スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

finish!

さて、ようやく試験が終わりました!!

10.線形代数学Ⅰ(10:30~12:00・90分)

中間テストで65点取っているので、今回は35点取れれば単位がもらえます。
なので、落ち着いてじっくりやろうと思ったのですが、
じっくりやりすぎて、やや時間が足りなくなってしまいました。(笑)
ただ、最後の方の問題は難しそうだったし、
解ける問題を確実に解いたということで、まぁよかったかと思います。

11.微分学(16;20~17:50・90分)

実はまだ終わっていません!(笑)
ただいま12時50分。メディアセンターからでした。

つづき

今度こそ、終わりました!!
あのあと一旦帰宅し、昼寝と勉強をして出直したのですが、
微分学のテスト、アレはよくできたと思います。
教科書の問題、授業後に解いて提出した問題が多かったというのもあるのですが、
問題演習はキッチリやっておいて正解でした。
で、帰って見直してみても、ほぼ合ってます。
微分学では、とにかく「可」でもいいので単位が取れれば大喜びしそうな勢いでしたが、
単位はもちろん取れたと思うし、運がよければ「良」くらい、ありそうです。
「エセ理系」から、順調に「理系」に戻れつつあるような気がします。

ということで、試験の終了とともに、1年次の前期も今日で終了しました。
大学生活の8分の1が終わったわけです。
入学し、新たな環境の中で多くの友達や先輩や先生方と出会い、
4ヶ月間、僕なりに生き抜いてきました。
明日から、2ヶ月もの長~~い夏休みを迎えることで、こういった人たちと会う機会も減り、
何となく、夏休みの長さを嘆いてしまいそうな心境でもあるのですが、(笑)
ここはひとつ、2ヶ月間、精一杯楽しむことにしましょう。
スポンサーサイト

おっと~~?

今日は、試験の5日目でした!

8.基礎物理学Ⅰ(8:45~10:15・90分)

この試験は、「無生物・無音」なら何でも持ち込みができます。
なのでどんな問題が出るかと思ったら、大問が3つあって、
1問目は、aからzまでを、物理に関する用語や公式で埋めるというものでした。
これは、授業のプリントを見れば、
漢字やアルファベットを書き間違えない限り、点を落とすことはないはずです。(笑)
ちなみに、最後の問題は「基礎物理学Ⅰは、(  z  )授業だった。」でした。

ただ、2問目・3問目はさすがに難しかったです。
何か授業で似たようなのをやったなぁ~~と思い、プリントを読み返すと、
確かに同じようなのはあるので、半分くらいは解答できたのですが……。
単位が取れているかと言われると、正直なところ自信はありません。
(持ち込みOKのテストで単位を落とすなんて、笑えませんが)

とりあえず、基礎物理学Ⅰは必修ではないので、
卒業までに必要な数の単位をそろえることができればよいのですが、
JR西日本に就職しようと思えば、まぁ、変な成績は取れないわけです。
そのため、長いスパンで見れば、「卒業までに単位がそろえば」などとは、
ちょっと、言えないわけで……。
まぁ、がんばりましょう。(笑)

9.コミュニケーションⅠB(10:30~12:00・90分)

一応、時間割上は「90分」となっていましたが、
実際は、前半17分・後半30分の47分でした。
なので、11時30分ごろには終わりました。

さて、明日がついに最終日なのですが、大物が残っています。
線形代数学と微分学です。
何かこう、文化祭と体育祭を一緒にやるような感じですね。(笑)
「楽しい行事が目白押し!」という、ポジティブな意味でではなく、
「疲れる」「準備が大変」という、ネガティブな意味でです。

Ich habe Hunger.

試験も折り返し日を過ぎ、今日が4日目でした。

6.ベーシック・ドイツ語Ⅰ(13:40~14:20)

今日のは、日本人の先生のほうのテストでした。
前回(中間)同様、ネイティブの先生のほうのテストより難易度は高かったのですが、
まぁ、それなりにはできていると……思います。
ドイツ語(・英語)に関しては、単位を落としてしまったら来年また受けなくてはならず、
ちょっと、困ったことになります。

7.現代社会と経済A(14:35~15:35)

高2・3の担任の先生や、「ドラゴン桜」の桜木先生は、
「(高校の科目名としての)『現代社会』は一般常識」と主張していました。
今回、「現代社会と経済A」に関しても、そのルールに当てはめ、
そこまで深くは勉強していなかった(のべ30分程度……)のですが、(笑)
まぁ、それでよかったかと思います。
「細胞科学」ではないですが、この科目も出題の形式が指定されており、
「語句の説明問題を5問と、論述を数問」とのことだったので、
授業をまともに受けていれば、そこまで大変な試験ではありません。
一方、授業をサボったり、まともに受けなかった人には、
何のことだかわからないような設問だったと思います。

で、特にタイトルが思いつかないので、
ドイツ語で今の心境を表してみました。
「お腹が減った」と訳します。ちなみに現在16時16分。(笑)
今日も、図書館の情報フロアからでした。今から食堂に行ってきます。

Hi, I'm a new student and ….

今日は、試験の3日目。

4.コミュニケーションⅠB(12:50~14:20・90分)

試験は、筆記ではなく会話形式で行われるとのことで、
とくに何の勉強もしなかったのですが、
結局、出された問題は……。

「2人組のペアをつくり、教科書の好きな章の会話文を暗記して発表する」

というもの。
とりあえず、いつもどおり一緒に座っていた友達とペアになり、
「Hi,I’m a new student and
 I have a few questions about the campus facilities.」
「Well,where can I make an international phone call?」
「And where is it?」
「Great.And,is there a computer center I can use?」
「Could you tell me the hours?」
「Great.Thanks a lot for your help.」
と、暗記しました。
ちなみにこの文章を書いているのが16時50分、試験の約3時間30分後ですが、
まだ、骨子は覚えていました。
(aとtheの違いや、andの欠落があった程度)

で、2人のうち1人が順番の書かれたカードを引くのですが、僕が引いたところ、
2枚取れてしまったので「Two cards!」と言って1度戻したのですが、
チラッと見えた2枚のカードのうちの1枚には、「1」と書かれていたような気がしました。
引き直したカードは「10」だったのでよかったのですが、
あの時1枚しか取れていなかったら、あやうくトップバッターを務めるところでした。(笑)
そういえば、高校の頃、音楽のテスト(歌)では、
僕が音楽の授業を受けている生徒の名簿の最後に来る人だったため、
最初に来る人とじゃんけんをして、勝ったほうが最初か最後かを決めていたものでした。
どういうわけか、僕がいつも勝ってしまい、「最初!!」と言っていたものです。
懐かしい……。
とりあえず、今日の試験も歌のテストくらい緊張しましたが、
2人で教室の前に出て、漫才師みたいにやりとりをして、滞りなく終わりました。
完璧な暗記よりも自然で元気な会話を求めておられるみたいで、
まぁ、大きな声を出したし、英語の発音はそこまで悪くないと自負しているので、(笑)
「秀」とはいかずとも、「優」くらいは取れただろうと思います。

5.細胞科学(14:35~15:35・60分)

ついにきました。にくき細胞科学!!

この授業は、出席15点・レポート15点・試験70点で成績がつきます。
「レポート」というのは、毎回の授業で出される「~~について説明せよ」という問いですが、
出席はちゃんとしているし、レポートもちゃんと出したので、
試験で70点中30点取れれば、まぁ単位はもらえるということになります。
しかも、「試験はレポートとほぼ同じものが出される」、
「必答の問題が2問と、選択の問題が9問から4問(を選ぶ)」ということが予告されていました。
だったら、70点中30点を取ることは、普通に考えれば無理な話ではありません。
ただ、そもそもサッパリわからないので、それを暗記しろというのは無理な話であって、
細胞科学は捨てて、他の科目をじっくり勉強しようかとも思っていました。
でも、やっぱり単位を落とすのは嫌やしな~~と思い、
土曜日の夜から、暗記を始めました。

やってみれば、高校の生物Ⅰで習っている内容も時々あったおかげで、
レポートの問題(10問)のうち、半分強くらいは覚えることができました。
言い換えれば、半分はあっさり捨てたということですが、(笑)
選択の問題がほとんどなのだから、
キチンと解ける問題がいくつかできれば、それでいいだろうと判断したわけです。

で、試験ですが、実際にそれでよかったです。(笑)
まず助かったのが、必答の問題のうちの1問が、授業の感想だったこと。
だから、

受験科目としての生物の勉強はしていないので付いていくのに苦労したし、
正直、取らなければよかったと後悔した。試験勉強も嫌々やっていた。
ただ、曲がりなりにも理解できてみると、
(先生がこの答案をご覧になって「理解できている」と判断されるか否かは別として)
不思議と楽しくなってきた。
総合科学部の学生として、仮に生物系のプログラムに進まないとしても、
生物の基礎的な知識は持っていたほうがよいと思うから、
この授業で、一応それを習得できたかな、と感じる。

のようなことを書きました。
(「楽しくなってきた」というのは、決してウソではありません。
どんな勉強でも、理解でき、それを受け入れる心のゆとりができれば、楽しいと思います。)

もう1問の必答の問題は、レポートの問題の2題を1つに統合したもので、
1つは捨てていた内容だったので半分程度しか書けませんでしたが、
選択の問題の4問は、捨てずに覚えていた知識を披露することができたため、
「細胞科学なんて、『可』が取れればいい!!」と思っていましたが、
運がよければ「優」くらいはあるかもしれません!(笑)
やっぱり、何事も頑張ってみるものです。

ところで、この授業は受講者が多く、試験は2つの教室に分けて行われたのですが、
うちの教室の試験官は、授業の先生とは別の先生でした。
で、紙に書かれている注意事項を読み上げるとき、

「ひょう」は、9問から4問を選択して答えてください。
……(略)……
「うら」は、必答、……あ、さっきの、「ひょう」はじゃなく「おもて」はでしたね。

という一幕があって、笑いをこらえるのに必死でした。
僕もあの時は「ひょう!?」と思ったのですが、
とりあえず9問から4問を選択せよということが分かったので、あまり気に留めませんでした。

さて、明日はドイツ語と「現代社会と経済」のテストがあります。
図書館の情報フロアからの更新でした。

I stayed at home all day long.

今日は、とくにこれといって何も……。
久々に、家から1歩も出ずに過ごしました。
いや、「久々に」ではなく、ひょっとしたらこっちに来て以来初めてかもしれない!!

それゆえに、書くことがありません。
試験があと8科目(2科目×4日)で、金曜日から夏休みです!!
あ、夏休みは、すでに1日から5日までと、7日から12日までは予定が入っています。
この忙しさ、大したものです。(笑)
6日は空いているので、平和記念式典に行ってみようかなとも思っていますが、
あれにさらに予定を入れてしまうとあまりにハードかなと思うのと、
式典に行くことだけが必ずしも立派な行為ではないなと思うのとで、悩んでいます。

化学の世界

試験中ではありますが、今日は「かがくらぶ」の活動の一環として、
広島市で開かれている「おもしろワクワク科学の世界」を見学してきました。

広島市内に行く方法として、「グリーンフェニックス」とJR山陽線とがありますが、
値段はかなり拮抗しています。
広島市内のどこで用があるかによって、どちらを使うかが決まってくるわけです。
繁華街(広島バスセンター付近)に用があるなら、グリーンフェニックスの勝ち。
(1360円)
一方、広島駅周辺に用があるなら、JR山陽線の勝ち。(1100円)

今日は、目的地が繁華街の「広島市こども文化科学館」なので、
グリーンフェニックスに乗りました。

で、どういうわけか、広島バスセンター行きのグリーンフェニックスは、
慢性的に10~15分程度の遅れが発生しています。
(逆向きの便に関しては、遅れは生じない)
おそらく、広島バスセンター行きの便に関しては、
広大周辺のバス停(8箇所)での乗車に、そのつど時間がかかるからだと思います。

今日も、広島バスセンターには12分の遅れで到着しました。

変換 ~ DSC09968

広島市民球場です。

この外壁にそって進んでいくと、こども文化科学館があります。

変換 ~ DSC09969

ここに来るのは、小学校の修学旅行以来7年ぶりです。
そういえば、あのころは学級委員でした。(笑)

で、先生や他の参加者と合流して、館内をいろいろと見学しました。
さまざまな団体(広大も含む)が、それぞれ、化学に関するブースを出展しています。
僕は、放射線を見たり、燃料電池を作ったりしました。
あと、液体窒素を使った演示実験を見学しました。
液体窒素といえば、僕が高1のとき、初めての文化祭で科学部が扱ったテーマ。
見た実験のほとんどは、あのとき経験済みでした。(笑)

そんな感じで1時間30分ほど滞在し、その後は先生と先輩で食事に行きました。
アッセ(だったか?)とかいう建物の店で、沖縄料理というものを食べました。
あの、その、えー、だから、「ナントカそば」ですよ。
3文字で、間に「ー」が入っているアレ!!
ホーキそばじゃなく、いや、それじゃ掃除道具ですが、(笑)なんでしたっけアレ、
(検索)
「ソーキそば」でした!!

とりあえず、何か、すごくおいしかったです。
ただ、添えられていたゴーヤの和えたのの苦かったのには参りました。
あと、海ぶどうのサラダも付いていましたが、あれがまたおいしかったです。
確か、祖父の法事の弁当に、海ぶどうのサラダがあったはずです。

そこで解散となりましたが、僕はもう1度科学館に戻ってひと遊びしてきました。
というのが、修学旅行のとき、ここで鉄道模型のジオラマを見たのです。

変換 ~ DSC09981

これです!!
それにしても、ずいぶん変な編成ですね。(笑)
これ以外に、300系・115系・381系(パノラマ)が走ります。
ちなみに、115系は瀬戸内色、381系は初代スーパーくろしお色です。
何でもありなジオラマです。
(日曜にはN700系が走るそうですが、ますますわけがわからなくなる……。)

それから、せっかく広島市内まで来たのだから……と思い、
暑い中ではありますが、平和公園を散歩しました。

変換 ~ DSC09985

変換 ~ DSC09986

ちなみに、平和公園(平和記念資料館)をデザインした人(丹下健三氏)は、
広大の中央図書館もデザインしておられます。
で、今「たんげけんぞう」の漢字をウィキペディアで調べたのですが、
驚くべきことに、彼は山口県立萩美術館・浦上記念館もデザインしていたことが判明!!
何とまぁ、身近なところ(実家から自転車でウン分)に……。

で、バスセンターに戻って、帰りのグリーンフェニックスまで時間があったので、
前からやりたかった、「広島バスセンターのホームに出入りするバスの定点観測」
を、やりました。(笑)
具体的には、15時12分から15時22分までに1番ホームの前を通過したバスについて、
その写真を撮っていく、というものです。
結果、全部で28台のバスが通過しました。
あと、どういうわけか、白のレジアスまでもが通過したのですが……、
あれは、道を知らない人がバスセンターに迷い込んだと判断して、よいのでしょうか?(笑)

ところで、帰りのグリーンフェニックスの出発は15時20分でした。
なのになぜ22分まで定点観測をしているのかということですが、
実は、途中で放送があったのです。

「1番乗り場のお客様にご案内します。
 広島大学・広島国際大学行きは、車両故障により、バスの到着が遅れております。」

またそんな偶然に……と思いました。(笑)
で、広島バスセンターまでもの規模となると、電車の駅のように、
何分から何分まで、どの乗り場にどのバスが入る、ということがキチッと決まっていて、
それを破ると、大事故につながりかねません。
(20秒に1台のペースでバスが目の前を通過するような、大きなバスセンターですから)
なので、遅れてしまったバスは、ややもするとなかなか乗り場に入れないのです。
ということで、23分ごろに代替車両(?)がやってきましたが、
25分発の徳山行きがホームに入っていたので、停車スペースで待避をし、
徳山行きが出たら、1番乗り場のさらに端(言うならば「0番」)の待避スペースに停車し、
ややイレギュラーな感じで乗車しました。

変換 ~ DSC00015

そういえば、乗るときにパッと目に付いた運転席のそばの備品(?)に、
「GF No.3」と書いたラベルが貼ってありました。
グリーンフェニックスの運用に就くバスは固定なので、
さては「GF」は「グリーンフェニックス」のことか!?と思うわけですが、
仮にそうだったらあれは間違いです。
グリーンフェニックスは、「GF」ではなく、「GP」です。(Green Phoenix)
「パリ」が、なぜか「s」で終わる(Paris)ようなものです。

まぁ、何やかんやありまして、家に帰りました。
「かがくらぶ」の皆さん、お疲れ様でした。

ちなみに、「定点観測」の途中で撮った写真が、デジカメの10000枚目の写真になりました。

変換 ~ DSC00001

これです。
記念すべき10000枚目は、広電の路線バスでした~~。

扇子

試験の2日目でした。

2.「哲学A」(8:45~9:45・60分)

このテストは、とにかく筆記量が多いことで有名です。
大問が4つあって、B4の用紙両面に解答するわけです。
また、「とにかく何でも書いていれば単位がもらえる」といううわさが、
まことしやかにささやかれています。
過去、ミスチルの歌詞・カレーのレシピなどで単位をもらった人がいるとかいないとか。
確かに、この授業は同じ内容が週に2回開かれていて、
僕の受けている金曜1コマ目の受講者だけでも400人近く(多分)いるので、
この先生が抱える答案の枚数は、相当なものだと予測されます。
だから、1枚1枚キチンと目を通していたら大変なことになると思われます。
そういうことで、僕も内容よりとにかく量で勝負しました。
あと、4問目は「授業の感想・質問・批判」だったのですが、
ここに「批判」を書くと単位を落とされる、といううわさも、やはりまことしやかに……。
先生いわく、
「『非難』は簡単だが、『批判』は難しい。
 なぜなら、『批判』は相手を超えていないとできないから。」
とのことで、確かにそうだな~~と思い、素直に「感想」だけを書きました。

3.ベーシック・ドイツ語Ⅰ(10:30~11:10)

ドイツ語の授業は、ドイツ人の先生の授業・日本人の先生の授業、と2つあります。
今日あったのが、ドイツ人の先生の授業のテストで、前回(中間)はかなり簡単でした。
今回は、前回よりは難しくなるかも……とのことだったのですが、
確かに難しかったのですが、それは単に「授業内容のレベルが上がった」だけで、
「試験問題のレベル」は前回と同じくらいでした。
16分で解き終えました。(笑)

あと、最近僕は学校にうちわを持っていっています。
ただ、かばんの中でけっこう場所をとるし、
暑いからといってうちわでバタバタ扇いでいるというのは、見方によってはみっともないかなと、
それに、この夏は相当な日数の雲隠れをしますが、ぜひその時のお供にと思って、
帰りにダイソーに寄って、扇子を探してみました。
で、センスのいいのがあれば買おうと思ったら、いいのがありました!!

変換 ~ DSC09967

かわいいでしょう?(笑)
この夏の必需品です。

81歳!?

今日は、事実上の期末試験第1日目でした。

1.「情報活用基礎」(13:40~14:20・40分)

大きい教室に入り、指定された席に着くという動作をしていると、
何となく、センター試験を思い出します。
あの時は、席に着いたら問題冊子とマークシートが配布されて、
しゃべるのが下手な試験官(「隊長」とあだ名をつけた)の諸注意を聞いたわけです。(笑)
懐かしいな……と思ったら、今日もマークシートが配布されました!
さすが「情報」だからか、回答はマーク式なのです。
全部で31問ありましたが、まぁまぁできたと思います。
かといって、「秀」ではないと思いますが。(笑)

大学では、
  90点以上…「秀」・80点以上…「優」・70点以上…「良」・60点以上…「可」・
  それ以下…「不可」(単位なし)
というふうに成績がつきます。
高校では、全体(母体)の平均点によって評定が付きましたが、
平均点のいかんによらず78点取っていれば「5」だったし、
数学・理科などは66点取っていれば「5」だったので、かなり厳しい世界です。(笑)

帰りに、川嶋あい「SINGLE BEST」をレンタルして帰りました。
こないだは「COUPLING BEST」を借りましたが、要はベストアルバムです。
その時の話ですが、レジでカードを出してバーコードを読み取ってもらったら、
何か、エラー(?)が出たみたいです。
で、店員さんに画面(僕の個人情報)を見せられて、
「どこかおかしいところがありますか?」と聞かれたのですが、
何と、僕の年齢が81歳になっていました!!(笑)
生年月日の登録が間違っていたみたいです。
今年が昭和83年ですから、昭和2年の生まれということになっていたわけですね。
いや、決して、僕が「生年月日」の欄を書き間違えたわけじゃありませんよ!?(笑)

明日は、1コマ目に「哲学」、2コマ目の前半に「ベーシック・ドイツ語Ⅰ」の試験があります。

明日から…

今日は、2コマ目に「コミュニケーションⅠB」の補講がありました。

この授業、いつもは定刻より10分か20分くらい早く終わることで有名(?)ですが、
今日は……何と、60分も早く終わりました。
いつもなら、授業が終わったら、混み出さないうちに学食に駆け込んで、
サッサと昼食をとって、数学の補充授業の教室に行って、
1人で涼むか、友達が来たらしゃべるか、そんな感じで時間を過ごしますが、
60分も早く終わったとなると、まだ学食に行くのも早いような気がします。
ということで、図書館でパワーポイントのスライドを作っていました。
試験が明けたらすぐに説明会のスタッフでどこかの会場に赴きますが、
そこでのスピーチは、多分前回(10分)よりも短くする必要があると思われます。
(担当の先生に会いに行ってみたら、出張でおられなかった)
なので、前回のスライドが使いまわせないので、
ところどころ削って5分バージョンに改めたわけです。

さて、明日から来週の木曜まで、ついに学期末試験が始まります。
いつもだったら、今週の月曜からは更新をしなかったはずなのですが、
「試験」というのが実に8ヶ月ぶりなもので、そのへんを忘れていました。(笑)
まぁ、高校生のころと違い、今はこのブログは僕の生存証明もかねていますので、
試験中も、続けて更新をしていくことにします。

とりあえず、必修科目(英語・ドイツ語)の単位は、落とさないように気をつけます。
(今の調子でいけば、落とすことはないと思いますが)
また、それ以外の科目は、もちろん単位が取れることを前提に頑張りたいと思いますが、
「万が一単位を落としたら、そんな科目はこっちから願い下げだ!!」くらいに、
あまりピリピリすることなくやっていきたいと思います。(笑)

明日は、3コマ目の後半に「情報活用基礎」の試験があります。

補講

今日は、3コマ目(昼休み明け)にドイツ語の補講がありました。
試験明けにもあるのですが、試験前の授業としては今日が最後です。
何か、期末の範囲は中間よりもずいぶんと濃い内容がそろっていて、
ちょいと難しくなりそうです。

それにしても、ドイツ語はとても得るものの多い授業でした。
何と言っても、海外にはまったく興味のなかった僕に、
「ぜひ大学生のうちにヨーロッパに行ってみたい!」と思わしめたのですから。
先生は立派です。
今度はこの先生を学部報の「研究室紹介」で取材できればなぁと思ったのですが、
惜しいことに、この先生は非常勤でした。(笑)

あと、今日は生協の売店で時刻表と「鉄道ジャーナル」を買いました。
組合員証(ミールカード)を見せれば1割引で買えるので、ずいぶんお得です。
一般常識では、本はどう頑張っても安くは買えませんよね。
「毎週金曜日は、書籍全品半額!!」なんてスーパー、まずありませんよね。
なので、図書カードを金券ショップで買うくらいしか工夫のしようがないのですが、
組合員になるだけで本が1割引だなんて、嬉しい話です。

ツボ

昨夜、目下の最大の敵である細胞科学の勉強をしていたら、
時々メールをくれる、高校時代の友人からメールが届きました。
彼はまさに高校で生物Ⅱを履修しているので、
ちょっとばかり、細胞科学の愚痴を言っておきました。(笑)
それでもやはり、生物Ⅱを履修していれば今でも記憶に新たなようで、
理科Ⅱの選択はちょっとミスだったかな!?と思ってしまいました。

うちのクラスの生物Ⅱの先生の指導はけっこう厳しかったみたいで、
(それゆえに、彼は今でも内容を強く覚えているのでしょうが)
その指導のあり方を巡っては、担任の先生(学年主任)と意見が食い違うこともよくあり、
いつも、(担任の先生の方が)僕たちの前でどうのこうのと言っておられました。
そのつど僕は、「またかよ、オイ!」と頭の中でつっこんでいました。(笑)

ともかく、生物Ⅱを取っておけば今そこまで苦労することもなかっただろうし、
指導が厳しいとはいえ、いい先生なので、(高2のころの科学部の顧問の先生だった)
それはそれでよかったと思います。
あの先生の指導を受けることは、高校での1つの財産になることでしょう。
もっとも、物理の先生との出会いも僕にとって1つの大きな財産になっているので、
高校で生物Ⅱを取らなかったことは、別に後悔していません。

ただ、細胞科学の授業を取ったことは、後悔しています。
「生物」というのは今までにほとんど関わってこなかった学問なので、
本当なら、今頃、得るものがたくさんあったはずなのですが、
正直なところ、あの授業から得るものは何ひとつとしてありませんでした。
やはりこれは、生物においてのみ高校での履修を考慮せず同じ授業を受けさせる、
大学側のクラス設定の仕方に問題があります。
おかげさんで、生物という学問への関心が失せてしまいましたから。
どうしても、非難の矛先が担当の先生に向けられてしまうわけであって、
僕としても、不本意なところです。
(あの先生の授業も、正直、満足はしていないが)
大学では、来年度から(?)平和に関する授業を設けるそうですが、
それより先に、生物における不平等なクラス設定を改善していただきたいところです。

久しぶりに、長々と批判的な文章を書きました。(笑)

その他、今日のできごとといたしましては、
行きつけのレンタル屋さんのレンタル料が半額になる日だったので、
川嶋あい「COUPLING BEST」(ベストアルバム)・
「思い出のアルバム~ピアノで聴く卒業ソングス~」を借りてきました。
「ピアノ」も「卒業ソングス」も僕のツボなので、すごくいいCDです。

もうけた!

試験中ではありますが、今日はちょこっとバイトをしてきました。

昨日の夜にパソコンのメールをチェックしてみたら、
キャンパスガイドの先生から、ガイド全員にメールで連絡が来ていました。
21日までに必要な冊子の製本を誰か手伝ってくれないか、ということで、
今日の午後、手伝いに行けばよいみたいなのです。
だったら、やっちゃれ!と思い、即、手伝いを名乗り出ました。
この夏があまりに物入りなもので、とにかくお金がほしいのです。(笑)

結局、今日の午後ガイドの先輩と2人で製本の作業をしていました。
具体的には、A3の用紙(両面印刷済)を2つに切って、
3枚重ねて2つに折るのです。
それを665部作りました。

こういうことをやると、どうしても、高3の最後の「卒業……冊子」作りを思い出します。
この夏あたり、クラスで集まって会をしたりしないんでしょうかね。
それを企画するなら、「同窓会世話係」の僕なのかもしれませんが……。(笑)

で、16時30分になって、作業が全て終わりました。
けっこう長くかかったな……と思ったら、先生から提案があって、
晩御飯をおごってもらえることになりました!!
ということで、先生の車で近くの定食屋さんみたいなところに移動して、
豚キムチ丼をご馳走になりました。
辛いのに参りました。(笑)
(僕が好きで頼んだのですが……。)

こうして、今日は夏の費用を稼いだばかりか、晩御飯代まで浮かせてしまいました。
いい1日でした。(笑)

学習会

今日は、午前中に友達が2名ほどうちにやってきて、一緒に勉強をしました。

僕はこれまで、一貫して、勉強は1人でやるという主義を貫いてきました。
去年の夏に祖母の家でいとこと勉強したようなこともありますが、あれは例外です。
いとこと勉強すると、久しぶりの対面による緊張の糸がほどけた瞬間、
勉強どころではなくなってしまいます。
挙句の果てには、2人そろって昼寝をしていたり……。(笑)
そんなわけで、まぁ、今のは極端な例だとしても、
誰かと勉強をして、1人で勉強をしたのより効率がよくなることなどないと思います。

ただ、大学生になって新たな人間関係を築いた今、
古くからのしきたりを捨て、新たな可能性を模索してみるのもよいかと思いました。
(オーバーですね)(笑)
ということで、午前中は3人で勉強をしました。

今回の試験の最大の山場は、何度も書くように「細胞科学」です。
初めのころは、それに並んで「基礎物理学」も山場だったのですが、
最近になってなんとなく分かるようになってきました。
ただ、「細胞科学」はどうやっても分かるようにはなりません。(笑)
高校の時の先生で、
「あの先生の授業を受けるより、教科書を自分で読んだ方がよっぽどわかる」
と生徒からたたかれていた先生がおられました。
僕も、その先生の授業を受けていて、時に「??」となることはあったのですが、
同じくらい、「!!」となることも多く、楽しい授業だったことを覚えています。
ただ、今度ばかりは「!!」となることがないのです。
総合科学部に来たのだから、1年のうちは色々な科目を学びたいと思っていましたが、
とりあえず、生物に手を出したのは失敗でした。
決して悪い先生だとは思いませんが、僕には合いません。
(こう考えると、先生という職はかなり重いものですね)

昼は、久しぶりに学食で1,000円分の食事をしました。
最近、土曜の昼に東広島市にいないことが多いのです。

7/12……広島市
7/7……岡山市
6/28……東広島市
6/21……東広島市
6/14……岡山市
6/7……萩市

という具合に……。

で、午後からは、図書館で「人文地理学」のレポートを作りました。
3回に渡ったレポートの最終回です。
「3回分出した人を落とすことはしませんから、諦めずに出してください」とのことだったので、
とりあえず、安心です。

Why?

タイトルは、手をパッと振って、気取って「ッワーイ!?」という感じで読んでください。

さて、今日から期末試験が始まりました。
もっとも、人によって普段の時間割が違っているように、
期末試験の時間割も、やはり人それぞれです。
僕に関していえば、来週の木曜まで試験がありません。
つまり、来週の水曜までは、補講(休講があった分の穴埋め)が2回ある以外、
試験も授業もないわけです。
何かこう、「プレ夏休み!」みたいな感じなのですが、遊んではいれません。(笑)

それと、今日はキャンパスガイドをやりました。
で、メインガイドを務めるはずだったのですが、……誰も来られませんでした。
記録では僕はすでに3度メインガイドを務めたことになっていますが、
実際にメインガイドを務めたことは、1度たりともないのです。(笑)
何で、僕がメインガイドをやる日には誰も来られないんでしょうね!?

で、このブログの読者に、広大志望の受験生がいるかどうか疑問ではありますが、
ちょっと宣伝をしてみます。

変換 ~ img-718173351-0001

広大では、8月7日・8日に、オープンキャンパスが開催されます。
それに合わせ、キャンパスガイドは回数と人数を増強し、計6回行います。
キャンパスガイドに来る予定のある人は、ぜひ参加をご検討ください。
また、身の回りに広大志望の受験生がいる人は、その人に勧めましょう。(笑)

カッタくん

今日は、やや変則的な1日でした。

まず、2コマ目が「線形代数学」の授業。
他の授業と同じく、今日が最終回です。
なので、成績評価についての話があったのですが、
この授業では、中間テスト40点・期末テスト40点・出席20点で点数が付くそうです。
1回欠席するごとに3点ずつ引かれるそうですが、
僕は毎回出席したので、そこはちゃんと20点あります。
とすれば、中間テストが65点だったので、
期末テストで35点以上取れば単位がもらえるということになります。
正直、期末テストでも中間テストと同じくらいは取る自信があるので
「可」ではなく、「良」あたりがつくかもしれません。

その後、友達と食堂に行って、「しょうゆとんこつラーメン」を食べました。

それからは3・4コマ目が続けて空いているので、どう過ごそうかな~~と思いましたが、
「情報活用基礎」の授業で、ネット上で2つの講義を受けて修了テストに回答せねばならず、
そのうちの1つがまだだったので、図書館でそれをやることにしました。
「オンライン情報倫理」「オンライン情報セキュリティ」の2つなのですが、
先生側に伝わるのは、修了テストの点数だけです。
ただ、一応「オンライン情報セキュリティ」に関しては、
ネット上で一通り講義を受けて(文章を読んで)から修了テストに臨みました。
で、何度受けてもかまわないそうなので、何度かチャレンジして満点にしておきました。
ただ、「オンライン情報倫理」でまた同じことを延々とするのは面倒だな~~と思って、
試しに、講義を受けずに修了テストを受けてみました。
高校の古典の先生も言われていました。
「初読でどれだけ理解できるかが重要だ」と。
「オンライン情報倫理」だって、講義を受けずに修了テストを受けてみることで、
自分の持っている力というものがよくわかるわけです。(笑)

そうすると……、1発で満点を取ってしまいました。
さすが数理情報科学プログラムを志すだけのことはあります。
こと「情報」に関しては、けっこう力があるみたいです。(笑)

このあと、僕がネット上でちゃんと講義を受けたかどうかは……。
ご想像にお任せします。

あと、その時に知ったのですが、「カッタくん」が亡くなったそうです!!
皆さん、「カッタくん」を知っていますか?
山口県民には有名だと思うのですが、
彼は、宇部市の常盤公園で飼われていたモモイロペリカンです。
日本で初めて、人工孵化で誕生したペリカンなのだそうです。
(そのことは、実は今日まで知らなかったのですが……。)
地元の学習塾(予備校?)のCMに
「君も、(勉強が)わカッタくん!!」などと登場していたのを見たこともあります。

山口放送の井上雪彦アナウンサーが亡くなられた時と同じで、
何となく、山口県の名物が1つ消えたなぁという感じがします。

ともかく、あまりに早く「オンライン情報倫理」が終わったもので、(笑)
残った時間をどう過ごすか途方に暮れたのですが、
とりあえず、生協のトラベルカウンターで、夏に使う指定券を買いました。
それから、ちょっと眠かったので、家に帰って昼寝をすることにしました。

で、昼寝をし終わったら、学校に戻って微分学の授業を受けました。
この授業も今日で最終回です。
とりあえず、今日の先生の発言で、笑ったものを1つ紹介。
3(乗)-3 3(乗)」のグラフの話になって、
そのグラフだったか、別の関数のグラフだったか忘れましたが、

「このグラフをコンピュータに描かせたら、
  『えっ、どうやってやるの?知~~らない!』
 と言って、投げ出します。
 まぁ、コンピュータはしゃべりませんけどね。」

僕以外にも笑っている人がいたのが印象的でした。(笑)

あと、ずいぶん前の話になりますが、ノートの余白にメモしていたので今日書きますと、

「俗に、こういうのを『項をサンドイッチする』といいます。
 サンドイッチとは、例のサンドイッチです。
 もちろん、これ(項)は食べられませんが。」

で、この授業が20分くらい早く終わったので、生協の書籍コーナーに行ってみたら、
現代の大学(入試制度)について述べた本が平積みにされていました。
おもしろそうなので手にとって、AO・推薦入試についてのページを読みました。
やはり、例の週刊誌と同じく、この本でもAO入試は槍玉に挙げられていました。
AO入試は低レベルな学生を量産する入試に過ぎず、
国公立大では「そんな入試はもってのほか」と、敬遠されているようです。
それでも、そうせざるを得ない現状もあるのだとか。
なかなか興味深い本だったし、新書だから1000円もしないのですが、
買おうか、どうしましょうか。

最後に、1日の締めくくりに生物の補充授業を受けて、
友達と食堂に行って、帰宅しました。

豪遊

1コマ目は基礎物理学の授業でした。
今日も、最後にやって出す問題が時間内にキチンと解けました!!
何せ、今日の問題は「授業の感想を書きなさい」だったので。(笑)

あと、2コマ目はコミュニケーションⅠBの授業でした。
今日は、試験範囲の兼ね合いから、
いつもはユニット(章)を1つやれば終わるところを、2つ目に突入しました。
で、早く終わらんかな~~と思いながら話を聞いていたら、
2つ目の章を、わずか2行残して、定刻の10分前に終わりました。
2行ならついでにやったらいいのにと思いました。(笑)

高1・2のころの数学の先生なら、次の授業の初めに、
「カラスの食べ残しみたい」
「前の晩のお茶漬けを朝食べるみたい」
「食べ残したクリスマスケーキみたい」
などと一言断りが入ったところです。
確か他にもレパートリーがあったはずなのですが、
あの先生の名言集を実家に置いてきてしまったもので、記憶だけが頼りなのです。

あと、3コマ目は数学の補充授業でした。
今日までで、数学Ⅲの「微分」「不定積分」が終わりました。
来期は、恐怖の「定積分」からスタートです。

で、最近は友達と2人での授業が常態化してきましたが、
来期からは、人数に変化があるかもしれません。
前期は「総合科学部・経済学部」というクラス分けで、たった2人でしたが、
後期はそれに「工学部・生物生産学部」が加わるのです。
ただ、受験科目を調べると、両学部とも前期は数学ⅢCが課されます。
後期・AOでは数学ⅢCは不要ですが、
まさか高校で数学ⅢCを履修していない人は出願しないだろうから、
この2学部の学生で、数学の補充授業を申し込んでいる人がいるのか疑問です。
僕としては、広い(80人用)教室に2人がポツンといて授業を受ける現状は、
けっこう気に入っているので、増えなくてもいいんですけど。
何か、ドラゴン桜みたいでいいじゃないですか。(笑)

さて、この夏の「雲隠れ」の予定ですが、
今日の放課後に図書館で時刻表を読んで、とりあえず完成させました。
すでに完成させている予定だけで、青春18きっぷ8日分です。
まだキチンと詰まっていない予定が数日分あるので、この夏は、相当な豪遊をしそうです。
(予算として、40,000円を計画しています)

J-PHONE

1コマ目は卓球の授業でした。
この授業では、毎時間けっこうな数の試合をしているのですが、
最終的に試合の数が多かった2人(経験者・初心者から1人ずつ)と、
それ以外の人の中からジャンケンで勝ち抜いた1人には、
先生から尾道ラーメンがプレゼントされるのです。

で、僕は経験者の4人の中で、ある1人と試合数の首位争いを繰り広げていました。
初めのころから抜きつ抜かれつな感じになっていて、先週の時点では同数。
つまり、今日どちらが多く試合をするかが、運命の分かれ道なのです。

ということで、今日は極力スムーズな試合進行を心がけました。
例えば、試合が終わったらサッサと記録を付け、次の相手をつかまえる、などです。
あと、普段は初心者を相手にするときにはけっこう手加減してあげていたのですが、
今日ばかりは、ゆるい球が来たらポンと返させてもらいました。(笑)

その涙ぐましい努力の結果……。

変換 ~ DSC09955


尾道ラーメンをゲットしました!
ちなみに、先週の時点で同数だった彼は、僕に試合数が「1」及びませんでした。

彼も僕も当然毎週まじめに出席して試合をやってきたわけであって、
わずか1試合の差で、尾道ラーメンをゲットし損ねたというのは、気の毒な気もします。
そういう意味では、毎週出席した学生の試合数の差はほんのわずかなのだから、
試合数が一番多かった人からマイナス5試合くらいまでの人でジャンケンをした方が、
何となく、筋が通っているような気がしなくもありません。
ただまぁ、もらったモン勝ちですよ。(笑)

それにしても、卓球の先生はいい先生でした。
すごく親しみやすい感じだし、経験者としての僕を重用してくださったし……。
体育の授業で目立つようなことが今までになかったもので、嬉しかったですね。
12年間(確か)広大に非常勤講師としてやってこられているそうなのですが、
そろそろ、体力の限界を感じておられるそうです。
僕としては、今後ともぜひ広大で頑張っていただきたいのですが……。

あと、午後にドイツ語の授業がありました。
今日は、相手に持ち物が気に入っているかどうかを聞く表現を習ったのですが、
例えば、「君、(君の)ケータイ気に入っとる?」と聞きたければ、
 Gefalt dir das Handy?
と聞きます。(正確には、「Gefalt」の「a」の上に「・・」が付く)
で、全員で声をそろえてこの質問を先生にしたのですが、
(ドイツ語の授業というのは、中1の英語の授業のようなものです)
先生は、気に入っておられないようです。
その理由は、
「古すぎるんです。5年位前のなんですけど、J-PHONEって書いてあるんですよ。
この夏あたり、いいかげん買い換えたいんですけどね。」

SoftBankユーザーとして、感動しました。(笑)
実家にもJ-PHONEのケータイがありますが(使ってはいない)、
僕としては、今後ともぜひ使い続けていただきたいのですが……。

あと、この授業ではいつも終わりにドイツ語の歌を聴いたりビデオを見たりしますが、
今日は、ドイツの公共交通に関するビデオでした。
それによると、ドイツでは、地球環境保護のために公共交通機関の利用が推奨されていて、
相当広い範囲のバスや電車が乗り放題になる定期があるみたいです。
しかもすごいのが、1ヶ月わずか4,200円(日本円)なこと。
さらにすごいのが、貸し借り自由な上、1枚あれば家族全員が一気に使えるそうなのです。
ビデオでは、4人の家族が電車で1時間30分離れた街に出かけていましたが、
これを、東広島を基準に考えることにします。
電車で1時間30分といえば、西は岩国、東は福山といったところ。
つまり、JR山陽線の岩国~福山間、路面電車、アストラムライン、
ならびにエリア内の全ての路線バスが乗り放題だというふうに置き換えることができます。
すごい定期があるものです。

それと、帰りに行きつけの大型スーパーに寄ってきました。
で、先日の大学説明会岡山会場で一緒だった先輩が、床の清掃をしておられました。
あのとき、「スーパーの床清掃のバイトをしている」旨聞いてはいたので、
多分このスーパーだろうな~~と思い、
行く時には床清掃の人をよく見るようにしていたわけです。(笑)
なので、すれ違った時に、礼儀正しく「こんにちは」と会釈をしたのですが、
どうも、気づいてもらえなかったみたいです。
会釈を返してはもらえたのですが、多分あれは「いらっしゃいませ」の顔です。
「久しぶり!」とか「元気?」の顔ではありませんでした。残念!
人並みかそれ以上に礼儀正しいと自負している僕でも、
さすがに、行った先のスーパーの床清掃の人1人1人に会釈をしたりはしませんよ。(笑)

ちなみに、その先輩というのが、小学校以来の友達にそっくりなのです。
(特に、声やしゃべり方)
なので、説明会の様子の旅行記で、その先輩の発言として
「上手だった。AOで入ったという感じがする。就職したら引っ張りだこになると思う」
というものが出てきましたが、あの時は、
先輩から言われたのか友達から言われたのかわからないような変な気分でした。(笑)

授業評価アンケート

今日の2コマ目の「教養ゼミ」の時の話ですが、
先生が、山口市に山陽線が通っていない理由についての話をされました。
かつての城下町としての風情を守るため、あえてルートから外したわけですが、
そのために、学会で山口市に行った時には、
「新幹線の新山口駅、そのころは小郡駅だったけど、
そこで新幹線を降りて、山口線っていう線に乗り換えて……」
という面倒があったそうです。
大学の授業で、鉄道関係の話を聞くのは確かこれが初めてです。
しかもそれが地元山口の話とあって、ちょっと興奮しました。(笑)
ちなみに、かつての城下町としての風情を守るために(中心部に)鉄道を通さないのは、
わがふるさとの萩市も同じことです。
市街地を大きく迂回するように鉄道が敷かれています。

あと、午後の3つの授業ですが、どれも10~30分早く終わりました!
どの授業も最終回なので、特にこれといってやることもなかったわけです。
(基本的に、授業は4ヶ月で完結します。
なので、夏休み明けにはまた新しい時間割を作って、新しい先生から授業を受けるのです)
で、「細胞科学」の授業の評価アンケートがあったので、
意見を自由に書く欄で、ちょっと苦言を呈しておきました。

化学・物理・数学には、高校で「Ⅱ」「Ⅲ」を履修しなかった人のための授業があるのに、
生物にだけそれがないというのはいかがなものか。
高校での履修の程度によらず、全員が同じ授業を受けるのは無理がある。
改善を求めたい。

これは、先生の目には触れず、直接学校に届くアンケートなので、
思いのたけを率直に述べました。
(先生の目に触れるアンケートだったら、こんな苦情を先生に言っても仕方ないので、
さすがの僕でも、慎みます)

高校で生物ⅠⅡを履修しました~~という友達に話を聞いてみると、
皆、一様に「一応、高校で習った内容もあるから……」と言うのです。
それでも「あの先生の説明は下手」だそうで、だったら僕はどうなるのだという話です。
中学生レベルの生物しか知らない人と、高校生物Ⅱレベルの生物を知っている人とが、
同じ授業を受けて、同じテストを受けて……じゃ、どう考えても不公平です。
化学・物理・数学も同様だというならともかくも、生物だけなのだから。

あと、「人文地理学」の授業で、先生がパソコンの写真をスライドショーされたのですが、
説明の途中で突然次の写真に変わったり、前の写真に戻ったり、
極めつけは、突然スライドショーが終わって初めの画面に戻ったりして、
先生が苦心されていました。
その様子を見ると、笑いをこらえずにはいられませんでした。
「この写真はナントカで、(突然スライドショーが終わって初めの画面に戻る)
あれっ、ゴメン、えーと……」

来期、この先生の「地域地理学」を取るか、「基礎物理学」を取るかは、
現在の最大の問題です。

バトン

今日は、特にこれといって書くようなことがありません。
午後から学校でテスト勉強(?)をしたくらいです。
なので、星さんのブログで取り上げられていたバトンにでも回答してみます。
(このブログで、バトンに回答するのは初めてです!!)

≪ここから≫

早くも2008年上半期が終わりました!
バトン形式で上半期を振り返っていきましょう(*ゝω・)ノ

1.上半期で楽しかったことBEST3
1)「卒業記念のクラス冊子」の作成
2)卒業後、友達とカラオケに行ったり旅行に行ったりしたこと。
(そういえば、あの旅行記の2日目・3日目が未だに書けていない……。)
3)川嶋あいさん関係のイベントに3回も行けたこと。

2.上半期で泣いたことBEST3
「友達との別れ」ということになるのかな?
特にありません。

3.上半期でムカついたことBEST3
これも、特に……。
僕のことだから、この半年間にブログで何の批判もしていないはずはないのですが。(笑)

4.1月の想い出に残っている出来事
大学の合否とは関係ないセンター試験を受験したはよいものの、
あまりの点数の悪さに、担任の先生から「かなりヤバイ!!」などなど、
あれこれとつっこまれたこと。
まぁ、正直、どう頑張っても広大には絶対に入れないような点だったので、
あの先生が何のつっこみもされない方がおかしいと思います。(笑)

5.2月の想い出に残っている出来事
「卒業記念のクラス冊子」の作成。
偶然にも、小・中・高と続けて、卒業文集の作成に関わることになりました。
高校生活の最後の最後に、本当にいい経験をさせてもらいました。
あの冊子には、棺おけに入れて一緒に焼いてもらいたいくらい誇りを持っています。

6.3月の想い出に残っている出来事
卒業後、友達とカラオケに行ったり旅行に行ったりしたこと。
最近、久しぶりにカラオケに行きたいです。
今度行った時には、男性の曲をメインに歌ってみようかと思います。
(これまで、男性の曲といえばコブクロ「さくら」のハモリしか歌っていない)(笑)

7.4月の想い出に残っている出来事
学部のオリエンテーションキャンプ。
あのキャンプや、それに付随する「合班」などを通じて、
たくさんの友達ができました。

8.5月の想い出に残っている出来事
リバーウォーク北九州で開かれたイベントに参加して、
川嶋あいさんのサインをもらい、握手をしたこと!!
あのサインは、机の上の、一番よく目に付くところにおいてあります。(笑)
あと、大学の生協で、人生初のバイトをしたこと。

9.6月の想い出に残っている出来事
母校の文化祭に行ったこと。
なじみのあった先生や後輩と話ができて、とても嬉しかったです。

10.上半期にハマったもの,人,曲…etc
川嶋あいさん。
ハマり直しました。(笑)
バス。(乗るアレです)
最近、小学生時代以来のバスマニアになりつつあります。
山口と違って、広島はバス会社が多いのです!!
僕の乗り物への関心は、
小6…バス50・自家用車25・鉄道20・航空機5
中3……自家用車55・鉄道40・航空機5
高3……鉄道90・自家用車5・航空機5
大1……鉄道55・バス35・自家用車5・航空機5
という具合に推移しています。

11.上半期に撮った写メを1枚添付して、その写メを撮ったときの状況を教えてください。
変換 ~ DSC09954

たった今撮った、机上の写真です。
(デジカメですがお許しあれ)

12.下半期にしたいことをあるだけどうぞ!
バイト・旅行・単位を落とさないこと(笑)

13.お疲れ様でした。
恐れ入ります。

≪ここまで≫

興味があれば、皆さんもどうぞ。

地域調査

今日は、広島に来て初めて、広島に行ってきました。
……いや、東広島市に来て初めて、広島市に行ってきました。
今まで、広島バスセンターを利用する時に付近を歩いたことはありますが、
あれはあくまで「広島バスセンターを利用するために広島に行った」のです。
今日のように、「広島市に行くために広島市に行った」というのは、史上初。

で、変な前置きですが、何をしに行ったのかといえば、
人文地理学の授業で、地域調査に行ってきたわけです。
この授業では、期末試験がありません。
代わりに3回のレポートで成績が付くわけですが、
その3回目の課題は、
広島市の繁華街(八丁堀・紙屋町)を歩き、土地利用図を作成する、というもの。

というわけで、友達と3人で例のGreen Phoenixに乗り、広島市内へ。
原爆ドームに集合し、原爆ドームや平和記念公園で、先生の授業(?)を受けました。
それが終わったら、班ごとに分かれて繁華街に繰り出し、
土地利用図を作っていくわけです。
途中、うちわやティッシュを配っている人に何回か会いましたが、くれませんでした。
欲しかったのに……。(笑)

で、そのあと、広島県庁に集合し、周りを1周して解散。
とりあえず、広島県庁より山口県庁の方が建物が立派でした。
今日の調査を通して、広島市の繁華街が、
飲み屋街、オフィス街、商店街、銀行街(?)などと、キッチリ分かれていることを知りました。
頑張ってレポートを書きます。

さて、せっかくバス代1,360円を払って広島市内まで行ったのだから、
タダで帰っては、あまりにもったいなさすぎますよね。
ということで、朝の3人でお好み焼き屋に入りました。
調査コースのすぐ出だしにある店です。
僕は、調査を始めてすぐその店を発見し、「昼はここだ!!」と決めたわけです。(笑)

その店なのですが、すごくおいしかったです!
お好み焼きは関西風で生きてきた(?)ので、広島風は食べなれないのですが……。
ハンバーガーのように、下から順に生地・キャベツ・豚肉・麺・生地となっていて、
縦に食べるべきなのか、上から1層ずつはがして食べていくべきなのか悩みました。(笑)

その後は3人で別々に行動したのですが、僕はデオデオ(電気屋)とダイソーに行きました。
どこへ行っても、ダイソーは欠かせません。(笑)
で、高校時代の地理のプリント(またの名を「世界最強の地理参考書」という)用の
「クリアブック40ポケット」を3冊買っておきました。

あのプリント、実家の押入れに眠らせておくつもりだったのですが、
もったいない気がして、6月に帰省した時に持って帰ったのです。
それ以来、そのまま棚にバサッと置いていましたが、
あのプリントは改めてちゃんとしたファイルを買って整理する価値があると思い、
今日、ファイルを買ってきたわけです。
今受けている人文地理学の授業をもって(つまり、来週の月曜をもって)、
大学での地理の勉強は、多分終わります。
(後期に「基礎物理学」と「地域地理学」が同じコマに開かれることになっていて、
どちらを取るか、真剣に検討中)
ですが、授業はないとしても、常識として高校地理の内容くらい覚えておきたいので、
以後、折に触れてこのファイルを読み返すつもりです。

あと、今日は、この夏初めて「すいかバー」を食べました。

ところで、今日はAO選抜Ⅲ型の第1回ゼミナールがありました。
広大のAO選抜の方式には「Ⅰ型」「Ⅱ型」「Ⅲ型」とあって、
「Ⅰ型」は、出願書類・面接・小論文で合否を決めるパターンです。
週刊誌で「アホでもオッケー入試」と批判される、僕が経験したアレです。
「Ⅱ型」は、「Ⅰ型」と同様にして合格内定者を決めておき、
センター試験で基準点以上を取れば合格になるパターンです。
では「Ⅲ型」はどうなのかといえば、かなり厳しいです。
今日(1回目)、来月以降(2回目)のゼミナールに出席し、
それらのレポートや出願書類・面接・口頭試問などによって合否を決めます。
文学部と理学部物理学科が採用している方式です。

こうして考えるに、Ⅰ型はあまりに甘すぎです。
これが「推薦入試」だったら、いいんです。
推薦なら、評定平均値の制限があるし高校校長の推薦書がいるしで、
出願する段階でいくつかの山を超えなくてはならないからです。
ただ、「AO選抜」でこの内容だと、危険です。
AOの場合、評定平均値の制限はないし高校校長の推薦書もいらないしで、
僕のような人間でも、下手をするとスッと通ってしまうのです。
まぁ、学力テストで見えないところを見ていくのがAO選抜であるならば、
学力は見ず小論文の素質や人間性などだけで合否を決めるⅠ型も、
決して、間違いではないのかもしれません。
ただ、あまりに甘すぎるのも、問題があります。
件の週刊誌では、「AO」を「アホでもオッケー入試」だけでなく、
「アホなおとなを育てる入試」とも訳していました。
笑えません。

仕送り

金曜なので、授業は午前中で終わり。
午後には、久しぶりに学部報のことで集まりました。
次に、キャンパスガイドのことで集まりました。
というより、今日のガイドを終えた人に、一方的に会いに行っただけです。
来月の頭までにやっておかなくてはならない仕事があって、
それを仕上げて持って行ったら「仕事が早い」とほめられました。
(試験が始まらないうちに、ちゃっちゃと終わらそうと思っただけなのですが……。)
ちなみに、ガイドの先輩の1人は、近いうちに長崎に行くそうです。
あそこはいいところです。
僕も、この夏には「あの素晴らしいちゃんぽんを再び」な旅をしたいと思います。(笑)

あと、夜には母から仕送り(お金ではなく、物品)が届きました。
服・カバン・食べ物がメインで、おかずのもとがいろいろと入っていて助かったのですが、
さてどうしよう……と思うのが、タマネギ。
こちらに来てから触ったことのある野菜といえば、キャベツともやしだけです。(笑)
ハヤシライスのルーも入っていたので、作ってみようかと思います。

献血

昨日の夜は0時に寝たのですが、
今朝は、1コマ目の授業がないのをいいことに、9時30分まで寝ていました。
脅威の9時間半睡眠です。(笑)

で、昼休み明けの3コマ目の授業が休講になっているので、
事実上、昼休み明けは3時間以上の空き時間があるわけです。
どうやって過ごそうかなと。
家に帰ろうかとも思いましたが、今の時期、家に帰ると電気代が要るばっかりです。
なので、極力家にいないことが、節約のコツであるわけです。
ちょうどいいことに学校に献血バスが来ていたので、献血をすることにしました。

受付の時に、昨夜の睡眠時間を聞かれました。
「9時間30分です」と、言いかけて……。
いやさすがにそりゃないだろと思い、少しサバを読んで「7時間です」と答えました。(笑)
(それでも、長いと思いますが)

2回の経験上、献血の後にはいろいろといいものがもらえるので、
今日は何がもらえるかな~~と楽しみにしていたのですが、
結局、ポケットティッシュだけでした。
いや、純粋に献血に協力したいだけなのでいいんですけど……。(笑)

とりあえず、今の僕は、左手に1.5cm×3cmくらいのガーゼを付けています。
あと、右手に幅4cmくらいの包帯を巻いています。
これは、献血をした人全員につけられるものなのですが、
事情を知らない人が見たら、「腕どうしたん!?」と言われそうな感じです。(笑)

それでも時間が余って仕方がないので、図書館からブログを更新している次第です。

餃子

旅行記が完成しました!
1日目
2日目


今日は、1コマ目に「基礎物理学」がありました。
で、最後に練習問題を解いて提出して帰るわけですが、久々に、解けました!!(笑)

それから、2コマ目の「コミュニケーションⅠB」で、先週のテストが帰ってきました。
先週の今日

「何か、けっこう自信があります。」

などと書いてしまいましたが、点数は50点の41点でした。
もうちょっといいかと思っていたのですが……。

で、水曜は授業が3コマ目で終わるので、夜は時間があります。
なので、水曜の夜は家で食べることにしているわけですが、
今日の献立はごはん・餃子・みそ汁でした。
餃子は焼くだけのタイプだし、みそ汁も生みそのインスタントですが……。
最近、餃子と焼きそばが週1恒例の定番おかずになりつつあります。(笑)
あと、最近、早く夏休みにならんかな~~と思います。
高校時代は、この時期にはテストも終わりあとは夏休み!!と、
また、僕のような生徒には、ついに合唱コンクール!!と、そんな感じでしたが、
大学生になった今、8月にならないと夏休みがやってこず、
しかもまだ期末テストが終わっていないというのは、なんともつらい話です。
(その分、夏休みは8月9月の全体をカバーする、2ヶ月にもわたるものなのですが)

やっと……。

友達からもたらされた情報によれば、
母校(高校)のホームページで、やっと今春の入試結果が公表されたそうです。
山口県の公立高校では、多くが4月から入試結果を公表していただけに、
うちの高校は何をしとるんかい!!と常々思っていました。
入試結果に限らず、卒業生が母校ことを知りたいと思ったとき、
ホームページというのは、ほぼ唯一の手段であるわけです。
それだけに、ホームページの更新はなるべくこまめにやってほしいものです。

で、近くの国立大に関しては合格者数がすでに週刊誌で報道されていたので、
実のところ、別段の感慨もなかったのですが……。(笑)
とりあえず、学校で印刷して帰ったので、
知っている限りの知識で、クラスメイトの名前を書き込んでいってみます。
みんな元気にしてますかね。

さて、最近ずいぶん暑くなりました。
今日は1コマ目が卓球だったのですが、暑くて参りました。
ただ、体がドロドロに(?)なろうと、2コマ目を空けているので怖いものなしです。
一旦帰って、シャワーを浴びて服を全て着替えて出直しました。

それから、今日も放課後にプログラム別ガイダンスがありました。
今日は、それぞれのプログラムが30分の説明会を2回行い、好きな2箇所を回るのです。
とりあえず、数理情報科学・地域文化に行ってみました。

で、驚くべきことに、数理情報科学プログラムの説明会の1回目を聞きに来たのは、
何と僕1人でした。
まぁ、そのおかげで話はじっくり聞けたし、恥ずかしい相談も遠慮なくできましたが。(笑)
本当に興味があるのはここ(数理情報科学)だが、理系に難がある……と相談すると、
それでも、興味があるプログラムを選んだほうがよいとのことでした。
また、このプログラムの3本柱が「数学」「数理科学」「情報科学」で、
例えば「数学」に難があれば「情報科学」の科目を重点的に取って
「数学」の科目は無理のない程度にしておくなど、工夫すればよいとのことです。
なるほどそうだな、と思いました。
とりあえず、「本命:数理情報科学」で頑張ります。

本命・対抗・大穴

今日は、「第1回プログラム別ガイダンス」の1日目がありました。
うちの学部では2年から10個あるプログラムのうちの1つに所属しますが、
その10個の先生が、5分ずつ話をされるのです。
一通り聞いてみて、やはり数理情報科学プログラムがいいなと思いました。
今のところ、
本命……数理情報科学
対抗……地域文化
大穴……自然環境科学
という感じです。

では、旅行記の続きを書きます。

2008.夏 旅行記 3-2

朝はややゆっくり目に寝て、朝食会場へ。バイキングだったのですが、スティックパンとバターロールを主食にいろいろと食べました。で、そろそろいっぱいになったな~~と思ったところで、ご飯とみそ汁で締めにしました。いっぱいになってなお、ご飯とみそ汁です。(笑)だって、宍道湖のしじみのみそ汁ですので、外せませんよ。せっかく松江に来たんだから。(だったら初めからみそ汁をおかずに食べればよいのですが)そして、や~~食べた!!と思ったうえで、ついでに(?)ヨーグルトを食べて終わりにしました。

ところで、部屋からの景色なのですが、前の夜は暗かったのであまり見られませんでした。なのでここで紹介。

変換 ~ DSC09918


変換 ~ DSC09919


上の写真の右端に、松江駅のホームが見えています。また、下の写真には、今日の会場が写っています。どちらにも歩いて行ける距離ということになり、便利な立地です。

さて、今日は現地に11時30分に集合するのですが、それまでまだ3時間あります。果たして何をして過ごすか。あと1時間30分は部屋が使えるので、荷物は部屋に置いたままホテルの自転車を借りてそのあたりを走ってみることにしました。

変換 ~ DSC09921


変換 ~ DSC09927


「ぐるっと松江レイクライン」というバスです。存在は知っていたし、1時間弱で松江市内をグルッと回ってくれるので、僕みたいな観光客(ではありませんが)にはもってこいです。なので、ちょっと乗ってみることにしました。

ということで、ホテルに戻って自転車を返し、チェックアウトをし、松江駅からレイクラインに乗りました。運転士さんは女性だったのですが、何かこう上沼恵美子さんみたいな愉快な方で、おもしろかったです。テープの案内放送に合いの手を入れるというか、つねにしゃべり続けているような感じでした。

変換 ~ DSC09932


松江城の近くを走っています。萩と同じく、城下町です。親近感を感じます。

で、松江駅に戻るまでこの運転士さんに案内してもらおうかとも思いましたが、途中の魚町で下車。

変換 ~ DSC09946


山陰合同銀行の本店があります。で、なぜそんなところで降りるのかといえば、

変換 ~ DSC09947


この建物は上の階が展望台として無料で公開されているのです。効率よく時間をすごすなら、ここに限ります。

変換 ~ DSC09940


変換 ~ DSC09941


変換 ~ DSC09943


変換 ~ DSC09945


上から順に、東・南・西・北です。この中で特に好きなのが、

変換 ~ DSC09942


変換 ~ DSC09944


県立美術館と、松江しんじ湖温泉です。できればしんじ湖温泉に泊まりたかったのですが……。(笑)

で、景色を見終わったらまたレイクラインに乗って、松江駅で下車。ローソンで昼食のパンを買って、再びレイクラインに乗車し、会場の「くにびきメッセ」に向かいました。

変換 ~ DSC09949


すごいデザインです。松江市と東広島市はほぼ同じ人口ですが、街の構成要素は全然違うなと思いました。

で、30分早かったのですが集合場所に行ったら、学生スタッフはまだでしたが先生はすでに来られていました。また、松江会場ではZ会の方も講演や個別相談応対をされるのですが、その担当の方もすでに来られていました。そんなわけで、先生から「●●君は高校のときZ会をやってなかったん?」と聞かれたのですが、実はやっていたんですね~~。そんなわけで、僕のスピーチの中にそれとなくその事実を組み込むことになってしまいました。(笑)

時間になったら学生スタッフもそろいました。松江会場を担当するのは、僕と、2年生の男子の2人です。岡山会場より規模が小さいので、準備はすぐにできました。その後はZ会の方と「高校時代どの講座をやっていた」「『解決!センター』(Z会の参考書)は一式そろえていた」などと話をし、受付開始の時間になったら受付に立ちました。

岡山会場の人の入りが悪かっただけに、松江はもっと悪いのか……?と思っていたのですが、意に反してジャンジャンくるのです。岡山の受験生は、広大ではなく岡大に行くのでしょうかね。確かに、岡大はいい大学だと思います。都会にあって楽しいし……。

説明会の開始の時間になったら、受付を離れて会場の後ろに控えていました。で、遅れてきた人を座席に誘導していたのですが、開始の時間になってからもさらにジャンジャンくるのです。結局、最終的に受付をした人数は岡山を上回ってしまいました。どうなっているのでしょう。

で、まず入学センターの先生から話があり、続いて学生のスピーチがあるわけです。とりあえず、「ゆったりやくも」の車内やホテルの室内での脳内デモンストレーション(?)によると、目安の10分を超えてしまいそうだったので、「早口作戦」に出ることにしました。早口であっても声が大きければちゃんと聞き取れるということは、19年の人生で学んでいたことなので。ということで、僕の高校3年間を紹介し、その中から受験生へのアドバイスを6つして終わりました。

あと、最後のZ会の講演ですが、実は最初から気になっていたことがあるのです。というのが、僕は去年の8月に山口市で開かれた広大の説明会に参加して、同じく最後にZ会の講演を聴きました。で、松江に来られている講師の方こそ、まさに去年山口に来られていた方ではないか!?と思ったのです。そんな疑い(?)を持って講演を聞かせていただきましたが、やっぱり間違いない!!という確信をもったので、講演が終わったら話しかけてみました。(上に「Z会の方と話をした」と書きましたが、講師の方とはまだ話していなかった)

「あの~~、ひょっとして、昨年山口会場に来られてませんでしたか?」

すると、やっぱりそうだったようです!なので、自分が去年高校生として説明会山口会場に参加し、その時にZ会の講演を聞かせていただきました、どこらへんをどのように参考にしました、という話をしました。すごくいい講演だったのですが、その講師の方と再会し、同じ講演を大学生として再び聴くことができるなんて、感無量でした。また、「Z会の講演では小論文のことにまでは踏み込めていなかったので、小論文の対策について話してもらえていてこちらも助かった」ということを言われ、さらに感無量でした。さらに、僕はあと1会場ほど担当が残っていますが、その会場にも講演に来られるそうで、また会える!と思ってもっともっと感無量でした。(笑)

Z会の講演が終わったら、入学センター・学生・Z会の担当者がそれぞれ個別相談の応対をします。岡山では9人が僕のもとに相談に来てくれたわけですが、果たして今度は!?と期待していました。そしたら、入学センター・Z会のテーブルには相談者が来るのに、学生のテーブルには全然来なくて……。ようやく、腰の低いお父様が「●●さん…」と言って来られ、学部のことやキャンパスガイドのことについて相談してくださいました。松江会場で話ができた参加者は、前にも後にもこの方1人です。

こうして、松江会場の説明会の全日程が終わりました。後片付けをし、解散です。松江駅まで歩いて戻り、17時発の広島バスセンター行き高速バス「グランドアロー」に乗車しました。

2日間かけて、岡山・松江の学生スタッフを務めたわけですが、このことはとてもよい経験になったように思います。入学センターの先生、Z会の方、学生スタッフ、そして何より参加者の皆さんと、多くの人と交流をすることができました。また、高校生の率直な質問に応じることで、何か新鮮な気持ちになれました。「今度の模試で初めて志望校を書く。もし広大を書いて判定が悪かったら、進路を変えるべきだろうか」と質問してくれた2年生がいましたが、僕も2年前にはそんなことを考えていたな(広大ではなかったが)と、すごく懐かしくなりました。

バスは順調に走り、途中の道の駅で休憩。

変換 ~ DSC09951


朝はバイキングをモリモリ食べたとは言え、昼は菓子パン1個だったもので、さすがにお腹が減ってきます。なので、ここでパンか弁当か何かを買おうと思っていたのですが、そういうものは何も売っていませんでした。仕方ないので、自動販売機でアイスクリームを買ってバスに戻りました。

で、松江駅から3時間15分かけて広島バスセンターに到着。ここで、学生スタッフと先生とは解散。このブログにもよく登場する、東広島在住の高校時代からの友達が偶然にも同じような時間に広島バスセンターにいることになっていたので、合流して広島駅に移動し、うどん屋(やや、居酒屋寄りな雰囲気)で天ぷらうどんの大盛りを注文しました。

変換 ~ DSC09953


何かすごいですねこれ。ともかく、これをもって夕食とし、JRの乗り場へと向かったのですが、電車の時間が中途半端だったもので、マクドナルドで2次会をやりました。(笑)

2次会が終わったら電車で西条駅に戻り、友達と解散し、タクシーで家に帰りました。本当はタクシーになんぞ乗りたくないのですが、路線バスは走っていないし、自転車は家にあるしで、やむをえない選択でした。

まだあと1会場、担当が残っています。初めに希望していた場所なもので、この2会場での反省を生かして思う存分働きたいと思います。

2008.夏 旅行記 3-1

ついに、説明会のスタッフとして出張する週末がやってきました。前夜にインターネットで天気をチェックしたところ、2ヶ所とも天気は晴れの予報。幸先いいぞ!と思い、目覚ましを5時30分にセットして寝ました。

で、時間通り起きたのですが……。カーテンを開けてみると、何と外は雨。ただ、小雨だったし、晴れの予報だからそのうち上がるだろうと思い、予定通りサッサと朝食を取って仕度を済ませました。ただ、雨が上がらないのです。何で!?と思ったのですが、あくまで、そのうち上がるはず!という思いがあったので、小雨の中を強行突破して自転車で家を出ました。

ただ、家を出るやいなや、相当な本降りに変わりました。そりゃないやろ!と思い、傘を差して自転車を押して家に戻ったのですが、何かもう、その数分間で、傘を差しているのに、靴の全体と靴下の一部、ズボンのひざ下まではビショビショになりました。

家で靴下を履き替えて、ズボンをハンガーにかけて部屋着のジャージに着替えて、再びインターネットで天気をチェックしてみました。すると、1晩のうちに予報が雨に変わっていました。とりあえず僕は西条駅まで行きたいのですが、自転車で行くことはこれでは不可能です。また、歩いていくと1時間近くかかります。仕方ないので大学から路線バスで行くかと思いましたが、1時間以上後、8時17分にならないと便がありません。しょっぱなから、大変なアクシデントが待ち受けていたものです。

そうは言っても、8時17分のバスに乗れば遅刻することはないので、そうするのが最も自然な選択だと思われます。結局そのままインターネットをし続けて、7時50分ごろ家を出直しました。で、大学から路線バスに乗り、西条駅に着きました。

そしたら、これがまたアクシデントなのです!今から乗る広島・岩国方面の出発列車の表示を見てみると、「新井口~西広島間で踏切障害があって、電車が大幅に遅れている」とのこと。まぁ、特定の電車に乗りたいわけではないので、動いているなら(止まっていないなら)問題はないのですが……。とりあえず、買い足しておきたい切符があったので、窓口の列に並びました。

で、自分の番がやってくる直前、「まもなく、広島方面の列車が3分遅れで到着します」とのアナウンス。「このタイミングで!?」と思ったのですが、買い足す切符は単純な乗車券なので間に合うだろうと思い、そのままお願いしました。

ですが、発券自体はすぐできたのですが、領収書を書いてもらっている間に電車がやってきてドアが開きました。で、領収書を受け取ったらすぐ改札を通りましたが、タッチの差で乗り損ねました!周りから見ればまさに「惨めな乗り損ねの図」を演じていたことと思います。目の前でドアが閉まり、そのままさりげなくグルッとUターンしてベンチに腰掛けましたから。(笑)

結局、西条駅を出たのは9時前になってしまいました。間に合うのは間に合うのですが、初めの予定よりかなり遅れてしまったものです。ともかく、広島駅まで乗車し、新幹線に乗り換えです。初めの予定ではここから数少ない「500系のぞみ」(8時07分発の6号)に乗ろうと思っていたのですが、それも見事にダメになり、9時37分発の12号になりました。まぁ、N700系だったのでよしとします。それにしても、N700系に乗ると受験のときを思い出します。

変換 ~ DSC09891


車内にはまだ新車の香りが残ります。自由席ですが、3人がけの窓側にキチンと座れました。受験で乗ったときは、「4月14日生まれの僕の判定はA!」という意味で、「4号車14列A席」を予約しましたが……。(笑)で、景色を眺めつつ、出張のサラリーマンよろしく今日の説明会の要項に目を通していました。ただ、東広島駅を通過するシーンはキチンと見届けました。

変換 ~ DSC09895


変換 ~ DSC09896


時間と余裕があればグリーン車でも見てみたいのですが、どちらもなかったのでずっと自由席で過ごしました。で、次の岡山駅で下車。

変換 ~ DSC09897


先月にも岡山に来ましたが、まさか今月も来るようになるとは……。この45分後に、駅西口にある会場に集合することになっています。なのでとりあえず、西口のローソンで「お手軽冷麺」を買って、駅と会場とをつなぐ空中回廊のベンチで食べました。

そしてそのまま空中回廊を渡って、会場へ。

変換 ~ DSC09898


「岡山コンベンションセンター」です。集合場所は1階のロビーなのですが、まだ誰もいなかったのでちょっと写真を撮りました。

変換 ~ DSC09901


で、時間になったら他の学生スタッフや先生がやってきて、会場の準備を始めました。長机や椅子を並べて、その上にパンフレットや過去問を置くのです。あと、建物のあちこちに立て看板を立てます。ちなみに、岡山会場を担当する学生スタッフは、僕以外に2年の男子と4年の女子がいました。(大学生になると、先輩のことを「男子」「女子」と言っていいのか、「男性」「女性」と言うべきなのか悩みます)

そんな具合に準備を済ませたら、受付に立ちました。去年は岡山会場には116人来たそうで、今年は受付のプリント(時間割や会場などが刷ってある)が250枚用意されています。……が、どういうわけか、お客の入りが鈍いのです。一応、コンベンションセンターの5部屋が押さえてあって、そのうちの4部屋それぞれで1時間目から4時間目まで(別々の内容の)説明が行われるので、参加者の全員が1時間目の開始前に受付をするとは限りません。ただ、あまりに来なさすぎです。

学生スタッフは、1時間目の説明が始まったら残りの1部屋に移動しました。この部屋は個別相談用の部屋になっていて、各学部の先生や入学センターの先生、そして僕たち学生が、色々な相談に応じるというものです。

ただ、こっちにも、誰も相談に来ないのです。1時間目にはちょうど別の部屋で「全体説明」(大学の特色や入試制度など)が行われていて、来場者の多くはそちらに流れたものと思いますが、そもそも来場者自体が少ないわけで、こりゃどういうわけだ!?と思っていました。仕方ないので、パンフレットや過去問をまっすぐに並べたりと、一応仕事を探して働いていました。ちなみに、学生スタッフのあと2名は「全体説明」で短いスピーチをすることになっているため、この時間は僕1人でした。

1時間目が終わったら学生スタッフも戻ってきて、来場者もポツポツとこちらに回るようになりました。ただ、学生のコーナーには誰も質問に来ず……。ただ、ついに第1号がやってきました!受付に立っていた時に少し話をした、われらが総合科学部を志望している2年生の男子2人組です。2人とも、若さゆえのストレートな質問(?)をいろいろとぶつけてくれて、楽しいやり取りでした。

続いて、別の学部のAO選抜に興味があるという、女子2人組です。彼女らは隣のテーブル(入学センター)でAOがどうのこうのと相談をしていたので、さりげなく「AOですか?」と口を出し、終わったら学生のテーブルに回ってもらいました。(笑)

そして次にやってきたのが、これまたAO選抜に興味があるという女子。AOでの合格者として、僕は引く手あまたです。ここだけの話、3人の学生スタッフの中で僕はトップを争う人気だったと思いますよ。(笑)

こんな具合に2時間目は終わり、3時間目は別の部屋でもう1度「全体説明」が行われます。この回の短いスピーチは僕と4年生の先輩が担当することになっていたので、一旦席を外しました。でスピーチをしたわけですが、3分でのスピーチというのはかなり無理があります。僕の思いは3分では語りつくせませんから。(笑)とりあえず、自分がこういう学部にいて、そこへはAOで入って、AOで入る人はこういうことを心がけてほしいと、そんな話をしました。時間が短いばっかりに、あまり中身のあるスピーチはできなかったなぁと思ったのですが、先輩には「上手だった。AOで入ったという感じがする。就職したら引っ張りだこになると思う」と言われました。ほめられるというのは嬉しいものです。

で、再び個別相談の席に戻ったのですが、スピーチの効果があってか、総合科学部のAO選抜に興味があるという親子が来てくれました。ずいぶん込み入った話になり、僕の経験が十二分に生かされたと思います。あと、色々な人の相談を受けていて思ったのですが、AO選抜の過去問や僕の志望理由書・自己推薦書も持ってきておけばよかったと思いました。

さらにその次に、またしても総合科学部のAO選抜に興味がある女子が来てくれました。しかもこの人は僕の話を聞きながらノートにメモを取ってくれましたが、こんなことをされると、スタッフをやってよかったと思います。結局9人の相談を受けましたが、僕の回答が少しでも彼らのためになったなら、僕は嬉しいです。うちの学部を志している人には、別れ際に「学部の後輩になってね!」と言っておきましたが、果たして何人と再会できるか、楽しみにしておきます。

こうして、説明会の全日程を終了しました。結局、来場者は64名だったそうです。おかげで来た人の希望はほぼ満たされたのではないかと思いますが、開く側としては、何となくさびしいものです。この後は、過去問や余ったパンフレット(笑)を箱詰めし、机や椅子を片付けて、後片付けが完了。学生スタッフは解散となりました。3人で駅まで戻りましたが、実はあと2人のうちの1人とは、この先また別の会場でご一緒するのです。(笑)

あと2人は新幹線で広島に戻ればよいのですが、僕は今日のうちに次なる勤務地へ移動しなくてはなりません。ただ、それまでにけっこう時間があるので、駅構内に控えていた父に連絡し、アイスティーを飲んで何十分か話をしました。その後、ついに移動です。

変換 ~ DSC09902


「ゆったりやくも」で、松江に移動します!言うまでもなく、学校のおごり(?)です。もちろん普通車の自由席なのですが、説明会で高校生と触れ合って、さらにやくもにまで乗せてもらえるなんて、こんないい話はありませんよ。けっこう疲れた(重いものを持ったりも、けっこうしたので)から、ホームでアイスクリームを買って、1人でプチ宴会としゃれ込んでみました。

変換 ~ DSC09907


ちなみにこの座席、座席裏にもアームレストにもテーブルが付いています。

変換 ~ DSC09910


仮に両方を使えば、飲み物は3本までいけます。(笑)

ところで、岡山を担当した人のうち、翌日の松江も合わせて担当するのは、僕のほかに先生2人がおられます。後片付けが終わったので学生スタッフは解散になりましたが、先生方は箱詰めした荷物を運送会社に託すところまで残らなくてはならず、まだ解散はされていないのです。で、間に合えば僕と同じ「ゆったりやくも」に乗られるとのことで、ちょっと自由席車内を見回ってみたところ、2人のうち1人はおられました。ということは、あとの1人の先生が松江に到着されるのは、早くて22時前ということになります。

とりあえず僕はアイスクリームを食べたら、音楽を聴いたり、松江会場でのスピーチ(これはパワーポイントのスライドを使って、10分近くかけて行う)の台本を読んだり、寝たり、(笑)のんびりと過ごしました。

変換 ~ DSC09909


途中の駅で、普通の「やくも」とすれ違いました。

岡山駅を出た時点ではけっこう座席が埋まっていましたが、伯備線内で大体の人が降り、米子駅を出たらほぼガラガラになりました。さらに、松江駅到着前には、車内の全ての客が降りてしまいました。

変換 ~ DSC09915


松江駅でどれだけ乗ったかよく分からないのですが、山陰までの客より伯備線内の客の方が多いようですね。

松江駅に着いたら、近くの「松江アーバンホテル」にチェックイン。楽天トラベルで1泊2食付の最も安いホテルを探したらここが出てきました。5,700円です。

変換 ~ DSC09916


部屋はこんな感じで、一般的なビジネスホテルといった感じです。また、夕食は

変換 ~ DSC09917


弁当です!ただ、「弁当」とは言っても、お惣菜のようなものではなく、法事で出るような規模のものです。お刺身とか茶碗蒸しとか、久々に食べました。

こうして、学生スタッフとしての豪華な1日は過ぎていきました。

急遽……

今日の2コマ目の授業中、知らない番号から携帯に着信があり、
簡易留守録にメッセージが残っていました。
それを昼休みに聞いてみたら、説明会の担当の先生。
相談したいことがあるので、空いた時間に来てほしいとのことでした。

とりあえず、友達と学食に行くことにしていたので先に食事をサッサと済ませ、
先生のもとを訪ねました。
すると……。
僕はあさっての会場を担当する予定だったのですが、
明日の会場の担当だった学生で都合が悪くなった人が1人出てしまい、
できれば、明日の会場も合わせて担当してくれないか、とのこと。
もちろん、二つ返事で受けました。
給料は倍もらえるし、利用しないはずだった交通機関も利用できるし……。
こんな嬉しいことはないということで。

で、それが終わったら、キャンパスガイドをやりました。
今日は、記念すべき、僕の「初メインガイド」の日だったのです。
そのため、昨日の夜から頭の中で色々とシミュレーションをやってみて、
万全の体制で、張り切ってお客を待っていたのですが……。
何と、今日は1人も来ませんでした。(笑)
たいてい、多かれ少なかれ、誰かは来るのですが……。
こりゃ、僕がメインガイドをやるという情報が何らかの方法で外部に漏れ、
その影響で客足が遠のいたと見るべきでしょう。(笑)

ただまぁ、誰も来なくて正解だったかもしれません。
今日の午後(ガイドが終わってから)はもともと忙しい予定だったのに加えて、
お手持ちの切符の変更や購入も必要だったので。
ガイドの時間が丸々スッポリ3時間くらい空いたおかげで、
予定よりかなり早く、全てを済ませることができました。
とりあえず、スピーチ用のスライドの最終版と、
月曜の教養ゼミ用のスライドの仮最終版(?)は完成しました。

それにしても、最近ずいぶん暑くなりました。
我が家でも、このごろはついにエアコンが稼動しています。
学校でも、先生が教室に早めに来てエアコンをつけておられるか、
気の利いた学生がエアコンをつけてくれるか、のどちらかになりました。
ちなみに、数学の補充の時には、僕が率先してエアコンをつけ、
教室を涼しくして先生をお迎えしました。(笑)

ということで、あえて言うまでもないことですが、

変換 ~ img-704145522


こういうことです。どうぞよろしく。
僕は、絵は大の得意です。(笑)

危機一髪

今日の昼休み、携帯を開いてみてビックリしました。
「♪パンパンパ~ン☆」(ド~ソ~ド~)と、音が鳴ったのです。
つまり、2コマ目の線形代数学の授業を、マナーモードにせずに受けていたわけです。
幸い電話もメールもなかったからよかったものの、もし着信があったら、
「♪卒業アルバムに残る~」とか「♪今始まる 希望の道~」とか、
そんな音楽が、教室中に響き渡るところでした。
危なかった……。

あと、今日の微分学の時間にはレポートの作成がありました。
要は、問題を出されて、それを時間内に解くのです。
だったらテストと同じじゃないかと思う人がいるかもしれませんが、
テストと大きく違うのが、今日は何を見てもよいということです。
先週の先生の言葉を借りるなら、
「自分のものなら、教科書・ノート・参考書、何を見てもかまいません。
 ただし、人のを見てはダメ。自分のものだけです。
 あと、こんな人はいないと思いますが、
 そこの図書館から本を100冊借りてきて持ち込んでも、もちろんOKです。」
という感じです。
前にも書きましたが、先生の話は時にかなりオーバーなのです。
しかも、それを「おもしろいだろう」みたいな顔をせず、あくまで真顔で言われます。
なので、僕はつい笑ってしまうのです。
とりあえず、このレポート(10点)でいい点を取らないことには、
微分学の単位取得は危ういですので、
家から高校数学Ⅲの教科書・参考書でも持っていこうかな~~と思っていました。
で、忘れました。(笑)

ただ、結局持ち込んでも何の役にも立たなかったと思います。
しょうがないので、ルーズリーフのファイルをめくって哲学のノートなど見てみましたが、
残念ながら何のヒントも書かれていませんでした。(笑)
教科書を読みに読んで、どうにか問題を全部解きました。

ところで、微分学の中間テストがあってから1ヶ月がたちましたが、
未だに、答案が返してもらえません。
さすがに採点は済んでいるはずなので、先生の研究室に行けばもらえるかと思いますが、
何かちょっと、行くに行けません。
高2・3の時の担任の先生だったら、
「お前は誰から微分学を習っちょるんかっちゅーんじゃ!!
 こんな点とって、よう研究室まで顔出すのう!!」
と言って、答案を投げられる可能性があります。(笑)

あと皆さん、今日から「その男、副署長」(第2弾)が始まりましたが、
あの番組の終わりはぜひ見ましょう!!

変換 ~ DSC09890


川嶋あいさんの新曲「カケラ」が主題歌になっています。
ちなみに、昨年放送された第1弾でも、新曲(「君に・・・・・」)が主題歌でした。

あと、今日、大学内の旅行センターに行って、キップを買ってきました。
その代金は「大学の旅費で」と申し出るわけです。
気分いいですね~~。(笑)

来週の月曜の「教養ゼミ」で、パワーポイントを使って発表をしなくてはいけません。
今日ようやく説明会のスピーチ用のスライドができたのですが、
早速、次のスライドの用意が要るわけです。
なぜとは言いませんがこの週末は忙しいので、(笑)
今日・明日で仕上げないと、大変なことになります。

ホテル探し

今日の「コミュニケーションⅠB」で、テストがありました。
このテストにどのくらいの重みがあるのかわかりませんが、
何か、けっこう自信があります。

あと、3コマ目は恒例の数学の補充でした。
(これに限らず、どの授業も恒例ですが……。)(笑)
いつも書くように、この授業はかなり楽しみです。
まず、先生の教え方がわかりやすく、ユニークな人柄がまたいい!
それに、受講者が2人なので雰囲気はとても落ち着いていて、
友達同士だから、気兼ねをすることもない!!
(これが見知らぬ同士だったら、大変なことになりますよ?)(笑)
それに、高校の数学をやっていると、
大学の数学を忘れることができて、安らかな気分になるのです。

授業が始まる前にもう1人の人といろいろと話をしていたのですが、
「よしピーの携帯、『ステーション』入ってる?」と聞かれました。
そう言われても、携帯は通話とメールにしか使わんからなぁ……と思い、
いや、でも、確か説明書にそんな言葉があったような気がするぞ?……とも思い、
とりあえずここは正直に
「何か説明書に書いちゃった(書いてあった)ような気はするけど……。
 通話とメールにしか使わんから、ようわからん。」
と、答えておきました。(笑)
そうすると、その人が教えてくれたことには、
SoftBankの携帯には「ステーション」というのが入っていて、
ちょっとした暇つぶしにはもってこいなのだそうです。
例えば、雑学の小話集(?)みたいなのが読めるみたいです。
まぁ、他社の携帯にも似たようなものはあるだろうと思いますが……。

で、実際に携帯でその雑学の話を見せてもらったのですが、
(つまり、その人は数少ない「タダ友」の1人なのである!!)
皆さん、夜眠れない時、羊を数えますよね?
数えない人も、とりあえず今は数えることにしといてくださいね。(笑)
あれはなぜかというと、
「羊」を英語で言った「sheep」と「sleep」とが似ているからだそうです。
つまり、本来は、英語で数えてこそ意味があるということになります。

近頃の携帯は面白いモンが入っとるな~~と感心しましたが、
よく考えてみれば、僕の携帯の方が新しいものと思われます。
とりあえず、僕は携帯の機能に関してはとことん疎いのです。
ついこないだまで、「赤外線通信」の存在を知らなかったくらいですから。(笑)

それと、今日は2年生の研究のポスター発表会がありました。
1年後には同じことをするわけで、ちょっと見学してきたのですが、
研究のテーマが実にバラエティーに富んでいて、感動しました。
ちなみに、僕はすでに何の研究をするのか決めています。
この研究では、論文・ポスターのグランプリにはそれぞれ賞金が出ます。
額がすごいです。確か6ケタです。
なので、当然それを狙っていこうということになるわけで、
何の研究をするのかは早く決めておくに越したことはありません。
もっと言えば、自分の関心と結び付けられるテーマを研究できるなら、
やはり、それに越したことはありません。
ということで、僕の研究テーマのジャンルは……、ご想像の通りです。(笑)

それから、大学の説明会の担当の先生からメールをもらい、
無事、僕の前泊が認められたとの連絡を受けました。
で、「どこに泊まれ」とか「いくらまでで」とかの指示がなかったので、
どのホテルに泊まるかは、僕が自由に選んでよいものと思われます。
だったら思いっきりリッチなところに!!なんて思ってしまいますが、
さすがにそれもちょっとまずいような気もするし……。(笑)
とりあえず、駅から近くて、2食付のホテルを探し、
その中から一番安かった、1泊5,700円のところを申し込みました。
明日、大学の旅行センターで、交通機関のキップを買ってきます。
プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。