券する制度
も終わります。
左上がそのきっぷ、
右上はDXグリーンのグリーン料金券、
左下は普通車指定席の指定料金券です。
(料金券は、自由席に乗車できる企画乗車券と併用した際に使用したものです)
さらに、特急「有明」は1日7本(熊本乗り入れはうち2本)に減便され、
右下に示すような「光の森」発着の便はなくなります。

変換 ~ 110107_163348

博多から熊本(光の森)へのN枚きっぷは、
新幹線、あるいは「有明」用のそれへと変化します。

変換 ~ 110107_163152

博多から新八代までの在来線は引き続きJRとして残るので
こういう経路の乗車券を買うこと自体は可能ですが、
普通はこんな買い方もしなくなると思います。

おでん半額セール

全国の18きっぱーの皆さん、今シーズンの期間も明日からあと4日になりましたが、
ちゃんと使い切れそうですか?
僕は……あと5回分残っています!!(笑)
自分で買ったのはあと2回分だけなんですが、
年末年始に人から依頼されたのがあと3回分ほどあるんですよね。

ということで、人から依頼された3回分はそのまま3人での旅行をすることにし、
自分で買った2回分は1泊2日の旅行に充てます。
それらを今度の3連休にやります。(笑)

で、今日は午後からトラベルセンターで1泊2日の方のきっぷを手配してきました。
指定席券2枚と高速バス1枚なんですが、
新年早々僕がやってきて、係員さんは一瞬ドキッとされたんじゃないかと思います。
今回のはそこまで複雑な注文ではないんですが、
時として、手を煩わせる注文をすることもあるので……。(笑)

係員さんは、発券した指定席券を渡すときに、列車名を見て
「もう菜の花咲いてますかね?(笑)」
僕「いや~~、さすがにまだだと思います!!」
まぁ、そういう列車に、今度乗ってきます。

あと、高速バスの乗車券ですが、
A4のコピー用紙に印刷したものを渡されました。
前にも書きましたが、JRバスの「青春ドリーム広島号」は、
以前はB7サイズのレシート券だったのが、最近はコピー用紙です。
今回のはJRバス以外の会社の便なんですが、
これも、以前は複写式の手書きの券だったのが、やはりコピー用紙になりました。
正味、偽造しようと思えばいくらでもできます。
これでいいんでしょうか……!?

夕方には、バイトに初出勤してきました。
夕方の営業は今日からで、
まだ授業も始まらないので、お客はガラガラでした。

で、それもあってか、
16時からはおでんが半額の31円になっていました!!
今日は、出勤前のまかないでおでんを4つ取ろうかと思っていたんですが、
このおかげで8つも取れました。
卵とはんぺんともち巾着とウインナーと大根と厚揚げとこんにゃくとごぼう天です!!
さらに主食はラーメンにしたので、もうお腹いっぱいで、
最初はとても仕事どころじゃありませんでした……。(笑)

あと、今日のメンバー4人(僕以外)のうち
誰かゆうべの「トイレの神様」のドラマを見た人はいないかなぁと思ったんですが、
残念ながら誰もいませんでした……。
さらに、1人は、「トイレの神様」という曲から知りませんでした!!
まぁ僕だって周りの人の話についていけないのはよくあるので
知らないからといってそれを否定する気はまったくないんですが、
あの先輩は、「トイレの神様」以外にも「東京スカイツリー」とか「せんとくん」など
普通に新聞やニュースを見聞きしていれば
多少は耳に入るようなものもやはり知らなかったので、
普段どういう暮らしをされているのかなぁと思います。(笑)

まぁ、確かにあの曲のドラマは感動的だったし、
感動的なバックグラウンドを持つ曲は他にもあると思います。
たとえば「12個の季節~4度目の春~」です!!(笑)

帰ったら、NHKの日南線の「クイズでGO!」を見ました。
ああいう楽しい旅を企画してみたいものだな、と思います。

年賀状いろいろ

今日の午後、東広島に戻ってきました。
明日からバイト、あさってから授業が始まるので、
今日がのんびりできる最後の日です。

で、お楽しみは年賀状。
今年は結局40通以上出したので、リターンも楽しみです。(笑)
ポストを見てみたらザクザクと届いていて、しかもなかなかの傑作が多かった気がします。

後輩からは3枚届きましたが、3人とも先輩泣かせのメッセージを寄せてくれています!!

入学センターの後輩は
---
昨年は、島根の説明会や、学長講演MCなどお世話になりました。
一緒に仕事をさせて頂き大変うれしく思います☆
(略)
---

「MCって何!?」と思いました。
この後輩とやったのは司会なので、文脈からの推量はできるんですが、
調べると、やはり「司会」という意味のようです。
MCといえば、川嶋あいさんがライブの合間にしゃべる、
あの話のこと
をいうのかと思ってました!!(笑)
まぁ、あの話もMCなんですが、
それはもともと本来の「司会」という意味が転じてのものだそうです。

博物館スタッフの後輩
(僕は博物館スタッフではないので「後輩」と呼んでいいのかどうかわかりませんが)(笑)は
---
(略)
○○さんの話を聞いていると一人旅に出かけたくなります。
(略)
2011年も、今年全線開通する九州新幹線のように
快速で(?)突き抜けていきましょう。
また旅の話、聞かせて下さいね!楽しみにしてます♪
---

うまいこと言いますね!!

ガイドの後輩は
---
昨年も大変お世話になりました。
2011年もおそらくお世話になります(笑)
(略)
---

この「おそらくお世話になります(笑)」は、
「あなたの後輩になったばかりに私はいろいろなことをやらされてきたが、
おそらく今年もあなたは私を何かしら新たな活動に巻き込むのでしょう、
そして私は謹んでそれをお受けしましょう」

という意味にも取れると思います。(笑)

その他、手書きのイラストにも見事なのが3枚ありました。

21時からは、「トイレの神様」のドラマを見ました。
これは絶対見る!!と早くから決めていました。
歌(結末)を知っているわけで、
「おばあちゃん」の存在がとても大きなものであるとわかっているので、
そう思って見ると「おばあちゃん」の言うことなすことすべてが感動的で、
開始10分にして、早くも泣いてしまいました。(笑)

あと、一瞬だけ、新喜劇の内場さん・未知さん夫妻が登場したのも見逃しませんでした!!

で、そのかたわら、昨日の旅行記を書いていました。
もっとも、目はテレビに釘付けで、ほとんどが終わってからなんですが……。(笑)
こちらです!!

2011.冬 旅行記 5

せっかく萩に帰省していながら、旅行に出かけてばかりです。(笑)

母の運転で家を出発し、新山口駅へ。

変換 ~ DSC09853

ホームには「スーパーおき」が停車していました。数日前、2晩に渡って立ち往生したのも「スーパーおき」でした……。

変換 ~ DSC09854

新幹線ホームへのエスカレーターのそばには、こんなポスターが貼られていました。こういう気配り、いいですね……!!

新山口駅からは、母と「こだま727号」に乗ります。

変換 ~ DSC09855

2人以上で「こだま」に乗るといえば……言うまでもなく「こだま指定席往復きっぷ」の利用です。手持ちの切符ファイルをさかのぼってみると、おととし9月・11月(2回)・去年6月・8月に続く6回目の利用ということになるようです。ものすごいリピーターです……。(笑)

変換 ~ DSC09856

車両は300系。僕の幼少時代には300系といえば「のぞみ」としての大スターでしたが、今や山陽新幹線で目にすることは少なくなり、たまに見る姿も「こだま」です。

変換 ~ DSC09857

指定席車両には乗客がいないものもみられましたが……、

変換 ~ DSC09858

12号車だけはそこそこ埋まっています。「こだま指定席往復きっぷ」での乗客は12号車に集められるようです。

博多駅では、市営地下鉄の1日乗車券を買い、空港線の終端の姪浜駅へ。ここからは昭和バスに乗り換えて、マリノアシティ福岡に行きました!!これまでに使った「こだま指定席往復きっぷ」6回のうち4回までもが、母と九州のアウトレット(マリノアシティ福岡か、鳥栖プレミアムアウトレット)へ買い物に行ったときでした。

変換 ~ DSC09859

行ってから知ったんですが、今日は「アースマラソン」も終盤に差し掛かりついに帰国した間寛平さんがトータルテンボスたちとともにこのステージに登場されるようです。まぁ、興味がないわけでもないんですが、あえて時間になったら足を運んで見るほどの興味もなかったので、特に予定せず店を見て回りました。(笑)

今回は長袖のシャツと靴と就活用のカバンを買ってもらうつもりでツバをつけて回ったんですが、まぁそうやって服とか靴がほしいと思う一方で、特にそれを見て回るのが好きなわけでもなく、さらになかなかいいのが見つからず、おまけに空腹とクラス会明けの二日酔いの影響もあって(笑)けっこう疲れました。

変換 ~ DSC09860

こうやってグルグルと回っている間に、ステージの周りには人だかりができていました。

で、午前中にシャツと靴を買ってもらい、昼食へ。僕はバイキングに行きたかったんですが、母はそれほどお腹は減っていないそうで、結局別行動になりました。(笑)

変換 ~ DSC09863

ここです!!ランチの時間帯だと90分の時間制限つきで1,575円です。1人なのでスッと入れそうなもんですが、(笑)20分くらい待って入れました。

で、天ぷらと、から揚げと、フライドポテトと、海苔巻きと、卵焼きと、煮しめのこんにゃくと昆布と、お刺身と、ラーメンと、うどんと、おでんを取って(これを取り終えるだけで5分くらいかかりましたよまったく)(笑)大喜びで食べました。幸せでした……。

そのあとも、ラーメンは2杯お代わりし、天ぷらとかから揚げとかフライドポテトもお代わりし、最後にはコーヒーゼリーとかいちごのムースも食べました。大変おいしゅうございました。(笑)

このあとはネクタイと就活用のカバンを買ってもらい、15時前にはアウトレットを出ました。僕はそのまま博多駅へ。3月の九州新幹線全線開業を控え、駅の工事も終盤です。

変換 ~ DSC09864

変換 ~ DSC09865

新幹線を迎え入れるJR西日本側(筑紫口)に増設されているみどりの券売機とか列車の表示機も、もうすぐ使い始められます。

変換 ~ DSC09866

変換 ~ DSC09871

変換 ~ DSC09869

JR九州では、特急「リレーつばめ」が廃止されるのはもちろん、特急料金や企画きっぷにも変更が生じます。また、「かもめ」「みどり」「ハウステンボス」の併結運転も終了します。何か、今の博多駅は撮るものばっかりです。(笑)

あと、隣接する「博多駅交通センター」も「博多バスターミナル」にリニューアルされ、僕の大好きな「ダイソー」も売り場が移転して広くなりました。日本最大級だそうです!!ここでなら本当に数時間すごせそうです……。

変換 ~ DSC09877

開業まで2ヶ月を切っているので当然ではありますが、駅ビルの外観はもう完成しています。

こんな具合に博多駅やその界隈で夕方まで過ごし、帰りは17時48分発の「こだま762号」に乗ります。この10分前に「のぞみ60号」が発車するので、自由席はどんな具合なのだろうかと思ってホーム端に見に行ってみたんですが、

変換 ~ DSC09885

「のぞみ」、「ひかりレールスター」は、自由席の各号車に係員さんが立って列の整理をされていました。制服の人以外にも、Jウエストカードの勧誘をする人が着ているような青いコートの人(写真)もいて、いろいろな部署から召集がかけられたのかなぁと思います。さらに、「研修中」という名札を提げた人も見かけたんですが、ひょっとして、採用1年目の人とかなんですかね?僕だったら今すぐにでもあの仕事ができそうですが、(笑)あるいは、繁忙期のホームの整理が、採用1年目に経験するミッションなのかもしれません。

変換 ~ DSC09886

帰りは500系です。発車前には、車掌さんが

「この電車は各駅に停まります。広島までは約2時間・岡山までは約3時間30分・新大阪までは約5時間かかります。その旨を了解の上、ご乗車ください。」
「また、この先の駅からも多くのお客様がご乗車されます。その旨もご了解ください。」

と放送されていました。今までに聞いたことのないフレーズだったんですが、要は、「のぞみ・ひかりの自由席が混雑しているからといって軽い気持ちで乗ると、時間はかかるし、結局混雑するし、痛い目を見ますよ」ということでしょうか。(笑)

新山口駅までは1時間。「のぞみ」や「ひかり」より自由席が空いているのは確かなので、指定が取れなかったら、これくらいなら「こだま」に乗る方が楽だと思います。

変換 ~ DSC09887

新山口駅にはこんなポスターがあります。「今こだまが熱い!!」、確かに、このきっぷのおかげで、こだまの価値はかなり高まったと思います。

新山口駅からは車で実家に帰りました。

♪き~みは く~る~だろうか~

♪あ~した~の~ クーラスかい~に~……

このタイトルと書き出しは、
ちょうど1年前である去年の1月3日と全く同じです。
あの日と同じように、今日も、高校のクラス会をやりました。

今回も前回と同じくらい(15名)の参加者を迎えることができ、
変わったのは、男女の比がそっくりそのまま入れ替わったことなんですが、
幹事として、とてもやりがいのある仕事でした。

で、去年は締めのあいさつを僕がしたので
今回は初めのあいさつを僕がやることになっていて、
正直、数日前からけっこう真剣に内容を考えていました。
まぁ、コンパクトで、しかも内容のある話ということで、

---
改めて、こんばんは。集まってくれてありがとう。
乾杯のあいさつちゅうことで、
最近○○(僕の名字)の身に起こったビックリしたできごとについて話したいと思うんやけど、
あんまり興味ないかもしれんけど、聞いてください!!

先月、就活で東京に行ったんよね。
で、食事を、安くて体にええもんをちゅうことで
早稲田の食堂に食べに行ったんやけど、
フロアが2つあるうち1つが貸切になっちょって、
ドアに貼ってある紙をパッと見たら、
「山口県立○○高等学校様 夕食会場」って書いてあったんよ。

やっぱり、卒業してからも、何やかんやで母校との縁ってあるんよね。
今回集まってくれたのも、その縁やろうと思う。
今日は、そんなつながりを強める機会にしてくれたらうれしいです。

はい、もう言うことはありません!!
(一応この「もう言うことは……」は担任の先生の口癖をマネたつもりだったんですが、
果たして気付いてくれたかどうか……。)(笑)
楽しくやりましょう。乾杯!!
---

なかなかじゃないですか?
初めに「今から私は何を話す」と聴衆に伝えることと、
それに沿って、短くまとまった話をしたこと。
自分では大満足です。
メモに書いて見ながら話せば気は楽なんですが、
まぁ、どっかの総理じゃあるまいし、(笑)ああいう場でメモを見ながら話すというのも見苦しいので
頑張ってちゃんと覚えて話しました。
聞いてくれたかどうかわかりませんが、(笑)上手だったと思います。

で、それから3時間くらい、みんなで騒いでいました。
今回は男子の参加者がかなり多く、
3年間同じクラスだったとはいえ、あまり仲がいいわけではないような人も当然いますが、
けっこううまいことみんなとしゃべれた気がします。
何かすごく楽しかったので、その後の2次会にも行きました。
というかまぁ、幹事なら行くべきなんでしょうけど、
明日は新山口発9時08分の「こだま」に
「こだま指定席往復きっぷ」で乗って出かける予定があって、
あの切符の厳しさ(万が一乗り遅れたら特急券部分は無効)は存分にわかっているので
初めは、まぁ2次会までは行かんでもいいかと思っていたんですね。(笑)

ただ、楽しくやれたのと、
もう1人の幹事がけっこう酔っていた(去年もそうやったなぁ……)ので
これは僕が行かないでどうする!!というわけのわからない使命感を感じ(笑)
乗客4人乗りのタクシーに5人で乗って(リアシートに4人で乗って)
総勢9名でボウリングに行ってきました。

在学中、卒業前の数ヶ月に
クラスの卒業文集を作ったり担任の先生に記念品を贈呈する段取りを
もう1人の幹事の人と立てたりしていて、
お世辞にもまとまりのあるクラスとは感じられませんでしたが、
久しぶりに集まってもちゃんと2次会まで盛り上がれて、
スペアとかストライクを出したらハイタッチをして騒いだりできるのは、
やっぱり3年間同じクラスだったことの賜物かなと、
あのクラスのクラス会の幹事になったことを、少しばかり誇りに思ったりもしました。
気持ちは完全に3年前に戻っていた気がします。


次がいつあるかはまだわかりませんが、
去年・今年とお正月にやっているので、このパターンで行くなら、来年のお正月にもありえます。
また次があるときには、頑張ろうと思います。

今日は、生を2杯と、カルピス酎ハイを3杯と、夏みかん酎ハイを2杯飲んだ気がします。
さすがに疲れたので、もう寝ます。
ボウリングを3ゲーム投げたので、右手の親指が痛いです……。(笑)

2011.冬 旅行記 4-3

「旅行記を旅行中に随時書いていく」というやり方はけっこう効率的で、今後も積極的に取り組んでいこうかなと思うところなんですが、いくら文章を書きためておいても、投稿画面に貼り付けて文字を赤くしたり、使う写真を縮小して取り込んだり、公開までにはけっこう手間がかかります。おかげで(?)3時ごろまで寝られず苦労しました。(笑)

朝は8時15分に起床。最上階の朝食会場に行きました!!

変換 ~ DSC09812

以前同系列の別のホテルにも泊まったことがありますが、宿泊費は安いのに、朝食はけっこう充実してます。しかもここはホテルの最上階。

変換 ~ DSC09813

窓からは新山口駅が見渡せます!!僕の部屋は線路とは逆側だったんですが、もし線路側の部屋だったら、部屋からもこんな景色が見えるはず!!

食べ終えたら、ちょっと2階に行ってみました。

変換 ~ DSC09816

「広島大学説明会」はいつもこの左のホールでやっています。で、いつも、右側のガラスの柵のところに長机を立てて受付をやってました。今年度は山口会場には縁がありませんでしたが(その代わり松江・高松・福岡・神戸会場に行かせていただきましたが)(笑)来年度あたりまた山口に返り咲ければなと思っています。

食べ終わったら部屋に戻って、8時50分から9時50分まで寝直しました。(笑)で、時間の10時ちょうどにチェックアウトして、新山口駅の新幹線口にある名店街へ。

変換 ~ DSC09818

おとといにも書きましたが、「ちょるる」のグッズが色々と売られています。「山口きららバンド」とか「行くんジャー」など過去にも色々なキャラクターがいた山口県ですが、今はまさに「ちょるる」のフィーバーです。(笑)写真はピンバッジの広告ですが、「ちょるる、つけちょる?」とは最高にいいフレーズだと思います。

変換 ~ DSC09819

大きな看板も設置されています。瑠璃光寺にザビエル記念聖堂に湯田温泉、山口市の観光スポットをうまく網羅していますが、これの萩市バージョンってあるんかな?

変換 ~ DSC09821

コンコースから改札内を望む図です。祖父はこの景色を見ていたんですねぇ……。

さて、ここからは、山口駅までの乗車券で入場し、1番ホームへ。

変換 ~ DSC09825

10時47分の津和野行き快速に乗ります。この快速の正体は、

変換 ~ DSC09832

「SL津和野稲成1号」です!!普段の「SLやまぐち号」の運転シーズンはすでに終わっていますが、年末には「SLクリスマス号」として、年始には「SL津和野稲成号」として、それぞれ臨時の運転があります。もっとも、けん引する機関車はC57ではなくC56であるとか、客車はレトロ客車5両ではなく普通の12系客車2両であるなど、普段との違いはけっこうあります。

変換 ~ DSC09835

当然ヘッドマークも普段と違うのが付けられているんですが、けっこうよく作りこまれているような気が……。

変換 ~ DSC09840

こんなところにも「賀正」の文字が!!

変換 ~ DSC09828

変換 ~ DSC09827

オリジナルのサボもありました。

で、車内は

変換 ~ DSC09829

このようになっています。113系などのボックスシートよりは、シートピッチや座席の幅が広くなっています。乗客は僕のようなテツの人(ましてや1人旅)より家族連れ・親子連れが多く、親戚が集う冬休みらしいほほえましい光景が広がっていました。

変換 ~ DSC09842

さっきも書きましたが、今回は山口駅まで乗ります!!山口線のSLに乗るのは去年の8月以来。あの時は山口駅のひとつ先の仁保駅まででしたが、どうも津和野までの全区間をSLで乗り通す機会がなかなかありません。

山口駅までには検札はありませんでした。もっとも、本当は検札があって記念乗車証も配られるようなんですが、車内放送で「湯田温泉と山口で下車する人には改札口で配布する」との案内がありました。改札を通る際、8月にもらったのと同じ乗車記念のシールがもらえました。以前、記念乗車証は絵葉書やピンバッジだったこともあったんですが、そのころと比べるとちょっと……。

変換 ~ DSC09848

変換 ~ DSC09850

山口駅と、駅前の様子です。山口県の中心駅は山口駅と定められていますが、全国の中心駅で、これほどのどかな駅はないんじゃないでしょうか?

山口駅では20分ほど待って、東萩駅行きの特急バス「はぎ号」へ。

変換 ~ DSC09851

前に使って以来なかなか出番のなかった山口県共通バスカードを久しぶりに使えました。そういえば、広島ではICカードのPASPYを使っているので、「バスカード」は久しぶりに使うアイテムだったかもしれません。

約1時間で萩バスセンターへ。母に迎えに来てもらい、2日半ぶりに、年が明けてからは初めて帰宅しました。(笑)

これで、今年最初の旅行記はお開きです。旅行中にリアルタイムに記録するという初めての手法を取りましたが、いかがでしたか?僕にしてみれば、後になって書くのより旅行中に書く方が楽しいし、ノートパソコンを持ち歩いていれば「鉄道乗車記録」(エクセルで付けています)とか小遣い帳もその都度更新できるので、けっこう便利だと思いました。可能ならまたやってみます。

ついでに書くと、午後からは祖母の家に行ってお年玉ももらい、夜には家族で食事をしてきました。

2011.冬 旅行記 4-2

※昨日の分に加筆しています!!こちら

朝は予定通り4時50分に起床。支度をして、5時10分に出発しました。

変換 ~ DSC09538

けっこう年数が経っていて、オートロックとかウォシュレットのような機能はありませんでしたが、3,900円という安さを考えるとまた姫路に来る機会があれば利用してもいいなと感じるホテルでした。(ただ、大浴場があるんですが、故障だとかで利用できなかったんですよね……。それも決め手のひとつだったので、いくばくかの返金を望みたかったところです。「大浴場がある」と謳っておいて利用できなかった場合、法的にはどうなるんでしょう?)

途中のコンビニで弁当を買っていたら、到着がギリギリになりました。姫路駅のホームに上がったときには、すでに目的の「サンライズ出雲」が到着するところでした。

変換 ~ DSC09581

つい数時間前にも逆向きの「サンライズ瀬戸」に乗ったばかりのところですが、(笑)今度は「サンライズ出雲」です。絶対に「米原地区の大雪の影響で~~」などの遅れがあるだろうと思っていたんですが、定時にやってきたことに驚きました。

変換 ~ DSC09584

今回も「ノビノビ座席」です。「サンライズ(=日の出)出雲」から「初日の出」を見ようと、米子までを1ヶ月前に購入しました。結局、この天気なので初日の出は望むべくもなさそうですが、元日の朝は「サンライズ出雲」でのんびりと過ごせます!!

毛布・枕カバー・ポストカードがきれいなままだったところを見ると、東京から姫路まではこの区画は空席のままだったようです。

変換 ~ DSC09585

本来、寝台列車の一部区間(例えば姫路から米子とか、それこそ姫路から三ノ宮の1駅だけのような)のみを購入することはあまりほめられた話ではありません。寝台は、一部区間でも埋まってしまうと、全区間が埋まったことになるからです(例えばある寝台を姫路から三ノ宮まで予約すると、その寝台は出雲市から姫路とか三ノ宮から東京といった「物理的には空いているはずの区間」に関しても購入できません)。ただ、ノビノビ座席に関してはただの指定席と同じ扱いなので、僕が購入した12号車1番A席は東京から姫路までは空席の扱いになっていたはずですが、ひょっとして僕が姫路からを押さえたことで、姫路から先の駅までを利用したかった人の手に回らなかったかなと思うと、ほんのちょっと(笑)申し訳ない気持ちになりました。

米子までは3時間30分あります。弁当は買っていますが、まだ5時台だし毛布もきれいに残っているしで、少し寝ることにしました。

そしたら、6時過ぎに放送が入りました。

「サンライズ出雲号をご利用のお客様にご案内します。本日、伯備線内の大雪の影響で、根雨(?)から先で運転を見合わせております。よって、サンライズ出雲号は、岡山を出たあと、倉敷の手前の中庄駅にて運転を見合わせます。道路の状況が悪いため、バスによる代行輸送もできない状態です。そのため、岡山より先の各駅までご利用のお客様は、中庄駅で車内にてお待ちいただくことになります。運転再開のめどは立っておりません。
これによりご旅行を中止されるお客様、発駅までお戻りになるお客様は、岡山駅にて手続きをいたします。また、岡山駅で下車され、係員に相談されたのち、普通列車で中庄駅まで行ってサンライズ出雲号にお戻りになることも可能です。
(再度、要点を復唱して)
サンライズ瀬戸号のお客様には、早朝から緊急のご案内となり、大変失礼いたしました。」
(放送が言わんとしていたことを、僕の言葉で再現しました)

個人的には最後の一言が好印象だったんですが、何と何と、中庄駅で運転を見合わせるとのことです。もし僕が純粋な切符で「サンライズ出雲」に乗っているのなら、中庄で車内に残って運転の再開を待つんでしょうけど、今回はJR西日本全線の自由席に乗り放題の切符を持っているので、そんな選択肢に手は出せません。(笑)岡山駅で下車しました。

変換 ~ DSC09590

瀬戸号を切り離しています。

変換 ~ DSC09591

ホームの掲示を見てみると、「サンライズ出雲」の行き先が「中庄」になっていました。これはものすごくレアですね。

かくして、サンライズから初日の出を見るばかりか、お正月の朝をノビノビ座席のカーペットでのんびり過ごすことも叶わず、わずか1時間の乗車で下車することとなったのでした。

で、とりあえず特急券の差額は払い戻しを受けようと思うんですが、この特急券は絶対に回収されてしまうだろうと思ったので、特急券は懐にしまったまま途中下車し、西口のローソンで切符のカラーコピーを取ってきました。

変換 ~ DSC09811

これから先の行程のために用意していた指定券も、変更せざるを得ないので、ついでに一緒に取りました。当初の予定では、米子駅から岡山駅まで「やくも」、新幹線自由席で新大阪駅へ移動、大阪駅から金沢駅まで「雷鳥」、特急自由席で富山駅へ移動、富山駅から新大阪駅まで「サンダーバード」、新大阪駅から徳山駅まで「のぞみ」という行程を予定していました。ただ、乗る予定だった「やくも4号」を含む午前中の「やくも」はすべて運休となり、「山陰方面への旅行は取りやめをお願いします」と放送がかかっているので、行程を大胆に変更することになります。

とりあえず、雪の影響が絶対になさそうな南紀白浜方面に目をつけ、午前中の新大阪からの「オーシャンアロー」「くろしお」「スーパーくろしお」のグリーン車の空席を照会してもらいました。が、お昼前にならないと空席がないようです。ならもう少し考えてみようと、とりあえず新幹線で新大阪に行くことにしました。

ということで、指定券はまだ変更せず、改札内の精算所でサンライズの特急券を精算しました。僕は

・原券:姫路→米子:3,020円
・変更後:姫路→岡山:1,650円

の差額の1,370円が払い戻し額だろうと踏んでいたんですが、あにはからんや、「サンライズは全額払い戻しです」と3,020円が丸々返ってきました!!2時間以上遅れれば特急料金が全額払い戻しになりますが、岡山駅には1分と遅れず時間通りだったので、これはけっこう太っ腹なサービスだったなと思います。さしずめ、お年玉でしょうか!?(笑)

(ただ、岡山駅の次の停車駅である倉敷駅には確実に2時間以上遅れて到着し特急料金が全額払い戻されることになるので、この1駅の差で明暗が分かれるのはちょっと悲惨ではあります)

個人的には、「東京から倉敷以降」の乗車券・特急券(寝台券)を持っていた人が「旅行を取りやめる」と言った場合、どのような方法で発駅(東京)まで戻らせてもらえるのか、が気になります。列車が途中で運転を取りやめたときは、無賃送還のルールによって、確か乗車券・特急券の全額が払い戻され、さらに発駅までは無料で引き返せます。さらに、確かこの引き返し方が「来たときと同じ方法で」だったような気がするんですが、まさか今晩のサンライズでというわけでもないだろうし、新幹線に乗せてもらえたんでしょうかね!?

(ここまで、某列車内にて記録。現在1月2日11時55分)

このあとは、新幹線乗り場へ。7時24分発ののぞみ112号です。

変換 ~ DSC09607

グリーン車には4回までしか乗れないので、その1回をたかだか岡山から新大阪くらいの区間で使うことはしません。(笑)ここは自由席です。

伯備線は雪で運転を見合わせているというのに、新幹線から見る景色はずいぶん穏やかです。日まで射してきて、まぶしいからブラインドを下ろそう……と思って、ハタと気付きました。

変換 ~ DSC09610

これ、初日の出なんですよね!!(笑)

「サンライズから初日の出」などと騒いでいたくせに、それが未遂に終わったとたんきれいさっぱり忘れていました。(笑)とりあえずしばし初日の出を拝んで、朝食にしました。

変換 ~ DSC09613

今年一番に口にしたものは、セブンイレブンの弁当でした……。(笑)

新大阪駅に8時15分に到着。

変換 ~ DSC09621

新幹線の中で考えた新たな行程を実現すべく、乗り換え改札の窓口で早速希望の列車のグリーン券を求めました。……が、それも満席とのこと。このままじゃせっかく4回までグリーン車に乗れるのに1度としてその権利を行使せずして今日1日が終わってしまうんじゃないかという不安に駆られました。(笑)

とりあえず、改札を出て、改めてじっくり考えました。そして、窓口であれこれとやり取りをするのは後の人に悪いので、いくつか列車を絞り、みどりの券売機でそれらの空席を照会してみました。

そうすると、希望に沿う2列車の組み合わせ(=往復)に、それぞれ空席を発見!!すぐに窓口に行って指定券を発券してもらいました。そして、その時間までの調整のために、関西空港まで往復することにしました。「時間調整のために関空に行く」って、普通の人が聞いても意味がわからないでしょうね。(笑)

ということで、9時01分の快速電車で大阪駅に出て、梅田駅から地下鉄御堂筋線でなんば駅へ。そのまま南海電車の難波駅に行き、9時30分発の「ラピートβ33号」の切符を買いました。ラピートの特急券は全区間共通の500円で、JRでいえば指定席券のような感覚です。そして、そこに200円上乗せすれば、スーパーシートを利用できます。もちろん(?)スーパーシートにしました。

というか、僕は今JR西日本全線が乗り放題になる切符を持っているのに、どうして関西空港に「はるか」で行かないのかという話ですが、まぁさっきの「お年玉」のことがあったのと、(笑)せっかくなので「はるか」と「ラピート」のアッパークラスを乗り比べてみようかなぁと思ったんですね。なので、本当は所定8時46分発(7分遅れ)の「はるか11号」を到着直前まで待っていたんですが、とっさにひらめき、「はるか11号」をやめて9時01分の快速電車に回ったというわけです。

変換 ~ DSC09623

ラピートがデビューしたのは、僕が幼稚園のころでした。もう10年以上が経っているわけですが、とてもそれだけ前の作品とは思えません。

変換 ~ DSC09630

スーパーシートです。座席が2-2から1-2になっているのはレギュラーシートとの明確な差ですが、特にそれ以外に、こう「スーパーシートの客だ!!」という優越感に浸れるようなところがないなぁと思いました。もっとも、レギュラーシートとの差額は200円なので、その差額の小ささを考えればこれくらいがちょうどいいかなと思います。

ちなみに、僕は関西国際空港が開港した当時大阪に住んでいましたが、「はるか」より「ラピート」の方が好きでした。やはり幼稚園かそこらの子供には、「はるか」より「ラピート」の方が受けると思います。(笑)

変換 ~ DSC09637

今でもそうですが、窓が丸い(そして大きい)というところにかなり惹かれます。

37分で、終点の関西空港駅に到着。

変換 ~ DSC09640

南海電車とJRとはホームや改札口が隣り合っています。帰りは「はるか」に乗るので、まずはみどりの窓口で「はるか80号」の指定券を発行してもらいました。で、発車までしばらく時間があるので、ターミナルビルにも少し入ってみました。

変換 ~ DSC09641

ローソンとTSUTAYAがありました。

適当に眺めたら、JRのホームへ。折り返し「はるか80号」となる列車が入ってきたら、車内の清掃や点検が行なわれている様子を外から見ていました。この業務を請け負っているのが、JR西日本の子会社の「JR西日本メンテック」です。メンテックの社員さんの姿は、他にも、小さな駅(それこそ東萩駅のような)の窓口などでも見かけることがあります。僕の志望企業のひとつでもあります。

変換 ~ DSC09653

座席は自動で回転します。もっとも、僕は座席を自分で回転させるのが好きなので、仮に将来メンテックに入社して車両の清掃や点検をすることになれば、この機能にはうんざりすると思います。(笑)

ところでこの「はるか80号」、以前からよくブログに書いてきた「昼間のはるか」のひとつです。

変換 ~ DSC09654

変換 ~ DSC09652

昼間の時間帯の「はるか」の一部は、利用が少ないため臨時列車化され当面は毎日運転とされてきましたが、その様子を、自身の「火曜日は本来のシフトには入っていないが、(慢性的な人手不足により)何やかんやで毎週出勤している姿」に重ね合わせた表現でした。そんなわけでなんとなくこの「昼間のはるか」には愛着がありましたが、ついにこのたび乗ることができました!!

そして、3月のダイヤ改正で、この「昼間のはるか」はすべて廃止されることが発表されています。最初で最後の、本物との出会いでした。(笑)

この旅行で初めてのグリーン車です。こちら!!

変換 ~ DSC09655

グリーン車に乗ったのは3人でした。果たして、廃止されることになったこの「昼間のはるか」、実際の利用客はどのくらいなのか、端から端まで歩いてみました。その結果、

・1号車(グリーン):3
・2号車(指定):13
・3号車(指定):5
・4号車(自由):18
・5号車(自由):23
・6号車(自由):10

という感じでした。これが今日たまたまなのか普段からそうなのかはわかりませんが、確かに……という気はしました。あと、回っている最中、5号車にうちの学部の先生を発見しました。授業も受けたことがあります。別のプログラムの先生で、特に面識があるわけでもなかったので声もかけませんでしたが……世の中狭いですね!!そして、先生は自由席、僕はグリーン車……。(笑)

この「はるか80号」には、愛着があるので(笑)終点の京都駅まで乗車します。途中、大阪に住んでいた頃に父によく(電車を見に)連れてきてもらった大和川の鉄橋も通りました。

変換 ~ DSC09658

このマンションが建ったのがちょうどあの頃でした。鉄橋のそばのこのマンションが、当時の僕の憧れでした。(笑)

変換 ~ DSC09659

結局受験校にはなりませんでしたが、大阪市立大学にも最後まで興味を持っていました。

終点の京都駅では8分の間に駅弁を買って、一瞬だけ改札外にも出ました!!

変換 ~ DSC09661

変換 ~ DSC09662

で、ここからは、12時10分発の特急「サンダーバード17号」です。

変換 ~ DSC09663

サンダーバードは登場以来車両が何度か(何種類か)更新されていますが、当たったのはその中で最新の683系4000番台でした。グリーン車のデッキは普通車と違い色が茶色になっていて、乗ったとたん高級感がありました。

変換 ~ DSC09686

変換 ~ DSC09687

そして、グリーン車はこんな感じです!!

変換 ~ DSC09676

僕が購入した「ラス1」の座席は「1号車11番A席」でした。(縁起のよさそうな席番ですね)(笑)2人がけの窓側か~~、隣に人がいるとブログを書きにくいなぁ……と思っていたんですが、実際は客室に入ってすぐの1人がけの座席でした!!これなら心置きなくブログが書けます……。

ところで、「はるか」で京都に近付いたとたん、車窓に雪が現れました。京都近辺ではけっこう降っていたみたいで、「サンダーバード」の車窓はしょっぱなからずっと雪でした。

変換 ~ DSC09666

変換 ~ DSC09669

A席は日本海側ではないのでちょっと残念だったんですが、琵琶湖の雪景色はなかなかでした。さらに、進むにつれてだんだんと水墨画みたいな景色が広がってきて

変換 ~ DSC09683

なかなか弁当が食べられませんでした。(笑)

適当なところで、弁当に切り替えることにします。さっき買ったのは、「冬味」という商品です。

変換 ~ DSC09677

値段は750円。昼からまた贅沢をしたものですが、グリーン車に乗るのに食事が菓子パンとかコンビニ弁当とかじゃ冴えませんよね……。使うところには使います。余談ですが、弁当を買ったら、店員さんに「おおきに、ありがとう」と言われました。

お腹は膨れたし、何より座席の座り心地がいいので、食べ終わったらしばらく寝ていました。

変換 ~ DSC09685

目が覚めたのは武生(たけふ)駅の少し前。雪はいっそう強くなっていて、北陸を旅しているという気分を掻き立てられました。

あと、北陸新幹線の工事の様子もあちこちに見られました。

変換 ~ DSC09688

ところで、これまでのブログはすべてノートパソコンをひざの上に置いて書いていましたが、サンダーバードで初めてテーブルの上で書けるようになりました。

変換 ~ DSC09681

今まで乗ったのは、テーブルがアームレストから出てくる小ぶりなもので、安定も悪かった(1箇所でしか支えていない)んですよね。ただ、サンダーバードのテーブルは、ひざの上を丸々覆う大きなサイズで、両方のアームレスト(2箇所)で支えるので安定もバッチリです。このテーブルの機能や上下に可動する枕など、どことなく、500系のぞみのグリーン車に似ているな、と思います。

(ここまで、特急サンダーバード17号にて記録。現在14時56分)

終点の富山駅には13分遅れで到着。

変換 ~ DSC09693

まだ旅行記にしていませんが(そしてこのまま闇に葬られそうな気がしますが)(笑)ちょうど1年ほど前の去年1月10日~11日にも富山に滞在しています。あの時は「コンピュータ地域研究」の授業で何かしらの地域調査をやって発表する必要があったので、LRTをテーマにし、富山ライトレール・富山地方鉄道(セントラム)も少し取り上げたんですね。まぁ、その取材というか調査というか、それがてら富山に来たことがありました。なのでこれらの路面電車は1度見てはいるんですが、今回も見に行ってきました。

変換 ~ DSC09695

富山ライトレールです。車体の色は7種類あります。それら7種類がキャラクター化されているようで、それをデザインしたクリアファイルを買いました。

変換 ~ DSC09810

あと、もちろんICカードも導入されており、名前をpasscaといいます。本当はそれを買って帰ろうかとも思ったんですが、さすがに、全く使わないのに買うのには少し(お金の意味で)抵抗がありました……。たとえば、1度でも乗るあてがあるなら、この機会にpasscaを買いますが……。(現に、僕は普段めったに使わない奈良のCI-CAや岡山のHarecaも所有していますが、これらも、実際に使うあてがあったから買ったんです)

続いて、反対側(南口)へ。こちらが駅の玄関口で、北口の係員さんは例のメンテックの人でしたが、南口にはJR西日本の人がいます。で、正面に出て思ったんですが……、

「前に来たときより、景色が右にずれて見える!!」

現在、富山駅では、新幹線の開業に合わせて駅を高架化し、下に富山ライトレールや富山地方鉄道の路面電車を通すという計画があります。そのため、この1年で、元の駅舎より右側に仮の駅舎が建てられ、そちらが使われていました。

変換 ~ DSC09705

変換 ~ DSC09713

富山地方鉄道の路面電車はこちら側を走っているので、見に行きました。

変換 ~ DSC09701

確か色が3種あります。あと、ICカードももちろん導入されており、「えこまいか」といいます。方言で「~~まいか」には「~~しましょう」という意味があるそうで(共通語で「~~まいか」といえば「~~せずにおきましょう」になりますが)、「えこまいか」なら「行きましょう」となるわけです。あとは「エコなMy Card」という意味もあるみたいです(「まいか」と言われると、「My Card」より「マイカー」の方を想像してしまうのは僕だけでしょうか?)。それに、方言で「行きましょう」なら、「ICOCA」という先例があるんですけど……。(笑)何かといちゃもんをつけましたが、このカードもほしいところですが、passcaと同じ理由で今回は買いませんでした。

路面電車を見終えたら、構内の駅弁屋さんでちょっと奮発していい駅弁を買って、父に「雪見酒をせよ」と言われていたのでとりあえずコンビニでチューハイを買って、(笑)16時15分発のサンダーバード38号へ。今回も683系の4000番台、どうやらさっきの17号の折り返し運用のようです。

富山駅から乗車したのは僕を含め4人だけでしたが、金沢駅でグリーン車はほぼいっぱいになりました。同じ切符を使っている人もけっこういると見えます。

(ここまで、特急サンダーバード38号にて記録。現在17時01分)

文章を書き終えたら夕食です!!さっき買ったのは、「ますのすし」のうち1,300円の分。(800円のとかもありましたが、そこはやっぱり……。)(笑)富山といえばますのすしで、そういう認識はもちろんありましたが、食べるのは初めてです。

変換 ~ DSC09728

こんな箱に入っています。ちなみに、買ったとき、普通のビニール袋ではなくそれ専用の厚手のビニール袋に入れられました。

変換 ~ DSC09729

箱から出すとこうなっています。まだまだ道のりは長いですよ。(笑)

変換 ~ DSC09730

組んである竹をはずすとこうなります。

変換 ~ DSC09731

ふたを取ると……現れるのは、笹。

変換 ~ DSC09734

笹をはがせばようやく本体(?)が出てきます!!あとは、添付のナイフ(プラスチックのナイフが割り箸と一緒に入れてあるんです……細かい!!)で8つに切って(そう切るようにと注意書きが入っています)(笑)、チューハイの栓も開けて、準備完了です。

変換 ~ DSC09735

で、僕、正直言って「ます」という魚にこれと言った印象がないんですが、ますのすしを食べて、あぁおいしい魚なんだなぁと気付きました。(笑)そういえば夏に食べた「まさかいくらなんでも寿司」(新潟駅)の「まさか」の「ま」は「ます」の「ま」なのであの時にも食べています。ますのすしもおいしいですが、やはり、「まさかいくらなんでも寿司」に勝る駅弁はないと思います。

ともかく、1,300円出しただけのことはありました。ご飯がギュッとぎっしり詰めてあって、4分の3くらいでけっこうお腹いっぱいになりました。ボリュームのある駅弁でした……。

このあとは、お腹は膨れたし、座席は快適だし、ここまではお昼と同じなんですが、さらに今回は飲んでいるので、(笑)京都駅まで熟睡していました。

さて、所定のダイヤだと、サンダーバード38号の新大阪駅到着は19時32分。このあとは、19時45分の「のぞみ55号」に乗り換えようかなと思っていました。手元には、当初予定していた21時29分の「のぞみ63号」の指定券がありますが、これを変更してもらうつもりです。ただ、万が一サンダーバードが雪で遅れて接続できなかったときに怖いので、あえて変更しないままでいました。果たして新大阪駅へは3分遅れで到着しましたが、これなら希望通り行ける!!と思い、ラッチ内の窓口で「のぞみ55号」の指定券を発券してもらいました。係員さんの「少々、お急ぎくださいね~~」の声に押され、小走りで22番乗り場へ。

変換 ~ DSC09738

これまで何度も乗ったN700系ですが、ついにグリーン車を利用する日が来ました!!

変換 ~ DSC09744

誰がどう見ても、今日乗った中で一番、そしておそらくこの世のグリーン車の中でトップクラスにいいグリーン車だと思います。特に、座面と背もたれが連動して動くゆりかご式の電動リクライニングはとても快適で、背もたれのテーブルが手前に引き出せるのもこうしてノートパソコンを持ち込んでブログを書く分には大変重宝します。(笑)ノートパソコンといえば、各席にコンセントもあるし……。(さっきのサンダーバードにもありました)いつもの習慣でアイスクリームも買って、座席の周りはまるで自分の部屋のようになっていました。(笑)

変換 ~ DSC09746

そういえば、乗ってすぐ気付いたんですが、壁には山のような弧状の模様がたくさん描かれています。ブラインドのデザインも普通車とは違うし、そういえばそもそも窓自体が普通車より大きい!!N700系のグリーン車、いいですね~~。

変換 ~ DSC09758

変換 ~ DSC09759

ところで、山陰地方の大雪ですが、現在、山陰線の城崎温泉から出雲市までと、伯備線の米子から新見までが運転を見合わせる事態になっているようです。さらに、これは「運行状況」ではなく「読売新聞ニュース」で流れたんですが、伯備線では12本の列車が立ち往生して約1,000人が閉じ込められているのだとか。あるいはそのうちの1本が「サンライズ出雲」なのかもしれません。それにしても、不謹慎なことながら、もし僕が「シングルデラックス」のお客だったりすれば、長くシングルデラックスの部屋に「住む」ことができ、しかも料金が払い戻しになり、万歳をして大喜びしただろうと思います。(笑)

現在、オーディオチャンネルを聴きながらこの文章を書いています。車内誌「ひととき」のチャンネルによれば、JR西日本の「ヒットソング」のチャンネルでは、いきものがかりの曲を流しているようです。しめた!!と思いそこに合わせたんですが、ここでいう「JR西日本」「JR東海」というのは、走っているエリアのことではなく車両を保有している会社のことを指すようで、今乗っているのはJR東海所属のN700系なので山陽新幹線でも「JR東海」のチャンネルが提供されるようで……。そんなわけで、クラシックのチャンネルでバレエ音楽や映画音楽を聴いています。新大阪を出てから1時間40分が経ち、もうすぐ徳山駅に到着します。

(ここまで、新幹線のぞみ55号にて記録。現在21時26分)

で、こう書くと何となく徳山駅で下車するみたいですが(しかも僕は山口県民だし)これは見せかけです。(笑)徳山駅では降りません。次の小倉駅で下車。だって、できるだけ長く乗りたいじゃないですか。(終点の博多駅まで乗ると行程が成立しなくなる)あと、今回の旅行では、新幹線の自動改札機を出入りしたときに切符に印字されるスタンプをたくさん集めようとも思っていて、短い乗り換え時間ではありますが小倉駅でも出場してみました。ただ……、印字がされませんでした。あれ!?と思って別の自動改札機から入場してみたんですが、同じく。どうやら、3つまでしかタイムスタンプが印字されないようです……。結局、券面には

-1.-1  7:14 岡山 入
-1.-1  8:17 新大 出
-1.-1 19:39 新大 入


の3つしか残りませんでした。

で、気を取り直して、本日最後の列車「こだま824号」へ。

変換 ~ DSC09767

いわゆる(?)「こだまレールスター」で、1号車から7号車までが自由席です。ということは座席が2-2の4号車から7号車までにいたほうが当然得なわけで、その中で本業のひかりレールスターの時にはサルーンシートとして運用される4号車を選びました。

変換 ~ DSC09770

2001年のデビュー時から続いたサルーンシートの設定はこの3月で廃止されるので、この表示もレアになります。

で、上に「本日最後の列車」と書きましたが、果たして本当にそうなのだろうかと気付いて時刻表を調べてみました。そして、この列車が本日最後の列車ではなくなりました。(笑)というのが、今晩は新山口駅前のホテルを予約しているんですが(つまり新山口駅が目的地なんですが)、この列車の新山口駅着は22時38分。これが上りの最終列車ではありますが、下りの最終列車は新山口駅着23時51分の「こだま771号」です。ということは、この「こだま824号」にそのまま乗り続けて、「こだま771号」とすれ違う前の駅で下車してそちらに乗り換えれば、今使っている切符を最後の最後まで使い倒せるというわけです!!ということで、新山口駅で降りず、2つ先の新岩国駅まで乗り続けることにしました。

(ここまで、新幹線こだま824号にて記録。現在22時43分)

23時09分に新岩国駅に到着。以前、一駅ごとに下車しながら新山口から名古屋まで行ったときにこの駅に降り立ったことはありましたが、本来の意味での「下車」をするのは今回が初めてでした。

変換 ~ DSC09777

変換 ~ DSC09778

コンコースはとても広々としています。一方、利用者は少ない駅なので、かなり持て余し気味だと思いますが……。(笑)

そして、本日最後の列車は、23時20分発の「こだま771号」新山口行き。

変換 ~ DSC09781

変換 ~ DSC09782

最後を飾るのは500系です。(笑)新岩国駅から乗ったのは僕1人で、乗り込んだ4号車は

変換 ~ DSC09785

なんと貸切。試しに端から端まで歩いてみましたが、貸切の号車は他にもあり、全体で10人も乗っていませんでした。

ところで、500系の「こだま」の8号車には、子供向けの運転台があります。

変換 ~ DSC09788

8号車も貸切だったのでいろいろと写真を撮っていたら、ちょうどやってきた車掌さんに話しかけられ、しばらくしゃべっていました。車掌さんもヒマだったのだと思います。(笑)その後自席(4号車)に戻ってからも、巡回された折に

「あんた、新山口に泊まると?(九州の方言)」

と声をかけられ、そのとおりであること、自分が今日「元日・JR西日本1日乗り放題きっぷ」でこんな行程で旅行をしたこと(最終的に富山に行った帰りであること)、明日はどんな過ごし方をするつもりであること、などを、「元日~~きっぷ」を見せながらお話したら、「好きやなぁ~~。」「すごいハードスケジュール……!!」と感嘆して(?)おられました。国鉄時代にはこんなふれあいも普通にあったんでしょうが、JRになった今、しかも山陽新幹線の車内で、こんなフレンドリーな車掌さんに出会えたことをとても嬉しく思いました。きっと僕も将来車掌さんをやることがあれば、テツっぽい人にはついついこうやって声をかけたくなると思います。(笑)

変換 ~ DSC09805

23時51分、新山口駅に到着しました。

変換 ~ DSC09806

ホームからコンコースに降りたところの様子です。大阪に住んでいた幼稚園時代、夏休みに母と帰省したら、祖父が左側の柵の向こうに待ってくれていました。あの光景は今でも脳裏に焼きついています。

今から泊まるのは、北口徒歩1分の「新山口ターミナルホテル」

変換 ~ DSC09808

とても便利な立地にあり、朝食バイキング付きにも関わらず、(楽天から申し込むと)3,980円です。もっとも、新山口駅界隈には多くのホテルが軒を連ねており、こういうよい条件のホテルも決して珍しくはありません。その中からあえて「新山口ターミナルホテル」を選んだのには理由があります。このホテルで、広大が毎年「広島大学説明会」を開いており、高3の頃は受験生として、大学1年・2年の頃は学生スタッフとして、それぞれ参加しているからです。まぁ、だからといって今回ここに泊まって何かいいことがあるわけではありませんが、(笑)縁あっていつもお世話になっているのでたまには泊まってみようという感じです。

変換 ~ DSC09809

こんな部屋でした。今あの黒い椅子に座ってブログを書いていますが、座り心地はなかなかです。(笑)

というわけで、今夜は地元山口県のホテルで観光客気分を味わいます!!
プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。