スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでも特集 6 夏休みを振り返る

2ヶ月に渡った夏休みも、今日でついに終わりです。ということで、この夏休みを振り返ってみることにしましょう。なお、この「なんでも特集 6」を、年末に公開予定の「なんでも特集 7 6日完成2008年 8・9月」にかえます。なお、「6日完成2008年」ではすべての日を取り上げることはしませんが、「夏休みを振り返る」ではすべての日を取り上げたいと思います。

8月

●1日
キャンパスガイドのメインガイドを担当するも、お客さんが誰も来られなかった。
僕がメインガイドを務めるのは4度目ですが、今まで1度として、実際にメインガイドをやっていません。僕がメインガイドをやると誰も来られないということが、ガイド内で伝説になりつつあります(笑)

●2日

変換 ~ DSC00019

広島駅から0系こだまに乗る。
こだま629号・博多行き(0系)です。これを撮影して引き上げ……ではなく、今日は、乗ります!!

変換 ~ DSC00059

新山口駅で下車し、「SLやまぐちDX」号を撮影。
これがまた撮影する人が多く、駅員さんがたくさん配置され、民間の警備会社の方も動員されるくらいで、大変な騒ぎになっていました。

その後、新山口ターミナルホテルでの「広島大学説明会」に学生スタッフとして参加。
ハイ、今日は、広大の説明会のスタッフとしての最後の務めを、地元山口市ですることにしていたわけです。なので、せっかく山口市での説明会が今日あるのだから、新山口駅へは0系のこだまに乗って来て、新山口駅ではSLやまぐちDX号を撮影しようと思うのは、自然な流れというものです。(笑)

講師として来られていたZ会の方が、僕の先輩(総合科学部のご出身)だったことがわかる。
で、その時に分かりましたが、何と、初対面の1人は我らが総合科学部のご出身で、しかも、プログラムは、僕が目指す数理情報科学プログラムだったそうです!!ビックリしました。

総合科学部のAO選抜を受けたいという女の子が個別相談にやってくる。
で、そのうちの1人は総合科学部のAOを受けるつもりだそうで、いろいろとアドバイスをしてあげることができたかなと思うわけですが、地元ということで高校名を聞いてみたら、うちの母校と先生の入れ替わりが多い某高校でした!なので、誰それ先生がどうこうという話も、ついでなのでしておきました。(今日は先生のうわさが多い……。)(笑)

岡山会場でも一緒だった先輩と帰る。
4人のスタッフですが、夕方ごろには何となく「岡山会場での縁のあった2人」「残った2人」が仲良く(?)するような雰囲気ができつつあり、ホテルを出てからは「4人で歩きつつ、会話は2人と2人とで別々に」という、変な空気がかもし出されていました。(笑)
それにしても、先輩と隣同士で並んで新幹線に乗るなんて、僕も大人になったものです。出張帰りの会社員みたいじゃないですか。お供が缶ビールじゃなく菓子パンなのがかわいいところですが。(笑)

●3日

変換 ~ DSC00086

1度行ってみたかった伯備線の布原駅に、青春18きっぷで行く。
で、布原駅に着いて、運転士さんも形式上前後のドアを開けられたはよいものの、まさか降りる人がいるとは思わなかったのでしょう、後ろ(客室)を振り返ることはされませんでした。なのでこちらから「降ります」と声を掛けて18きっぷを見てもらい、たった1人、下車しました。

●4日
キャンパスガイドの先輩たちが、東広島市内のお化け屋敷みたいな喫茶店「伴天連」に連れて行ってくださる。
駐車場から店に入るまでは、何ともユニークな庭が続いています。ただ、店が近づくと、どことなくお化け屋敷っぽくなってきて、おまけに、先輩の陰謀で僕が先輩を歩くことになったため、床がボヨッとなっていたりしたら、僕が一番に「うわっ!!」などと反応したわけです。(笑)

●5日

変換 ~ DSC00165

これまた前から行ってみたかったJR京都線山崎駅に、青春18きっぷで行く。
僕はかねてから一度この駅で撮影をしてみたく、今回関西に来るに当たってタムさんにお供のお誘いをしたのです。結局、関西に来ていた福鉄さん、初対面となるはしだてさんも加えて、4人で会うこととなったわけです。

変換 ~ DSC00139

憧れの写真を撮る。
写真でしか見たことがなかった写真を撮ることができて感激しました。(笑)1時間弱いましたが、1日仕事で来てもいいなと思いました。

丹後さんの家に寄せてもらう。
丹後さんの家に寄せてもらったのですが、大尉さんもいて、今日はずいぶん色々な人と会うな~~と思いました。(笑)大尉さんとは1年4ヶ月ぶりということになりますが、前に会ったときと印象が変わっていて、最初はよくわかりませんでした。(笑)

星さんに会う。
星さんとは大学入試に関する話をじっくりとしましたが、最近高校生への受験アドバイスが多いなぁと思いました。(笑)あと、話をした広場が、新幹線も在来線もボヤーッと眺められるところでけっこう気に入りました。

帰りに、姫路駅到着寸前まで寝ていて、半分寝たままの頭で電車を乗り換えたため、反対方面の電車に誤乗してしまう。
で、ドアが閉まってしばらく経って、ようやく間違いに気づきました。そのとたん「やった!(やってしまった!)」という思いに駆られ、思わず笑いが出ました。「お前は鉄道ファンじゃないんかっちゅーんじゃ!バカタレ!笑えんぞ!」という声が、どこかから聞こえたような気がしました。

●6日
63回目の広島の原爆の日。平和公園の式典に行こうかと思うも、前日の夜に必要以上に遅くまで活動をしてしまったこともあり(笑)やめる。今思えば、福田「首相」を生で見る最初で最後のチャンスだったなぁと……。
できれば、平和記念式典に足を運んでみようかとも思ったのですが、興味本位で足を運ぶより、家で真剣にテレビを見るほうが立派だと思い、NHKの中継を見ました。

●7日
オープンキャンパス1日目。キャンパスガイドとしてバリバリはたらく。朝のガイドでは約20人のサブガイドを務める。
この回のメインガイドは、多分ガイドの中で一番経験が豊富だろうと思われる先輩で、僕は、安心して同行していました。

夕方のガイドで、人生初のメインガイドを務める!!その時のサブガイドは、僕が高校時代に参加した時もサブガイドをされていた先輩だった。
あの時僕をリードしてくれていた先輩なのに、この回では僕の方が上に立つということで、なんとも変な気がしました。(笑)

高校時代に仲の良かった後輩がオープンキャンパスに来ていた。
僕のアドレスはもちろん知っているのに、あえて黙って来てワッと声をかけるという、そのやり方、彼らしいな~~と思いました。

総合科学部のAO選抜を受けるという女の子が、山口県からやってきた。
ということは、僕の後輩候補(AO選抜で総合科学部を受験)が、今のところ全国に4人います。岡山の男の子と女の子が1名ずつと、山口の女の子が2名。こりゃ、楽しみですね!!(笑)

夜は大学の近くのすき屋で先輩におごっていただく。
大学近くの「ナントカ家」とかいうチェーン店で、2時間近くだべりました。
4年・2年・1年という組み合わせではありましたが、大いに盛り上がりました。あ、食事代は、4年生の先輩におごっていただきました。大学生になってから、先輩や先生と食事に行ったことが何度かありますが、1度として、全額を僕が負担したことはありません。みなさんありがとうございます。(笑)


●8日
オープンキャンパス2日目。昼のガイドは、山口県の中学生の団体のメインガイドを務める。
13時になったら、サブガイドの2年生の先輩と声をかけに行きました。ただ、その時の態度が僕にはあまり気に入らず、こいつらめ!と内心思ったのですが、(笑)先生が来られて「立て!」「何か言うことはないんか!」と言われると、ビシッと立って「お願いします!」などというあたり、かわいいなと思いました。(笑)

夜は先輩や先生と打ち上げ!!
それから2時間30分ほど、7人でかなりいろいろな話をしていたのですが、東京大阪間を新幹線でどんなに急いでもかかってしまうような長い時間なのに、ものすごく、あっという間に感じました。キャンパスガイドの先生や先輩のことは、本当に大好きです。高校時代、「僕は後輩に恵まれている!」と感じていましたが、今は、「先輩に恵まれている!」と、心から思います。

●9日
旅行の1日目。西条駅の自転車置き場で友達にバッタリ出会う。
お互い気づいたので「おおっ」という感じで手を振りましたが、何とまぁ、東広島とは狭いところです。(笑)僕としては、有料の自転車置き場を(酒都西条パークに限らず)利用するのが初めてだったもので、何となく方法に不安なところもあったため、絶妙なタイミングで来てくれて助かりました。で、キチンと駐輪し、「カードをなくさんようにね!」と注意を受け、その人と別れました。

まず、高校時代の友達や日ごろお世話になっている先輩が所属している、演劇団の公演を見に行く。
演劇を見せてもらって思ったこととしては、大学って本当に楽しいところだということです。やや見当はずれな感もしますが、僕はその前日・前々日にキャンパスガイドの仕事を楽しくこなしていた一方、目の前では、友達が生き生きと演劇をやっていたということです。すばらしいじゃないですか。それぞれ1人1人のやり方で、10人いれば10の楽しみ方ができる、それが大学だと思いました。

変換 ~ DSC00200

博多駅からムーンライト九州に乗る。
RAPID SERVICEのSHIN-OSAKA行きです。(笑)日本語の表示になっているときに撮ったつもりが、英語の表示が写ってしまいました。

●10日

変換 ~ DSC00212

大阪では「たぬき」といえばそばのことを指すと知らず、大阪駅のうどん屋で「たぬきうどん」と注文して恥をかく。
大阪環状線のホームにあるうどん屋で朝食を取ろうと思い、「天かすのうどんが食べたいな!」と思って……「たぬきうどん!」と注文したら、「たぬきはそばですよ?」と返されてしまいました。

米原・名古屋・中津川・篠ノ井で乗り換え、上田駅へ。ここからは上田電鉄に初めて乗る。
……で、どうして僕が上田電鉄に乗っているのかということですが、前々から行ってみたかった駅があったのです。

変換 ~ DSC00251

変換 ~ SBSH0002

川嶋あいさんのPV撮影に使われた、中塩田駅へ。
PVを見て、「この駅はどこだ!?」と思った高校生の僕が上田電鉄の中塩田駅であることを突き止めて以来、「これはいつか行かねば!」と思い続けていたわけです。(笑)大学生になって、晴れて訪問が叶いました。20分程度の滞在でしたが、MDウォークマンで「『さよなら』『ありがとう』~たった一つの場所~」を聴くという儀式(?)もでき、よかったです。

変換 ~ DSC00262

上田駅に戻り、長野新幹線へ。
座席の色がたくさんあって鮮やかでした。

松本のスーパーホテルに泊まる。
チェックイン時に学生証の提示を求められましたが、広島からやってきた僕に、フロントの人は「広島から来たんですか!こっちは涼しいでしょう?」と声をかけてくださいました。そのことが、長旅をしていた身には何か嬉しく、「そうですよね。涼しいところに行きたくて、こっちに来たんですよ」と返しておきました。

●11日

朝食のバイキングをモリモリ食べる。
このスーパーホテルでは「健康朝食」と銘打ったバイキングを提供しており、確かに、考えて食べれば体によさそうなメニューばかりです。そこを、何も考えずに食べたいものだけ食べるのが僕の悪いところでして、おいしそうなパンとか、そういうのを集中的に食べていました。(笑)あと、朝食の時間はロビーの紙コップ式の自動販売機がフリーになり、タダでカルピスを2杯飲みました。

変換 ~ DSC00279

姨捨駅から、「日本三大車窓」のひとつを堪能する。
標高が高く、すごくいい気分でした。

変換 ~ DSC00295

長野駅から、普通妙高号に乗る。
「普通」といいながら、車両は特急型です。座席は当然リクライニングしますし、テーブルも付いています。直江津駅までの1時間40分、相当楽に過ごせます。

変換 ~ DSC00313

直江津・糸魚川で乗り換えて、大糸線の南小谷駅へ。
「涼を求めて」が今回の旅の狙いでして、大糸線に乗るのもその一環です。

変換 ~ DSC00324

糸魚川・直江津・柿崎で乗り換えて、青海川駅へ。
これは、夏にぜひ訪れるべき駅のひとつだといえます!!

変換 ~ DSC00341

新潟駅で、上越新幹線を初めて見る。
それにしても、上越新幹線は初めて見ましたが、オール2階建てにはかなりインパクトがあります

時間のつぶし方に困り果て、カラオケに行く。(笑)
旅の恥はかき捨てということで、1時間だけ行ってみることにしました。俗に言う、「ひとカラ」です。

「ムーンライトえちご」に乗る。
今から、この列車で夜を明かします。新潟駅発が23時35分で、「ムーンライト九州」の20時28分と比べてかなり遅いので、乗ったらすぐ寝る態勢に入りました。

●12日

早朝の大宮駅・東京駅でそれぞれ2分での乗り換えをし、「ムーンライトながら」の折り返しである静岡行きに乗車することに成功する。
大宮駅・東京駅での乗り換えにはかなり神経を使いました。そのおかげで乗り換えに成功し、静岡駅までの約3時間30分という間、リクライニングシートに身を埋めて移動できるわけです。

変換 ~ DSC00366

浜名湖沿いの撮影ポイントで、東海道新幹線の撮影をする。
向こうからやってくる列車(下り)ならうまく撮れそうだなと思ったのですが……。肝心の500系は、上りなのです。なので、どのタイミングでシャッターを押せばよいのかわかりづらく……。500系の前に下りの700系の通過があったので、タイミングを探ってみました。で、デジカメの画面越しに、号車を「1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14……」と数えてみて、3の倍数と、3の付く数字の時だけアホになって、(笑)14号車が目の前を通過した段階でシャッターを押すとよいかも?ということに気が付きました。

その後はひたすら東海道山陽線を西へ。岡山駅での乗り換えの際、父にバッタリ出会う。
時間帯も時間帯だし、「会うかもなぁ~~」とはうすうす思っていたのですが、まさか本当に会うとは……。おまけに、運のいいことに、「今から何か食べるものを買おうと思っていた」という話をしたら、持っていたバームクーヘンとおつまみをくれました。今からバームクーヘンとおつまみで晩酌をするつもりだったんでしょうかね。(笑)

●13日

変換 ~ DSC00385

萩に帰る。
昨日までハードな「雲隠れ」をしていたかと思ったら、今日は実家に戻っている僕がいます。(笑)

●14日

変換 ~ DSC00389

萩バスセンターに、夜行バスの撮影に行く。
昨日の帰りの高速バスで、増車された「萩エクスプレス」とすれ違ったわけですが、昨日がそうなら今日も多分2号車まで出ているだろうなと思ったのです。

●15日

変換 ~ DSC00398

続けて、萩バスセンターに撮影に行く。2日続けて行けば、運用に就いているすべてのバスを撮ることができるわけです。
それにしても、1号車のセレガはつい1ヶ月ほど前に導入されたばかりですが、やっぱりあのデザインはすばらしいと思います。2号車のセレガRも、あれはあれで好きなのですが……。

●16日

変換 ~ DSC00401

父の実家に行く。白い紙に色々と書き物をする。
祖父母の家の居間には、僕が小学生の頃に書いた「松陰先生(吉田松陰)のことば」が貼ってあります。このたび、せっかくなので、そのコーナー(?)をリニューアルさせました。

●17日
帰りの船の列に並んでいたら、高校時代の同級生に会う。
乗り場に並んでみると、僕の前にいた女子2人が、「●●くん(僕)がどうのこうの」と、話をしているわけです。「イイ~~ッ!?」と思って見てみると、何と、高校の同級生でした!(笑)

●18日
高校に行き、担任だった先生たちと話をする。
高2・3の頃の担任の先生がやってこられて、「入れや!」と言われたので、入りました。で、近くの空席(他の先生の席)に誘導され、いろいろと話をしました。僕はてっきり廊下で立ち話かなぁと思っていたのですが、職員室に案内してもらえ、しかも空いた先生の椅子の乗っ取りの許可をいただけるとは、さすがあの先生の威力は偉大です。(笑)

●19日
レンタルの店で中古販売のシングルを眺めていたら、鬼束ちひろさんの「いい日旅立ち・西へ」が20円で売られていた。
あの曲(「いい日旅立ち」)は、山口百恵さん以来多くの歌手が歌っており、川嶋あいさんもその1人(「I WiSH」時代のアルバムに収録)ですが、僕は鬼束ちひろさんバージョンが一番のお気に入りです。なので、もちろん買って帰りました。

●20日
実家に眠っていた「スーパーファミコン」を10年ぶりくらいにやる。
「ゲームはしない、漫画は読まない、携帯は持たない」が、僕が高校時代に貫いてきた基本理念です。別に、それらを否定するわけではありません。ゲームにせよ、漫画にせよ、携帯にせよ、素晴らしいツールです。ただ、あえてそれらに触れずに高校時代を過ごすというのもいいなと思っていました。結局、携帯もAO選抜受験でやむを得ず持つまでは持たなかったし、漫画も、担任の先生に借りた「ドラゴン桜」以外は読みませんでした。ゲームにいたっては、全くしませんでした。そんな僕ですが、やっぱりスーパーマリオはおもしろいと思いました。(笑)

●21日
友達とカラオケに行く。すごく安い店。
それにしても、この店の価格は安すぎます!!2時間いて、わずかの140円。JRの入場券と同じじゃないですか。(笑)

●22日
キャンパスガイドの担当者を急きょ増やす必要が生じ、萩からの日帰りを決行する。
ただ、その時点で、やりますと新たに名乗り出たのが1人だけで(皆さんやはり帰省中みたいです)、「僕が行かないで誰が行く!!」と、持ち前の……責任感(?)と出たがり精神から勝手に思い込んでしまい、そうは言っても萩からガイドのために1年生の分際で西条まで行くというのもあまりにな……と、1時間ほどウズウズモヤモヤしていたのです。ただ、色々とあって行くことを決意し、昨日の21時59分、参加を申し出ました。

キャンパスガイドの部屋へは、かなり緊張して入る。
多分先輩たちは僕が萩に帰省していることをご存じのはずなので、「萩からわざわざ来た」と笑いものにされそうだなと思い、やや緊張して部屋に入りました。(笑)そうしたら、やはり真っ先に
先輩A「……●●くん、今日どこから来たん?」
僕「萩です!(笑)」
奥の方から、先生「ガハッ!」(笑い声)
先輩A「そう思って、ちゃんとメインガイドにしといたから。」
僕「やった!!」
先輩B「そうやって喜ぶところがいい!!」


約35名の団体のメインガイドを務める。
PTAの人たちとなると、期待してもないところで笑ってもらえたりとリアクションが大きく、一体感のようなものが感じられました。(笑)

先輩が東広島駅まで送ってくださる。
運のいいことに、16時15分ごろに先輩が帰りの足についての話題を振ってくれ、「東広島駅から新幹線に乗ります」「でも路線バスがないやろ?」「だから、タクシーに乗ります」というやり取りをしたがために、心優しい先輩が東広島駅まで車で送ってくださることになりました!!本当にまぁ、この先輩には日頃からあれやこれやとものすごくお世話になっています。

変換 ~ SBSH0015

東広島駅から厚狭駅までの切符を買う。
利用者数に目を向けると、東広島駅は山陽新幹線の駅でワースト3位、厚狭駅は堂々のワースト1位です。僕はかなり貴重なお客だったといえるでしょう。(笑)

●23日
またしても、カラオケに行く。
今日は、4時間もいましたよ!!記録を更新しました。計算上、1人1時間は歌わなくてはならないわけで、間髪を入れずに次々と歌ったため、1人12曲になりました。(笑)

●24日
久しぶりに萩駅に行く。
萩にいるころにはあまり強くは思わなかったのですが、この駅はすばらしいですね。

●25日
大学のあっせんしているバイトの求人票をネットで見て、不思議な文面を発見。
「留学生の方はパスピーと・害個人登録証明書・資格外活動許可書があれば可能です。」
「パスピー」といえば、広島地区のバス・電車に導入されているIC乗車券です。留学生がバイトをする上で、今や「パスピー」は必需品なのか!?30秒くらい考えてみて、あ、「パスポート」の間違いか、と気づきました。続きの「害個人登録証明書」は、「外国人登録証明書」の間違いでしょうね。


●26日
広大以外にも、学生によるキャンパス内の案内をしている大学があることを知る。
そうすると、大学全入時代を迎え、学生の確保に必死になっている現実の象徴か、もうひとつの「ひろだい」である弘前大学を初めとし、いくつかの大学が、「キャンパスガイド」に相当する活動をしていることがわかりました。ただ、はっきり言って、どの大学の活動も広大には及びません。

●27日
山口市に行き、閉店5日前の「ちまきや」をのぞく。また、久々にトミカを買う。
日野のセレガです。最近バスにはまってしまった僕は、ぜひともこれがほしかった!!(笑)

●28日
ブログの記事1000件目を達成する。
ブログを始めたのが2005年6月7日でしたから、3年3ヶ月かかったということになりますね。初めのころの記事などは、今読み返すと最高につまらなくて、恥ずかしいのですが。(笑)

●29日
しつこいようですが、友達とカラオケに行く。
誰の誕生日でもないのに「Happy Birthday!!」を歌ったり、最近知って気に入ったばかりの「カブトムシ」を歌ったり、何でもありです。(笑)ちなみに、「12個の季節~4度目の春~」を採点してみたところ、84点でした。

●30日
友達と「夏の思い出きっぷ」で九州を旅行する。

変換 ~ DSC00428

まずは白いソニック。
しょっぱなから、この切符で乗れるおそらく最高級の座席を利用してしまったわけで、何となく先が思いやられますが……。

変換 ~ DSC00433

続いて、にちりん。
やはり、885系から乗り換えると辛いものがありました。(笑)

変換 ~ DSC00442

次が、ゆふDX。車両自体は古いが、座席が意外と体にフィットする。
背中のグイッとえぐれたところがかなり背中にフィットして、僕の体には大当たりでした。(笑)

変換 ~ DSC00452

さらに、TORO-Q。
遊園地の観覧電車みたいな気分で乗っていました。(笑)

変換 ~ DSC00464

次に、ゆふいんの森へ。
車内には最近の列車には珍しくなった売店もあり、うろうろするのが楽しい列車です。

変換 ~ DSC00473

最後は、かもめ。この列車で、目的地である長崎に到着する。
駅員さんは「終着駅・長崎、終着駅・長崎です」とアナウンスされていたのですが、思わず前川清さんの「♪しゅう~ちゃ~くえき~、ながぁ~~さき~~」が頭に浮かびました。(笑)

変換 ~ DSC00481

ちゃんぽんを食べる。
これがなんとまぁおいしくて、予想通り「長崎大学に進学しておくんだった病」が再発しました。(笑)いつも書くようにAO選抜に不合格だったら確実に長崎にいましたから、仮にそうなれば逆に「広島大に行きたかった病」がやってきたと思いますが、とにかく今は長崎に住みたいです。

変換 ~ DSC00489

稲佐山からの夜景に感動する。
素晴らしすぎます。本当にまぁ、長崎大に行っておけば……。今の僕は広島大での生活に大満足し、他の大学での生活なんて考えられないところなのですが、長崎に来た時だけは、話は別です。(笑)

稲佐山に入ったのが遅かったので、帰りの路線バスの便を逃してしまう。
美しい夜景を見た後、バスを逃してやけになった男2人が、やむを得ずしてホテルまで30分弱くらい歩くことになったとき、道中どんな話をしたかは……ご想像に難くないかと……思いますが……、お互い、人生いろいろでした。(笑)

駅前の東横インで1泊。
話の続きはややあったのですが、(笑)それよりも2日目の予定の方が大事なので、日付の変わる頃にはキチンと寝ました。

●31日
旅行の2日目だが、旅行記の公開がまだのため、ここではふれないでおく。

9月

●1日
東広島に戻る。
今、東広島にいるのです。所用で数日間東広島にいますので、その間は、大学の図書館からの更新ということになります。

●2日
福田首相が辞任を表明される。
途中、福田首相辞任の字幕スーパーが流れ、急遽、NHKにチャンネルを変えました。同時に、「福田さんが首相になられたのって確か高3の時だったか?」と思い、高校の卒業文集を取り出して、3年間の社会の出来事のページを読み返してみました。(文集に3年間の社会出来事を入れることを提案し、そのページを作ったのは、一体どこの誰でしょう。立派な編集委員がいたものです)(笑)
会見を見ていて、最初から最後まで(いろいろな意味での)福田さんらしさが出ているなぁと思っていましたが、最後の「あなたとは違うんです」で、オオ、言ったっ!!と思いました。(笑)

●3日
大学祭の公式な担当者となっているキャンパスガイドの先輩から、協力を依頼される。
いまや、大学祭の改革主任(?)みたいなポスト(学校公認)におられます。(以下、4年生の2人を「改革主任」と表記することにする)なので、今回の大学祭ではキャンパスガイドも大学祭の改革の一翼を担うことになり、改革主任が開く会議へ、僕がキャンパスガイドの代表として出ることになりました。(まさに改革主任のうちの1人こそキャンパスガイドのオーソリティーみたいな方なので、あえて僕が出る必要はないと思うのですが、こういった機会を与えていただけたことに感謝し、勉強のひとつとして承諾しました)

●4日
続いて、大学祭関係のけっこう大規模な会議に顔を出す。
大学祭の様子はあまり知らない(一応去年行ったのだが)し、ましてや内部の事情など全く分からず、
1年生であることも相まって、発言など一切できず……。やっぱり、1度大学祭を体験してみないと、あまり役には立てなさそうです。(笑)ただ、「キャンパスガイド」としての仕事は十分にやれる自信があるので、会議での決定事項をキャンパスガイドに持ち帰って作業する段階になれば、できる限りのことをし、役に立てるように頑張りたいと思います。


●5日
午後、萩に戻る。大学内でガイドの(「改革主任」の)先輩と出会い、パンをもらう。
菓子パンは小さなロールケーキ6個入りの袋で、広島駅を出たあたりでおいしくいただきました。ありがとうございます先輩。(笑)

●6日
高校の体育祭に行く。先生や後輩といろいろな話をする。
たとえば、1年の時の副担任の先生。僕たちの顔を見るや否や「彼女できた!?」と聞いてこられました。残念ながら、まだです。(笑)

騎馬戦を見て、複雑な思いを抱く。
やっぱり、騎馬戦は今の時代にそぐわないと思う!ということ、これにつきます。(笑)「学校公認のいじめ」に見えてしまうのは、僕だけでしょうか。暴言を吐き、罵声を浴びせながら(去年はそうだった)相手を突き落とす競技の、どこに感動があるのでしょう。

●7日
名前に「あい」の付く歌手を気に入る傾向があることに気づく。
ということで、図書館でaikoさんのアルバムを借りてきました。

●8日
前期の成績を持って、祖母を訪ねる。
それこそ祖父が生きていてくれれば、かなり喜んだだろうと思うのですが……。いやはや、残念です。

●9日
大学の「スチューデント・アドミッション・カウンセラー事業(在学生による母校訪問事業)」の一環で、母校に行って講演をしてくる。
50分という、高校の授業ひとコマ分である時間を絶対退屈させまいと、しゃべる内容についてはかなりの工夫をしたつもりです。まず、学部や入学者選抜に関する話は一切していません。(そもそも、「スチューデント・アドミッション・カウンセラー事業」の趣旨がそうなのです)そして……、「ここで絶対笑わせる!」という箇所を、何箇所か設けました。そしたら、4個所が見事に当たりました!!(笑)

内容を項目ごとに評価してもらったところ、「バーチャル・キャンパスガイド」の点数が突出して高かった。
「バーチャル・キャンパスガイド」の評価の平均が4.82と高くて、本家の「キャンパスガイド」のほうでも頑張っていかないとなと思いました。

●10日
東広島に戻る。
今、東広島にいます。あわただしいでしょう?僕の夏休み。(笑)1週間程度こちらに滞在し、後半は再び萩に戻る予定です。

●11日
暇をもてあまし、西条駅周辺(東広島市の市街地)をうろうろする。東広島市立中央図書館で本を借りる。
以前から読みたかった「最高学府はバカだらけ」が置いてあって、カードを作って5ヶ月、ようやく本を借りました。(笑)今日の大学の状況、とりわけAO入試の状況はどうなのか、じっくり読んでみます。で、ついでに、蔵書検索のパソコンで「川嶋あい」を検索してみたら……。何も出ないだろうと思いきや、6件もヒットしました!!僕も持っている「最後の言葉」「16歳の白い地図」はもちろん、それ以外のエッセイなども所蔵しているのです。

●12日
高校時代にキャンパスガイドに参加した時のメインガイドだった先輩(今は卒業されている)が、キャンパスガイドにやってこられる。
あの先輩の生き生きとしたガイドに感動し、僕もやる!!となったわけで、昨日は僕はメインでもサブでもありませんでしたが、飛び込んできました。(笑)

高校時代以来の友達が我が家に泊まる。
その後、市内在住の高校時代の友人が家にやってきて、結局、我が家をホテルとして開放しました。(笑)

●13日
よしもと新喜劇の放送を見て、感動して泣く。
話があまりに感動的で、途中で泣いてしまいました。よしもと新喜劇を見ていて、(笑いすぎ以外で)泣くなんて初めてです。(笑)「しげぞうさんの孫」が、いい味を出していました……。

●14日
新幹線で岡山へ行く。
で、僕がどうしてリッチに新幹線に乗っているかといえば……、察しのいい人にはお分かりかもしれませんが、やはりこの交通費も大学持ちなのです。(笑)翌日にとある会場(広島より東)で開かれる大学の説明会に学生スタッフとして参加するため、例のごとく新幹線に乗っています。

夜は、父が行きつけていると思われる店で食事をする。
店長さんは「本人が単身赴任で、息子が広島にいる」旨もご承知だったようで、「広島から来たんやろ?」と話しかけてくださいました。あと、店長さんから僕たち親子へのサービスもけっこうあって、店員さんもすごく気のきく人ばかりで、いずれ岡山で公的な食事(?)をする必要が生じたらここに行こうと思いました。(笑)

●15日
高松市で開かれた「中国・四国地区 国立大学合同入試セミナー」に、広大の学生スタッフとして参加する。まず、朝食は父と「三井ガーデンホテル岡山」のバイキングへ。
朝からモリモリ食べました。トレイに乗り切らず、やむを得ず席から料理のテーブルまで2往復したのですが、これでも控えた方です。(笑)

変換 ~ DSC00687

マリンライナーのパノラマグリーン車(4席)を独占する。
ということで、高松までの1時間、ずっと展望席を独り占めして過ごせるわけです。

変換 ~ DSC00706

高松に着いたら、栗林公園を観光する。
何か、すごくきれいなところで、何をしに高松まで来たのかを忘れるところでした。(笑)

高松駅のホームで、さぬきうどんを食べる。
で、おいしかったので、「うどんおかわり!」と言っておばちゃんにどんぶりを出しました。それを見越して、あえて安めのかけうどんにしておいたのです!(笑)あと、「うどんおかわり!」という言葉遣いについて、品格を問われそうな気もしますが、おばちゃんが「はい、かけ(うどん)!」といってカウンターにどんぶりをドンと置くような人だったので、だったらお客からも「すみません、おかわりお願いします」と言われるより「おかわり!」と気安く(?)言われた方がおばちゃんも嬉しいのかなと余計な心配をし、あえてそうしました。(笑)

セミナーでは、個別相談の応対もしたが、僕自身がまるで高校生であるかのように各大学のパンフレットをもらって帰る。
あと、せっかく他の大学の資料がもらえるチャンスと思い、9つの大学すべてのパンフレット(入学案内のようなもの)をもらって帰りました。

●16日

変換 ~ DSC00730

岡山駅で、新幹線の撮影をする。
今やN700系のワンマンショーです。

変換 ~ DSC00740

帰りは0系に乗る。
白と青に戻されてからは、8月2日の大学説明会山口会場の仕事の帰りに乗って以来の2度目となります。(つまり、2度とも大学のお金で乗っている!!)(笑)

変換 ~ DSC00765

新山口駅で、500系との並びを撮る。
最後に500系の通過列車を退避しました。もちろんこれも顔同士の並びが撮りたかったのですが、失敗し……。ダメもとで上のような図を狙ってみたら、撮れてしまいました。(笑)

●17日
郵便局で往復はがきを買ってきて、鉄道の日のイベントのひとつである横見浩彦さん・木村裕子さんのトークショーに応募する。
10月になったら、「鉄道の日」のイベントの一環として、鉄道全駅下車でおなじみの横見浩彦さん、「彼氏は400系『つばさ』」と自称する「ゆゆ385」こと木村裕子さんが、広島にやってきて、講演(トークショー)をされるのです。これは行かねば!!と思い、応募しました。当たればいいのですが……。

●18日
頭痛・発熱・下痢により、通院。
18日(木)の昼には、自転車で東萩駅に行ってなにがしかの乗車券・特急券を買ってこれたくらいでした。(笑)ところが、夕方になると熱が出てきて、そのまま病院に行き「腹の風邪ですね」と言われ、

●19日
体調は一応の回復をみせ、防長バスの「バスまつり」で吊り革を買う。
どうやったら「部屋のアクセント」として吊り革を活用できるか、大いに悩ましいところです。

●20日
体調が悪かった時期に考えていた「遺言」をブログに記す。
ひどい時には9度2分も熱が出て、このまま弱って死んだら……とも思いました。ということで、せっかくの機会なので、ここに遺言を残します。

●21日
通常の更新をしないも、旅行記はキッチリ書く。
ただ、(症状を詳しく書くことはしませんが)完全に本調子なわけではなく、いまひとつ、更新をし切れないというか……。そう言いつつ、むしろ、その反動でとでもいうか、旅行記10-1から10-3までがすべて完成しているので、そちらをどうぞ。(笑)

●22日
麻生太郎君が自民党の総裁に選出されるのをNHKで見る。
麻生さんといえば、昨年度、高校に彼そっくりな先生がおられました。で、僕はひそかに(?)友達とその先生に「麻生次郎先生」というあだ名を付けたのですが、あの先生、今もおられるのかな~~。

●23日
祖父のお墓参りに1人で行ってくる。
1人でお墓参りをするのは初めてだったのですが、いつも通り、バケツに水をくんで、ひしゃくとほうきとちりとりを持って、水を替えたり、落ち葉を掃除したりして、ひと安心して、拝みもせずに帰ってしまいました。(笑)で、10mくらい行ったところで「おっと!!」と引き返し、ちゃんと拝んで、バケツとひしゃくとほうきとちりとりを片づけて帰りました。

●24日
おばといとこが萩にやってきて、祖母と母と5人でうどんを食べに行く。
僕はここ数年の間、このうどん屋では「学割B」を食べています。天かす・肉・かまぼこの載ったうどんと炊き込みごはんで400円なのですが、今日も、例の如く、学割のBを注文しました。そしたら、いとこが、「ざるうどんとカツ丼のセット」というのを食べていて、値段も僕の倍近くて、「この~~!!」と思いました。(笑)

●25日
横見浩彦さん・木村裕子さんのトークショーに当選する。
晴れて、横見さんと木村さんの顔を拝みに行けます。(笑)

テレビで「タイムショック」を見る。
現役東大生の八田亜矢子さん、東大出身の菊川怜さんに勝った時は、何か嬉しかったです。(笑)現役広大生もなかなかやります。(笑)

●26日
普段着の半パンのままで郵便局に行ったら、寒かった。
そうすると、最近涼しくなってきたなぁと、もう秋だなぁ、でもまだ夏休みだなぁと、まぁ、そういうことを思ったわけです。(笑)

●27日
いつまでも萩を離れずにいる理由を読者に問いかける。
愛するキャンパスガイドを蹴ってまで、僕が萩に居残る予定は何なのか。それは、明日明らかになります。乞うご期待!!(笑)

●28日

変換 ~ SBSH0006

母・おば・いとこと、鳥栖のアウトレットに行く。
ひかりレールスター445号です。この列車に母と乗ったわけですが、車内にはすでにお連れ様がおられます。おなじみ(?)、おば・いとこです。

博多駅から乗り換えた在来線に大幅な遅れが出る。
07分発の快速はといえば最終的には「おくれ約23分」(確か)になってようやく到着し、28分遅れで発車しました。何でも、博多駅の信号機にトラブルがあったそうです。

昼食に「海鮮湯麺」を食べる。
「ラーメン」にカテゴライズされていたことと、写真がおいしそうだったことによりますが、「湯麺」が読めなかったので困りました。「あの~~、『ラーメン』の、海鮮の分、ください!!」(笑)読みは「タンメン」だそうなのですが……。ルビを振ってください!!(笑)

何を買ってもらえばよいのか分からず苦労する。
夏物と違って冬物となるといまいちイメージがわかず(夏物なら「あ、このシャツいい!!」と単純なのですが)(笑)、敷地内を5周くらいして、これかな~~というのがほんの少し見つかっただけでした。難しいものです。

帰りは、電車内でいとこと騒ぐ。(?)
この時間にもなればいとこにも慣れていて(久々に会った時はすごく話しにくい!)、いとこが変なことを言ってきたら大笑いしながら肩をバーンとたたいたり腕でドンと突いたり、それを電車の中で顔のよく似た2人がやっていたわけで、傍から見たら「何じゃアイツらは」みたいな感じだっただろうと推察します。まぁ、ロングシートではないのでよいのです。(笑)

●29日

変換 ~ SBSH0015

東広島に帰る。
今日、ようやく、東広島に戻ってきました!!僕の夏も、ようやく終わりです。(笑)

●30日
「なんでも特集 6 夏休みを振り返る」を書く。
2ヶ月に渡った夏休みも、今日でついに終わりです。ということで、この夏休みを振り返ってみることにしましょう。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

実は、この「なんでも特集」を書き上げるのに3時間近くかけました。単に8・9月の記事を読み返して、適当な文章・写真を再掲するだけなのですが、それにも関わらずです。これはひとえに、この夏休みが、本当に、本当に、充実していたからということに他なりません。結局、自動車学校へは通いませんでした。アルバイトも(大学関連以外)しませんでした。そのため、何もせずただ時間が過ぎて行ったような気もしているのですが、読み返してみて、一応、他人に胸を張って自慢できる立派な夏休みだったかなと、少しだけ自負しているところです。
スポンサーサイト

♪君と夏の終わり 将来の夢~

タイトルで必要なのは「夏の終わり」だけなのですが……。
今日、ようやく、東広島に戻ってきました!!
僕の夏も、ようやく終わりです。(笑)

変換 ~ SBSH0015

移動の足は、高速バスでした。
ユーティリティーシートを備え付けた車両か、1-2の横3列の車両ならラッキーなのですが、
運よく、ユーティリティーシートを備え付けた車両に当たりました。

※ユーティリティーシート……
1列前の座席の背もたれを前に90度倒し、その上に足を投げ出すことで、
かなりゆったりと座れる座席のこと。

ただ、ユーティリティーシートは車内後方にあるので、そこに座ると景色が見えず、
やはりここは、最前列の座席に座ることにしました。
結局、途中(山陽側に出たあたり)からけっこう混んできたので、
背もたれを倒してデンと座っていたら、ひんしゅくを買ったことでしょう。

あと、広島バスセンターの売店で朝刊各紙を売っていたのですが、
多くの新聞が「中山国交相が辞任」をトップで報じている中、
やたら明るい新聞があるなぁと思ったら、地元紙の中国新聞でした。
昨日で、広島市民球場の51年の幕が下ろされた(公式戦が終了した)そうです。
別に広島東洋カープのファンだというわけではないのですが、
一広島県民として、あぁそうなのかと思って買って帰りました。

ところで、この夏は相当な数の旅行をしたわけですが、
せっかくなので、順に読み返してみませんか?(笑)

「1」(5/25)
「2-1」(6/13)
「2-2」(6/14)
「2-3」(6/15)
「2-4」(6/16) …思えばまだ公開していないのですが、岡山から西条まで帰っただけです。
「3-1」(7/5)
「3-1」(7/5)
「3-2」(7/6)
「4」(8/2)
「5」(8/3)
「6」(8/5)
「7-1」(8/9)
「7-2」(8/10)
「7-3」(8/11)
「7-4」(8/12)
「8」(8/22)
「9-1」(8/30)
「9-2」(8/31) …数日内に公開!
「10-1」(9/14)
「10-2」(9/15)
「10-3」(9/16)
「11」(9/28)

2008.夏 旅行記 11

僕の旅行記における四季は、
 「春」…2月・3月・4月
 「夏」…5月・6月・7月・8月・9月
 「秋」…10月・11月
 「冬」…12月・1月
というふうに位置付けているつもりです。「夏」が長いのが目につきますが、夏休みが9月まであるので、9月の旅行記を「秋」にしてしまうと矛盾するので仕方ないのです。(笑)ただ、そうでなければ(夏休みが8月で終っていれば)絶対に9月は「秋」にしていたはずなので、最近の旅行記はややインチキな気がしなくもないのですが、一応、「夏」の11作品目ということになります。そして、この夏最後の旅行記となります。

朝は6時に起床。朝食を取って、母の運転で6時50分に家を出ました。東広島からの旅行だと家を出てまず歩くか自転車をこぐかをせねばならず、何とも楽なところです。で、1時間後、新山口駅に到着。切符を買った時に駅のキャンペーンの一環でもらった「ちょっぴりプレゼント」のキヨスク・ハートインでの100円券でお菓子を買って、新幹線の乗り場へ。最近、「新幹線に乗る」ということが何か当たり前になりつつあるような気がしています。今回は自分の財布から切符を買っているので「今から乗るんだ!」という期待があるわけですが、大学の費用で新幹線に乗るとなると、それはもう、自転車に乗るような感覚です。(笑)

変換 ~ SBSH0006

ひかりレールスター445号です。この列車に母と乗ったわけですが、車内にはすでにお連れ様がおられます。おなじみ(?)、おば・いとこです。いとこの顔は、大ざっぱにとらえると眞鍋かをりさんに似ているということに、最近気づきました。(笑)おばといとこの乗っていた3号車はけっこう混んでいたみたいで、相席していたのですが、僕たちの乗った1号車は割とすいていて、3人掛けをひとつキープし、女性軍団(?)がそこに集まりました。僕は隔離されて2人掛けで相席です。(笑)

で、小倉で別の2人掛けが空いたので、いとこと座りました。

博多駅で、在来線に乗り換え。ですが、鹿児島本線の下りが遅れているようで……。記憶力の良い人はひょっとしたら覚えているかもしれませんが、今年の3月にも同じようなメンバー(今回の4人に、上のいとこが増える)で同じような旅行をしています。で、その時にも、乗り換えた鹿児島本線の下りが遅れていたのです。ただ、乗る予定だったひとつ前の快速がちょうどいいタイミングで遅れてやってきたので事なきを得ましたが、今回はそうもいかず……。9時07分発の快速羽犬塚行きに乗りたかったのですが、そのひとつ前の快速はすでに出た後で、予定の07分発の快速はホーム案内表示の「おくれ約3分」が徐々に伸びていき、いつの間にか16分発の特急「ゆふいんの森」の表示の方が上にきてしまいました。(笑)

変換 ~ SBSH0007

で、「ゆふいんの森」はほぼ時間どおりに入線、発車できたのですが、07分発の快速はといえば最終的には「おくれ約23分」(確か)になってようやく到着し、28分遅れで発車しました。何でも、博多駅の信号機にトラブルがあったそうです。ちなみに、乗ったのは813系でしたが、いとこが座席の柄(黒と赤のひょう柄)を見て「気分が悪くなりそう」と言っていました。(笑)

変換 ~ SBSH0008

今回の写真は携帯で撮ったものですが、動く列車を携帯で撮るとやたらとおでこの突き出た写真が出来上がります。(笑)

この先、二日市駅・原田駅・基山駅のどこかで後続の普通列車に乗り換える必要があり、予定だと二日市駅で乗り換えるのがベスト(待ち時間が最短かつ目的地到着が最速)だったのですが、遅れが出てしまうといったいどこで乗り換えればよいのかわかりません。ただ、基山駅までこの快速に乗っていれば、目的地に着くのが二日市駅・原田駅で乗り換えるのより遅くなることはないので、とりあえず基山駅まで乗っておきました。

変換 ~ SBSH0009

リレーつばめが通過していきました。結局二日市駅での乗り換えがベストだったみたいで、二日市駅で追い越した普通列車がやってくるのをしばらく待って、その普通列車で次の弥生が丘駅へ。ここが下車駅です。

で、ここからは路線バスで目的地の鳥栖プレミアムアウトレット(旅行記に出てくるのは何度目でしょうね)(笑)へ向かうのですが、予定だと路線バスに乗るはずでした。ただ、遅れて到着したために予定のバスに乗り継げず、結局タクシーに乗ることになりました。780円だったのですが、4人いるので、路線バスの1人150円と比べて大した差ではありませんね。

アウトレットに着いたら、とりあえずフードコートで昼食。まだ11時にもならないのですが。(笑)悩んだ挙句、「海鮮湯麺」なるものを注文しました。「ラーメン」にカテゴライズされていたことと、写真がおいしそうだったことによりますが、「湯麺」が読めなかったので困りました。「あの~~、『ラーメン』の、海鮮の分、ください!!」(笑)読みは「タンメン」だそうなのですが……。ルビを振ってください!!(笑)

食後は、1人で敷地内を店をグルグルと回って、欲しい品の目星をつけておきました。ただ、夏物と違って冬物となるといまいちイメージがわかず(夏物なら「あ、このシャツいい!!」と単純なのですが)(笑)、敷地内を5周くらいして、これかな~~というのがほんの少し見つかっただけでした。難しいものです。母と合流して意見を求め、GAPのラガーシャツを買ってもらいました。そのあとにおば・いとこと合流してフードコートでモスバーガーのティラミスとフライドポテトを食べ、再び1人でお目当ての品を探して再び敷地内をグルグル周るもいいものが見つからず、挙句の果てには写真を撮っていました。(笑)

変換 ~ SBSH0011

変換 ~ SBSH0012

変換 ~ SBSH0013

一応、することがなくてベンチで昼寝をしていた前回よりは成長したといえるでしょう。(笑)

このあと、最終的に母・おば・いとこと集合をし、パーカーを買ってもらって、買い物は終わりました。自分でも何か今ひとつだったなぁという気がすごくするのですが、前に書いたとおり、冬物の買い物は難しいということにしておきましょう。(笑)(実際、店を回っていて、「これいい!!」という夏物ならたくさんあったので)

西鉄バスで弥生が丘駅まで戻って、普通列車の小倉行きに乗車。途中、二日市駅で後続の快速に乗り換えました。この時間にもなればいとこにも慣れていて(久々に会った時はすごく話しにくい!)、いとこが変なことを言ってきたら大笑いしながら肩をバーンとたたいたり腕でドンと突いたり、それを電車の中で顔のよく似た2人がやっていたわけで、傍から見たら「何じゃアイツらは」みたいな感じだっただろうと推察します。まぁ、ロングシートではないのでよいのです。(笑)

ちなみに、「顔のよく似た2人」という表現ですが、実は去年の夏に2人で大学のオープンキャンパスに行きました。で、その時、すれ違った高校生が「今の2人はよく似ている!」「きっと双子に違いない」という会話をしていたそうです。(笑)(僕は聞いていなくて、後からいとこから聞かされた)

博多駅で新幹線に乗り換え。乗る「こだま」をホームで待っていたら、別のホームに停まっていたN700系を見ていとこが「あまり新しそうにない」と言うので「これが一番新しいんよ?」と教えたら、「ひょっとして、エヌ、ななひゃくけい!?」とのことで、大学生の女子が「N700系」の存在をを知っているということに驚きました。(笑)

乗る「こだま」は100系6両の編成なので、座席はグリーン車お下がりのものです。東海道・山陽新幹線で一番快適な普通車だと、僕は認定します。(500系が「こだま」で走るようになれば、そのグリーン車お下がりの普通車には劣るようになるかもしれない……。)

で、新山口で降りました。今回の旅行記は全体的に締まりのないものでしたが、これをもって一応、この夏の旅行記11作品をすべて終了いたします。(あ、「9-2」がまだできてない!!!!)(笑)

明日は…

夏休みもいい加減に終わろうかというのに、未だに萩を離れない僕。
「いつまで萩にいるのかと思う人がいるかもしれませんが」、
(今のは高校の地理の先生のマネですが、先生お元気かな……。)(笑)
最初の予定なら、とっくの昔に東広島に帰っていたところです。
事実、昨日のキャンパスガイドで、僕はメインガイドを務める予定でした。
都合の付く人がいたので代わってもらったのですが、
愛するキャンパスガイドを蹴ってまで、僕が萩に居残る予定は何なのか。

それは、明日明らかになります。
乞うご期待!!(笑)

秋の夕暮れ

理系の僕ですが、高校の担任の先生の影響、(笑)
それ以前に、いろいろな学問分野に興味があることから、
古典についての知識は、今でもそれなりにあるつもりです。
で、最後が「秋の夕暮れ」で締まる俳句が3編あるんだったな~~と思い、
頭の引出しを開いてみました。
1つは、
「ナントカ カントカ 浦の苫屋の 秋の夕暮れ」
だったなぁと(「ナントカ カントカ」って……。)(笑)、あとの2つは思い出せないなぁと、
それで「今でも知識がそれなりにあるつもり」なんて言えるのかという感じですが、(笑)
せっかくなので、調べてみました。

で、

○心なき身にもあはれは知られけり鴫立つ沢の秋の夕暮
○さびしさは其の色としもなかりけり真木立つ山の秋の夕暮
○み渡せば花ももみじもなかりけり浦の苫屋の秋の夕ぐれ

だったということがわかりました。
後期には、古典文学に関する授業も取ります。
理系の学生だからといって、理系一本になるのは嫌です。
総合科学を極めます。(笑)

……ということで僕が何を言いたいのかということなのですが、
今日の午後、書留の郵便を出しに郵便局に行ってきたのです。
で、郵便局くらいでいちいち着替えるのも面倒だったので、
普段着の半パンのままで出かけた(上はTシャツ)のです。
そうすると、最近涼しくなってきたなぁと、もう秋だなぁ、でもまだ夏休みだなぁと、
まぁ、そういうことを思ったわけです。(笑)
東広島市がすごく暑くて、7月8月の電気代が(エアコンで)相当高くて驚いたのですが、
そろそろ、東広島市も涼しくなったかな?

旅行記9-1ができています!!

タ~イムショック!!

今日は、郵便局・本屋・図書館などをうろうろとしてきました。

郵便局で、現金封筒1枚(20円)、80円切手1枚を買ったわけですが、
それにあたって請求される額は、100円ですね。
なので、手元に100円玉を用意していたのですが、
窓口の人に「ちょうど100円です」と言われたのが「900円です」と聞こえてしまって、
900円!?と、一瞬びっくりしました。(笑)

外出から帰ってきたら、僕宛の郵便物が2つも来ていたのですが、
1つは、先日応募した横見浩彦さんと木村裕子さんのトークショーの当選はがき!!
晴れて、横見さんと木村さんの顔を拝みに行けます。(笑)

あと、もう1つが、交通新聞社の鉄道カレンダーの案内。
ここ数年続けて注文しているので、ダイレクトメールも毎年来るようになりました。(笑)
今回も「新幹線カレンダー」を買うつもりです。
(僕のアパートに来た人は知っていると思いますが、部屋の壁に、
新幹線・ビックカメラ・広大・JR九州の4つのカレンダーを並べて貼っています。
もはや、カレンダーのコレクター(?)です)(笑)

で、今は「タイムショック」を見ています。
いつも思うのですが、あの番組に1度出てみたいです。小学5年のころからの夢です!
一般人スペシャルとか、やらないんでしょうかね。

あの番組がレギュラー番組だったころ(小学校高学年)はほとんど解けませんでしたが、
今は、たいてい7~10問くらい解けるようになりました。
中でも、現役東大生の八田亜矢子さん、東大出身の菊川怜さんに勝った時は、
何か嬉しかったです。(笑)
現役広大生もなかなかやります。(笑)

あと、昨日の夜、「旅行記9-1」を書きました。
遅れましたが、絶対に読んでください!!(笑)
ここです!

祖母とおばと、ときどきいとこ

とっさに思いついた言い回しをタイトルにしましたが、
早く言えば、今日はおばといとこ(同い年の)が萩にやってきました。
で、母と祖母と5人でうどん屋に行きました。

僕はここ数年の間、このうどん屋では「学割B」を食べています。
天かす・肉・かまぼこの載ったうどんと炊き込みごはんで400円なのですが、
今日も、例の如く、学割のBを注文しました。
そしたら、いとこが、「ざるうどんとカツ丼のセット」というのを食べていて、
値段も僕の倍近くて、「この~~!!」と思いました。(笑)
(欲しいなら、僕も学割のB以外を注文すればいいだけの話なのですが……。)

で、そのあとに祖母の家にちょっといて、
おば・いとこと、美容院に行ってきました。
今日はストパーをかけ直してもらって、前をちょっと短くしました。
誰か知った人に会わないかな……。

それと、ついに、麻生首相が誕生しました!
恐れず(多分ないでしょうけど)(笑)、堂々と発言してくれることを期待しています。
他の人の発言で「しょうがない」とか「やかましい」などが問題になったことがありますが、
どちらも、すごく的を射た発言だと僕は思います。
批判されることを恐れて何も発言しないのでは、物事は前に進みませんから。
それは、僕がブログでよくこうやって何かをバッサリと書くからそう思うのかもしれませんが。

あと、河村建夫官房長官も誕生しました。
彼は僕の高校の先輩ですが、ぜひうちの高校の体育祭を視察しに来て、
騎馬戦を見て帰ってもらいたいですね。
で、もしそれに「高校生男子らしい堂々とした姿だ」という印象しか持てないようなら、
ちょっとそれはどうかなと思うところです。

お彼岸

ようやく、体調が戻ってきました。
ということで、今日は昼から久しぶりに自転車で外出をしました。
誰か知り合いに会わないかなと、最後の最後まであきらめずにいるわけです。(笑)

あと、お彼岸なので、祖父のお墓参りに行ってきました。
1人でお墓参りをするのは初めてだったのですが、
いつも通り、バケツに水をくんで、ひしゃくとほうきとちりとりを持って、
水を替えたり、落ち葉を掃除したりして、
ひと安心して、拝みもせずに帰ってしまいました。(笑)
で、10mくらい行ったところで「おっと!!」と引き返し、
ちゃんと拝んで、バケツとひしゃくとほうきとちりとりを片づけて帰りました。

元気です

相変わらず「雲隠れ」気味ですが、至って元気です。
ただ、(症状を詳しく書くことはしませんが)完全に本調子なわけではなく、
いまひとつ、更新をし切れないというか……。
そう言いつつ、むしろ、その反動でとでもいうか、
旅行記10-1から10-3までがすべて完成しているので、そちらをどうぞ。(笑)

10-1
10-2
10-3

あと、去年・おととしと違い、今年の自民党総裁選は同じ9月の平日でも夏休みなので、
(こう書くと、まるで毎年9月に自民党の総裁選があるみたいですね)(笑)
今日は14時からのNHKを見ていました。
で、麻生太郎君が新総裁に選出されるシーンを見届けました。

麻生さんといえば、昨年度、高校に彼そっくりな先生がおられました。
で、僕はひそかに(?)友達とその先生に「麻生次郎先生」というあだ名を付けたのですが、
あの先生、今もおられるのかな~~。

雲隠れ?

久しぶりの更新です。
更新停止の予告もせずに2日間も更新をしなかったという意味で、
これこそまさに、「雲隠れ」だったかもしれません。(笑)
実は……、風邪で寝込んでいました!!

順を追って説明すると、
17日(水)の午後ぐらいから、「船に酔ったようなだるさ」という表現を用いたいのですが、
体のだるさ・頭痛を感じていました。
ただ、そうは言ってもまだピンピンしていた時期で、夜は「サスケ」を最後まで見たし、
明くる18日(木)の昼には、自転車で東萩駅に行って
なにがしかの乗車券・特急券を買ってこれたくらいでした。(笑)
ところが、夕方になると熱が出てきて、そのまま病院に行き「腹の風邪ですね」と言われ、
昨日19日(金)の昼過ぎくらいまでが、一番具合の悪い時期でした。
夜はやっぱり寝苦しかったのですが、今朝はとりあえずの回復を見せ、
熱もちゃんと下がっていたので、防長バスの「バスまつり」に行ってきました。
で、吊り革を買ってきたわけです。(笑)

変換 ~ SBSH0003

あいにく、東広島の家にはこのタイプのドアが玄関にしかありません。
かといって、玄関のドアに写真のように飾ってもあまり目立たないし、
どうやったら「部屋のアクセント」として吊り革を活用できるか、大いに悩ましいところです。
ちなみに値段は150円でした。

ところで(個人的にそういう雰囲気が大好きなのですが)、
「バスまつり」の中古部品市において、「定価」はあってないようなものです。
吊り革だって、防長バスのおじさんは個々の商品の値段まではさすがに把握されておらず、
値札ラベルの付いていない品についてはほぼお手上げ状態だったようで、
「これ、ナンボやったかいね?」と、逆に聞かれました。(笑)
僕は正直に「そこ(吊り革の入った箱を指さす)で、150円になってました」と言いましたが、
「え~と、50円じゃありませんでした?」とか言えば、50円で買えたかもしれません。(笑)
過去には、夜行バスの行先表示幕と巻取り機がセットで500円になっていたのを、
もちろんこちらからは何も言わないのに、300円で売ってもらえたこともあったし……。
(それにしても、あの行先表示幕と巻取り機は大当たりの買い物でした)
防長バスは親分の近鉄バスからの中古車が多く、
中古部品が出やすい会社なのかもしれません。
だから、それでもうけようなどという姿勢そのものがないのかもしれません。
(全く根拠のない、至極個人的な当て推量にすぎないが)

こうして、とりあえず体は復活したと思っているわけですが、
ひどい時には9度2分も熱が出て、このまま弱って死んだら……とも思いました。
ということで、せっかくの機会なので、ここに遺言を残します。

●相手が迷惑がらない限り、お世話になった人を多く呼んでもらえれば嬉しいです。
●BGMの選曲はお葬式の会社に任せます(多分「千の風になって」でしょう)が、
 ここぞ!!というところでは、川嶋あいさんの曲、
 具体的には「12個の季節~4度目の春~」をお願いします。
 (もっとも、お葬式とあの曲とは、どう考えてもかみ合わないと思うが)
●棺には、家(東広島)のカラーボックスにアルバムが置いてあるので、
 その中のスナップ写真を適当に選んで入れてください。
 また、同じカラーボックスの「路上集3号」というアルバムの歌詞カードには、
 僕の名前入りで川嶋あいさんのサインがしてもらえてあるので、それも一緒に。
●いつも言っていることですが、もし僕が死んだら、
 誰でもよいのでこのブログの内容すべてを1冊の本にまとめてください。
●今、非常にとんこつラーメンが食べたいです。

こんなもんですかね。(笑)

ウォークマン

昨日「雲隠れ」から帰ってきたわけですが、
今どこにいるのかといえば、東広島ではなく、萩です。
で、昨日は電気屋に行き、
場合によっては買うことも想定してウォークマン(デジタルの)を見ていました。
気に入っているのがあるのです。
高校の合格祝いにMDのウォークマンを買ってもらいましたが、
最近の技術の発達により、デジタルのウォークマンにも目移りし、
長い旅行のお伴にはMDをたくさん連れて行くより、
やっぱりデジタルのウォークマンだけを連れていく方が楽だし……とも思い、
ついに、購入を検討し始めていたわけです。

そして、買うのをやめました。

マイクロSDカードに音楽を入れて、携帯で聞けばいい!!ということに、
母の知恵により気付かされたわけです。
別に、普段(家で)聞くときはウォークマンなど使わないのだし、
旅行に行くといっても、何百曲も持ち歩く必要はありません。
携帯に、せいぜい数十曲入っていればOKなのです。
こうして僕は、1万円ちょっとの支出を免れました。(笑)

で、今日の話ですが、郵便局で往復ハガキを買ってきました。
というのが、10月になったら、「鉄道の日」のイベントの一環として、
鉄道全駅下車でおなじみの横見浩彦さん、
「彼氏は400系『つばさ』」と自称する「ゆゆ385」こと木村裕子さんが、
広島にやってきて、講演(トークショー)をされるのです。
これは行かねば!!と思い、応募しました。
当たればいいのですが……。

さて、「旅行記10-1」ができました。
2つ下の記事をどうぞ。

帰ってきました!

さて、帰りました。

変換 ~ DSC00646

変換 ~ DSC00647

変換 ~ DSC00706

変換 ~ DSC00711

変換 ~ DSC00725

変換 ~ DSC00730

変換 ~ DSC00751

変換 ~ DSC00765

どこで撮ったか当ててみてください。

2008.夏 旅行記 10-3

高松での仕事を終え、3日目は帰るだけです。学校からは東広島駅までの乗車券・特急券相当額の交付を受けていますが、果たしてどこへどうやって帰るのか?(笑)

父の出勤の時間に合わせて岡山駅に出て、新幹線乗り場へ。時間がけっこうあるので撮影をしました。

変換 ~ DSC00725

東京寄りの端から、きれいな写真が撮れます。

変換 ~ DSC00730

今やN700系のワンマンショーです。

変換 ~ DSC00732

N700系といえば、大学受験の前日に新山口駅から広島駅まで乗車した思い出、説明会山口会場での仕事の帰りに先輩と新山口駅から広島駅まで乗車した思い出、結局どちらも新山口駅から広島駅までなのですが、(笑)いろいろな思い出があります。

変換 ~ DSC00733

そんな中やってきたのが300系。700系はいろいろな意味でカローラみたいな新幹線であまり好きではないし、500系はやってこない時間だし、N700系くらいしか撮るものがなかったのでいいタイミングでした。そもそも、僕の中で「新幹線」といえば300系ですので。その時代の子供でした。(笑)

あと、この角度から300系を見ると、

「ア~~ハハハハハハハ!!『社長』言うからどんな顔か思ったら、横顔めちゃめちゃ新幹線やん!」
「新幹線やから白と青で決めてんねんやろ?」

というセリフが浮かびます。(笑)

変換 ~ DSC00739

僕が乗るのは、こだま639号博多行きです。

変換 ~ DSC00740

つまり、0系です。白と青に戻されてからは、8月2日の大学説明会山口会場の仕事の帰りに乗って以来の2度目となります。(つまり、2度とも大学のお金で乗っている!!)(笑)いつもは4号車が指定席、1~4,6号車が自由席となりますが、今日は4・5号車が指定席となっていました。最後だから乗る人も多いのかなと、でも平日だしなと、いろいろ思いながら3号車に乗り、岡山駅発時点での各号車の人数をカウントして歩いてみると、

1号車(喫煙・自由席)……16
2号車(禁煙・自由席)……18
3号車(禁煙・自由席)……14
4号車(禁煙・指定席)…… 5
5号車(禁煙・指定席)…… 4
6号車(喫煙・自由席)…… 4

と、号車によってばらつきがあるものの、かなりガラガラでした。まぁ、平日の午前中に乗れるお客といえば仕事のサラリーマンか夏休み中の大学生くらいしかいないはずなので、あまり埋まっていても変ですが……。

岡山駅の次の新倉敷駅ではすぐの発車ですが、その次の福山駅では通過列車の退避で7分停まります。追い越していく列車をすべて記録しておきたかったので、そのつど席を外して先頭部へ行きました。

変換 ~ DSC00742

次の新尾道駅でも4分の停車をし、通過列車の退避をしましたが、写真はうまく撮れませんでした。通過列車がどのタイミングで0系の横に顔を出すかを推し量ることは、音でしかできないので……。タイミングを読むのが難しい!!

その次が三原駅で、すぐの発車。そして次が東広島駅です。席を立って、通過列車の写真を撮り、窓口で「TRAIN+」の記念硬券入場券を買い、再び車内に戻りました。そしてドアが閉まり、発車。

冒頭「東広島までの乗車券・特急券」と書きましたが、確かにその切符(高松→東広島の乗車券・岡山→東広島の特急券)を1度は買ったのです。そしてその切符のコピーと領収を大学に提出し、数日後にみどりの窓口で乗車券・特急券両方の区間を新山口駅までに変更したわけです。差額を自分で払って乗車変更の手続きを受けることは、これは僕の自由。しかもそれがアパートではなく実家に戻るためなのだから、どう考えても合法です。

変換 ~ DSC00761

というわけで、同じ0系で東広島駅を出発し、広島駅で9分・新岩国駅で4分・徳山駅で4分停車し、新山口駅に到着しました。新岩国駅・徳山駅では通過列車の退避がありましたが、どうもうまく撮れませんでした。あと、前に新山口駅に0系から降り立ったのが8月2日で、夏休みの真っ最中、しかも「SLやまぐちDX」号の運転日とあり、新幹線ホームで0系を撮る人もたくさんいました。なので「マナーは守ってください!(線から)下がりなさい!!」と声を荒らげている駅員さんがおられましたが、今日は至って平和なもので、1人で締めの撮影ができました。

変換 ~ DSC00765

最後に500系の通過列車を退避しました。もちろんこれも顔同士の並びが撮りたかったのですが、失敗し……。ダメもとで上のような図を狙ってみたら、撮れてしまいました。(笑)

ちなみに、僕のデジカメでは、連写は2枚しかできません。

で、新山口駅に迎えに来てくれていた母と合流し、萩に帰りました。

2008.夏 旅行記 10-2

2日目です。

朝は6時に起きて、「仕事」相応の服装をして(別にスーツにネクタイなどではなく、あ、仮にそういう服装が求められるとしても、今の時期ならクールビズで行きますが)、父と「三井ガーデンホテル岡山」へ。このホテルでは、7時から900円で朝食バイキングが食べられるのです。ということで、僕をバイキングに連れて行けばどれだけ食べるかはブログを読みなれた読者並びに日常的に僕と付き合いのある人間ならおわかりでしょうけど(笑)、朝からモリモリ食べました。トレイに乗り切らず、やむを得ず席から料理のテーブルまで2往復したのですが、これでも控えた方です。(笑)

食後、父と別れ、「仕事」に向かいます。まずは岡山駅のみどりの窓口へ。必要な切符はすでに大学の旅行センターで買って領収書を提出していますが、そこへ自費で買い足したい切符があるのです。何かというと、

変換 ~ DSC00685

この電車です。快速「マリンライナー」ですね。今回の行先は、香川県は高松市です。そこへ行くに当たり、ぜひマリンライナーのグリーン車に乗りたかったわけです。マリンライナーには2階席のグリーン車と運転席後ろのパノラマグリーン車(わずか4席!)とがありますが、さしあたって僕は、みどりの窓口で、目的のマリンライナーの運転席後ろのパノラマグリーン車の空席状況を見てもらいました。するとうまい具合にすべて空いていたので、1席を押さえました。(仮に1席でも埋まっていたら、4席があるだけの孤立した区画に見ず知らずの人とご一緒するのはあまりに気まずいので、2階のグリーン車にするつもりでした)

ということで、高松までの1時間、ずっと展望席を独り占めして過ごせるわけです。

変換 ~ DSC00687

この座席は2階ではないので、2階のグリーン車とどちらを取るか実に難しかったのですが、2階のグリーン車はパノラマにはなっておらず、横の景色を見るだけならどの電車でもできるしな~~と思ってパノラマにしました。(けっこう不明確な理由ですが)(笑)

で、ドアが閉まると同時に車掌さんが検札にやってこられました。その後は、検札を済ませた安心感(?)と朝がちょっと早かったこととでしばらく寝てしまいましたが、瀬戸大橋を渡る前にはキチッと目を覚ましました。

本州最後の停車駅である児島駅を出て、どのくらいか忘れましたがしばらくした後の長いトンネルを抜けると、ついに瀬戸大橋に入ります。

変換 ~ DSC00689

変換 ~ DSC00691

マリンライナーのグリーン車は指定席であるため、青春18きっぷは乗車券としての効力を発揮できません。そのため僕には程遠い存在なのですが、今日ばかりはグリーン券を買い足すだけで乗車でき、本当に嬉しいところです。

変換 ~ DSC00693

切符です。
(写真のグリーン券は「1号車1番A席」となっていますが、この写真は「1号車1番D席」から撮りました。A席は進行方向左側(運転席の真後ろ)、D席は進行方向右側となります。念のため)

さて、1時間をのんびり過ごし、高松駅に到着しました。で、3月以来半年ぶりに高松駅に降りてみてすごく驚いたのが……。

変換 ~ DSC00719

改札が自動改札になっていたことです!!いったいいつの間にこんなものが!?と思い、切符をもらうついでに「いつから自動改札になったんですか?」と駅員さんに聞いてみたら、6月からだそうです。びっくりしました。

高松に着いたら、考えていたとおり、高松琴平電鉄の高松築港(ちっこう)駅へ。

変換 ~ DSC00695

変換 ~ DSC00697

駅からは、1日目の三原駅と似たような景色が望めます。(笑)

変換 ~ DSC00698

あと、これまた驚いたことに、高松築港駅にも自動改札機が入っていました。ただ、券売機で買った切符は裏が白い非磁気化券。サテどういうことだ?と思ったら、あの自動改札機、ご当地ICカード「IruCa」(イルカ)専用のもののようで、普通の切符を持つ人は有人改札を通らなければならないようです。なるほど……と思い、ためしに電車到着後の人の流れを観察してみたところ、IruCaで自動改札機(3台)を通る人はわずかで、有人改札(2か所)に長蛇の列ができていました。もっとIruCaに普及してもらわないと……。

僕はもちろん普通の切符で(笑)左の一宮行きに乗車。

変換 ~ DSC00699

改札は、スタンプではなくハサミで行われます。

で、栗林公園駅で電車を降りて、ちょっと歩いて栗林公園へ。

変換 ~ DSC00701

何でも、お願いすれば、1人からでも公園内のガイドをしてもらえるそうです。これは「ガイド」の端くれとしてぜひお願いするべきか?とも思いましたが、ちょっと急ぐのでやめておきました。

変換 ~ DSC00706

変換 ~ DSC00709

何か、すごくきれいなところで、何をしに高松まで来たのかを忘れるところでした。(笑)

今度は、JRの栗林公園北口駅へ。

変換 ~ DSC00710

変換 ~ DSC00711

高松駅に戻りました。

変換 ~ DSC00714

変換 ~ DSC00715

変換 ~ DSC00716

お腹も減ってきたので、駅のうどん屋でかけうどんを食べました。できれば「セルフのさぬきうどん」というものを食べてみたかったのですが、駅前の案内所で聞いた駅近くのセルフのうどん屋は定休日で……。で、おいしかったので、「うどんおかわり!」と言っておばちゃんにどんぶりを出しました。それを見越して、あえて安めのかけうどんにしておいたのです!(笑)あと、「うどんおかわり!」という言葉遣いについて、品格を問われそうな気もしますが、おばちゃんが「はい、かけ(うどん)!」といってカウンターにどんぶりをドンと置くような人だったので、だったらお客からも「すみません、おかわりお願いします」と言われるより「おかわり!」と気安く(?)言われた方がおばちゃんも嬉しいのかなと余計な心配をし、あえてそうしました。(笑)

栗林公園の観光をし、さぬきうどんも食べ、さぁ帰りましょう……となりそうなところですが、今からがついに「仕事」です。今回、僕は「中国・四国地区 国立大学合同入試セミナー 高松会場」の、広大の学生スタッフをしにやってきたのです。会場には集合時刻の30分前に着きました。キッチリ遊び、キッチリ働く。それが僕のモットーです。それにしても、過去に学生スタッフとして出向いた先で、純粋に仕事だけをして帰ってきたことがありません。これは、その場所のことを何も知らない人間がそこで働くのはあまりに失礼だという僕の判断によるものです。(本当か!?)(笑)

変換 ~ DSC00718

会場は「アルファあなぶきホール(香川県県民ホール)」。本当はもっと大きな建物です。この建物内の集合場所に行ってみたところ、おられたのは主催者である予備校の関係者・他大学の先生方ばかりで、僕が行くと「君、高校生?受付はまだだから、外にいて!」とでも声をかけられそうで、(笑)やむをえず他の階に避難しました。で、広大の先生が来られたら、合流して集合場所に行きました。

この「合同入試セミナー」では、中国四国地方の10の国立大(愛媛・岡山・香川・高知・島根・徳島・鳥取・鳴門教育・広島・山口)がそれぞれ個別相談・資料配布ブースを設けると共に、ローテーショーンで大学別の講演も行われます。学生スタッフは僕と4年生の人との2人がいて、入学センターの先生3人と個別相談に応じるのが仕事です。

ただ、広大が単独で行った説明会と違い、スペースの都合で「入学センターの先生」「学生スタッフ」と別々の席を設けなかったこともあり、よっぽど混雑しない限り入学センターの先生が相談に応じることになり、僕は先生のそばでチョコンと座っているだけの仕事のようなものでした。それでも、混んできたり、AO関係の相談があったりすれば、僕が単独で応じましたが。

あと、せっかく他の大学の資料がもらえるチャンスと思い、9つの大学すべてのパンフレット(入学案内のようなもの)をもらって帰りました。また、徳島大学にも「総合科学部」がありますが、何でも来年度から総合科学部が改組されるらしく、それに関するパンフレットももらいました。徳島大学の総合科学部のことも入試前に把握していたものの、やや頭の固い総合科学部だなという気がしたので受験は考えませんでしたが、改組後の総合科学部は僕にとってかなり魅力的なものとなり、あと1年遅い受験生だったら、第2志望は長崎大でなく徳島大にしただろうと思います。運命とは不思議なものです。

それから、3~4校に1部屋ずつ控室が用意されていて、ペットボトルのお茶がたくさん置いてあったのですが、広大と相部屋をするはずだった2つの大学の関係者は控室を使わなかったみたいで、帰る時になってもお茶がそっくり残っていたので、2本余計にもらって帰りました。(笑)

こうして、行きよりかなりカバンを重くして、17時前に会場で解散となりました。広大単独の説明会とは時期や目的の違いがあることから、参加者の学年や目的意識も今までとは違っており、新鮮な気持ちで仕事ができました。また、個別相談・資料配布ブースの混雑具合からして、香川県では地元の香川大学か、瀬戸大橋を渡った岡山大学が人気だということも分かりました。あと、10の大学の中で学生スタッフを率いて参加していたのが広大だけで、朝日新聞社「大学ランキング」の「高校からの評価『広報活動が熱心』」という項目で第10位になっていたのもうなずけるなぁと思いました。

で、帰りはマリンライナーの自由席に乗車。自由席といっても転換クロスシートなので楽です。ただ、発車時刻ギリギリだったため誰かの横しか空いておらず、とりあえずドアのそばのジャンプシートに座って様子を見ました。そうすると、次の坂出駅で早速2人分の空席ができ、そちらに移り、そのまま岡山駅直前まで寝ていました。瀬戸大橋を渡ったのを知らずに本州に戻ってしまいました。ちなみに、過去に学生スタッフとして「出張」をした時にはいつも誰か(先輩とか)と帰っていましたが、今回は初めて1人で帰りました。だから、遠慮もなく寝られたのですが。(笑)

岡山駅で父と合流し、夕食を食べ、2日目は終了。

2008.夏 旅行記 10-1

ついに、史上初、2ケタの旅行記を書く日がやってきました!!9月なら「秋 1-1」にしてもよいところですが、強引に2ケタにしたいのと、まだ「夏」休みなのだからということで、「10-1」にしておきます。また、「9-1」「9-2」をまだ書いていないのですが、記憶の確かなうちに「10-1」を先行して公開します。

朝は7時に起きて、ご飯をふりかけで食べて、大学へ。8時15分発の西条駅行きバスに乗ります。いつも思うのが、西条駅行きの始発が遅すぎる!!ということです。萩の「まぁーるバス」でさえ、7時から動いているのに……。あと1時間早くしていただきたいところです。(「運賃を約半額の150円に引き下げたほうがもうかるのではないか」など、この路線への文句が多い僕)(笑)

西条駅に着いたら、8時51分発の普通岡山行きに乗車します。当然青春18きっぷの期間は終わっているので、普通乗車券です。で、223系タイプの座席の115系の4両目に乗ったのですが、車掌さんいわく

「現在、1両目の座席の一部が利用できない状態になっています。お客様には大変ご迷惑をおかけし……」

何で!?と思い、1両目まで歩いて行こうかとも思ったのですが、座席はけっこう埋まっていたので下手に席を立つと座れなくなりそうで、降りる直前に1両目に行って現場を確認してから降りよう!!と決めました。

それで安心したからか、寝てしまい……。(笑)三原駅に着く1分前位に目が覚めました。まさしく、三原駅で降りるのです!!危な~~と思い、1両目に行くことなどすっかり忘れて4両目から降りました。(笑)

変換 ~ DSC00640

タコの町です。まさに数日前から「TRAIN+」のキャンペーンが山陽新幹線を舞台に始まったところで、三原駅はスタンプラリーのポイントにもなっているので、早速押しておきました。

そして、新幹線ホームへ。

一応、高2になる春休みに、新山口駅から新大阪駅までの山陽新幹線の各駅に下車をしています。(「雲隠れ」という言葉を初めて使った、伝説の旅行記です)(笑)ただ、その時のことなど残念ながら覚えておらず、「オオ!こんな駅があったのか!」みたいな気持ちでした。片方はカーブ、片方は直線になっていて、きれいな写真が撮れそうです。

変換 ~ DSC00646

カーブの方から走ってくるN700系です。

変換 ~ DSC00647

窓の外には、城跡が広がっています。

で、ここから、10時07分発のこだま634号に乗車。

変換 ~ DSC00649

700系の退避をしてから発車します。

変換 ~ DSC00653

何度も書きますが、広い座席と大きな窓が100系の魅力です。6両の編成なら座席はグリーン車お下がりのものなのですが、4両の編成だったのでグリーン車お下がりでないのが残念。

で、僕がどうしてリッチに新幹線に乗っているかといえば……、察しのいい人にはお分かりかもしれませんが、やはりこの交通費も大学持ちなのです。(笑)翌日にとある会場(広島より東)で開かれる大学の説明会に学生スタッフとして参加するため、例のごとく新幹線に乗っています。ちなみに、東広島市から新幹線で東に移動する場合、新幹線東広島駅を利用しないなら、

①西条駅から広島駅(西)へ移動して「のぞみ」に乗る

方が、

②西条駅から三原駅(東)へ移動して「こだま」に乗り、福山駅で「のぞみ」に乗り換える

のより便利です。(新幹線同士の乗り継ぎをする必要がないし、西条駅からは三原駅までよりも広島駅までの方が近いので)しかしながら、そうすると、

……(広島)─(西条)─(三原)─(福山)─……

という位置関係により、①の方が交通費が高くなってしまうことになります。そのため僕はもちろん三原駅回りの②のルートで来たわけですが、おそらく広島駅回りの①のルートを利用する方が、東広島市民には一般的なのではないかなと思います。しかしながら、大学の負担で、言うならば国民の税金で移動をするわけだから、少しでも安い方を選びます。(笑)

そのまま岡山駅まで乗車しました。岡山駅で父と合流し、駅前のうどん・丼屋さんで昼食を取り、父の家に移動。テレビで「湯けむりパラダイス」・「よしもと新喜劇」を続けて見ました。「よしもと新喜劇」は辻本さんの回でしたが、お気に入りの着メロネタが2回も出てきて嬉しかったです。(笑)

そのあと、父と家の外へ。前にも書いたとおり、家の近くに博多総合車両所岡山支所があります。

変換 ~ DSC00656

700系以外はすべてそろっていました。

変換 ~ DSC00675

変換 ~ DSC00678

500系7000番台です。

変換 ~ DSC00677

指定席車はグリーン車お下がりの座席が使われています。前に見た時にはブラインドがすべて下ろされていたのですが、今回は上げてもらえていました。(笑)

変換 ~ DSC00676

0系と100系が並んでいました。

こんなところに言いがかりを付ける人はいないと思いますが、言うまでもなくすべて敷地外からの撮影です。

この後は近くの大型電気店でウインドウショッピングをし、岡山駅の近くに移動してビックカメラや本屋を回り、夕食です。父が予約していた店に行ったわけですが、父がけっこう行きつけている店らしく、店長さんは「本人が単身赴任で、息子が広島にいる」旨もご承知だったようで、「広島から来たんやろ?」と話しかけてくださいました。あと、店長さんから僕たち親子へのサービスもけっこうあって、店員さんもすごく気のきく人ばかりで、いずれ岡山で公的な食事(?)をする必要が生じたらここに行こうと思いました。(笑)

食後は父の家に戻って寝ました。翌日はついに仕事です。(笑)

生みの親

【ここから、夕方に追記】
今日は、午前中に図書館から下の文章を書き込んで、
久しぶりに「ゆめタウン」で買い物をして、家に帰りました。
で、ラーメンと納豆と、買ってきたパンを食べながら、
これまた久しぶりに「よしもと新喜劇」の放送を見ました。
1ヶ月ぶりくらいになろうかと思うのですが、今日は辻本さんの回で、
公募した「しげぞうさんの孫」が登場した時の分の放送でした。

僕のお気に入りは内場さんの回で、辻本さんの回は話がワンパターンなのですが、
「横顔、めちゃめちゃ新幹線やん!」「許してやったらどうや!?」など、
安定感のある笑いを得られる(?)ので、けっこう好きです。
で、順調に「新幹線」や「許してやったら…」で笑いながら見られていたのですが、
話があまりに感動的で、途中で泣いてしまいました。
よしもと新喜劇を見ていて、(笑いすぎ以外で)泣くなんて初めてです。(笑)
「しげぞうさんの孫」が、いい味を出していました……。

その後、続けて「クイズヘキサゴン」の3時間スペシャルの再放送を見ました。
僕は1人暮らしを始めてからもダラダラとテレビを見ることはしないようにしていて、
見る番組は、基本的に
・さんまのスーパーからくりTV
・行列のできる法律相談所
・1分間の深イイ話
・クイズヘキサゴン
・秘密のケンミンショー
・よしもと新喜劇
だけです。
(その他、時々お笑いの番組(エンタの神様・レッドカーペットなど)も見るが、
内容があまりにつまらなく、見るたびに後悔する。
もっとも、好きな芸人も数人いるが)
なので、今日はテレビを4時間も見たということで、大革命的な1日でした。(笑)

それから、メールのチェックとブログの追記をしようと思い、再び図書館に来たわけです。
(家にパソコンがないというのはやはり不便です)
で、とりあえず、空いていたパソコンを立ち上げてみたら、
画面の表示が粗い(文字がつぶれて見える)ので、どうにも……と思って席を変わりました。
そしたら今度は、画面の表示が暗いので、これもちょっと……と思って席を変わりました。
次のパソコンは、画面の表示はクリアだし明るいし、OKOK!!と思ったのですが、
ヘッドホンから音が聞こえない(スピーカーはONなのに)ので、また席を変わりました。
そして、4度目のパソコンで、ようやく全ての要求が満たされました。
僕がもう少しパソコンに詳しければ、どの問題にも対応できたのでしょうけど……。
(もっとも、画面の明るさを変えるやり方は、たった今わかりました!!)(笑)

それから、明日から雲隠れをします!
【ここまで、夕方に追記】

昨日、キャンパスガイドに、僕の生みの親である先輩がこられました。
具体的には、去年のAO選抜の後にガイドに参加したときのメインガイドで、
今は卒業・就職されて県外におられる先輩です。
あの先輩の生き生きとしたガイドに感動し、僕もやる!!となったわけで、
昨日は僕はメインでもサブでもありませんでしたが、飛び込んできました。(笑)

結局、その先輩以外に誰もお客がいなかったため、
夕方前まで、色々とお話を聞くことができました。
とにかく、尊敬する先輩に10ヶ月ぶりにお会いできて大感動でした。
ちなみに、ガイドの2年生の先輩がおられますが、
その先輩も、あの先輩に(ややこしい……。)(笑)誘われて入ったのだそうです。

で、その後、市内在住の高校時代の友人が家にやってきて、
結局、我が家をホテルとして開放しました。(笑)

それから、昨日の夜、「ミュージックステーション」をチラッと見たのですが、
大塚愛さんがどんな顔をされているのか、初めて知りました!!(笑)
彼女のバラード曲が好きだとは先日書いたところですが、
顔をまじめに見たことがなかった……。

掘り出し物

今日は、午後からヒマだったので、ふと思い立って西条駅周辺に出かけました。
距離的にあまり離れているわけではありませんが、
大学から山を1つ越えないと行けないエリアであること、
また、大学の近くに一通りの店はそろっていることなどから、
行きたいと思いつつ、なかなか行くことはありません。

そもそも、なぜ西条駅周辺に行こうと思ったかといえば、
今日から山陽新幹線で「TRAIN+」のキャンペーンが始まったということを知り、
西条駅に行ってそのパンフレットをもらってこよう!!と思ったことによります。
理由は単純なのです。(笑)

ただ、それだけで帰ってはもったいないので、
大学で買ってもよかったJRの切符を西条駅で買ってみたり、
郵便局のATMで金の出し入れをしてみたり、しました。

でも、切符にせよATMにせよ大学でも済ませることのできた用事であって、
もうちょっと山を越えた意味をもたせなくてはと思い、
市立中央図書館に行ってきました。
東広島市民になってすぐカードは作ってもらったのですが、
それ以来行っていなく、「ペーパー会員」(?)状態だったのです。
ただ、以前から読みたかった「最高学府はバカだらけ」が置いてあって、
カードを作って5ヶ月、ようやく本を借りました。(笑)
今日の大学の状況、とりわけAO入試の状況はどうなのか、じっくり読んでみます。
で、ついでに、蔵書検索のパソコンで「川嶋あい」を検索してみたら……。
何も出ないだろうと思いきや、6件もヒットしました!!
僕も持っている「最後の言葉」「16歳の白い地図」はもちろん、
それ以外のエッセイなども所蔵しているのです。
ということで、
・蒼い旅の続き(エッセイ)
・いじめられている君へ いじめている君へ(オムニバス)
・青春のころ 生き方を考えるヒント(オムニバス)
の3冊も、あわせて借りて帰りました。

さらに、駅周辺まで出てきたついでに、ブックオフにも寄りました。
大学の近くにもありますが、こちらのほうがずっと大きいので……。
そうすると、なんと、シングルの105円のコーナーに、川嶋あいさんの
「525ページ~プロローグから~」がありました!!
このCDは、のちに発売される「525ページ」の先行版で、
おそらく、絶版になっているはずです。
「525ページ」と「525ページ~プロローグから~」では中身も違っており、
これぞ、ファンなら持っておきたい1枚というやつです。(笑)

とにかく、今日は西条駅周辺まで行ってみて大正解でした。
すべて、今回の「TRAIN+」を山陽新幹線でやってくれたJR西日本のおかげです。(笑)

列車が駅に着きますと……

今、東広島にいます。
あわただしいでしょう?僕の夏休み。(笑)

1週間程度こちらに滞在し、後半は再び萩に戻る予定です。
青春18きっぷを使うから交通費は安いし、
僕の小遣いで買った切符なので家計に与える影響もないわけですが、
何か、行ったり来たりでもったいないですね。(笑)

ということで、今日は、

東萩→長門市→厚狭→西条

と乗り継いで、5時間40分かけて帰ってきました。
厚狭から西条まで乗り継ぎなしで、223系のシート(115系)で帰れるというのは、
よく考えれば、楽な限りです。

で、この区間では、徳山駅・広島駅で車掌さんが交代し、
都合、3人の車掌さんのお世話になったことになります。
厚狭から徳山までが若い女性、徳山から広島までが若い男性、
広島から西条までがベテランの男性だったのですが、
若い男性の車掌さんの放送を聞いて、吹き出しそうになりました。

広島・岡山近辺では、

列車が駅に到着した際開くドアに手を触れていると、
手がドアに引き込まれる恐れがある。
ドアから手を離して待っていてほしい。
また、小さな子供を連れた人は、特に注意を。

という内容の放送が、不審物・携帯などの放送と同じ頻度でかかります。
で、あの車掌さん、まだ経験が浅かったのか、

「列車が駅に着きますと、ドアが開きます。
 ……その際ドアに手を触れますと、(略)」

と言うように、しょっぱなから当たり前のことをおっしゃいました。
思わず「そりゃそうやろ!」と頭の中でつっこんでいた自分がいました。(笑)

母校に帰る

今日は、大学の「スチューデント・アドミッション・カウンセラー事業」の一環として、
高校に行って講演をしてきました。
これは、今年度から始まった事業で、
入学センターの学生スタッフの中から希望者が募られました。
ただ、僕は希望者を募る前から入学センターの先生に推薦されていて、
晴れて、今日の訪問となったわけです。

具体的には、放課後の16時45分から、希望者を対象に

1.「今の僕について」
 「広島大学総合科学部総合科学科の1年生である」「3つの組織に所属している」
 「東広島市で一人暮らしをしている」という3つの側面から、
 大学生としての僕の現況を報告する

2.「高校時代の僕について」
 高校3年間を振り返り、僕がいつどのようなきっかけで広大の受験を決めたのか、
 また、どのような受験をして合格したかを紹介する

3.「広島大学について」
 東広島市への移転のことを中心に、広大の歴史を振り返る

4.「バーチャル・キャンパスガイド」
 学部や施設の写真を使って、キャンパスガイドを行う

5.「皆さんへのアドバイス」
 高校3年間の経験から、後輩たちにアドバイスをする

の5本立てで、50分ほど講演をしました。

行く先は母校なのだし、そこまで大勢の生徒が集まるわけでもないだろうとは思うものの、
柄にもなく、13時ごろから家で緊張していました。(笑)
で、16時20分ごろに家を出て、高校の受付で挨拶をして、
「応接室」(今日の会場)に通されました。
どうも高校には応接室が複数あるようで、その部屋が応接室だとは知りませんでした。
何かこう「打ち合わせ室」か「ミニ会議室」みたいな感じかと思っていました。(笑)
とりあえず壁には校長先生の写真がズラーッと並んではいるのですが、
普通の長イス・長机が並んでいるだけで、床もカーペットではないので……。
ちなみに、卒業式の日に各クラス・部活などから注文された花束はここに置かれます。
ということで、僕にとっては、卒業式の後、友達と2人で花束を取りに行った、
思い出の場所(?)でもあります。

で、そろそろ「スチューデント・アドミッション・カウンセラー事業」の話に戻すと、
僕の講演を聴きに来てくれたのは、3年生3人・2年生4人・1年生17人でした。
1年生が多かったために、予想よりかなりの大盛況となりました。
なぜこれほどまでに1年生が多いのかというと、
今日のお世話をしてくださった進路指導課の先生というのが、2年の時の副担任の先生で、
今担任をされている1年理数科(まさに僕たちの1世代下)の生徒を
多く連れてきていただけたためです。
(つまり、サクラですね)(笑)

ところで、「スチューデント・アドミッション・カウンセラー事業」で何をやるかは、
基本的に、すべて訪問する学生に任されています。
なので、今日しゃべった5つのテーマも、50分という時間も、僕のアイデア。
そして、50分という、高校の授業ひとコマ分である時間を絶対退屈させまいと、
しゃべる内容についてはかなりの工夫をしたつもりです。
まず、学部や入学者選抜に関する話は一切していません。
(そもそも、「スチューデント・アドミッション・カウンセラー事業」の趣旨がそうなのです)
そして……、「ここで絶対笑わせる!」という箇所を、何箇所か設けました。

そしたら、4個所が見事に当たりました!!(笑)
たとえば、キャンパス内の「ぶどう池」という池が隠れた告白スポットであることについて、
  「それから、あの~~、まだ経験がないので何とも言えないんですけど、
   ぶどう池のほとりは実は告白スポットなんだそうです」
と言った時、また、キャンパス内のローソンについて
  「このローソン、実は24時間営業じゃないんですね。
   8時から5時までで、しかも、土日は閉まっているというね、不思議なローソンです」
と言った時などなのですが、
単なる事実を言ったに過ぎないのに笑ってもらえたということは、
やはり、僕の話法がいいからなのでしょうか。(笑)
また、そろって笑ってもらえたのがその4個所であるというだけのことで、
その他の個所でも、チョイチョイ、笑ってくれる人はいました。

まぁそんなわけで、僕の「スチューデント……事業」(笑)は滞りなく終わりました。
最後にアンケートに回答してもらったのですが、
・「裏情報」(=キャンパスガイドのこと)など面白い内容もあって楽しく聴けた
・笑える話があってよかった
・最後まで飽きずに話を聞けた
など、嬉しい意見がところどころにあって幸いでした。
あと、5つのテーマについて5段階で評価してもらったのですが、
「バーチャル・キャンパスガイド」の評価の平均が4.82と高くて、
本家の「キャンパスガイド」のほうでも頑張っていかないとなと思いました。

こうして考えると、今日の「スチュー……事業」(笑)は、
僕の入学後5か月にやったことの集大成だったかと思います。
大学説明会でのスピーチよりはるかに長く話をしたり、
写真を見せながらのキャンパスガイドをやってみたり、
しかもそれを母校でやったということで、すごく貴重な経験だったと思います。
で、実は、この事業にも謝金が出るのです。(ただし、交通費の支給は今回はなし)
一石二鳥というやつです。(笑)

成績

書き忘れていましたが、前期の成績の科目ごとの一覧を見ることができました。
結局、文系の科目は秀か優、理系の科目は優か良ということで、
相変わらず文系のほうが成績がよいのは高校時代以来変わらないのですが、
思った以上に理系の科目で健闘したので、
順調に理系の人間に戻れつつあると感じています。
そういうわけで、2年時からのプログラムは胸を張って「数理情報科学」にしようと思います。

で、その成績を持って、母方の祖母のところに行ってきました。
それこそ祖父が生きていてくれれば、かなり喜んだだろうと思うのですが……。
いやはや、残念です。

それと……、今日は特に書くことがありませんね、えーと、
そういえば、10月に、オーストリアからのお客さんをキャンパスガイドが案内するそうです。
で、最初「オーストラリア」ということで連絡が回っていたのですが、
数時間後に「オーストリアの間違いでした」と訂正の連絡があった、というおまけつき。
どの段階で誰が間違えたのかわかりませんが、ちょっとうけました。(笑)

ところで、オーストラリアなら英語圏ですが、
オーストリアなら、僕の中でのブームであるドイツ語圏です!!
当然通訳の方も来られるそうなので、その日のガイドに参加しておけば、
思い切ってドイツ語の会話が楽しめるということです。
すでに後期の時間割を作っていますが、その時間帯の授業は奇跡的に空いていました!
(ちなみに、定例のガイドの時間である金曜午後も当然授業を空けています)
ここはぜひ、参加しておかないと!!

「あい」

ちょっとした発見をしました。
僕は、「あい」の付く歌手のことを気に入るのかなと。(笑)

言うまでもなく、その代表例は川嶋あいさんです。
ただ、大塚愛さんのバラード曲(「プラネタリウム」「金魚花火」など)もけっこう好きです。
それに加え、最近気に入っているのが、aikoさん。
知ったばかりの「カブトムシ」をカラオケで歌ってみて、
サビ以外のメロディーをほとんど覚えておらず、大失敗したのも事実ですが……。(笑)

その他、「あい」の付かない歌手でも、YUIさん、いきものがかりも好きです。

また、身近な人の趣味にはやっぱり影響されます。
元をたどれば、川嶋あいさんだってそのパターンだったわけですが、
誰の影響とは言わないものの、上木彩矢さん、サザンなども、最近ちょっと……。(笑)

ということで、図書館でaikoさんのアルバムを借りてきました。

体育祭

昨日の午後、恒例となっていた入学センターでの用事を済ませ、
ちょっと重いカバンを持って、バス停に向けて大学内を歩いていました。
そしたら、キャンパスガイドの先輩2名(またの名を「改革主任」という)と出会って、
1人が、持っておられた菓子パンをくれました!!
「いいんですか!?ありがとうございます!電車で食べますね。」

というわけで、昨日の午後に東広島を脱出し、青春18きっぷで萩に戻ってきました。
菓子パンは小さなロールケーキ6個入りの袋で、
広島駅を出たあたりでおいしくいただきました。
ありがとうございます先輩。(笑)

早速今日は母校(高校)の体育祭があり、友達と4人で行ってきました。
いろいろな先生・クラスメイト・後輩と話ができて楽しかったです。
たとえば、1年の時の副担任の先生。
僕たちの顔を見るや否や「彼女できた!?」と聞いてこられました。
残念ながら、まだです。(笑)
あと、2・3年の時の担任の先生。
僕の最近の入学センター学生スタッフでの稼ぎっぷりを知るや、
「はーっ!?ダメじゃのう広大!!」と大笑い(?)されました。
確かに僕も、入学センター学生スタッフの賃金のよさに本当に驚いているところです。(笑)
また、1・2年の時の数学の先生。
この先生には卒業式の日以来会ってなく、
会いたくて会いたくて仕方なかったのですが、ようやく会えました。
で、餘部鉄橋の話をしました。(笑)

クラスメイトに関しても、卒業以来会っていない人と何人か会えましたが、
1人からは「髪型が変わった」と言われました。
僕自身特にそんなつもりはなかったのですが、
確かに、卒業した時と比べると、「ずいぶん髪が伸びたよね」~~と、
例の曲の歌詞ではありませんが(笑)、思います。

後輩も、みんな元気でした。(笑)
図書委員の先生から伝え聞いている、現在の委員長・副委員長とも会えましたが、
こちらからあまり話しかけるわけにもいかず、
会釈して手を振るだけで終わったのが残念ではあります。
図書委員の仕事に相当する体験を大学生になってからしておらず、
(科学部の活動に相当する体験は、「かがくらぶ」でしている)
最近、図書委員がとても懐かしくなっているところです。

で、体育祭に行ってきて体育祭に関する話を何もしないのも変なので感想を書くと、
やっぱり、騎馬戦は今の時代にそぐわないと思う!ということ、これにつきます。(笑)
「学校公認のいじめ」に見えてしまうのは、僕だけでしょうか。
暴言を吐き、罵声を浴びせながら(去年はそうだった)相手を突き落とす競技の、
どこに感動があるのでしょう。

去年、あろうことかこの僕が上にあがることになってしまって、
2試合目で派手に飛ばされて、上半身裸の状態でバサーッと着地してしまった、
あのできごとは皆さんも記憶におありだろうと思います。(そうでもないですか?)(笑)
あのあと、当時メールのやりとりがあった後輩から
「先輩上でしたけど、大丈夫でした?」
「肩大丈夫ですか?かなり危ない競技ですよね。正直中止になってもおかしくないですね」
と、ねぎらい(?)のメールをもらったりもし、それは「けがの功名」なのかもしれませんが、
そういうことを差し引いても、騎馬戦にはネガティブな思い出しかありません。
今日の騎馬戦を見ていても、あまりいい気はしません。

自分のやりたいことだけをやるのではなく、
時にやりたくないことも体験しなくてはならないのが、学校です。
そういう意味で、「落ちたら痛いから騎馬戦には出たくない」というのは、
わがままにすぎません。
しかしながら、うちの高校の体育祭の団体競技は、
多くが「各隊(色)何人ずつ」というように、必ずしも全員が参加するものではありません。
それなのに、騎馬戦だけは否応なく参加しなくてはならないというのは、
やはり、腑に落ちないところがあります。
騎馬戦自体を否定するわけではありません。
今日見ていて、楽しそうにやっている生徒も多くいます。
彼らには、やらせればいい。
運動の好きな生徒も嫌いな生徒も、心から楽しめる体育祭であってほしいと感じます。

相当ひねくれた意見ですので、読み流してください。(笑)

では、大変遅くなりましたが、「松尾芭賞をねらえ!」の写真を載せてみます。
(ノーヒントで答えた人は、さすがにいませんでしたね)(笑)

変換 ~ DSC00434

変換 ~ DSC00448

変換 ~ DSC00459

変換 ~ DSC00489

変換 ~ DSC00549

問題の処理に忙殺され…

どうもお久しぶりです。(笑)

この2日間、忙しさのあまり学校でブログを更新して帰ることができませんでした。

とりあえず、おとといの話から。

午前中は極端にヒマだったのですが、
午後にはキャンパスガイドのガイド会議がありました。
ただ、参加者が先生1名・4年生2名・僕という少なさでした。(笑)

で、4年生の2人というのが、大学祭の実行委員をされていた方で、
いまや、大学祭の改革主任(?)みたいなポスト(学校公認)におられます。
(以下、4年生の2人を「改革主任」と表記することにする)
なので、今回の大学祭ではキャンパスガイドも大学祭の改革の一翼を担うことになり、
改革主任が開く会議へ、僕がキャンパスガイドの代表として出ることになりました。
(まさに改革主任のうちの1人こそキャンパスガイドのオーソリティーみたいな方なので、
あえて僕が出る必要はないと思うのですが、
こういった機会を与えていただけたことに感謝し、勉強のひとつとして承諾しました)

ということで、ガイド会議の後に続けて開かれた打ち合わせに、
改革主任と、実行委員の先輩3人と並んで参加しました。
そんなわけで、19時30分ごろ、疲れ果てて大学を後にしました。

続いて昨日。
昨日は夕方から改革主任の企画による大規模な会議があり、
大学祭関係の学生組織の代表、学部の教職員など、
30名近い参加者が集まっていました。
(さらに、中国新聞(広島の地方紙)の記者が取材に来られていました)
そんな中に、キャンパスガイドの代表として、1年生の僕がポツンといました。(笑)
大学祭の様子はあまり知らない(一応去年行ったのだが)し、
ましてや内部の事情など全く分からず、
1年生であることも相まって、発言など一切できず……。
やっぱり、1度大学祭を体験してみないと、あまり役には立てなさそうです。(笑)
ただ、「キャンパスガイド」としての仕事は十分にやれる自信があるので、
会議での決定事項をキャンパスガイドに持ち帰って作業する段階になれば、
できる限りのことをし、役に立てるように頑張りたいと思います。

ということで、今年の大学祭では、キャンパスガイドがかなり活躍しそうです。
色々あってすごく不安なのですが、改革主任を信じて、付いていくのみです。

そして、それ以上に不安なのが、来年度の大学祭のこと。
このままいくと、この4月には、キャンパスガイドのメンバーが3人になります!
(2年・3年・院2年)
この人数で今年のような企画をすることには無理があるだろうし、
かといって、改革主任のされたことを止めてしまうのは申し訳ないし、
今のうちから、しかも僕ごときがする心配ではないのですが、
なんとも不安なところです。

で、この2日間、別の用事で、入学センターに2時間ずつくらい通いました。
2日間とも、本部の建物の一番格調高い会議室に通されたのですが、
床はじゅうたん、座席はグリーン車(笑)で、サミットでもできそうな感じでした。
あの会議室には、普通に学生生活をしている限り絶対入ることはないでしょう。
やっぱり大学時代には、楽しいことも不安なことも、
自分から進んで色々なことを経験するべきだと思いました。

ということで、「数々の問題が生じ、その処理に忙殺され」、
この2日間は更新ができなかったというわけです。
そういえば、福田首相に「あなたとは違うんです」と言わしめた記者こそ、
われらが(?)中国新聞の記者なんですよね。
テレビを見ていて「この記者なかなかやるのう」と思っていました。(笑)

運が悪い

まずは昨日の話から。

2日間の疲れからか、朝は遅くまで寝ました。
で、食堂に行って、10時30分ごろ、朝食とも昼食ともつかない食事をしました。

それから、図書館のパソコンで前期の成績の照会をしてみました。
いつから見られるのか知りませんが、1ヶ月経つのだからそろそろ……と思い……。
そしたら、科目ごとの評価はまだ見られなかったのですが、
秀・優・良・可・不可がいくつずつあるのかは見られました!!
……で、で、思った以上に良すぎてビックリしました!!(笑)

予定では、「基礎物理学」はひょっとしたら単位を落としたかもしれず、
可も1つ2つはあるだろうな~~と思っていたのですが、
ありがたいことに可・不可がありませんでした!!

高校時代に似たようなことを書いたかもしれませんが、
去年の今(秋)頃の模試の成績たるや、ひどいものでした。
今だから書きますが、広大の総合科学部はDかEでした。(笑)
(これでも、総合科学部を考え始めた頃はCだったのですが……。)
一方、第2志望の長崎大の環境科学部はAかBだったので、
広大のAOで不合格だったら、今は100%長崎にいたはずです。
とにかく、あの受験で人生が変わりました。間違いありません。

そういうわけで、高校時代の僕を知る先生方は、
「あいつはどういうわけか実力以上のところに合格してしまった!!大丈夫か!?」
と思っておられるだろうと思うし、特に2・3年の時の担任の先生などは、
僕のことを相当バカにして……いや、心配しておられることでしょう。(笑)
次に母校に行くときには、成績をプリントアウトして持って行って、
2・3年の時の担任の先生に
「これを見ぃっちゅーんじゃ!!バカタレが!!」
と言って(笑)見ていただかなくてはなりません。

で、成績を見て安心したら、引き続いて図書館のパソコンを使い、
数日中に作らなくてはならないパワーポイントのスライド作りを始めました。
大体のイメージは頭の中に固めていたのですが、
いざ作ってみると、なんと、74枚になりました。

……なのですが、完成して保存するときにどういうわけか失敗してしまい、
途中で席を立った時に保存した43枚目以降がすべてパアになりました。
夕方前だったので、食堂に寄ってからさっさと帰ろうと思っていたのですが、
やむを得ず、食後再び図書館に戻って再び作り直すはめになりました。

そして、20時前に帰宅し、21時からの「1分間の深イイ話」を見ていたのですが、
途中、福田首相辞任の字幕スーパーが流れ、急遽、NHKにチャンネルを変えました。
同時に、「福田さんが首相になられたのって確か高3の時だったか?」と思い、
高校の卒業文集を取り出して、3年間の社会の出来事のページを読み返してみました。
(文集に3年間の社会出来事を入れることを提案し、そのページを作ったのは、
一体どこの誰でしょう。立派な編集委員がいたものです)(笑)
それにしても、続けても責められ、辞めても責められ、
首相というのもなかなか大変なものです。
(とても、大学生のコメントとは思えませんが、お許しあれ)

そういうわけで、今日は大学の生協や近隣のコンビニを回って、
読売・朝日・毎日の3紙を手に入れてきました。
安倍さんの辞任の際にもそうしたように、大手3紙の読み比べをします。

それから、今日の午前中に大学の図書館でスライドの手直しをしていたのですが、
途中で突然電源が切れ、始めの画面に戻りました。
(言うならば、突然再起動されたようなものです)
で、「何じゃこりゃ!?」と思い、再びログインしてみたのですが、
立ち上がりもしないうちから、またしても始めの画面に戻ります。
何度やっても、その無限繰り返しなのです。
仕方ないので、図書館の人を呼んで事情を説明したのですが、
どうも、パソコンが故障しているみたいです。
そのパソコンには「調整中」の紙が貼られ、隣のパソコンに移動しました。

実は5月にも、運悪く故障したパソコンを引いてしまって移動したことがありますが、
何とまぁ、運の悪い男です。
しかも、今回は、手直しの作業がまたしてもパアになったし……。
(昨日の損失に比べれば、微々たるものですが)
ただ、ひとまず、スライドは無事完成しました。
2度にわたるトラブルを経て。(笑)

実は…

実は、雲隠れは昨日の夜で終わっていました。
いつもなら、帰宅が少々遅くなろうと何らかの書き込みをしていましたが、
今回それを(昨日のうちに)しなかったのはなぜかといえば……。
今、手元にパソコンがないのです。

盗難!?破損!?いえいえ違います。(笑)
パソコンが萩にあるのに対し、今、東広島にいるのです。
所用で数日間東広島にいますので、
その間は、大学の図書館からの更新ということになります。

で、大学の図書館のパソコンは、個人ID・パスワードでログインして使うため、
デジカメの写真を取り込み、縮小して、「松尾芭賞をねらえ!」の写真を載せることは、
理論上可能です。
ただ、しばらく多忙を極めそうなので、写真は萩に帰るまで載せません。

ということで、今回は、写真なしでやってみましょう。(笑)当てたらすごいですよ。
とりあえず、僕が行ったと思う「都道府県名」もしくは「観光地」を書いてください。
(万が一当たるということがあるかもしれないので、
いつもどおり、管理者のみにチェックを入れた上で書き込んでください)

回答上の注意ですが、例えば僕が

山口県 → A県 → B県のCという観光地を見学

というルートをたどった場合、
「A県」は、通過したのみなのでハズレです。
あくまでも、目的地となった都道府県名(「B県」)か、
目的地そのもの(「C」)を当ててください。

その他、今日のできごとで書きたいことは多くあるものの、
そろそろ帰りたい(現在19時30分)ので、また明日。
プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。