スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日で1月も終わり。
また、3年生の授業も今日で終わり。
(来月にも登校日はありますが、授業はありません)
3時間目の古典が、高校生活最後の授業となりました。
ただ、僕ときたら、そのことにまったく気づいておらず……。
先生「図らずも、私の古典が皆さんの高校生活最後の授業に……」
僕(ハ!?えっ!?高校生活、最後?もう!?あ、本当や!いや~~、早!)(笑)

で、古典の授業の冒頭に話があったのですが、僕は皆勤賞です。
これについては、学校から表彰されることになっており、クラスに6名いるのだとか。
「賞状の準備があるから、卒業までもう絶対休むな!
 泣きたいことがあっても、学校には来い!」
とのことでした。(笑)
何か、この時期になると、ものすごく学校(クラス)に情が湧いてきます。
たとい泣きたいことがあろうと、学校には行きます!(笑)

ところで、実際は僕は早退を1回、欠席を2回しています。
後者はAO選抜の受験のための欠席で「出席停止」の扱いになるのですが、
前者は「おじいちゃんが危篤だ」と授業中に呼び出されての早退で、
その日のうちに祖父が亡くなったので、「忌引き」の扱いです。
(ちなみに、お通夜は金曜の夜、お葬式は土曜だったため、その分の欠席はなし)
で、思うわけです。
もしあの日に祖父が亡くならず、奇跡的に回復したりしたとすれば、
当然「忌引き」にはならず、僕の皆勤賞はなかったな……と。
祖父の命と引き換えに得た皆勤賞です。誇りに、大事にしていきます。

さて、最近僕は、進路の決まった者なりに(?)忙しくしています。
まず、卒業式の日に担任・副担任の先生に花束や記念品を渡す段取りを立てること。
これ、進路の決まった別の人から「自分たちがすべきではないのか」と相談され、
なるほどそうだな~~と思い、その人とタイアップすることにしたわけですが、
今は全員から500円ずつの集金をさせてもらっているところです。
額としてはけっこう大きめなのではないかと思うので、
実は、中には反発する人もいるのではないかと内心心配していました。
このブログを読んでいる人ならおわかりでしょうが、
担任の先生という人は、かなり独特なキャラクターを有しておられますので。(笑)
僕でさえ、時にその態度や言動に反発を覚えることがありますから、
(もっとも、センター試験の点数については、僕の方にも責任があるのだし、
お互いの考え方の相違ということで、もう納得しましたが)
常日頃から注意を受けているような人となると、あまり気乗りしないだろうと……。
また、クラスの人たちは今から国公立の2次試験を控えているわけで、
進路の決まった人間にどうして指図されんにゃいけんのじゃ~~とか、
やっぱり、思う人もいそうですよね?
そのため、なんとなく集金はしづらかったのですが……。
みんな、思いのほか好意的なのです。
「ありがとう」とか「ご苦労さま」などと声を掛けてくれる人も多くいたし、
今日忘れた人も、「取りに帰る」とか「人から借りる」とまで言ってくれるのです。
来月は登校日が飛び飛びなので、今日までに支払うよう協力を求めていましたが、
別に僕は卒業までに払ってもらえれば文句はないので、
ああ言ってくれれば、「いや、そうまでせんでええよ。」と気持ちよく言えるわけです。
何か、ちょっと感動しました。

あと、今日の放課後、上に出た「進路の決まった別の人」と2人で先生に呼ばれ、
卒業記念の冊子を作れるのはお前らしかいないから、作るなら作りなさいと、
その上で必要なことがあれば声を掛けなさいと、そのように言われました。
即決で作ることになったので、進路の決まった者なりにもう少し忙しくなります。
思えば、中3の時も、推薦で進路を決めて卒業文集作りをやったものでしたが、
まさかあの時と同じパターンになろうとは、半年以上前の僕は想定していませんでした。
それこそ、大学の合格にしても、祖父の命と引き換えに得たものなので。
(祖父の死をきっかけに伯母との交流が盛んになり、
選択した大学は、伯母からすすめられたところだったので……。
伯母からのすすめがなかったら、絶対に考えなかった進路でした)
スポンサーサイト

今日もやっぱり書くことはありません。
そこで、去年の今日の記録を読み返してみました。
(長く続けていると、こういうときに便利ですね)

2007年1月30日「目に青葉……」
今日から古典の授業で俳諧が始まりました。
その中の先生の説明で、危うく声をあげて笑いそうになりましたよ。
「……前略……
 (真顔で)目に青葉 ……山初がつお えー…… ホトトギス、か?
 ……後略……」
先生!「山ホトトギス 初がつお」でしょう!!
(後半省略)

「山初がつお、ホトトギス」!!あったあった!!(笑)
いや~~、あの時のことは、今でもよく覚えていますね。
どう頑張っても、「山」と「初がつお」はセットにはなりませんから。
先生のセリフを借りれば、「お前は宇宙人か!」です。(笑)

おもしろいので、2年前の今日の記録も読み返すと……。

2006年1月30日「区切り」
僕の高校では、「数学Ⅰ」「数学A」の2つの数学を学習しています。
中学生の皆さんにもわかるように言うと、
 数学Ⅰ……式の計算・因数分解・関数・方程式など
 数学A……組み合わせ・確率・図形の性質(証明など)など
なのですが、今日で数学Aが終わりました。数学Iももうすぐ終わりです。
数学に関しては、高1のうちに高2の授業に入っておくというのが常識だそうです。
で、数学Aについては高2の「数学B」にまだ進まず、高1の復習をするそうで。
さらに、3学期になってから学習した数学Aの範囲については、第5回考査の一部を
来週繰り上げて実施するそうです。
先生が言われることには、ちょうど今が「区切り」だそうです。
(後半省略)

あったあった!いや~~、ホント、あった!
「高1のうちに数学Ⅱの授業に入るのは常識」という言葉も、何となく思い出す!
で、その「高1の復習」というのが、市販の問題集でなされたのですが、
それが範囲になった第5回考査数学Aのテストの平均点が、
確か38.5点だったんですよ。
いつもは、クラスの数学の平均点は50~65点くらいなのですが、
この時だけ格段に悪かったのを覚えています。
で、先生は、「全員に80点くらい取ってもらうつもりだった」と苦笑されていました。
(テストの出題は授業で使った問題集からほぼそのままの形だったし、
授業前に予習をし、授業を受け、授業後に復習もしているはずだから……
という理由でした)

ついでに、1ヶ月前の記録も読み返すと……。
(だんだん、何でもありになってきていますね)(笑)

2007年12月30日「お知らせ」
【「松尾芭賞をねらえ!」の写真】
 こちら

【「旅行記」の完成状況】
1日目 …… こちら
2日目 …… しばらくお待ちください。
3日目 …… しばらくお待ちください。
4日目 …… しばらくお待ちください。
5日目 …… しばらくお待ちください。

【「6日完成2007年」の完成状況】
1・2月 …… こちら
3・4月 …… こちら
5・6月 …… こちら
7・8月 …… こちら
9・10月 …… こちら
11・12月 …… こちら
(全文)

何の面白みもないことが書いてあったのでした。(笑)

今日も、学校でのことに関しては特に何も……。
あ、古典の時間の先生の話はなかなか味があってよかったです。

午後からについても、これまた特に……。
何か、あっと驚くようなできごとは起こらないものでしょうかね。
家に帰ってみたらそこに東国原知事と橋下知事がいたとか、
窓の外を見たら500系新幹線が走っていたとか……。
(ともに、ありえませんね。)(笑)

ついに、卒業までの登校日がひとケタになってしまいました……。
が、今日は学校に関しては特に書くようなことはありません。

昨日の夜、お年玉付き年賀はがきの当選番号をチェックしました。
僕宛に届いた25枚、印刷し損じ・書き損じで手元に残っている7枚が対象です。
確率としては、切手シートが1枚当たればラッキー、くらいなのですが……。
やっぱり、世の中は数学で成り立っていますね。(笑)
切手シートが1枚当たっていました。

あと、僕から皆さんに出した年賀状の番号もすべて控えているのですが、
このブログの常連の方に出した年賀状も、切手シートが当たっていますよ。
(いやらしい……。)
心当たりのある方は、コメントでも寄せてください。(笑)

次。今日の話です。
とある人物に、その将来を左右するかもしれない郵便物を出さねばならず、
学校から帰ったら、中身をそろえたり手紙を書いたりしていました。
で、それが終わった頃には、悪いことに雨が……。
しばらく様子を見ましたが、上がるようにはありません。
いつもなら「じゃ、明日に」とでもなるところですが、
この1日が将来を左右するかもしれない(しつこい)ので、
雨の中、自転車で強行突破してきました。

僕の家というのが、歴史をさかのぼればお殿様が住んでいたような場所なので、
環境は申し分ないのですが、生活するにはやや不便です。
牛乳がないとか、金を下ろしたいとか、切手がほしいとか、コピーがとりたいとか、
それだけのことでも、満たすにはけっこう時間がかかります。
たとえば、最寄の郵便局へは、自転車で7分・歩いて20分といったところ。
ということで、雨にぬれながらどうにか郵便局に着き、
窓口のはかりに載せてもらったら……。
表示された金額が、なんと580円!
実は、財布をズボンのポケットに入れたら濡れるだろうと思い、
濡れても平気な小銭(250円)しか、ポケットに入れずに来たのです。
もちろん、額が足りません……。
1000円札を1枚入れておこうかとか、キャッシュカードも持っておこうかとか、
そういう知恵もあるにはあったのですが、「250円あればええやろ」と思い……。
仕方ないので、「お金が足りませんでした」とことわりを言って、
一旦家に帰り、出直してきました。
都合、雨の中を郵便局まで2往復もしたことになります。
どうか、あの郵便物で相手の将来が良いように左右されてほしいものです。

買い物

今日、1人暮らしに備えての家電製品の買い占め(?)をしてきました。
テレビ・冷蔵庫・洗濯機・カラープリンタ・電子レンジ・オーブントースター・
炊飯器・ガス台の8つで、しめて17万円くらいになりました。
(値段については、かねてから顔見知りの店員さんであったこともあり、
けっこう勉強してもらいました)

ちなみに、炊飯器ですが、最終的に決めた理由はというと……。
「何かこれ、特急『スーパーひたち』に似ちょる!!」
選択肢をズラッと眺めたら、そのうちの1つだけが強烈な印象を与えたんですよ。
で、よく考えてみると、フォルムが「スーパーひたち」そのものだった、と。
それだけの理由で、炊飯器を選びました。(笑)
デザインは大事です。

あと、昨日から「TRAIN+」の新バージョンが始まりましたが、
今回の路線は、山陰本線の下関から益田までですね!
というわけで、昨日、東萩駅で記念入場券を買ってきました。

20080127215259.jpg


買ったのは午後3時ごろだったのですが、通し番号は「0007」でした。
すでに、6人もの鉄道ファンが購入したことになります。ちょっとビックリ!

下関~益田間が2日乗り放題になるお得なフリー切符も発売されたことだし、
萩を離れる人間として、最後の思い出にこの切符で旅行しようと思います!
贅沢を言えば、せっかくキャンペーンの対象を益田までにするのだから、
「みすゞ潮彩」の運転区間もそれに準じて益田までに延長して欲しかったなと……。
(ダイヤ的に無理であるなら、せめて東萩まで)
下関や長門市ではイベントもあるようですが、東萩や益田では何もなく、
キャンペーンの対象になりながら、取り残されている感じもするし……。

あと、「みすゞ潮彩」という列車名ですが、以前から気になって仕方がありません。
まったく同じコンセプトの列車である「瀬戸内マリンビュー」と比べて、
あまりに田舎っぽい名前だから……。(笑)
まぁ、それは冗談ということにして、真の理由ですが、
快速「みすず」・快速「潮彩」ともに、他社に存在するからです。
「みすゞ」に関しては、童謡詩人金子みすゞの故郷だからいいと思います。
(快速「みすず」は、JR東日本の電車だから、所詮はJR同士だし)
ただ、問題だと思うのは「潮彩」の部分です。
別に「潮騒」であれば問題はないと思います。
しかしながら、「潮騒」の「さい」に「彩」を当ててしまうと、アウトです。
そのアイデアは、先に肥薩おれんじ鉄道が使っていますから。
肥薩おれんじ鉄道がJR西日本を訴えたら、勝つんじゃないか?

さて、今日、ついに携帯のアドレスをゲットしました!
そういうわけで、パソコンのアドレスを知っている人の中から、
特に必要と定める相手18人に、アドレスの通知メールを送りました。
ただ、今後も、メールは基本的にパソコンから送るつもりですので。
キーボードの早打ちに関しては相当の自信があるし、
携帯から送ったら、そのつどお金がかかるからです。(笑)
パソコンからであれば、メールは送り放題の契約になっているので、
「メールを送るのにお金を払う」という概念は、僕の頭の中にはありません。
……要するに、ケチだということです。

なんでも特集4-1 山口福祉文化大学の図書館を利用しよう!

1週間前、センター試験の受験のため山口福祉文化大学に足を運び、そのゆったりとした雰囲気にぞっこんとほれてしまった僕。「ここの図書館は一般に開放されとるから、今度来よう!」と決意した僕。今日は、その決意を現実にするべく、行動を起こしてきました。せっかくなので「なんでも特集」にしておきます。

山口福祉文化大学への行き方は2種類あります。歩いていくか、自転車で行くかです。……ではなく、(笑)センター試験のときに路線バスで通った、幅が広くてカーブのきつい緩やかな坂道を上るか、その道の反対側にある国道から分岐した細い道を一気に上がって行くか、の2種類なのです。普通、山口福祉文化大学へのアクセスには前者を用います。後者は公式なアクセスルート(?)にはなっておらず、大学ができたとき、大学側と住民側とで「大学関係者の車を通さない」という約束が交わされたそうです(担任の先生談)。いわゆる「裏ワザ」的な行き方になりますね。ただ、地図で見る限りは後者の行き方の方がずっと早そうなうえ、路線バスで通った坂道を自転車で上るというのは気が進まないため、「裏ワザ」を使うことにしました。

自転車で家を出たのが12時02分。1時間後の到着を予定しています。慣れた道をしばらく走り、第1のチェックポイント(?)、東萩駅前を通過。

20080126214519.jpg


「歴史の街から未来へ発信 山口福祉文化大学」。いい言葉ですが、ちょっとバランスがよくありませんね。以前は「歴史の街から未来へ発信 萩国際大学」だったわけで、それほど感じませんでしたが……。

国道をもうしばらく進むと、第2のチェックポイント。

20080126214547.jpg


山陰線の線路に沿って、広い空き地が現れます。実はここ、以前「萩女子短期大学」があった跡地なのです。萩女子短期大学は、20年近く前、バブル経済を象徴するように海の上に移転していきましたから、かなり長い後空き地のままであるわけす。ついでに言うと、山口福祉文化大学の前身にあたる萩国際大学の開学と共に萩女子短期大学は廃学となりましたが、海の上の校舎はすべてそのまま残っています。もったいないですね。

で、もう少し(ほんの数十m)進むと、道の駅「萩しーまーと」の横を通ります。

20080126214651.jpg


「しーまーと」とは「seaside market」のことで、いわゆる魚市場ですね。萩沖で水揚げされた新鮮な魚はもちろん、萩の名産(かまぼこ・ちくわ、夏みかん製品、焼きイカ、蒸気船まんじゅうなど)も売られています。萩に来たら、外せない観光スポットだと思います。……この文章を書いていて、蒸気船まんじゅうが食べたくなりました。(笑)

※蒸気船まんじゅう:蒸気船の形をしたたい焼きだと思えばよろしいです。ちなみに、読みは「じょうきまんじゅう」です。

このあたりまで来れば、時々大学が見えるようになります。

20080126214608.jpg


もう少し走ったら、国道からそれて右に曲がります。

20080126214706.jpg


こちらの道から大学に行くのは初めて。地図を見る限り間違ってはいないはずですが、本当に大学に向かう道なのか心配になりますね。

20080126214727.jpg


あまりののどかさに、自転車を絡めて記念撮影。(笑)

20080126214741.jpg


……で、自転車を置いていたあの曲がり角ですが、そこを左折したらもう着いてしまったんですね~~。(笑)途中、坂道が突然急になってグイッと上がったところがありましたが、あれがピークだったとは……。路線バスで走った道より、相当楽です。さすが裏ワザ!ちなみに、家を出てからの所要時間ですが、30分もかかりませんでした。予定の半分以下です。意外と近かった!!

20080126214808.jpg


正門です。

20080126214848.jpg


入ってすぐのところに駐車場がありますが、椿の花の向こうには、山陰線、日本海が望めます。

ここから早速図書館に向かうわけですが、途中で色々な施設の横を通ります。

20080126214901.jpg


体育館です。

20080126214938.jpg


本部です。

20080126215003.jpg


運動場・学生寮です。ちなみに、学生寮の建物には「Yamaguchi University of Human Welfare and Culture」と書かれています。「山口福祉文化大学」ではなく、「山口大学福祉文化学部」とでも訳せそうで、怖いです。(笑)

20080126215017.jpg


……で、これが図書館!立派です。いざ、中へ……。

と思ったら。

すごく嬉しいことに、何と、今日は閉館日のようです。キチンと調べなかった方が悪いのですが、大学の図書館なのだから、土日でも空いているかと……。というわけで、今度平日に出直します。(タイトルが「4」ではなく「4-1」になっているのは、後編が存在するからです)

というわけで、もはやここにいる意味はないのですが、せっかく来たのでもう少し散策しましょう。

20080126215032.jpg


講義棟の1つです。僕たちのセンター試験受験会場はここでした。

20080126215056.jpg


同じく、講義棟の1つです。控え室がここでした。

20080126215043.jpg


本部の前の池には、金魚が泳いでいます。

20080126215109.jpg


中庭(?)です。学食・講義棟・本部に囲まれています。

20080126215140.jpg


かつて(見てわかるとおり、「萩国際大学」の時代)は、防長バスの定期便が乗り入れていました。ただ、今でも、路線バスの運行自体は大学が行っているようですね。というわけで、出直すときにはバスで行きます。多分タダだろうし……。

で、帰りですが、予定では1週間前に路線バスで走った道を下るつもりでいました。ただ、実際にそちらに入ってみると、いきなり下るのではなく、最初は上りもあるということがわかり……。

20080126215152.jpg


途中で折り返しました。(つまり、この写真は大学の方を向いて撮影したことになる)意気地がありませんね。(笑)そしてこのまま、行きと同じ道で国道まで出たわけですが……。

図書館に長くいるつもりだったので、こんなにすぐに家に帰るのはどうにも味気ない!ということで、家とは逆の方向へ。

20080126215208.jpg


これが、先に書いた、海の上の「萩女子短期大学」の敷地です。立派ですよね。

20080126215250.jpg


入口の看板には「萩女子短期大学」の跡が読めます。中に入ってみたい!(笑)

……というわけで、家に帰ったわけですが、目的である「図書館の利用」はまだ叶えられていません。近日中に公開されるであろう続編に乞うご期待!

10

昨日、ブログを更新した後に、
「音楽をパソコンにダウンロードする」ということを生まれて初めてやりました。
ご存知のとおり、普段は聴きたい曲はCDをレンタルしてMDにダビングしますが、
川嶋あいさんの曲の中で、わずかながら「ダウンロード限定」なのがあります。
今まで、何度かやってみようと思いかけたのですが、
支払いのことがどうにもよくわからず、そのたびにやめていました。
ただ、支払い方法の1つである「ウェブマネー」について、
そのハウツーをようやく習得できたのです。
そこで、その「ウェブマネー」2000円分を買い求め、やってみたわけです。

何のことはない、16桁のIDを入力すれば、それで済む話なんですよね。
何事も、まずやってみることです。
あと、余った「ウェブマネー」で、
川嶋あいさんの曲の「ピアノ弾き語り」の楽譜も購入しました。
別に、弾き語りをしようとは思っていませんが。(笑)
「ピアノ弾き語り」というのは、いわゆる「伴奏」だけの楽譜であるため、
そこそこ弾きごたえもあって楽しいのです。

11

今日は、雪が降りました。
(小学生みたいですね……。)
近いうちに山口福祉文化大学の図書館に行こうと思っており、
午前中には一時日が射していたため、「今日行こう!」と決めたのですが、
その後に強い降雪があり、あっさりやめました。(笑)

この時期ともなると、一部を除きほとんどの時間が自習になりますが、
地理もその例に漏れません。
今日の授業で、先生は自習用に主な大学の地理の過去問題を用意されていて……。
「受ける人が多そうな、
 立命館大学・福岡大学・西南学院大学・東京大学の過去問題を持ってきました。」
東京大学の地理の過去問題というものに興味を持ちました!
1部もらおうかとも思いましたが、あまりにわざとらしいのでやめました。(笑)

12

今日、2年の時まで英語を習っていた先生から、
懐かしいプリントを返してもらいました。
去年の3月13日に「将来の自分自身へ」ということで書いたプリントで、
下線部を埋める形式だったのですが、

I, as finishing my second year at ●● high,
want to become worker of JR west in my future.
For that, I use it again and again. (?)
My favorite subject is math, and I got 66 (…。) on the final exam.
Massage for myself who's going to finish high school degree soon:
Please take a trip using JR west and take N700 series.

先生からは、「もう乗りましたか?N700」というコメントが添えられ、
「I hope your future will be a bright one.」とのことでした。
いいですね~~、こういうプリント。
何より驚いたのが、去年の今頃は数学を得意科目として申告していたことです。
また、数学の66点というのが数学Ⅲのことだか数学Cのことだか不明ですが、
よくまぁ、そんなに取れていたものです。
(今の先生は、テストの問題が去年の先生よりも易しめであるうえ、
平常点をけっこう弾んでくれるので、点数自体は去年と近いものになりますが……)

あと、業者に送っていたセンター試験の結果のうち、
北九州予備校から、講評が返ってきました。
予想通り散々な結果だったわけですが、もう気にせず生きていくことにします。
担任の先生がどう思われようと、他の先生に何と話されようと、もういいです。
「大事なのは、大学に入ってからどうするかだ」と話しておられましたから、
僕が今から頑張って、大学でいい成績を取って、先生に報告できればいいはずです。

それに、AO選抜で頑張って、第1志望の大学に合格できたのは確かなのだし、
言い方を変えれば、高校3年間色々なことにまじめに取り組んできて、
その結果、一般入試では狙えないレベルの大学に合格したわけであって、
AO選抜を賢く利用して、人生の王道をものにしたとも言えます。
(だからこそ、これからのことが大事になるのですが……。)
変な点数を取ってしまって学校には迷惑をかけました。それは反省します。
ただ、センター試験のことは、もうここまでにします。
大学生として立派になって帰ってきますから、先生、あと数年待ってください。

また、こういった心境に変化するに至ったのに、
昨日の記事への、同じクラスのしるび☆14号君からのコメントが影響したことも、
ここに書き添えておきます。
今度は、僕の方から誰かを元気付けられるようになりたいものです。

それと、タムさんから、記念画像(?)を頂きました。

20080123203603.jpg


今日の朝刊の記事だそうです。
NOVAの問題が明るみに出た頃、ニュースで「雲隠れ」という表現がされましたが、
メディアでの「雲隠れ」という表現は、今も現役なのですね。
社長さん、雲隠れって、1度始めたらやめられませんでしょう?(笑)

で、「雲隠れ」「記念画像」で思い出しましたが、僕、かなり長い間にわたり、
「松尾芭賞」を獲得した人への記念画像の進呈をしていませんね。
調べたところ、第1回(本居宣長)・第2回についてはきちんと行っていますが、
第3回・第4回(ちょいマツ)・第5回については、行われていませんでした。
したがって、今後2週間以内に「松尾芭賞」を獲得した人を特定し、
記念画像をメールでお送りします。
(年金問題みたいですね……。)(笑)

13

またしても、困ったことになりました。

今日の古典の時間、先生が「受験で絶対に国語が必要ない人?」と質問されました。
(必要ある人は2次試験対策を、必要ない人は自習をするのです)
僕は、AO選抜で不合格なら受験科目は英語・小論文か英語・総合問題だったので、
英語の授業でそういう質問があれば「受験科目です」と、
それ以外の科目の授業では「受験科目ではありません」と申告するつもりでした。
したがって、手を挙げましたが……。
どうも、それがいけなかったみたいです。
「●●お前、何のうのうと手を挙げとるんか!」と言われてしまいました。
さらには、僕がセンターの国語を受験したせいで校内の平均点を下げることとなり、
それは死刑に相当する罪で、できれば集計から除外したかったそうです。
あの先生の言われることをすべて真に受けていたら命がいくつあっても足りませんが、
僕はそういうのをいちいち気にする方なもので……。
(多分、先生は僕のようなタイプを嫌っていると思います)
「自分がAOで合格させてやったのに、あのざまはなんだ」と、
きっと、そのようにお考えだと思います。

おそらく、先生のことだから、その後の職員室で僕の文句でも言われたでしょう。
今日中に職員室に行かなくてはならない用があり、そのあと早速行きましたが、
本当を言えば行きたくはありませんでした。
というより、行かずに済むなら、学校自体に行きたくありませんね。
今になってそんなくだらない理由で皆勤賞を逃すのはあまりにバカらしく、
もちろん、ちゃんと行きますが……。

 行儀よくまじめなんて 出来やしなかった
 夜の校舎 窓ガラス壊してまわった
 逆らい続け あがき続けた 早く自由になりたかった
 信じられぬ大人との争いの中で
 許しあい いったい何 解りあえただろう
 うんざりしながら それでも過ごした
 ひとつだけ 解っていたこと
 この支配からの 卒業

さすが、センターの現代社会の題材にされるだけのことはあります。
尾崎豊さんの「卒業」。いい歌詞じゃないですか。
僕はこれまで、基本的に「行儀よくまじめ」に過ごしてきたつもりですが、
あの歌詞のような生き方も、それはそれでいいと思います。

では、ここで話を変えましょう。

僕、クラスの同窓会担当の男子になってしまいました。
男女1名ずつが就くようになっているのですが、
先生が、進路の決まっている男女を推薦されたのです。
聞くところでは、同窓会の順番が回ってきたら僕たちのところにまず連絡が来て、
それからあれこれと話が進むのだとか。
こういうことを担当するのは好きなので、嬉しいです。
そういえば、小学校とか中学校の同窓会って、いつあるのだ?

14

今日から、午前中のみの登校。今日は丸々自己採点でした。
その結果を複数の業者に送ると、今週中に講評が返ってくるのです。
僕に関しては、結果を業者に送ろうと送るまいともはや関係ないのですが、
今月中(来月はほぼ家庭学習日)は、自分のペースで勉強したりせず、
学校のやっていることに従ったほうがいいと思うので……。

で、その結果なのですが、トータルの得点率がかなり悪いのです。
(時間つぶしに受験した「生物Ⅰ」「物理Ⅰ」の点数はそれこそ関係ないため、
自己採点の結果には記入しなかったし、ここでも考えないものとします)
これまでのマーク模試とほぼ同じレベルです。
マーク模試というのはセンター試験より難しめにできているので、
センター試験ではマーク模試以上の点数が取れないとおかしいわけです。
科目ごとに見れば、得点率がかなりよいものもあるのですが、
その分、得点率がかなり悪いものもあり、足を引っ張っています。
数学ⅠAに関しては、本来あるべき姿というか、マーク模試以上の点数でした。
地理B・現代社会も、マーク模試と同じかやや上の点数でした。
数学ⅡB・化学Ⅰは、マーク模試と同じかやや下の点数でした。
困ったのが、国語と英語。マーク模試よりかなり下の点数でした。

担任の先生には、「かなりヤバイぞ!勉強せんにゃあな」と言われました。
日本語を美しく使うべき国語の教員として、「ヤバイ」は大目に見るとしても、
「かなり」のアクセントを「か」でなく「なり」に置いていることに、
いつも違和感を感じています。(笑)
いや、それはいいとして、本当に先生の言われるとおりなのです。
まぁ、自分でこんなことを言ってはいけませんが、
AO選抜で不合格になっていれば、もっと点数はよかっただろうと思います。
また、先生には「AO選抜で合格する可能性は(僕の場合)1割か2割だから、
一般入試を最優先し、AO選抜の対策に時間を使うな」と言われていましたが、
模試の結果から、一般入試であの大学に入ることは困難だと僕は思っていました。
それでもどうしてもあの大学に行きたかった僕は、
こっそり、AO選抜の対策にかなり時間をとったのです。
(小論文の練習をしておけば、一般入試でも生かされるし)

……まぁ、今になってこんなことを言っても遅いし、見苦しいだけです。
おそらく、あの先生のことだから、僕の自己採点結果の低さを、
皮肉交じりに他の先生に話されたことでしょう。
(今の時期、進学校の3年生の先生には、僕のうわさをする暇などないはずですが)
あと14回しか学校に行けないのにこんなことで学校に行きづらくなるなんて、
こんなことなら、センター試験なんて受けるんじゃなかったな~~と思いました。
とりあえず、明日からは下を向いて廊下を歩くべきです。
ただ、授業はまじめに受けることです。
学力だけでなく、生活態度でまで悪く言われたら、残るものはありませんから。
いや~~、参った!(笑)

センター試験2日目

さて、今日もセンター試験でした。
とりあえず、振り返って……みますが、書くことは昨日すべて書いたので、
今日は特におもしろいことはありません。

●防長バス臨時便 天樹院入口→山口福祉文化大学
運転士さんがすごくいい人でした。
降りるとき、1人ずつ「ありがとう~~。頑張ってね!」と声をかけておられました。

●理科①(生物Ⅰ)
僕の生物の受験のモットーは「1割の実力と9割のヤマ勘」です。
生物は1年次に履修して以来完全にご無沙汰だったので……。
ただ、考えれば解けるような問題もいくらかあり、それなりに取れたと思います。

●数学①(数学ⅠA)
今までに解いた模試・演習問題の中で、一番よくできたと思います。
自己採点はまだしていませんが、第1問・第2問は完答の奇跡も……?
一方、第4問はほとんど取れていないと思いますが……。
結局、物事はちゃんとバランスが取れるようにできているのです。

●数学②(数学ⅡB)
ほら、やっぱり物事はちゃんとバランスが取れていました。
かなり難しかったように思います。

●理科②(化学Ⅰ)
これは、割と解きやすかったと思います。
化学の先生はもちろん、家庭基礎の先生までが板書された、
「セッケン(洗剤)の油汚れへのくっつき方」の図が出題されて嬉しかった……。

●理科③(物理Ⅰ)
物理の受験に関しても、モットーは「1割の……」です。
ただ、物理については、仮にも2・3年次と続けて授業を受けているため、
生物よりはいい点数を取らないと、話になりませんが……。
ところで、僕は数学Ⅲと物理Ⅱでつまづいて理系での受験をあきらめたわけですが、
今思えば、3年次の理科の選択を生物Ⅱにしておけば、人生変わったかも……。
生物Ⅱなら多分つまづくことはなかっただろうと思うので、
数学Ⅲでつまづいても、それだけならどうにかできたはずです。
ただ、それならば、昔からの予定通り理学部に進学したはずで、
12月にはAO選抜で進路が決定するようなことになったかはわかりません。
決定した進路(分離融合型の学部)には大満足しているし、とても楽しみです。
そのため、理系での受験をあきらめたことを後悔していたりはしません。
だったら、物理Ⅱを選択してつまづいて正解だったのかもしれませんが、
「つまづく」という挫折?を経験しなくて済んだはずです。
とにかく、人生何があるかわからないものです。

●防長バス臨時便 山口福祉文化大学→天樹院入口
行きと同じ運転士さんで、今度は「ありがとう~~。気をつけて!」でした。
バスの運転士さんというのは、優しい人と傲慢な人とに極端に分かれます。

●その他……。
会場で後ろの席に座っていた人と、足の好みがどうにも合いませんでした。
僕が試験を受けるのに「快適だ」と感じた姿勢というのが、
イスに深く腰かけて足を後方にやり、左ひじを机についているもので、
たいてい、足は後ろで交差させたり、とにかく後方にやっていたのです。
ただ、後ろの席の人というのが、足が長いのかどうにも足を前に伸ばしたがるようで、
1コマの試験中に2~3回はぶつかってしまうのです。
その時にはお互い足をよけますが、油断して足を後方に戻すと、またぶつかるわけで、
その延々の繰り返しになるわけです。
……まぁ、どうでもいいのですが。
ちなみに、その人は(記憶が確かなら)公民・国語・外国語・数学①を受けていました。
何とも不思議な科目選択だ……。

では、最後に……。

20080120220558.jpg


20080120220616.jpg


携帯のカメラで撮った、大学の写真です。
上が学食、下が「第5受験場」を出たところです。

20080120220625.jpg


この2日間で持ち帰った、すべてのものです。
問題冊子10冊と、リスニングのICプレイヤー。
ICプレイヤーは、テスト終了後約5分は操作ができませんが、
それが過ぎればリセットされ、何度でもテストの音声が聞けるようになっています。
なかなかのすぐれものですね。
(アイポッドにでも化けてくれれば言うことはないのですが……。)(笑)

最後になりましたが、センター試験を受験された皆さんの労をねぎらうと共に、
来るべき国公立前期試験に向けて、健闘をお祈りするところです。

センター試験1日目

センター試験の1日目を受けてきました。明日は2日目です。(笑)
進路は決まりましたが、本来の受験科目であった
 ・公民(現代社会)
 ・地理歴史(地理B)
 ・国語
 ・外国語(英語)
 ・数学①(数学ⅠA)
 ・数学②(数学ⅡB)
 ・理科②(化学Ⅰ)
に加え、高校で履修はしている
 ・理科①(生物Ⅰ)
 ・理科③(物理Ⅰ)
も受験するつもりでいます。(すなわち、全部のコマを受験することになる)

では、今日1日を振り返りましょう。

●防長バス臨時便(天樹院入口→山口福祉文化大学)に乗車
僕たちの受験会場は「山口福祉文化大学」になっています。
前に書いたとおり、会場までは防長バスの臨時便で移動。
普段は存在しない路線なので、方向幕の掲出は「防長」となっており、
フロントガラスに「センター試験会場 山口福祉文化大学」と貼られていました。
また、車内の料金表も使用できないため、各停留所からの料金が貼られていました。
乗車予定の生徒がそろった時点で出発したので、会場にはかなり早く着きました。
ちなみに、大学の1kmくらい前からは、カーブの多い道になります。
頭の中に「♪曲がりくねった道の先に……」のメロディーが浮かびました。

●山口福祉文化大学に到着
1999年に「萩国際大学」として開学したこの大学ですが、
開学時から定員割れが続き、積極的に誘致した留学生のトラブルも相次ぎ、
民事再生法の適用を申請しました。
(読売新聞朝刊の1面に「萩国際大学、民事再生法の適用を申請」の記事が出ました。
子供心に、驚いたものです)
その後、2007年に「山口福祉文化大学」に改称し、学部も改めて今に至ります。
で、萩国際大学時代、家族で学園祭に来たことがあります。
(あの頃の学園祭では、毎年(?)ゲストも呼んでいました。
その時ではありませんが、飯島愛さんが来られていた記憶があります)
ただ、学園祭に行ったときのことはあまり覚えておらず、
今日行ってみて感動しました。
山に囲まれて、広々としていて、地面は芝生で、建物の間隔が広くて、
すごく居心地がよかったわけです。
興味のある学部があれば、この大学に入学してもいいと思いました。
(国公立に!というのが我が家のルールなのですが、
この大学なら1人暮らしをしなくて済むのでその分の節約になるし、
市民なので授業料の優遇もあると思うし、勉強を頑張ればさらに優遇されるはず)
……前置きが長くなりましたが、到着したら控え室の学食で待機。
この学食が、また立派なのです。
ガラス張りで、構内が見渡せます。
この後、時間が来たら「第5受験場」に移動しました。

●公民(現代社会)
マンガの「ドラゴン桜」で、
「『現代社会』は一般常識だから、ウォームアップと思え」
という指導をするシーンがありました。
担任の先生も同じことを言われているし、僕もそう思います。
ちなみに、今回の問題には、尾崎豊さんが登場していました。

(ここから問題引用)
第5問 次の文章を読み、下の問い(問1~問5)に答えよ。(配点14)
…略…
歌も、しばしばその時代の人々の心情を代弁する。1980年代には比較的軽快な歌も数多く生まれたが、尾崎豊は、もがき苦しむ青年の気持ちを謳(うた)った「十五の夜」、「卒業」などメッセージ性の高い歌を発表した。校内暴力が社会問題となった時代背景のなかで生み出された彼の歌は、(c)対抗文化の持つ意義について、今でも人々に考えさせるところがある。1992年に26歳の若さで急逝した彼は、生前、スターに祭り上げられていくこと自体にも、激しい戸惑いを覚えていたという。
…略…
問3 下線部(c)に関する記述として最も適切なものを、次の①~④のうちから一つ選べ。
①多数派の人々が共有し、社会のなかで支配的な力を持つものである。
②異国の人々が共有し、その中で広く定着しているものである。
③時代を超えて受け継がれ、長年にわたって守られてきたものである。
④既存の秩序・体制を批判し、社会変革の原動力になり得るものである。
(ここまで問題引用)

「♪行儀よくまじめなんてできやしなかった~」という歌詞から考えるに、
この答えは④だと思いますが、いかがでしょう?

●地理歴史(地理B)
地理の試験では、悪い点は取れません。
どの問題に何番をマークしたかということを、
先生お手製の「受験報告書」で報告しなくてはならないのです。
で、できれば鉄道に関するような問題でも出てくれないかな~~と思いましたが、
やっぱり、それはありませんでした。
(ただ、問題演習をしていると、時にお目にかかります。
近鉄電車や伯備線を題材にした問題を解いたことがあります)
お!と思ったのは、地域調査や地形図に関する大問。

(ここから問題引用)
第6問 マミさんは、広島市の自然や成り立ち、都市としての特徴を明らかにするために調査を行った。この調査に関する次の問い(問1~問6)に答えよ。(配点15)
(ここまで問題引用)

数ヵ月後の広島県民として、この問題は落とせませんね!

●国語
国語の問題を解く順番は十人十色かと思います。
僕は、「小説→漢文→古文→評論」という順番で解いています。
また、80分の時間配分は、とある参考書によれば、
評論(25)、小説(20)、古文(20)、漢文(15)だそうです。
ただ、僕は「評論(10)、小説(25)、古文(25)、漢文(20)」にしています。
評論は大の得意なので、10分もあれば楽々……。
ではなく、大の苦手なので、評論は漢字以外で点を取ろうとは思っていません。
事実、漢字以外はすべて②をマークしています。
そしてその分、小説・古文・漢文にじっくり時間を割くのです。
そんなムチャな!と思われてしまうかもしれませんが、
得点率100%(200点)なんて、僕は目指しません。
小説・古文・漢文・評論の漢字の問題をパーフェクトにすれば、
得点率80%(160点)と、十分な成績を出せます。
また、評論の漢字意外の問題も、全部②にすれば1問くらいは当たりますから、
実質168点といったところです。これなら万々歳。
まぁ、言うは易しというやつで、160点なんて取ったことがありません。
模試で一番よかったのが、144点。
今日の結果は……というと、自己採点は月曜までやりません!

●外国語(英語筆記)
ビックリしました。
出題のパターンが、前回と大幅に変わっていたのです。
長文なんて、今まで小説だったのが評論に変わりました!
……だから、僕は評論は嫌いなんですって……。(笑)
前回も出題のパターンが変わったので、さすがに今回は踏襲だろうと思いましたが……。
そのためか、あまり自信はありません。(笑)
ところで、先月、問題製作者のパソコンが盗難にあったという報道がありました。
科目についてはセンター試験が終わってから公表するとのことですが、
ひょっとして英語なのでは?と思いました。
出題に影響はないとのことですが、念のため出題のパターンを変えた、とか……。

●外国語(リスニング)
毎年ICプレイヤーの不具合が問題になるリスニング試験ですが、
僕には(もとい、第5試験場の受験生には)不具合は生じませんでした。
今日受けた科目の中で一番点数がよさそうなのは、リスニングです。

●防長バス臨時便(山口福祉文化大学→天樹院入口)に乗車
今日の往路、明日の往路・復路については、便が複数あります。
ただ、今日の復路の便については、これ1つ。
つまり、今回動員されるバスがすべて集う、唯一の時間にあたります。
そのため、とても楽しみにしていました。
(何をしに受験に行っているのか……という話になりますが)
動員されていたのは全部で6台でした。
6号車まで存在したわけで、山陽新幹線の「こだま」ですね。(笑)
車両は5台がかなり古い三菱のエアロ、1台が日野のセレガでした。
またエアロの1台とセレガはドアが横にスライドして開くタイプで、
残りの4台のエアロはドアが内側に折りたたんで開くタイプでした。
そのため、後者は普段から路線バスとして走っている車だと思われますが、
前者は観光バスを急遽路線バスに仕立てたものと思われます。
ところで、僕が乗ったバスの運転士さんはかなり親しみやすそうな人でした。
車内放送が、「次は…●●高のところですね、●●高のとこ。」でした。
「天樹院入口」が正式名称ですが、わかりやすくていいです。(笑)
ちなみに、担任の先生もバス停の名前を勝手に「●●高前」と言っておられます。

と、こんな感じで今日1日が過ぎたわけですが、大事な話が1つ。

第5試験場には全部で4人(リスニングは5人)の監督官が付いておられ、
そのうち隊長みたいな人(以後「隊長」)が他の監督官や受験生に指示をします。
で、隊長というのが、なんとも特徴のある人で……。
毎時間、試験開始前に同じ文章(3分程度)を読み上げるのですが、
その読み方が、かなり下手なのです。
台本があるのにトチったり、噛んだり……。
おかげで、受験前の緊張は解けました。(笑)
「これらのことを、まるもっ!まもらない人は……」
「邪魔にななら、ならないように……」
など……。
あと、これは仕方ありませんが、台本をかなり目から離し、
めがねを上げたり下げたりして読んでおられました。
(似たような動作をされる先生が学校におられ、これについても笑えました)
それと、話し方が、いつもいつも怒っているような感じなのです。
「注意事項の、4!を見てください!」
「まとめて解答用紙に転記しては、いけません!
まぁ、大事なトコは強調ということで、わかりやすいのですが……。
「いけません!」などと言われてしまうと、
「いけん!っちゅうせーや、バカタレ!」という担任の先生の言葉が浮かび……。
今日の帰り、友達と隊長の様子をさんざっぱらネタにしてしまったので、
明日も隊長が指示を出すようなら、笑いをこらえるのに必死になりそうです……。

15

「ルール」を忘れて、ちゃんとしたタイトルを書きそうになりました。(笑)

さて、今日は3時間目まで日課表どおりに授業があり、
4時間目にセンター試験の事前指導があって下校になりました。
センター試験の事前指導などのいわゆる「学年集会」のような行事は、
いつもは武道場で行われますが、寒いからか会場は図書室。
ただ、図書室の着席定員60に対し、受験者はその3倍近くいます。
3人に2人は座れない計算になるので、
3時間目の授業が終わったらすぐに図書室に行って席を確保しました。
図書室が、盆正月の新幹線の自由席みたいなことになっていました。(笑)

このように、午前中はそれほど特別なこともなく過ぎたわけですが、
(おそらく、座れなかったら「特別なこともなく」などとは言えまい)
午後、色々なことがありました。

まず、合格した大学から郵便が届きました。
中身はというと……。宿題!
募集要項に「合格者には入学までの期間に教育指導を受けていただく」旨ありましたが、
一向にその話がないため、本当は不合格なのでは……と思っていたところでした。(笑)
で、宿題の内容ですが、学部の方向性からして、僕は
 ・英語の問題集
 ・数学、理科、社会などに関連することで、興味のあることについてのレポート
かな~~と思っていましたが……。
封筒には、学部が出版した「大学新入生に薦める101冊の本」という本が入っており、
(この本、個人的に購入するつもりでいました。買わなくてよかった……。)
その中に取り上げられている101冊の中から1冊を選び、
内容を踏まえて感想をレポートにまとめるというものでした。
ちなみに、字数は4000字です。
……そんなに長い文章は未だかつて書いたことがありません。
ただ、読んでみたところ、おもしろそうな本が何冊か見つかりました。
「新幹線を作った男」も掲載されていました。
あの本、ドラマ化されましたね。DVDに録ってあります。これにしましょうかね。(笑)

そうこうしていると、図書委員の先生から電話がかかってきました。
先生によれば、今月の図書便りに、前委員長である僕からのコメントがほしいと、
担当の後輩が言っているそうです。
昨日の掃除のとき、先生に「今から(今後)暇なんやろ?」と聞かれたので、
「何でもお手伝いします!」と答えましたが、早速のオファーです。
ただ、なんとなく、人選もタイミングも不思議なものがあるのですが……。
なぜ、今の委員長を差し置いて僕が選ばれたのか?
また、今月の図書便りに(旧)図書委員長がコメントを寄せることに、何の意味が?
まぁ、本人は100%好意的に受け入れているので、よしとしましょう。
嬉しい話です。

ちなみに、昨年末の図書便りにも、僕が当時の委員長としてコメントを寄せています。

20080118200653.jpg


これを超える名文を執筆しなくては……。
それにしても、最近あっちこっちから僕の文章が引く手あまたです。(笑)

16

今日は、1日中(夕方まで)学校にいる最後の日でした。
明日の登校日は、すべて午前中で下校になります。
というわけで、弁当を食べるのも、昼休みにいろいろとしゃべるのも、
掃除をするのも、今日で最後でした。
サラバ弁当。
サラバ昼休み。
サラバ掃除。
サラバ青春。(笑)
あ、この「サラバ青春」というのがチャットモンチーの曲のタイトルなのですが、
 卒業式の前の日に僕が知りたかったのは
 地球の自転の理由とかパブロフの犬のことじゃなくて
 本当にこのまま終わるのかってことさ
とか、
 真っ暗闇に僕ひとりぼっち
 ピンク色の風もうす紫の香りも音楽室のピアノの上
 大人になればお酒もぐいぐい飲めちゃうけれど
 もう空は飛べなくなっちゃうの?
など、卒業前の身にはなかなか共感できるいい曲です。
歌いだしで、音がいきなり1オクターブ上がるのもすごいです。
(なんだったら、YouTubeででも聴いてみてください)

それと、昨日の「早く来い来いバレンタイン」の話。
あれ、別にバレンタイン(という行事)には、何の意味もないんです。
女子から何かがもらえそうだとか、そんな見込みはありません。
2月14日という日に、意味があるのです。

僕が心から応援している、あの歌手がいらっしゃいますね。
(しつこくなるので、名前は挙げませんが……。)
で、彼女はかつて「I wish」というグループのボーカルだったのですが、
「川嶋あい」の活動と平行して「I wish」の活動も行っており、
(あ、名前を挙げてしまった)
「川嶋あい」の活動に専念するために、I wishは2年で解散となりました。
ただ、I wishのデビュー曲「明日への扉」は、
2003年の年間シングルランキングの6位にランクするほどのヒット曲。
そのため、I wishの人気は根強かったようです。
デビュー5年目に当たる2月14日に、「恋愛三部作」のオリジナルバージョンと、
未発表の曲1曲の計4曲の入ったシングルが発売になるそうです!
(「恋愛三部作」……「明日への扉」「ふたつ星」「約束の日」の3曲をいう)
買わないわけにはいきません!
これはもう、嬉しすぎます!
生きていてよかった……。(笑)

ちなみに、「川嶋あい」としてリリースした曲の中に、
「I wish」としてリリースした「明日への扉」より売れた曲はありません。
皮肉な話ですが、それだけI wishは人気だったのです。

僕は、父親の血から喘息を、母親の血からしもやけを受け継いでいますが、
昨日今日あたり、しもやけのおかげで足がかゆい……。
授業中、スリッパを脱いで足をこすり合わせてみたり、
スリッパの角で刺激してみたり、いろいろとやってみるのですが……。
あまり足をごそごそすると、トイレに行きたいのを我慢しているようで変ですね。(笑)

17

僕は去年の12月から携帯(softbankの812SH)を持っていますが、
ろくに使っていません。
番号を知っているのは、友達数名と両親のみなのです。
友達に関しては用事があればパソコンにメールを送ってくれるし、
僕の携帯からメールを送る契約をまだしていないため、使いようがないのです。
そんなわけで、月の通信料は基本料金980円のみです。(笑)
家計簿などに「交通・通信費」というカテゴリーがありますが、
僕の場合、通信費よりも交通費の方が高くなりますね。

ただ、いずれ本格的に携帯を使うようになったときに備えて、
必要な範囲の人間の個人情報は、アドレス帳に登録してあります。
また、着信音も、ボイスレコーダーの機能で、好きな曲を録音して設定しています。
もちろん、川嶋あいさんの「12個の季節~4度目の春~」です。
……あえて言うまでもないですね。(笑)
卒業前ということで、
 卒業アルバムに残る笑顔がとてもとてもまぶしい
 見慣れた街並み、夕暮れ 壊れそうな気持ちだよ
 たった12個の季節を一瞬で駆け抜けた
 4度目の春は別れ
というところにしています。
本当は、その後の
 弱虫 強虫 いろんな顔が見えたよ 全部好きだった
 告白なんてできないよ このまま友達でいい
 明日は「さよなら」するけど 僕のこの初恋は旅立つ
 最後に流した君の涙ずっと忘れない
の箇所もいいのですが、ここはわりと控えめに歌うところなので、
着信音には不向きなのです。

今日はかなりどうでもいい話をしましたね。
学校の授業がセンター対策ばっかりになって、珍しいことが起こらなくなったのです。
そういえば、今日は昼休みに地理の先生から呼び出されました!
何の用だったかは、追々書きましょう。

あと、バレンタインデーがすごく楽しみです!「早く来い来いバレンタイン」です。(笑)
どういうことかは、また明日……。

18

登校日の記事のタイトルには、卒業までに登校する日数を付けることにしました。
そうすることで、卒業までの高校生活がより有意義なものになりそうな気がして……。

うちの学校の生徒は、センター試験の受験会場まで臨時路線バスで行きます。
今日、どの便のどの停留所から何人乗車するかの調査があったのですが、
そのときに知りました。
隣の市の高校(このブログで言う「高校γ(ガンマ)」)の生徒も同じ受験会場なのですが、
彼らは山陰本線で市内まで出てきて、臨時路線バスに乗り換えるそうです。
臨時路線バスに接続する山陰本線の列車は普段キハ47の2両編成が充てられますが、
高校γの3年生は140人いるようなので、確実に増結されるでしょう。
また、大学入試センターの発表によれば、
僕たちの受験会場で受験する生徒は322人だそうです。
その中には、受験会場まで臨時路線バス以外の手段で行く者、
センターの出願はしたものの、受験を取りやめる者もいますが、
ざっと280人は、臨時路線バスに乗るのでしょう。
だとすれば、大型バスで6台くらいは必要になるはずです。
実質「貸切バス」と言ってもいいのですが、あくまで実態は「路線バス」。
それでありながら、6号車まで出るとは、なんともすごいことです。
カバンにデジカメを忍ばせておいて、写真に撮っておきたいくらいです。(笑)

すでに書きましたが、昨年11月にAO入試を受けた際、
東広島駅から大学行きの路線バスは2号車まで出ていました。
AO入試だからセンター試験ほどの人数が受験するわけではないし、
東広島駅以外からも路線バスが出ているわけで一概に比較はできませんが、
それでも、6号車まで出るというのはすごいです。

ちなみに、僕が小学6年生の頃、県内で「山口きらら博」という博覧会があり、
小学生の多くは学校行事として見学に行ったはずです。
僕の小学校でも、3~6年生が見学に行きましたが、
あのときは、本校の貸切バスが1号車から16号車まで出ていました。
すごいですね。東海道新幹線ですね。(笑)

文集

うちの学校では、文芸部(部活)が作成した小冊子が卒業生に配布されます。
卒業式の日にもらえるようで、中には各部の3年生の作文などが掲載されており、
さながら「卒業文集」といったところでしょうか。
ちなみに、3年生がいなかった昨年度・一昨年度の科学部に関しては、
僕のもとに原稿依頼がやってきました。
原稿用紙は、26字×22行(中途半端ですね)のものが3枚なのですが、
例年、3年生でもない僕が長々と書くのも気が引けたので、
1枚目の途中くらいまでしか書かずに出したように思います。
(別に、文章は長くても短くても問題ありません)

さて、冬休み前、文芸部から原稿依頼がやってきました。
「よっし、今年は書いちゃるぞ!」と張り切っていたのですが、
忙しさの中にうずもれてしまい、数日前まで忘れており……。
提出期限はまだ先ですが、昨日の夜パソコンの前で2時間くらいかけて作りました。
読書感想文や大学への自己推薦書・志望理由書のときにも使いましたが、
ワープロって便利ですね……。
「行列の…」を見ながら作ったので2時間近くかかってしまいましたが、
そうでなければ、もっと早く作り終えただろうと思います。
そういえば、「行列の…」の次の「おしゃれイズム」にスザンヌさんが出ていましたが、
どうしても、スザンヌさんと小倉優子さんのキャラというものが、かぶるのです。
あと、スザンヌさんと中川翔子さんというのは、顔がよく似ていると思うのです。
どうでしょうね?(笑)

で、えー、話を戻しますが、今回は3枚目の最後の行まで使いました。
26字×22行×3枚ですから、マスをすべて埋めれば1,716字。
作文ですから空白のマスも生じますが、400字詰め原稿用紙にして約4枚。
われながらよく書いたものです。
今日、KRYのラジオを聴きながら原稿用紙に写しましたが、手が痛いです。
そして、自画自賛ですが、本当におもしろい文章になっているのです。
ぜひとも皆さんにも読んでいただきたく、卒業後に披露したいと思います。
(今披露してしまうと、関係者が読んだら楽しみがなくなるので……。)
ちなみに、書き出しは「いきなりだが」です。
どうです?書き出しからして、おもしろそうでしょう?
聞き手・読み手をひきつけるには、言い出し・書き出しを工夫することがポイントです。

何か、すごい夢を見ました。
以下は、その内容です。

(ここから夢の内容)
僕が京都駅のそばを歩いていたら、
「ドクターイエロー」と、旧塗装の400系新幹線が連結して走っていました。
「これはすごい!」と思い、オレンジカードで入場券を買い(この辺、具体的)(笑)
ホームに上がってみたら、ちょうど発車したところでした。
ただ、その次に、0系新幹線の試作車がやってきたのです。
もう残ってないのでは!?と思いつつ、写真を撮っていました。
そしたら、その0系新幹線の試作車がどんどん小さくなっていって、
最後にはNゲージになって、駅員さんが箱にしまっていました。

まだ続きます。

今度は、センター試験当日の朝という設定になっていました。
僕(たちの学校の生徒)は路線バスで受験会場に向かうのですが、
路線バスの車内から、またしても京都駅が見えました。
で、その新幹線ホームに800系新幹線が停車していました。
その後受験会場に着いたのですが、財布を家に忘れてきたことに気づき、
友達からバス代を借りました。
さらに、自分がなぜか半そでのカッターシャツを着てきたことに気づきました。
(ここまで夢の内容)

……ホント、どんな夢ですか、コレ。(笑)
よくこんな夢を見たものだなと、われながらあきれます。

プレテスト

冬休み前、希望者が学校で申し込んだ「センター試験プレテスト」。
締め切りがAO選抜の合格発表より前だったため、
河合塾・駿台・Z会・ベネッセの4種類をすべて申し込みました。
で、それはいまだ手付かずのまま、自室のカラーボックスに……。

センター試験までは地理と化学の復習に専念し、
センター試験が明けたら「プレテスト」で5教科を復習するつもりでしたが、
やっぱり、「プレ」ですから、センター試験前に手を付けるべきかと思い、
この3連休に、1日1種類ずつ片付けていくことにしました。
というわけで、今日は河合塾のプレテストを解いていました。
(まだ、「数学ⅡB」「化学Ⅰ」「英語(筆記)」は今からですが……。)

挫折しなければ、明日は駿台のプレテストを解くはず!!(笑)

19

別に、残りの登校日の日数をタイトルにすることが義務付けられたのではありません。(笑)
1度やってしまうと、タイトルを考えるのをサボってしまうというか……。

さて、今日、卒業アルバムのクラスのページのコピーが回覧用に回りました。
あくまで、名前の字に誤りがないかを確認するためなのですが、
ついつい、じっくりと眺めてしまいました。
(クラス全員の個人写真と、集合写真が載っている)
ちなみに、卒業アルバムは1冊10,500円もします。
ただ皆さん、そこをあえて2冊3冊と買っておけば、
将来僕が有名になったとき、高く取引されるかもしれませんよ?(笑)

あと、今日の20時半ごろからの約15分間、別の文章をアップしていました。
今感じているちょっとした悩みについて、
大学生になって読み返したとき「あのころはつまらないことを」と笑えれば、と思い、
つらつらと書いてみたのです。
ただ、あまりに個人的なことであったため、削除してこの文章と差し替えました。
もし元の文章をご覧になった人がいれば、すごくラッキーですよ!!(笑)

20

タイトルが思いつかないので、昨日の続きで「20」にしときます。(笑)

年が明けてから、5教科の授業はすべてセンター試験対策の問題演習になりました。
また、副教科(家庭基礎・体育)においても、
授業時間の約半分は、自習の時間として使えるようになりました。
体育の授業が「体育理論」(保健体育の教科書の「体育編」のページ)になり、
冬の定番(?)サッカーやマラソンをしなくて済むのがありがたいです。(笑)

で、その「体育理論」の授業で知ったのですが、
いわゆる「腕立て伏せ」は、立派な本名を持っていたんです!
アレ、「腕立て伏臥腕屈伸」(うでたてふくがわんくっしん)といいます。

あと、家庭基礎では「お金」についての授業が始まりました。
(先日紹介した、乙武さんの本で書かれていましたが、
「金」「カネ」「マネー」って、それぞれ受ける印象が違ってきますね)
今日は、「支出」の「住居費」の話が多くを占めていましたが、
まさに自分が冬休みに見聞きした話だな~~と思いながら聞いていました。
部屋探しのポイントとか、敷金のこととか、下見はしておくべきだとか……。
ちなみに、広島(中国・四国地方)というのは、全国で一番家賃の安い地域です。
だからかどうかわかりませんが、僕が契約した部屋は41,000円でしたが、
先生が学生時代に住んでおられた部屋(関東地方)は45,000円したそうです。
20年以上前の話だと思う(失礼)し、風呂も付いていなかったそうですが、
それで45,000円となると、やっぱり僕はいい物件を契約したものです。(笑)

ちなみに、僕の部屋ですが、8帖(洋室)で、もちろん風呂・トイレ付きです。

21

今日から学校が始まりました。

ロングホームルームの時間、先生に
「●●(僕)は、センター試験は……受けるんか?」
(「もうどっちでも同じことだが、一応受けるか?」といったニュアンス)
と聞かれました。
僕は、3年間の総まとめとしてセンター試験は予定通り受けるつもりでいたため、
(あと、納めた受験料は戻らないし……。)(笑)「受けます」と即答しました。
で、進路が決まった人がクラスにあと2人いるのですが、
その2人は、どうも受けないらしいです。
あ~~、キミたち、受けないのか~~。
そうか~~、そうなのか~~、そうだったのか~~。
(↑「特急田中3号」の桃山さんっぽく)(懐かしい……。)
進路が決まった人が受けると周りの人が不愉快な思いをするかもしれませんが、
それでも、センター試験は受けておいた方がいいと、僕は思います。

あと、そのロングホームルームの時間、先生が卒業までの予定を板書されましたが、
それによると、明日から卒業式まで、登校日は21日しかないそうです。
残りの21日、後悔することのないよう、充実した生活をしたいものです。

冬休み終了

贅沢に満ちた旅行から始まり、謎に満ちた散髪で締めた冬休み。
今日で終わり、明日からは学校生活が始まります。
何か、食べることと寝ることにエネルギーの多くを費やしてしまった気がし、
明日からの学校生活に適応できるかどうか、ちょっと不安であります。(笑)

ただ、冬休み明けというのは、一番学校生活に溶け込みやすいと思います。
夏休み明けは体育祭の練習が待っているし、
春休み明けは、担任・教科指導の先生が誰になったかで緊張しますから……。
冬休み明けは、特に何もありません。

ところで、バスマニアの皆さん、こんな質問に答えられますか?
「日本の高速バスで、一番走行距離が長いのはどの路線か?」
答えは、西鉄バスの「はかた号」(東京~福岡)ですね。
では、次の問いです。
「日本の高速バスで、一番走行時間が長いのはどの路線か?」
これ、わからないでしょう?僕も今日知りました。
実は、答えは、防長バスの「萩エクスプレス」(東京~萩)なのです。
地元を発着する高速バスが、走行時間の日本一だったとは全く知りませんでした。

このことから、何がわかるかです。
東京~福岡間より距離が短い東京~萩間の方が時間が長くかかるということは、
つまり、それだけ、山陰から都市への道路網の整備が遅れているというわけです。

ミステリー

今日は、散髪に行ってきました。

母の同級生がやっている店で、母はもちろん祖母もこの店を利用します。
また、おばやいとこも、時にわざわざこの店まで散髪にやってきます。
そんなわけで、僕も小学生の高学年のころぐらいにはこの店に行っていた記憶が。
なので、受験の話になったら「合格しました」と言おう、と思っていたら……。
どういうわけか、二言目には「おめでとう!」と言われました。
一瞬「新年おめでとう」のおめでとうかとも思いましたが、
前述したように、僕の身内の多くがこの店に通っているわけであって、
昨年祖父が亡くなったことは、当然知っておられます。
(そういう僕は昨年末もいつもどおり30枚も年賀状を出したし、
誰にでも「明けましておめでとう」と言っていますから、
別に「新年おめでとう」と言ってもらっても全然気にしませんが……。)
で、どういう反応をしたものかな~~と困っていたら、
「知っちょるよ!●●大やろ!」とのことで……。
恐るべし、美容院のネットワーク!!(笑)
僕が大学に合格したことはもちろん、どこかということまでご存知とは……。

で、不思議なのが、この情報がどの筋からもたらされたものなのかということ。
担任の先生によって、クラスの人たちは僕の進路が決定したことは知っていますが、
大学名に関しては、僕が話した親しい友達しか知らないはずです。
あとは、学校の先生か、身内……。
知る限り、母・祖母・おば・いとこは合格発表以来この店に行っていません。
また、学校の先生がこの店に行っていないと言い切ることはできませんが、
仮に行っていたとしても、僕が同じ店に行っているなんて知るよしもなく、
あえて僕の話をするような理由はありません。
とすると、親しい友達だということになりますが……。
その中に、この店を利用している人が1人います。
さては、キミか!?(笑)

まぁ、大きく書きましたが、別に誰でもいいです。
話題にしてもらえるというのはありがたいことだし……。

何か、最近すごく食欲があります。(笑)
去年の秋くらいから、永遠の「食欲の秋」が続いています。
年末には、旅行での食べすぎからか、体調を崩しましたが……。
まったく懲りていないようです。(笑)
何か、どこかのバイキングの店にでも行って、思う存分食べたいですね。
できれば、中華料理がいいな……。

目標

神様から、余るほどの時間を与えられた僕。
今後の数ヶ月は、読書と、英語(TOEIC)の勉強に励みたいと思います。
で、今日は、前から聴きたかったアルバムをレンタルしてきました。
(前置きとつながっていない!!)(笑)

時間は15時ぐらいだったのですが、もちろん「当日」で借りました。
確かに、曲数が多めであるアルバムを「当日」で借りるのは恥ずかしいのですが、
今からは何かとお金もいるでしょうから、節約にも励まないといけません。
(前置きとちょっとつながった!!)(笑)

そのアルバムをダビングしてすぐに返しに行ったのですが、
その帰り、図書館に寄りました。
(本屋といい図書館といい、その他すべての公共の場には、
今からセンター試験を受ける友達と会ってしまったりしたら会わせる顔がなく、
実のところ、出入りしづらいのですが……。)
昨日知りましたが、「社団法人 読書推進運動協議会」が、
 若い人に贈る 読書のすすめ
 成人・卒業-新たな一歩を踏み出したフレッシュなあなたに
というパンフレットを発行しています。
その中に載っている本から、2冊借りて帰りました。
(ようやく、前置きとつながった!!)(笑)
神田川デイズ」(豊島ミホ)
 ダメダメなあたしたちにも、明日はくる-否応なく。
 根拠のない自信、過剰な自意識……大学生たちの息遣いと切実な思いを描く、
 傑作青春グラフィティ。
大人になるための社会科入門」(乙武洋匡)
 大人になるということは社会に目を向けること。
 今春から小学校の先生になった著者がニート、愛国心など社会問題について真摯に考える。
 「この世界」がわかる1冊。
の2冊です。
本を最後までキチンと読みきる秘訣は、こうして他人に公表しておくことです。(笑)

代走

今日の午前中、図書館や郵便局に行ってきました。
その途中、市役所前の「まぁーるバス」(市内循環バス)の停留所に、
「まぁーるバス」専用車1台、地元のバス会社(防長交通)の路線バス1台が、
並んで停車しているのを見かけました。
まぁーるバスは市が防長交通に運行を委託していますので、
「ひょっとして、防長の路線バスの車が代走!?」と思い、見てみました。
すると、普段「まぁーるバス」専用車の前面に貼られている「東回り」のステッカーが、
路線バスの車の前面に貼られていました。
また、路線バスの車の行き先表示は「まぁーるバス東回り」となっていました。
おそらく、「まぁーるバス」専用車に不具合でも起こったのでしょう。
(予備車が1台あるはずなのですが……。)
で、「これはレアだ!昼から撮影をしよう!」と思い、郵便局の用事を済ませました。
で、続けて本屋に行って、家路についていると……。
「東回り」のステッカーを貼られ、「まぁーるバス東回り」を名乗り、
僕に「レアだ!」と評価された例の路線バスの車が、
防長交通の車庫に入っていくところを目撃しました。
おそらく、「まぁーるバス」専用車の不具合が直ったのでしょう。(笑)
かくして、写真を撮り損ねたわけですが、とにかくレアです。

【「旅行記」の完成状況】(すべて完成しました!)
3-1 …… こちら
3-2 …… こちら
3-3 …… こちら
3-4 …… こちら
3-5 …… こちら
4 … こちら

2008.冬 旅行記 4

2008年1本目の記念すべき旅行記です。と言っても、行き先や内容はとりたてて目新しいものではありません。期待しすぎずに読みましょう。(笑)

今回の旅行は、1人旅ではありません。お供の定番(?)といえば父ですが、父との旅行でもありません。皆さん、「F君」を覚えていますか?去年の4月1日、JR発足20年の記念すべき日に、あの時は1回1600円だった青春18きっぷで門司・下関を旅行した、中学時代の友達です。彼ともども進路が決まりましたので、それを記念しての旅行というわけです。

山陰線の駅(ただし、お決まりの東萩駅ではなく、僕の家の真の最寄り駅)で集合し、青春18きっぷで長門市行きに乗車。F君とは12月にミスタードーナツで会いましたが、まとまった時間をかけて話ができるのは久しぶりです。なので、長門市駅まではもちろん、乗り換えた小串行き、さらに乗り換えた下関行きと続けて、あれこれと話をしていました。(例外として、小串~下関間はやや眠かったのだが)(笑)

で、驚いたのが、小串駅で乗り換えた下関行きの列車。2両編成なのですが、放送・ドア開け閉めの担当と、車内巡回の担当とで、車掌さんが2人も乗務されているのです。ワンマン運転になっている小串駅以前の区間から乗った客は切符を持っていないし、小串駅から先にも無人駅が多いため、お客の多くは切符を買わなくてはならないのです。かの「ひかりレールスター」でさえも車掌さんは1人。もっとも、新幹線は駅と駅の間隔が長く、放送・ドアの開け閉めの担当と車内の巡回を兼務することは可能です。ただ、12月に乗った山陽線の各駅停車でも、やはり車掌さんは1人なのです。なのにこのローカル線で車掌さんが2人。ちょっと驚きました。

下関駅でさらに乗り換え。ちなみに、ここまで乗ってきた列車の1両目はキハ48でした。

20080105133419.jpg


小倉行きに乗り換えて、門司駅で下車。

20080105133439.jpg


レンガの建物や海も見えます。

……で、「下車」と書きましたが、これも実は乗り換え。快速の大牟田行きに乗車します。本当は小倉駅から乗るつもりでしたが、ちょっとでも早く乗っておいた方が席が取りやすいという僕のとっさの判断から、門司駅で下車したのです。快速電車は門司港駅から来ていますが、おそらく小倉駅まではほとんど誰も乗らないだろうという予想だったのです。ただ、すでに席はけっこう埋まっていました。予想外です。そんな僕の携帯はソフトバンクです。(笑)

しかしながら、小倉駅でちゃんと席は空き、博多駅までゆったりと移動。やっぱり、転換クロスシートは快適です。

博多駅に到着。九州新幹線の博多開業に伴い、駅では大きな工事が行われています。

20080105133545.jpg


そのため、こんなことになっています。今までは、博多駅のホームの上は屋根があるだけでスカーンと抜けていたのですが、新しい駅舎は確かホームの上にはみ出すようなデザインになるのです。

ホームの立ち食いラーメン屋さんで昼食。

20080105133446.jpg


やっぱりラーメンはとんこつです!実は、ここ1週間くらい、とんこつラーメンが食べたかったのです。(笑)F君が思いのほかゆっくり食べていたもので、時間があったので替え玉をしました。

食後は、F君としばらく別行動。駅の周りにはおもしろい(?)店がたくさんあるのです!僕は、駅の交通センターのCDショップ・ダイソーと、駅の筑紫口にある金券ショップ(図書カードを購入)、駅の構内にある模型屋さんへ行っていました。あと、駅の外に出てみて驚きました!博多駅の工事のことはついさっき書いたところですが、駅舎の解体ももう始まっているのですね。

20080105133412.jpg


以前はこうだったのですが、

20080105133515.jpg


こんなことになっていました。不変なる建物を絡めた写真でいけば、

20080105133357.jpg


こうだったのが、

20080105133526.jpg


こうなりました。(写真を撮影した位置は異なります)また、交通センターの建物から駅前の様子を撮ってみると、

20080105133535.jpg


こうです。

それから、駅の中を歩いていて見つけた看板ですが、

20080105133504.jpg


そのうち、新幹線の写真はN700系などに差し替えられるのでしょう。

駅の近くをぶらぶらし終えたら、再び在来線ホームへ。普通電車で鹿児島本線を二日市駅まで下ります。で、時刻表を見ていて思うのですが、博多駅から二日市駅までの駅名というのは、わりと読みづらいものが多いような気がします。順に、
 竹下
 笹原
 南福岡
 春日
 大野城
 水城
 都府楼南
で、読みは
 たけした
 ささばる
 みなみふくおか
 かすが
 おおのじょう
 みずき
 とふろうみなみ
です。まぁ「たけした」「みなみふくおか」は一発で読めますよね。ただ、「おおのじょう」「とふろうみなみ」は、読み自体は普通ですが「おおのしろ」「みやこふろうみなみ」などと読み間違え、当てるには何回かかかるでしょう。さらに、「ささばる」「かすが」「みずき」は、多分読めないのではないでしょうか。ちなみに、「笹原」を含み、九州には「筑前前原(ちくぜんまえばる)」・「新田原(しんでんばる)」・「原田(はるだ)」など、「原」を「はる(ばる)」と読む駅名が多くあります。しかし、F君に言わせれば、東国原知事のおかげで、「原」を「はる(ばる)」と読む読み方は世に認知されたのではないかとのことです。確かに、それは一理ある……。

二日市駅で下車し、西鉄の二日市駅へ徒歩で移動。大宰府駅へ乗車します。もちろんわれわれは太宰府天満宮へ行くわけですが、同じことを考えている人はたくさんいるようで……。大宰府行きの電車は大変な混雑でした。周りの人と体が触れ合うくらいの混雑だったわけですが、こういうときにはチカンや泥棒などのあらぬ疑いをかけられても困りますので、胸の前で腕組みをして乗ることにしています。(笑)

大宰府駅に到着し、天満宮へ。それにしても、人が多い……。

20080105133556.jpg


去年の4月に来たときにもこの池の写真を撮ってブログに載せましたが、ものすごくお金持ちな鯉ですよね。全部で何円くらいあるのだろう……。

お金といえば、お賽銭の量もすごいです。本殿の前の地面の一角(10×1mくらい)が賽銭箱として区切られているわけですが、その中にはすごい量のお賽銭が入っています。それこそ、写真を撮ってブログに載せたいくらい……。

お参りを済ませたら、名物の梅が枝もちを2つ購入。朝からずっとお腹が減っていて、昼にラーメンの替え玉をしてもそれがおさまりません。(笑)というわけで、2つのもちもペロッと食べてしまいました。

ところで、西鉄はなかなかな鉄道グッズを作っています。大宰府駅の売店で、「にしてつ学習帳」なるものを発見。表紙に西鉄の電車やバスが書かれた自由帳で、値段は良心的な120円です。種類も多くあり、とりあえず8000形のバージョンを買いました。使うことがあるかどうかは別ですが。(笑)
詳しくはこちらを。

大宰府駅から二日市駅まで西鉄で引き返し、JRの二日市駅へ歩いて戻り、準快速の小倉行きに乗車。終点まで乗りますが、二日市駅出発時点では席は空いておらず、立ち客もたくさんいました。とりあえずドアのところに立っていました。

20080105133606.jpg


どこの駅だか忘れましたが、国鉄色に戻された電車を追い越しました。

小倉駅で下関行きに乗り換え。下関駅到着前に車両基地の横を通過しますが、昨年の秋に引退になった「旅路」が眠っていました。

20080105133615.jpg


下関駅で少し時間があるので、駅前のロッテリアで車内のお供を購入。こういう店で買い物をすることなんて極めてまれ(1~2年に1回です)で、値段の相場というものを全く知らなかったのですが、ただのハンバーガーってたったの100円なんですね!僕はチーズバーガーとポテトのSを買ったのですが、それでも230円。ビックリしました。ただ、思い出しましたが、数年前までマクドナルドがハンバーガーを65円で売っていましたよね。それに、こうして値段を下げておくと、消費者は「安い!」と思って、ポテトなりシェイクなりを注文するわけで、結局は店の利益が上がるのです。

20080105133624.jpg


2年前の1月に放火で消失した下関駅舎ですが、かつての三角屋根のの跡が残っています。現在の三角屋根のやや左側を斜めに横切っています。

下関駅から、長門市行きに乗車。たいていの列車は小串駅で乗り換えになりますが、少ないながら乗り換えずに直通している列車もあります。小串駅では乗客の多くが同じ列車を目指して乗り換えるうえ、列車の編成が短いためにいい席に座れないことが多く、乗り換えはわずらわしいことこの上ないのです。直通だと本当にありがたい!!

\"20080105133634.jpg"


この列車は、小串駅で数十分間に渡り停車します。隣のホームに停まっていた列車がやたらと長いので、偵察に行ってみると、何と4両編成でした。キハ47の4両といのは長い!!ちなみに、ロッテリアで買ったものは停車中に食べてしまいました。

長門市駅でも益田行きに乗り換えて、朝と同じ駅で降りました。終わり。(笑)

ズバリ

僕としては「ズバリ」とくれば「そうでしょう!」なんですけども、
昨夜、初めて「ズバリ言うわよ!」を見ました。

昨日の昼から、祖母の家に行って(2日連続!)、1泊したのです。
で、祖母と「ズバリ…」を見たわけです。
細木さんを男にして20歳若くすれば、僕の担任の先生になるような気がしました。(笑)

また、今日の昼にはいとこ・おじ・おばもやってきました。
ただ、同級生の方のいとこ(ブログに何度か出てきた人)に関しては、
受験を控えているため、今日も夜まで予備校に行っているそうです。
会いたいな~~と思っていたので残念ですが、
会ってしまうと、どうしても「進路の決まった人、そうでない人」という図ができそうで、
それだとかわいそうなので、会わなくてよかったのかもしれません。
まぁ、いとこの方がよっぽど賢いので、
そのうち「賢い人、そうでない人」という図ができ、僕の方が下位になるでしょう。(笑)

【「旅行記」の完成状況】
1日目 …… こちら
2日目 …… こちら
3日目 …… こちら
4日目 …… こちら
5日目 …… しばらくお待ちください。

福袋

昨日・今日のことをいろいろと……。

まず昨日は初詣に行ってきました。
で、ちょっとすごいことが!!
お賽銭を、集金箱(?)(笑)に投げ込んだわけですが、
箱の上の面、柵みたいになっているでしょう?

┌───┐
├───┤
├───┤
└───┘
【図1】

その柵みたいな箇所の上に、お賽銭が乗ったんですよ!!

┌───┐
├─⑩─┤
├───┤
└───┘
【図2】

ちなみに、お賽銭は10円玉ではありません。(笑)

乗せっぱなしにしていたら、ならず者に持って行かれそうな気もしましたが、
時節柄「落ちない」というのは縁起がいい気がして、そのままにしました。

あと、昨日は祖母の家にお年始の挨拶に行ってきました。
おせち料理はいいですね。(笑)

それから、今日。
行きつけの本屋に行って、「福袋」を見つけました。
自慢ではありませんが、18年生きてきた中、「福袋」を買ったことは1度もありません。
買ってみようかな~~という気になりました。
4,000~4,500円分が入って1,050円だそうです。
本屋の福袋だからといって、中に本やCDがあるとは思えません。
多分文房具の詰め合わせだろうけど、腐るものでもないし……と思い、買いました。

20080102120701.jpg


……で、開けてみました。

20080102120718.jpg


何かちょっとコレ……。(笑)
筆箱・ノート・下敷き・シャーペン・鉛筆・消しゴム・定規・クリアファイルなどなど、
一応、一通りの文房具はそろっています。います。います……が……。
ちょっと、大学生になろうかという男が持ったらイタイぞ……というものばかりですね。(笑)
まぁいいんですけど……。やっぱり買わない方がよかったかな~~と思いました。

というわけで、今はテレビで吉本の漫才を見ているところです。

【「旅行記」の完成状況】
1日目 …… こちら
2日目 …… こちら
3日目 …… こちら
4日目 …… こちら
5日目 …… しばらくお待ちください。
プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。