スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おだやかな8月31日

今日は8月31日です。
どことなくさびしくなる響きですよね……。
とは言っても、僕の夏休みは8月6日から9月30日までですから
まだ半分以上残っているんですが!!(笑)

というわけで、まだ半分以上残っている夏休みにやりたいことを色々と考えてみました。

・全線開通前の九州新幹線に乗りに行きたい
・この際、最南端の駅にも行っておきたい
・「あずさ2号」に乗ってみたい
・倉吉市に行ってみたい
・吉本新喜劇を見に行きたい
・稼ぎたい(笑)

「色々と」と言って、ここ数分間に思いついた限りなので5つ6つだけですが……。(笑)
誰か、どれかにのってくれませんか!?
そうすれば実現が早くなります。(笑)

さて、ゆうべの夢で、麻生元首相からメールをもらいました。
すごい夢を見たものです。
サザエさんの漫画で、磯野家に(当時の)吉田首相から電話がかかってくるシーンがありましたが、
あれは、間違い電話だった、というオチでした。

んー、でも、どうせメールをもらうなら、麻生さんより福田さんの方がいいかな……。(笑)
そして、機会があれば、色紙に「あなたとは違うんです」とサインしてもらいたいんです。
まぁ、ちょっと失礼かとは思いますが……。

で、夢で見た麻生さんのアドレスは忘れましたが、
ケータイはソフトバンクでした。
実際はどうなのか知りませんが……。(笑)

ちなみに、僕のケータイには、
麻生内閣の河村官房長官の実弟(山口県議会議員)の電話番号が入っています。
アドレス帳の中で一番偉いお方です。(笑)

そういえば、僕のアドレス帳に入っている人には、
アドレス帳に前原国交相の連絡先が入っている人とか
さかなクンの連絡先が入っている人とかがいます。
1人隔てれば、世界がすごく広がります……。

今日は、部屋の掃除をしました。
ここ最近の部屋の散らかりっぷりたるや惨憺たるもので、
とても誰かを招き入れられる状態ではありませんでした。
特に誰かを招き入れる予定はないからいいんですが、
ついに寝るスペースまでを物が浸食しつつあったので、ついに重い腰をあげました。

ということで、ダイソーに行ってA4サイズのバスケットを5つ買ってきて、
散らかっている物をジャンルごとに「仕分け」ました。
3月にガイドのメンバーをうちに呼んでたこやきパーティーをやったとき、
先輩たちが、僕の部屋のきれいさに驚いて
「部屋の掃除をするときは○○くんに来てもらったら早いんじゃない!?」
はい、これ、要らんでしょ!!ってテキパキやってくれそうな気がする」
などと言っておられましたが、(私は蓮舫か!!)(笑)
とてもテキパキやるどころじゃなく、3時間以上かかりました。

で、せっかくそれだけ長い時間がかかるので、
過去に僕がやった司会・スピーチ・プレゼンテーションなどを録音したものを
色々と聞き返してみました。
「このときはうまくいったなぁ!!」とか「これはボロ負けやったわ」などなど、
ひとつひとつに、それぞれの思い出があります。

一番新しいのだとこないだのオープンキャンパスのということになりますが、
この司会・スピーチには、ポイントが3つあります。

(1)「変身」
前半の学長講演の司会と、後半のキャンパスガイドのスピーチとで、
少しですが雰囲気が変わっています。
前半は静かな語り口で、後半は楽しそうに。
それでも、改めて聞き返してみて、後半に関しては
僕の出る幕じゃなかったと大いに反省しているところですが……。
自分の役に立ってなさが恥ずかしいです。

(2)「しまった……」
後半のスピーチで、会場のマイクさえ拾わなかったやりとりを、
僕のMDウォークマンはちゃんと拾っていました。(笑)
僕「それとちょっとさっき途中で気が付いたんですけど、
  前半の司会をしたときから、服を着替えるのを忘れてました。ごめんなさい。
  本当は僕も、黄色い、○○(先輩)と同じようなポロシャツを着るはずだったんですけど……。
  ちょっと、うっかりしてました。しまった!!
先輩「島倉千代子!!」

(3)「ナイス?フォロー」
僕が間違って先のクイズに出す内容を前もって説明してしまったとき……。
(そのクイズが出題される)
僕(苦し紛れに)「人が言うことは、全部うのみにしちゃダメですよ!?
  ひょっとしたらさっき僕が言ったことだってウソかもしれないですしね!?」
(正解が発表される)
先輩「○○くんは、すごくいい人なので、ウソつきません!!」
……人前でそう言われちゃ、今後一生ウソがつけません。(笑)

一方、一番古いのだと、1年生の夏休みに山口市で行なった説明会でのスピーチです。
そして、このときのMDは、
僕のスピーチより一緒だった先輩のスピーチの方が聞き返したくなります。
小・中と一緒だった友達と、声やしゃべり方がそっくりなんです……。
ポイントはそこです。(笑)

夕方にはバイトに行きました。
相変わらずヒマで、3人で「せーの、2!!」をやっていました。
2人が上がっても、僕は両手が残ったままでした。(笑)

で、そのうちの1人の先輩は、
バイトの後に人と「ハナミズキ」の映画を観に行くと言っていました。
終わったら服を着替えていたので、デートかな!?とみています。(笑)
「楽しそうやなぁ~~。ヒューヒュー!!」
「口笛吹くなっ!!」
「吹いてへんわ!!」

あと、おばちゃんが、明日観に行くとかです。
そんなにみんなが行くなら、僕もまぁ……、
あの映画は主演の女優さん目当てで観に行きたい気もしなくはないんですが、
それよりか、吉本新喜劇の方がいいです。(笑)

ヒマなので長く書いてみました。
僕の8月31日は、小中高生のようなあわただしさもなく、とてもおだやかです。(笑)
スポンサーサイト

ホームなのにアウェイ

今朝は、昨日までの疲れにより、(笑)11時まで寝ていました。
真っ暗で揺れない平らな場所に寝られることは何と幸せなことだろうかと、
こないだ3日続けて車中泊をした僕は、強く感じています。(笑)

起きたら食堂に行って朝昼兼用の食事をし、
お土産を持って入学センターを訪問し、
一度帰って涼しい部屋でのんびりと写真のネットプリントを注文していました。
4月以降の写真を全然注文しておらず、けっこうたまってました。

そしたら、わずか20分後に「プリントできました」のメールがきました!!
今まで数時間はかかっていたんですけど……。
ただ、確か今まではすべて夜の10時とか11時(営業時間外)とかに注文していたから
「プリントできました」まで数時間かかるのであって、
営業時間内に注文すれば、そりゃプリントはすぐできるわなぁと思いました。

で、せっかくすぐやってくれたのだから早く取りに行かないと失礼にあたるぞと(笑)
バイト前に取りに行ってきました。

バイトには3週間以上入っておらず、夏休みになってから初めての出勤となりました。
夏休みなので人員が変則的になっていて、
夏休みに休業している他の食堂からもおばちゃんがやってきています。
なので、ホームなのにアウェイというか、(笑)
雰囲気が違ってやややりづらいものがありました。

しかしながら、お客さんは少なくて、仕事はヒマです。
先輩と、久しぶりの「かき氷の先輩」の噂話をしていました。
かき氷の先輩が今日帰国されるらしいという情報は
この先輩からお盆前に仕入れていたんですが、
帰国し、キャンパスに復帰されたあと、バイトに戻ってきてくれるかなぁということは
共通の心配ごとであります。

あ……!!
その前に、僕のことを覚えてくださっているだろうか……!?(笑)


あと、友達に
「青春18きっぷがあと1回分あるので、片道3時間くらいのところに旅行したい。
 どこかお勧めはないか!?」
と聞かれました。
高松を勧めておきました!!
マリンライナーに乗って、瀬戸大橋を渡って、うどんでも食べて帰ってくれば、
ちょうどいい日帰り旅行になると思います。

そんな平和なバイトでした。(笑)

で、今は、ちょっと気になって「あなたとは違うんですTシャツ」を色々と調べているんですが、
これが案外種類があって、ニヤニヤしながら画面を見ています。
あの言葉を身につけて歩けるなんて、こんな幸せはありません。(笑)
買おうかなぁ……。

そういえば、今月は旅行をたくさんしてけっこうお金を使ったんですが、
家計簿を見てみたら、あれだけ旅行をしてもなお、
4月から7月までの貯金で十分にカバーできている
ことが分かりました。
国は赤字だというのに、僕はえらく幸せな暮らしをしています。(笑)

2010.夏 旅行記 11

昨日までずっと長い旅行をしていたわけですが、実は今日も日帰りの旅行に行ってきました。この元気さには我ながら感服しますが、(笑)むしろ、11日(実質10日)にも渡る長い旅行の終盤になっても「あぁもう終わりか……」というブルーな気分にならずにいられたのは、今日の旅行の予定があったおかげかもしれません。もちろん、旅行としてはお金の使い方とか行き先とか人数が全く昨日までのと異なっており、たまたま日付が連続しているだけのことなので、別の旅行記として仕立てます。

さて、8月も29日になり、高校生の夏休みも終わりに近づいています(もしくはもう終わったのかもしれません)。しかし、オープンキャンパスは私立大を中心にまだまだ活発に続いています。今日は、「オープンキャンパス探検部」(仮)のガイドの先輩と、山口大・県立広島大に続き、他大学のオープンキャンパスを見に行ってきました!!

朝は5時45分に西条駅に集合。今までガイド関係で何度か遠出をしていますが、そのどれよりも早い集合時間です。というか、ガイド関係であるか否かにかかわらず、これだけ早い時間に誰かと集合して旅行に出かけた記憶がありません。

窓口で切符を買って、6時03分発の相生行きへ。上りの始発電車で、何度か利用したことがあります。相生まで乗り換えなしで行けるというのは、個人的にはポイントが高いです。(笑)

三原駅で下車して、10分後の「ひかり540号」へ。

変換 ~ DSC06805

三原駅に停車する上りの「ひかり」は朝に2本あります。1本は、6時22分の「ひかり462号」。三原を始発で出た後、名古屋までと小田原・新横浜・品川に停まる東京行きです。そしてもう1本が6時49分の「ひかり540号」で、岡山までと姫路・新神戸に停まる新大阪行きです。レールスターですが、

変換 ~ DSC06806

普段は指定席になる4・5・6・7号車も自由席です!!ということで、当然この号車にいないと損をします。(笑)どうせなら、全車自由席にしてくれれば、8号車の個室も使えたのになぁと思うんですが……。

この新幹線に岡山駅まで乗りました。岡山駅では一旦改札を出て朝食を購入。本当は、西条駅で買うつもりがハートインが空いておらず、それならば三原駅でと思いきややはり同様で、ようやく岡山駅まで来て朝食にありつけました。(笑)

さて、ここからは、

変換 ~ DSC06808

快速マリンライナー9号のグリーン車です!!先輩はグリーン車に興味をお持ちなので(というか、僕がそうさせてしまったので……)(笑)この区間をグリーン車にしました。ちなみに、始めは「マリン・パノラマ9号」(運転席真後ろの4席)の空席を照会してもらったんですが、すでに2席が埋まっているそうで、あの狭い空間を見ず知らずの人と共有するのは厳しいなぁと思い普通のグリーン車にしました。そしたらそれが当たり、ほぼ貸切でした!!(上の写真を撮った後、おじさんが1人きました)

変換 ~ DSC06809

朝食です。食べ終わったらテーブルをたたんで向かいの座席を転換させて広々と過ごしました。

変換 ~ DSC06810

瀬戸大橋を渡っています!!ちなみに高松行きのグリーン車は、4番・6番・8番のA・B席にすれば、海がすぐそばに見え、かつ、目の前に太い窓枠がありません。僕はそれを知っていたので座席をリクエストして4のABにしました。皆さんもぜひご参考にどうぞ。

そういえば、7月に説明会で高松に行った帰りも、僕の話を聞いて興味を持った学生スタッフ2人を誘ってグリーン車に乗りました。そんな具合に、僕と関わりのある人の中で、鉄ちゃん・鉄子さんにさせられている人が今までに何人かいます。まったく気の毒な話です。(笑)

坂出駅で下車し、特急「しまんと5号」へ。

変換 ~ DSC06833
(下車駅で撮影)

特急ではありますが、2両です。1号車の半分が指定席、1号車の残り半分と2号車が自由席です。僕は今までにJR四国の特急に乗ったことがなくて(厳密には、1度だけ、伊予西条から新居浜まで乗ったことがありますが)、自由席の込み具合というものが全く想像できなかったんですが、割と空いていて十分座れました。

変換 ~ DSC06818

変換 ~ DSC06822

吉野川に沿って走ります。写真だと分かりませんが、時々、川の色がきれいな緑色をしていました!!

変換 ~ DSC06830

おもしろ駅名の「大歩危」です。この先には「御免(ごめん)」という駅もあります。

ただ、今回は御免駅までは乗らず、その手前の土佐山田駅で下車。

変換 ~ DSC06835

今日訪問する大学は土佐山田駅の近くにあり、オープンキャンパスに合わせてここから送迎バスが出ています。

変換 ~ DSC06836

土佐電鉄のバスでした。車内には、ICカード「ですか」の広告も出ていました。それにしてもこの「ですか」、ICカードの中ではかなり異色の存在だと思います。まずひらがなというのは珍しいし、何より、「ですか」って……、疑問文じゃないですか!?(笑)

バスで15分、高知工科大学に到着です。

変換 ~ DSC06838

入口をくぐりました。この大学は「日本一美しいキャンパス」を名乗っていますが、実際に足を踏み入れてみて、それは決して言いすぎた話ではないと心から感じました。とにかく、美しすぎる!!建物のデザインも、キャンパスの自然環境も、何もかもが素晴らしい!!

あと、他に素晴らしいと思ったのが、

変換 ~ DSC06841

受付時に記入する用紙の身分の選択肢に「大学生」があったことです……。(笑)他大学からの参加者があることを少なからず想定しているというわけで、キャンパスの美しさに並んで我々「オープンキャンパス探検部」が感激したことでもあります。

さて、今日は、模擬授業が3本開かれます。それに並行して学生によるキャンパスツアーも開かれます。まだどちらにも時間があったので、受付でもらった資料を頼りに歩いてみました。

変換 ~ DSC06842

ちょうど1陣目のツアーが出たところでした。後ろに写っているのが図書館や本部が入った建物で、広大にあるホールの色違いみたいなデザインだと思います。(笑)

まず向かったのは、「アイス無料配布」のコーナー。

変換 ~ DSC06843

そのとおり、アイスが無料配布されるんです!!同窓会の提供だそうです。

次に、こんなところへも行ってみました。

変換 ~ DSC06845

これ、何だと思いますか!?個人的な第一印象は「USJのそばにこういうホテルがあるなぁ……」だったんですが、これ、学生寮なんです。15階建てです。キャンパス内で一番高い建物がこれで、最上階からの眺めはとてもきれいだと思います……。ここの公開も随時行っているということで、見せていただきました。案内して下さった女性の口から時々出る方言が何か好きで、「(食事を摂るのは)食堂になると思うがですけど」は特に印象的だったのですぐに携帯にメモしました。(笑)

変換 ~ DSC06853

居合わせた高校生の女の子2人とでした。果たして、彼女ら(に関わらず、オープンキャンパス関係者)の目には、僕たち2人はどのように映っているのやら……。やはり、同じ高校生ではないだろうということは、明らかだと思いますが。(笑)

あと、寮の敷地内に男女別のコインランドリーとか物干し場がありましたが、男性用の物干し場に、僕が使っているのと同じ足ふきが1枚干してありました。(笑)

寮の見学を終えた頃には、見学希望者の列がけっこう長くなっていました。あと、アイスクリームがもらえる場所も混んでいました。「先んずれば即ち人を制す」とは僕の好きな言葉です。

次に、図書館へ。館内を歩いている時にポケットの携帯がメールのテンポで振動していたので、誰じゃい!?と思って、窓に面した足が伸ばせる椅子に座ったところでメールを見てみました。(この椅子、クッションがへたれているのがけっこうありました)

すると!!

メールの差出人はガイドの友達で、本文が

---
変なこと聞くんだけども、
今高知来たりしてない…?

---

でした!!

来たりしてます。(笑)これには背筋がゾクッとしました。西条から(鉄道に沿って)300km近くも離れた高知県土佐山田町の高知工科大学構内で、どうして知り合いに目撃されなければならないのか!?果たして彼女は大学生になりすましたパパラッチか……!?(笑)

というか、順番からいえば、先に高知工科大学のオープンキャンパスに来たのは友達の方なんですよね。そのお母さんが「オープンキャンパスは模擬授業や学食体験ができて記念品ももらえる最高のテーマパーク」と言っておられて(僕もそう思います)(笑)去年親子で高知工科大学のオープンキャンパスに来ていたらしく、その話を聞いたことがきっかけで僕も高知工科大学のオープンキャンパスに興味を持って先輩とやってきたわけです。だから、友達が来ていようと僕たちには驚く権利はなく、むしろ友達の方が相当驚いただろうと思います。ただ、まさか今年も来るなんて僕には予想できませんでした……。

次に、12時からのキャンパスツアーへ。ツアコンは大学祭の実行委員の学生で、そういえば確かに大学祭が好きそうな兄ちゃんだなぁという感じがしました。特に整理券を出したり上限を設けたりせず、来た人はすべて案内するようでした。これがキャンパスツアーの理想の形だと思います。オープンキャンパス全体の参加者がざっと計算して20倍くらいは違うだろうなぁと思うので(広大は今年24,000人でした)、仮に広大のオープンキャンパスでガイドを希望する人をすべて受け入れてしまってはパンクするわけですが……。

変換 ~ DSC06859

図書館と、時計台と、講義棟です。

変換 ~ DSC06877

池の上の細い道を歩いています。開始時の諸注意で、「(この道は)ところどころ端が切れているので、うっかり足を池に突っ込む人がいます。暑いのですぐ乾くからといって突っ込まないように気を付けてください」というのがあって、これが相当ツボでした!!

ツアーでは、研究棟の中にも入ることができました(これも僕たちにはできなかったことです)。それで分かったのが、この大学の研究室はすべて廊下側の壁がガラス張りになっていて、ところどころに学生同士の自習や先生への質問に使える大きなテーブルも用意されていて、研究棟が、学生にとってかなり気軽に入れる場所なんだなぁ、ということでした。

変換 ~ DSC06888

参加者に配布されたうちわには、この辺りのもう少し高い場所から撮影した写真が使われていました。それにしても、どこを歩いても美しいキャンパスです。

この後食堂へ。

変換 ~ DSC06893

ざるうどんのセットにしました。ところで、食堂でバイトをやっているともちろん他大学の食堂がどんな感じかは興味津津なんですが、特に興味を持つのが、食器の下げ方です。広大ではトレイごとコンベヤーに載せれば奥でバイトが処理しますが、他大学ではそこまで楽なやり方は見たことがありません。たいてい、残飯やラーメンの残り汁などは所定の場所に廃棄して、食器を流しでシャカシャカっと軽くゆすいで、ある程度きれいになった食器類とトレイを別々に下げるようになります。ここもそうで、

変換 ~ DSC06896

分け方がかなり徹底されていました。これならバイトも楽でしょう……。(笑)

あと、食べ終わったところで友達親子に会いました。こんなところでガイドのメンバーが鉢合わせするなんて、世の中も狭いモンです。(笑)あと、高知へは広島からの無料送迎バスで来たとのことなんですが、僕もそのバスを申し込もうとするも「受験生・保護者・高校教員のみ」となっていて(そりゃそうなんですが)申し込めなかったところなので、よくよく話を聞いてみたところ、友達の弟が高校生で、「受験生の家族」として申し込んだそうです。方や10,000円以上かけてJRで来たというのに、家族に高校生がいるだけでずいぶん得をしたものです。(笑)

午後の模擬授業を1つ受けました。「マネジメント学部」の「カルピスの誕生について」と「数学はマネジメントの役に立つか??」のセットです。僕はカルピスは好きだし、「総合科学部で数学を主専攻する」という立場としては「他の学問に数学がどのように必要なのか」ということにも興味があります。ちょうどいいセットです。

ちなみに、どの模擬授業を受けに行くかをお昼を食べながら先輩と話していたとき、「カルピスは何月何日に発売されたか知っているか」と聞かれたんですが、7月7日だそうですね。で、水玉模様は天の川のイメージなんですってね。カルピスの模擬授業では見事にその話も出てきて、前もって予習できていたことに感謝しました。(笑)

あと、授業で知りましたが、カルピスの当初のキャッチコピーが「初恋の味」だったそうです。「初恋の味」。いい言葉じゃないですか!!清純さ、甘酸っぱさ、カルピスにピッタリです。そこから、「今でも、CMに長澤まさみさんとか小さい子供を起用してどこか清純なイメージがある」、「最近はどういうわけかはんにゃが出ていますが」という一言もあり、おもしろかったです。(笑)

次の「数学はマネジメントの役に立つか??」では、

変換 ~ DSC06902

こういう結論で話が締めくくられました。最終的に必要なのはやはり総合科学の見方だなぁと感じました。

ところで、この部屋の椅子ですが、

変換 ~ DSC06904

こうなっています。最初、座り方が分かりませんでした。(笑)座面を(写真でいえば)右側にスライドすれば座れます。奥の方は座面が完全に収納された状態、手前の方は途中までスライドさせた状態です。なかなかおもしろいなぁ……と思いましたが、僕の座り方のクセで授業中に時々座面が後方に収納されそうになることがあったので、この大学には来ない方がいいかなと思いました。(笑)

これでやりたかったことはすべてやれました。最後にガイドの友達と3人で記念に写真を撮って(この場所での記念写真は相当レアだ!!)、友達親子は広島への、僕たちは土佐山田駅へのバスに乗りました。

土佐山田駅からは「南風20号」へ。行きと違って自由席はけっこう埋まっていて、2人掛けはかろうじて1つあるだけでした。朝早かったことや暑い中ウロウロした疲れで多くを寝て過ごしましたが、途中で

変換 ~ DSC06923

車窓に虹が見えることに先輩が気付きました。周りのお客さんに気付いていそうな人はいて、ソフトバンクの携帯のシャッター音が聞こえました。(笑)こういうとき、車掌さんが目ざとく気付いて「進行方向右手に虹が見えます」なんてアナウンスしてくれれば素敵だなぁ、と思います。

自由席のお客さんはどんどん増えていって、しばらく寝て目が覚めてみたら座席はほぼ埋まってデッキへの立ち客もいたことには驚きました。

岡山駅では、10分の接続で「こだま755号」へ。100系の4両で、こちらは十分に座れました。で、どういうわけか、僕たちの周りには座席を向かい合わせているおばあちゃんの集団とかアンパンマングミを食べている子供を連れた親御さんなどでにぎやかになっていて、これはぜひ対抗せねば!!とばかりに、「せーの、2!!」の指遊びをやっていました。ガイドの旅行で大阪に行った帰りにもレールスターの個室が一緒だったメンバーでやったので、これはガイド内の一部の人間での定番の遊びだといえるでしょう。(笑)

ところで、先輩は新幹線でちくわを食べるのが夢(?)だったそうなんですが、例のおばあちゃんの集団がまさにビールのおつまみにちくわだかかまぼこだかの練り製品を食べていて、その様子を看過することができず、途中の福山駅で4分停車している間に車外に出て階段を下りてコンコースの売店に走り、

変換 ~ DSC06926

かまぼことちくわを買ってきました。元の席はもう埋まっていておばあちゃんに対抗することはできませんでしたが、(笑)福山駅から三原駅までの間で、練り製品パーティーが催されました。

あと、新尾道駅で、

変換 ~ DSC06929

初代の塗装にリニューアルされた100系を初めて見ました。僕にとってはこれこそ100系で、もっといえば、これこそが新幹線かもしれません。幼稚園の頃、「しんかんせんのおごおりえき」へはこの100系(もちろん当時は16両)で帰省していましたから……。100系の引退も迫っていますが、この「新幹線の中の新幹線」を、最後まで暖かく見守りたいな、と思います。

三原駅で在来線に乗り換えて、20時前に西条駅へ。これで、オープンキャンパス探検部の3回目の活動は終了しました。さぁ、次はどの大学に行きましょうか!?ひょっとしたら、パソコンの向こうのあなたの大学に行くかもしれませんよ!?

変換 ~ DSC06930

今日使った切符です。アンパンマンのスタンパーが押されている物もあり、にぎやかなことになっています。

帰ってきました!!

今朝、東広島に帰ってきました!!
鉄道で移動した距離6471.6km
使ったお金84,191円
手元に残した切符34枚
撮った写真1263枚……。
とにかく、今までにない規模の旅行でした。

そして、今日からは今まで通りの生活が始まりました。(笑)
とりあえず、帰ったら洗濯をして少し寝なおして、
昼は食堂へ。

「あらっ!!久しぶりやない!!」
「お久しぶりです~~。○○に行ってたんです!!」
「本当!?そりゃいいこと。」
「お土産買ってますから、月曜に持ってきますね!!」
「月曜からまた(バイトに)出てくれるんかいね?」
「はい、そうです。」

月曜からはしっかりバイトして、使った分を取り戻さねば!!

そのあと、お土産を持って
ガイドでお世話になっている部局のひとつを訪ねました。
話に花が咲き、帰り際には

「次に○○に誰と行くんか知らんけども!!」

と言われました。
そんなこと、僕も知らんけども!!(笑)

で、今日の晩ご飯は家で作るときの定番のメニューであるご飯と餃子だったんですが、
ご飯は、2合炊くつもりなのにお米をカップ1杯しか入れず、
要は、本来の倍の水で炊いてしまったわけで、
ドロッドロの、おかゆみたいなご飯が炊けました。(笑)
一方、餃子は餃子で、
冷凍していたのをあまり十分に解凍しないまま焼いてしまったので、
フライパンの上が(水分で)ドロッドロになり、
まさに「外はカリっと、中はジューシー」みたいな感じの餃子になりました。

いつも通りの生活に戻るには、まだ数日を要しそうです。(笑)

2010.夏 旅行記 10-8

UFOを食べ損ねてお腹を空かせながら寝て、(笑)5時に起きました。まずコンビニに寄ってUFOを返品して(丁重なお詫びを求めていたわけじゃないけど、あまりにあっけらかんとした対応だった)、札幌駅へ。

変換 ~ 変換 ~ DSC06473

とても立派な駅だと思います。広島駅ももう少し立派にならんかなぁ……。(笑)

構内で弁当と水を買って、6時01分発の旭川行きへ。

変換 ~ 変換 ~ DSC06475

弁当を食べながら、3時間ゆっくりしました。実は、北海道に滞在する3日間続けて、札幌~旭川間は(片道)利用しています。見慣れたものです。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06478

旭川駅も3度目です。構内の郵便局でパンフレットを送る用にレターパックを買って、旭山動物園のグッズを扱っている売店も見て(これも見飽きた)(笑)9時30分ごろ富良野線のホームへ。

変換 ~ 変換 ~ DSC06479

変換 ~ 変換 ~ DSC06483

変換 ~ 変換 ~ DSC06481

ここからは、快速「富良野・美瑛ノロッコ1号」に乗ります!!見ての通り、トロッコ列車です。前日は大雨で運転を見合わせたそうですが、今日は天気も回復して運転します。ちなみに、前日の大雨では北海道で旅館が孤立して全国のニュースになっていたりもしましたが、旅行記を見てわかるように、僕に関しては全く雨の影響を受けませんでした。そればかりか、10日間の日程で、1度として、折り畳み傘を開くことがありませんでした。

富良野・美瑛ノロッコ号には色々な座席があります。

変換 ~ 変換 ~ DSC06487

指定席と自由席の一部だと、このように、3人掛けのボックスシートと、2人掛けのロングシートが設置されています。ロングシートの背もたれは転換することができます。指定席車には売店も付いています。

変換 ~ 変換 ~ DSC06485

残りの自由席はこのような2人掛けのボックスシートです。

変換 ~ 変換 ~ DSC06488

僕は1号車9番C席でした。ABCの3人が横に並ぶというのは、新幹線以外では珍しいのでは。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06486

ちなみに、僕の座席はボックスシートではありませんでした。本来なら向かいの人の座席があるところに大きなストーブが設置されています。もちろん今の時期は稼働していませんが……。(笑)

10時03分に発車します。車内はほどほどに埋まっていて、僕の隣(A・B席)は終点まで通して空いたままでした。せっかくのトロッコ列車なので、目の前の売店に行ってピンバッジを買いました。あと、車掌さんからオレンジカードも買いました。それと、車掌さんが検札の時にハンコを押してくれなかったので、「ハンコ押してもらっていいですか!?」とお願いしたら、「今持ってないからあとで持ってくるわ」と立ち去って、「自分で上手に押して」と、押すのをやらせてくれました!!「上手に」なんてハードルを上げないでくださいよと思ったんですが……。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06489

というわけで、自分で上手に押してみました。中学生の頃、職場体験で東萩駅の改札口に立ったことがあります。あと、途中下車印を自分で押させてもらったことが1度だけあります。でも、お客の立場として車内改札印を押すのは初めてでした!!フレンドリーでいい車掌さんでした。

そういえば、写真を見てわかるように、列車名は「富良野・美瑛ノロ」で「ッコ」は表示されません。それ(列車名が端末には「富良野・美瑛ノロ」で登録されている)以外には特に珍しいことはないと思うんですが、切符を買った三ノ宮駅の窓口の係員さんは、珍しくて緊張されたのか(笑)ずいぶん手こずっていました。

さて、フレンドリーなのは車掌さんに限らず売店の人も同じで……。今回の旅行でよくやるように、この2人にはノートを渡して「何か記念に書いていただけませんか?」とお願いしたんですが、2人ともすごく親切に引き受けてくれました。売店の人は、「えっ、私がですか!?」と戸惑いつつも

○○さんへ
広島からお越しいただいて本当にありがとうございます!
今日はいい思い出になるように私も頑張りますので、ノロッコ楽しんでくださいね!!
ノロッコアテンダント ●● 2010.8.25

と、車掌さんは

○○さんへ
北海道に来て頂きありがとうございます!!
北海道は自然がいっぱいでかならず満足のいく旅になると思います。
北海道を大好きになって帰って下さい。
2010/8/25 JR旭川車掌所 リゾート列車チーム ◆◆

とそれぞれ書いてくれました。

ただ、こんな2人ですが、

変換 ~ 変換 ~ DSC06506

いつもとても忙しそうでした。車掌さん(右)は検札・オレンジカードの販売・記念乗車証の配付などでうろうろされていたし、売店の人(左)は売店の担当をする傍ら車窓の案内放送もされていたので……。まぁ、そんな中でお願いした罪滅ぼしに、ピンバッジやオレンジカードを買ったというのもあるんですが。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06491

途中の美瑛駅です。まとまった時間があったので外に出てみました。絵本に出てきそうな駅ですね。

変換 ~ 変換 ~ DSC06492

旭川駅で買ったパンです。これぞ本当のメロンパン!?(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06493

ラベンダーの時期だったらもっときれいだったんでしょうね~~。手元のメモ用紙には「美瑛町観光ポスターにもなった、赤い屋根の家」と残しているんですが、多分その赤い屋根の家があれだと思います。

変換 ~ 変換 ~ DSC06494

あの三角の屋根の建物は、小学校なのだとか。

変換 ~ 変換 ~ DSC06496

続いて木の向こう側に見える白い建物は、カルビーのポテトチップスに使うジャガイモの貯蔵庫だそうです。

変換 ~ 変換 ~ DSC06500

変換 ~ 変換 ~ DSC06501

ノロッコ号専用の臨時駅「ラベンダー畑」です。せっかくの臨時駅なので、ここから隣の中富良野駅までの乗車券でも、車掌さんから買い求めればよかった……。

変換 ~ 変換 ~ DSC06509

旭川駅からおよそ1時間30分、終点の富良野駅です。ここからはすぐの接続で快速「狩勝」に乗り換えです。

変換 ~ 変換 ~ DSC06511

変換 ~ 変換 ~ DSC06514

北海道で、ときどき、こういう1-2のボックスシートを見かけます。関空快速とか姫新線みたいな感じです。で、この座席の1人掛けが、写真でもわかるように中途半端に広く、さながら1.5人掛けといった雰囲気を醸し出しています。(笑)実は広電のグリーンムーバーにも似たような「中途半端に広いボックスシート」があります。

終点の滝川駅まで乗って、岩見沢行きに乗り換えて、岩見沢駅からはまた転換クロスシートの電車です。

変換 ~ 変換 ~ DSC06516

ドアは3枚あり、客室は2分割されています。客室内は「ハイパーサルーン」みたいにこぢんまりとしています。で、写真から分かるように、客室とデッキの間のドアが、客室側は黄色、デッキ側は水色に塗られていて、けっこう派手だと思います。

本当にこの区間は3日間で何度も乗ったので、今さら特に書くことはありません。(笑)札幌駅に到着です。

変換 ~ 変換 ~ DSC06518

構内のネットコーナーで久々にメールをチェックしたら、26通も届いていました!!もっとも、そのほとんどがホテルや就活サイトからのメルマガで、本当に必要なメールというものは特になかったんですが……。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06519

変換 ~ 変換 ~ DSC06520

札幌駅には、映画「ハナミズキ」のPRコーナーもありました。気になってはいますが、映画を見に行くという趣味は特にないので、そのうちテレビで放送されるときにでも見ればいいかなと思っています。

ここからは市営地下鉄に乗ります!!

変換 ~ 変換 ~ DSC06521

幼少のころから図鑑で見ていた「ゴムタイヤの地下鉄」です!!確かに静かでした。写真に写っているのは反対方面行きの列車で、僕が乗ったのは「麻生」行き。てっきり「あそう」と読むのだと思っていて、政治風刺ネタの好きな僕はついニンマリしてしまったんですが、そうではなく「あさぶ」だそうです……。

変換 ~ 変換 ~ DSC06523

地下鉄を「北18条」駅で下車。

変換 ~ 変換 ~ DSC06527

ここは……北海道大学の構内です!!大学めぐりという趣味(?)を持つ僕に、北海道大学は外せません。

変換 ~ 変換 ~ DSC06529

体育館です。

変換 ~ 変換 ~ DSC06530

保健センターです。

変換 ~ 変換 ~ DSC06533

医学部です。なんじゃこの立派な建物は!!

変換 ~ 変換 ~ DSC06535

工学部です。噴水!?!?

変換 ~ 変換 ~ DSC06538

他にも、池とか、(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06539

レストランもあります。そして、キャンパスは広大に負けず広いので、

変換 ~ 変換 ~ DSC06532

構内の循環バスも走っていました。

で、今日は朝の弁当と昼のパン(2つ)しか物を食べていないので、とりあえず食堂にでも行こうかなぁと思ったんですが、早く行かないとお目当ての総合博物館が閉まってしまうので、そちらに先に行きました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06542

それで……北海道大学の総合博物館の先生とは、去年鹿児島大学であった大学博物館の学会で知り合っていました。そして、北海道大学の博物館と広大の博物館は仲が良いので、広大の博物館を通じて、この先生や北海道大学の博物館の近況も何度か伺っていました。だからといってわざわざ僕が北海道大学の先生を訪ねてあいさつをするのも大げさだなぁとは思ったんですが、せっかく来たのでと、受付の方に相談してみました。

そしたらすぐに先生がいらっしゃって、しかも僕のこともちゃんと覚えてくださっていて、さらにすごくビックリされました。そりゃアポなしで突然広島からやってきたんですから、驚かない方が無理だと思いますが……。(笑)

そして、何と、夕食に誘われてしまいました!!というのが、北海道大学の博物館でも、広大の博物館(キャンパスガイド)のように学生が博物館活動に参画しているんですが、今日はちょうどそのグループ(ミュージアムショップで販売するTシャツをデザインした学生グループ)と夕食の予定があったんだそうなんですね。で、その席にゲストとして(笑)寄せていただけることになったんです。アポもなくあいさつに来て、夕食までお世話になるとは、何とずうずうしい人間かという感じなんですが、お言葉に甘えました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06543

変換 ~ 変換 ~ DSC06544

変換 ~ 変換 ~ DSC06551

ひとまず足早に館内を見学して、ミュージアムショップでお土産をじゃんじゃんカゴに入れました。(笑)で、ふとレジの店員さんを見ると……、

店員さんが、ものすごい美人でした!!(笑)

いやぁこれはまいったなぁと(笑)思いながらカゴを持って行ったら、

「道外からいらっしゃったんですか!?」

そうかそうかここは北海「道」だから「県外」とは言わず「道外」というのかそうなのかなるほど……ということを頭の中で速やかに理解して、(笑)広島大学で博物館活動に携わっている学生で、北海道大学の博物館にすごく興味があったので訪問したという話をしました。店員さんの名札を見ると、名前とともに「医学部」と書いてあって、頭がいいし美人だし、この方はさしずめ北海道大学の八田亜矢子さんだなぁと思いました。(笑)

そのあとに先生の研究室を訪問して、お茶をよばれながら近況報告をし、1時間後の札幌駅での約束をして一度解散しました。入館するときには博物館の写真を撮れなかったので帰るときに必ず撮ろうと思っていたんですが、色々な感動が頭の中で回っていて、そのことをすっかり忘れていました。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06567

正門です。ここから札幌駅までは10分くらいしかかかりません。すごく便利な立地です。

で、一旦ホテルに戻り、預けておいた荷物を取ってきました。さらに、駅の隅の方でパンフレットをレターパックにまとめてポストに投函しました。そして、約束の18時に、駅ビル6階の「自然食バイキング 菜蒔季(さいじき)」へ。バイキングです!!朝からあまり食べていなくて正解でした!!(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06572

やってきた5人の学生は、突然のゲストである僕の存在に驚いたようでしたが(そりゃそうですよね……立場が逆だったら僕もビックリですよ)、顔写真入りの名刺を配って自己紹介をすれば、もうグループの仲間入りです。まさかこんな形で北大生とお近づきになれるとは思いませんでしたが、とてもいい時間を過ごさせてもらえました。さらに食事代まで先生のお世話になりました……。

そしてこの後は、1人が僕の札幌観光に付き合ってくれました!!

変換 ~ 変換 ~ DSC06586

変換 ~ 変換 ~ DSC06590

テレビ塔と、「がっかり」なスポットらしい時計台を見ることができました。どっちも見てみたかったので、がっかりしません!!(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06592

最終的には、「極楽湯」という温浴施設まで案内していただきました。北大生もけっこうよく行くそうで、実際に、略して「ごくゆ」と呼んでいました。

露天風呂まである、けっこう充実した施設です。ここでゆっくりした後は、札幌駅へ。道を間違って少し遠回りしてしまいました……。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06596

変換 ~ 変換 ~ DSC06594

帰りも急行「はまなす」です。前日にカーペット席が取れたおかげで、横になって寝ることができます。実はこの後2日続けて車中泊(座席)が続くので、ここでカーペットカーかドリームカーかでは、すごく大きな違いがあったと思います。

変換 ~ 変換 ~ DSC06595

北海道はでっかいどうとはよく言ったもので、3日間(しかも多くを移動に費やした)ではあまりに時間が短すぎると思いました。「はまなす」の窓から遠くなる札幌駅を見ながら、せめてあと1日は滞在できればよかったなぁと強く感じました。もっとも、次に来る時は、きっと大阪からトワイライトエクスプレスで札幌入りして、道内は特急にも乗れるフリーきっぷか何かでビュンビュン飛ばして移動して、あちこち見ているんでしょう。なので今回はこれで良かったことにします。(笑)

行きと同じく、ほとんど目を覚ますことなくぐっすり寝ました。函館駅での長時間停車も青函トンネルも、知らないままでした……。(笑)

2010.夏 旅行記 10-7

朝は6時30分に起きて、7時から朝食です。旅館の朝食なんて久しぶりです……。

変換 ~ 変換 ~ DSC06360

気持ちがはやるので(笑)少し早く行ってみました。前の晩と同じく大きなテレビの真ん前の席で、天気予報を見ていたんですが、今日の稚内は最高気温が23度だそうです。

変換 ~ 変換 ~ DSC06362

朝食はこんな感じでした。

で、食べ終わったら旅館のおじさんに車で稚内駅まで送ってもらえることになったんですが、フロントで待っていたら「じゃぁ、行きましょうか」と、まだ宿泊費を払っていないのに脱出させてもらえそうになりました。(笑)(ちゃんと申告しました!!)

ちなみに、車はエルグランドでした。親戚のアルファードに乗ったことはありますが、やはりどちらも豪華でした……。

稚内駅からは、宗谷バスへ。

変換 ~ 変換 ~ DSC06370

宗谷岬行きです。車体には広告が施してあって本来のカラーリングが分かりづらいですが、広告のない宗谷バスのカラーリングは、広島バスとそっくりでした。

変換 ~ 変換 ~ DSC06371

往復割引券を使っています。それでも2,430円。最近の交通費は1日1,500円もかかっていない(北海道&東日本パス1日分の値段)ので、それを思うと大変な出費です。(笑)

で、このバスに乗ってみて思ったんですが、車内放送に広告がかなり入ります。「日本最北端のジンギスカン専門店はこちらで……」といった具合に。あぁ「最北端」かぁ~~、と思ったんですが、驚くのはまだ早かったということに、あとから気づきます。

変換 ~ 変換 ~ DSC06374

バスは市街地を出ると海沿いを走ります。しまった、左側に座るんでした……。右側に座っていてよかったことは、稚内空港が見えたことです。

そして!!稚内駅から約50分で、

変換 ~ 変換 ~ DSC06378

宗谷岬に到着しました。何でもない道路沿いにいきなりあったのでビックリしました。高台にあるとか、そういう想像をしていました……。

変換 ~ 変換 ~ DSC06379

駐車場の向こうには「日本最北端の地」のモニュメントがありますが、それよりまず郵便局へ行きます。てっきりこの駐車場のすぐそばにあるのだろうと思っていたんですが、見当たらないので、売店に入って場所を聞いてみました。すると姉ちゃん、涼しい顔をして、

「向こうに1kmくらいですね~~」

い、1km!?姉ちゃん、涼しい顔をしてかなり残酷なことを言いましたよ!?(笑)帰りのバスまで40分しかないのに!!

ただ、何としても郵便局に行かなくてはならないのです。あらかじめ、ガイドのメンバーに「最北端の郵便局の消印入りのハガキを出すから、欲しい人は住所を教えて」と言っていたので……。自分から言っておいて「遠くて出しに行けませんでした」はナシですよね。(笑)「向こう」に向けて走り始めました。

なのになかなか見えてこなくて、途中に駐在所があったので、休憩がてら(笑)「郵便局ってこっちであってますよね?」と入ってみたら、おまわりさん、

「はい、あと300mか500mくらいですね」

えーっとおまわりさん、そこ重要なんですけど!!(笑)1kmに対して半分か3分の1かですよね!?けっこう大きいと思うんですけど!!

変換 ~ 変換 ~ DSC06375

ともかく、無事に最北端の郵便局にたどり着きました。ここでハガキを窓口にことづけて、レターパック(500円)を買いました。僕のことだから出かけた先でパンフレットを山ほど取っているわけですが、それをすべて持ち歩いていては重くてしょうがないので……。ここで荷造りをしてレターパックを出す時間まではないので、これはそのまま持ち帰りました。

ちなみに、前日にコンビニで「エクスパックありますか?」(エクスパックがレターパックに変わったことを失念していた)と聞いてみたら、「エスカップですか!?」と、栄養ドリンクの売り場に案内されかけました。この兄ちゃんはエクスパックを知らなかったみたいで、エクスパックのなんたるかを頑張って説明してみたんですが、郵便関係はハガキと切手しか置いてないみたいで徒労に終わりました。それにしても、エスカップをエクスパックと噛んだとしたら、いらん「ク」を発音したうえに「カップ」を「パック」と言い間違える、ものすごい噛みっぷりということになりますね。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06376

来た道を大急ぎで引き返します。最北端のガソリンスタンドがあります。

変換 ~ 変換 ~ DSC06380

これはツボでした。「食堂最北端」!!いいセンスだと思います。

とりあえず、15分くらいは時間があるので、色々と見てみました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06381

「宗谷岬」の詞が彫られた石碑です。

変換 ~ 変換 ~ DSC06384

「日本最北端の地」のモニュメントです!!ついに北の果ての地を踏みました!!

……ただ、思うんですけど、このモニュメントよりもっと向こうに行けば、最北端よりさらに北に行ったことになりません!?

変換 ~ 変換 ~ DSC06387

そう思ってモニュメントの向こう側に周り、最北端よりさらに北から海の写真を撮りました。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06395

さらに、時間は迫っていますが、高台の展望台にも上がってみました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06399

樺太までは約43kmだそうです。萩からX島までとあまり変わりません。

変換 ~ 変換 ~ DSC06401

バス停に戻りました。9時33分発に乗るんですが、これを逃すと15時08分までバスがありません。絶対に乗り遅れられないので、振り返れば行ったのか行ってないのかわからないような常にバタバタしながらの最北端でした。(笑)

帰りのバスではちゃんと海側(右側)に座り、海の景色を楽しんでいました。あと、

変換 ~ 変換 ~ DSC06409

レターパックを組み立てて、中にパンフレットを詰め込みました。おかげでカバンの軽くなったこと!!(笑)

稚内駅に着いたら、郵便局に出しに行って(別にポストでもいいんですが、駅のすぐ近くに郵便局があるので)、ドラッグストアでペットボトルのお茶を買って(飲み物はドラッグストアが安い!!)、駅の売店へ。お昼の食料を買い込んだんですが、それ以外に目に止まってしまったものがありました。「北海道Walker」です。表紙が新垣結衣さんだったんですね……。値段は400円。もちろん買いました。いや、表紙どうこうというより、北海道Walkerを読んで地元のネタを仕入れたかったので!!(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06414

またリクライニングシートだといいなぁ……と思っていましたが、今度は転換クロスシートでした。それでも十分なんですけどね!!(笑)10時51分発の名寄行きです。

変換 ~ 変換 ~ DSC06424

変換 ~ 変換 ~ DSC06425

早速お昼にしました。ウニとカニのおにぎりです。こんな贅沢なおにぎりなんてそうそう食べられません……。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06426

そして、こんな景色を見ながらのんびり列車の旅ができることも、また贅沢な話です。

変換 ~ 変換 ~ DSC06429

携帯で音楽を聴いていましたが、「新山口」のストラップを見て、この列車内に新山口駅を知っている人はいるのかなぁとふと思いました。名前を聞けば「山口県の駅かな」とは思ってもらえるかもしれませんが、いくら「山口」が付くからといって「肥前山口」とか「篠山口」は山口県ではないので、そうそう甘いものではありません。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06432

変換 ~ 変換 ~ DSC06434

行きほどではありませんが、長く停まる駅がいくつかあります。豊清水駅もそうだったので、降りてみました。駅舎内にいたはく製を見て、一瞬本物かとビックリしました。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06438

終点の名寄駅です。行きはすぐに乗り換えたので外には出ませんでしたが、今回は約30分あります。名寄駅からは旭川行き、さらに岩見沢行きに乗り換えて、岩見沢駅に17時52分着。ここからは久々に転換クロスの区間快速です!!

変換 ~ 変換 ~ DSC06446

で、この列車の車掌さんですが、車内放送を聞いていると……

「お乗り換え列車でございまして、……」

はっ!!さては、昨日も登場した
「ただいま(某所の)踏切内(の話)でございますが、踏切非常ボタン発生中でございまして、これから先でございまして、滝川まで遅れて到着とさせていただきますので、……」
の人ではないでしょうか!?

この列車を、札幌駅の少し手前の白石駅で下車。ここの窓口の駅員さんは「お疲れさまでした」「ありがとうございました」のあいさつをかなり丁寧にされていて、とてもいい印象を持ちました。

白石駅からは千歳線で北広島駅へ。

変換 ~ 変換 ~ DSC06448

変換 ~ 変換 ~ DSC06449

僕が住んでいるのは東広島駅もある東広島市です。その兼ね合いで(笑)行ってみたかったんです。

で、ここからは、稚内駅で買っておいた「北広島→新千歳空港」の指定席券を持って

変換 ~ 変換 ~ DSC06451

変換 ~ 変換 ~ DSC06452

「快速エアポート」の指定席を利用しました。北海道の指定席券は300円なんですね。かなり気軽に利用できます。ちなみに、今回「快速エアポート」の指定を取ったのは、気軽に利用できるからというのもあるし、「北広島」という駅名の入った指定席券を記念に残したかったからというのもあります。

予定では新千歳空港まで行くつもりでしたが、列車が遅れていて、新千歳空港まで乗ってしまうと後に差し支えるかなぁと、手前の南千歳駅で降りました。そして、南千歳駅からまたしても「快速エアポート」の指定席で札幌方面に引き返して、途中のどこかの駅の駅員さんのもとを訪ねました。

というのが、母の友達の息子さん(僕より少し年上)がこの駅にいらっしゃるんですね。で、僕も、中3の頃にこの方と広島で数時間一緒に過ごしたことがあります。(あの頃は広島で大学生活を送るなんて思ってもいなかった……)(笑)それ以来お会いすることもありませんでしたが、今回北海道に出かけることになり、5年半ぶりに再会できました。

まっさきに買い求めたのは、

変換 ~ 100917_000846

変換 ~ 100917_000912

「あいの里教育大→あいの里公園」の乗車券(日本語版・英語版)です!!どうしてこんな買い物をするのかはすぐにおわかりだろうと思います。(笑)新垣結衣さんに川嶋あいさん、今日はいろんな芸能人が出てきますね。

それと、記名式のKitacaも作りました。さらに、帰りの急行「はまなすカーペット」の三ノ宮駅(発売日には神戸にいた)での10時打ちに失敗してドリームカーの指定席券を持っていたんですが、一か八かカーペットの空席を見てもらったら1席だけあって、そちらに変更してもらいました。こんなことってあるんですね……!!(笑)

仕事のことや切符のことや旅行のことなど話が盛り上がって、最初は30分ちょっとで切り上げるつもりだったのが、1時間30分もいました!!色々とお世話になりました。駅員さんの仕事がとても多様で忙しいものだということがよくわかりました。

で、この後は札幌駅まで移動し、近くのコンビニでラーメンと焼きそばを買ってホテルへ。22時45分ごろでした。

変換 ~ 変換 ~ DSC06469

チサンイン札幌です。

朝食はいいとして、昼食は値段ばっかり豪華で量はそこまでなかったわけで、そしてそれ以降ほとんど物を食べていなかったので、すごくお腹が減っていました。ということで、お風呂で汗を流して、さぁラーメンと焼きそばだ!!と思ったら……、

変換 ~ 変換 ~ DSC06471

焼きそばの賞味期限が前日で切れていました!!別に食べる前に賞味期限を確認しようとしたのではなく(だったら買う前にします)、たまたま目に留まったんです。これにはビックリしました。UFOって、そうそう賞味期限が切れるものじゃないでしょう!?(笑)

とりあえずコンビニに電話をして翌朝持って行くから対応をお願いしたい旨伝え、ラーメンだけ食べて寝ました。もしラーメンを買っていなかったら、何も食べられないところでした……。

2010.夏 旅行記 10-6

変換 ~ 変換 ~ DSC06232

5時過ぎに目覚め、カーテンを開くと、こんな景色が広がっていました。生まれて初めて眺める北海道の景色です!!一晩カーペットの上で横になったおかげでかなりよく眠れました。

ちなみに、

変換 ~ 変換 ~ DSC06233

この日に「増21号車」が増結されていると書きましたが、指定席も増結されています。で、増結されている指定席は、ご覧のような、自由席と同じ座席の車両です(普段から連結されているグリーン車お下がりの「ドリームカー」とは違います)。同じ値段で、かたやカーペットやグリーン車お下がりの豪華なシート、かたや少しリクライニングするかどうかのシート。早く予約をしたかどうかで、見事な差が現れます。(笑)

一晩お世話になった急行「はまなす」は、時間通り6時07分に札幌駅に到着。

変換 ~ 変換 ~ DSC06244

変換 ~ 変換 ~ DSC06236

一度駅の外に出て弁当を買って、6時58分の滝川行きへ。

変換 ~ 変換 ~ DSC06245

変換 ~ 変換 ~ DSC06249
(写真は滝川駅で)

車内は空いていて、すぐに弁当が食べられました。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06246

あと、北海道に来て驚くのは、特急でもないのに車内が客室とデッキに分かれていることです。

変換 ~ 変換 ~ DSC06247

他にも、偉い人が乗るわけでもないのに窓ガラスは二重になっています。

変換 ~ 変換 ~ DSC06248

どちらも防寒のためですが、広島から来ると新鮮でなりません。

弁当も食べて広島との違いも見つけてのんびりとしていたところで、岩見沢駅では8分の停車。ただ、時間になっても発車せず、車掌さんから案内があったんですが、

「ただいま(某所の)踏切内(の話)でございますが、踏切非常ボタン発生中でございまして、これから先でございまして、滝川まで遅れて到着とさせていただきますので、……」

と、「ございまして」がやたらと多く、独特な言い回しにビックリしました。別に動揺しておられた感じではなかったので、普段からこういうしゃべり方なのだと思います。

変換 ~ 変換 ~ DSC06251

変換 ~ 変換 ~ DSC06255

滝川駅に到着しました。

さて。今まで、移動はすべて普通・快速・急行列車のみでこなしてきました。本当はそれをずっと続けたいんですが、列車の本数の都合上、ここから1区間(23.1km)だけ特急に乗ります!!これをしないと、今日中に目的地にたどり着けません。そして、今日の目的地はこの旅行の目的地でもあるため、必ずたどり着かなくてはなりません。ここで「普通・快速・急行列車のみ」にこだわっていては日程を1日延ばさなくてはならないため、ここは妥協します。

変換 ~ 変換 ~ DSC06256

スーパーカムイ5号です!!

変換 ~ 変換 ~ DSC06257

もちろん指定は取りません。(笑)自由席です。ただ、自由席にも関わらず、頭の両側のサポート具合などはかなりしっかりしていました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06258

指定席だとこうなります。この枕なんて、まるでかつての500系グリーン車のようです。

変換 ~ 変換 ~ DSC06262

変換 ~ 変換 ~ DSC06265

約束通り、次の深川駅で降りました。ここでは乗継が50分あるので、駅の外をぶらぶらとしてみました。してみました……ら、外から来たらしいおばさんに道を尋ねられてしまいました!!いくらなんでも僕にはわかりませんでした。(笑)とりあえず、郵便局を探してハガキを10枚買いました。

深川駅から先は、ついに車両が1両になります。ここからはずっと硬いボックスシートかな……と(札幌から滝川もそうだったんですが)覚悟を決めたんですが、何と!!

変換 ~ 変換 ~ DSC06268

転換クロスシート!!

そういえば長崎の「シーサイドライナー」のキハ66・67も転換クロスシートでしたが、1両の気動車に転換クロスシートという発想は僕にはありませんでした……。しかもこれ、0系の発生品のはずです。東海道新幹線の開業当初の座席に、遠く離れた北海道で座れる幸せ。(笑)たまりません。

変換 ~ 変換 ~ DSC06269

このテーブル!!アームレストから引き出して、外側にクルンと回転させるんですよね。これまでは写真で見るだけで、実際にこの目で見たのは初めてでした。

この列車に30分と少し乗って、終点の旭川駅へ。どうでもよいですが、今日の乗り換え駅には「滝川」「深川」「旭川」と、「川」が多いです。

変換 ~ 変換 ~ DSC06278

変換 ~ 変換 ~ DSC06271

変換 ~ 変換 ~ DSC06272

旭山動物園の顔はめがありました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06276

時間が35分あるので、ホームでうどんを食べました。卵をのせて350円。実は、これだけではなく、600円だか800円だかするしょうゆラーメン(ブランドものらしい)も扱っていて、はじめはそっちを注文したんですが、まだ(時間的に)やってない、とのことでした。(笑)時間にして11時ごろだったんですが……。

旭川駅から先は、快速「なよろ」へ。

変換 ~ 変換 ~ DSC06279

今度は普通のボックスシートでした。うどんを食べる間にボックスは埋まっていたので、端のロングシートにいました。

そして!!終点の名寄駅から先は、4時間以上も同じ列車に乗ります。日本最北端の駅、稚内行きです!!それこそ、普通のボックスシートを予想していたんですが……。

変換 ~ 変換 ~ DSC06287

停まっていた列車は、

変換 ~ 変換 ~ DSC06289

リ、リクライニングシート!?

目を疑ったんですが、何度疑っても疑いは晴れませんでした。(笑)どう見てもリクライニングシートです。向きは集団見合い式に固定されていて、回転の機能は省かれていますが……。これからの4時間、かなり快適に過ごせます。しかも、窓割りと一致している進行方向向きの座席に座れました。そういえば「ムーンライトえちご」もこのタイプの座席でした……。

ところで、「4時間」と書きましたが、この中には停車時間も長く含まれています。今乗っている宗谷本線は単線ですが、別に列車の行き違いをするわけでもないのに長く停まる駅がけっこうあります。例えば、音威子府(おといねっぷ)駅。

変換 ~ 変換 ~ DSC06296

変換 ~ 変換 ~ DSC06294

14分の停車時間に駅構内に行ってみましたが、ちょっとした展示スペースがありました。

他にも、雄信内(おのっぷない)駅。

変換 ~ 変換 ~ DSC06305

パッと見て「味のある駅やなぁ~~」と思ったら、そんな僕の気持ちを察したかのごとく(笑)「3分停車します」とのことだったので、サッと降りて写真を撮りました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06307

特急「サロベツ」とすれ違いました。

そして、極めつけは幌延(ほろのべ)駅です。15時14分に到着し、

「発車時刻3時49分です。(車内、「うわっ!!」「えーっ!?」とざわめく)(笑)発車まで35分ほどお待ちください。」

なんです。確かにこの駅でも行き違いがあるんですが、すれ違う相手はこの列車の2分前には到着しているので、別に、すぐに出たってかまわないところです。それをこの列車は35分も停車するばかりか、相手はこの列車より長く、38分も停車しています。(笑)実にのんびりしています。

変換 ~ 変換 ~ DSC06311

というわけで、車内のたいていの人は外に出ていました。僕はもちろん改札の外まで出ました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06315

変換 ~ 変換 ~ DSC06314

駅前に足を延ばしている人もいます。僕も行ってみました。(笑)で、100mくらい歩いたところにある小さな商店に入って、おやつを買いました。幌延駅の近くの小さな商店なんて、乗っている列車が35分も駅に停車しない限り絶対に訪れることはないと思います。商店のおばちゃんとの出会いも素晴らしい一期一会だと思います。

あと、駅の窓口では硬券の入場券を発売していたので、それも買いました。

変換 ~ 100917_000743

これだけ長く停車する列車があるのだから、停車中に窓口の人が車内にやってきて入場券を販売したり、商店のおばちゃんがホームで飲み物やおやつを立ち売りしたりすれば、大きなビジネスになると思うんですが……。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06318

幌延駅を出たら、買ったおやつを食べました。

あと、この路線には、雄信内駅のような味のある駅や、

変換 ~ 変換 ~ DSC06301

古い客車を改造した駅などがたくさんあり、長い乗車時間ですが全く退屈しませんでした。さらに、読むのに頭を使うような駅名もたくさんありました。(笑)

・智恵文
・美深
・紋穂内
・恩根内
・咲来
・音威子府
・歌内
・問寒別
・雄信内
・幌延

などなど……。答えは順に「ちえぶん」「びふか」「もんぽない」「おんねない」「さっくる」「おといねっぷ」「うたない」「といかんべつ」「おのっぷない」「ほろのべ」です。仮に僕がJR北海道に就職したら、まずは駅名の読み方を勉強しないといけません。(笑)

こんな調子で南稚内駅までやってきました。ここでも10分停まります。別にいいんですが、憧れの終点を前にして10分も停まってくれるなよとちょっとじれったい思いもしました。

そして!!そして!!

変換 ~ 変換 ~ DSC06330

変換 ~ 変換 ~ DSC06331

ついに、稚内駅に到達しました!!「99%以上」(笑)普通・快速・急行列車のみで八本松駅からやってきました。とても達成感がありました……。あと、前を歩いている女性2人ですが、それぞれ、僕の1列後ろと2列後ろとに座っていました。駅に停まっている時の過ごし方からして、何となく鉄子さんっぽいなぁと思っていたんですが、それを確かめる機会もないままでした。(笑)

稚内駅が1面1線の駅だったことにビックリしました。南稚内駅での10分の停車は行き違いのためだったんですが、「ここで行き違わんでも、稚内駅ででも行き違えるやろうに」と思っていた僕は無知でした。(ただ、かつては1面2線だったようです)

さて、稚内駅に着いたらまずは「最北端の駅」の看板を見に行こう……と思ったら、何と、

変換 ~ 変換 ~ DSC06336

工事中で撤去されているそうです!!そりゃないでしょう神様……。(笑)ひとまず、写真の左側に映っている記念入場券を買いました。

変換 ~ 100917_000720

ところで、マイミクでもある【おJはん♪さん】に、10日早く稚内駅に来られてしまいました。旅行記でそれを知った時は、パソコンの前で「やられた~~っ!!」とうなりました。(笑)

あと、ここでハガキ10枚に記念スタンプを押したんですが、JR西日本の駅のようなシャチハタのスタンプではないため、押すのにけっこう力がいります。それを10枚押し終えたあとには、腕が疲れてしまいました。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06337

駅前から15分ほど歩いて、今日の宿へ。

変換 ~ 変換 ~ DSC06343

「旅館山一」です。1泊2食付き、バス・トイレ共用でなんと8,300円という安さです!!しかも、楽天トラベルの「お客様の声」では、料理がかなり高く評価されています。これは楽しみです~~。

変換 ~ 変換 ~ DSC06344

部屋はこんな感じでした。学生のひとり旅にはこれで十分です。

で、夕食は19時からとのことで、1時間以上あるので、近くの温浴施設「港のゆ」まで行ってきました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06349

変換 ~ 変換 ~ DSC06350

よ、読めん!!(笑)

「港のゆ」の名前通り、港(海)が見渡せます。露天風呂もあり、来る価値はあると思います。しかも毎月23日は普段700円する入浴料が500円になるそうなんですが、今日は8月23日。このサービスは来て初めて知りました。ラッキーでした。

他にも、ソフトクリームが100円になるサービスもあったんですが、夕食前なので食べずにおきました。(笑)

旅館に戻り、部屋でくつろいでいたら、「食事の準備ができた」との連絡が。食堂に行ってみたら、大型テレビの真ん前の席に案内されました。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06356

どうですか!!毛ガニ(丸々一杯)やタコしゃぶなど、何を見てもおいしそうですよね!?さらにこの後

変換 ~ 変換 ~ DSC06358

ウニもきました!!はぁ~~こんなことがあっていいのか!?(笑)

ちなみに、飲み物なんですが、特に僕はそのつもりはありませんでしたが、おばちゃんに「生でいいですか!?」と聞かれたので、流れで(笑)そうしました。1人のんびり大画面のテレビを見ながら「キューッ!!」となっていました。

ダラダラ食べたのが悪かったのか、量が多いからか、気付けば2時間近く座りっぱなしでした。本当にお腹いっぱいになりました。稚内に行くなら「旅館山一」をおすすめします!!

で、部屋に戻って、本当は近くのコインランドリーに洗濯に行かないといけないんですけど、ちょっと気になって「1分間の深イイ話」を見てみました。3行ラブレター特集なんです。どれもみんなゾクッとするんですが、(笑)個人的には、以前の回でやっていた(今回もバックナンバーとして紹介された)

---
同窓会で、元彼と話した
「あのときホントは……」
今だからできる、切ない恋の答え合わせ

---

が一番気に入っています。

途中で切り上げてランドリーに行って、洗濯をセットしたらまた戻ってきて、続きを見て、洗濯が終わるころにまたランドリーに行って、ランドリーのテレビをつけて「深イイ話」にチャンネルを合わせて(笑)続きを見ていました。

洗濯が終わったら旅館に戻り、そのままのチャンネルで「しゃべくり007」を見ました。普段は見たことがないんですが、今回のゲストが新垣結衣さんだったので、つい……。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06359

同時並行で、稚内駅でスタンプを押したハガキに手紙を書きました。両親や祖母2人、ガイドのメンバーなど……。畳に正座してちゃぶ台で1枚1枚心をこめて書きました。受け取った人、大切にしてくださいね!!(笑)

2010.夏 旅行記 10-5

ほぼ中間の5日目です。朝は6時50分に起きて、ホテルをチェックアウトして青森駅へ。

変換 ~ 変換 ~ DSC06062

信号は縦になっています。小学生の社会のテストとかで「これはどうしてか」とかよくありますよね。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06063

青森はどこを歩いても新幹線歓迎のオーラが出ていて、商店街には小さな旗が下がっているし、店には「新幹線開通おめでとうメニュー 御膳天ざる(竹) 海老三尾他 半額」の垂れ幕があります。

大きな荷物は青森駅のロッカーに預け(もしホテルが駅のすぐそばなら預かってもらったんですが、歩いて10分くらいあるので……)、朝食をとることなく、7時38分の弘前行きへ。

変換 ~ 変換 ~ DSC06064

そして、次の新青森駅ですぐに降りました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06067

変換 ~ 変換 ~ DSC06068

ここにもうすぐ新幹線がやってきます!!ホームで色々と写真を撮りながら「いつまでも発車せんなぁ」と不思議に思いつつ、ホーム端(列車最後尾のそば)から階段を上がろうと思ったら、発車しないのは僕のせいでした!!新青森駅って無人駅なんですね……。車掌さんが切符を確認するようです。そうとは知らずダラダラと写真を撮ってしまい……。しかも僕は「北海道&東日本パス」なので渡すものは特にないという……。(笑)列車を1分は遅らせてしまいました。何ともすみません。

変換 ~ 変換 ~ DSC06071

変換 ~ 変換 ~ DSC06076

変換 ~ 変換 ~ DSC06077

変換 ~ 変換 ~ DSC06079

変換 ~ 変換 ~ DSC06087

1面1線の小さな無人駅です。萩市の越ヶ浜駅とか玉江駅と変わりません。今、新幹線の駅舎は完成し(?)、駅前や新幹線構内の工事、在来線ホームの延長などが進んでいるようです。新幹線が開通したあと、必ずこの駅を再訪して同じ場所から写真を撮りたいと思います。(笑)

約30分いた後、青森駅に引き返しました。で、そのあとは

変換 ~ 変換 ~ DSC06095

「青森魚菜センター」へ。ここに【のっけ丼】を食べに行きました!!

変換 ~ 変換 ~ DSC06091

市場で、まず丼のご飯を買います。そのあとに丼を持って中を自由に回って、

変換 ~ 変換 ~ DSC06093

変換 ~ 変換 ~ DSC06094

店ごとに並んでいる「のっけ丼」用の具材を好きに買って盛り付けてもらいます。

変換 ~ 変換 ~ DSC06092

僕の場合こうなりました。ご飯が150円(大盛り)で、上の具材は8種で1,000円でした!!トータルで、1,150円の丼です。普通にこういう海鮮丼を食べたらもっともっとしますよね!?ここののっけ丼は最高でした。また食べに行きたい~~……。

せっかくなので、【「Auga(アウガ)」の地下にある市場】にも寄りました。お腹は膨れていたんですが、歩いていたらいろんな店から声を掛けられて、その中で完全につかまってしまったお店から(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06097

このお刺身を買いました。「広島から来た」と言って試しに100円値切ってみたんですが、見事に失敗しました。うまくいくと思ったのに……。(笑)というか絶対、僕がやるからダメなんであって、新垣結衣さんみたいな人が値切れば絶対応じてくれますって!!世の中不公平である……。(笑)ちなみに、600円でした。後々考えれば、別段安くもなかったかなぁとちょっと反省しました。初めから「500円になるなら買う!!」と言うべきでした。

この後は、前日ライトアップを見たベイブリッジに行ってみました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06102

変換 ~ 変換 ~ DSC06101

かつて青函連絡船として活躍していた八甲田丸が係留され、船内が公開されています。あと、ベイブリッジの下では高校生が合唱の練習をしていて、哀愁漂うメロディーに何かさびしくなりました。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06106

下に降りて、八甲田丸のそばまで行きました。石川さゆりさんの「津軽海峡冬景色」の歌詞が彫られた碑があって、人間が近づくと「♪上野発の夜行列車降りたときから~~」と音楽が流れます。そういえば、高校1年の時、現代文の授業で石川啄木の「ふるさとの 訛懐かし停車場の 人ごみの中に そを聞きに行く」の歌を習ったときに、先生から「昔は東北に向かう列車は何駅から出ていた?○○君(僕)?」と指名されたことがありました。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06131

このあと、八甲田丸の船内へ。ちょうど、かつての連絡船の毛布に施されていた装飾(飾り毛布というそうです)

変換 ~ 変換 ~ DSC06107

を研究されている浦安市の大学の先生が講演をされるとのことなので、聞きに行きました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06110

ゼミでも飾り毛布の実習をやって、それをイベントで子供に教えたりしているそうです。こういう研究ジャンルもあるんですね……。

変換 ~ 変換 ~ DSC06113

変換 ~ 変換 ~ DSC06116

船内には、切符に関する展示もあります。かつての快速「海峡」の指定席券も展示されていましたが、この切符、乗車変更された切符でした。そこもまたツボでした。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06126

座席も残されています。夜行バスみたいに深くリクライニングしました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06119

変換 ~ 変換 ~ DSC06120

屋上がそのまま展望台として開放されています。3両の列車が見えますが、あれはかつて休憩所として公開されていたみたいなんですが、近くで見ると外装も車内もあまりに傷んでいて悲惨でした。

変換 ~ 変換 ~ DSC06122

地階には、車庫や

変換 ~ 変換 ~ DSC06124

エンジンがあります。

こんな風にお手軽青森観光(?)をやって、駅に戻ってロッカーからカバンを出し、11時59分の八戸行きへ。お昼は買わず、前日にホテルでもらった菓子パン(クリームパン4個入り)で済ませました。朝を市場でドッサリ食べたので……。(笑)

野辺地駅に到着。

変換 ~ 変換 ~ DSC06138

何か、このあたり(東北)で下車した駅は正面の駅名がひらがなで書かれていることが多い気がします。

野辺地駅で大湊行きに乗り換えて、14時02分に終点の大湊駅に到着しました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06141

変換 ~ 変換 ~ DSC06143

ここで2時間弱あります……。列車を降りてすぐ、「海の匂いがする!!」と思った僕は、海を目指して歩いてみました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06147

海に着きました。(笑)海まで行って1時間は経ちましたが、あとの1時間は特にすることがなく、駅の向かいのスーパーで「すいかバー」を買って食べて過ごしました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06151

駅の近くの駐車場に山口ナンバーのストリームが停まっていました!!山口から運転してきたんでしょうか!?

大湊駅では、発車10分前まではホームに立ち入ることができません。

変換 ~ 変換 ~ DSC06149

次に乗るのが15時50分の「快速きらきらみちのく下北」で、実は大湊駅に着いたときからホームに停まっているのになかなか乗れずじれったい思いをしました。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06161

10分前になって、やっとホームに入れました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06165

2号車はグループ向けのボックス席で、座面は畳敷きになっています。

変換 ~ 変換 ~ DSC06167

1号車と3号車は1-2の座席で、1人掛けの座席は窓側に45度回転させてあります。(もちろん正面に向けたり向かい合わせにしたりもできます)

変換 ~ 変換 ~ DSC06169

ただ、やっぱり斜め45度を向いて座るのがこの列車の楽しみ方……かと思いきや、後ろに座ったおばさんは、座席を前向きにしよりました!!いつも前向きに生きるのがあのおばさんのモットーなんでしょうか。(笑)ともかく、それなら仕方ないんですが、僕としては落ち着きません。僕が斜め45度を向いているのに後ろの人は真ん前を見ているということは、おばさんの視野の半分くらいは僕なわけで。(笑)常に、見られている!!という圧迫感がありました。おやつも食べられません。

変換 ~ 変換 ~ DSC06171

なので、2号車に逃げました。(笑)津軽三味線の演奏をやっています。こういうコーナーがあることこそジョイフルトレインのおもしろさなんですが、津軽三味線なんて聴き慣れないもので、終わったら「どや!!」という顔をしてくれないと、終わったとすぐには気付けませんでした。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06176

座席に戻ったら、背もたれを精一杯リクライニングさせて過ごしました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06179

野辺地駅で、函館行き「スーパー白鳥」とすれ違いました。先頭車と中間車です。こういう違和感に惹かれます……。うーん、たまらん!!(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06181

終点の八戸駅です。現在は東北新幹線の終点ですが、もうすぐ途中駅になります。そのあたりの危機感があるのか、この駅(やその界隈)には東北新幹線の青森延長を歓迎するサインは見当たりませんでした。

変換 ~ 変換 ~ DSC06194

青森市との温度差を感じました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06182

もうすぐ行き先に「新青森」が表示されます。

変換 ~ 変換 ~ DSC06191

ホームの看板も、もうすぐ終点ではなくなります。

変換 ~ 変換 ~ DSC06189

すでに準備は整っていました。

八戸駅から、青森行きへ。

変換 ~ 変換 ~ DSC06195

変換 ~ 変換 ~ DSC06197

浅虫温泉駅で降りました。駅前の道の駅【「ゆ~さ浅虫」】の温泉に行きます。もう暗くて景色は見えず、仮に景色が見えても写真を撮るわけにはいかないんですが、

変換 ~ 変換 ~ DSC06196

ポスターによるとこんな景色が見えるそうです。(笑)

お風呂上がりは休憩所でトローンと過ごして、再び浅虫温泉駅へ。

変換 ~ 変換 ~ DSC06200

この駅も、もうすぐ第3セクター青い森鉄道の駅になります。

変換 ~ 変換 ~ DSC06201

JRの特急が発着している様子も過去のものとなりそうです。

21時19分の青森行きに乗って、21時41分に青森駅に到着。

変換 ~ 変換 ~ DSC06206

青森駅のホームには、こういうのがあります。ラベルには「ここを引く」とあり、ここを引くと何が起こるのか分かりませんが……放送用の機器でも収納されているんじゃないかなぁと思います。ところで、サザエさんのオープニングの終わりの方で、サザエさんファミリーがこういう果物から出てきて踊っていますよね。(笑)

さて、ここからは!!

変換 ~ 変換 ~ DSC06208

急行「はまなす」札幌行きに乗ります。ついに北海道に上陸します。発車は22時42分ですが、30分も早く入線するようで、これも古き良き列車の旅という感じがしていいなぁ……と思います。

変換 ~ 変換 ~ DSC06209

変換 ~ 変換 ~ DSC06216

変換 ~ 変換 ~ DSC06213

B寝台車が1号車と2号車の間に増結されていました。こういうとき、増結された車両は「増(まし)21号車」を名乗ります。この違和感がたまらんっ!!

で、今使っている「北海道&東日本パス」では、急行券を買えば急行列車に乗れます。前シーズンまでは「急行列車は自由席のみ(そのままで)乗車可、それ以外の設備の場合は乗車券から必要」というルールで、安く「はまなす」に乗ろうと思えば必然的に自由席(古いリクライニングシート)を選ばざるを得なかったわけですが、ルールの変更によって設備間での価格差は縮まりました。まぁ、B寝台にしてもいいんですが、それに匹敵する設備を破格の安さで利用できるのが「カーペットカー」です。

変換 ~ 変換 ~ DSC06215

変換 ~ 変換 ~ DSC06225

短いカーテンで仕切られたカーペットの上で雑魚寝をする車両です。ちなみに、写真でわかるように、ロフトっぽい2階のスペースもあり、あそこだとほぼ個室感覚です。それゆえに人気は高く、僕も第1希望は2階にしたんですが、1階でしか取れませんでした。ただ、1階でもすぐに完売するような代物なので、それを見事に取ってくれた広大生協トラベルセンターにはただただ感謝です。

変換 ~ 変換 ~ DSC06222

毛布・枕・ハンガーなど、浴衣以外の設備はB寝台と同等です。ここで一晩過ごします!!

変換 ~ 変換 ~ DSC06224

カバンを片づけて、ハンガーにタオルをかけて、「いろはす」を置いて、僕専用のスペースが完成しました!!

変換 ~ 変換 ~ DSC06226

切符は枕の上で撮影!!

30分も早く入線してくれるおかげで、寝る支度をしたり写真を撮ったりがかなり余裕を持ってできました。車掌さんも早くから検札に回っていて、どちらにとっても好都合だと思います。そして、22時42分、客車独特の揺れのあと、急行「はまなす」は青森を発車しました。次に停まるのは青函トンネルの向こう側、函館駅です!!ついに青函トンネルを渡ります!!

で、いつごろ青函トンネルに入るのかを知らなくて、(笑)時刻表から割り出そうとするも無理があり、窓にペッタリ顔を付けて「あっ、これか!!」「違った……」ということを繰り返していたらちょうどく車掌さんが通りかかったので、青函トンネルに入る時間を聞いてみました。23時25分ごろだそうです。

変換 ~ 変換 ~ DSC06228

ついに青函トンネルに入りました……。

で、ずっと起きておきたい気も、寝台同等の設備なのでゆっくり寝たい気もしたんですが、灯りがちゃんと減灯されるので、起きておくのはムリでした。(笑)本当は函館駅でのまとまった停車時間に写真でも撮ろうと思っていたんですが、函館駅に停車していることに全く気付かないままでした。

ということで、5日目はここで終了。

ちなみに、本州から北海道に渡る場合にも乗継割引があり、例えば、浅虫温泉駅から青森駅まで特急(「つがる」など)に乗って青森駅から「はまなす」に乗り継げば、「はまなす」の急行料金が半額になります。そして、こうした方が、僕が実際に取ったコース(浅虫温泉駅から青森駅までは普通列車で、「はまなす」の急行料金は定価のまま)より安く済みます。そうしようかとかなり悩んだんですが、今回の僕の旅行のモットーが「移動は普通・快速・急行のみで」だったので、安くすることよりもこの信念を貫くことを優先しました。(2日目に「スカイライナー」に乗ったのは、東京で時間をつぶすためのオプションとしてです。あれは「移動」には含みません)

あと、急行「はまなす」の指定席には、僕が利用した「カーペットカー」以外にも、グリーン車お下がりの背もたれがかなり深く倒れる座席を使った「ドリームカー」もあります。「ドリームカー」の場合は列車名を「はまなす」で申し込んで問題ないんですが、カーペットカーを取りたければ、列車名を「はまなすカーペット」にしなくてはなりません。ご注意を。

2010.夏 旅行記 10-4

正確なデータはありませんが、僕の旅行は長くてもたいてい3日間で完結します。4日目(以降)の存在はけっこう珍しいと思います!!

朝は5時35分に起床。

変換 ~ 変換 ~ DSC05889

特に希望したわけではないんですが、(笑)新幹線の見える部屋でした。

支度をして、仙台駅へ。出発まで時間があるので、入場券で新幹線ホームに入ってみました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05895

変換 ~ 変換 ~ DSC05904

2階建て車両とか、多層建て列車とか、広島にいる人間には珍しいものばかりです……。

仙台駅からは、6時44分の小牛田行きへ。

変換 ~ 変換 ~ DSC05910

変換 ~ 変換 ~ DSC05912

車内で朝食のパンを食べました。山口県産牛乳入りクリームだそうです!!あと、この列車の車掌さんは、しゃべり方がアナウンサーみたいに上手でした。聞いていると気持ちよくて、ずっと乗っていたいなぁと思ったんですが、45分で終点の小牛田です。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC05914

知らないと「こうしだ」としか読めません。ただ、駅(JR)としてもそのあたりは承知の上なのか、記念スタンプは子牛の絵が書いてあります。(笑)

続いて、一ノ関行きへ。

変換 ~ 変換 ~ DSC05919

さらに盛岡行きに乗り換えて、花巻駅まで行きました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05924

ここで30分ほど時間があったので、うどんを食べました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05925

あと、途中で時刻表を読んでいて知ったんですが、この駅の近くに知り合いの後輩の名字と同じ名前の駅があったので、花巻駅からその駅までの乗車券を買ってあげました。(笑)さらに、メールを出したら

---
すごいですね☆○○駅!!
あんまり自分と同じ名字の人に出会ったこともないのでかなり新鮮な感じです。
わざわざありがとうございます(^^)
---

と、新鮮な思いをさせてあげることができました。(笑)

花巻駅からは北上駅まで引き返しました。この列車内、向かい側のロングシートに、いわゆる「大大大大大尊敬する先輩」「アイスココアの先輩」とそっくりな人がいました!!帽子をかぶっていて肝心な顔がわからなかったんですが、たたずまいというか、そのあたりはそっくりでした。(笑)先輩元気かなぁ……。

それと、この辺りに来て感心したのが、ワンマン列車の自動放送で乗り換え列車まで案内されることです。この先は、北上線の横手行きです。

変換 ~ 変換 ~ DSC05928

変換 ~ 変換 ~ DSC05929

車内(ボックスシート)はすでにどの区画も埋まっていて、電子辞書を引きながら読書にいそしんでいた上品なおばちゃんの向かいに座りました。で、おばちゃんの邪魔にならないように景色を撮影していたんですが、途中で「写真撮るなら席替わろうか?」と、進行方向向きの窓側と替わってくれました!!予想通りの上品なしゃべり方で、例えるなら、怖くない蓮舫氏という感じです。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC05932

花巻の方で、ご主人の単身赴任先である秋田まで行かれるそうです。こういう機会が時々あるそうで、どのあたりの景色がきれいだということをバッチリ教えてくれました。鉄子さんでもあるそうで、(笑)秋田新幹線で行かず、在来線でゆっくり行くのがいい、とのことでした。話は弾み、僕が山口県萩市の出身であること、広島大学の学生であること、「青春18きっぷ」と「北海道&東日本パス」で長い旅行をしていること、などを紹介しました。「広島大学の学生」というところに対してまず「アンガールズの田中さん」と返ってきたので、おばちゃんにとって、「広大=アンガールズの田中さんの母校」なのだと思います。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC05936

北上駅で乗り換えです。おばちゃんとは引き続き秋田までご一緒させていただきます。

変換 ~ 変換 ~ DSC05943

後三年、という駅があります。昔合戦があったそうです。(高校で日本史を履修すれば常識なのかもしれませんが、僕は地理だったので知りませんでした……。)

変換 ~ 変換 ~ DSC05947

米どころです。田んぼが広がります。この景色を新幹線「こまち」から眺めるのも、それはそれでよさそうだなぁ、という気がします。

こうしておばちゃんにお世話になること2時間、秋田駅にやってきました。そして何と、駅弁売り場まで連れて行ってくれたあと、「本当は何か買って持たせてあげたいけど、荷物になるだろうから」と、1,000円握らせてくれました!!過去に、新幹線の徳山駅で、その日は走らない臨時の「のぞみ」を待ってあたふたしていたおばあちゃんに声を掛けられて、目的地である名古屋までの列車の乗継を案内して300円いただいたことがありましたが、その3倍以上の収入です!!もちろん辞退しようとしたんですが、「私も列車に乗っていて親切にしてもらうことがあったから」と、それこそ蓮舫氏のような強い意志で(?)持たせてくださったので、それならば……とお言葉に甘えました。それにしても、この旅行中は常に「一期一会」という言葉を意識していましたが、これこそ素晴らしい一期一会です。お話の途中で名刺は渡しましたが、僕はおばちゃんの連絡先を知りません(聞く余裕もありませんでした)。あのおばちゃんがこのブログを見てくださっている可能性はほぼゼロだと思いますが、もしもというときに備えて、(笑)本当にお世話になりましたとここでお礼を述べておきます。

変換 ~ 変換 ~ DSC05950

秋田駅です。忘れられない場所になりました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05955

構内には氷柱がありました。初めからブログに載せる想定で、子供の顔が入らないように撮りました。(笑)

さて、ここからは、

変換 ~ 変換 ~ DSC05957

変換 ~ 変換 ~ DSC05959

快速リゾートしらかみ5号青森行きです!!東能代駅からは五能線に入り、青森まで5時間以上かけて走ります。

変換 ~ 変換 ~ DSC05964

昨日の「リゾートみのり」のごとく、窓は大きく、足元も広々としています。前の人が背もたれを倒してもほとんど気になりません。が、前の席の姉ちゃんは、(顔を見たときから、何となく予想はしていたんですが)「倒していいですか?」と確認してくれました。

あと、この姉ちゃんの隣には兄ちゃんもいて、(笑)要は恋人同士なんだと思いますが、昨日のきらきらうえつの「いつか2人できらきらうえつに」じゃないですが、恋人同士でジョイフルトレインの旅とは何とも素敵なことだなぁと思いました。

車内では「五能線の旅」という立派なパンフレットを配布していて、それを読んでいたんですが、裏表紙に車内販売のメニューが載っていて、「五所川原」「深浦」「ウェスパ椿山」「十二湖」「あきた白神」の5駅の駅名ストラップを販売しているとのことでした!!これは絶対に買わねばと、車内販売が回ってきたら、

変換 ~ 変換 ~ DSC05968

「十二湖」駅のストラップを買いました。理由は分かりますよね、あはは……。(笑)

あと、車内販売のおばちゃん(いや、お姉さん!)はけっこう愉快な人で、駅名ストラップはすべての駅をランダムにカードリングに束ねてあったんですが、前の席の姉ちゃんが求める駅名のがなかなか見つからずにガチャガチャいわせて探していたとき

姉ちゃん「すみません、何か色々ガチャガチャさせて……」
おばちゃん「いえ、単に私がドジなだけですから!」

このやりとりは絶妙だなぁと思いました。姉ちゃんもそんなおばちゃんが気に入ったみたいで、2人で記念写真に納まっていました。ジョイフルトレインらしいふれあいだなぁと思います。

途中、東能代駅で列車の進行方向が変わります。小倉駅での「ソニック」のごとく、

「前後のお客様と声を掛け合って座席を回転させてください」

と案内があったんですが、姉ちゃんが兄ちゃんに

「せーの、ってこと!?」

と確認していました。……「せーの」でみんなで回転させたら危ないと思います。(笑)前後の人と回転させるタイミングが被らないように声を掛け合ってください、という意味だと思うんですが……。

変換 ~ 変換 ~ DSC05969

東能代駅の待合室は、まさに「リゾートしらかみ」のくまげら編成を模しています。窓の大きさなんかもそっくりで、遠くから見たらどちらがどちらだかわからないと思います。

で、東能代駅から五能線に入ったので、海を見ながら昼食です。時間はすでに15時を回っているんですが……。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC05973

秋田駅の鶏めしです。確かこの東能代駅から隣の席が埋まったと記憶していますが、弁当を食べている僕を見てさぞうらやましかったと思います。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC05975

変換 ~ 変換 ~ DSC05984

景色のいい場所では減速します。そして、みんな窓側にたかります。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC05986

4人用のボックス席もあります。空いている区画があったので、写真を撮りに行きました。こういう景色を眺めながらグループ旅行とは、何とも贅沢な……!!

変換 ~ 変換 ~ DSC05996

やってきました十二湖駅!!この「十二湖」の由来ですが、パンフレットによると、

---
津軽国定公園の十二湖には、ブナの自然林に囲まれて33の湖沼が点在している。これらは、江戸時代にこの地を襲った大地震によって沢がせき止められ、地盤が陥没してできたと伝わっており、崩山から見わたすと12の大きな湖沼が見えることから「十二湖」と名づけられたといわれている。
---

だそうです。まったく、大きな湖沼が11とか13じゃなくて12でよかったと思いますよ。(笑)ということで、十二湖駅にちなんで、ウォークマンで「12個の季節~4度目の春~」を聴きました。

---
たった12個の季節を一瞬で駆け抜けた
4度目の春は別れ

弱虫 強虫 いろんな顔が見えたよ全部好きだった
告白なんてできないよ このまま友達でいい
明日は「さよなら」するけど 僕のこの初恋は旅立つ
最後に流した君の 涙ずっと忘れない
---

青い海に青い空、こんな晴れ晴れとした景色を見ながらこんな切ないラブソングを聴く人は、他に絶対いないと思います。(笑)せっかくなので、海と空にちなんで、「海が運ぶうた」と「空とつぼみ」も聴いておきました。

---
誰より一番優しく支えてくれた
楽しい思い出 流されていったのかな
会えないよ 会いたいよ 今はじっと何もできない
悲しいよ 悔しいよ だけど前を見てるよ

閉じかけた思い出は やっぱりまだあたたかいまま
ごめんねの言葉だけ 風がさらっていった
会えないよ 会いたいよ 海を超えて時を壊して
泣きたいよ 泣けないよ だけど前を見てるよ
---

---
時は経ち春が来て桜咲き君はいつのまにか誰かのものになって笑っていた Ah~~
空はどこまでも高く青い もう一度君へと手を伸ばす
だけどもう届かないよね わかっているけどまだ恋しくて
胸のつぼみは消えないよ

僕は君を見つめてるだけの青空になるのを決めた Ah~~
空はどこまでも高く青い 変わらずつぼみを抱きしめた
たとえもう届かなくても 今はこうしてたい
ただここから 君の幸せ願うから
---

何かどれも切ない……。(笑)

途中、深浦駅で、「4号」とすれ違いました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06006

こちらは「青池編成」です。「十二湖」のひとつ、「青池」は、文字通り本当に真っ青な池です。直接見たわけではありませんが、パンフレットの写真を見る限り真っ青です。

変換 ~ 変換 ~ DSC06019

雲です。何かイカみたいじゃないですか……?

変換 ~ 変換 ~ DSC06022

大きな岩です。

変換 ~ 変換 ~ DSC06024

鰺ヶ沢駅では、「6号」とすれ違います。今回は相手を待たせてこちらがすぐに出るパターンだったので、外に出て写真を撮る余裕はありませんでしたが……。これは「橅(環境依存文字です:木へんに「無」と書きます)編成」です。

変換 ~ 変換 ~ DSC06031

「津軽富士」と呼ばれる「岩木山」です。本家の富士山は見えませんでしたが、こちらはくっきり見えました。(笑)

川部駅から弘前駅までの8分間だけ、再び列車の進行方向が変わります。ここでもまた「せーの」で座席の向きを回転させてもよかったんですが、(笑)みんな特に回転させる様子はなかったので、僕もそれに従いました。

弘前駅を出ると車内もほぼガラガラになりました。そんな中車内販売の営業は続いていたので、販売員さんにノートを渡して一言書いてもらいました。「あちこち旅行されてるんですか?」と聞かれたので、広島からはるばるやってきて、東北を旅するのは初めてだと答えたら、そんな記念のノートに名前を残すことができて光栄だと言われました。こちらこそ光栄です!!

あと、このお礼に

変換 ~ 変換 ~ DSC06036

りんごジュースを1本買いました。きらきらうえつで買ったのと違い、これはビンに入っていて、何となく豪華な感じがします。本当はこのビンなんかも持って帰りたくてたまらないんですが、荷物になるので、泣く泣く手放しました……。

変換 ~ 変換 ~ DSC06034

シートピッチが広いので、足がほとんど載りません。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC06042

5時間20分の旅を終えて、終点の青森駅に到着しました。本州の最北端の県ですが、考えてみれば、この辺りの人が山口県を訪れれば「本州最西端の県だ!!」と感慨を深めるんでしょうか……。

変換 ~ 変換 ~ DSC06051

駅前の様子です。奥にライトアップされているのはベイブリッジです。

変換 ~ 変換 ~ DSC06053

ホテルへの道中、どこか晩ご飯を食べるのにいい店はないかなぁ……と探していたところ、こういう場所を見つけました。広場を取り囲むようにお店が並んでいて、何となく惹かれるものがありましたが、とりあえず先にホテルまで行くことにしました。

変換 ~ 変換 ~ DSC06057

「ホテルセレクトイン青森」2,990円です。朝食なしのプランにしましたが、代わりに菓子パンが1つもらえました。

で、ホテルでもらったパンフレットを参考に、近くの店に「味噌カレー牛乳ラーメン」を食べに行きました。その組み合わせはどうなん!?と思ってしまいますが、

変換 ~ 変換 ~ DSC06059

これ、合うんです!!ありです!!あると思います!!(笑)味噌カレー牛乳ラーメンが食べられる店が、青森にはたくさんあるみたいです。

ちなみに、この店では、学生証を提示すると100円引きになりました。堂々と広島大学の学生証を出したんですが、特に何の反響もありませんでした……。大学名まで見ないんでしょうかね?ぜひ「ひ、広島からですかっ!?」と反響してほしかった!!

そういえば、僕たちにとって「ひろだい」といえば広島大学ですが、向こうで「ひろだい」といえば青森県の国立大学である弘前大学を指します。蛇足ながら。

雲隠れの途中ですが

みなさん、お元気ですか!?
僕は元気にしています。

今回の旅行は、嬉しいこと、初めてのこと、驚くこと、心温まること、感動すること、……、
常にワクワクドキドキしながら進んでいます。
そして、一期一会っていい言葉だなぁ……と思っています。

それにしても、近くの人たちの会話を盗み聞きしようと思っても、
なかなか聞き取れません!!
すごいところに来てしまった……。(笑)

それでは!!

2010.夏 旅行記 10-3

新宿からの「ムーンライトえちご」で過ごした夜。果たしてほとんど寝られることなく、朝の4時51分に新潟駅に到着しました。

今から5時間くらいはヒマなので、時間をつぶすために色々と乗ってきます。(笑)まず、5時18分発の長岡行きへ。

変換 ~ 変換 ~ DSC05742

乗り換えの合間にコンビニで弁当を買って、温めてもらっていました。どうせ電車は空いているだろうからボックスシートを独占して食べるか~~という寸法だったんですが、何と座席はほとんど埋まっていました!!この中でホカホカの弁当なんて食べていてはひんしゅくものです。カバンと一緒に網棚にあげました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05743

朝日が昇ってきました。今日も1日がんばりましょう。列車内は徐々に空いてきて、最初は進行方向逆の通路側、次に進行方向逆の窓側、さらに進行方向の窓側……という具合に、同じボックスの中で少しずついい所に席替えできました。そして、途中からそのボックスの通路側に高校生の女の子が2人で向かい合わせに座ってきて、一気に目が覚めました。(笑)よくある話、高校生って、荷物を膝の上や棚の上に上げて「ここ(隣)に座ってもいいよ」という態度を取っていてもたいてい座ってこないんですが……。

長岡駅で直江津行きに乗り換えて、途中の来迎寺(らいこうじ)駅で下車。

変換 ~ 変換 ~ DSC05748

る(人)をえる駅とは何とも縁起のいい駅です。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC05750

構内に貼ってあったポスターです。「新幹線で、パパと向かいあって、にらめっこをしました。どっちも笑ったから、どっちも負け」。これこそ、鉄道の旅のよさだと思います。車で出かけるとき、「パパ」はたいていハンドルを握ります。別に「ママ」が握ったって構いませんが、要は、誰か1人はあまり楽しめないわけです。

ここからは

変換 ~ 変換 ~ DSC05753

急行「きたぐに」に乗ります!!昨日書いたように、「北海道&東日本パス」は急行券を買い足せば急行にも乗れるんです。この列車には

変換 ~ 変換 ~ DSC05755

B寝台、

変換 ~ 変換 ~ DSC05756

グリーン車、

変換 ~ 変換 ~ DSC05762

自由席、とありますが、グリーン車にしました。写真を見てわかるように、天井が相当高くて、解放感があります。座席もきっちりしていて、テーブルやフットレストもあって、ムーンライトえちごとはやっぱり大違いです。

変換 ~ 変換 ~ DSC05758

やっと弁当が食べられました……。(笑)

あと、昨夜は車中泊だったのでデジカメのバッテリーが充電できておらず、何か雲行きが怪しかったので、顔を洗って歯を磨いてひげをそる間に充電をしておきました。短い時間ですが、きっと足しになるはず……。

変換 ~ 変換 ~ DSC05774

新潟駅に戻ってきました。まだ1時間30分ほどヒマなので、今度は越後線の内野行きへ。車内には高校生が多く、みんな、新聞のスクラップ帳を読んでいました。NIEという言葉がありますが、きっと学校でそういう課題が出ているんですね!!

新潟大学前駅で下車。

変換 ~ 変換 ~ DSC05777

もし新潟大学が近いようなら行ってみようと思ったんですが、

変換 ~ 変換 ~ DSC05778

けっこう距離があるようなのでやめました。(笑)再び新潟駅に戻り、ようやく時間をつぶし終えました。駅弁を買い込んで、ここからは

変換 ~ 変換 ~ DSC05779

快速「きらきらうえつ」に乗ります!!「きらきらうえつ」とはよく名づけたもので、本当にきらきらです。

変換 ~ 変換 ~ DSC05787

客室部分は床が高くなっています。

変換 ~ 変換 ~ DSC05782

僕は先頭1号車のA席(海側)でした。前後の運転席の後ろには展望スペースもあります。他にも、ラウンジ・売店・沿線の観光情報を備えた車両もあり、まさにジョイフルトレインの代表格だと思います。ラウンジには

変換 ~ 変換 ~ DSC05788

こういうのがあって、車掌さんが沿線の砂浜に貝を拾いに行って作ったそうです。あと、自由に書き込めるノートもあって、「遠距離恋愛の彼氏にこの列車で会いに行く」という書き込みが2件ありました。いいですねぇ~~。(笑)「今度はこのきらきらうえつに2人で乗れたらいいな」とか「きらきらうえつ快速だし最高!510円で18きっぷ使えば超トク!」などとも書いてありました。確かにこのクオリティで快速列車なのは超トクだと僕も思います。(笑)

天気もよく、

変換 ~ 変換 ~ DSC05791

変換 ~ 変換 ~ DSC05802

眺めも最高でした。そして、この気分を盛り上げるのが

変換 ~ 変換 ~ DSC05793

この駅弁です。「まさかいくらなんでも寿司」、値段は1,050円です。中身は

変換 ~ 変換 ~ DSC05795

「ま」すと「さ」けと「か」にと「いくら」のちらし寿司です。1,050円の価値はある、最高においしい駅弁でした。あと、売店で青森のりんごジュースを100円で売っていたので、それも買いました。ちらし寿司とりんごジュースの組み合わせはいかがなものかというつっこみはなしで……。(笑)

あと、この列車の車掌さんはかなり一生懸命仕事をされているなぁと思いました。ラウンジの貝飾りを自分たちで作ったという時点で感心したんですが、オリジナルのスタンパーとオレンジカードを持って忙しそうに車内を巡回されていて、僕はもちろん切符にハンコを押してもらったし、オレンジカードも買わせてもらいました。(笑)車内放送で「希望者には、オリジナルのハンコを切符に押します」と案内されていたんですが、その前に「切符は改札口で申請すれば記念にお持ち帰りいただけます」の一言がないと、普通のお客さんは、オリジナルのハンコを押してもらっても意味ないじゃん……と思ってしまいそうな気はしますが。

それから、無印良品で買った無地のノートですが、記念スタンプ以外にも、乗った列車(主にジョイフルトレイン)の車掌さんに記念に一言書いてもらうことも考えていました。で、早速この「きらきらうえつ」で車掌さんに声をかけてみたところ、一瞬驚いて「普段はどんなことを書かれるんですか?」と聞かれたんですが、僕の方もこんなお願いをするのは初めてで話は平行線をたどり、(笑)結局「2010.8.20 快速きらきらうえつご乗車ありがとうございます。新潟運輸区 車掌 (フルネーム)」と書いて、印鑑とオリジナルのスタンパーを押していただきました。

で、後になって気づいたんですが、この車掌さんの下のお名前の漢字は、公共輸送に携わる人々が何より大切にしなくてはならないものを表していました。こんなお名前を授かって、きっと周りの方からすごく大切にされて育ってこられたのだと思います。まだ若い方だったので、きっと自分が勤めるJR東日本やJR西日本が死者を出す事故を続けて起こした2005年に就職活動をされていたか入社されたばっかりかのタイミングなんじゃないかと思いますが、きっと、全国にたくさんいる公共輸送に従事する人々の中で、この車掌さんが、安全への思いは一番強いんじゃないかなぁと感じました。素敵な出会いだったと思います。車掌さん、ありがとうございました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05809

列車は山形県に入り、最上川を渡っています。そういえば、何気なく写真を撮りましたが、2005年12月の特急「いなほ」脱線事故は、この鉄橋で列車が風にあおられて、鉄橋を渡り終えて脱線したのではなかったでしょうか?

変換 ~ 変換 ~ DSC05813

乗ること約2時間30分、ついに終点の酒田駅です。車掌さんの放送の「乗って満喫、降りて満足、きらきらうえつの旅」というフレーズが印象的でした。(これをノートに書いてもらえばよかった!!)あと、車内放送のメロディーは「きらきら星」でした。(笑)

酒田駅からは村上行きで余目駅まで引き返しました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05817

降りてから知ったんですが、この駅は映画「おくりびと」のロケにも使われていたそうで、

変換 ~ 変換 ~ DSC05818

変換 ~ 変換 ~ DSC05822

写真左下の四角い所に、広末涼子さんが立っていたそうです。あと、駅の売店で

変換 ~ 変換 ~ DSC05819

ラ・フランスのアイスを買って暑さをしのぎました。さすがに山形県まで来ると言葉遣いがずいぶん違い、駅構内にいたおじいちゃんたちの「すんじょうから、すんかんせんっさのんのか!?」(新庄から、新幹線さ乗んのか?)というやりとりの意味ががなかなか分かりませんでした。

変換 ~ 変換 ~ DSC05825

余目駅から、快速「最上川」(壮大な名前ですね~~)で新庄駅へ。新庄から、新幹線さ乗んのか?僕は乗りません。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC05830

途中下車印をもらい、一旦改札外へ。ちなみに、写真の左側の改札の女性がものすごい美人でした。最近何かにつけて「美人すぎるナントカ」という言葉を聞きますが、彼女は「美人すぎる駅員」だと思います。そういえば、何年か前に中央東線で乗り合わせたYUIさんみたいな声の車掌さんと、長野駅で目撃した川嶋あいさんみたいな顔の駅員さんは、今もお元気にされているでしょうか……。(笑)

で、すぐに改札内へ。実はここでは5分の連絡で快速「リゾートみのり」に乗り換えるんです!!

変換 ~ 変換 ~ DSC05838
(写真は後から撮影)

ちょうど僕の座席の通路を挟んだ座席におじいちゃん・おばあちゃん・孫2人の4人が座っていて、この2人が行儀よく塗り絵をやっていて、何といい光景だ……と思いました。騒がしい子供もよくいる中で、行儀よく塗り絵とは、さぞいいしつけを受けたんだろうなぁと……。(笑)

ところで、この座席、相当足元が広いんです。

変換 ~ 変換 ~ DSC05833

変換 ~ 変換 ~ DSC05835

アームレストのテーブルとシートバックのテーブルの両方を出しても全く干渉しません。これはすごい。

変換 ~ 変換 ~ DSC05847

景色もすごい。鳴子峡です。確かこの区間では減速していました。

あと、この列車の終点(仙台)までの停車駅が「瀬見温泉・最上・赤倉温泉中山平温泉鳴子温泉鳴子御殿湯川渡温泉・有備館・岩出山・古川・小牛田・松島」なんですが、温泉の多さにビックリです。「降りて満足」じゃありませんが、本来は、乗るだけじゃなく、途中の駅で降りてそれぞれの地域の様子を楽しんでこそのジョイフルトレインなんですよね……。

変換 ~ 変換 ~ DSC05837

例のごとく運転席後ろには展望スペースがあって、こけしがいました。

小牛田(こごた)駅からは東北本線に入り、17時37分に仙台駅に到着。

変換 ~ 変換 ~ DSC05860

本当はここからまっすぐホテルにチェックインしようかと思っていたんですが、やりたいことを色々とひらめいたので、それをします。(笑)

まず、仙山線の山形行きで「愛子」駅へ。愛子さまが誕生されたときちょっとブーム(?)になった駅です。

変換 ~ 変換 ~ DSC05864

変換 ~ 変換 ~ DSC05861

読みは「あやし」ですが……。窓口で入場券を買って、ハンコを押してもらおうと思ったんですが、あいにく窓口の営業時間外でした。しょうがないので券売機の入場券にしておきました。

変換 ~ 100917_000831

帰りの電車ではとくにすることもなく疲れたので目を閉じていたら、そばにいた男の子が「ママ、この人(僕)寝てる!!」と言っていて、あくまで目を閉じていただけだったんですけど、そう言われてしまってはしばらく目が開けられませんでした。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC05867

仙台駅に戻ってきました。もう真っ暗ですが、まだやりたいことがあります。

変換 ~ 変換 ~ DSC05873

仙台の地下鉄です!!初乗り料金で行ける最も遠い駅、「北四番丁」まで往復してきました。仙台の地下鉄では、「切符が記念にほしい」と言ったら特にハンコを押したり穴を空けたりすることなく持ち帰らせてくれました。

これでやりたいことは終えました。駅弁を買って、ホテルへ。

変換 ~ 変換 ~ DSC05879

「ホテルパーク仙台Ⅱ」3,500円です。夕食は

変換 ~ 変換 ~ DSC05880

さっき1,000円で買った「牛たん弁当」です!!この弁当、容器の側面にある紐を引っ張ったら、弁当箱の発熱ユニットで化学反応が起こって、数分で弁当がホカホカになります。これを1度やってみたかったんです……。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC05882

ホカホカになりました。おいしくいただいたあとは、発熱ユニットの調査を。

変換 ~ 変換 ~ DSC05884

変換 ~ 変換 ~ DSC05885

こういうのが入っています。いわく、

「発熱材として生石灰と反応水が入っています」
「発熱後は消石灰になります」


だそうです……。

そういえば高校の化学Ⅰでこういう反応があったような……。せっかくなので教科書を開いてみました。そしたら、

 CaO +  → Ca(OH)

という化学反応式がちゃんと出ていて、脚注に「多量の発熱がある」とも書かれていました。さらに僕はそこを蛍光ペンでマークしていました。(笑)

それにしても、昼と夜で2,000円以上使うとは、普段では考えられない贅沢です。しかし、これも今まで週4日だ5日だのバイトに励んできたおかげだと思うと、この贅沢がとても尊いものに思えました。(笑)

この後、翌朝が早いのでさっさと寝たかったんですが、テレビで「テツandトモと小島よしおはどちらがおもしろくないか」というのをやっていて、絶対テツandトモはおもしろい!!と思う僕は、それを最後まで見られずにはいませんでした。しかも小島よしおの方がおもしろいという結論が出ていて、ちょっと納得できんなぁと思いながら、23時に寝ました。

2010.夏 旅行記 10-2

2日目は、父のアパートを6時ごろに出るところから始まります。名古屋駅で青春18きっぷに2日目のハンコをもらい、僕はJRのホームへ。父はここから名鉄で通勤します。

変換 ~ 変換 ~ DSC05581

JRのホームには、でかでかと吉本新喜劇の島木さんの顔が貼られていました。蒲郡競艇の広告のようです。蒲郡競艇といえば、去年はザ・ニュースペーパーを起用して「あなとは違うんです」をもとにした広告を出していましたが、毎年毎年やることが僕の好みにピッタリ合っています。そのうち競艇にハマったらどうしましょう。(笑)

名古屋駅からは、310円の乗車整理券を買って「ホームライナー豊橋」に乗ります。

変換 ~ 変換 ~ DSC05582

変換 ~ 変換 ~ DSC05585

変換 ~ 変換 ~ DSC05588

かつての「ムーンライトながら」でおなじみの373系です。座席には、「ムーンライトながら」にはなかった枕カバーもかけてあります。もっともこれは、サービス向上のためというより、乗車整理券の確認のためという意味合いが強いようで、

変換 ~ 変換 ~ DSC05589

こういうポケットがついていて、検札の時は車掌さんはこのポケットをチェックして歩いていました。もっとも、黙って通り過ぎるのではなく、1人1人に「ありがとうございました」と言っておられて、感じがいいなぁと思いました。ちなみに、僕は検札の時にはポケットから乗車整理券を出して見せるつもりで(写真のようにではなく)すっぽりとポケットに入れて待っていました。ただ、僕が出すより早く車掌さんが通過してしまって、ちゃんと見えるように入れてあげなかったことを後悔しました。

隣のおじさんは、途中の刈谷駅で降りていきました。ほとんどが終点の豊橋駅まで乗りとおすのかと思いきや、案外そうでもないんですね。こんな具合に途中での下車や途中からの乗車もけっこうあり、また、乗車整理券を持たずに乗ってくる人もいて、車掌さんは終始忙しそうでした。あと、豊橋駅が近づいたら「今から乗車整理券を回収する」と車内放送があったんですが、ご存じの通り僕は切符を記念に残す趣味がありますから(笑)お願いして持ち帰らせてもらいました。その後、「乗車整理券の回収、ご協力ありがとうございました」と放送がありましたが、内心「わがままを言ってすみません」と謝りました。(笑)

豊橋駅到着前の放送では、8時発のひかり501号について、「ひかり501号、8時ちょうどです。」とありました。「8時ちょうど」といえば「あずさ2号」ですね!!あの曲は僕の今回の旅行のテーマソングのようなものなので(笑)思わず「8時ちょうど」に感激しました。

豊橋から、浜松行きへ。

変換 ~ 変換 ~ DSC05594

途中、浜名湖のそばを通りました。ここのように東海道新幹線と並走する区間がよくありますが、青春18きっぷで旅行している時に新幹線に追い越されると、何とも言えない気分になります。

浜松駅からは静岡行きに乗り換えです。この列車は313系(2両)と211系(3両)で、両車は貫通扉を通じて行き来ができたんですが、トイレの位置について「お手洗いは前から2両目、青い座席の車両にございます」と丁寧でした。確かに313系と211系とではシートモケットの色が違っていました……。

あと、ロングシートなので車内のお客さんの様子がけっこう広く見渡せるんですが、向かいにお母さんと一緒にちょこんと座っていた男の子が、アンパンマングミを食べていて、それがすごくかわいくて、写真に撮りたかったくらいでした!!

静岡駅からは、沼津行きへ。相変わらずロングシートです。この区間には、途中に「由比」という駅があります。読みは「ゆい」です。

変換 ~ 変換 ~ DSC05596

新垣結衣さんやYUIさんのファンとして、どうしても写真を撮りたくなります。もしこの世に「新垣駅」があれば、「新垣」から「由比」までの乗車券を英語で「ARAGAKI→YUI」と発券してもらって旅行を楽しむファンが絶対にいるんじゃないかと思います。(笑)(そう考えれば、香椎由宇さんのファンは、香椎駅も由宇駅もあるんだからもうけもんだなぁと思います)

変換 ~ 変換 ~ DSC05599

この区間では富士山も見えますが、残念ながら山頂までは見えませんでした。いつもそうです……。

変換 ~ 変換 ~ DSC05600

終点の沼津駅では、駅員さんが「ご乗車ありがとうございました。沼津、沼津、沼津です」と「沼津」を3回も繰り返していました。(笑)

沼津からは熱海行きへ。

変換 ~ 変換 ~ DSC05605

温泉街の駅という感じで、駅前には足湯もありました。そして、ここからはついにJR東日本のエリアに入ります。ロングシートから解放されます!!

変換 ~ 変換 ~ DSC05609

快速「アクティー」の、2階建てのグリーン車に乗りました!!東京駅までは1時間30分もかかります。そんなに乗るなら、950円のグリーン券は全然惜しくありません。

変換 ~ 変換 ~ DSC05616

海が見えました。(本当はもっとよく見える区間もあったんですが、撮りそびれました)(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC05620

弁当です。

ところで、この電車の車掌さんは、「いつものお願いではございますが、車内禁煙と、携帯電話のマナーについて、よろしくお願いいたします」と放送しておられました。それでいいと思うんです。分かりきっていることを繰り返さなくても、「いつもの」で十分通じます。好感を持ちました。あと、「車内禁煙」のくだりはJR西日本では全く聞きません……。たまには遠くに出掛けて見聞を広めるのも大事ですね!!

変換 ~ 変換 ~ DSC05626

そうこうするうちに、横浜駅まで来ました。さらにだんだんと東京駅に近づいて行き、

変換 ~ 変換 ~ DSC05629

田町駅あたりで新幹線と並走、(ちなみに写真奥のビルはキャンパスイノベーションセンターで、広大のオフィスも入っています)

変換 ~ 変換 ~ DSC05630

それを追い越して行きました。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC05633

東京駅です!!新幹線で来るのもいいですが(そして5月には新幹線で来ましたが)やっぱり青春18きっぷでゆっくり来る方が、「はるばるやってきた」という気分に浸れていいと思います。

東京駅から、東京メトロの丸ノ内線へ。

変換 ~ 変換 ~ DSC05638

ホームでは東京メトロのCMを流していました。新垣結衣さんが登場しているおかげで、東京メトロにかなり興味を持ちました。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC05642

こんなポスターもあります。欲しい人は少なくないはず。

変換 ~ 変換 ~ DSC05641

国会議事堂前駅です。ちなみに、この駅で切符をもらうと、「無効 国会議事堂」というハンコを押されました。何か国会議事堂で切符をもらったみたいですね……。

地上に出て、

変換 ~ 変換 ~ DSC05643

総理官邸とか、

変換 ~ 変換 ~ DSC05644

国会議事堂などを見て歩きました。あと、国会議事堂の売店に行きました!!

変換 ~ 変換 ~ DSC05649

変換 ~ 変換 ~ DSC05648

色々なグッズを販売していて、正直、欲しいのばっかりで困りました。結局、安くてかさばらない、歴代の総理の似顔絵が並んでいる「手ぬぐい」と「クリアファイル」、「KAN一発!」の万華鏡を買いました。ちなみに、歴代の総理の似顔絵のグッズですが、萩博物館の売店には湯のみを売っていて、もちろん持っています。が、その似顔絵は麻生さんまでです。

あと、この売店では今、店員さんを募集中だそうです!!もし僕が東京にいれば絶対志願したはずです……。

この後は国会図書館へ。前回来た時に「12個の季節~4度目の春~」の合唱譜をコピーしてもらおうと思うも、著作権法の定めにより「半分まで」しかできなかったので、今日はその続きをコピーしてもらいました。(笑)

次に、東京メトロ有楽町線の永田町駅から市ヶ谷駅へ。

変換 ~ 変換 ~ DSC05653

JRの市ヶ谷駅といえば、川嶋あいさんが初めて路上ライブをされた地域です。

変換 ~ 変換 ~ DSC05656

中央線で上野駅へ。ここから

変換 ~ 変換 ~ DSC05657

京成上野駅に移動し、

変換 ~ 変換 ~ DSC05659

デビュー間もない「スカイライナー」の切符を買いました!!

変換 ~ 変換 ~ DSC05663

スカイライナーです。実物を初めて見て、感動のあまり鳥肌が立ちました。今まで色々な鉄道車両を見てきましたが、ここまで感動したのもあまり例がないと思います。

変換 ~ 変換 ~ DSC05665

このロゴも、スーッ!!としていてかっこいいし……。

変換 ~ 変換 ~ DSC05670

変換 ~ 変換 ~ DSC05671

一方、座席は、デザインは奇抜でいいと思うんですが、こと座り心地に関しては特にこれといった印象もなく、メッシュのパソコンチェアみたいでした。

ともかく、座ってくつろいでいたら、向かいのホームに以前の型のスカイライナーがやってきました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05676

ずいぶん変わったものです。

変換 ~ 変換 ~ DSC05680

切符です。ちなみに、このときは旅行2日目なのでまだ爪が短いんですが、終わりの方になるとかなり伸びてきています。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC05682

京成上野駅を出たら、スカイツリーが見えます。これで椅子の座り心地がもう少し良かったら……。(笑)

で、この車内で、ガイドの先輩から「○○受かりました!!!!!!!!!!!!」(進路が決まりました)とメールをもらいました。先輩が目標に向かって努力を積んでいる様子を知っていたので、このときはスカイライナーと対面した時くらいに感動して鳥肌が立って、数十分前と同じことになっていました。ちなみに、「!」の数は上に書いたとおり12個でした。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC05686

終盤は在来線最速の時速160kmで走ります。確かに、あぁ速いな、とは感じました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05689

成田空港にやってきました!!初めて来ました。有人改札口では、駅員さんが「済」のスタンプを初めから手にしていて、切符を「記念にほしい」と言って出したらすぐに押してくれました。他にも欲しがる人が多いんでしょうか……。

変換 ~ 変換 ~ DSC05690

改札を出て空港に入るところで、パスポートをチェックされました。ただ僕、海外旅行なんてしたこともないし、パスポートなんて持ってません!!持っていても、国内旅行に持ってきません!!パスポートじゃなく、パスピーなら持ってますが。(笑)「空港を見学に来たんですが……」と言ったら、身分が証明できれば何でもいいとのことで、健康保険証で通りました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05693

変換 ~ 変換 ~ DSC05694

あまり時間はないんですが、送迎デッキから飛行機を見てきました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05700

帰りはJRです。ここから都心までは1時間30分くらいかかるので、例によってグリーン車にしました。車内販売でチューハイとおつまみを買っているおじさんがいて、僕もやりたい!!と思ったんですが、水とおつまみにしていました。(たまたま、前の晩に父から柿ピーをもらっていた!!)(笑)

品川駅で降りて、大崎駅から湘南新宿ラインに乗り換えて大宮駅へ。

変換 ~ 変換 ~ DSC05703

大宮と言えば鉄道博物館がありますが、もう閉まっている時間です。(笑)今回は、博物館の近くの「大宮大成鉄道村」に入浴にやってきました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05706

大宮駅からニューシャトルで鉄道博物館駅へ。この車内放送の声が、中国ジェイアールバスと同じ人なんじゃないかなぁと思いました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05711

鉄道村です。ここに入浴に来るのは2度目ですが、500円とあまり高くなく、その割に設備は充実しています。露天風呂もあります。あと、鉄道模型を見ながら食事もでき、機会があれば試してみたいです。(笑)

帰りに、鉄道博物館駅の向かいのコンビニに

変換 ~ 変換 ~ DSC05717

こんなのぼりが立っていました。「パチパチ」とくれば「パンチ」でしょう!!(笑)

大宮駅から、湘南新宿ラインで新宿駅へ。大宮駅発22時25分で、湘南新宿ラインの最終列車です。僕は新宿駅まで乗りますが、到着直前に踏切の障害で抑止があって、長く止まったらどうしようと不安になったんですが、すぐに動きました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05725

新宿駅からは「ムーンライトえちご」です。長く抑止をくらって困るのは、これに乗り継げなかったら怖いからです。ところでこの183系、時代をさかのぼればきっとそれこそ「あずさ」などで走っていたんじゃないかと思います。忘れていませんか?今回の旅行のテーマソングは「あずさ2号」です。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC05733

昨日・今日と「青春18きっぷ」を使ってきましたが、明日からは「北海道&東日本パス」に変わります。JR北海道とJR東日本(他一部の3セク)の普通・快速・急行(別途急行券要購入)が10,000円で7日間乗り放題になる切符です!!これを使うということで、この先の流れも何となく見えてくるんじゃないかと思いますが、このきっぷのおかげで今回の旅行が成立したと言っても過言ではないと思います。

前に「ムーンライトえちご」に乗った時には灯りが減灯された記憶がありますが、183系に変わってからは一晩中こうこうと灯ったままで、座席もかなり質素で、とても寝る環境ではありません。隣(通路側)にいた兄ちゃんもそうみたいで、長く止まる駅ごとに外に出て写真を撮っていたので、これ幸いと僕も出ていました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05738

高崎駅(1:03撮影)です。ここで臨時急行「能登」を先に行かせます。ホームには猫がいました。
※駅名を「大宮」から訂正しました。星さんありがとうございました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05740

長岡駅(3:40撮影)です。

それでは、すでに日付はまたいでいるので、この辺りで2日目を終了したいと思います。

2010.夏 旅行記 10-1

前日に、

---
明日私は 旅にでます
のんびり気ままに 私一人で
去年の夏に 行くはずだった
夏でも涼しい あの場所へ

ただいまは いつまでたっても
とても言いそうに ありません
私にとって 経験のない
ものすごく長い 日程なんです

7時10分の 普通和気行きで
私は 私は 八本松から 旅立ちます

---

と予告した、今までにないものすごく長い旅行がついに始まります。現金をどれくらい持てばいいのかとか、(笑)初めてのことだけに不安は多かったんですが、行ってみればどうにかなるだろうということで、張り切って出かけました。

家の近くのバス停から八本松駅行きのバスへ。バス停にはけっこうギリギリに着いたんですが、しばらく待ってもバスがやってこず、さては乗り遅れたか!?と不安になりました。結局3分遅れてやってきたんですが、しょっぱなからヒヤッとしました。

八本松から、予告通り(笑)7時10分の和気行きへ。

変換 ~ 変換 ~ DSC05540

岡山駅まではほぼ寝て過ごしました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05541

岡山駅で乗り換えが45分あるので、改札外へ。どうしても無印良品に行きたくて、岡山駅の近くになかったかなぁ~~と知恵を絞って一生懸命探しました。(ネットのつながる携帯を持っているんだから、調べようと思えば簡単に調べられるんですが……)(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC05542

「一番街」という地下街に「2位じゃダメなんでしょうか」とつっこみながら入ってみたり、(笑)駅の正面を探してみたり……。10時になったら駅ビルのテナントが空いたのでそちらも見てみました。そしたら、

変換 ~ 変換 ~ DSC05547

ありました!!これほど無印良品がありがたかったことはないです。(笑)前日に買っておいた無地のノートの、もう一回り分厚いのを買いました。岡山駅までに考えてみて、あの量(50枚)じゃ絶対に足りないな、と思ったんです。そして、一刻も早く買い直さないと、記念スタンプがどんどん古いノートに押されていくので、あとから取り返すことが難しくなるんです……。岡山駅で買えて本当に助かりました。あと、駅の界隈をウロウロしていたら、バイトの友達にバッタリ出くわしました。彼も僕も別に地元が岡山というわけでもなく、まさかあんなところで会うとは思いませんでした。

岡山駅から、相生行きへ。エスカレーターを降りたところの車両はほぼ埋まっていて、やってしまったか!!と思ったんですが、最後尾の車両にはまだまだ空席がありました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05548

相生駅に近づくと、ほとんどの人がドアのそばに近寄ります。座ったままの人は、きっと相生駅で降りるんでしょう。

変換 ~ 変換 ~ DSC05549

相生駅からは1分の接続で新快速に乗り換えです。4両から12両に変わるので座れるには座れるんですが、赤穂線からの列車だったのですでにお客さんはいて、あいにくボックス席にしか座れませんでした。途中、加古川駅で、向かいのホームに223系と225系が連結して停まっているのを見ました!!写真は撮れませんでしたが……。そして、僕自身は225系より223系の方がかっこいい気がします。

変換 ~ 変換 ~ DSC05554

新快速から眺める明石海峡大橋が好きです。あと、三ノ宮駅で、隣の駅舎に阪急電車を見ました。インターンシップ事件(笑)で信頼の失墜した「くそ阪急電鉄」です。

大阪駅で一気に降りて、ようやくボックス席からロマンス席に移れました。足が伸ばせる!!そして、ここからは隣も空席で、一気に楽になりました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05557

京都駅です。ここで星さんに会って、拉麺小路の「上方ざんまい屋」へ。

変換 ~ 変換 ~ DSC05560

ここのとんこつラーメンが好きです。前にも書きましたが、麺がコリコリしていて、さながら「スパゲッティとんこつソース」という感じです。(笑)あと、学生は替え玉が無料だし、キムチも好きなだけ食べられます!!こんないい店はないと思います。ただ、食べるときに荷物を置く場所がなくて、椅子(背中の後ろ)に置いてかなり浅く腰かけて食べたので、疲れました。(笑)

その後、駅の近くのイオンモールに連れて行ってもらって、フードコートで色々と話をしました。あと、鉄道模型の店でひかりレールスターのノートを買いました。これももうじきレアものになると思います……。

イオンモールに行って感じたことは、とにかくフロアの面積が広く、東広島や山口のゆめタウンが大きいか小さいかなんてこの際どうでもいいな、ということです。(笑)

星さんと解散し、京都駅を出た後は、

変換 ~ 変換 ~ DSC05563

山科駅と

変換 ~ 変換 ~ DSC05564

大津駅で記念スタンプを押し、大津駅からは新快速へ。そして、次に

変換 ~ 変換 ~ DSC05566

彦根駅で降りました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05567

何のことはない、ひこにゃんに会いたかったんです。(笑)去年の夏にも行ったんですが、駅のそばの案内所で、ひこにゃんのしおりとクリアファイルを買いました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05573

彦根駅のポスターです。このイコちゃん、サングラスをかけてサーフィンをしてますね!!なかなか芸の細かいポスターだといえます。(笑)

変換 ~ 変換 ~ DSC05575

今度は米原駅です。これもまたすごい!!

米原駅からはJR東海のエリアに入りました。さらに東に進路をとり、大垣駅で乗り換え。大垣駅ではどの2人掛けも最低1人は埋まっていました。こういうとき、誰かの隣に座ってもいいんですが、よっぽど座りたいんでない限り、1駅立ってみることにしています。このときも、次の穂積駅で2人掛けが1つ空いたので、1人で座れました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05579

本日の目的地、名古屋駅に到着しました!!父が単身赴任で名古屋にいるので、アパートに泊めてもらいます。なかなか便利なところに単身赴任しているものです。(笑)晩はアパートの近くの王将に食べに行きました。

変換 ~ 変換 ~ DSC05580

昼も夜も餃子です。餃子といえば普段からよく食べているメニューですが、旅行中にあってもその習慣は欠かさないという……。(笑)

余談ですが、父が部屋で履いているスリッパは無印良品のだそうです。僕のノートと一緒です。(笑)

明日私は 旅に出ます

まず、替え歌をひとつ。
狩人の名曲「あずさ2号」にのせて……。

明日私は 旅にでます
あなたの知らない ひとと二人で
いつかあなたと 行くはずだった
春まだ浅い 信濃路へ
 ↓↓↓
明日私は 旅にでます
のんびり気ままに 私一人で
去年の夏に 行くはずだった
夏でも涼しい あの場所へ


行く先々で想い出すのは
あなたのことだと わかっています
そのさびしさが きっと私を
変えてくれると 思いたいのです
 ↓↓↓
思いつかないので、パス。(笑)

さよならは いつまでたっても
とても言えそうに ありません
私にとって あなたは今も
まぶしいひとつの 青春なんです
 ↓↓↓
ただいまは いつまでたっても
とても言いそうに ありません
私にとって 経験のない
ものすごく長い 日程なんです


8時ちょうどの あずさ2号で
私は 私は あなたから 旅立ちます
 ↓↓↓
7時10分の 普通和気行きで
私は 私は 八本松から 旅立ちます


……ということで、
明日からかなり長いこと、旅行に出かけてきます。
この間、携帯からブログを更新する予定はありませんので、
数日に1度は(ホテルなどから)更新すると思いますが、基本的に更新はないものと思ってください。
大丈夫です、きっと日本のどこかで元気にしています。(笑)
そして、万が一9月になっても更新がないようなら、何かあったのかと疑ってください。


そんなわけで、今日は午前中には「飛翔」の編集室やキャンパスガイドの部屋を回って
僕が留守にしても周りに迷惑がかからないようにフォローを済ませ、
午後には荷造りをし、まさにハード面・ソフト面両方の準備が(?)整いました。

で、旅行に持って行って記念スタンプを押したり旅行記のネタを書きとめたりする用の
何でも遠慮なくガバガバと書ける無地の小さいノート
が欲しいなぁと思ったんですが、
大学の生協やナフコ(ホームセンター)に行ってもいいのがなくて、
無地のノートだけに、MUJIに行けばあるかなぁと(笑)、夕方過ぎに
多くの広大生が「でかゆめ」と呼び、
山口のゆめタウンの「でかさ」を知っている僕には「ちびゆめ」としか呼べないゆめタウンの
無印良品に行ってみました。

ただ、この「でかゆめ」を改めて見て思ったんですが、
こっちは4階建てなんですね。
山口のは横に長い2階建てですから、階ごとの床面積は絶対に山口のの方が広いんですが、
全体の床面積は、ひょっとするとこちらの方が広いのかもしれません……。
うーん、それなら、「でかゆめ」、ありかなぁ……。(笑)

で、無印良品に行ってみたら、ちょうどいい無地のノートがありました。
さすがはMUJIです。(しつこい)(笑)

それでは、いい旅にしてきます!!
皆さんさようなら……!!

萩に生まれたことを幸福に思う

それでは、昨日と今日のできごとを振り返ります!!

○15日

午後から、萩博物館で開かれている特別展
「2010年UMAとの遭遇 ―知られざるミステリーアニマルの世界―」
を見に行ってきました。
大変な混雑だと聞いてはいましたが、行ってみてビックリ、

変換 ~ DSC05514

こんなにも並んでいました!!(Z字状になっています)
入場するには30分を要し、ここはUSJかと思いました。(笑)

で、入場したらしたで少し座って待つようになり、
(再び、ここはUSJかと)(笑)
35分くらいかけてようやく展示室に入れました。

初めに、萩博物館が夏季に行なう特別展について説明を聴いていると
「テーマパーク型」という表現がされていて、
内心「おいおい……!!」と思ってしまったんですが、
(確かに入るまではテーマパークっぽかったけれども!!)(笑)
入ってみると、確かにテーマパーク型と言って遜色ない展示だと思いました。

変換 ~ DSC05520

変換 ~ DSC05527

観終わったら、ショップで買い物をして帰りました。
また萩でお金を落とすことができました。(笑)

変換 ~ 100815_183014

夜は家族で食事に行ってきました。

それにしても、この数日間で、より萩を好きになってしまいました。
萩市民館に掲げられている「萩に生まれたことを幸福に思う」という言葉を
元官房長官と新成人代表がそろいもそろってスピーチのネタにしていましたが、(笑)
まさにホント、萩で小中高と育ったことをとても幸せに思います。
僕は山口県を知らない人に山口県を案内することが好きで、
大学生になって、【下関市】とか【山口市】は案内したことがありますが、
肝心の萩市がまだなのです!!
これは、冗談抜きで、夏休み中に
キャンパスガイドで1泊2日の萩旅行を計画すべきです。
ガイドたるもの、必ず萩を1度は訪れんにゃぁいけんのです!!(何じゃそれは)(笑)

実は今年になってから1度ガイドでの1泊2日の萩旅行を計画したものの、
こちらが考えていた最少催行人員に1名足りず断念したという経緯がありました。
今改めて企画すれば今度こそ実現できそうな気もしますが、
せっかくの夏休みに仲のいいメンバーで出かける先として
萩市がベストなものなのか!?と問われると、答えに詰まります。
ベターではあれど、ベストかどうかはわかりません。
幸いにもこのブログをガイドの関係者数名が読んでくださっていますから、
この先は、ここ数日間に書いた萩市の様子を見たガイドのメンバーから
自発的に「萩に連れて行ってくれ」という声が上がるのを期待しようと思います。
そこのあなた、よろしくお願いします!!(笑)

○16日

朝のバスで広島バスセンターへ。

変換 ~ DSC05537

背もたれがバタンと前に倒せる「ユーティリティシート」を備えたバスですが、
今日みたいに混み合うときには背もたれを倒して足を投げ出して座るわけにもいかず、
背もたれがやや硬めで、しかも上に行くほど絞られている(寝にくい)このバスは
あまり取り柄がありません。(笑)

変換 ~ DSC05539

富海(とのみ)パーキングエリアからの景色です。
天気が良かったので、大分は国東半島まで見えました。
ガイドの皆さん、バスで萩に行き来すると時々こういういいことがありますよ!!(笑)

そういえば、今朝は桃とぶどうとメロンを食べたんですが、
おかげでトイレが近くなって、パーキングエリアが待ち遠しかったの何の……。(笑)

ところで、こないだ書いたように
現在とある鉄道会社からのインターンシップの書類選考の結果を待っているわけですが、
マイナビだと今日から20日までの間に面接をする予定とのことにも関わらず、
未だ、連絡がありません。
あさって18日以降は月末まで都合が付かないので、
通知が遅れた分、面接の予定も後に延びるでしょうが、
仮に書類選考に通ったとしても、面接は辞退せざるを得ないと思います。
親子3人で、この会社の体質に呆れ果てています。(笑)

こちらは、貴重な夏休みに数ある会社の中からこの会社を選んで
インターンシップにエントリーしているわけです。
こちとら就活生生命(?)をかけてやっているのだから、
向こうも社員生命をかけて誠実に対応してもらいたいと思います。
なのに、このざま。
約束の時間に遅れることが社会に与える影響力の大きさを、
鉄道会社は、十分に分かっているはずです。

全く、どうなっているのか!?
どこかの知事の言葉を借りて、あえて汚い言葉で批判させてもらいますが、
あんな会社、くそ阪急電鉄です。

……などと書いていたら、連絡がきました!!(笑)

えーっと!?

---
◇◇阪急電鉄よりインターンシップ書類選考についてお知らせ◇◇
(  )様

こんにちは、阪急電鉄のインターンシップ担当です。
このたびは、当社インターンシップへご応募ありがとうございました。
予想を上回る多数のご応募があり、書類選考の結果、(  )様には今回
まことに残念ながらご参加いただくことができない旨、お知らせいたします。
ご参加いただける人数に限りがあり、ご要望にそえず申し訳ありませんが、なにとぞご了承願います。

なお、今回はご縁がありませんでしたが、今後の(  )様の就職活動において当社セミナーや説明会などでまたお目にかかれますよう、心より願っております。
ご応募ありがとうございました。

今後とも、阪急電鉄をよろしくお願いいたします。
---

だそうです。
へっ、それでけっこうですよっ!!(笑)
必要に迫られない限り、もう阪急電車を利用することはないと思います。

ところで、今は久しぶりに「1分間の深イイ話」をみています。
今日は乗り物スペシャルなので!!
で、その裏で放送されている「恋空」を録画しています。
一応、「好きな映画」を聞かれたら「恋空」と答える人間なので……。
というか、それくらいしか見たことがないんですが。
そして、見たきっかけは「主演の女優さんが好き」だからという……。
すごく単純な話です。(笑)

夜の習慣

何か変なタイトルですね……。

何となく普段の習慣で
夜になるとブログを更新したくなるんですが、
今日は昼に1度更新していて、あの後には特に変わったことはありませんでした。(笑)

とりあえず、7日の旅行記を【こちら】にアップするとともに、
こちら】にある11日の記録を一部加筆修正しました。

地域の活性化のためにできること

間があきましたが、12日以降のことを書きます!!

●12日

まず、母方の祖母の家に行ってきました。
例の、「小郡駅に迎えに来てくれていた祖父」のところです。

変換 ~ DSC05471

手土産は、広大銘菓(?)「せとこまち」です。
広大と、もみじまんじゅうの「にしき堂」が共同開発したお菓子で、けっこう気に入っています。

変換 ~ DSC05472

帰る途中、朱色になったキハ47を見ました。
これはまだいいんですが、やっぱり広島の黄色1色はちょっと……。

午後からは、父方の祖母の家へ。
相当長い読者なら「X島」で通じると思いますが、(笑)
沖合の島に船で渡ります。

変換 ~ DSC05473

台風の影響で朝の便は欠航になっていました。
2本目の便は運航されるようなので、強行突破です。(笑)

島の名前、隠すまいかなぁとも思ったんですが、
名前を出してしまって、このブログのファンの方々が一斉に島にやってきても困るので(笑)
今まで通り隠すことにします。

変換 ~ DSC05474

船です。
お座敷の客室と、座席の客室とがあります。
今回は座席の客室に行ってみました。

あと、途中でデッキにも上がってみました。

変換 ~ DSC05479

いい気分です!!

……ただ、そんな気分も長くは続かず、だんだん酔ってきたので、
席に戻って、座席間のアームレストを跳ね上げて、ダラッと横になっていました。
「のぞみ」の自由席でこれをやると確実にひんしゅくものです。(笑)

変換 ~ DSC05481

X島に着きました!!
そこまでひどく酔ったわけでもないので、この青空は実にさわやかでした。
川嶋あいさんの曲でいえば

「♪空は どこ~~までも 高くあ~~おい」

という感じです。

ちなみにこの曲、この部分の歌詞も全体の曲調もすごくさわやかなんですが、
実際はけっこう切ない失恋ソングです。(笑)
この部分の前後には、

僕は君を見つめてるだけの青空になるのを決めた Ah~~
空はどこまでも高く青い 変わらずつぼみを抱きしめた
たとえもう届かなくても 今はこうしてたい
ただここから 君の幸せ願うから

という歌詞が付きます。
この空の青さがかえって切ない……という感じでしょうか?

祖母の家に着いたら、例のごとく

変換 ~ DSC05483

「せとこまち」を供えて、
後は父の指示に従って網戸の掃除をしていました。
こうしてけっこう働いたのもあり、今までにないくらいの収入を得ました。(笑)

●13日

朝の便で親戚がずらずらとやってきました。
それと入れ替わりに、昼の便で島を出ました。(笑)

変換 ~ DSC05489

ちょっと懐かしいポスターです。
麻生首相と、河村官房長官。
こうして見ると、鳩山と平野とかより絶対いいと思いますね。
そういえば、河村官房長官とのツーショット写真を持っていることは僕のちょっとした自慢です。(笑)

変換 ~ DSC05492

帰りは、天気はあまりよくなかったですが、海は比較的おだやかでした。

変換 ~ DSC05494

島から萩へ戻る人はあまりいませんが、逆は大勢いました!!

で、このあと、タクシーで帰宅したのち、近くのバス停から

変換 ~ DSC05495

「萩循環まぁーるバス」へ。
新しいポンチョがやってきました。
(ただ、ポンチョだと座席が少ないし景色があまりよく見えないので、
個人的には以前からある型の方が好きです)

ところで、車内で放映している観光PRの映像を見ていると、その中に

変換 ~ DSC05513

「Discovery Trail 発見の小径」というコーナーがあることに気付きました!!
これにはびっくりしました。
何を隠そう、広大の博物館がキャンパス内に整備している自然散策道も「発見の小径」なんです!!
過去には、「山口県立萩美術館・浦上記念館」の略称が「広島大学総合博物館」と同じ「HUM」
(Hagi Uragami Museum、Hiroshima University Museum)
だということを知ってびっくりしたこともありましたが、
何とまぁ、広大の博物館と萩とは共通点の多いことです。(笑)

このバスで向かったのは、東萩駅。

変換 ~ DSC05497

そばに「萩ロイヤルインテリジェントホテル」というホテルがありますが、
今日は実はここに泊まります!!
以前から「萩ロイヤルホテル」として営業していましたが、
10年くらい前(?)に倒産して以来、
ホテルの看板は風化する傍ら、数少ないテナントだけが細々と営業するという
見るも無残な凋落っぷりでしたが、
最近になって、「萩ロイヤルインテリジェントホテル」としてリニューアルされました。
それ以来、1度泊まってみたかったんですよ~~。

まぁ、実をいえば、この夜にこのホテルの1階にある店で友達と飲むことになっていて
遅くになって帰宅するのが気兼ねだった、というのもあるんですが。(笑)

それでも、成人式で新成人代表の誰かさんがスピーチしたように、(笑)
県外に出た人間にも、萩のためにできることはあると思うんです。
あの時は「身近な人に萩をPRする」にとどめて
「萩のためにお金を使え」とまでは言いませんでしたが、
萩でお金を使って、街を活性化させたい、というのが、僕の思いです。
そう考えれば、シングル1泊の5,900円は、高くもなんともありません。

チェックインを済ませて、いざ部屋へ。
最上階である8階の部屋でした。

変換 ~ DSC05498

変換 ~ DSC05501

まず、この部屋の広さに驚きました!!
今まで多くのホテルに泊まってきましたが、ここまで広い部屋となると、
ヒルトンとか、グランヴィアとか、ニューオータニとか、福岡のシーホークとか
そんなクラスのホテルでない限りなかなかありません。
ましてや、5,900円でこの広さは逆の意味で非常識です。

変換 ~ DSC05499

変換 ~ DSC05500

さらにこの景色のよさ!!
こんな幸せはありません……。

で、その幸せをリアルタイムに発信できればと
ノートパソコンを持ち込んでいて、さっそくブログを書こうと思ったんですが、
つながるはずなのに、つながりません。
フロントの人に来てもらいましたが、結局解決には至りませんでした。
まぁ、そんなに急いで書かないといけないようなブログでもありませんし、(笑)
逆に、フロントの人と萩への思いや大学でやっていることについていろいろ話せたので、
かえってこれでよかったかな、という気がします。

17時になったら、大浴場へ。

変換 ~ DSC05506

露天風呂もあります。
名をば「男度胸の外湯」といい、そのこころは「外から見えます」だそうです。(笑)
もちろん首の高さくらいまで柵はありますが、向かいのマンションの高い階からだったりすれば、
見ようと思えば見えそうではあります。(笑)

このあと、18時30分から、1階の焼き鳥屋に友達と3人で集まって
22時まで飲んでいました。
結論をまとめれば「人生いろいろ」かな、と僕は思います。(笑)

その後、カラオケへ。
今回は

---
暴れだす(ウルフルズ)
ツバサ(アンダーグラフ)
君という名の翼(コブクロ)
明日への扉(I WiSH)
月光花(ジャンヌダルク)
逢いたい(kiroro)
twelve seasons ~4度目の春~(川嶋あい)
CHE.R.RY(YUI)
いきものがかりのメドレー
---

にしてみました。

冒頭、思い切り歌って盛り上げましょう、みたいな暗黙の了解があって
珍しくにぎやかな曲を歌いましたが、
後半はいつも通りの選曲に戻りました。(笑)

0時に解散して、僕はホテルへ。

変換 ~ DSC05507

夜の景色もきれいでした。

●14日

8時30分に起きて、朝食会場へ。

変換 ~ DSC05509

簡単なバイキングが提供されます。
ただ、行くのが遅くて、これだけしか食べられませんでした……。
本当はおにぎりがもっとほしかったんですが。(笑)
早起きは三文の得とはこのことです。
朝寝坊は三文の損、というべきか)

ともかく、このホテル、本当に本当に快適でした!!
あと2度でも3度でも泊まりたいくらいです。
そして、誰か萩に遊びに行くという人がいれば自信を持ってここをおすすめするし、
願わくは、身近なグループ(というとキャンパスガイドしかないかな……)(笑)のメンバーで
萩にやってきて、みんなでここに泊まれればいいな、と思います。

このあと、チェックアウトして、東萩駅へ。
青春18きっぷを買ってきました。
これも、東萩駅の活性化のため、あえてここで買いました。

その後、近くのバス停から「まぁーるバス」で帰宅しました。

変換 ~ DSC05511

このバスには「西回り」と「東回り」があり、
それぞれラインカラーがオレンジと青です。
一方、こないだオープンキャンパスで企画したガイドツアーでは
2つのコースから選択できるようにし、
それぞれ、オレンジの「北回り」と青の「東回り」と名付けました。
本当は「北回り」を「西回り」と名付けたくて
直前まで悩みに悩んだんですが、
コースを見ると、どう見ても「西回り」ではなく「北回り」だったので、
泣く泣く断念した、という経緯があります。(笑)

午後からは、いとこが来るというので
再び母方の祖母の家に行ってきました。
2人姉妹のいとこのうち上の方が来ていて、1年数ヶ月ぶりに会いました。
下の方とはたぶん1年半以上会っていないと思います……。

ところで、話が変わりますが、
現在、とある鉄道会社からのインターンシップの書類選考の結果通知を待っているところです。
締め切りが8日(必着)で、来週の16日から20日の間に面接をするとのことなので
遅くても昨日には通知が来るだろうと思っていましたが、まだ来ません。
合否によらず連絡はあるそうなんですが……。
面接は、この期間の都合が悪ければ他の日にでも設定してくれるようですが、
僕の場合、16日・17日を逃すと、30日まで都合の付く日がないんですよね。
さすがにそこまでは待ってもらえないでしょう……。(笑)

ということで、万が一書類選考に通っていたとしたとしても、
早く連絡をくれないと、面接を棄権せざるを得ないという状況になりかねません。
阪○さんよ、早く結果を知らせておくれ~~!!

真の夏休み到来

成績関係の提出物もオープンキャンパスも終わり、
ついに真の夏休みが到来です。
というわけで、今日から萩に帰省します。

朝は7時過ぎのバスで西条駅へ。
ここで、なぜか(笑)僕の帰省とは全く関係ないガイドの先輩と合流し、
37分の快速通勤ライナーに乗りました。
ただ、車内はけっこう混んでいて、
停車駅が少ないので、途中で座れる公算も低いとみて
次の八本松駅で降りて、数分後に追いかけている普通電車に乗り換えました。
そしたらその読みが当たってちゃんと座れました。(笑)

広島駅まで来たら、路面電車に乗り換えて紙屋町まで行き、
広島バスセンターのコインロッカーに帰省用の荷物を預けたんですが……、
あろうことか、PASPYを一緒に入れてしまいました!!
PASPYといえば、広島での移動には必需品です。
それをロッカーに入れてしまうなんて言語道断であって、
もはや最近のマイブームである(笑)「しまったしまった」という言葉さえ出ませんでした。

ただ、先輩もPASPYを持っておられるので、
一緒に支払ってもらって後から精算することになりました。
PASPYで乗ると運賃が1割引になるので、
定価で乗らずに済み安心しました。(笑)

というわけで、紙屋町西から日赤病院前へ。

変換 ~ DSC05450

まずは、かつて広大の主要キャンパスがあった東千田公園です。
何やかんやで僕は3度目です。
被爆した建物が今でも残っており、
仮にもキャンパスガイドをやっていようかという人間は、まず訪れるべき場所だと思っています。

で、その後、日赤病院前から県病院前に移動して(病院前ばっかりじゃ)(笑)
県立広島大学へ。

変換 ~ DSC05466

今日は県立広島大学(広島キャンパス)のオープンキャンパスです。
というわけで、こないだは山口大学のオープンキャンパスにも姿を現した
ガイド内のオープンキャンパス探検部の2人(笑)は
勇んでやってきたということです。

というか、単なる勢いで書きましたが、
「オープンキャンパス探検部」って何かいいですね……。(笑)

変換 ~ DSC05465

建物はけっこうきれいで、

変換 ~ DSC05463

中が吹き抜けになっていたりと、普段過ごしている環境とはけっこう違いました。

あと、

変換 ~ DSC05464

どこかの国の伝統的な家屋みたいなこの建物は、

変換 ~ DSC05453

中に入るとこうなっていて、

変換 ~ DSC05452

ピアノもあるんですが、真の姿は何と図書館です!!
ずいぶんまたかっこいい……。(笑)

さて、図書館の様子を見学した後、
11時20分からの「人間文化学部国際文化学科」の模擬授業へ。
テーマは
「日本近代文学を味読しよう!-『城の崎にて』の表現世界-」
です。
時間は50分。
現代文の50分授業を受けるなんて高校以来だなぁとわくわくしながら教室に入りました。
教室は教室で、机や椅子は高校にあるのと同じで、
それが2つずつくっつけて並べてあって、本当に高校生の気分になっていたんですが、
傍目には、そうはなりきれていなかったみたいで……。
始まる前に教室内を巡回されていた先生に

「……(あなたたち、本当に)高校生!?」

と、鋭い一言をいただきました。(笑)
「いえ、実は他大学の学生なんですが、
 他の大学がどんな雰囲気なのか興味があって、この機会にうかがったんです。」
と答えたら笑っておられました……。
(でも、僕たちのことはすごくよく理解してくれそうな先生でした。
機会があれば、ゆっくりとお話してみたいです)
そのことがあったので授業の間も何か緊張してしまいましたが
授業は「大学生」としての僕みたいに間で居眠りをしたりすることもなく聞きましたし、
別に悪い印象は与えなかったはずです!!(笑)

何より、あの授業、すごくおもしろかったです。
「城の崎にて」を授業で読んだ高1の時に、これだけ習えていればなぁ……。

ちなみに、全体の受付時には高校名・学年と志望学部・学科を記入しなくてはならず、
その時には大学名・学年を書きました。
受付の姉ちゃん(たぶん学生)は、まさかの来客に戸惑っていたようでした。(笑)
そりゃまぁ、まさか同年代の人間が来るとは思いませんよね……。
他大学の大学祭に遊びに行くことはごく普通のことのようですが、
僕にとっては、他大学のオープンキャンパスに遊びに行くことのほうが楽しいのですが。(笑)


模擬授業の後、食堂へ。

変換 ~ DSC05458

カレーを食べました。320円です。
ちなみに、ここの食堂は生協ではなく広島駅弁当の経営のようです。

あと、この大学、体育館や食堂や

変換 ~ DSC05454

こういう中庭が、すべて同じ建物の中にあります。びっくりしました。
やっぱり大学祭よりオープンキャンパスの方が楽しいと思う……。

食後は、
「経営者の役割」「なぜこの店で買ってしまうのか~繁盛店の秘密~」
の模擬授業を受けました。
これは45分の間に2つがあって、1つあたり20分くらいでしたが、
けっこう退屈で、「城の崎にて」の50分のほうがずっと短く思えました。
僕は居眠りしてしまいましたし、先輩は卒業までにやりたいことを書き出していたそうです。(笑)

ともあれ、これでオープンキャンパスの見学は終了です。
アンケートを出して記念品をもらって、大学の近くの「ゆめタウン」まで行きました。
オープンキャンパスの後には「ゆめタウン」に行くのが恒例です。(笑)
「ゆめタウン」といえば東広島にも何店舗かありますが、
ここのはそれと比べ物にならないくらいでっかいです。
東広島のゆめタウンで、学生がよく利用する2店舗のうちの大きな方を
「でかゆめ」なんて呼ぶ人が多くいますが、
その「でっかさ」も、せいぜい、東広島市内でしか通用しません。
そういうのをまさに「井の中の蛙、大海を知らず」と言うのであって、
たまにはこうして都会の様子も見に来るべきなんです。
(というのが、オープンキャンパス探検部の共通認識であります)(笑)

変換 ~ DSC05467

ゆめタウンまでの道すがら、ちょっと懐かしいポスターを見ました。
(まだ1ヶ月しか経ちませんが……。)
僕は、自民党の「いちばん」と、蓮舫氏の「2位じゃダメなんでしょうか?」
対比して考えることがよくあります。
で、「いちばん」じゃないといけないことも、「2位でもいい」ことも
この世の中にはたくさんあって、
どちらが正しいということは決してないなぁと思っています。


たとえば、「いちばん」じゃないといけないこととしては、
せっかくなので前期の授業で習ったことを思い出してみると、(笑)
データマネジメントの「キー制約」があります。
授業のプリントの言葉を借りれば
---
キー制約 「値」は多くともひとつだけ
例:付き合う相手は多くとも一人
(花沢類と道明寺司の両方を彼氏にすることはできない)
---
というやつです。
(僕にはこのネタはよくわからないのですが)
他にも、オリンピックとかだって、
金銀銅とあるからには、「いちばん」の金を目指すことが大事だと思います。
もちろん、参加したことに十分な意義はあると思いますが……。

一方で、たいていの試験は、
合格定員が1人でない限り、「いちばん」である必要はないと思っています。
「2位でもいい」んです。
倍率が4倍なら、上位層の4分の1に割り込んでいればいい。
頂点を極めることに、必ずしも固執する必要はない。
だから、必要以上に焦ることなく、自分のペースを大事にやりなさい。
……という受験生向けスピーチネタを最近考えつきました。(笑)

そういうふうに、ほぼ時期を同じくして
「いちばん」と「2位じゃダメなんでしょうか?」という
相対する2つの言葉が生まれたことで、
考えさせられるものがあると思いますね。

話を戻しますが、(笑)
ゆめタウンのモスバーガーでお茶をしました。先輩のおごりでした!!
そして、路面電車で紙屋町へ。
ここで先輩とは別れて、僕はロッカーから荷物を出して(久しぶりにPASPYと再会)(笑)
10分後のバスに乗りました。

変換 ~ DSC05468

道路や車内が混んでいるかなぁと思いましたが、
車内では2人掛けを堂々と独占でき、後ろの席も空いていたので背もたれは倒し放題で、
道路もスイスイと走れていました。
萩までの4時間、寝るなり音楽を聴くなりのんびり過ごせます。
早速「寝るなり」の方にかかったんですが、
今日の昼間に食堂のおばちゃんからバイト生への一斉連絡と回答を頼む電話をもらっていて、
バスに乗ってすぐ【返信希望】のメールを送ってしまったため、
せっかく寝たかと思えばメールがきて目が覚める……の繰り返しでした。(笑)

とりあえず、寝たり音楽を聴いたりしながらのんびりしていました。

変換 ~ DSC05469

山口の「ゆめタウン」です。
さっき行ったのほどはないとしても、俗にいう「でかゆめ」よりは大きいと思います。(笑)
僕はここのゆめタウンが大好きです。

ということ(?)で、萩に帰ってきました!!
あす以降、更新が不安定になるかもしれませんが、
きっと元気にやっていると思いますので、気長に更新を待ってください。(笑)

5分で泣ける秘密兵器

今日2本目の記事です。

11時に起きた後は、大学に行って食堂でお昼を食べて、
「応用統計学」のレポートを完成させて印刷しました。
「神奈川」を「金川」と変換ミスしていました。
心当たりはあるんです。
津山線に急行「つやま」に乗りに行った時の旅行で、
「金川」駅について書いたはずです……。(笑)

印刷したら、その足で提出しに行ってきました。
これで、前期の儀式はすべて終えました!!
果たして26単位中何単位取れているか非常~~に不安なところです。

レポートを出したら一旦帰宅しました。
で、どうにも左目の様子が変(何かが入っているような感じ)なので、
目薬でも入れてみようかなと思いましたが、
一番いいのは泣くことだと思い、(笑)
5分で泣ける秘密兵器を引き出しの中から取り出しました。
高3の時に亡くなった祖父から幼いころもらった手紙です。
小学校の校長をやっていたからか、小学生にもならない僕に

---
だいぶん あたたかくなってきましたね。
はぎのほうでは くさが いきおいよく ぐんぐんとのびてきました。
ちゃいろだったはたけが いまではほんとうに みどりのじゅうたんを
しきつめたようになっています。
つくしのぼうやも かわいいあたまを あちこちにのぞかせています。
もうはるですね。
○○くんも いよいよ しょうがっこういちねんせいですね。
---

などと、けっこう本格的な前書きから始まります。

こういった手紙の中で、特に今の時期に読むと泣けるのは、

---
ようちえんが おやすみになったら はぎにかえっていらっしゃいね。
じかんが わかったら おじいちゃんが しんかんせんの おごおりえきまで
おむかえに いきますから じかんを しらせて くださいね。
---

のくだりです。
大阪に住んでいたころ、夏休みになったら祖父の家に帰省していましたが、
新幹線の「おごおりえき」に到着してホームからコンコースに降りると、
改札口の左側のフェンスの向こうで待ってくれていた祖父の姿は、
今でもまぶたの裏側に残っています。

あれから15年以上が経ち、「おごおりえき」は新山口駅と変わり、
小郡町も山口市に変わってしまいましたが、
今でも僕の中ではあの駅は「おごおりえき」です。
そして、現在の帰省には基本的に高速バスを使いますが、
年に何度かは新幹線で新山口駅に降り立つこともあり、
そんな時、フェンスの向こう側には祖父が待っているような気がしてなりません。


まぁ、そういうわけで、手紙を読んでいたらボロボロと泣けたんですが、
左目の違和感は取れませんでした。
(でもこの文章を書いている今は何ともないです)(笑)

夕方に出直して、バイトへ。
バイト前に先輩とご飯を食べながらしゃべっていたときに、
「ひょっとして」を、つい、「ひょっとこして」と言ってしまいました。
吉本新喜劇の見すぎだと思います。(笑)

「あんた、ひょっとこして!?」
「まぁまぁ、ひょっとコーヒーでも!!」
「あーあ、ひょっとこいしょ!!」
「お前、ひょっと来い!!」

夏休みに入ったということで、バイトはヒマでした。
当然、営業する食堂の数は普段より絞られているんですが、
それでも来るお客さんは普段よりずっと少なめです。

あと、明日がお盆前最後の営業ですが、
それに関連して普段と違う取り扱いがあるため
明日来る先輩にメールをしたところ、
返信の最後が「んじゃまた」でした。
それで思い出したんですが、「ンジャメナ」という都市がありますね。(笑)

それと、ずっと書き忘れていましたが、
この先輩からちょっと前に

---
突然ごめん!!
あのさ!この前ひかりレールスターがなくなって何になるって言ってたっけ??
---

というメールが、夜の11時を過ぎて(本人も書いている通り)突然届いて、
これには驚きました。
この先輩は帰省されるのに山陽新幹線を使っていて、
「のぞみ」より「ひかりレールスター」が好きだとのことだったので、
「だったら来年からは『さくら』になりますよ」と言ったことがあったんです。
その「さくら」がどうしても思い出せず、
夜の11時を過ぎて、何もかもが手に付かなくなったんでしょうか。(笑)

バカになれ!!

昨日はオープンキャンパスの2日目でした。
午前中の仕事内容はおとといと同じで、
前半に学長講演の司会を、後半にバーチャルのガイドをやりました。

おとといは、前半に司会者用の席をおさえておくのを忘れて
参加者に最前列から座ってもらってしまったため、
講演中は教室の隅に直立不動で立っているしかなくてとても疲れましたが、(笑)
昨日はちゃんと最前列を司会者用にキープしておきました。

あと、一緒に司会をやった後輩にはおとといのバーチャルのガイドを聞いてもらいましたが、
途中で出題しているクイズの成績は95点だったそうです。
さすが現役広大生です。(笑)

後半のバーチャルのガイドでは、相変わらず先輩が大いに盛り上げてくれて
途中で「元気ですか~~!!」と叫んで会場に返事を求めたときには
僕が隣で「元気です!!」と言うべきなのか悩んで結局黙ったままでしたが、(笑)
(でも、「元気ですか~~!!」って、普通、返事を求める言葉じゃなくて
一方通行の言葉じゃありませんっけ?
「のってるか~~い!?」「ヘーイ!!」とかにしてもらわんと)(笑)

最後にガイドから一言ずつメッセージを伝えるときには

変換 ~ 無題

僕はこの画面を使って、
よくやる「自分自身を客観的に見る」「周りとは違うと思う」ことを大切にしなさい、
というメッセージを伝えましたが、
ここで頑張って(笑)

「じゃぁ、ちょっとみんなで一緒に言ってみましょう!
 いいですか、せーの、
 わたくしは、じぶんじしんを、きゃっかんてきに、……」

と、会場に音読(?)を求めました。
みんな読んでくれました。(笑)

今回も例のごとく先輩はモテモテで
握手攻めにあっている傍ら僕がたんたんと会場の後片付けをやっていましたが、(笑)
入学センターからの評判も上々で、期待に添うことができていたようで何よりです。

午後からはガイドすべての後片付けをやって、
オープンキャンパス終了までは余裕があったので
参加者気分で会場をあちこち回ってみて、(笑)
帰ったら1時間だけ寝て打ち上げに行きました。

今回は、飲み放題120分のコースで、19時から24時までいました。
一時は例のごとく恋バナ大会の様相を呈しており、
できる話が何もない僕にはややアウェイな感じでした。(笑)
何か、最近何人かで集まってしゃべっているときに
やたら彼氏がどうの彼女がどうのという話題が出てくるような気がして、
別に僕はそれこそ「あなたとは違うんです」という感じで(笑)
何者に制約されるでもなく1人でのびのびと自由にできる日常を満喫しているので
別にいいのですが、
バックグラウンドが理解できないというか、話に入れないのはやや辛いところです。

あと、打ち上げを通して感じたのが、
「自分自身を客観的に見る」ことの難しさです。
あれほど高校生に何度も「自分自身を客観的に見なさい」と言っている僕自身が、
自分自身を客観的に見ることができていないなぁと思いました。
この先あまりそういう機会もないとは思いますが、説明会などで高校生にスピーチするときは、
しばらくこのネタは自重しようかなぁと思います。(笑)
「AO入試は『アホでもオッケー入試』か?」のネタか、
新作の(笑)「入試は『2位じゃダメなんでしょうか』?」のネタかでいくことにしましょう。
相変わらず、政治ネタとか週刊誌ネタが好きな僕です。(笑)

打ち上げが終わったら、そのうちの4人でカラオケに行きました!!
2時間のコースで、今回は

・明日への扉(Ⅰ WiSH)
・12個の季節~4度目の春~(川嶋あい)
・暴れだす(ウルフルズ)
・三都物語(谷村新司)
・AMBITIOUS JAPAN!(TOKIO)
・「さよなら」「ありがとう」~たった一つの場所~(川嶋あい)
・Fate(遊吟)
・ホウキ雲(RYTHEM)

にしました。
基本的に、盛り上がる曲としんみりくる曲とを交互に入れてみました。(笑)

で、2時になって、
できれば誰かにもう少しカラオケに付き合ってほしかったんですが、(笑)
みんな疲れていたようなので解散し、僕も帰宅の途に付いたんですが、
時間が中途半端なのでついでにこのまま起き続けてみようかなぁと思ったのと、
元気が有り余っていたのと、自分自身を客観的に見れていなくてちょっとショックだったのとで、
思いっきりバカなことを企みました。
そして、思いっきりバカなことをやれば、
傍から見た自分がどんな感じなんだろうかと必然的に考えるようになるので
ちょっとでも自分自身を客観的に見ることができるんじゃないかと。(ってそういうものか!?)(笑)

一度帰って荷物を置いて、
再び自転車に乗って、まず西条駅へ。

変換 ~ SBSH0201
(2時38分)

変換 ~ SBSH0202
(2時38分)

本当は真夜中の時刻入りの入場券を買いたかったんですが、
この時間だと、券売機も電源が切れていました。
そりゃまぁ確かに、こんな時間に券売機のスイッチを入れていても電気代の無駄ではあります。(笑)
あと、コンコースにあるイコちゃんの大きな縫いぐるみも片づけられて、
改札口にはロープが張られていました。
なるほど、真夜中の西条駅はこんな感じなんですか。

そして、

変換 ~ SBSH0205
(3時11分)

変換 ~ SBSH0204
(3時11分)

変換 ~ SBSH0203
(3時11分)

次に東広島駅に行ってみました。
こちらは入り口のドアが施錠され、構内も減灯されていました。
でも、西条駅と違い、発車列車を示す掲示はこうこうと灯っていました。
始発は6時37分発の「ひかり540号」。
東広島駅に停車する唯一の「ひかり」です。
新大阪までは、岡山までの各駅と姫路・新神戸に停まります。

このあとも、適当に東広島市内を走り回り、

変換 ~ SBSH0206
(3時38分)

酒蔵通りとか

変換 ~ SBSH0210
(3時44分)

変換 ~ SBSH0211
(3時46分)

2度目の西条駅とか

変換 ~ SBSH0213
(3時59分)

マクドナルドとか

変換 ~ SBSH0214
(4時12分)

マックスバリュとか

変換 ~ SBSH0215
(4時35分)

なか卯など、いろいろなところを通りました。
案外、24時間営業の店が多いんだなぁと思いました。
あと、マックスバリュまで自転車で行ったのは初めてでした。
まさかこんな形でその「初めて」が実現されようとは……。(笑)
記念に入っておきました。

そして、途中で広島行きの「青春ドリーム号」ともすれ違い、
だんだんと夜明けが迫っていることを実感してきました。

変換 ~ SBSH0217
(5時03分)

3度目の西条駅です。
券売機も稼働し始めたので、

変換 ~ SBSH0219

入場券を1枚買っておきました。

変換 ~ SBSH0218
(5時10分)

東の空が明るくなってきました。

こうして、目的は達成されました。
「夜が明けるまで、自転車で東広島をあちこち走り回ること」

どこをどんなふうに走ったかなんて、もはや覚えていません。
初めて走る道もかなりたくさんありました。
それに、今思えば、
旅行、オープンキャンパス、オープンキャンパスと3日続けてかなり疲れている上
「なんとかサワー」を5杯も飲んだ後に
真夜中のよく知らない道を自転車で走り回るとは何とも無謀な企みをしたものですが、
これは、僕の人生に、「過去にやったとてもバカなこと」のひとつとして
輝かしい1ページを残すことでしょう!!

とまれ、間違いなく言えるのは、
このときの僕の姿は、客観的に見て、怪しかっただろうなぁ、ということですかね。(笑)

5時30分に帰宅し、お風呂に入って、洗濯をし、
7時から11時まで寝ていました。
徹夜で起き続けていたのは初めてでした。

一応この記録は昨日の内容を振り返るものですので、
これから先は、また今夜にアップします。

2万パーセントの違い

今日からオープンキャンパスです!!
キャンパスガイドとしても、入学センター学生スタッフとしても、
最高潮に気分の盛り上がる2日間です。

ということで、朝は8時30分にガイドの部屋に集合して諸注意をし、
屋外でやるガイドツアーの準備にかかりました。
その途中で僕は抜けて、
10時からの学長講演・入学センターからの説明の司会の準備をしました。
この司会は、説明会の松江会場で一緒だった後輩とで、
10時になったら、学長講演の司会にふさわしい落ち着いたキャラ
300人を前にマイクを握りました。

で、このコマ(学長講演・入学センターからの説明)の後、10分の休憩をはさみ、
3つの教室に分かれて次のコマが開かれます。
この3つというのが、キャンパスガイドのバーチャル版と、
入学センター学生スタッフによるフォーラムと、
Z会の方による講演です。
ガイドはもちろん、フォーラムは身内ばかりだし、
講演に来られていたZ会の方たちも以前に説明会でご一緒した方だったので、
キャンパスガイドのバーチャル版に参加者が多くいたとしても
気分は何となく複雑なところではあります。(笑)

休憩後、先輩と2人でキャンパスガイドのバーチャル版をやりました。
で、この先輩とは今までに何度か司会とかプレゼンをやったことがあって
どんなふうなしゃべり方をする人なのかということは分かっていました。
一方の僕は、前半の学長講演を聞いた人の3分の1程度が続けて参加するわけなので、
前半に引き続いて落ち着いたキャラを通そうと思っていて、
それだと先輩との雰囲気も合うだろうという計画でした。

ところが!!
開口一番、先輩は

「皆さん、こんにちは~~っ!!」

僕(え!?)

「ちょっと苦笑気味ですね、
 はい!もっと元気にお願いします!!
 皆さん、こんにちは~~っ!!」


僕(イイッ!?)

「おっ、ありがとうございます!
 遊園地の何とかショーみたいなこの流れ、
 高校生とか大人にさせんな!って
 思ってるかもしれませんが、(略)」


僕(先輩、何があったん!?)(笑)

と、普段とは2万パーセントくらい違っていて、かなり戸惑いました。
これは、僕が学長講演の司会をしている時に裏で打ち合わせがあって、
僕が冷静につっこむ役、先輩が大きく盛り上げる役を担い、
それでバランスをとろうという算段だったそうです。
なるほど、そういうバランスのとり方もありですね。

とにかく、この不意打ちには腰を抜かしましたが、(笑)
かなり楽しくやれたと思います。
終了後のアンケートには、
先輩が素敵だったからもっとしゃべらせて欲しかったという回答を寄せた男子が1人いて、
(彼は学長講演の司会を一緒にやった後輩もタイプだったみたいですが
そりゃまぁ、彼にしてみれば、
僕がしゃべるのよりきれいでかわいい先輩がしゃべる方が楽しいでしょうから、(笑)
ごくごく正当な意見かな、という感じです。
一方で、冷静な僕の役回りを気にいってくれた人もいれば嬉しいな、と思います。

僕は自分が大きなプレゼンをするときは
後学のためにMDに録音することがよくありますが、
今日のを聴き返してみて、やや早口かな、と思いました。
「大きな声でしゃべれば早口でも理解できる」というのが僕の信念なので
早口でしゃべらざるを得ない時は声を張るようにしていますが、
先輩と比べればまだまだ声も小さかったかなと思うので、
僕も明日は元気にやります。(笑)

午後から後片付けをして、帰ったら疲れ果てて床に寝ていました。
そして、「さんまのスーパーからくりTV」の時間にはちゃんと起きて見ました。(笑)

さぁ、明日も頑張ります!

2010.夏 旅行記 9

夏休みに入り、大学ではオープンキャンパスが開かれる時期です。大学によっては、オープンキャンパス限定で在学生がキャンパスツアーを企画することもあり、普段からキャンパスガイドをやっている僕たちには到底かなうものではないとは思いますが(上からですが、そりゃ、その時だけの企画には負けちゃいけませんよ)、逆に、その時だけの企画だからこそのアイデアもあると思います。そういうキャンパスツアーの視察にも行ってみたいなと1年生のころから思っていて、今回、近くの某大学で開かれるオープンキャンパスのキャンパスツアーを見に行きませんかとガイドのメーリングリストに連絡を出してみました。

そうすると先輩から反響があったので、広大のオープンキャンパスの前日ではありますが、張り切って出かけることになりました!!

朝は7時50分に西条駅に集合。必要な切符をみどりの券売機でタタタタタッと買って、(笑)8時02分の電車で広島駅へ。広島駅からは新幹線です!!最近新幹線に乗りすぎてしまって、ありがたみがなくなってしまいました……。(笑)

変換 ~ DSC05292

9時12分発のこだま733号です。青帯に塗り直された100系が来ないかなぁと思いましたが、フレッシュグリーンの方でした。0系も100系も、僕くらいの世代には、(笑)やはりあの(青帯の)塗装の方がしっくりきます。

好き好んで「こだま」を選ぶということは、切符はアレです!!

変換 ~ DSC05293

「こだま指定席往復きっぷ」です。5回目の利用になります。過去に「新山口~博多」を3回、「広島市内~博多」を1回使っていますが、今回は「広島市内~新山口」です。

変換 ~ DSC05301

座席は元グリーン車の、しかも、テーブルがシートバックではなくアームレストに付いているタイプでした。経験上、かなりレアな編成です。

変換 ~ DSC05296

徳山駅ではまとまった停車時間がありました。山陽新幹線で海が見える数少ない区間で、それゆえに、ホームの壁がガラス張りになっているそうです。

変換 ~ DSC05295

向かいのホームにも100系が停まっていました。この光景ももうすぐ過去のものになりますね……。

変換 ~ DSC05297

間をレールスターが通過していきました。レールスターももうじき廃止され、車両は「こだま」に格下げになりますから、通過するシーンも見納めになるんでしょう。

この次が新山口駅です。10時19分に到着。この時間の新山口駅といえば、

変換 ~ DSC05326

変換 ~ DSC05325

「SLやまぐち号」が発着します!!客車を5両つないでいて、後ろから順に、

変換 ~ DSC05306

展望車風、

変換 ~ DSC05312

欧風、

変換 ~ DSC05314

昭和風、

変換 ~ DSC05316

明治風、

変換 ~ DSC05318

大正風、となっています。

人気はやはり展望車風や欧風。今回、それらの席を狙ったんですが、数日前になって取れるわけもなく、大正風をおさえました。中学3年生のころ、たしかそれも8月7日だったと思うんですが、(笑)乗って以来です。ちょうど6年ぶりということになります。

変換 ~ DSC05330

仁保駅まで乗ります。新山口駅から山口駅まではわりと普通の区間という感じがしますが、山口駅を超えると勾配がきつくなり、煙をモクモク出して、SLのSLたるゆえんが発揮されます。(笑)

変換 ~ DSC05335

そういえば、向かいに座っていた親子連れは、子供が新幹線のおもちゃで遊んでいました。それを何度も机から落とすので、僕たちが拾う役目に回っていました。(笑)

変換 ~ DSC05336

仁保駅に着きました!!石炭の補給(?)でまとまった時間停車するので、多くの人が降りて写真撮影をしていました。僕たちはここから

変換 ~ DSC05340

折り返しの列車に乗り換えました。

次に降りたのが、湯田温泉駅。

変換 ~ DSC05342

彼は「湯の町ゆう太」というキャラクターです。駅のそばの大きな通りにバス停があって、そこから今日の目的地である山口大学へ行けます。で、バスを待っていたら、他県ナンバーの車が停まって、「湯田温泉にはどう行けばいいのか?」と聞かれました。

「車をUターンして、向こうにしばらく走ってください!!」
「しばらく行ったら、斜め前に「常盤」っていう旅館がありますから。」
「そこを右に曲がったら、そのあたりが温泉街です。」
「とにかく、しばらく走って、「常盤」の角を右に!!」

僕は山口市に住んだ経験はありませんが、この程度の道案内ならできます。そして、2回出てきた「常盤」こそ、僕が湯田温泉で一番気に入っている旅館です。(笑)

バスに乗って、久々に山口のバスカードを使い、山口大学へ。初めてやってきました!!腹が減っては戦はできぬなので、まずは食堂「ボーノ」へ。ボーノとはまたすごい名前で、「北2食堂」とかいう言い方しかないどこかの大学とは大きな違いがあります。(笑)

変換 ~ DSC05350

これがその「ボーノ」で、

変換 ~ DSC05344

メニューはこんな感じです。僕は

変換 ~ DSC05347

「唐揚げ冷麺」を、先輩は

変換 ~ DSC05348

「温玉ぶっかけ冷うどん」を食べました。

ところで、実はこの「唐揚げ冷麺」も「温玉ぶっかけ冷うどん」も、広大の、「おしゃれな食堂」に行けば食べられます。今までは他大学に行かなければ利用できなかった「中四(中国四国)方式」の食堂が広大にもできてすごく嬉しく思っていましたが、自分の大学の食堂のメニューが他大学でも当たり前に食べられるというのは、ちょっとさびしいかもしれないなと、「おしゃれな食堂」を歓迎する思いはちょっとだけ揺らぎました。店長オリジナルのメニューを、手書きの汚いプライスカードで陳列している広大独自の食堂の方が、長い目で見れば愛着が持てていいのかもしれないなぁと、山大に来て初めて感じました。

ところで、山大のオープンキャンパスでは、キャンパスツアーをはじめとした多くの企画が、学生によって運営されています。ここでいう「学生」の雰囲気は、広大でいう「入学センター学生スタッフ」ではなく「大学祭実行委員会」とか「生協学生部」に近いなぁとは思いますが、そうはいっても、キャンパスガイドとしても入学センター学生スタッフとしても山大のオープンキャンパスは興味深いものでした。そして、彼らが運営する企画を、参加した高校生たちは心から満喫しているように思えました。

で、実際に高校生がキャンパスツアーに参加している様子を発見したらそれとなく後をつけてみようかなぁなどと考えていましたが、(笑)

変換 ~ DSC05355

キャンパスツアーの受付を遠目に見守っていても特に希望者が現れないようで……。すると、見かねた先輩は

「行ってくる!!」

「えっ!?」

「せっかくここまで来たんやから。」

「わかりました。さすが先輩!!(笑)

ガイドを申し込みに行くことになりました。

で、僕たちがオープンキャンパスで企画したガイドは、あらかじめ時間とコースを決めていて、それを1周して戻ってくる形でしたが、こちらのガイドは必要な相手に随時実施する形であるようです。そして、よくよく聞くと、決められたコースを案内して戻ってくるのではなく、「○○はどこですか?」希望する人に対して「○○」まで連れて行き、着いたらガイドは1人で受付に戻ってくる……というものだということがわかりました。実態は「キャンパスツアー」ではなく「道案内」に近いところがありますが、こういう役回りもオープンキャンパスではとても重要だと思います。

それにしても、受付に堂々と乗り込んで、「他大学でキャンパスガイドの活動に携わっていて、今日は見分を広めるためにやってきた」とは、先輩、なかなか素敵ですよ!!(笑)

結局、こちらは特に「○○はどこですか?」という希望があるわけではなく、そうである限り先方も身動きが取れないわけで、(笑)その辺をふらーっと歩いて「キャンパスツアー」はお開きになりました。途中で例の「ボーノ」がどういう意味かを聞いてみたところ、ナントカ語で「おいしい」という意味なんだそうです。ではもうひとつの食堂である「きらら」は?と突っ込んでみたら、それは知らないとのことでした。彼は山口出身ではないらしく、ここは山口出身の人間として「2001年に『山口きらら博』という博覧会があって、あれ以来県内で『きらら』という言葉がはやっているから、たぶんあの食堂もそこから取ったのだと思う」と教えておきました。(笑)

キャンパスツアー以外にも

変換 ~ DSC05357

顔はめが設置されていたり、けっこう楽しめます。それにしても、SLやまぐち号と瑠璃光寺の五重塔の分はわかるとして、もうひとつの手と足のって一体……!?(笑)

このあとは、

変換 ~ DSC05359

図書館や、

変換 ~ DSC05360

埋蔵文化財資料館も見学しました。資料館には、ガイドがお世話になっている広大の博物館の先生とつながりのある先生がおられて、広大に倣ってキャンパスガイドの実現を計画されているとか……。ぜひその先生にお会いしたかったんですが、不在でした。

ここでおやつの時間です。

変換 ~ DSC05368

「きらら」に行って、

変換 ~ DSC05366

「かき氷のアイスクリームのせ」を頼んでみました。興味本位で選んでしまったんですが、かなり食べづらいということに後から気付きました。(笑)アイスクリームを食べ終えてからでないとかき氷には危なくて手をつけられないし、アイスクリームにしても、かなり注意深く食べないとくずれます。

これで山大の見物は終了です。うちの母校の制服を着ている人もたくさんいて、大勢の参加者を迎えたようですが、他大学からキャンパスツアーの視察に訪れたのは僕たちだけだったことでしょう。(笑)

このあと、路線バスで山口駅へ。駅前の店で自転車を借りて、ここからは市内観光です!!とはいっても、萩市ほどバッチリ案内ができるわけではありませんが、まずは

変換 ~ DSC05378

香山(こうざん)公園へ。奥に建っているのが、瑠璃光寺五重塔です。ところで、ここに入るときに自転車をどこに停めたらいいのかよくわからず、オドオド(?)していたら、居合わせたタクシーの運転士さんが

「その辺に置いとったらええと思うよ~~」

ナイスなフォローをしてくださいました。(笑)さらに

「今日は湯田温泉に泊まっての?(泊まられるの?)」
「いえ、日帰りです。」

「じゃぁ、朝からいろいろ回ったん?」
「それが、さっきから……。」

と、優しく話しかけてくださるのに、それをやんわりと否定してばかりで申し訳なかったです。(笑)

香山公園を歩いたら、次はサビエル記念聖堂へ。途中、山口県庁の前の池に

変換 ~ DSC05379

ペリカンがいました。水を飲み込むために首を伸ばした瞬間を激写!!

変換 ~ DSC05381

サビエル記念聖堂です。15分おきに鐘が鳴ります。サビエルの鐘とSLの汽笛に包まれる街、山口市。いいところですねぇ~~!!

変換 ~ DSC05383

そばの高台に登ってみました。山口県庁を見下ろしています。さっきのペリカンは県庁の下にいたわけですから、けっこう高く登ったことになります。

で、香山公園とサビエル記念聖堂を案内すれば自転車で手軽に回れるスポットは見てしまったと思うんですが、まだ時間があったので……、ゆめタウンに行きました。(笑)「ゆめタウン」といえば東広島にも何店舗かあって広大生にはおなじみですが、世の中にはもっと大きなゆめタウンがあるんですよということを知ってもらいたかったわけです!!

それにしても、先輩は山口県に初めて来られたそうですが……、あとあと

「山口市に行ったんて?どこ見たん?」

「香山公園と……、」

「あぁ、瑠璃光寺があるところ!!それから?」

「サビエル記念聖堂と……、」

「いいねぇ!!それから?」

「ゆめタウン!!」

「……!?」


という会話にならないことを祈るばかりです。(笑)

店内をひととおり眺めて、フードコートのマクドナルドでお茶をおごってもらい、(笑)翌日に控えたオープンキャンパスの打ち合わせをしていました。まさか東広島から遠く離れた山口市のゆめタウンでバーチャルガイドの打ち合わせがされていたなんて、誰も知る由はありません。(笑)

「ゆめタウン」を出て、

変換 ~ DSC05388

七夕祭りの開かれる道場門前のアーケードを通って、山口駅へ。新山口駅では18時49分発の「こだま762号」に乗り換えです。500系です!!そして、広島駅で在来線に乗り換えて、20時30分ごろ西条駅へ。近くのファミレスでご飯を食べて、SLとオープンキャンパスと香山公園とサビエル記念聖堂とゆめタウンを(笑)楽しんだ1日は終了しました。普段とは違った視点から山口県をとらえることができ、すごく有意義な1日でした。

僕の8月6日

今日は、広島の65回目の原爆の日です。
8時15分には食堂で朝ごはんを食べていましたが、
一瞬だけ、ワンセグで式典の様子を見てみました。
そういえば、去年、広島市長があいさつの締めに「Yes, we can.」と言っていて
思わず引いてしまった覚えがあります。

で、どうして天下晴れての夏休みに入ったのに
朝の8時過ぎから食堂で朝ごはんを食べるような健康的な生活を営んでいるのかというと、(笑)

今日はガイドでオープンキャンパスの活動の準備をするようになっていたからです。
ということで、配付物を印刷したり、整理券をカットしたり、
それらをビニールの手提げ袋に詰めたり、けっこういろいろとやりました。

オープンキャンパスでのキャンパスガイドの活動は3年目になりますが、
3年目にしてついに、僕の理想の姿が99%実現しました!!
「これをやりたかったんよっ!!」と、メンバーに興奮気味に語りました。(笑)

あと、準備の途中で30分ほど抜けて
一緒に司会をする入学センターの後輩と打ち合わせをしました。
予定だと僕のバイト先の食堂でやるはずだったんですが、
僕がカレンダーを見誤っていて、今日はお昼前からの営業なので
食堂ではできないことが発覚。
隣接する喫茶でかき氷を食べつつやろうにも、喫茶は今日は休業です。
やむを得ず(?)マーメイドカフェでやりました。
もちろんおごってあげました!!
やっぱり、新幹線に乗るときにグリーン車を選ぶとか
気に行った後輩に何かをおごってあげるとか、
そういう、自分の心が豊かになるお金の使い方(?)もたまにはしたいところです。
いつも通りアイスココアを注文したあと、(笑)「ええよ、一緒に頼み」と言った後の
「いいんですかっ!?」ほど嬉しいことはありません。
そして、初めておごってあげる相手には、必ず、
「アイスココアの先輩」という大大大大大尊敬する先輩がいらっしゃって、
1年生の時に「1年生の特権だよ!!」と言っておごってもらったんよ
、という話をします。
こうして、後輩も成長していくと思います。(?)

午後からは、いつもどおりのガイドを担当しました。
で、今日は、このブログの読者でもある綿雨さん
かなり遠いところをはるばる参加してくれました。
おそらくこれまでに参加したお客さんの中に、
「ガイドのネット上の知り合い」という人はいなかっただろうと思います。(笑)
そして、彼は【このとき】にもやってきて最前列で僕の話を聞いてくれていたそうですが、
僕の方は彼の顔を知らなかったので、結局会うのは初めてです。
大変まれなパターンです。(笑)

ガイドが終わったら、買いたい切符があったのでトラベルセンターに走ったんですが、
何と、トラベルセンターも今日は休業でした!!
せっかく大常連のよしピーさまがお金を落としてあげようと思っていたのに……。(笑)
げんなりしてガイドの部屋に戻り、準備の続きをやって、17時前に終わりました。
本当に、今回のオープンキャンパスはすごいと思います。

それから、メディアセンターで「応用統計学」のレポートの続きをやって、
無事、「人口と駅の数に関する回帰分析」のレポートができあがりました。
で、涼しくなったら、西条駅に行ってきました。
トラベルセンターが休業だったばっかりに……!!
ただ、窓口の係員さんの端末さばきがものすごく速くて、
今まで西条駅で見た中では一番の速さだったと思います。
いいものを見せていただきました。(笑)

今日はバイトが休みだった(僕がシフトに入っていないという意味ではなく、
食堂自体が夕方には閉まっていた)ので、かなり余裕を持って物事が進みました。
かくして、僕の8月6日が過ぎていきました。
広島に来て3年になりますが、
1度は8月6日に広島市で過ごしてみたいと思いつつ、まだ実現していません。
来年にはどうにか都合を付けて広島市で過ごしたいなぁと思いますが、
やりたいことややるべきことを、かなり余裕を持って進められた今日1日は
(こう書くとまるでバイトが悪いみたいですが)(笑)、
もしかすると、広島市で過ごすことよりも
平和のありがたさを強く感じることができた1日だったのかもしれません。

きっかけいろいろ

今日は1日中大学内で忙しくしていました。
入学センターでは、オープンキャンパスのスタッフ用のポロシャツをもらいました!!
パッと見の印象は昨年度と変わりませんが、デザインが違います。
早く着たいなぁ~~!!
明日にも着ていこうかな!?
先行公開、みたいな、そういう……。(笑)

あと、今日もバイトに行きましたが、
冒頭にお使いを頼まれて別の食堂にお茶パックを持って行きました。
食堂のバイトしての身分でキャンパス内を歩くのは初めてです。
タイムカードは「出」で処理した後だったので、
それなら制服で行かんにゃいけんのじゃないかな!?と気にしつつ
私服で行ってきましたが、よくよく考えてみれば、
何が悲しゅうてコックさんのコスプレをしてキャンパス内を歩かんにゃいけんのかという話です。(笑)

それと、昼に食堂で食事をしていたら、
06から始まる番号から携帯に着信がありました。
誰やろう!?と思って出てみたら、
6月20日に大阪であったインターンシップの合同説明会で
ブースに立ち寄ってプレゼンを聞いた企業からでした。
うちのインターンシップにぜひ来ませんか!?という用件で、
僕の方も、あの時のプレゼンには心をわしづかみにされて、
プレゼンをされた方の顔も名前も覚えていますから、
インターンシップに参加してぜひもう1度会ってみたいとは思うんですが、
オープンキャンパスなどの用事と被っているので
泣く泣くお断りしました。
きっと、オープンキャンパスに被っていなければ、
誘われずともこちらからエントリーしたと思います。

「誘われた」と言って、別に僕がプレゼンを聴いた後に熱心に質問をしたわけでもなく、
みんながやっていたのと同じように
ただコミュニケーションシートを提出して帰っただけの人間
なので、
提出のあった番号に順にかけているのは見え見えなんですが、
それでも何か嬉しかったです。

ちなみに、あの時プレゼンをされた方の名字はバイト先の食堂の名前と同じで、
漢字4文字のフルネームの半分が僕と同じ漢字です。
そういう縁でその企業により一層愛着を持つ。
そんなきっかけも、あっていいと思います。

人事を尽くして天命を待つ

今日で試験が終わりました!!

6.論理と計算 12:50~14:20

これが、今期の「単位を落としそうな科目ナンバーワン」でした。
果たしてどうだったか……人事を尽くして天命を待つというか
もはや先生の英断に期待するしかありませんが、(笑)
解くべきところはちゃんと解けていると思います。

そのあと、今日も学長室に行ってきました。
今日は学長に会うのではなく、学長室の手前の秘書室(?)までですが、
それを予定していなかったので、
ジャージにポロシャツというまさにバイト用の服装でいて、
世が世なら、こんな格好で長に会いに行ったりしようものなら
ひっとらえて処刑されたかもしれません。(笑)

そういえば、昨日の記事を読み返していて気付いたんですが、
服装の話で
「下は紺色のズボン、上はピンクのストライプの半そでシャツ」とあるのは
「下は灰色のズボン、……」の間違いです。
紺色なんて持ってもいないのに……。(笑)

ひとまず、試験は終わりました。
あとはレポートを2つ出せば成績関係のことは完了です。
並行してオープンキャンパスもあり、
1年間で最も忙しい時期がやってきます。

いつもと違うスタイル

今日は、午前中に「応用統計学」のレポートを考えてみました。
授業で扱った統計の手法を用いて、何らかのデータを統計的に処理しないといけなくて、
試しに、
「各都道府県庁所在地ごとの平均気温とアイスクリームの売り上げ」
をテーマにしてみました。
最近暑いので……。(笑)

仮に「平均気温が高ければアイスクリームの売り上げが多い」という関係があるなら、
横軸に平均気温、縦軸に売り上げを取ってデータをプロットしていけば
それらを結んだ線が右上がりの直線になるはずですよね。

ただ、点の集まりは、右上がりの直線どころではなく、てんでんばらばらでした。
確かに、そうかなという予感はあったんです。
暑いからといって誰もがアイスクリームを買うわけじゃなく、
ビールを買う人も、清涼飲料水を買う人も、海に泳ぎに行く人もいるだろう
し、
生活の豊かさも各都道府県によって多少なりとも違うだろうし、
そもそも、北海道民も沖縄県民も、暑くなれば一様にアイスクリームが欲しくなるはずです!!(笑)

というわけで、次に「各都道府県の人口と駅の数」にしてみました。
そもそも、暑いからなどという安直な理由で
「平均気温とアイスクリームの売り上げ」というテーマに走った僕がバカでした。
これこそ、僕が研究すべきテーマです。(笑)

で、今度はちゃんと右上がりの直線になりました。
今度はちゃんとレポートになりそうです。

あと、夕方から、入学センターの先生や
オープンキャンパスで一緒に司会をする後輩と学長室に行ってきました!!
去年も行ったんですが、学長との打ち合わせをするためです。

僕は何やかんやで学長の前に姿を現して存在感を発揮することがよくあり、(笑)
開口一番「いつもやっとるね」か何か、そういう趣旨の言葉をいただきました。

今日はこのために
私服の中では最高級にフォーマルな格好をしていきました。
下は紺色のズボン、上はピンクのストライプの半そでシャツ。
遠目に見れば、クールビズのビジネスマンみたいな感じです。(笑)

で、その格好で昼にバイト先の食堂に行ったら、レジでおばちゃんに
「あら、スタイルがいつもと違っとるじゃない!!」
とつっこまれました。
確かにバイトにはいつもジャージにTシャツとかで行くので、
その差は歴然たるものがあると思います。(笑)
あと、夜もこの食堂に食べに行きましたが、今度のレジはバイトの先輩で、
こちらから「今日はこういう事情でこんな服装で来た」としゃべろうかと思ったら
つかつかとおばちゃんがやってきて
「いつもと違うじゃろう?ちゃんと(こういう服も)持っとるんよ~~!!」
と、僕が言わんとしていたことを先に言われてしまいました。(笑)

かくして、今日は久々にバイトをせずに帰りました。
明日で試験が終わりです!!

芸能人になったらどうや

今日は、1コマ目に授業があるわけでもないのに、珍しく8時に起きました。
そして8時30分には大学にいました。
どうしてこんなことができたのか自分でも不思議です。(笑)

で、用事をいくつかし、11時からの打ち合わせを経て、13時からガイドの担当をしました。
今日は広島県内の高校から
総合学習で広大について調べている小グループがやってきました。
あらかじめ大学や学生生活に関する質問事項を寄せてくれており、
それには、担当したガイドで回答しました。
あと、彼ら……今回も女子のグループなので「彼女ら」ですが……(笑)が志望する学部に
実際に入ってもらいました。
ガイドには様々な動機で様々なお客さんが参加されますが、
その中で僕が最も得意とするのは、やはりこういうお客さんです。

あと、高校生の中に、吉本新喜劇に関して語り合える子がいました。
辻本さん(が座長の回)が一番好きなんだそうで、
「許してやったらどうや!?」と言って大笑いしていました。(笑)

そのあとバイトに行きました。

……というわけで、今日の服装は朝昼夜の3種類がありました!!
朝(午前)は、上はポロシャツ、下はベージュのズボン、
昼(午後)は、上はガイドのユニフォーム、下はベージュのズボン、
夜(夕方)は、上はガイドのユニフォーム(正確には、その上にバイトの服)、下はジャージ。
こうも衣装替えをすると、まるで芸能人みたいですね。

「芸能人になったらどうや!?」(笑)

8月1日といえば

今日は、月に1~2回ある、「家から1歩も出ない日」でした。
で、「応用統計学」と「確率過程論」のレポートを考えていました。
この確率過程論のレポートがけっこうなくせ者で、
一時は提出を棄権する覚悟さえしましたが、
どうにか、提出自体はできそうです。
単位が取れるかどうかは別問題ですが……。(笑)

あと、今日は8月1日です。
8月1日といえば、萩日本海大花火大会の日です!!
萩にいたころは、自分の部屋が特等席で、
たいてい部屋に冷たいものを持ち込んで悠々と見ていました。

他にも、8月1日といえば、SLやまぐち号の復活の記念日でもあります。
そんなこんなでだんだんと山口が懐かしくなってくる今日この頃、
試験とレポートが3つも残っているというのは事実ですが、
1週間と少しすれば、帰省しているというのも事実です。
楽しみです……。
プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。