スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小論文模試

今日の放課後、小論文模試を受けました。
最近、ドサクサにまぎれて模試ばっかりです。(笑)

で、月曜の放課後といえば、課外の中で一番楽しみな地理の課外が開かれるのです。
(小論文模試は希望者のみの受験のため、課外はいつもどおりに開かれます)
月曜は祝日になることが多く、ただでさえ回数が少ない地理の課外。
それを欠席してしまうというのは、心身ともに(!?)ダメージが大きい!!
……というわけで、先日進路の先生とすれ違った時に進言しておきました。
「月曜の放課後に小論文模試がありますよね?
 あれ、課外と重なる人は課外を休まないといけないんですか?」
その場では肯定されなかったので、脈ありか!?と思っていたのですが……。

今朝のホームルームで、小論文模試の受験者への指示がありました。
そして、その最後に……。
「それから、今日の放課後に課外がある人は……」
お、「進路の先生に申し出れば、自宅受験を認めます!」か!?と思いきや……。
「放課後までに、担当の先生に欠席の連絡をしておくこと!
 小論文模試なんやからええわーやーとか思うなよ!!」
……ソッチですか。
先生、そりゃ当たり前でしょうよ……。期待したじゃないですか……。(笑)

そんなわけで、泣く泣く地理の課外を休み、小論文模試を受けました。
時間は1時間40分になっているのですが、やっぱり「長い……」と思います。
ただ、書いてみると意外とすぐなのです。
さらに、僕の狙っている大学の小論文の時間は2時間とか2時間30分とかなので、
1時間40分くらい、お行儀よく過ごせないと話になりません。

で、僕なりの1時間40分の過ごし方!!同業者の皆さん、なんだったら参考に!!

僕が選択した問題は「資料型」でした。
短文やグラフがいくつかあり、課題に沿ってそれらを読み取って論じるタイプです。
まず、10分かけて、全ての資料に丁寧に目を通します。
(目を通すこと自体は2分もあれば完了しますが、じっくり味わうのです!)
次に、30分かけて、資料の内容を先生の板書のごとく書き下ろします。

DSC08309.jpg


それから、5分かけて、どんな構成で文章を書いていくかを考えます。
そして、50分かけて文章を書き上げ、5分かけて読み返すのです。

ちなみにコレ、僕が前もって「時間配分はこうだ!」と決めていたのではありません。
思うままにやったら、こうなったのです。(笑)
本番では、時間配分にも気をつけないといけませんね。

ところで、今日受けたのはベネッセ(進研)の小論文模試なのですが、
受験票の記入例を見て、吹き出しそうになりましたよ!

DSC08311.jpg


その名字、あまりにムリがありすぎるのでは……?(笑)

ところで、過去に僕が受けた模試(教科の方)の多くは進研のものでしたが、
果たして、それらの記入例もそんな名前だったか!?
好奇心が抑えられず、調べてみました。
手元に残っている記入例を全て検めると、2年7月の模試から3年9月の模試までは、

DSC08313.jpg


「中島淳一郎」でした。何とも平凡な名前ですね。
(全国の「中島淳一郎」さん、スミマセン)

ところが、3年10月の模試に関しては、

DSC08315.jpg


「受験太郎」でした。これはこれで平凡ですね。
(全国の「受験太郎」さん、スミマ……って、いるわけないか)
この時期になると記入例からも受験シーズン!という勢いが伝わります。(笑)

さらに調べてみました。
3年5月に受けた、学研の模試では……。

DSC08312.jpg


「学研花子」、さらに、3年10月(こないだですね)に受けた、河合塾の模試では……。

DSC08316.jpg


「相澤順平」でした。これはずいぶん凝ってますね。

それから、進学校であるわが高にもJR西日本から求人票が来ていたようです。
掃除の時に知りました。
図書室に、図書委員の当番表が貼ってあります。
その用紙は、不要になった用紙の裏側を再利用して使っていたのですが、
当番表の裏側(すなわち、本来の表側)には、
JR西日本の求人票の写しが刷られていたのです。
へぇ~~と思い、ちょっと見てみました。
初任給は約14万で、試験は国語・数学・英語・社会・面接などだそうです。
4年後(多分!!)(笑)、再びJR西日本の求人票を見る日が来るのでしょう。
そして、その時、今日のことを、図書委員を務めた高校3年間のことを、
懐かしく思い出すのでしょう。
(この美しい締めは何なのだ……。)(笑)

今日はすらすらと文章が書けました。
小論文模試で、文章慣れ(?)したんでしょうかね。
スポンサーサイト

カラオケの逆バージョン

今日、ちょっと思い立ってやってみました。

ピアノの前に座って、隣で川嶋あいさんのMDを再生します。
で、それに合わせて自分で伴奏をするのです。
いわば、カラオケの逆バージョンですね。
「逆カラ」もしくは「カラボカ」と名づけましょう。

由来はもちろん分かってもらえますよね?
「逆カラ」は、まさに「カラ」オケの「逆」バージョン、ということです。
あと、「カラボカ」ですが、「カラオケ」が「カラ」の「オーケ」ストラなのであり、
僕がやったのは「カラ」の「ボーカ」ルだからということです。

これ、なかなかおもしろいですよ!?
今後、「カラボカ」が、会社帰りのビジネスマンのちょっとしたブームになり、
「ビギナーの方は、とりあえずCDに合わせて伴奏を!!
 上級者の方は、オリジナルで伴奏を付けてみましょう!!」
などというガイドブックが出版され……。
ん~~、そんな訳ないか……。

ちなみに、僕は自称「上級者」です。
まぁ、ピアノを12年半も習っていたのだから、そう名乗らせてください。(笑)

あと、今「行列のできる法律相談所」を見ているところですが、
眞鍋かをりさんのブログを書き起こした「眞鍋かをりのココだけの話」、
あれ、かなり売れているんですね~~。
ブログをやる人間の端くれとして、お名前は拝聴しておりました。
僕もいずれこのブログを書き起こして出版してみましょうかね。
名づけて「よしピーのココだけの話」ですね。(笑)

2/5

今日は土曜日なので模試の日です。
(先週からそうなったんでしたね)

今日あったのは、河合塾の記述模試。
特にそれについて書くことはしませんが、
数年後にブログを読み返したとき「模試」は懐かしの行事になっていると思うので、
模試があったということだけ、記録しておきます。

先週も書きましたが、タイトルは「ごぶんのに」です。「にがついつか」じゃないですよ。

10月病

昨日の夜、勉強をしていたら、突然疲れました。
……「突然体がだるくなりました」と言わないと伝わりませんね。(笑)
加えて、やたらと喉が渇きました。

ここ最近、咳や鼻水も続いており、「もしや、風邪!?」と思いました。
おまけに今日の1時間目、いつもどおりに上着を脱いでいても体がポカポカと暑く、
どういうわけか、手が震えるのです。(もちろん、寒いからではない)
「こりゃ、風邪じゃ~~!!」

ですが、やっぱり風邪じゃないと思います。(笑)
咳は喘息・鼻水はアレルギーで年中出ているわけだし、
僕の風邪ではいつも喉が痛くなるので、それがない限りOKです。

「5月病」という言葉がありますが、「10月病」があってもいいと思いますね。
人間、秋になると、いろいろなことを考えるわけです。
いろいろなことを考えますから、そりゃ、咳も鼻水も出ますよ。
(はい、関係ないですね。)

……今日の更新、別に必要なかったな……。

卒業アルバムに残る笑顔がとてもとてもまぶしい

2日連続で、好きな曲の歌詞の一部がタイトルになりました。
(単なる偶然ですが……。)
「卒業アルバムに残る笑顔がとてもとてもまぶしい」というのは、
我らが川嶋あいさんの「12個の季節~4度目の春~」の歌詞の一部。
全体的に切ない雰囲気が漂うこの曲ですが、「卒業アルバムに……」の後は、
 見慣れた街並み、夕暮れ 壊れそうな気持ちだよ
 たった12個の季節を一瞬で駆け抜けた
 4度目の春は別れ
とさらに切なさが増し、
 弱虫 強虫 いろんな顔が見えたよ全部好きだった
 告白なんてできないよ このまま友達でいい
と、切なさが最高潮に達し、
 明日は「さよなら」するけど 僕のこの初恋は旅立つ
 最後に流した君の涙ずっと忘れない
と締めくくります。
(いかにもこの曲を僕が書いたみたいですね)(笑)

聴いていていつも思うのが、「なぜ『君』は最後に涙を流したのか?」ということ。
「最後」というのは卒業式の日のことでしょうから、単に寂しくて泣いただけなのか?
それとも、ひょっとすると、「僕」が「君」に思いを寄せるのと同じように、
「君」も「僕」のことが好きだったのかもしれませんね。
素敵な曲です。

川嶋あいさんの曲には「恋愛」「感謝」「友情」「応援」系が多いです。
「恋愛」は、
 ≪進行中の恋愛≫「スーツケース」「My Love」など
 ≪片思いの恋愛≫「12個の季節~4度目の春~」「525ページ」など
 ≪失恋≫「幸せですか」「『さよなら』『ありがとう』~たった1つの場所~」など
「感謝」は、
 「・・・ありがとう...」「大切な約束」など
「友情」は、
 「compass」「旅立ちの日に・・・」など
「応援」は、
 「見えない翼」「smile and smile」など
がそうですので、今の貴方の気分に合わせて、お気に入りの1曲を見つけましょう。(笑)

今日の古典の時間、漢文のマーク式問題演習をしていました。
その中に漢詩が出ており、
 「 一 片 白 雲 数 点 □ 」
の□に当てはまる字と句の解釈を選ぶ問題があって、
この句が2句目であり、4句目の最後の字が「間」であることから、
選択肢が「淡」か「山」かまで絞れるようになっています。
で、そのどちらを選ぶのかについての先生の説明が、
「12個の季節~4度目の春~」のおかげですごくよくわかりました!

残った選択肢が、
 「淡」 白い雲の切れ間から数本の淡い光が差し込んでいる。
 「山」 ひとひらの白い雲と幾つかの山があるばかりである。
だったのですが、「一片」=「白雲」なのだから、「数点」=「□」になるわけです。
もし「淡」を入れてしまうと、「数点」=「淡い」となってしまいますよね。
ですが、「山」だと、「一片」=「白雲」「数点」=「山」で、対比関係がキチンとします。

ここから先は僕が勝手に思ったことなのですが、(笑)
この考えを「『12個の季節~4度目の春~』の定義」と名づけましょう!
「12個」=「季節」、「4度目」=「春」なわけですよ。
もし「淡」を選んだら、「12個の季節~春は4度目~」になりますよね。
コレだとちょっとおかしい。(笑)

DSC08308.jpg


それから、今日は昼休みに卒業アルバムのクラス写真の撮影がありました。
まさに、卒業アルバムに僕の笑顔(?)が残るのです。

そういえば、5月ごろ、卒業アルバムの個人写真を撮った日にも、
「卒業アルバムに……」の歌詞を紹介したような……。

今日で、福知山線の列車事故から2年半。
いや、とにかく早い……。

桜の花びら散るたびに……

去年の合唱コンクールで、僕の学科の1つ上の先輩たちがコブクロの「桜」を歌いました。
僕にとっては、音楽の先生のクラスより上手だと思えたのですが、
結果は、1年生にも抜かれ、何と3位。
時間の超過があり、かなり減点されたそうです。

それから1年後。
同じ学科の3年生となった僕たちは、「君がいるだけで」で見事優勝しました。
そのクラスの伴奏者といえば、ほかでもなく、この僕でした。

……ここまでの話は、今日の話題とほっとんど関係ありません。(笑)

今朝のホームルームの後、進路のことで用があって担任の先生のところに行きました。
その話を一通り終えると、先生は声を小さくして
「お前にひとつ頼みがあるんやけど。」
「はい。」
「今日、二コルさんの講演があるやろ。」
「はい。」(心の声:まさかっ!!)
「その講演の後、何か質問してくれんか!?」
「ええーっ!?」(心の声:やっぱり~~。)
「お前に質問させようと思って、ワシさっきああやって言ったんじゃ。
 お前がサクラじゃ。ええか?返事は!!」
「はい!!」
「小論文の練習と思え!」
(心の声:小論文!?面接の間違いでは!?)(笑)

今日は作家のC.W.ニコルさんによる「文化講演会」の日なのです。
で、朝のホームルームで、
「講演の後の質問の時間に、ぜひこのクラスから誰か質問をしてほしいとのことだ」
という話があったのです。
先生によれば、あのようにホームルームで話をすることで、
僕が質問をしても、浮かなくなるのだとか。
そりゃまぁ……そう……ですけど、何か、ちょっと筋が通ってない気も……。(笑)

とにかく、僕がサクラで質問をすることになったのです。

書いたとおり、先日は慶応義塾の塾長さんによる進路講演会がありました。
あのときにも、サクラらしき(笑)生徒会の人たち(多分)が質問をしていましたが、
進路講演会なら、相手は大学の先生ですから、ぜひ
「現代の理数離れについて、どのように考えるか」
「現代の活字離れについて、どのように考えるか」
と聞いてみたかったところです。
しかし、相手は作家の二コルさん。
教室に掲示してあったプロフィールを読むと、環境とか自然に関するものがよさそう……。
あれこれ考えて、講演を聴きもしないうちから質問を完成させました。
本当なら講演の内容に関わる質問がよいのでしょうが、
そうすると、どうしてもその場の雰囲気が硬くなりますよね?
会の性格からして、あまり深く踏み込んだ質問ではなく、
せいぜい「理数離れ」「活字離れ」程度の、世間話的な質問がいいと思ったわけです。

というわけで、質問の時間がやってきました。
約束どおり(笑)挙手をして……。
「今までにいろいろなところを見られていると思いますが、
 今回萩市に来られてみて、萩市の環境についてどのような印象を持たれましたか?」
これ、なかなかナイスでしょう。(笑)
市長さんも聴きに来られていたので、「持たれましたか?」の後に、
「今日は市長さんもいらっしゃってますから、
 今後のまちづくりにもきっと役立てていただけるものと思います。」
などとつけてみると、なおよかったかもしれません。

で、この会は対象が生徒だけでなく、一般市民を広く対象としたものだったのですが、
僕が質問をした後、2人の大人から質問が出て、白熱した議論となっていました。
だったら、僕がわざわざサクラで登場する必要もなかったのでは……。(笑)

それと皆さん、
「♪書けばなるほど パイロット、パイロット♪」
って知ってますか?
友達と弁当を食べながら、好きなCM(確か)の話になったのですが、
僕は、夏ごろ流れていた、相武紗季さん出演のJALのCMが気に入っていました。
ブログでも書きましたが、「山口からはJALで。待っちょるね!」という分。
で、その話をし、そのまま相武紗季さんつながりで「♪パイロット」になったのですが、
数人に聞いたところ、知っている人と知らない人とが半々くらいでした。
ニコルさんに、
「『♪書けばなるほど パイロット、パイロット♪』というCMをご存知ですか?」
と聞いてみてもよかったかもしれませんね。(笑)

休養日

しばらくは、1週間で休めるのが日曜だけになります……。

さて、今日は、やり損ねていた用事をいくつか済ませました。

まず、図書館で広島の地図を借りてきました。
(なぜ広島なんでしょうね!?)
それから、本屋に行って、YUIさんの新曲「LOVE & TRUTH」を借りました。
もちろん、「当日」で!!(笑)
あと、ホームセンターに行って、黒と赤のボールペンの芯を買ってきました。
考査の勉強に使ったからか(笑)、黒も赤もなくなっていたのです。

今日のところは、こんな感じです。
毎日更新をすることはやめたはずですが、最近は毎日更新してますね。

1/5

タイトルは「ごぶんのいち」です。「いちがついつか」ではありません。(笑)

さて、今日から5週連続で、土曜日に模試があります。
今日の模試は記述だったのですが、
記述の模試というのは、大学の2次試験に相当する模試ということになります。
(マーク式の模試というのが、1次試験(センター試験)に相当します)
なので、大学の2次試験で必要な科目のみを受験すればよく、
僕の場合、記述の模試は英語だけを受ければOKなのです。
ただ、模試の受験型を見ると、「英語だけ」というのはありません。
最低でも、「数学・理科・英語」のように、少し手を出さないといけません。
だったらもう、全部受けてしまえ!!ということで、
クラスで唯一、国語・数学・地歴・公民・理科・英語の6つをすべて受験しました。
(記述の模試であっても、センター試験で受ける科目は受けた方がいいそうです)

まだまだ今日のは慣れたタイプの模試なのでいいのですが、
そのうち、大学別プレテストとか、実際のダイヤ(?)通りのセンタープレテストとか、
本格的な模試も始まります。
しかしまぁ、僕はけっこうポジティブな性格でして(笑)、別に嫌ではないですね。
むしろ、楽しみにしています。
辛いことを楽しみに変えられれば、しめたもんですよ。

今日も政権交代

今日は、図書委員の先生が出張でおられなかったそうです。
で、今朝、掃除時間の指示のメモが、担任の先生を通じてやってきました。
つまり、2年生の委員長を差し置いて、昨日に続き今日も「仮委員長」を演じられる!

そのおかげか、昨日も今日も後輩から「先輩!」と呼ばれたのですが、
これって何かいいですよね。(笑)
何ヶ月か前「単なる『先輩』ではなく、名字を付けてもらえると嬉しい」と書きましたが、
後輩とのかかわりが委員会の時しかなくなった今となっては、
名字が付こうが付くまいが、そんなの……いや、そんなことは関係ありません。
後輩にしてみれば、僕を呼びたければどうしても「先輩」としか言いようがないわけで、
別に何の意味もないことなのですが、なんか「先輩」っていいコトバです。

高校を卒業したら、しばらくは「先輩」となんて呼んでもらえないんだな~~と、
ふと、寂しさを感じたり……。

さて、今日は「進路講演会」がありました。
講師が誰かといえば、あの「慶應義塾」の塾長の安西先生。
講師の紹介をされたのは、本校卒業生で、元文部科学相でもある、とある議員さんでした。
何かすごい顔ぶれです。(笑)

それと、テストの返り方(?)が鈍いです。
フルに返ってくれば今日で全てそろうはずなのですが、現代文・化学Ⅱがまだです。
ちなみに、今のところの動向をまとめておきますと、前回との差を⊿xとすると、
 5≦⊿x …… 数学Ⅲ・物理Ⅱ
 -5≦⊿x<5 …… 古典・英語R・英語W
 ⊿x<-5 …… 数学C・地理
という感じでした。
物理Ⅱである程度の点数を取れたため、仮に次のテストが全部0点であろうとも、
この時点で、卒業はキチンとできます。

政権交代!

今日の掃除の時間。
図書委員は、「ミニ会合」(?)を行いました。
(図書委員は図書室の掃除の担当となっており、
 その時間に話し合いや作業をすることは、さほど珍しくありません)

で、先生の、
 3年生が大勢いる前で進行(今日は、「指図」に近い)を行うことは、
 2年生の委員長にとっては重荷だろう!
というご配慮により、前委員長の僕が一時的に政権を取り返しました!(笑)

「科学部」「図書委員会」という集団は、言ってみれば「中小企業的」で、
治めることは、僕にとっては比較的簡単です。
(ただ、ひとたび支持を失うと、その地位は危ういという「ウラ」もあるが)
ですので、そういった集団の代表に就くと、すごく居心地がいいんですね。
ここ数ヶ月でそんな職を2つも失った僕は、何か物足りなさを感じていたのです。(笑)
そこへ、この話!!何か、すごく楽しかったです。

で、久しぶりに大勢の人の前で話をしてみて気づいたのですが……。
数学の先生のしゃべり方は、無意識のうちに真似てしまいます!!
(あの先生は低姿勢で几帳面で、積極的に真似るべき先生です)

「はい、注目してください。
 先生から、アンケートのでき上がった分を預かりました。
 今から皆さんに配布しますので、訂正する箇所や改善すべき箇所がないか、
 チェックしてみてください。」

「今日の(掃除の)時間は全てこの作業に充てますので、
 もう少ししたら、意見を聞いてみたいと思います。」

「はい!1年生。何かあった?あ、なかった?はーい。」
(ここで話し方が崩れる)

「じゃぁ、今日はこれで終わります。
 アンケートの用紙をこちらに返したら、解散してもらって構いません。
 お疲れ様でした。」

……と、こんな感じに。
(これは、数学の先生の発言ではなく、今日の僕の発言を書き起こしたものです。
念のため。)

それと、その数学の先生ですが、時々、本当に希に、板書に英語が出てきます。
これまでにあったのが、
 「T.Lのeq」
 「平均値のth」
ですが、これらは
 「接線(tangent line)の方程式(equation)」
 「平均値の定理(theorem)」
のことを表しています。
で、今日久々に出たのが、「fig①・fig②」。
オオッ!!と思い、気取って筆記体でノートに写しました。
(もっとも、英語のノートはもちろんのこと、
 数学でも「sin」「cos」「tan」「lim」「log」など、全て筆記体で書きますが)

DSC08307.jpg


あと、とある方の(笑)ブログで、授業中のノートへの落書きの話がありましたよね。
数学のノートにあるんですよ、これが。

DSC08304.jpg


上手ではありませんが、なかなか上手く描けたので、消せませんね……。
独特の先頭形状のN700系も、このアングルだとけっこうごまかせます。
(500系・700系・800系なども同様です)

心にうつりゆくよしなしごとを

試験が終わりました。
何か、書くことがたくさんあるので、それこそ「徒然草」な雰囲気になりそうです。

まず、おとといの話から。
僕、とんでもないことをやってしまいました!!

県内の民放の中で、僕が「山口放送(KRY)」を応援していることは、
少し長めの読者の方なら、ご存知のことでしょう。
「さだとあ~やのラジKING」というラジオ番組に送ったメールが読まれ、
さらに、読まれた人の中から抽選で1名に贈られるプレゼントに当選したことも、
頭のいい読者の方なら、覚えておられることでしょう。
(別に、覚えていなかったからって落ち込むことはないですからね!!)(笑)

最近は、「KOIKAN R」(コイカンアール)という番組も聴き始めました。
今週もいつものように聴いていたのですが、
メールを送った人(「読まれた人」ではない)に抽選で贈られるプレゼントが、
「マウの携帯ストラップ」(1名)だったのです。
「マウ」というのはKRYのマスコットキャラクターなのですが、かわいいんです。
聞いてすぐ「欲しい!!」と思いました。

ということで、メッセージテーマに沿ったごくごく平凡なメッセージを添えて、
メールを送ってみたのです。
プレゼントに応募しないならラジオネームだけで問題ありませんが、
プレゼントの応募も兼ねたメールであるため、住所・本名・電話番号なども書きました。

すると……。
僕のメッセージがそんなによかったのか、何と、KRYから電話が!!
そしてそのまま、電話でラジオに出演(?)することになってしまいました……!!

あくまで「プレゼントに応募するための必要事項」として電話番号を書いたのであり、
「掛けてください!」という意図はなかったので、まさか掛けてもらえるとは思わず、
本当にビックリしました。
と同時に、普段ラジオを通して声を聴くだけのパーソナリティーの方々と話せたことを、
本当に光栄に感じました。
いや~~、嬉しかったです!!
リクエストを聞かれたので、川嶋あいさんの新曲「幸せですか」をお願いしました。

DSC08302.jpg


「マウ」のストラップは、僕がゲットしましたよ!(笑)
ちなみに、下に敷いてあるのは僕の財布です。(どうでもいいですね)


今日は、試験が終わってから「薬物乱用防止講演会」がありました。
正直、「お腹も空いたし、早く帰りたい……。」と思っていましたが……。
何か、面白かったです。
厚生労働省作成のビデオの視聴が半分くらいを占めていたのですが、
講師の方のビデオ紹介に、つい、吹き出しそうになりました。
「ビデオと言っても、何か暗いビデオなんですけどね。
 厚生労働省も、もうちょっと面白いビデオを作ればいいのにと思いますが。
 タカandトシを使ったりしてね……。『欧米か!!』とか言って。
 あ、欧米と言えば、……(後略)……」


ここから先は、恒例(?)の「批判」のコーナーです。
僕のブログが嫌いな人は、きっとこの「批判」が嫌いなんでしょうね。
僕のブログが好きな人は、きっと「旅行記」か「批判」が好きなんでしょうね。

3年の国語科の教員団の陰謀で、余計な買い物をさせられていたことがわかりました。
センター試験の過去問題集です。
「それくらい持っとるっちゅーんじゃ!!バカタレが!!」
(これを使うの、2月以来ですかね)

第3回考査以降の現代文・古典の授業では、センター対策を行うそうです。
このことはすでに聞かされており、知っていました。
ただ、まさか、過去問題集を全員が買わされていたとは……。
こんなもの、いりませんから。
過去問題集くらい、持ってますよ。

「過去問題には早めに取り組め」という学校の指導を素直に受け入れた生徒は、
当然、センター試験の過去問題集をすでに持っているはずです。
それを、この時期になって全員に買わせるって、どういうことですか!?
矛盾しとるじゃないですか!!

ちなみに、地理でも授業・朝学・課外でセンター対策を行います。
そのため、地理を選択した生徒は全員が過去問題集を持たなくてはなりませんが、
地理の先生は、すでに購入した生徒がいることを考えてか、
予め地理を選択した全ての生徒に希望を取った上で購入されていました。
それで当然でしょう。

3年の国語を担当する先生は、3人もおられるのです。
おまけに、そのうちの2人は「進路指導」の職に就いておられます。
なのに、なぜこんなことさえ分からないのか!?疑問です。
何のための「進路指導」なんですか。
国語の先生なのに、「3人寄れば……」ということわざさえご存じないんですか。


あと、国語のついでで書きますが、現代文のテストの出題、あれは一体何ですか。
理系クラス独自の出題の範囲って、週末課題の問題集の5~7回の評論でしたよね?
ただ、あの文章、範囲はおろか、問題集を全部読んでみても、載ってませんよ。
どこから持ってきたんですか?

時期が時期だし、教科書や週末課題で読んでいない文章から考査を出題しようと、
それ自体は問題ないと思いますし、異論はありません。
ただ、範囲を「週末課題の……の評論」と告知しておいたのにも関わらず、
全く読んでいない文章から出題するというのは、いかがなものか。
まぁ、そこそこ解けたと思うのでいいですが、先生、ウソはいけませんよ。(笑)

僕は決して「国語」という教科や国語の先生方が嫌いなわけではありません。
古典の先生にも現代文の先生にも、過去に個人的にお世話になったことがあります。
その恩は忘れていませんし、今後も忘れることはないでしょう。


最後に、お知らせです。
クラスメイトの「シルビアの狼」君改め「しるび14号」君のブログ「~・車な日常・~」を、
リンクの欄に追加しました。
自動車ファンの方々、ぜひご覧ください。

鉄道の日!

「あれっ、まだ試験は終わってないのでは!?」
そう思ったあなたは、まだまだ甘いですね。
僕のブログのルールでは、
「定期考査の初日の前の週の月曜日から定期考査の最終日の前日までは、
 忘れない限り、更新をしないことにする」
(この「忘れない限り」がミソで、今回は忘れていましたけど)
となっています。
が、しかし!!これには例外がありましたよね。
「定期考査の期間中においても、10月14日(鉄道の日)に限っては、
 更新をしてもよいこととする」
私学の学校が、創立記念日に休みになるようなものですね。(笑)
ともかく、この「例外」を覚えていて、あえて今日このブログをチェックしたという人!!
あなたはエライ!!
コメント欄で、その証拠を残していってみては?(別に何も出ませんが)

……で、何を書くかです。
いざ更新をしたはいいものの、特に書くことはないわけで……。
そういえば、大宮の鉄道記念館が今日開館しましたね。

今週の日曜日、川嶋あいさんの14thシングル「幸せですか/スーツケース」を買いました。
彼女のメールマガジンには、
新曲「幸せですか/スーツケース」は聴きこんでくれていますか?(笑)
とありますが、僕は聴きこんでますよ!!

あと、僕、どうにかペンを回せるようになりたいのです。
8月にいとこに習い、こないだは友達に習ってみたのですが、まだまだ回せません。
どなたか、僕に指導してください……。

では。(まとまりのない文章だったな……。)

忘れちまっただ!!

更新を時々にしてたもんで、すっかり忘れていました。
本当なら、試験の接近(?)により、10月1日以降はもう更新しないんでしたね。
(一応、「試験の始まる日の前の週の月曜からは更新しない」としていました)
というわけで、書くことがあろうとなかろうと、しばらくは確実に更新しません。
試験が終わるのが17日ですので、またよろしくお願いします。
次に更新をするのがいつなのかは……。
このブログを読みなれている人なら、分かりますよね!

恥ずかしっ!!

さて、水曜の朝といえば、数学ⅠAの課外があります。
この授業では、各自が教卓上のプリントを取り、時間内に取り組むのですが、
左側が解けたら先生に見せて、○になったら右側を解くのです。
で、右側も○になれば、その時点で(授業の終わりを待たずに)教室に帰れます。
ただ、過去3回の授業においては、時間前に帰れたことはありません。
それどころか、左側さえ○にならなかったこともあります。
何か、早々と教室に帰る人もいる中で、いつも終わりまで残されるというのは、
あまり気分のいいもんじゃないですよね。

……ですが。
今日の課外では、左側・右側ともにケアレスミスの1つもなく、一発合格で帰れました。
やっぱり、嬉しいです。

それと、今日の夕方、ちょっと恥ずかしい思いをしました。
学校が終わったら、近くのスーパーにコピーを8枚ほど取りに行って来たのですが、
この店のコピー機は、お客がお金を入れて使うタイプではありません。
使う前に店員さんに申告してカウンターをリセットしてもらい、
使い終わったら再び店員さんに申告してカウンターを確かめてもらい、精算するのです。
つまり、財布の中身を検めずにコピーを取ることが可能なのです。
これがまずかった!!

コピーを取り終わってから、財布の中身が36円であることに気づきました。
お客がお金を入れて使うタイプであれば、コピーを取る前に財布を検めるので、
この悲劇は防げたはずです!!(笑)

ともかく、仕方ないので、店員さんにかくかくしかじかですと報告し、
一旦帰宅し、不足分を取ってきました。
それにしても、店員さんの勤務暦がいかほどのものかは知りませんけど、
わずか80円の代金が払えなかった客なんて、初めてでしょうね。(笑)
恥ずかしい思いをしました。

で、僕の名誉のためにも説明をしておきます。
もちろん、普段から財布の中身が数十円しかないわけではありません。
数日前、「月末」ということで、紙幣を郵便局に入金してきたのです。
しかも、今月の小遣いをまだもらっていなかったわけです。
したがって、財布の中には硬貨しかありませんでした。

調理実習の民営化!!

わけの分からないタイトルになりましたが……。
今日のトピックをつなげたら、ああなりました。(笑)

さて、今日は調理実習でした。
献立は、親子丼・ほうれん草のごま和え・すまし汁。
何か、お昼に暖かい食事をできるというのは、すごく気分がいいなと思いました。(笑)
中学校に帰りたくなりましたね。(それか、学校に学食を作ってもらうか)

あと、今日から郵便局が変わりましたね。
というわけで、早速行ってきました。
いや、別に、最先端の話題に触れるべく行ってきたわけではありませんよ。(笑)
「大型」の、「書留」の、「速達」という、何ともハイレベルな(?)郵便物を出してきたのです。
中身は一体何なんでしょうね。

郵便局ですが、どことなく「オレンジ色」な感じになっていました。
どうか、職員の意識も変えていただきたい。
この局には、かつて僕を(心の中で)激怒させた、非常~~に親切な局員がいますんでね。
ああいう局員は、即刻クビを刎ねていただきたい。
そうでないと、民営化の意味がないですから。

ただ、あれ以来、幸か不幸かあの局員の姿を見ません。
(もしまた何かあったら、嫌味の一つでも言ってやろうと企んでいたのですが)
すでにクビを刎ねられたのかもしれませんね。
それがベストです。

あの局員のことは恨んでいますが、この局には他には悪い局員はいません。
彼以外、みんな優しい人ばかりです。
ですが、僕にとっての彼は、澄み切った水の中に垂らされた黒色絵の具です。
大人たちよ、君の組織には、黒色絵の具のような人物はいないか。
いるようなら、君がいくら澄み切った水であっても、君たちの評価は下がるぞ。
肝に銘じよ。
プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。