スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムバック

昨夜、東広島に帰ってきました。
8月は、前半がオープンキャンパス
後半が祖父の危篤→葬式と、実にあわただしく過ぎていきました。
これからはしばらく東広島で生活しますが、バイト以外は特に予定がないので、
(青春18きっぷがあと4回分あるので、その処理はしますが……。)(笑)
ひとまず、少しは時間ができるものと思います。
とりあえず、昼寝でもしてみます。(笑)

で、今朝は8時から起きて、
(これは実に珍しいことです。用があって起きてすぐ母に電話をしたのですが
「アンタ、何で起きちょるんかね!?」と言われました)(笑)
学食に朝ごはんを食べに行ったり、学部の事務室を訪ねたり、
郵便局に行って簡易書留の郵便物を送ったり、
コンビニを回って読売・朝日・毎日の朝刊を買ったり、
なんやかんやと忙しくしていました。
実は、朝日と毎日はコンビニに行くまでもなく大学の生協で買えたのですが
読売だけは生協になく、近場のコンビニにもなく、結局西条駅の近くまで行きました。

今回の選挙では民主党が大勝したわけですが、
改めてマニフェストを読むと(旅行先で配布していたので受け取って帰った)
子ども手当てにしても、高速道の無料化にしても、暴論が多いなぁという印象を受けます。
特に高速道の無料化は、鉄道ファン的観点から、(笑)いただけない。
民主党の前の前の党首の前原さんはSLファンで
山口線のオレンジカードの台紙にも彼の撮った写真が使われていましたが、
鉄道に与える影響は考慮しないのかな……と。
それに、高速道を通るのにお金を払うことは、
ほとんどの人にとって別に抵抗のないことなんじゃないかと思います。
無料化されれば確かにありがたいし、通行料がかかるなら、それはそれで当然、という。
たとえるなら、乗車券だけで特急や新幹線に乗れるのと同じことです。
そりゃ、そうなれば嬉しいですが、(笑)別に、特急券を買うことには抵抗はありません。

という具合に午前中を過ごし、昼を食堂に食べに行ったら
久々にいつもバイトでお世話になるおばちゃんに会いました。
で、すぐに言われたのが「さびしかろう?○○さん(かき氷の先輩)がおらんから。」
まずは「久しぶりやね」とか「元気かね」から入るかなぁと思ったのですが、
いきなりの攻撃にビックリしました。(笑)

ということで、現在15時ちょっと前なのですが、今日はこれで更新します。
パソコンが家になく、図書館から更新しているためです。
(図書館からの更新の割に、えらく深いことをあれこれ書いたもんです)(笑)

●note:
7月19日・26日の旅行記を公開しました。
本当は、告知をしないだけですでに公開をしていたのですが、(笑)
文字の色づけと、文章の加筆訂正をしました。

7月19日
7月26日
スポンサーサイト

なんでも特集 9 24時間テレビはKRYで……。

祖父の葬式でバタバタとしましたが、それも落ち着き、東広島に帰ります。ただ、普通に帰ることはしませんよ!!

まず、投票へ。人生初の投票が今回のだったとはすごいことだなぁと、後からしみじみ感じています。(笑)

変換 ~ DSC01366

ところで、初めてだった……のは関係ないでしょうが、小選挙区の候補者の名前を書き間違えてしまい……。

変換 ~ SBSH0061

「たけお」の「お」は「男」じゃなく「夫」でしたね……。こんな票が有効票として扱われたかどうかはわかりませんが、まぁ、どっちにしてもこの候補者は当選しているのでいいでしょう。(笑)
(これは投票用紙ではなく、あとで別の紙に再現したものです)

で、その後に母に近くの無人駅に送ってもらって青春18きっぷで長門市行に乗りましたが、この「無人駅」がキーワードです!!というのが、ずっとずっと気になっていたことがあったんですよ。

無人駅から青春18きっぷの旅行を始めて、ワンマンの列車に乗り、無人駅で下車したらどうなるのか!?

皆さん、どうなると思いますか……?僕の考えとしては、

正規の欄に運転士さんが日付を手書きし、列車番号を記入し、捺印する

のかなぁと思ったんですよ。いくらなんでも、「次に乗る列車の車掌か下車する駅でもらってください」だと、公認キセル乗車になってしまうので……。(笑)ともかく、それを確かめるべく、長門市駅で仙崎行きに乗り換えて、仙崎駅で下車することにしました。本当は長門市駅での乗換え時間に窓口で日付を入れてもらうべきでしょうが、短い乗換え時間に橋を渡って乗り換えなくてはならないので、そんな時間はないんです!!(笑)

ということで、仙崎駅で

僕「すみません、日付を入れてもらえますか?」

と言って青春18きっぷを渡してみました。すると、

「(余白を指差して)……ここに書いたらいいんですか?」
僕「……、とにかく、今日使えるようにしていただきたいんですが。」

で、結局、余白に「8.30 入挟済」と赤のボールペンで書いて丸囲いされました。これは思ってもみなかったやり方であるとともに、なんとなく心配にもなりました。というのが、例えばこのきっぷの5日目を使うとき、窓口で「スタンプが4つと、この(余白に書かれた)赤い字の1回とですでに5回使っているからこの切符は無効だ」などと言われることが、なきにしもあらずかなと……。とはいえ、単に「09.8.30 入挟済」と(しかも余白に)書いただけで、しかも列車番号や捺印もないので、きっとこれは「落書き」に過ぎないはずです。そうはいいつつも心配になったので、

僕「じゃぁ、この先の駅か車掌さんに、正規の場所に日付を入れてもらえばいいということですね?」

まったく、変な実験はするものじゃないですね。(笑)ただ、どうしてもそうせざるを得ないケース(無人駅からワンマン列車に乗って、駅員配置駅を通らずに下車するケース)は特に地方では現実に起こりうるので、そうなったときの応じ方は徹底しておくべきではないかと思いますが。

で、長門市駅に引き返して美祢線の厚狭行きに乗り換えますが、ここでは時間があったので、改札口で

僕「すみません、さっき仙崎駅で降りるときにとりあえずこう(指差して)書いてもらったんですけど、ここ(正規の場所)に日付を入れてもらえますか?」
さらに
僕「こっち(さっき書いてもらった部分)はこのままでいいですかね?」

多分「長門市」の駅名小印と「誤入挟」の印鑑を押されるかなと思ったのですが、

「あぁ……あんまり押してもめんどうないことになりますから、このままでいいですよ。」

「めんどうない」というのは、方言で「みっともない」とか「見た目が悪い」という意味です。どうも、駅員さんは、途中下車印だらけの青春18きっぷに駅名小印や誤入挟印を押すことをためらわれたのでしょう。さすが、よくわかっていらっしゃる!!(笑)

長門市駅からは美祢線の厚狭行きに、厚狭駅からは山陽線で新山口駅、さらに乗り換えて徳山駅に到着しました。ここまでで話としては十分面白かったと思うのですが、肝心なのはここからです。(笑)

というのが、今日は衆院選の投票日であるとともに、24時間テレビの放送の日でもありますね!!徳山駅は我が愛するKRY山口放送の最寄り駅であり、24時間テレビの放送の様子を見に行こうということであります。ここで、ブログの読者であり、色々とお世話になっている缶コーラさんと合流し、KRYまで連れて行っていただきました。

ところで、実は僕がKRYに行くのは初めてではありません。高3のとき、いとこの家(この近郊にある)に泊まりに行ったとき、いとこが部活に行っているすきに自転車を借りて数十分かけてKRYまで来たことがあったんですね。ただ、入り口に守衛さんがおられて(当たり前といえば当たり前のことですが)(笑)あぁ入れんのか……と思って引き返したという思い出があります。そして、その後、当時聞いていたKRYのラジオ「ラジKING」で「行ってみたい場所」のようなテーマでメッセージが募集されたことがあって、「KRYに行ってみたい」と送ってみたら番組で読まれて、別に入ってもよかったのだということがわかったという後日談つきです。さらに付け加えると、この番組で毎週1名に番組特製の携帯充電器つきラジオつきライトがプレゼントされますが、その週は僕が当選しました。(笑)結局「ラジKING」より「KOIKAN R」にメールを出すようになったので、「ラジKING」には1回しかメールを出さず、しかもそのくせ1回でプレゼントをもらってしまったという、何とも申し訳ないことに……。

さて、着いたらすぐ各地の放送局の時間になり、KRYからも中継が始まりました。

変換 ~ DSC01372

奥(左)から順に脇田美代さん中谷隆宏さんそしてそしてそして大河原あゆみさんです。(名前をクリックするとそれぞれのプロフィールにとびます)

変換 ~ DSC01370

大河原さん、レポートもばっちりされていて、山口の顔として活躍されているのが嬉しくなるとともに、ファンも着実に増えているだろうと考えると僕もウカウカしていられないなぁと(?)思いました。

などと言いつつ、僕としては生で姿を見られただけで大満足だったのですが、そこは場数を踏んでいる缶コーラさんのおかげで、ちゃんと話もでき、握手もでき、ツーショットの写真まで撮らせていただきました!!ただ、いくら大河原さんと話ができるのが3度目だとは言え(ちょっと自慢)(笑)あんなきれいな方を前にベラベラと話ができるはずもなく、こればかりは今後の要検討課題であるなぁと感じました。(笑)ただ、すごく嬉しいことに、僕の努力のかいあってか(?)僕の存在はキチンと覚えていただけたので、まずはそれだけでも感謝すべきことだなぁと思います!!

あと、入場時に募金をしたら「来年もよろしくね」ということか(笑)募金箱をもらったのですが、

変換 ~ SBSH0062

そこにサインをもらいました!!言うまでもなく、川嶋あいさんの「DEAR ○○サン(僕の下の名前)」のサインと並べて机上に飾り、我が家の家宝になっています。

ということで、明日からは不幸が続くのではないだろうかというくらいいい思いをしました。どうしてもこういう長いレポートを書くには時間と気持ちの余裕が必要で(言い訳ですが)この文章を書いているのはあれから1ヶ月以上経った10月5日ですが(ただ、授業の空き時間に大学のパソコンで書いているので、書こうと思えばいつでも書けたのかもしれませんね……)、高速道の無料化を公約に掲げる民主党が選挙に勝って政権交代が実現してしまったこと以外、不幸なことは起こっていません。(笑)ともかく、駅からKRYまでの往復や、KRYを出た後の食事などでお世話になった缶コーラさん、本当にありがとうございました!!

で、徳山駅からは再び青春18きっぷで西に進路をとり、西条駅まで戻ってきました。さらにバスで大学に戻って自転車で帰宅したのですが、時間にして20時すぎ。24時間テレビのエンディングはちゃんと見てKRYも一瞬写ったことを確認し、(笑)21時からは選挙の開票が始まります。やっぱり、自分が始めて投票した選挙、しかも確実に政権が交代するだろうという選挙なので、いつも以上に、結果がどんな具合かには興味がありました。で、地デジのテレビのある環境に身を置いて初めての選挙でしたが、地デジのテレビってすごいですよね……!!

変換 ~ DSC01382

開票速報の番組を見ていたんではなかなかいいタイミングで思う選挙区のことを伝えてくれませんが、地デジのテレビならこういう情報もすぐに検索できるんですね!!で、自民党王国の山口県は、予想通り、1区・3区・4区で自民党候補(高村さん・河村さん・安倍さん)が、2区で民主党候補が当選していました。要は、今まで通りだったということです。(笑)一方、東広島市の含まれる広島4区においては、自民党の中川秀直さんが落選していてビックリしました。

ということで、24時間テレビと選挙を存分に楽しんだ1日でした。

funeral

皆さんもきっと察しておられるでしょうが、
祖父が、8月25日の17時23分に亡くなりました。
85歳でした。
で、昨日葬式を終え、久々に家に帰ってきました。

2年前、母方の祖父が亡くなった時は葬式を街中のホールで行ったのですが、
今回は祖父の住んでいた集落の古くからのしきたりに沿って
前夜祭のようなイベント(?)をたくさん経たのちにお寺で行われ、
準備から数日間見ている中で、
本当にこう「葬式!!」という感じのする葬式(笑)だったなぁと感じました。
はじめは、参列者にも年寄りが多いのだから
わざわざ集落のしきたりに沿って長くかけてしかもお寺で行わなくても、
冷暖房完備でイスに座って参加できる街中のホールでやった方がいいんじゃないかと
思っていましたが、
やっぱり、祖父のことを思っても、このやり方で正解だったんだろうなと思います。

改めて、数日間の様子は報告しようと思います。

あと、タイトルの「funeral」ですが、「葬式」という意味です。
高校時代に身につけて、奇跡的に忘れず残っている知識です。(笑)

なんでも特集 8 「X島」の葬式を生中継!!

8月25日に、父方の祖父が亡くなりました。
それによりしばらくネット環境を離れたことで、ここ数日間は更新ができませんでしたが、実際は書きたいことだらけですので、「なんでも特集」として報告します。9月13日に書いていますので、記憶のあいまいなところもありますが……。

◆8月25日(火)

夕方、16時50分からの「熱血テレビ」を見ていました。秋に下関で「しものせき海峡マラソン」というマラソンがありますが、昨年度は山口放送から福谷貞夫さんが出場されたそうなんですね。で、今年は別の人が出場します~~という話が冒頭の放送内容だったのですが、そこまでで、ハッ!!とわかりました。(笑)まさに、9年間陸上部で、フルマラソンの経験もある大河原あゆみさんの出番です!!思えば、去年のKRY秋まつりで「来年度の新人」として自己紹介をされたときも、フルマラソンを完走しても平気だと言っておられました。ということで、冒頭から大河原さんづくしで大満足だったのですが(笑)そんな矢先、祖父の入院する病院から電話が。まぁ、「状況がよろしくない」という話になったことは、高3の4月・大学1年の6月・大学1年の2月、と何度もあり、このたびも1週間くらいはそういう話が続いていたのでそこまで驚くこともなく、でも急いで出る準備(戸締りとか……)をし、母と病院に行きました。ちなみに、準備の間中テレビはついたままで、無事、大河原さんのコーナーは最後まで見ることができました。そんなことを言っている場合ではないのですが。(笑)

で、病院に着いてみたら、病室(6人部屋です)の中で祖父のベッドだけカーテンが閉められ、看護婦さんもそばにいて、あぁいつもとは違うな……とわかりました。この少し前、14日に同様の知らせで僕が駆け付けた時には、かなり緊急の事態だとのことだったのに何ら特別なことはなくほったらかしだったので……。

そして、母と僕に看守られ、17時23分(たしか……)に息を引き取りました。妻(祖母)は本土ではなく離島で暮らしており、高齢でもあるため、つきっきりになるようなことはできず。子供(父・おじ・おば)は全員県外で生活しており、これまた立ち会えず。結局、居合わせた親族は嫁(母)と孫(僕)だけで、何となく気の毒な気もしましたが、僕に関しては、高3の時に亡くなった母方の祖父を数十分の差で看取り損ねたので、今度はちゃんとできてよかったなと思いました。(それもこれも大学の夏休み中のたまたま萩にいる時期だったからで、やっぱり、祖父が望んでそうしたのかもしれません)(笑)

(※)ここでは、「本土」を「離島」の対義語として使います。「生まれ育った地」という意味で使うなら「離島」=「本土」となりますが、そうではなく、「離島」←→「本土」ということです。

で、葬式は離島で行いますが、夕方で船の便がないため、とりあえず本土の葬式屋さんに遺体を安置しました。そこまでの霊柩車には僕が同乗したのですが、病院の先生や看護婦さんたちが一列に並んで頭を下げて見送っておられるのを生きている僕が霊柩車の中から見るというのは何とも不思議なことでした。ちなみに、母方の祖父が亡くなった時にも病院から自宅への霊柩車に同乗したため、弱冠20歳にして、霊柩車に2度も乗ったことになります。(笑)

葬式屋さんのお座敷に祖父を横たえて、母と葬式の説明を受けたり、知らせを聞いてやってきた親戚(祖父の姪だそうです)を母が送る間の留守番をしたり、施設の風呂に入ったり(お座敷の隣に、ちょっとしたホテルのような部屋があって、ユニットバスがある)して23時30分ごろまで過ごしていました。ちなみに、特に留守番の間などは1人ですることがなく、ためしにテレビなんぞつけてみたりしたわけですが、つきませんでした!!これは、あんたテレビを見ているどころじゃないだろうという葬式屋さんからのメッセージか!?(笑)

で、23時30分ごろには福岡からおじがやってきて、24時ごろには愛知から父もやってきて、葬式屋さんのおじさんも戻ってきました。(そのおじさん、「私も寝ないといけませんから」ということでおじや父がそろうまでは家に帰っていたんですが、葬式屋に「私も寝ないといけませんから」もへったくれもなかろうがという気がするのですが。とぼけたことをぬかすなよと)

このあと、葬式についての説明を本格的に受けて、母と僕は25時ごろ帰宅しました。長い1日でした。

◆8月26日(水)

朝の船で祖父が島に帰ります。今までブログでこの島について書く場合、名前を「X島」にしてきた、あの島です。(笑)

変換 ~ DSC01281

霊柩車で港へ。病院から乗ってきたのもこれでしたが、最初に見た時、気が抜けました。気分的なものに過ぎませんが、もうちょっとええ車を使ってやれよと。死んで乗せられるのが軽のバンなんて、たまったものじゃありません。何かとビックリさせられることの多い葬式屋さんです。(笑)母方の祖父の時は、別の会社で、病院から自宅までがエスティマ、自宅から火葬場までがクラウンでした。

変換 ~ DSC01284

海は穏やかでした。確か祖父は5年くらい本土の病院に入院していたので、家に帰るのはかなり久しぶりのことになります。きっと嬉しかったことでしょう。

変換 ~ DSC01287

僕も久しぶり(昨年の5月以来)でした。で、祖父の棺を家のお座敷に置いて、無事に帰宅を果たしたわけですが、祖母が棺に泣きすがっていたり、家に集まっていた島の人たちにおじが「無事に帰って来れました……。顔を見てやってください」と涙ながらに言っていたりするのを見て、僕も泣いていました。昔から、祖父とは、本土と離島ということでたびたび会っていたわけではなかったし、小さいころも「ひざに乗って本を読んでもらった記憶」とか「竹とんぼの遊び方を教えてもらった記憶」とか「プラレールやトミカを買ってもらった記憶」などはありません。こういった役割は、母方の祖父が担っていたように思います。ただ、お正月やゴールデンウィークなどのたびに旅行に連れて行ってくれたのはこの祖父に他ならず、僕の希望通り白いソニックのグリーン車やレールスターのコンパートメントで別府に行ったことは今でもよく覚えています。(中2の時でした)思えば、旅行をする楽しさは祖父から教えてもらったのかもしれません。そんなわけで、もちろん悲しいのですが、それにしてもまぁ僕はよく泣く男だなぁと思いました。(笑)

変換 ~ DSC01291

家の様子です。こうして見るとすごく立派な家に見えます。(笑)

で、葬式はすべて島の風習に沿って行われるのですが、そのひとつに、拝みに来た人たちにいちいち料理やお酒を出してもてなすというものがあるようです。なので、島の見知らぬ女性たちが台所などに大勢いて、僕はこの家の孫なのですが、なんとなく「あっどうもすみませ~~ん」みたいな感じでした。(笑)

変換 ~ DSC01325

どこからか長机もたくさん調達されて、どこの旅館かと思うほど料理がたくさんできていました。

変換 ~ DSC01315

ビールやジュースもたくさん用意されていて、たくさん出しているはずなのにいつ見ても減っていなくて(つまり絶えず供給されている)、それこそ僕はこの家の孫なのでのどが乾けば飲んでもいいわけで、エンドレスのドリンクバー状態でした。(笑)

それにしても、ビールケースが5個(100本)、お酒が数本、缶に関しては数えられないくらいそろっていましたが、祖父の葬式のおかげでこの島の経済は相当潤っただろうなぁと思います。

で、普通なら今日がお通夜、明日が葬式となるのですが、明日は友引なので葬式ができません。明後日の夜です。それまでけっこうヒマで、涼しくなったら夕涼みがてらその辺をうろうろしていたりもしたのですが、(笑)昼間も時間を持て余していたところ、知らないおじさんから「兄ちゃん、ワシの弟子になれ!!」と言われ、

変換 ~ DSC01294

厚紙に切り抜いた、我が家の家紋を渡されました。(奥に座っているのが「師匠」です)(笑)おじさん、ようこんな器用なもんを作ったなぁ、と思わず感じたのですが、僕はそれを

変換 ~ DSC01296

大きな銀の色紙の裏に当てて縁取りをし、それに沿ってカッターで切りぬきました。

変換 ~ DSC01297

こうなります。それを

変換 ~ DSC01299

赤い紙にペタッと貼って、

変換 ~ DSC01303

もともと用意してあったものに張り付けて、こんなのができました。キンキラキンのあれ、クリスマス飾りか七夕飾りみたいで笑いが出るのですが、れっきとした葬式グッズです。(笑)あと、奥に置いてあるひもがついた直角三角形の白い紙も僕が作ったのですが、あれは、葬式の時、故人と血の濃かった5名がバンダナのように頭に巻くんです。おでこのところには「可」と書いてあって、キン肉マンみたいでそれこそ笑いが出るのですが……。葬式のやり方といってもいろいろあるんですね。人生いろいろ、葬式もいろいろ、です。

このあと、もう少し小さめの家紋の型紙を厚紙に起こし、同じように紙にあててカッターで切りぬき、ミニ家紋(?)を作りました。

変換 ~ DSC01304

このように使われました。

ちなみに、僕はこの師匠に「広島大学」というあだ名(?)を付けられました。「ちょっと、広島大学!!」などと呼ばれて、大学のいいPRになったかと思います。(笑)

ところで、この島には「お通夜」はないみたいです。夜になったらお経をあげには来るのですが、正装でいる必要はありません。その点楽です。ちなみに、今日お経をあげたのは坊さんではなく、普通のおじさんでした。(笑)

◆8月27日(木)

相変わらずヒマです。本土からの定期便が1日に3本やってきて、そのたびに生花が届いたり親戚が来たりするので、ここぞとばかり船の時間には港に行きました。(笑)

変換 ~ DSC01314

港の待合室には、KRYの高橋裕さんのサインがありました。僕も持っていますが。(笑)

変換 ~ DSC01321

生花が到着です。あと、15年近く会っていなかったいとこが2人やってきました。僕の1.5~2倍くらいの年で、さすがにそんなに離れているとこれといって話もないし、あぁこんな人がおったんか~~という感じなのですが、この2人が、翌日には一躍「時の人」になります。(笑)

他にも、僕より5歳年上のいとこもやってきて、この人とは7年ぶりでした。僕が中1のころ、一緒にプリクラを撮ったことがあります。(笑)で、それから7年経てばすごく変わっているわけで、僕が大きくなったことにすごく驚かれました。

で、夜になったら本土のお寺から坊さんが来てお経をあげました。いつもお世話になっている島の坊さんは、今、京都に修行に行っていて不在なのだそうです。(理由がおもしろすぎる!!)(笑)ということで同じ周派の坊さんを本土から招へいしたわけですが、この人、足が悪いから、イスをよこせとのたもうた!!坊さんに「足が悪いからイスに座る」という行為が許されるんかいなと、これも霊柩車のことと同じで気持ちの問題に過ぎませんし、僕だってお経をあげている間中ずっと正座をしていたかと問われればNOなので偉そうなことは言えませんが、坊さんなら、足が悪くなったら現役を引退するくらいの覚悟でやらんかい、イスをよこせなんてバカなことをのたまうな、と、何となく腹が立ちました。(笑)ちなみに、父は周りの人に「島の坊さんは東京に修行に行って不在」と説明していましたが、坊さんの修行で東京というのはあまりないんじゃないかと思います。(笑)

あと、僕の中では「お経は黙って聞くもの」という概念があったのですが、うちの宗派の決まりなのか、島の習慣なのか、みんなで一緒に読むんですね。で、「♪な~むあ~みだ~ぶな~むあ~みだ~ぶ……」と、狭い音域ながらメロディーやリズムがあって、それをみんなで読むというのは何か不思議な感じがしました。

この日、普段は祖母が1人暮らしをしている家に12名もの親族(うちとおじとおばの家族)が集まりました。

◆8月28日(金)

7時に坊さんがお経をあげに来るので、5時には起きました。で、おじの携帯のアラームで目が覚めたのですが、その曲が何と「千の風になって」でした!!普段からその音で起きているのか、今回空気を読んで設定したのかは分かりませんが、その選曲には感激しました。何かの時にはマネさせてもらおう、メモメモ……。(笑)

で、お経をあげて、棺の中に花をたくさん入れて、ついに出棺です。思えば、葬式に必要な道具などを本土の葬式屋さんから送ってもらうだけで、あとはすべて親族と島の人たちの共同作業によって準備された(現に、僕はキラキラの家紋を作ったわけですし)葬式ですが、ついに本番がやってきます。(笑)ちなみに、火葬場までの足は、島の旅館のバス(ワゴン車)がその役割を務めます。これも「共同作業」のうちで、旅館のバス以外にも、常に家の前に軽トラとか軽のバンがキーをつけっぱなしで置かれていて、必要な時(港に生花を取りに行くなど)特に誰に許可を得ることもなくうちの親族が使わせてもらいました。こんなこと、都会はもちろん、萩市の本土でだってないことだろうなぁと思います。島の人たちの優しさに触れた数日間でした。

話が飛びましたが(笑)霊柩車を筆頭に、旅館のバスが続き、祖父の棺が火葬場へと出発しました。霊柩車といっても小さな島にそんな車があるわけがなく、普通の軽のバンなのですが(この島でならそれでいいけど、葬式屋さんの霊柩車が軽のバンじゃ困ります)、ハンドルを握っていたおじは、ちゃんと、初めにクラクションを長く鳴らしていました。葬式屋じゃあるまいし、僕だったら絶対にそんなことは思いつかないと思います……。あの音があるかないかで、場の雰囲気がかなり違ってくると思います。「千の風になって」の選曲といい、ちゃんとクラクションを鳴らしていたことといい、おじには脱帽です……。

普段おじの車に乗るとえらく飛ばすなぁという印象を受けるのですが、このときはゆっくりゆっくり、火葬場へと走っていきました。

で、火葬場に着き、棺が機械にセットされ、扉が閉められました。本土の火葬場だと扉のそばに「点火」か何かのスイッチがあって、それを身内が押す時の本人(押す人)の心境を考えるに、これまた(霊柩車のクラクションと同じで)悲しみが増してくるのですが、ここでは特にそういう儀式はないようで、扉が閉められると同時に点火される(か、裏で係員が点火する)ようになっているみたいです。心の準備をする暇がなくてあっけらかんとしたのですが、父の

「父ちゃん、ありがとう!ありがとうな!」

が、僕の涙腺を刺激しました。

で、焼けあがる(何かおかしいな……)まで、それを待つ親族や知人がワッと飲食をするのもまたこの島のならわしのようで、前もって準備してあったビールやジュース、サンドイッチ・おにぎり・お菓子などを食べました。さっきまで泣いていたのに今度はワッと飲み食いをするって、相当速やかな気持ちの切り替えが求められます。(笑)

そして、骨を骨つぼに収めて、いったん家へ。11時になったら、前もって用意した「可」と書かれた三角の紙を血の濃かった人が付けて(僕は付けていない)、丸い金を「カーン、カーン」と鳴らしながら1列でお寺まで行きました。で、お寺で座布団に正座をして葬式がありました。冷暖房完備の葬式屋さんのホールで椅子に座って行う葬式しか経験がなかったので、疲れそうだな……と思ったのですが、あまり暑くなかったこともあり、大丈夫でした。(笑)あと、弔電の披露がありましたが、萩市長からも届いていました。祖父は教育・福祉関係に大きな功績を残していたようで、それつながりです。ちなみに、萩市長は母方の祖父の教え子で、母方の祖父の葬式の時にも弔電を送ってくださったのですが、今回の送り主が「萩市長」なのに対し、あの時は「(市長本人の名前)」でした。どちらも名誉なことだと思います。両方の祖父の葬式に、市長さんからの弔電が届くなんて……。

で、葬式が終わったら、僕は島を出る親戚を送りに港まで行っていたのですが、それを終えて家に帰ってみると、何と!!

変換 ~ DSC01332

お座敷の畳が抜けていました!!

変換 ~ DSC01358

(普段ならこんな感じです)

こりゃもうかなりビックリしたのですが、話を聞いてみるに、例の、15年ぶりくらいに会った2人のいとこ、この2人というのが相当太めの体格をしているのですが、その1人がお座敷に座っていて、もう1人が腰を下ろしたとたん、畳が抜けたそうなんですね。で、一緒に座っていた何人かが巻き添えを食らって転落したそうです。まさに、さぁ今から所度法事を始めましょう……というタイミングの出来事だったそうです。このアクシデントにより急きょ大工さんがやってきて復旧の作業をすることになりましたが、畳が抜けた時にその場に居合わせなかったことが悔しくてなりません!!(笑)畳が抜ける現場を生で見ていた父などは、この後の所度法事のとき、そのシーンを思い出して笑いそうで困ったそうです。ともかく、坊さんと大工さんが同じ時間に同じ場所を共有しているという図は、そうそう見られるものじゃないと思いますね。このアクシデントは次の日になっても大笑いで語り継がれ、「犯人」となったいとこは父から「お前はA級戦犯じゃ!!」と言われていました。(笑)あと、「もしあのときビデオカメラが回っとったら、絶対ビデオ大賞が取れたぞ!!」とか言ってみんなで大笑いしていました。祖父も天国から大笑いしていたと思います、これはホントに。(笑)

で、とりあえず復旧させて、所度法事があって、そのあとに数時間前に抜けたばかりの畳の上に長机を並べて昼ごはんになりました。(笑)知らない人がたくさんいて、時々ビールをつがれそうになったのですが、そのつど「すみません、ビールは飲めんので!!」と断るのは我ながらちょっと付き合いが悪いなぁという気がしたので、やっぱりビールは飲めた方がいいのかなと思いました。ビールは飲めないし、そのくせ、運転免許も持っていないので港からの生花などを運ぶ車の運転士もできないしで、かなり使い勝手の悪い男だったと思います。(笑)

◆8月29日(土)

朝、父・おじ・いとこたちと、観音様に拝みに行きました。足は相変わらず旅館のバスです。

変換 ~ DSC01345

ここは、日本3大ナントカ(隠しているのではなく、忘れたんです)(笑)のひとつだそうです。景色がとてもきれいで、デジカメでばしばし写真を撮っていたら、「師匠」のおじさんに「そこを登ったらもっときれい」と言われて「そこ」を登って行った結果が上の写真なのですが、足もとがあまりよろしくなく、もし転んだりしたら下手をすると海にまっさかさまにもなりかねず、相当神経を使いました。祖父も、自分が亡くなって数日後に、観音様から海に落ちて孫が自分のそばにやってくることはいくらなんでも望んでいないだろうし……。(笑)

変換 ~ DSC01349

観音様のお座敷からの景色です。これは感動モノでした。祖父が亡くなったことで8月19日から28日にかけて予定していた旅行はすべてキャンセルしましたが、もし予定通りに旅行をしていれば、五能線の「リゾートしらかみ」日本最北端の宗谷岬などから、美しい海を見ただろうと思います。でも、ひょっとすると、ここでこうして眺める海の方がもっときれいなのかもしれないなと、心からそう思いました。

変換 ~ DSC01354

いとこに言われて気づいたのですが、大きなクラゲがいました。

で、この日の朝の船便で、いとこを含めた親戚の何名かが帰って行きました。例の「A級戦犯」の2人もそうで、祖母は「あれが船に乗ったら傾く」と言っていました。(笑)僕は父と港に見送りに行って、テープをあっちとこっちで持ってお別れしました。(これがまた、この島でならすごく絵になる!!)

そして、その次の便で僕と母も帰りました。この数日間、大いに泣き、大いに笑い、何かGReeeeNの「愛唄」の歌詞にそういうフレーズがあるなぁと思ったのですが、(笑)島の昔からの葬式に触れて、たくさんの人と話をして、久しぶりにおじ・おば・いとこたちとも長く一緒に過ごして、とても楽しかったです。これこそ葬式の醍醐味(?)だと思います。

あと、島で数日間過ごしてみて、軽トラ・軽のバン・ネコの多さにすごく驚いたんですね。ネコは、祖母の家の周りに住み着いていると思われるものが2匹いて、目つきはあまりよくなく近づいたら逃げるので島の人たちはそんなにネコに意地悪なのかと思ったのですが(笑)、カメラを向けたらちゃんとこっちを向いてくれるのがおもしろかったです。

例えば、

変換 ~ DSC01313

こうだったのが

変換 ~ DSC01312

こうなったり、

変換 ~ DSC01322

こうだったのが

変換 ~ DSC01324

こうなったり、

変換 ~ DSC01327

こうだったのが

変換 ~ DSC01328

こうなったり。(これは、僕が起こしてしまったのですが……。)

変換 ~ DSC01339

変換 ~ DSC01330

変換 ~ DSC01310

変換 ~ DSC01308

かわいげはないのですが、なんとなく憎めない、そんなヤツらでした。

あと、文中に「8月19日から28日まで予定していた旅行」について触れましたが、本当はこんな旅行を計画していました。(ここで書くと祖父への恨み節のようになってしまいますが、そんなつもりはありません)

以下、wordに作成していた予定表をコピペするとともに、ところどころ【  】で加筆をし、指定席券の写真とともに紹介します。

●1日目 8月19日(水)
八本松  7:10 → 岡 山  9:29
岡 山 10:14 → 相 生 11:21
相 生 11:22 → 大 阪 12:43
大 阪 15:00 → 米 原 16:21
米 原 16:30 → 大 垣 17:04
大 垣 17:09 → 名古屋 17:40

●2日目 8月20日(木)
名古屋  6:52 → 豊 橋  7:46 ホームライナー豊橋2
豊 橋  8:12 → 天竜峡 11:58
天竜峡 13:02 → 岡 谷 16:00
岡 谷 16:25 → 小淵沢 17:05
小淵沢 17:12 → 甲 府 17:51
甲 府 18:08 → 高 尾 19:38
高 尾 19:42 → 新 宿 20:25 中央ライナー6
新 宿 23:10 →           ムーンライトえちご

変換 ~ DSC01121

●3日目 8月21日(金)
          → 新 潟  4:51
新 潟  5:00 → 吉 田  5:54
吉 田  5:56 → 出雲崎  6:29
♪あなた追って出雲崎 の出雲崎です】
出雲崎  7:04 → 吉 田  7:41
吉 田  7:50 → 新 潟  8:42
新 潟 10:15 → 酒 田 12:51 きらきらうえつ

変換 ~ DSC01122

酒 田 14:00 → 新 庄 14:51
新 庄 14:56 → 仙 台 17:37 リゾートみのり

変換 ~ DSC01123

●4日目 8月22日(土)
仙 台  6:44 → 小牛田  7:28
小牛田  7:40 → 一ノ関  8:30
一ノ関  9:00 → 北 上  9:41
北 上 10:40 → 横 手 11:55
横 手 12:13 → 秋 田 13:23
秋 田 14:10 → 青 森 19:32 リゾートしらかみ5

変換 ~ DSC01124

●5日目 8月23日(日)
青 森  9:25 → 大 湊 10:58
大 湊 15:50 → 八 戸 17:31 きらきらみちのく下北

変換 ~ DSC01125

八 戸 18:20 → 青 森 19:54
青 森 22:42 →           はまなす

●6日目 8月24日(月)
          → 札 幌  6:07
札 幌  6:58 → 滝 川  8:39
滝 川  9:20 → 深 川  9:33 スーパー宗谷1
深 川 10:07 → 旭 川 10:40
旭 川 11:15 → 名 寄 12:35
名 寄 12:38 → 稚 内 16:39

●7日目 8月25日(火)
【バスで、日本最北端の地、宗谷岬へ!!】
稚 内 10:58 → 名 寄 14:13
名 寄 14:37 → 旭 川 16:03
旭 川 16:09 → 岩見沢 17:52
岩見沢 18:05 → 札 幌 18:42

●8日目 8月26日(水)
札 幌  6:02 → 旭 川  9:11
旭 川 10:03 → 富良野 11:37 富良野・美瑛ノロッコ号

変換 ~ DSC01126

富良野 11:40 → 滝 川 12:35
滝 川 12:48 → 岩見沢 13:44
岩見沢 14:05 → 札 幌 14:42
【北海道大学総合博物館を見学】
札 幌 22:00 →           はまなす

●9日目 8月27日(木)
          → 青 森  5:39
青 森  6:10 → 八 戸  8:16
八 戸  8:52 → 盛 岡 10:54
盛 岡 11:06 → 一ノ関 12:35
一ノ関 12:46 → 小牛田 13:33
小牛田 13:38 → 仙 台 14:24
仙 台 14:29 → 大河原 15:03
【JR東日本にも大河原駅(ただし読みはおおがわら)があるんです!!】
大河原 15:22 → 白 石 15:36
白 石 15:49 → 福 島 16:23
福 島 16:28 → 黒 磯 18:32
黒 磯 18:38 → 宇都宮 19:27
宇都宮 19:40 → 上 野 21:12
上 野       → 東 京
東 京 23:20 →           ムーンライトながら

変換 ~ DSC01127

●10日目 8月28日(金)
          → 名古屋  5:19
名古屋  5:41 → 亀 山  7:00
亀 山  7:04 → 大河原  8:17
【大河原駅訪問は外せなかったので、ちゃんと9月7日に行ってきました(笑)
大河原  9:12 → 加 茂  9:29
加 茂  9:35 → 奈 良  9:56
奈 良 10:19 → 大 阪 11:06
大 阪 12:00 → 相 生 13:24
相 生 13:30 → 三 原 16:13
三 原 16:18 → 八本松 17:00

この日程を、1~4・10日目は「青春18きっぷ」で、5~9日目は「北海道&東日本パス」で実施するつもりでした。これをベースに、来年こそは稚内に行きます!!(雲隠れのネタばれをしてしまった)(笑)

2日連続新幹線

今日は、実は(というほどでもありませんが)東広島に日帰りしてきました。
旅行先から直接萩に戻ってしまったため、服を何一つ持っていなかったこと、
(今回の旅行は、洗濯が毎日できる環境にしたため、服は最低限しか用意しなかった)
萩で数日間過ごすにあたり、手元にほしいものがいくつかあったこと、によります。

というわけで、いつものように
「広島バスセンターで高速バス乗り継ぎの片道5時間30分コース」でも
ギリギリ日帰りは可能なのですが、
今日は贅沢に新幹線(新山口~広島)で往復しました。

朝は東萩駅で切符を買い、特急バス「はぎ号」に乗って新山口駅へ。
続いて、レールスターの自由席で広島駅、さらに山陽線で西条駅、
そして路線バスで大学に到着しました。
で、アパートに帰って荷物をそろえ、
お昼になったらミールカードを持って食堂に食べに行き、
家賃を振り込んで(これをしないと追い出されてしまう!)(笑)
路線バスで西条駅、さらに山陽線で広島駅まで戻りました。

ここで時間があったので、駅周辺の金券ショップ3軒、
さらには路面電車で紙屋町の金券ショップ3軒を回って
青春18きっぷの端数分を探したのですが、
骨折り損のくたびれもうけで、ほしい回数分は見つかりませんでした……。
(ただ、父が持っているのを流してもらえることになったので安心です)

そして、レールスターの自由席で新山口駅、「はぎ号」で萩バスセンターに戻りました。
帰りの「はぎ号」の車両は、高速バスの広島行きでも使われている車両でした!
1時間足らずの便でトイレ付とは、なんとも至れり尽くせりです。(笑)

ということで、はからずも、新幹線に2日連続で乗ってしまいました……。
写真もたくさんあるのですが、
パソコンとデジカメをつなぐケーブルを持ち合わせていないので載せられません。

あと、大学のパソコンで成績の照会をしてみました。
正式な発表(秀がいくつ、優がいくつ……)がまだ先なのは知っていますが、
そろそろ、何単位取れたかは見られるかな、と……。
で、まだでした。(笑)

雲隠れの途中でしたが

今日の午前中、祖父のことで連絡があり、
急きょ、萩に戻ってきました。
だからといって、急きょ戻らないと大変なことだったという結果になったわけでもなく
(という言い方をするのは大変不謹慎なことなのだが)
ここしばらく、かなり落ち着かない日が続きます……。

それにしても、青春18きっぷでゆっくり行った道を新幹線で一気に引き返すとは、
なんとも味気ないことだなぁと思いました。(笑)

2009.夏 旅行記 7-3

1日目・2日目と、行きたかったところを着々と制覇している旅行です。3日目は一体どこへ!?

父のアパートを出て、JRの名古屋駅へ。相変わらず青春18きっぷに日付をもらい、(笑)

変換 ~ DSC01244

快速「佐久間レールパーク1号」に乗車します。こう書いてしまえば、目的地もわかったもんですね。(笑)

変換 ~ DSC01245

117系の4両編成で、ヘッドマークも付いています。3号車・4号車が指定席で、僕は指定席を取りました。指定券はいい記念になるし、指定席のお客さんには終点の中部天竜駅到着前に記念乗車証がもらえるので……。で、終点までは3時間かかるので、隣のお客さんと良好な関係を築かないと気まずいな……と心配していたのですが(通路側しかとれなかったので、確実に窓側にはお客さんがいると思った)金山・大府・刈谷・安城・岡崎・蒲郡と停車した後の豊橋駅までは該当者は現れませんでした。

変換 ~ DSC01249

豊橋駅では、名鉄のホームと隣り合っていました。展望席のないパノラマスーパーから塗り替えられた電車がいますね。

で、ここからは飯田線に入りますが、引き続き隣の人は現れず、のびのびと座っていたのですが、そんな折に母から電話が。僕が旅行中で、しかも列車内で多くを過ごすことを承知している上で(メールではなく)電話を掛けてくるということはそれなりに重要な用だなと察し、しかも当時の状況が状況だったので、本当はいけないのですが小声で出てみると、やっぱり予想通りのことでした。というわけで、

変換 ~ DSC01251

変換 ~ DSC01250

次の駅である新城駅で降り、「佐久間レールパーク1号」は見送り、引き返すことにしました。祖父の容体がよくないそうです……。

で、名古屋駅で父と合流し(父も18きっぷでの日帰り旅行をしていた)(笑)アパートに戻って帰る支度をし、「エクスプレス予約」で帰りの新幹線を予約し、再び名古屋駅へ。ただ、同じ理由ですでに何度も会社を休んでいることや、ここ数日の再三にわたる騒動ですでに心の準備はできていることから、僕だけが萩に帰ることになり、父が使う予定だった「エクスプレス予約」の切符を僕が使うことになりました。こんなこと初めてです!!(笑)

変換 ~ DSC01254

ということで、名古屋駅発13:53の「のぞみ27号」に乗りました。東海道新幹線に乗るのはずいぶん久しぶりですが、車内に持ち込んだパソコンでインターネットができるようになっていたんですね。僕はパソコンを持っていなかったので関係ないのですが。(笑)

変換 ~ DSC01255

例のごとく、アイスクリームを買いました。あと、エクスプレス予約の切符ですが、普通に買った切符と違ってゴチャゴチャと色々なことが書いてあって興味深かったです。

変換 ~ DSC01260

ということで、あっという間に新山口駅まで帰ってきました……。

変換 ~ SBSH0058

新城駅で途中放棄となった「佐久間レールパーク1号」の指定席券です。ちなみに、記念乗車証は「指定席券と引き換えに」配る、というのをどこかのポスターか何かで見た覚えがあるのですが、もしそうなら、きっとこの指定席券は手元に残らなかったんでしょうね。(指定席券を回収するのは同じ人に記念乗車証を複数配ることを防ぐため以外に理由はないと思うので、切符に大きく×を書かれたりしてもいいなら、希望すればもらえたと思いますが

2009.夏 旅行記 7-2

旅行記、2日目です。

朝は6時30分に起きて、朝食の会場へ。無料で付いています。とは言っても、スーパーホテルや東横インのような豪華なものではなく、パンとスープだけなのですが……。まぁ、贅沢は言えません!!(笑)

で、新大阪駅まで歩いて行って、18きっぷに日付をもらい、7時49分発の新快速・敦賀行きに乗車。思ったとおり座れなかったのですが、京都駅からは座れるだろう……とタカをくくっていました。ただ、京都駅でも座れず、結局立ったまま湖西線に入り、立ったまま琵琶湖を見ていました。(笑)

変換 ~ DSC01208

まぁ、ドアの割と近くに立っていたので席が空いても他の人に取られるし、一応僕はまだまだハタチの若者なので、混雑した電車で人を押しのけて座るのもはばかられるなと……。

近江今津駅でまとまった停車時間があり、特急「雷鳥」を退避しました。そして、相変わらず立ったままで近江今津駅を出たのですが、その先、近江塩津駅の到着前の車内放送がけっこう印象的でした。乗り換えの案内があった後、

近郊区間の大回り乗車をされている方もお乗り換えください。」

だそうです。以前、「お手持ちの乗車券・回数券・定期券で乗り越しをされるお客様、……、青春18きっぷの日付がまだのお客様、只今から車内を回りますので、……」という車内放送も1度だけ聞いたことがありますが、何か、自分のことや仲間のことを気遣っておられるなと思うと楽しい気分になります。(笑)

で、結局終点の敦賀駅まで、2時間ほど立ちっぱなしでした。以前大阪駅から名古屋駅まで(在来線で)立ちっぱなしだったこともあるのでそれに比べれば楽な話ですが、それでもこたえました。

敦賀駅から、東舞鶴行きに乗り換え。

変換 ~ DSC01213

125系です。初めて乗ります。さすがにもう立つのは嫌だったのですが、ちゃんと座れました。

で、僕が東舞鶴行きに乗ったのは、125系に1度乗ってみたかったからというのもあったのですが、それ以外にも理由があります。行きたかった町があったんです!!

変換 ~ DSC01216

変換 ~ DSC01225

小浜市です。アメリカのオバマ大統領就任で有名になりましたね。どんな町なんだろう……と駅を出てみると、

変換 ~ DSC01219

変換 ~ DSC01224

こんな町でした。(笑)駅前には古くから(?)の商店街が残っています。そして、コンビニが見当たりません。今時珍しいところだな……と思いました。(皮肉ではなしに)

変換 ~ DSC01220

オバマ大統領関連のものを探してみたのですが、これくらいしか見当たりませんでした……。(笑)

で、コンビニが見当たらなかったので駅の売店で弁当を買いました。さらに、こんなものも買いました。

変換 ~ SBSH0057

「オバマを勝手に応援する会」が出している、「オバマせんべい」です。

さらに、窓口で、
「すみません、入場券を、英語で出してもらえますか?」

すると駅員さん、「切符を英語で」という注文には慣れておられたのか(?)特に驚いた顔はされなかったのですが、「入場券を」が引っ掛かったみたいで、しばらく端末を操作されるも「入場券は英語表記にできない」とのことだったので、「じゃぁ東小浜まで英語で」とお願いして、

変換 ~ SBSH0055

こんな切符を買いました。「OBAMA」が2回も出ています!!(笑)最近思うようになったのですが、旅行をした先で、お土産なり、近距離の乗車券や入場券なり、少しでもお金を落として帰ることが必要なんじゃないかなと。そんな思いで、オバマせんべいと東小浜駅までの乗車券を買いました。(どっちも、もともと欲しかったのですが)(笑)

小浜駅からは再び敦賀駅へ引き返します。

変換 ~ DSC01228

125系は2ドアなのですが、223系の車体を流用しているためか、将来の3ドア化に対応しているためか、中央部分にもドアのもと(?)があります。ちなみにこの部分、ブラインドや網棚はありますが、座席はありません。(正確には、ジャンプシートがあります)

変換 ~ DSC01232

敦賀駅まで戻ってきました。時間があるので駅前へ。

変換 ~ DSC01233

緑色のポロシャツの軍団がうようよしていたので、「ひろえば街が好きになる運動」かなぁ(確かあの人たちも緑色をしていなかったでしょうか?)と思ったのですが、民主党の応援員でした。僕はあの党は支持しませんが、マニフェストを配っていたので1枚もらいました。(自転車に乗った子供にまで配っていましたが、僕が親なら、そんな党には絶対に入れませんね)

で、敦賀駅から北陸本線の長浜行きに乗車。

変換 ~ DSC01235

長浜駅。きれいな駅でした。次の電車で米原駅に行き、小浜市に続く目的地へ。

変換 ~ DSC01236

変換 ~ DSC01237

彦根駅です。ひこにゃんに会いたくてやってきました。とは言ってもあまり長く時間を取っていなかったのですが、とりあえず駅前の案内所のような所に行ってみるとひこにゃんグッズがわんさかと!!とりあえず、うちわを買いました。

さらに、

変換 ~ DSC01238

時間があったので能登川駅にも行き、今日の活動(?)は終了です。あとは東海道線を東へ、途中の米原駅~岐阜駅間で座り損ね、(笑)

変換 ~ DSC01241

名古屋駅でゴールです。何か不気味な写真です。

単身赴任中の父が今年度は名古屋にいるため、夜は父と過ごします。合流し、駅の近くの鍋屋さん(鍋とかフライパンを売っている店じゃないですよ?鍋料理屋さんですよ?……前にもこんなことを言った気がしますが)(笑)で夕食をとり、アパートに1泊しました。

2009.夏 旅行記 7-1

祖父の危篤の報に触れ、予定していた旅行は中止しましたが、とりあえず緊急の事態は回避されたため、自分の中での2つのルール「何かあった時にはちゅうちょせず引き返すこと」「名古屋(父がいる)より東へは行かないこと」を定めたうえで、急ごしらえの旅行(笑)をすることにしました。

変換 ~ DSC01129

たまには出発前から写真を載せます。(笑)平日なので大学から西条駅へのバスの便が早くからあり、始発の6時28分発に乗りました。西条駅で青春18きっぷにスタンプをもらい、7時18分発の和気(わけ)行きに乗車。この車中で時刻表を眺めていたのですが……。この先で乗車する路線に、おもしろそうな列車を発見!!全車指定席なので、空席があるかどうかをまず知りたくて、予定にはなかったのですが三原駅で下車してみどりの窓口へ行きました。

で、結局、満席だそうでした……。(笑)幸先の良くないことで、青菜に塩状態で岡山行きに乗りました。このあたりのことは、日にちが経ってから旅行記を書いているせいであまり覚えていません。やっぱり早めに書くべきですね。(笑)

とりあえず、岡山駅に着いたら例の列車の写真だけでも撮っておきたくて、5番乗り場へ。

変換 ~ DSC01131

遠いそうですが、彼がそう言うなら、許します。(笑)

さて、乗りたかった列車というのは、

変換 ~ DSC01132

変換 ~ DSC01133

これです!!「瀬戸大橋アンパンマントロッコ1号」です!!これに1人で乗るというのは少しためらわれるものもありますが、楽しそうじゃないですか。(笑)で、この後のマリンライナーで四国に渡ろうと思い指定席を取りかけたのですが、こちらも満席だとのことで自由席に乗りました。

変換 ~ DSC01136

海を渡っています!!斜めに横切る柱が写らないように写真が撮れないものかと、いつもがんばってみるのですが……。(笑)

変換 ~ DSC01141

で、四国に入ってすぐ、坂出駅で下車。少し時間があるのでお昼を済ませたいなぁと思い駅前のサティに入ってみると、フードコートがあったので、さぬきうどん(冷やしの大)を食べました。

変換 ~ DSC01142

その後、駅へ。夏休み中なのにえらく小学生が多いなぁと思ったら、今日は8月の21日、きっと登校日だったんでしょうね。で、帰宅の時間帯と重なったわけですね。

坂出駅から、快速「サンポート南風リレー号」に乗り、多度津駅へ。

変換 ~ DSC01144

短い区間でしたが、転換クロスシートの車両端の対面部分に座っていたら、向かいのおじさんに話しかけられました。

多度津駅に着きました。

変換 ~ DSC01145

ここからは、次の観音寺行きに乗り換え。

変換 ~ DSC01147

右側の電車ですが、左側にアンパンマンのラッピングがされた特急が入ってきたものだから、ホームがすごく色鮮やかでした。(笑)ところで、観音寺行きは113系の4両ですが、すごくガラガラで、お客を1両に集約しても十分に座れそうなくらいでした。

変換 ~ DSC01148

途中、海のすぐそばも走っていました。そういえば実家からは日本海が見放題でした……。(笑)

変換 ~ DSC01152

観音寺駅です。山陽で旅行をしていると乗り換えの時間がごくわずかでいちいち駅の外に出て写真を撮る余裕なんてないのですが、四国に来るとすごく余裕があります。

観音寺駅から、伊予西条行きに乗車。ここでワンマンになり、車内も転換クロスシートではなくなりました。

変換 ~ DSC01155

これは何シートというのでしょう……?セミクロスになるんでしょうか?ボックスシートとロングシートが両方あって、パッと見るとすごく使いやすいような気がするのですが、旅行気分を出したくてボックスシートに座ってみると、どうにも落ち着かないんですね。ロングシートに座っている人から動作をすべてら見れているわけです。それでも最初は靴を脱いで足を投げ出して座っていたのですが、だんだんと人が増えてくるとそれもやりづらくなり、おやつを食べるのも自粛しました。(笑)

こうして、終点の伊予西条駅へ。

変換 ~ DSC01156

変換 ~ DSC01178

かつての国鉄総裁である十河信二の生誕の地であり、駅前には資料館もあります。

変換 ~ DSC01176

十河信二記念館です。無料で入館できます。

変換 ~ DSC01158

十河の名言が紹介されているプレートです。もし僕が死んだら、このブログから名言をいくつか探し出して、プレートにしてどこかに展示してほしいです。(笑)

で、この記念館では向かいの「四国鉄道文化館」の入場券を発売しています。なぜ現地で発売しないんだろうなぁと思うのですが、ひとつには、十河信二記念館も確実に見てもらおうという意図があるのだと思います。そしてもうひとつあげるなら、入場券のアイデアによるところだと思うのですが、さすが鉄道と名のつく施設の入場券だけあって、硬券タイプです。そして「十河信二記念館から四国鉄道文化館行き 発売当日限り有効 300円」と書かれているんですね。一本取られました。(笑)

変換 ~ SBSH0056

変換 ~ DSC01175

四国鉄道文化館の外観です。萩にも合いそうなきれいな外観だと思います。

変換 ~ DSC01174

入るときには件の硬券タイプの入場券にハサミを入れてもらいます。ところで、今「ハサミ」を変換して知ったのですが、駅に入場する時に切符にスタンプを押してもらうことを「入鋏」(にゅうきょう)、そのスタンプを「入鋏印」と言いますが、あの「鋏」って、「はさみ」という意味だったんですね!!スタンプに変わった今でも、こんなところで、昔はハサミを使っていたことが分かります。

で、館内は平屋建てで、隅の方に館内や伊予西条駅を見渡せるデッキがあります。

変換 ~ DSC01173

あまり変わり映えのしない写真でしたが……。

ところで、写真を見て分かるように、0系新幹線が展示されています。車内にも自由に入れます。ということで、まずは客室内へ。

変換 ~ DSC01161

カットモデルで、前方の数列分しかありませんが、このタイプの座席は2人掛けのみしか転換できず、それゆえに、3人掛けは中央離反式になっていました。必然的に3人掛けに座る人の半分は後ろを向いて進むことになりますが、小学生のころ、この座席で後ろを向いて走った記憶があります。(笑)

また、客室内だけでなく、運転席にも入れます!!

変換 ~ DSC01162

座席にも座れます!!

変換 ~ DSC01164

運転席からの眺めです。(笑)平日だったからというのもあるでしょうが、これだけ落ち着いた環境で0系を見られるとは思いませんでした。ひょっとすると日本一じっくりと0系を見られる場所かもしれませんよ。

ところで、実は伊予西条駅での時間は40分程度しか取っていませんでした。ということで常に時間を意識しながら0系を見ていたわけですが(笑)少し早めに伊予西条駅に戻ってみると、予定の普通列車の少し前に特急があることが分かりました。JR四国では25kmまでなら特急料金は310円しかかからないので、せっかくなので乗ってみることにしました!!あと、伊予西条駅に来たのは、もちろん「十河信二記念館」や「四国鉄道文化館」に行ってみたかったからというのもありますし、それ以外にも、東広島市の今生活しているエリアがかつては「加茂郡西条町」という地域で、「西条」という地名は今でもこのあたりで当たり前のように使われていて親近感があるからというのもあります。いつも使う駅の名前も「西条」ですし……。(笑)そういった具合に、ややもすると「東広島」より「西条」という方が、なじみがあるかもしれません。(僕はブログでは基本的に「西条」ではなく、市の名前である「東広島」を使いますが)というわけで、せっかく伊予西条駅に来たという記録を、できるだけ多く残したかったわけです。

変換 ~ DSC01182

その一番手っ取り早いやり方は、切符を買うことです。(笑)

変換 ~ DSC01180

あと、駅名看板も確実に撮っておきます。

ということで、「しおかぜ・いしづち20号」(僕が乗ったのは「いしづち」の方)で伊予西条駅を出発しました。

変換 ~ DSC01181

わずか7分間の快楽です……。(笑)次の新居浜駅で下車しました。あと、この車両にはドアの周りがオレンジに塗られた号車と青に塗られた号車とがあって、どう違うんやろうなぁとかねてから不思議だったのですが、乗ってみて分かりました。

変換 ~ DSC01187

指定席がオレンジ、自由席が青なんです!!やっぱり、実際に乗ってみると何かしら学ぶことがありますね。(笑)

新居浜駅からは観音寺行き、観音寺駅からは高松行きに乗り、行きに見た景色を逆に見て、坂出駅まで戻ってきました。

変換 ~ DSC01193

そして、お腹が減ったので、さらに続けて景色を逆に見て、サティのフードコートでさぬきうどんを食べました。(笑)

坂出駅からも景色を逆に見てマリンライナーで本州に戻りましたが、今度こそ指定席を取りたい!!と、伊予西条駅で購入したところ、A席(窓側)が取れました。なぁんじゃ、空(す)いとるんかい!!と思ったのですが、

変換 ~ DSC01194

僕が座ったら、満席になりました。指定席は普通窓側から取れていくので、多分、直前になって誰かがキャンセルしたんでしょう。どうもありがとうございます。(笑)

ところで、マリンライナーの指定席は1号車の1階です。(2階はグリーン車です)なので、かなり低い位置に客席があることになり、窓からの眺めも普段は経験できないものでした。

変換 ~ DSC01203

駅に停まると、目の高さにホームがあります!!思えば、2階建て列車の1階席に座るのって、今回が初めてです。

岡山駅から、姫路行きで東に進路をとります。さらに姫路駅では新快速に乗り換え。このあたりのことは、あまり覚えていません……。要は、乗り慣れている路線はあまり記憶に残らないということですね!!(笑)

で、新大阪駅で下車。

変換 ~ DSC01205

いつもながらの長旅でした。新大阪駅から10分くらい歩いて、今日の宿である「新大阪スターズホテルセンイシティー」へ。ここは、繊維卸問屋のセンイシティーの中にあるホテルで、アウトバス・トイレのシングルだと(楽天価格で)3,900円です。しかも朝食付で、かなりお得だと思います。

変換 ~ DSC01207

部屋にお風呂やトイレがない分、かなり広々としています。これらが部屋にあれば便利ではありますが、たかが1泊くらいのことでそこまで気にしないので、この部屋に大満足でした。

雲隠れの途中ですが

今日は、今までに行ったことのなかった県に行きました!

そこで訪れた地も、東広島と同じく、いい水が出るのだとか……。

only sitting

今日は、東広島市民兼高校時代のクラスメイトの友人の車に同乗し、
荷物を持って広島バスセンターを走り回ることもなく
ラク~~に東広島に帰ってきました。
座っているだけで家に着くというのは、すごい話です。(笑)

萩市から広島市まで、ほぼ国道191号線を走りました。
国道191号線といえば、山口県内では
日本海や山陰本線に沿って走る幹線道路というイメージが強いですが、
島根県に入ると、中国地方を縦断する山道へと変化します。

変換 ~ DSC01116

途中、山口県阿武町にある「惣郷川橋梁」です。
(最近、このブログは「山口県内おすすめスポット紹介」になっていますね……。)(笑)
山口県内では有名な撮影スポットです。(特に、夕方)

変換 ~ DSC01120

変換 ~ DSC01119

変換 ~ DSC01117
(三段峡方)

変換 ~ DSC01118
(可部方)

広島県に入ってからは、可部線の三段峡~可部間(廃止)と時々並走しましたが、
途中、旧土居駅を訪ねました。
待合室は閉鎖されていますが、駅舎(というほどでもないけれど)には入れます。
廃線めぐりもいいですね。

というわけで、東広島市に帰ってきたわけですが、
明日から雲隠れをします!!
祖父のことについては、一応、緊急の事態は回避されたようです。
もちろん、何かあればすぐに旅行をやめて萩に帰れるよう、
そこまで遠くまではいきません。

勝負事

今朝の朝刊に、このたびの選挙の立候補者の顔ぶれが出ていました。

変換 ~ DSC01113

こうして見ると、山口県は精鋭ぞろいです。

1区の高村正彦候補(元外務相ほか)、
3区の河村建夫候補(官房長官)、
4区の安倍晋三候補(元首相)。

僕は大学の説明会で受験生に向けてスピーチをする機会があると、たいてい、
わずか2ヶ月半の準備でAO入試に合格したという異色の経歴(?)を引き合いに
「最後までどうなるかわからないから、決してあきらめないでほしい」
と伝えていますが、
まぁ、基本的に勝負事というものは最後までどうなるかわかりませんが、
あえて選挙をするまでもなく結果は見え見えだなぁと思いました。

あと、昨日撮った萩市の夕景です。

変換 ~ DSC01107

8月1日に花火大会がありましたが、友達はここから見たそうです。
カップルが1組いて、非常にいづらかったとのことです。(笑)

健全すぎる人

今日は、午後から、昨日の人と新しい人と3人で会いました。
で、新しい人はまだ高校に行っていないので、まず行ってみたら
ちょうど担任の先生もおられたのでよかったのですが
「お前ら、何しに来たんか!?」
僕「先生に会いたい一心でここに来ました!(笑)」
「もっと他にすることはないんか!?
 夜に集まって飲んだりとか、せんのか!?
 二十歳にもなって夏休みに高校に来るって、健全すぎる!
と一喝されつつ、財布から小銭を出して
「お前ら、誰かじゃんけんで負けたやつ、買い出しに行ってこい!
 ワシは甘くないコーヒーじゃ。」
ということで、僕がじゃんけんに負けて、
自動販売機に走って甘くないコーヒー微糖のコーヒーブラックのコーヒーを買ってきました。
喫茶店のバイトじゃあるまいし、
それだけいろいろな種類のコーヒーの注文を覚えるのは苦労しました。(笑)

あと、図書委員会の先生とも話をし、最近の様子についてうかがいました。
僕が委員長だったころ、ちょうど図書室が新築され、
それに合わせて図書委員会主催の行事もいろいろと始まりましたが、
あの頃の行事は今でも続いているようで、嬉しいことです。
そして、あの頃(僕が3年生のころ)1年生だった人が
3年間図書委員を続け、今は委員長をされているらしく、
図書委員会主催の行事に参加して、
その委員長の治める様子を見てみたいなぁと思いました。(笑)
その一方で、僕から見れば
「どことなくあどけなくて、おっちょこちょいで、かわいい子」
という印象の人だったので、
何となく、そのままにしておきたいような気もしました。

その後、またも、(笑)カラオケに行ってきました。
今日は
・オレンジ(SMAP)
・想い出がいっぱい(H2O)
・暑中お見舞い申し上げます(川嶋あい)
・時の足音(コブクロ)
・12個の季節~4度目の春~(川嶋あい)
・ふたり(いきものがかり)
・Fate(遊吟)
・NAO(HY)
を歌いました。
「12個の季節」と「ふたり」以外は全部初めてでした。

で、そのあと田床山(たとこやま)という山に(車で)登りました。
ここは萩市内を一望できるいいスポットなのですが、
ちょうど、河村官房長官が帰郷して選挙運動をされていて、
山のてっぺんまで、うぐいす嬢の声が響いていました。

ドライブ

今日も、午後から友達と遊びました。
13日に会った人で、2回目になります。
みんなヒマなんですね。
僕も、お葬式にならない限りはヒマです。(笑)
旅行に行けなくなったのは残念で、4ヶ所のホテルも今日キャンセルしたのですが、
萩にいる期間が長くなり、こうやって友達と遊べるということも、
それはそれでよかったかなと思っています。

といっても、2回目になると「ファミレス&カラオケ」のコースもさすがに……ということで、
ドライブに連れて行ってもらいました。
5月の角島に続き2回目です。
別の友達には、春休みに長門峡に連れて行ってもらったし……。
車の免許を持たないばかりか、自動車学校に行ってさえいない僕は、
友達のスネをかじってばかりです。(笑)

今日行ったのは、長門市(旧:日置(へき)町)の「千畳敷」

国道191号を走っていると、風力発電のプロペラが見えます。
それを目印に山道を登っていくといいのですが、
雲というのか霧というのか、すごく霞んでいて、景色が見えませんでした。

変換 ~ DSC01102

ただ、5分くらいすると、晴れてきて海が見えるようになりました。

変換 ~ DSC01105

まだちょっと霞んでいますが……。
ビフォー&アフターです。(笑)

ファミレスに行くにしても、ドライブに行くにしても、
何か会話をしていないと間が持ちませんが、
夏休みに会うのが2回目になろうと話題が尽きないというのが、
そこはさすが友達同士だなぁという感じです。
彼女がいるかとか……。(笑)
……おたがいがんばろう!!(笑)

で、そのあと萩に戻り、高校に行きました!!
実はドライブに行く前にも寄ったのですが、ちょうど会議が始まるところだったらしく、
玄関を入った近くの部屋が会場だったみたいで、
玄関にいるだけで、効率よく先生方に会えました。
音楽の先生に「ちゃんと単位取れとる?」と痛いところをつかれたり、(笑)
物理の先生に満面の笑顔で迎えられたり(あの先生の笑顔は本当に素敵)、
騒ぎを聞いて(?)駆け付けた担任の先生に
「ちょうど今から会議なんじゃーや!元気か!すまんのう!!」
と言われたりで、結局数分で立ち去ったんですよ。
ただ、未練(?)があったので、ドライブが終わってリベンジをしたということです。

そこまで遅い時間ではなかったと思うのですが、
すでに担任の先生は帰られた後でした。
ただ、
・1年の時の体育の先生
・3年の時の体育の先生
・2年の時の科学部の先生
・3年の時の科学部の先生
・物理の先生
・部活の関係で同い年のいとこのことを知っている先生
など、いろいろな先生と話ができました。
そこまで深くかかわりがあったわけではない先生たちも
僕たちの進学先を知っておられるのでびっくりしました。
その中で、3年の時の体育の先生が僕の大学の先輩だということがわかりました。

あと、明日も遊ぶ約束ができました。
ずいぶん何度も遊んでいるような感じもしますが、
会うのはこれでもまだ3人目です。(笑)

ちなみに、この文章を書くのに1時間以上かけました。
テレビを見ながらだったり、同時進行でメールのやりとりをしていたりだったりなので、
やっぱり「ながら」だと時間がかかります……。
東京から名古屋まで行くのを新幹線と在来線で比較しても同じことが言えますね。(笑)

祖父からの知らせ

状況が状況だけに、うかうか外出もできないのですが、
おととい、母方の祖母とまともに話ができていなかったので、
午後から改めて祖母の家に行ってきました。
ちょうど、今日もおじやおば、さらには同い年のいとこまでが来ているということなので、
リベンジにはもってこいのチャンスでした。(笑)

で、前にも書いたことですが、
いとこ姉妹というのは、性格が真反対だなぁと、常々思います。
上の方は見るからに優しくて、話しかけやすいのですが、
同い年の方は、ツンとした顔をしていて、話しかけづらいです。
そうは言っても、高3の夏に一緒にオープンキャンパスに行って
帰りに広島は八丁堀のパルコに寄って
その間に新幹線が台風で止まって在来線で途中までしか帰れなかった仲(?)
なのだし、
小学生のころなどは、「布団がふっとんだ!!」とか言って大笑いしていて
食事中もその調子で大騒ぎして怒られていた仲(??)
です。
(布団がふっとんだ!!で大笑いするとは、とても素直な子供たちですな)(笑)
ただ、さらにさかのぼり、幼稚園にも入らないくらい小さかった頃は、
僕は同い年のいとこのことを怖がっていました。
今もビクビクしているわけで、結局は変わらないんですね。(笑)

一方、父方の祖父のことですが、
「今日はどうにか大丈夫だとしても、明日はわからない」という状態が、
ここ数日にわたって続いています。
総合科学を専攻している僕も、医学に関してはまったくの素人ですが、(笑)
本来はもう、亡くなっていてもおかしくない状態であるところ、
祖父は心臓がすごく強いようで、今でも生き延びているということのようです。
(確かに、過去に3度も同じことがあっての今回なので、それは納得がいく)

で……、実は、明日には東広島に帰り、
19日から28日まで、旅行に行く予定でした。
先月の下旬に毎日のように生協のトラベルセンターに通いつめて
指定席券を7枚も取っていて、
青春18きっぷを2枚使ってかなり遠くに行く予定でいたのですが、
この分だと、予定通りの10日間で実施することは確実に不可能です。
これはかなりショッキングなことなのですが……、
14日の夜にはすでに亡くなっていてもおかしくなかったらしい祖父が
今もってなお生き延び、僕が旅行に行くことを阻止したということには、
きっと何か深い意味があったのだろう
と、そのように思っておきたいと思います。

どうなることか…

昨日、おじやおばも来ているということで祖母(母方)の家に行って、
祖父の仏壇に手を合わせ、おしゃべりに花を咲かせていたのですが、
途中で父から携帯に電話がありました。
父方の祖父が長いこと入院しているのですが、
具合がよくないらしいので様子を見に行ってほしいとのこと!
母が仕事中だったのもあって、僕が最速の到着でした。(笑)

で、電話で話を聞いた雰囲気から
ベッドを看護婦さんが囲んで「○○さん!!」「しっかり!!」とかやっているのかなぁと
思ったのですが、
ナースセンターで「○○ですが……」と名乗り出ても、
部屋の番号を教えるのみで何のフォローもなく、
具合がよくないのは事実のようですが、えらくあっけらかんとした感じがしました。

今日の午前中までにおじやおばもそろったのですが、
昨夜が峠との話が、その峠が少しずつ延期(?)され、よくわからないことになっています。
前にも書きましたが、こういう騒ぎは2年前くらいから何度も起こっているんですよ。
最近の例だと、2月に同じことがありました。
期末試験が終わってすぐ、新幹線で萩に帰りました。
このように、学校の期末試験の時期だったり、
初めて行く川嶋あいさんのライブの直前だったり、で、いつもいつも気をもまされているのですが、
この先どういうことになるのか、すごく心配なところです。

いつものコース

今日は昼から昨日の友達を含む3人で遊びました。

で、遊ぶと言っても何一つ目新しいことはなく、
まずはジョイフルに行って、ドリンクをお供に近況報告をし、
その後カラオケへといういつものコースをとりました。

カラオケは3人で3時間だったので、1人1時間くらいはいけます。
今日の僕のセットリストは

・碧いうさぎ(酒井法子)
・secret base~君がくれたもの~(ZONE)
・見えない翼(川嶋あい)
・旅立ちの日に…(川嶋あい)
・ふたり(いきものがかり)
・twelve seasons~4度目の春~(川嶋あい)
・地上の星(中島みゆき)
・駅(竹内まりや)
・渡良瀬橋(森高千里)
・大丈夫だよ(川嶋あい)
・また逢う日まで(尾崎紀世彦)
・真夏の果実(サザン)
・my graduation(SPEED)
・キセキ(GReeeeN)

というふうになりました。
途中でネタがなくなって、「また逢う日まで」以降はリモコンの履歴にあった曲にしました。
マイクを持ってしゃべることなら最近は私に任せなさいという感じなのですが、(笑)
マイクを持って歌うことも、今日はいつもよりうまくできたかなと思います。
そして、いつもは川嶋あいさんばっかりなのですが、
今日の友達とは何度となく一緒にカラオケに行っているので、
いつも同じ曲だと退屈されるかなぁと思って
話題の最先端をいく(笑)「碧いうさぎ」や、
最近気になってブログにも書いた「secret base」・「渡良瀬橋」も歌ってみました。

あと、昨日会ったほうでない友達(ややこしいな)とは
KRYのアナウンサーのことで話題が共有できていますが、
大河原さんや脇田さんの話で盛り上がり(?)ました。
山口県内に進学するという彼の選択は正解だったと思います。(笑)

お、おお~~っ!!

今日は、午後から散髪に行って(それほど切ってもらったわけではないのだが)
そのあとに高校時代の友達と会いました。
5月の連休以来3ヶ月ぶりのことです。
で、もちろん仲のいい人なのですが、その人と2人で会うのはあまりないことなので
話題が持つかなぁとちょっと心配だったのですが、(笑)ちゃんと持ちました。

まず高校に行ってみたのですが、珍しく担任の先生に会えず、
(いつもなら大抵部活に来ておられるのに……)
それ以外の先生も、縁のあった人はほとんどおられなくて、
唯一、友達の部活の顧問の先生と話をしただけでした。
3年次に現代社会を履修すればその先生のお世話になったのですが、
僕は地理選択だったので話をするのは初めてでした。

その後、帰省して友達に会った時にいつもやるように、ファミレスにお茶に行ったのですが、
そこの店員さんが僕の中学時代の同級生でした!!(部活も一緒だった)
実業高校に進学した人なので、バイトではなく正社員なんだろうなと思うのですが、
人生いろいろだなぁと思ったのでした。

それと、帰省した時のお楽しみということで
KRYのニュースをできる限り昼夕夜とチェックしているのですが、
今日の夜は大河原あゆみさんでした!!
母と見ていて、外見上は冷静を装いつつ内心「お、おお~~っ!!」と思っていました。(笑)

去年のKRY秋まつりで話をさせていただく機会があったとき、
当時の僕からすれば「3年上(4年生)の先輩」という
普段当たり前のように関わっている世代だったことや、
青春18きっぷで就活をされていたという自己紹介のおかげで
すごく親しみやすい方だなぁという印象をもち、
(だからこそ「広島の路面電車」などという話題で会話ができたわけです)(笑)
その場でヒュゥーンと(?)ファンになってしまったわけですが、
あのとき感じた親しみやすさはそのままに、
とてもビシッとしたアナウンサーになられたなぁと感じました。
(「ビシッとしたアナウンサー」って、自分でもよくわからないほめ方なのですが……。)
活躍される様子をテレビで直接見ることができて、とても嬉しかったです。
これからもファンでいようと思います!!(笑)

さて、明日もさっそく遊ぶ約束ができました。
遊ぶ約束といっても、
カラオケに行ってファミレスでお茶をしてという定番コースでしょうけど……。(笑)
やっぱり、大学は実家を離れて一人暮らしをしたほうが、
たまに帰ってきたとき、久しぶりに見るテレビ、久しぶりに会う友達、と、
嬉しさ楽しさがいろいろあっていいです。(笑)

お国入り!

今朝は、7時30分の「グリーンフェニックス」に乗りました。
乗る前にコンビニで朝食&非常食(笑)用のパンと飲み物を買ったのですが、
思いがけず、あれもこれもと、458円も買ってしまいました。
食堂で458円あればかなりの食事ができるのに……!!(笑)

車内は空いていて、のびのびと(?)パンを食べました。
途中から道が混んできて、結局20分遅れで広島バスセンターに着きました。
高速バスはこんなことがあって時間が読めないのが難点ですね……。

そして、9時30分発の萩行きに乗り換え!!
3ヶ月ぶりにお国入りします。
バスは横3列の車でも、背もたれがバタンと前に倒せる車でもなかったのですが、
座席はふかふかで背もたれも真四角だったので、かなり楽でした。
(前に書きましたが、最近の高速バスの座席はやや固めで
背もたれが上にいくほど少しずつ絞られた台形なので、
仮に寝ようとすると、常にお行儀よく気をつけをした姿勢しかとれず、けっこうきつい)
かなり空いていて、背もたれも好きなだけリクライニングできたので、
広島を出てすぐ寝てしまい、気づいたら徳山駅でした。
ここで10分遅れだったことは記憶にあります。

そして、その次に気づいたのが、山陽道富海PAの休憩前。
ここ!という時には確実に目が覚めています。(笑)

いったん外に出て休憩をし、車内に戻ったら、
「非常食」として買っておいた山賊おにぎりを食べました。
所定のダイヤでも萩バスセンター着は13時25分なので、絶対にお腹は減ります。

で、この先は起きていました。
というのが、防府駅を出たあと、次の停留所である農業試験場前までの道路が
先月の豪雨で通行止めになっており、迂回して走行しているからです。
現在、防府市から山口市への幹線道路である国道262号線が麻痺していて、
高速道路の防府~山口間が無料開放されています。
そっちに入っていました。

農業試験場前を出た後は、正規のルートで米屋町・湯田温泉と停車していったのですが、
湯田温泉を出た後に再び寝たら、次に気づいた時には旧小郡町にいました!
普段は通らないところなので、一瞬「何でここに!?」と思ったのですが、
どうも、防府~山口間以外にも通行止めになっている道路があるみたいです。
いない間に、大変なことになっていたんですね……。

結局、2ヶ所ほど迂回して走り、萩バスセンター着は20分遅れになりました。
前回(5月)の1時間50分遅れに比べればちょろいものです。

さて、昨夜ですが、いつものように更新をしようと思っていたら
メンテナンス中だか何だかで管理者画面に入れず、
結局更新ができないままでした。
僕は一応更新を毎日していますが、
別に「毎日更新をする!!」と心に誓っているとか、そういうわけでもなく、
気づいてみればいつも更新をしているような感じであって、(笑)
更新できない日があったらあったでそれは仕方ないかなと思っています。
旅行記のとき以外は、過去の日付で更新をすることはしないのですが、
昨日は昨日で書くことがたくさんあったので、
特例ということで、今から昨日の日付で更新します!!

それと、6月の川嶋あいさんのライブの様子が紹介されたKRYの「熱血テレビ」を
母に録画しておいてもらいましたが、
それをさっき見ました。
改めていいライブだったなぁと思ったのですが、僕も一瞬写っていました。
熱血テレビに出てしまった!!(笑)

萩に帰って嬉しいのが、「熱血テレビ」やKRYのニュースを直接見られること!!
今日の夜のニュースは誰かな~~と思って見てみると、高橋良さんでした。
高橋さんといえばKOIKAN Rです。
何度もメールを読んでいただいた「よしピーさん」のことを覚えてくださっているかな……。(笑)

あと、大学のHPを見てみたら、オープンキャンパスの報告が出ていました。
驚くべきことに、今年度は18,000名の参加者があったのだとか、
昨年度が13,000名だから、かなりのアップですよ。
で、大学の概要に関する説明(入学センターの先生による)の写真が出ていましたが、
画面には「広大は広大だ!」(ひろだいはこうだいだ!)の文字が。
今までに入学センターの先生の説明は何度も何種類も聞いてきましたが、
このくだりは初めて見ましたよ!
そしてこれ、ガイドのときの、僕のお得意のフレーズじゃないですか!!
先生……、すべりませんでした?僕がやるとあまりうけないんですが……。(笑)

06guide.jpg

ガイドの様子の写真も出ていました。
僕も写ってます!!(笑)

提出しました!!

(メンテナンスで更新できなかったため、8/11になって更新しています)

今日は、いや、おかしいな、「昨日は」ですね、(笑)
午前中にキャンパスガイドの先生にオープンキャンパスの報告と
大学祭の打ち合わせに行って、(早くも大学祭の話!!)
終わったら飛翔の編集室にいました。
今日が(うーん、違和感が……)締め切りだったので……。

で、ちょうどよく友達も来たので、涼しい編集室でいろいろとしゃべって、
昼になったら食堂にお昼を食べに行き、原稿も無事に揃いました。

そのあとは、例のごとく(?)持ち込んだノートパソコンで
編集長裁量での最後の訂正をし、仕上がった分を印刷し、
ページ番号をふって、事務室に提出してきました!
今回は56ページ、いまだかつてない厚さです。
かなり中身の詰まった充実の冊子ができたと思います。
今までは、確かに委員の仕事は楽しかったのですが、
あくまで「仕事」の域を脱してはいなかったというか、
少なくともキャンパスガイドとか入学センターの仕事の方がずっと楽しかったのですが、
今回は、遊びのように楽しい仕事でした!!
そして、出来上がる冊子も、多分かなり楽しいと思います。
今までのは、「ふむふむ」とか「なるほど」という雰囲気の冊子で、
どう転んでも「あぁ楽しい!!」という感想を持つようなものではなかったと思うのですが、
今回は「ふむふむ」「なるほど」あり、「あぁ楽しい!!」ありの、オールマイティな冊子です。
これぞ総合科学です。(笑)

ということで、記事も提出し、ようやく「夏休み」に入りました!!
で、さっそくヒマになり、どうしようかいなぁと思ったのですが、
食堂に行ってバイトのシフト表を見てみたら今日の人数が不足していたので、
せっかくなのでバイトをして帰ることにしました。
時間つぶしができ、お金も入り、晩御飯も食べられて、
食堂でバイトを始めてよかったなぁと思いました。(笑)

カメラは見た!

予想はしていたことですが、
オープンキャンパスが終わると、生きる目標を失ったようだというか、(笑)何かさびしいです。
かき氷の先輩もいなくなったし……。
そういえばあの先輩、学部修了後は総合科学部の大学院に進まれるそうです。
ということは、最終的に広大を去るのは僕の方が先で、
ややもすると、先輩の方が「総合科学」を究めた人間になられるのかもしれないわけですね。

さて、オープンキャンパスは終わりましたが、
実家に帰るまではあと一仕事残っています。
「飛翔」の記事の最終版の締め切りが明日です。
ということで、今日はこないだの同窓会の記事を完成させました。
これはもう、自分では、相当な自信作です!!
優秀な後輩を持つと幸せです本当。(笑)

あと、僕が担当するページには委員の名前が登場することが多くありますが、
そこに誤字脱字がないかということも、改めてチェックしました。
人の名前を間違うことほど失礼なことはないと思うので……。
……などと言いつつ、実は、昨日の「学長との懇談」で
学長への質問を読み上げる時、質問者の名前を間違えてしまいました。
しかも、けっこう長いことそれに気付かず……。(笑)
あと、高校名も読み間違えました。
知らない高校だったので、漢字から想像する「普通の読み」をしてみたら
間違っていたことに気がついて、
(その高校から届いたFAXの文書を持っていて、
ふとそれを見たら高校名がカタカナで書いてあった!!)
あとで
 先ほど高校名を「○○高校」とご紹介しましたが、
 読みが間違っていました。「●●高校」が正当です。
 訂正してお詫びします。不勉強で申し訳ありません。
と一言挟んでおいたのですが、
昨日の「懇談」の様子は学内の部局によりすべて録画されており、
DVD化もされるそうです。
入学センター長の先生には、僕たち2人の司会について
「適度に緊張が伝わるのがよかった。あまりに上手だったらかえって変
と言われて、確かにそれはそうだなぁと思ったのですが、
失敗のシーンがDVD化されるのは恥ずかしいなぁ……。(笑)

ということで、話が戻りますが、
今日は家から一歩も出ずに過ごしました。

1年後の8月 また出会えるのを信じて

今日はオープンキャンパスの2日目!
とりあえず昨日と同じように食堂で朝食を食べようと思っていたのですが、
今日が土曜日であることを完全に失念していました。
土曜だから、朝は食堂が開かないんですよ……。

ということで、いったん大学を出て、近くのコンビニでおにぎりと飲み物を買いました。
そしたら、全然知らない人から「おはようございます」とあいさつをされました。
今日も僕は入学センター学生スタッフのユニフォームである黄緑のポロシャツでしたが、
相手も同じポロシャツを着ていたんですよ。
ただ、入学センター学生スタッフのメンバーではないので、
おそらく、同じポロシャツを着る、生協学生部のメンバーだろうなぁと。

そういうことを、数秒間の間に考えたのち、とりあえずあいさつを返しておきました。(笑)

で、午前中は今日も「学長との懇談」の司会です!!
昨日の反省を生かし、より「懇談」の意味が強まるような質疑応答の方法をとりました。
あと、ガイドの大大大大大尊敬する先輩(アイスココアの先輩)
この企画に参加してくださいました。
ガイドに参加するとメールをもらったので、「懇談」にも来てくれるように誘ったわけです。
あの先輩も、僕のように(?)在学中に色々なことに取り組んで
学長の耳にもその名が入るような偉大な先輩であったため、
ガイドだけでなく、ぜひこちらにも来ていただくべきだという判断をした結果です。(笑)

県内のテレビ局に就職された先輩。
4ヶ月ぶりにお会いして、立派になられたなぁと(失礼ですが)思ったのですが、
優しさや親しみやすさは今まで通りで、会えてとても嬉しかったです。

で、懇談のあと、もう1人の司会者と学長室に行ってお礼を述べ、
続いて、午後の企画の教室に移動しました。
午後からは入学センター学生スタッフによる「学生フォーラム」に参加して
司会やスピーチをすることになっていたんですね。
ということで、参加者をじゃんじゃん集めたいのですが、
実のところ、なかなかそれがやりにくく。

変換 ~ DSC01061

真向かいの教室では、キャンパスガイドの午後の企画が開かれるんですよ。
昨日は「キャンパスガイドのメンバー」として左側の教室に呼びこんでいた僕が、
今日は、「入学センター学生スタッフ」として右側の教室の味方をしているわけです。
黄色の点字ブロックを境に、し烈な客争いが繰り広げられていました。

ガイド
「キャンパスガイドはこちらです!学生が、キャンパスの自然や施設についてお話します!」

「いや、学生はこっちも学生なんですけど、(笑)
こっちの部屋では受験勉強や大学生活についてのスピーチをします!」

で、客争いの結果は、学生スタッフの勝ちでした。
昨日はキャンパスガイドの勝ちだったので、どうやら、僕が付く方が勝つみたいです。(笑)

スピーチは、僕が最も得意とするネタ、
「高校3年間を振り返り、その中から6つのアドバイスをする、10分用のスライド」
でやりました。
この企画は各学部の説明会の裏企画であるため、
必然的にまだ学部を決めていない1~2年生の参加が多くなり、
いつもの説明会とは違った質疑応答(個別相談)を楽しむことができました。

ということで、2日間のオープンキャンパスが終わりました。
ガイドに関しては、のべ約320名の参加者を迎えることができましたが、
去年の約100名に比べて、大幅な増加です。
大成功だったと思っていますが、
入学センターの活動に関わりすぎるあまり、昨日の午後にしかガイドに参加できなかったのは
少しばかり残念なことでもあります。

さて、ガイドのかき氷の先輩ですが、今日が留学前の最後の活動でした。
さらに、今日の活動後にはもう実家に帰られてしまうとのことで、
会うのも今日が最後になりました。
数日前にメンバーに呼びかけて寄せ書きを集め、
A4の用紙に張り付けてパネルに入れて渡しましたが、
必然的に、意図せずとも、メンバーからのメッセージを先に読んでしまった中で、
ほとんどの人が、あの先輩の明るさや楽しさに触れていたのが印象的でした。
僕はあの先輩の「周りを幸せにしてくれる雰囲気」が大好きでしたが、
それはみんな同じだったんですね。
そんな先輩がおられなくなり、すごくさびしくなります。
特に、今日のようにメンバーが集まって何かをする時には
経験の長さや学年の近さで、あの先輩が話し相手になることが多く、
そのおかげか、食堂のアルバイトを紹介してもらったり、
古い話だと「山口県民の会」をやったり、
バイオリンとキーボードのアンサンブルをやったり、
ガイドのあとにかき氷を食べに行ったり、(笑)
色々なことが思い出に残っています。

一足先にキャンパスガイドの部屋を出られる時、
「1年間なんてあっという間ですよ~~」と言って、
すごく晴ればれとした表情をされていました。
あの先輩なら、留学しても周りの人たちを幸せにし、
そして周りの人たちに好かれる存在でいられるだろうと思います。

そういえば、今日のガイドのアンケートを読んでいたら、
自由記述欄に「ガイドの人がかわいかった」という意見が2つありました。
昨日の中川翔子さんうんぬんを含め、ほとんどが女子からの意見なのですが、
女子の世界のことはよく知りませんけど、(笑)
女子から「かわいい」と言われるというのは、
あの先輩が本当にいい人だからこそなんじゃないでしょうか。


「secret base~君がくれたもの~」の歌詞に
「10年後の8月 また出会えるの信じて」
とありますが、
1年後の8月、また会えることを楽しみにしようと思います。

で、いったん解散し、7時から打ち上げをやりました。
もうかき氷の先輩もおられず、
(もちろんどの人とも仲良くしていますが)話し相手が減るとさびしいです。
ただ、この打ち上げにはアイスココアの先輩が参加してくれていて、
プラスマイナスゼロで、(笑)すごく楽しかったです!!

ちなみに、初めに目をつけていた店が取れず、第2候補の店を予約しましたが、
行くのは初めてでした。
で、すごくおいしくて、量がたくさんあって、気に入りました。

それと、午後の企画が終わってキャンパスガイドの部屋に戻る途中、
うちの高校の生徒3人組を目撃しました!
顔は知りませんが、制服とカバンで分かりました。
なので、これは黙っていられない!!と思い

「こんにちは! ○○高校やろ?」
「……あ、はい!」
「○○高校の卒業生です。」
「ひょっとして、総合科学科ですか?」
「え、そうやけど?」
「去年講演に来られましたよね!!」
「あぁ、聴いてくれちょったん!?」

去年の9月、入学センターの事業の一環で母校を訪問して希望者を対象に講演をしましたが、
それを聴いてくれていたみたいです。
何とまぁビックリしました。

とりあえず、オープンキャンパスも無事に終わりました。
3月から準備をしてきて、特にここ1ヶ月くらいはかなり忙しくしていたので、
それが終わってしまうと、明日からの生き方に悩みます。(笑)

司会2連発

今日からオープンキャンパスです!!
大活躍の2日間(?)の幕開けです。

朝は7時に起きました。
旅行に行くわけでもないのに7時から起きるなんて、最近はなかったことです。(笑)
で、専用の衣装に身を包み、大学に行ってまずは食堂で朝食を食べ、
キャンパスガイドの部屋へ。
午前中の活動には参加しませんが、リーダーとして直前の指揮をとります。(笑)

で、メンバーが出かけたところで僕も一緒に出て、再び食堂へ。
午前中の司会の直前のネタ合わせ(?)です。

変換 ~ DSC01036

午前中に司会をするのは「学長との懇談」
1時間の日程のうち、最初に、2人の司会者が5分程度のやりとりをします。
別に暗記するわけではないですが……。

そして、ネタ合わせができたら、入学センターに行って先生との直前打ち合わせをし、
会場へ移動しました。
配布物の草取りをし、時間が近づいたら参加者が続々と入ってきました。

変換 ~ DSC01045

会の冒頭、僕たちがやり取りをしているところです。
緑色のポロシャツは、入学センター学生スタッフと生協学生部限定のユニフォームです。

やり取りはうまくいって、講演もなかなか興味深くて、
一番心配だった質疑応答もちゃんと最後まで続いたので、よかったと思います。

これが終わり、入学センターの先生と反省会をしたら、すぐにキャンパスガイドの部屋へ。
午後からはキャンパスガイドが講義室でバーチャルガイドをしますが、
今度はその司会なのです。(笑)
結局、何も口に入れないまま午後の出番を迎えてしまいました。

このバーチャルガイドは、司会2名、「クイズ選択肢紹介」3名で進行します。
話の中で3択クイズが20問出題され、
3人のプレゼンターが、自分の選択肢へと誘導(説得)するわけです。
昔NHKであった「クイズ・日本人の質問」をもとにしました。
(もしくは、「行列のできる法律相談所」でもいいと思います)

で、2名の司会者は「スライドについて説明する人」・「クイズを出す人」に分かれており、
僕は説明する人の方でした。クイズを出すのはかき氷の先輩です。

昨日も書いたように、この取り組みは今回が初となります。
一応、10~15分程度のものを1人でやったことなら2回あるのですが、
90分も時間があり、大勢でやるので、どうやれば楽しんでもらえるかけっこう考えました。
その結果「クイズ・日本人の質問」方式を考え出したわけですが、
我ながらなかなかのやり方だったなぁと思っています。(笑)

中でも頼りになったのが、かき氷の先輩の存在。
すごく明るくて盛り上げるのが上手な人なので、
下手なやり方だと真面目に聞いてくれないかもしれない高校生たちが、
すごく楽しそうに、盛り上がって参加してくれました。
僕としては、あっという間の90分だったと思います。
間に休憩を挟もうかとも思っていたのですが、フルに通して正解でした。

で、後片付けをした後に、食堂にバイトに行ってきました。
そしたらなんと、新しい人が2人も入っていました!!
正確には、夏休みで休業中の他の食堂から回ってきた2人なのですが、
作業の方法が全く違うみたいで、
こないだまで「一番の新人」だった僕が、
事実上、「3番目の新人」になったことになります!!

やったぞ!!(笑)

準備とリハーサル

今日は8月6日。
広島の64回目の原爆の日でした。

変換 ~ SBSH0047

僕が8時15分に見ていた景色です。

で、今日は9時からキャンパスガイドのメンバーで集まって
明日のオープンキャンパスの準備をしました。
今年度は、キャンパスガイドの活動が念願の公式プログラム入りを果たし、
しかも、活動の一部は、入学センターの企画に内包する形になっています。
かなりの影響力を、参加者たちに与えるわけです。(笑)
それもこれも、今年度のリーダーである僕が
入学センターと強いつながりを持っているから
に他ならないわけですが、
去年のリーダーは、大学祭の実行委員会と強いつながりを持っていたために
オープンキャンパスより大学祭の方が大規模な活動をしました。
リーダーの特徴によって、ガイドの活動のカラーが変わりますね。(笑)

9時から12時までは、準備(配布物など)と、「リハーサルのリハーサル」。
そして、12時から1時まで昼休みにしました。

で、メンバーたちはつるんで食堂に行っていたのですが、
僕にはこの時間にお客様がお見えになっていました。
あるところで知り合った、うちの学部志望の高校3年生です!!
(詳しくは言えませんが、そういう関係のバイトも、1年くらい続けているので)
過去にこのルートで知り合ってメールなどでやりとりをした高校生が何人かいますが、
今日来てくれたのもその1人で、
オープンキャンパスに来れないので、今日大学を見学に来るとのことだったので、
短い時間ではありますが、大学の案内をしてあげることにしました。

家族で車で数時間かけて来られたらしく、
途中のパーキングエリアでわざわざお土産まで買ってきてくださいました!!
ということで、こっちも張り切って、(笑)大学をやや大周りに1周し、
学部の講義棟や講義室にも入りました。
そして、食堂でご飯を食べて、入学センターに行って資料をもらって解散しました。
ご両親もすごく気さくな方で、すごく楽しく案内できました。
ぜひ後輩になってほしいです。

あと、案内をしている途中、学長に会いました!!
その場で少しやりとりがありましたが、
終わってから「今の人が学長よ」と教えてあげたらビックリしていました。
何でこの学生は学長と当然のように話をしているのだろうかという意味のビックリ
あったと思います。(笑)

終わったら急いで準備に戻り、午後からはリハーサルをしました。
実際にキャンパスを歩いてガイドするのが普段のやり方ですが、
今年度は講義室でのガイドもあるのです。(暑いし……。)(笑)

変換 ~ SBSH0049

リハーサルの様子です。
初めての取り組みとあって、終始白熱した議論が飛び交う中でのリハーサルでした。

ちなみに、この講義室は割と大きめの300名収容の講義室です。
そのステージに立って、ハンズフリーのマイクを首から下げて
スクリーンの説明をしながらしゃべるというのは、なかなか快感でした。
そして、キャンパスガイドは大学院生の人もいるグループなのに、
その中で最年少の2年生がリーダーとして仕切るというのは、
よくよく考えれば何とも不思議なことだなぁと思いました。(笑)

それが終わったら再びキャンパスガイドの部屋に戻り、準備の続きをしました。
で、昨日撮ってきたバス停の写真にちょっと不足があって、
かき氷の先輩と撮り直しに行ってきました。
先輩は自転車をこぐのがけっこう速くて、着いていくのに苦労したのですが、

僕「○○さん、自転車こぐのえらい速いですね!」
先輩「えっ、そうですか!?私、○○くんが速いから合わせたんだけど!!
   男の人とこぐと、こういうところが難しい……。」

先輩、男の人と自転車をこぐことがそんなにあるんですか!!

それはともかく、(笑)
お互い、相手に合わせているつもりでスピードがぐんぐん上がっていっていたんですね。
まぁ、あると思います。(笑)

バスが来るのを待ちながら、
「口内炎」がドイツ語の動詞みたいだという話題で盛り上がりました。(笑)
分かる人には分かるんです!!
しかも、ちょうどいいことに(?)先輩は今口内炎をわずらっているらしく、
「ジー コーナイエン!」と言ったら大笑いされ、
「イッヒ ハーベ ゲコーナイエット!!」と、ノリよく返してもらえました。

(これ、ドイツ語を知らない人には何のことやらわからないと思いますが、
仮に「コーナイエン」が「口内炎をわずらう」という意味の動詞だとするなら、
「ジー コーナイエン!」は「あなたは口内炎をわずらっている」、
「イッヒ ハーベ ゲコーナイエット!!」は「私は口内炎をわずらっていた」
という意味になります)

で、写真を撮った後、あまりにのどが渇いたので、

僕「本当はこんなことやっちゃいけんかもしれませんけど、
  食堂によってお茶飲んで帰りませんか?」

と誘い、(悪いリーダーだ!)(笑)冷たいお茶をグビッと飲みました。
(作業に残ったメンバーから、ラミネートフィルムが不足したので
買いに行ってくると連絡があり、どっちみち作業も中断していたはずなので)
バイトをしている食堂に行ったのですが、おばちゃんに見つかってビックリされました。

という感じで17時30分ごろまで作業をし、今日は解散にしました。
今日1日で十分働いたのですが、大事なのは明日・あさってです。(笑)

で、帰ってからは、イベントの司会をする他学部の2年生とメールのやりとりがありましたが、
もう完全にタメ語で話せるようになりました。(笑)
KRYの高橋さん・脇田さんのような、名司会者を目指します!!

いや~~、明日が色々と楽しみです!!

ノートパソコンとともに

今日から夏休み!!
ドイツ語でいえば、ゾンマーフェーリエンです。

朝は8時に起きて、わけあって大学周辺のバス停のうち3ヶ所の写真を撮って、
(変な所にこだわって、バスが停車している状態のものを撮ろうとしたので、
必要以上に時間をかけてしまいました……。)(笑)
食堂でご飯を食べて、計算機室でC言語の課題を提出しました。
これで一応、提出物を含めて、前期の授業が完全に終わりました!!
何度か危ないこともあったものの、
今学期も(学会参加の公欠をのぞき)無遅刻無欠席でした。
授業に関してはそれだけが取り柄で、肝心の理解力は劣っていますが……。(笑)

で、それから、オープンキャンパスで一緒に司会をする他学部の2年生と
キャンパス内のカフェで打ち合わせをしました。
誰の邪魔にもならず話ができて、誰の邪魔も入らない場所となると、
必然的にカフェになります。

前に「同学年なのにお互い敬語で話している、これはよくない」と書きましたが、
打ち合わせの場所を決めるメールのやりとりで、
  あと…せっかく同学年だし、もしかまわなかったら、敬語で話すのやめませんか…?
と提案(?)してみました。
(この時点ではカッチカチの敬語ですね)(笑)
そうすると
  はい、敬語はなるべく使わないように‥しよう!笑
  じゃあ、おやすみー
だとのことで、今日も日常会話調でしゃべれたので、
成功により一歩近づいたかなと思います。(笑)

あと、キャンパス内にカフェはいくつかありますが、今日行ったのは、
こないだかき氷の先輩とかき氷を食べに行った(何じゃそりゃ)(笑)ところです。
で、何でも、かき氷の相方(!?)(笑)は財布を忘れてきたとかで、
出すからいいよと言ったのですが、結局「立て替える」ということになりました。
かき氷に誘ったのは僕の方だし、別によかったのに……。
(ただ、仮に立場が逆だったら、
いくらなんでもおごってもらうのは申し訳ないと思うと思いますが)

ちなみに、カフェの開店後すぐに行ったので、
途中から、思い出したようにクラシックのBGMがかかりました。(笑)

打ち合わせを済ませたら、食堂でうどんを食べて、「飛翔」の編集室へ。
午後からは編集室に缶詰で、メンバーたちとこないだの同窓会の記事を書きます!!
ただ、開始早々入学センターに抜けないといけなくて、すごく申し訳なかったのですが、
とりあえず締め切りにはちゃんと提出できるめどが立ちました。
前にも書いたことですが、取材に一緒に行った後輩2名はすごく仕事のできる人で、
後輩に恵まれた僕は本当に幸せだなぁと、高校時代と同じことを考えました。(笑)

あと、こないだ、記事を書く上ですごく助かる事実が発覚し、
それを大喜びで後輩に報告したら2人も同じように大喜びして、
ノリで(?)ハイタッチをしたりしてワーワーと喜んでいたら、
別の編集委員が編集室に入ってきて、あっけにとられていました。(笑)

ちなみに、今日は午前中の打ち合わせや午後の記事作成のために
ノートパソコンを大学に持って行きました。
ということで、暑い中カバンを2つも持ち歩き、大変疲れました。(笑)

で、1日の締めくくりはバイトです。
授業期間と比べてガラガラに空いていてビックリしました。
一応去年の夏休みにも食堂の様子は見ているわけですが、
今年は、食堂の様子を客観的に見ることができるんです。
洗い場にいても、全然食器が下がってこなくて、ヒマでヒマで、
ゴミの処理に使う新聞にチラッと目を通しました。(笑)

そしたら、1面の本の広告に「アルツハイマーからおかえりなさい」というのが出ていました。

絶望的な思いにとらわれながらも夫を支える妻。ところがある日…。アルツハイマーと診断されながら劇的な回復を見せた80代の男性を、妻である著者が綴る。夫婦の絆、老いと病の受け止め方が胸に迫る、感動の手記。

だそうです。
祖父がアルツハイマーだった身として、そんなことがあるん!?とビックリしました。
叶うなら祖父にも「おかえりなさい」してほしかったですが、
僕が見る限り、祖父はいつもすごく楽しそうでした。
会いに行けば同じ話を何度も繰り返し聞かせてくれて、
それでも、祖父の話を聞くのは好きだったし、すごく生き生きと聞かせてくれるので
僕の方もすごく楽しくなりました。
デイサービスに行くこともとても楽しみだったようです。
(迎えに来ないうちから1人で家を出て騒ぎになったこともありましたが)
送迎の車は、萩市内を見下ろせる道路をいつも通っていて、
出棺のあとに祖父の遺影を持ってその道を走った時には、
もう、むなしくて仕方ありませんでした。

ということで、祖父は祖父なりに、きっと充実した毎日を送っていたんじゃないかなと思います。
(そう思いたい、というほうが正確かもしれませんが)
ともかく、早く萩に帰って祖父のお墓参りをせんといけんなぁ。

……ということを、バイトの時に考えていました。(笑)

ピンチな感じ

今日は久しぶりに試験がありました。

8.微分方程式(10:30~12:00)

A4用紙1枚が持ち込みOKで、
中間試験を受けた時に、どんなことを書いて持ち込めば効率がいいかはわかったので、
今回は必要と思ったところのみノートから写して持ち込みました。
(中間試験の時は、がんばってノートの内容をすべて写した!!)(笑)

で、中間試験よりはよくできたと思うのですが、
単位が絶対に取れていると言い切る自信はありません……。

昼休みには「飛翔」の編集室で後輩と話をしたのですが、

僕「試験、調子どう?」
後輩「○○がピンチな感じです……。」
僕「ピンチな感じ!!そっか!!」
後輩「先輩はどうですか?」

ここでフッと我に帰りました。
そういえば僕も他人の試験の結果どころじゃないなぁと……。(笑)

僕「今『微分方程式』の試験を受けたんじゃけど、それこそピンチな感じかもしれん。(笑)」

そして、5コマ目が

9.データ解析序説(16:20~17:50)

これもA4用紙1枚が持ち込み可で、公式や答案の流れ、もろもろの定義を書いてみましたが、
思いもしなかった内容の大問(30点!!)が1つあって、そこはほぼ0点だと思います。
あとの70点は、ちゃんと答案は書きましたが、あまり自信はなく……。
試験の点数を75%に縮めて、出席点25点が加算されるので、
まぁ単位は大丈夫だと思うのですが……。

一応これで2年生前期もすべて終わり、明日から夏休みです。
ただ、なんとなくスッキリとしない終わり方でした。
まぁ、単位を落としたら、また来年取ればいいだけのことです!!

成績の発表まで1ヶ月も待たされるのは、精神衛生上よくないなぁ……。(笑)

花火と祖父の思い出

5月ごろからずっとそうですが、今、極端に忙しいです。
手帳(文庫本サイズで、1ページに2日分のスケジュールが書ける、日記帳っぽいタイプ)に
予定をどんどん書き込んでいますが、それがあふれんばかりなので、
ついさっき、A4サイズで1日が時系列的に整理できる予定表を作りました。
今週いっぱいは、その予定表を常に身につけておかないとやり残しが出そうです。

今日は、午後から「飛翔」の後輩2名と会いましたが、
早速(?)「たまちゃん」に声をかけてみました。

---
あの~~、すごい失礼なことかもしれんけど、怒らんでほしいんやけど、
昨日、「ちびまる子ちゃん」を見たんよぉ。
で、前々から○○さんって誰かに似ちょるなって思うとったんやけど、
まるちゃんの親友の、たまちゃんに似ちょらん!?
見た目の雰囲気とか、ハキハキしたしゃべり方とか。
---

そしたら、そんなことを言われたのは初めてだとのことでした。
まぁきっと、そんなしょうもないことを言うのは僕くらいなもんだろうと思っていましたが。(笑)

それから、オープンキャンパスで(入学センター関係で)一緒にイベントの司会進行をする
他学部の2年生と打ち合わせをしたのですが、
未だに(会うのは2回目)、話し方がお互い敬語なんですよ。
別に悪いことではないと思いますが、一緒に何らかのイベントを成功に導こうとする2人が、
同学年なのに敬語でしゃべっているというのは、大きな障害ではないかと思っています。
これはどうにかしなくては!

という具合に、忙しさに支配されてたんたんと毎日が過ぎて行きますが、
もう8月に入っていますね。
おとといは、萩の花火大会でした。
幼稚園のころ(当時は大阪在住)、8月1日には萩の祖父母の家に帰省していて、
1日の夜には吉田松陰先生の誕生地(高台にある)から花火を見たものでした。
夏休みが近くなって祖父からもらう手紙には、決まって
「ようちえんがなつやすみになったら、はぎにあそびにいらっしゃい」
「おじいちゃんが、しんかんせんのおごおりえきまでおむかえにいきますから」
「ペロ(飼い猫の名前)もまっていますよ」
のようなことが書いてあって、すごくたのしみだったことを覚えています。

変換 ~ DSC00841

小郡駅は新山口駅に名前を変え、祖父も2年前に亡くなりましたが、
今でも、新山口駅に降り立つと、柵(写真左)の向こう側に祖父が立っているような気がします。

山口放送の大河原あゆみさんが、萩の花火大会を見に行かれたそうです。
ブログより
それを読んで、すごく嬉しくなるとともに、幼稚園のころのことを懐かしく思い出しました。
祖父が生きていたら、今の僕にどんな言葉をかけてくれるのかなぁと思います。
常に周りの人を思いやる気持ちを忘れない人だったので、きっと
「無理をするな」「体が一番大事だから」と、まっさきに言ってくれたんかな……?
そんなこと、今はもう確かめるすべもありませんが、
とりあえず試験は明日で終わるので、もう少し頑張ってみようと思います。
その後やってくる忙しさは、楽しさを伴っているので、別に平気です。

たまちゃん

今日、久しぶりに「ちびまる子ちゃん」を見たのですが、
その中で、頭の中にピーン!と電球がともりました。
というのが、昨日一緒に取材に行った1年生で、
7桁の学籍番号が僕と1ケタ違いの、またの名を「電光掲示」という、あの人ですが、(笑)
前から、誰かに似ているなぁ~~と思っていたんです。
で、ひらめきました!!

まるちゃんの親友といえば、そう、たまちゃんですね。
で、あの1年生は、たまちゃんに似ています!!
どこがかというと、見た目の雰囲気と、ハキハキしたしゃべりがです。
謎が解けてよかった……。(笑)

あと、書き忘れていたのですが、
昨日取材に行った3名は、服の色が、赤・黄・青の信号カラーでした。(笑)
もちろん、真っ赤・真っ黄・真っ青ではないですが、
僕がピンク、1年生が薄黄色と水色でした。
なので、立つ時・歩く時、常にその順になるようにしていました。(笑)

同窓会

 君は来るだろうか 明日のクラス会に
 半分に折り曲げた 「案内」をもう一度見る

サスケの「青いベンチ」の一節です。
中3のころこの曲がすごく流行って、合唱コンクールで隣のクラスが歌っていました。

で、今日は、「同窓会」に行ってきました!!
小学校のでも中学校のでも高校のでもなく、大学のです。(笑)
総合科学部は今年で35周年目を迎えますが、それを記念した同窓会大会が
広島市内で行われました。
在学中の学生も大歓迎とのことで、学生の参加費も安く設定されていましたが、
実を言うと、僕は「招待客」としてタダで参加させていただけました。

というのが!!
同窓会のお世話をされている先生から
ぜひ同窓会大会の様子を「飛翔」で紹介してほしいと希望があったんですね。
で、僕と、1年生2人とで取材に行ってきました。

1年生の1人と、「グリーンフェニックス」で大学を出発。
起きる時間は問題なかったと思うのですが、思いのほかバタバタしたのと、
雨が降っていて歩いて行かざるを得なかったのとで、
遅刻するのではないかとかなりヒヤヒヤしました。

広島バスセンターで1年生のもう1人と合流し、
まずは、紙屋町東の電停から路面電車に乗りました。

変換 ~ DSC00922

グリーンムーバーmaxでした!!

路面電車を、日赤病院前で下車。

同窓会に来たのにどうしてまた日赤病院前かということですが、
この電停、数年前までは「広島大学前」という名前でした。
広島大学の東千田(ひがしせんだ)キャンパスの前にある電停なのです。
このキャンパスには、法学部と経済学部の夜間コースがあります。
(キャンパスがまだあるのに電停の名前が変わったということは、
最近は広島市民にとっては
広大東千田キャンパスより日赤病院の方が印象が強いんでしょうかね)

また、この場所は、大学が東広島市に統合移転する前は
広大の最も主要なキャンパスでした。
当然、総合科学部もここにあったわけで、同窓会の様子だけでなく
かつてのキャンパス跡地の様子も見ておこうという徹底した取材です。(笑)

変換 ~ DSC00940

電停から撮った、かつてのキャンパス跡地の様子です。
(かつては正門の真ん前に電停があり、数分で紙屋町まで行けたんです!!
これはすごい)

で、ここで、僕のガイドが始まります。(笑)
---
ここが東千田キャンパスで、東広島に統合移転する前は総科もここにあったんよ。
ちょうど、入って左側になるんかねぇ。
で、この門とかフェニックスの木とか奥の「旧理学部1号館」とかはそのころからずっとあって、
この道路も、昔からそのまんま。
名前が「森戸道路」っちゅうんやけど、森戸は初代学長の名字なんよ。
この人、もともと広島の人で、文部大臣をしよっちゃったんやけど、
広島に新制の国立大学ができるっちゅうことで、それを辞めて、学長になっちゃったんて。
---
(「~~しちゃった」というのは、共通語の「~~してしまった」の意味ではなく、
「~~されていた」という方言です。関西で言うところの「~~しはった」
僕は一応キャンパスガイドの学生ですが、あくまで専門は東広島キャンパスです。(笑)
これは、「広島大学の歴史」の授業で習って覚えた知識です。

変換 ~ DSC00927

マンションのあるあたりが、かつての総合科学部でした。

変換 ~ DSC00929

この建物は昔のままです。

変換 ~ DSC00942

現在キャンパスとして使われている建物はこんな感じです。

という感じでササッと東千田キャンパスを取材したら、電車で紙屋町東に戻り、
6月にマツダスタジアムの取材に来た時に行った食堂でお昼を食べました。
安いし、おいしいし、何かもう、広島市内に来た時の行きつけになりそうです。(笑)

そしてそのあと、まとまった時間があったので、「広島市こども文化科学館」へ。
ここは小学校の修学旅行以来何度か来ていますが、
今ちょうど広大の博物館がここで企画展をやっているので、見学に行きました。
(これは取材とは関係なく、僕のわがままです)(笑)

企画展以外にも、常設展として色々な体験器具などがあって、
大学生になって行ってもとても楽しめます。

変換 ~ DSC00947

Nゲージの模型も走っています。(笑)

そして、同窓会の会場である、近くのホテルに入りました!!
今日の取材に当たっては、「公的な場なので、フォーマルな服で行くこと」としており、
僕は上がピンクのラインの半そでシャツ、下がベージュのズボンだったのですが、
ホテルに入った時点では、暑いのでシャツは出して第2ボタンまで外して、
かなりなめきった服装でいました。
で、3人ともまだ心の準備のできていない状態で会場の階に上がったら
エレベーターを出て割とすぐのところに受付があって、スーツの人たちがたくさんいて、
3人ともドキッとして、すぐにエレベーター内に引き返し、
1階に戻って心の準備を整えました。(笑)
(何をやっているのやら……。)

ともかく、第2ボタンをとめて、シャツを入れて、再び受付に出直しました。
で、受付を済ませて会場に入りましたが、
現役の学生の参加者は僕たち3名だけで、けっこう目立っていたみたいで、
こちらから声をかけるまでもなく、自分から進んで話しかけてくださる人がけっこういて、
取材がはかどりました。
また、来賓として学長・学部長・同窓会長も参加され、その挨拶を録音するとともに
「学生に一言!!」とぶらさがり取材を行いました。(笑)
ついに「飛翔」の編集委員が学長と接触する日がやってきました!!

あと、会場には飲み物や食べ物がずらりと並んでいたのですが、
招待していただいた僕たちが食べてもよいものか……?と3人でオドオドしていました。
ただ、よくよく考えれば、受付の人たち以外は僕たちが招待者だとは知らないわけで、
飲み食いをせずにいたらかえっておかしいので、それなりにいただきました。
並んでいた飲み物のほとんどがビールで、
大人になるとお酒を飲めないと付き合いがつらいなぁと感じました。
普段から父に言われているとおりです。(笑)
一応僕たちは「取材」で来ているし、ましてやあとの2人は1年生なので、
とっさに、ウーロン茶を出してもらうという対応をお願いしました。

そんな具合に歓談の時間が長く取られ、学長以下何名かの方にインタビューをし、
途中から映像の上映の時間になりました。
これが何種類かあったのですが、ひとつすごくおもしろいのがあって、
題名が「プロジェクトphoeniX」なんです。(笑)
(フェニックスは大学のシンボルです)

変換 ~ DSC00987


以前放送されていた某番組のパロディであることは言わずもがなですが、
あの番組のオープニング・エンディングのシーンをまねて、
例の2曲に載せて、学部の歴史が振り返られていました。
かなりよくできているし、僕たち3名は大ウケでした。
「プロジェクト・フェニーックス!!」(と映像で本当に音が流れていた)

で、最後に抽選会がありました。
これが、参加者人数に対してかなり多くの景品が用意されていて、
3名が3名とも、何がしかの景品を手に入れました。
僕がもらったのは広大のオリジナル定規なのですが……、すでに持っていました!!(笑)

という感じで、とても充実した2時間を過ごしました。
この間、たくさんの人と話ができ、名刺の交換もたくさんして、
僕たちの取材の様子を写真に撮ってくださっていた方から先ほど早速メールが来るなど、
編集委員をやってきて一番思い出に残った1日だったように思います。
「飛翔の編集委員です」と言ったらどの人も優しく答えてくださって、
中には「私が編集長でした」という方もおられ……。
(私が今の編集長でございます)(笑)

取材が終わったら、地下街(「おしゃれ」をもじって、シャレオといいます)に降り、
スターバックスに入りました。
記事の内容や担当者を話し合うためです。
そして、ここで、朝から予定していた行動に出ました。

「おごっちゃげるから、何か好きなもん頼み?」
「えっ、いいんですか!?」
僕「ええよええよ。1年生の特権じゃから!!」

どこかで聞いたセリフですね。(笑)

キャンパスガイドの大大大大大尊敬する先輩に
「いいよ、おごるから。1年生の特権だよ!!」と言って
アイスココアをおごっていただいて8ヶ月。
僕も、いつかこうして後輩におごってあげられる先輩になりたかったんです。
ただ、前に書いたように、誰彼かまわずおごって人気を得ようとか、そんなつもりはありません。
「この人なら」と思える後輩にしか、おごるつもりはありません。
しかも、僕が「この人なら」と思うレベルは、はっきり言ってかなり高い(つもり)です。

ただ、今日の2人は、心から「この人なら」と思える、とてもいい後輩たちです。
そんな後輩たちに出会え、「1年生の特権」と言っておごってあげられて、
何かすごく嬉しく思いました。
それと同時に、あの先輩に、少しだけ恩返しができたような気がしました。


記事の打ち合わせは1時間以上に及びました。
この記事を含む全ての記事の最終締め切りを試験明け数日後に設定しています。
試験が終わってから、超短期決戦で仕上げるつもりです。
協力して、今日の思いをギッシリ詰めた4ページを完成させたいと思います。

あ~~楽しかった!!
プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。