スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続続・修学旅行に行けない2年生

昨日・おとといの続きです。
昨日・おとといのをまだ見てない方は、先に読んでおくことをおすすめします。

4時間目の物理の後、科学部の先生とすれ違ったので、思わず聞いてみました。
「先生!飛行機のこと、どうでした?」
「ごめん!朝は忙しくて聞けんやった……」

そして、5時間目が古典。古典の先生は、学年主任の先生です。
恐らく科学部の先生は昼休みのうちに学年主任の先生に報告をして、
古典の授業の前にでも、僕に何か言ってこられるかと思っていたのですが……。
残念ながら(?)何もありませんでした。
ところが、古典が終わって5分後くらいに、古典の教科書や出席簿を持ったまま
突如教室に戻ってこられ、僕の所へやってきて、
「●●!お前、飛行機のこと、何か調べたんて?」
「そうです!
 (家で印刷した全日空のHP(当日の時刻表・A321の紹介)を示して)
 ○月○日の△時△分発の□□便ですよね?
 ここ、321とありますけど、これが機種のA321のことなんですよ。
 で、こっちを見ると、A321は座席数が195なんですよ。」
「ウソやろ!? ……まぁええ。お前らは補助席じゃ!」

ということは、学年主任の先生には座席数のことは伝わっていなかったと。
だったら、本当に、旅行社側も把握していないのでは?
これは、とにかくもう……
「このままにしておくと、大変なことになりますよ!!」

というわけで、明日に続く。(たぶん)

修学旅行の話をもう1つ。
今日の3時間目に東京の班別自由行動の計画を立てたのですが、
僕は班員の前でいいところを見せるべく、いや、皆さんのお役に立つべく、
家から「ポケット時刻表」「大判時刻表の巻末の地下鉄のページのコピー」
「東京駅の楽しみ方」「関東の交通マップ」「電卓」を持ち込み、
中身のたっぷりつまった、東京での9時間の予定を完成させました。
どこへ行くのかをここで紹介したいところですが、
修学旅行も通常の旅行記の扱いとするため、行くまで秘密です。

ちなみに、教室を回っておられた担任の先生(古典の先生・学年主任の先生)に、
「東京に行くのに時刻表が要るかい!!」と言われたので、
「要りますよ~~」と答えましたが、もしかして先生は勘違いをされているのかも?
もちろん、山手線の時刻を正確に調べて予定を立てようなんて思いませんよ。
僕は、あくまで、所要時間や料金を出すために時刻表を持ち込んだのです。
やっぱり、「時刻表=時間を調べるもの」というのが、普通の人の考えなのかも。

あと、副担任の先生も教室を回っておられ、僕の班を見て
「あんたら(の班に)、詳しいのがおってよかったね~~」と言っておられました。
さらに、僕には「あんた、迷っちゃいけんよ!しっかりしぃよ!!」とのことでした。
大丈夫。僕の班にいる限り、迷わせたり、損をさせたりということは絶対にありません。
スポンサーサイト

続・修学旅行に行けない2年生

昨日の続きです。昨日のをまだ見てない方は、先に読んでおくことをおすすめします。

というわけで、飛行機の疑問を払しょくするため、部活の後に顧問の先生に一言。
「先生、(部活と)全く関係ないんですけど……。
 修学旅行って、飛行機には当然全員同時に乗るんですよね?」
「あー、そうやけど?」
「それが、余計なことなんですが、全日空のホームページを見てみたら、
 あの日の東京便の機種は195人乗りなんですよ。
 当然、あふれる人が出ますよね?」
「えっ!?本当に!?そりゃ、ちょっと……。
 ●●先生(学年主任)に聞いてみよう!」

ということで、先生には機種のことは伝わっていなかったようです。
ということは、学校にも伝わっていないのでしょう。
(旅行社からの情報が校長ないし学年主任で止まるようでは、風通しが悪すぎる)
(顧問の先生は2年の学級担任なので、
 修学旅行の情報は校長や学年主任と同様に伝えられるべきである)
(もっとも、うちの高校の情報の伝達のできなさは、入学式の時点で感じたことだが)
ということは、ということは、もしかして、旅行社側も気づいていない!?
これは、大変なことになりそうな予感!!
話は明日に続く!(たぶん)

次に、今日のできごとをもう1つ。
皆さん知っての通り、僕は図書委員に所属しています。
で、近日中に近郊のいくつかの高校と合同で読書会を行うのですが、
今日は、市内の商業高校の図書委員の幹部(先生・委員長)がやってきて、
当日の打ち合わせをしました。
さらに、家での宿題も課されてしまった……。
好きで図書委員をやっているのだから何をさせられようと平気ですが、
一応、この週末に模試を控えている身なので……。
いろいろと忙しくなりそうです。

では、例の数学の先生の発言をもって今日の更新を終わりたいと思います。
「とにかく、お金は借りないほうがいい、と。」

修学旅行に行けない2年生

今話題の、「卒業できない3年生」。
例の件が明るみに出てから、父・他校の友達から、それぞれ
 「~~(学校名)は、履修不足は、どうですか。」
 「あと、今チマタで話題の『卒業できない3年生』。~~は大丈夫?」
というメールが来ましたが、僕は大丈夫です。ちゃんと世界史Aをやっています。
(ただ、僕が今後文転しない限り世界史を大学受験で使うことはないので、
 正直な所、どっちでもいいっちゃどっちでもいいんですが……)

というわけで、我が校では「卒業できない3年生」は出ないはずですが、
下手をすると、「修学旅行に行けない2年生」が、10人程度出るかもしれません。

僕たち2年生は12月に関東に修学旅行に出かけますが、
初日は、山口宇部空港を全日空694便で発って羽田入りします。
この便は基本的にここ数年「B767-300」かそれ以上の機種で運行されており、
2年生・先生が十分乗れるだけの定員があります。

さて、昨夜、ふと全日空のサイトから当日の機種を確かめてみたところ……。
そこに表示されていた機種は、「A321」。定員は195人。
なんと!!2年生・先生を乗せようとすると、10人程度あふれてしまう!!

このことに、旅行会社は気づいているのでしょうか?
前述の通りこの便は基本的に「B767-300」以上の機種で運行されるので、
旅行者側は「12月も「B767-300」で大丈夫やろ」とタカをくくって、
チェックを怠っているということは……ないでしょうね??
しかし、もし気づいているなら学校に連絡をするはずです。
そして、そうなれば学校は生徒に連絡をするはずです。
(便を変えると、学校発の時間をかなりずらさなくてはならないばかりか、
 下手をすると、初日の日程自体が狂ってくるので)
少なくとも、先日聞かされた「学校発7:00」ということから判断する限り、
全日空694便を利用する予定に変わりないことには、間違いありません。

ただ、当日の全日空694便の空席を調べてみると、
他の便は「空席30席以上」になっているのに、694便は「空席待ち」とのこと。
ということは、旅行会社がうちの高校の分をバサッとおさえたということか?
だとすれば、旅行会社は機種のことに気づいているわけか……。
でも……。あふれるはずなのに……?

ということは、旅行会社・学校ともに10人程度あふれる人が出ることは把握しており、
裏で、その10人分の代替手段を検討しているとか……?

僕が考える10人分の代替手段① 「萩・石見空港の東京便にふりかえる」
うちの高校からは、山口宇部空港より萩・石見空港の方が近いのです。
ならどうして萩・石見空港を利用しないかといえば、それこそ全員が乗れないから。
ただ、時間的には、全日空694便の客をふりかえるのにはピッタリなのです。
なんと、全日空694便と萩・石見空港の東京便とは、時間が一致している!!
何たる偶然。
というわけで、10人といわず1クラスくらいは萩・石見空港の東京便にふりかえよう!
(搭乗率が半分を切るような現状で、空港の存続自体が危うい萩・石見空港。
 地元の学生が修学旅行で利用することは、とても大事だと思うのですが……。)

僕が考える10人分の代替手段② 「山口宇部空港の日本航空便にふりかえる」
空港を変えてまずいなら、会社を変えましょう。
全日空694便の約30分後に日本航空の便があります。
ただ、こちらにふりかえてしまうと、その後の予定が30分狂ってしまうが。

僕が考える10人分の代替手段③ 「新幹線にふりかえる」
学校を出るのをちょっと早くして、新山口駅から新幹線を利用しましょう。
「のぞみ6号」に乗れば、初日最初の目的地である横浜への到着時間は、
飛行機を利用する場合と大差ありません。

いろいろと考えてみましたが、結局の所、どうなのだろう……?
気になります!!明日の部活のときにでも、顧問の先生に聞いてみます!!
(顧問の先生は2年の担任)

満喫・読書の秋

タイトルは、先日うちの図書委員が発行した図書だよりの見出しです。
まさに「読書の秋」な今の時期ですが、図書委員長の僕は、今日は読書ではなく、
スポーツ(というほど、過激なものではないが)を楽しんできました。

クラスの友達と、まずは近くの緑地でバトミントン。
やるのはかなり久しぶりで、最初はサーブさえまともに出せないというざまでしたが、
不思議なもので、15分くらいするとちゃんとサーブが出せるようになりました。
(15分かかってそこかい!というツッコミは、なしですよ)

で、次に、緑地にある山に登ってきました。
入り口?の看板には750m(高さではなく、直線距離)とあり、
バトミントンとあわせ、程よい運動になりました。
「スポーツの秋」というのもなかなかいいものです。
(個人的には、「秋」といえば「鉄道の秋」だと思っているが)

復活!!

みなさん、こんにちは!!お元気ですか?僕は相変わらず元気ですよ!!

これを読んだあなたは、きっと安堵の思いで胸をなでおろしたでしょう。
なんせ、試験中・旅行中以外は毎日更新している僕ともあろう者が、
予告なしに、4日間も更新をやめたのだから!
 「よしピーはこのところいったいどうなったんじゃ?」
 「まさか、本当の意味で≪雲隠れ≫してしまったんじゃないかね?」
 「それとも、何者かに暗殺されたとか?」
 「いやいや、変な物でも食べて入院したんちゃ!」
考えはいろいろあったと思いますが、事実は単純です。
そして、それであって、なおかつ、重大です。

なんと、
 「モデムが故障してしまった!!」
ということなのです。
月曜からインターネットが全くできず、火曜にYahoo!に問い合わせてみました。
モデムのランプが全くついていないことを告げると、交換をしてもらえるとのことで、
今日到着するまで、まだかまだかと待っていたわけです。
めでたくモデムが届き、インターネットもできるようになり、一安心です。

さて、更新ができない間は幸いそれほどいいネタはなかったのですが、
1つ挙げるなら、席替えをしました。
いつもなら「僕の席はどこでしょう?クイ~~ズッ!!」などとやるところですが、
今日はもういきなり場所を書いてしまいます。
ちなみに、席替えは5月31日以来。
1年の頃の担任の先生(すなわち、例の数学の先生)は、
毎回試験明けの数学の授業でテストを返し終えてから席替えをするのが恒例?でしたが、
今の先生はそれほどこだわっておられないようで、こんなに久しぶりになったのです。
で、僕の席がどこかというと……。

     ≪教卓≫
    1  2  3  4
 5  6  7  8  9  10
 11 12 13 14 15 16   廊
 17 18 19 20 21 22
 23 24 25 26 27 28   下
 29 30 31 32 33 34
 35 36 37 38 39

37番です。
≪感想≫「席替えをしたっちゅう気のせん席替えやったな~~。」
どういうことかというと、前の席の左斜め後ろに移っただけだったのです。
クラスを見ると、僕のようにそれほど移動していない人が何人かいるようです。
あと、前・後・左・右のいずれかの人とのペアが全く変わっていない箇所もいくつかあり、
実際、僕の隣の人は、4月から3回も席替えをしたにもかかわらず、ずっと同じ!!
ちなみに、今の僕の両隣の人はいずれも8月の全国模試の統計(全受験者に配布)で
「成績優秀者」として全国にその名が広められており、
そのご利益を、ちょっとでも受けられればと思っています。(笑)

というわけで、今日の5時間目の保健の時間。
隣の人が、手をすばやく動かしていろいろと書いている気配が!!
なにっ!賢い人は、保健の内容くらいその時間に書いて暗記をしてしまうものなのか!!
そう思い、ちらっと見てみると……。
彼女は、英語の宿題をやっていた……。

ふむふむ。賢い人は、内職をして伸びるものなのか……。
メモメモ。

busy な weekend が end

ようやく終わりました。
……というわけで、今日の報告。

8時20分に会場に集合し、準備を進めていきます。
そして、科学部のスペースを完成させて、10時からイベントの開始。

すると、いきなり……。

DSC06496.jpg


このたび科学部が用意したスライム作りの材料が、250人分。
去年に参加した際に来た人数と、先方が予測している総来場者数から出した数です。
ちなみに、去年はこのイベントの姿を正しく判断せず企画を立ててしまい、
割り当てられた場所が体育館のすみっこだったのとあわせ、ほとんど人が来なくて、
他のコーナーの人から「あそこ(科学部)に行ってごらん」とまで言われるざまでした。
なので、今年も、少なくとも出だしは不調だろうと思ったのですが……。
いきなり子供らが集まってきました。
科学部はこのイベントで「大きなシャボン玉作り」も企画しており、
予定では適当な所で両方の担当が入れ替わることになっていたのですが、
そのひまさえありませんでした。
10時から、ひたすら13時までスライムを作り続け、とにかく疲れました。
とにかく13時までは部員全員が忙しかったようです。
幸いいやあいにく、シャボン玉の液が午前中で尽きてしまい、
そっちの担当の手が空いたので順に弁当を食べることができましたが……。
もしシャボン玉の液が尽きなかったら、のまず食わずで終わりまでいくところでした。

ようやく昼休みが取れたので、弁当の時間にします。

DSC06499.jpg


そして、その後、どうしても体験しておきたかったコーナーへ。

DSC06507.jpg


起震車です。震度7を体験できます。
(震度7自体は、福岡市防災センターで体験したことがありますが)

DSC06506.jpg


これが震度7の瞬間。(適当に撮ったら、縦揺れ・横揺れとも7だった)

そしてその後はまたスライム作りに戻ります。
……と、その前に、科学部の様子をもう一度。

20061022192717.jpg


みんな興味津々のようです。
先生によれば、主催者側から見るとかなり受けがよかったようで。
たしかに、やる方としてもそれは感じました。
(なんといっても、去年が去年だったので……)

20061022192728.jpg


こちらは、科学部の隠れた名所?、「クラゲの赤ちゃん」・「オジギソウ」です。
「課題研究」(夏ごろによく出た話題です)で生物を選択した人が研究しているのを、
ちょっと借りてきました。
ここの担当は基本的に先生がされましたが、一時、僕がついたときもあります。
ただ、いいことなのですが、子供らというのは遠慮なくいろんな質問をしてくる。
スライムのことを質問されても大体は答えられますが、クラゲとかオジギソウについては、
知識は全くありません。
スライムを作りながら先生と子供らとの会話を時々聞いていたので、
そのときのことを思い出して何とか受け答えはしましたが……。
「これが大きくなったらクラゲになるん?」
  「そうよ~~。これがクラゲになるんよ。」
「(体の)真ん中のオレンジのは何なん?」
  「あれは、えさ。体が透明やから、中が見えるんよ。」
「誰が取ってきたん?」
  「高校生のお姉ちゃん。」
「生まれてからどのくらい経つん?」
  「3ヶ月くらいやね。」
「えさは何食べるん?」
  「海の中の小さい生き物。」
   (このクラゲが何をえさにしているのかはよく分かりませんが、
    海にいれば海の中の小さい生き物を食べるのだから、
    まんざら間違いでもあるまい)

そして(話がどんどん変わるが)終了間際になって、予定の250個がなくなりました。
(プラスチック容器を再利用しさえすれば作ること自体はできるので、
時間いっぱいは作業を続けましたが)
結局、スライムを作りに来てくれたのはのべ270人くらいだったと思います。

それにしても、みんな、思ったより子供の相手がうまかった……。

発表会

とりあえず、「busy な weekend」の第1ラウンドが終わりました。発表会です。
出だしで失敗はしたのですが、その後は調子がついてきて、よかったと思います。
ただ、1,000万円するという市民館のピアノ、ちょっと弾きづらい……。
素人には本物のよさってわからんもんじゃね~~。

さて、発表会が始まる前に、萩駅に行ってきました。
萩駅といえば、構内が鉄道展示館になっている駅。
福鉄運転手君がお見えになった際にもご案内しました。
その駅に、なぜ行ったかというと……。
今月は、鉄道の日記念の展示がされているのです。

DSC06480.jpg


DSC06481.jpg


DSC06482.jpg


DSC06485.jpg


どうですかこれ!!何ヶ月か前に話題に出したことがありますが、
県内の鉄道ファンのおじさんが作っておられる、牛乳パックからの模型です。
順に、「いそかぜ」「幻のスーパーいそかぜ」「萩・長門ブルーライナー」「あさかぜ」。
写真ではわかりにくいですが、部分的に本物の写真が貼り付けられています。
(ヘッドマーク・ロゴ・車番・サボ・連結器など……)
それも手伝って、完成度としてはかなり高い!
大阪の交通科学博物館に展示してもいいと思います。(笑)(でも本気)

ちなみに、萩駅にはネコが住みついているみたいです。(前に来たときにもいたので)
人になれているのか、近づいてもカメラを向けても逃げませんでした。

DSC06486.jpg


そういえば、「いそかぜ」に関しては、僕も以前似たようなものを作りました。

DSC06490.jpg


『「いそかぜ」は、今でも僕の日常の中を走り続けています!』(うまい!)

busy な weekend が start

ついに、忙しい週末の幕開けです。
明日はついにピアノの発表会。
(先日、「この10月でピアノが12年目に突入した」ということを書きましたが、
あれは全くの大嘘で、すでに12年目には入っていました。)
毎回、ピアノ友達略して「ピア友」(?)を何人か招いていましたが、
今年はそれもなく、ひっそりと執り行われる予定です。
(別に僕だけの発表会じゃないですけども)

さて、忙しいといえば、日曜に行事を控えた部活も同様。
今日は最終的な準備やリハーサルなどに時間を費やしました。
ちなみに、先生に印刷室での作業をお願いし、しばらくしてから行ってみると。
作業はほぼ終わり、最近ブログでおなじみの英語の先生と話をしておられました。
で、先生の話題がこのたびの行事のことに移ったので僕もそこにとどまって、
話の相手をしていました。
そのとき、ふと、英語の先生が印刷をされていたプリントに目をやると……。
なんと、それは毎週水曜実施の単語テストの来週分!!
僕がそのことに気づいたのと、先生が僕の視線に気づかれたのがほぼ同時。
僕は「あっ!」と声を上げて50cmほど後退し(前進はしてませんよ)、
先生も「あっ!」と声を上げて用紙を隠し、事なきを(?)得ました。
あいにく、いや幸い、問題は1つも見えませんでした。

旅×旅ショー

ちょっと前までテストでふうふう言っていたのに、
もう世界史を除くすべての答案が返ってきました。
結果は……。いつものように、悪いです。
(ここに「いつものように」という言葉を堂々と使うようではいけませんが)
物理にいたっては、前回と比べると-22点。
(ただ、なぜか、数学Bは、前回と比べると+30点)
これでも、中学の頃は安定した成績をもらっていたのに……。

……と、そういうわけで、さっきライティングのテストを復習していると。
解答を見ていると、見覚えのない名前が登場しました。

DSC06478.jpg


「アキラ」?そんな人、登場したか?
そう思い自分の答案を見てみると……。

DSC06475.jpg


おー、思い出した、この問いか!!
でも、あれって「アリカ」じゃなかったかいね?

DSC06479.jpg


あれれ??????

そうです。試験のとき、
「アリカ?ありうるのはありうるけど、妙な名前やな~~」
などと感じながら何度も「Akira」を読んだのです。
しかし、あの時は何度読んでも「Arika」でしかありませんでした。
う~~ん、世にも奇妙な物語です。

さて、今「旅×旅ショー」を見ています。
「温泉津(ゆのつ)温泉」が出ていますが、ここには昔行ったことがあります。
小学生の頃、父と、有福・温泉津など、島根県中部の温泉をあっちこっちまわり、
浜田の「ゆうひパーク」(道の駅)に車をとめて、車内で夜を明かしました。
あの時は物のよさというものが分かりませんでしたが、
今思えばなんとも味のある温泉地だと思います。
聞くところによれば、来年世界遺産に登録されるのだとか。
(これには、正直ビックリです)

職業ガイダンス

今日は、7時間目に「職業ガイダンス」という講義がありました。
職業のガイダンスをしてもらう時間です。(笑)
では、僕は何のガイダンスをしてもらったのか?
話は数ヶ月前にさかのぼります。

何かの時間に、
「10月に行う職業ガイダンスで講義を受けたい職業を書け」
だったか何かのプリントが配られ、僕は迷うことなく
「鉄道関係」
と書きました。(書いたところで、叶えてはもらえまいと思っていましたが)
そして数週間前、講座の内容が決定したことを受けて配られた本調査のプリント。
講座が1から15まであって、ちょっと期待はしましたが、やっぱり叶っておらず……。
「自動車・航空」というのと「語学・観光・旅行」というのとが目に留まり、
自動車ファンでも航空ファンでもあるが、そちらに就職するつもりはないということで、
最終的に「語学・観光・旅行」に丸をつけて出しました。

ということで迎えた、今日の時間。
講義の内容は、うまいこと「語学・観光・旅行」が組み合わされており、
まぁよかったと思います。
最初に講師の方が英語で挨拶をされ、英検の話などをされたときには、
「うわっ!僕、語学にはぜ~~んぜん興味ないんです!こんなとこにいていいですか?」
などと、本当に申し訳なく思いましたが……。
ちゃんと途中から「旅行」の話になってきたので、助かりました。

では1ついいことを(?)教えましょう。
「交通・宿泊・食事・観光・買い物」を、「旅の5要素」というのです。

あと、部活の話。
昨日書いたとおり、数日後に行事を控えている我が科学部です。
今日は、「30℃の水(湯?)を5リットル作る」ということをやりました。
で、物理で習う公式
mc△Tm’c’△T 」(:水の量・:水の比熱・△T:水温の変化)
を使ってあれこれやって、ちゃんと30℃の水が5リットルできました。
顧問の先生は生物の担当ですが、化学も物理も(見る限り)パーフェクトにできます。
(まぁ、中学校の理科だったら3分野すべて教えるし……。)

まだまだ……。

さてみなさんこんにちは。今日で試験が終わりました!!
14日には臨時の更新をしましたが、気づかなかった人もいると思いますし、
とりあえず「お久しぶりです」!!

僕は晴れて今日から自由の身?となったわけですが、すること自体はまだまだあります。
しばらくは、忙しい日が続くのです。
というわけで、今日のテーマは「忙しい」。

≪「忙しい」その1≫
僕のピアノ習い暦?はこの10月をもって12年目に突入しました。
そんな節目である今年(節目ではないか)、恒例の発表会がこの土曜に開かれます。
何を弾くかというと、ショパンの「幻想即興曲」という曲。
聴きたい人は、ぜひどうぞ。(笑)
前回は2人に声をかけ、1人は入試の直前だったのにも関わらず来てくれましたが、
今年はまだ誰にも声をかけていませんので……。

≪「忙しい」その2≫
発表会の次の日曜に、今度は市が子供向けのイベントを開催します。
そして、そのイベントに、我が科学部が参加するのです!!
今日は試験明けで午後が空いていたので、科学部は準備に東奔西走していました。
まずやったのが、
たらいを持って、海に行き、水をくみ、その量を測って、また戻して、帰ってくる
という作業。
いったい何がしたいのか?話を一からしていくと長くなるので、今日はやめます。
……のつもりだったのですが、海から帰ってきて、たらいを洗っていると……。
そこにいた吹奏楽部の人に「○○くん!!」と声をかけられ、悪いことに
 「たらい持ってナニしよったん?」(海に行く所から見られていたみたいです)
と言われまして……。(笑)(そりゃ、はたから見たら不思議でしょうね)
どこまで言うべきだか悩みましたが、結局全部話してしまったので、
皆さんにも教えないと不公平なので(別にそんなことはない)、教えます。
えー、僕たちがその行事で何をするかというと、いくつかあるのですが、
そのうちの1つが「大きなシャボン玉を作ろう」なのですね。
で、それと海と何の関係があるのかということですが、
そのときの会話を紹介すれば分かってくるでしょう。
「たらい持ってナニしよったん?科学部(の活動)?」
「えっ!?そうやけど、え~~と、話すと長くなるんやけどね~~。
 とりあえず、海の水を汲んで来よったんよ。」
「海の研究か何かしよるん?」(そりゃ、はたから見たらそう見えるでしょうね)
「いや、それがね、そうじゃなく……。
 今度「******」っちゅう市の行事があるんじゃけど、」
「あー、知っちょる知っちょる!!」
「あれで、子供らに大きいシャボン玉を作って遊ばせるんよ。
 で、このたらいにその液を作るんやけど、材料を準備するのに、
 液が何リットルいるんかっちゅうことは正確に出したいんよ。」
「うん」
「で、(たらいの)大きさがかなりあるから、水道の水汲みよったらもったいないじゃろ?」
「そうやね~~」
「じゃから、海の水を汲んで(量を)計ったんよ。」
「あー、そうやったん!!」
……とまぁ、こういうことだったのです。
ちなみに、計った結果、必要な液の量は7.5リットルでした。
水道の水を7.5リットルも無駄遣いするなんて、絶対いけませんね!!
環境にも配慮することは、現代の科学の使命です。
ちなみに、我が校から日本海までの時間は約3分です。(笑)

で、その後、その結果を基に液の材料(洗濯のり・台所洗剤)を買ってきました。
とにかく、しばらくは久しぶりに部活が忙しくなります。
当日の様子は、文化祭の時のように写真入りで紹介しようと思います。

≪「忙しい」その3≫
これは強引に「忙しい」に結び付けたような話ですが……。
部活が終わって、また、忙しかった試験勉強も終わったということで、
久しぶりに本屋に行ってきました。
上着を脱いで半袖のカッターの状態という、「学校での標準スタイル」で……。
そうしたら、本屋で同級生に会って、「寒くないん?」と言われました。
あと、学校では今日全校集会があったのですが、その際、後ろの人に
「君は意地になって半袖でいるのではないか」といった趣旨のことを言われました。
皆さん!!僕は、暑いから半袖でいるまでです!!
寒くなれば、ちゃんとそれ相応の格好をします!!
大体、今日は夏日だったんですよ?半袖日和の穏やかな日じゃないですか!!

≪「忙しい」その4≫
自分の話ばっかりになってきたので、ちょっとは社会の話でも。
更新をしなかった間に、安倍首相が公約にしている「外交」や「教育」について、
いろいろな事件が起こりましたね。
就任早々ここまで忙しくなる首相というのもそうないのでは?という感じがしますが。

昨日・今日と帰りが早かったので「THEワイド」を見ていましたが、
例の「学年主任の先生」、今後はどうなるんでしょうね~~。
校長先生は「落ち着き次第復帰させる」ようなことを言っておられますが、
それはちょっと間違いだと思いますがね。
当人に教育者としての素質が、また、意欲があろうとなかろうと、
あれだけのことをしでかして復帰しても、先生・生徒ともに気まずいだけでしょう。
だいたい、普通の人ならもう復帰しようとは思わないでしょう。
また、普段、生徒にそれだけの口をきくだけの度胸があるなら、
遺族の方の前でもきっちり説明責任を果たして欲しいとも思います。
その先生の、生徒への発言がすべてではないにしても、
今回の事件を巻き起こした原因のひとつには変わりないのですから。
ああいう場(遺族の方の前)であまり饒舌になるような人も困りますが、
「一生をかけて償う」なんて、誰にでも言えるでしょう。
あんた、国語の先生やろ?もっと他に言うことは?と他人の僕でさえ思いますもん。
「お前が、この笑顔を奪ったったい!!」というお父さんの言葉、
なんとも気の毒でなりません。

ただ、遺族の方の気持ちを逆なでするようなことになってしまいますが、
校長先生の(全校集会での)生徒への話し方には、好感をもちました。
そりゃ、優しく語りかけることがすべてではないですが、
生徒達に不安感を与えさせないような、気持ちのこもった話し方だったと思います。
「いじめ」という言葉を使わなかったことをマスコミから指摘され、
「生徒の前ではとても使えなかった。私の弱さだ」と言っておられますが、
生徒に必要以上の動揺をさせないためにも、「いじめ」という言葉を避けたことは、
決して間違いではないと思っています。

※これは僕がテレビや新聞などから率直に感じたことであり、
 主任の先生が遺族の方にどのような話をしたのか、
 校長先生がいかなる人物であるのか、など、
 決してすべてを把握しているわけではありません。
 しかし、まるですべてを知っているかのようなえらそうな文章となり、すみません。

というわけで、「忙しい」をテーマとした(途中からずれたが)今日の更新はおしまい。

鉄道の日

「ありゃっ?何で今日更新しちょるん?試験は17日までじゃなかったかいね?」
そういう人がいるかもしれません。いや、おそらく皆さんはそう思うでしょう。
実際、第1回考査前には、
 「(前略)更新をやめることにします。
  なお、5月20日(土)から更新が再開できると思いますので(後略)」
第2回考査前には、
 「(前略)明日からしばらく更新をしません。再開は7月5日(水)になります。(後略)」
と、それぞれ宣言しています。
では、今回はどうだったか?
 「明日からは更新しません。試験が終わるのが17日(火)です。」
おやおやっ?
はっきり「いつから再開する(試験が終わるまでは更新なし)」とは言ってませんね。
そう。試験前から終了までは更新をしないのが僕のブログのルールですが、
間に「鉄道の日」を挟む第3回考査に関しては、話が別。
「試験中であっても、「鉄道の日」だけは更新をしてもよい」というルールが、
昨年制定されたのです。(ブログを初めたのも昨年ですが……。)(笑)
ということで、試験中のさわやかなひと時(?)、よしピーがお送りします。

試験中ということで、内容もそれ相応のものにして……。

≪試験中の癒し方法その1≫
僕が
 ・KRY山口放送のファンであり、
 ・山口放送は8月に井上雪彦さんという名アナウンサーを亡くしており、
 ・山口放送では毎年恒例の「秋まつり」が
    今年も9月30日・10月1日の両日に催された
ことは、すでに書いたとおりです。
僕はとにかく「秋まつり」に行ってみたかったのですがそれもできず、
9月30日の午後には山口放送のラジオを聴いていました。
なぜなら、当日の午後のラジオ番組は、すべて会場からの生放送になっていたので。
家にいながらにして、そこにいるかのような臨場感を味わえる!というわけです。

ところで、山口放送のラジオの「ゴールデンタイム」といえば、土曜の午後4時。
土曜の午後4時の枠には、「Swing saturday ねぎって行こう!!」という、
30年以上も続いている名番組が入っていたのです。
そして、その司会者の1人が、かの井上雪彦さん。
6月ごろだったか、新聞のラジオ欄を何ともなしに見ていて、
「あれっ、雪彦さんって、ラジオもやりよってんか!!
 (関西弁訳:あれっ、雪彦さんって、ラジオもやってはんの!!)」
と気づき、何度か聴いたことがあります。
雪彦さんがもう1人の司会者と繰り広げる独特のトークがおもしろく、
さすが30年以上続いている番組だと思いました。
中でも興味深いコーナーが、タイトルの「ねぎって行こう!!」にある、
「ネッツトヨタの中古車を値切るコーナー」。
雪彦さんが、ネッツトヨタのセールスさんと向き合い、口頭で値切っていくのです。
ところが、8月12日に雪彦さんが急逝されました。
奇しくも、12日は「スイングサタデー」の放送のあった、土曜日。
あの番組は基本的に生放送ですが、その回は収録だったとか。
そのために、幸い大きな混乱にならずに済んだわけです。
それ以降も、追悼特番になった翌週の放送を含め、放送自体は継続して行われており、
「30年以上続いている番組をおいそれとは手放せない」という、
山口放送サイドの考えも垣間見える選択がされていました。

で、話を戻して戻して戻します。
9月30日のラジオの件、土曜の午後なので当然「スイングサタデー」もあるはず。
なのですが、「スイングサタデー」はなく、新聞のラジオ欄にも出ていない!!
調べてみると、9月をもって放送が終了となったそうです……。
そして、その後を受ける形で放送が始まったのが、「さだとあ~やのラジKING」。
「さだ」と「あ~や」の2人が司会をする番組なのですが、
嬉しいことに、中古車を値切るコーナーは残っています。
雪彦さんが「口頭で(上で書いたとおり)」値切っていたのに対し、
体育大出の「さだ」さんは、ゲーム(古今東西・黒ひげ危機一髪など)を取り入れ、
楽しく値切っていきます。
具体的にどれだけ下がるのかというと、先週はホンダの「ロゴ」が-13万円、
今日はトヨタの「ヴィッツ」が-11.5万円など。
将来性を感じさせる、楽しい番組です。
大体、県の民放3社の中で一番強いのが山口放送ですからね。

≪試験中の癒し方法その2≫
この日書いたとおり、合唱コンクールの前の日曜に、クラスの人の家に何人かで寄せてもらって、
合唱の練習(+、もろもろのおしゃべり)をしました。
あの時練習の様子を録音したMDがあるのですが、今聴いてみると、けっこうなかなか!!
録ったのが狭い部屋(その家の人には悪いですが)だったのが幸いしたようで。
人数(指揮者・伴奏者をのぞく)が男子2:女子8くらいだったのも関わらず、
サビの「きみとで~あ~ったき~せ~つが~」のところのあたり、
CDで本物の歌を聴くのと大して変わりません(いや、そこまでは言い切れませんが)。
(そのときにいた男子2人が歌のうまい人だったので、MDのうえでは、
 男子5:女子5くらいな感じに聴こえます)
あと、「癒しのBGM」として挙がるのが、列車内で録った音。
「新幹線新山口~新大阪間ノーカット音声」とか、
「東海道線尼崎~新大阪間ノーカット音声」などは、
そこにいるかのような臨場感を味わえる!というわけです。

「そこにいるかのような臨場感を味わえる」という言葉を2度使ったところで、
今日の更新は終わりです。

「次は、17日(火)まで更新しません!!」

回復

鼻水がようやくおさまりました。
おさまったのは突然で、2時間目の授業の中程に突然……。
ここ数日、ティッシュの使用量がかなりはね上がっており、
原油価格の高騰の折、我が家の財政を圧迫しかねないところでしたが、
その懸念も払しょくされたというものです。

ではここで、ここ数日の鼻水の原因を分析!

月曜の頭髪検査でひっかけられた
 ↓
火曜の放課後に散髪に行った
 ↓
水曜に散髪した顔で登校し、誰かが僕の頭をうわさしていた(←ここは予測)
 ↓
それが原因で、くしゃみが出るようになった
 ↓
というわけで、鼻水が出るようになった

さて、試験が1週間以内に迫っています。
本来であればそろそろ更新をやめるべきところですが、コロッと忘れていました。
思い出してしまった以上やむをえないことであり、明日からは更新しません。
試験が終わるのが17日(火)です。というわけでまた今度。

引き続き

今日も鼻水が止まりません。
ただ、繰り返しますが、決して風邪をひいたわけではありません。アレルギーです。
なので、もちろん今日も半袖で行きましたが、ちょっと困ったところです。
というのが、鼻をズルズルいわせている僕は、はたから見れば風邪ひきさん。
ということで、クラスの人から
 「あいつ風邪なんやろ?何で半袖で来よるん?いつまでもこだわりよって、アホやのう」
などと思われている可能性があります。
しかし僕は風邪ではないのである。アレルギーなのでアレルギー。(笑)
もちろん明日も半袖です。

あと、今日の数学はサプライズ?でした。
先生が教室に入られたら、号令もかけないうちに
 「はい、机の上の物全部しまって~~!!」
抜き打ちの小テストというやつです。
昨日は鼻水とくしゃみに数学の復習をする気を奪われ(笑)、復習はほぼできておらず、
ものすごく困りました。
うちのクラスの数学は進路にあわせた2種類のコースになっており、
もう1つのコースは毎時間小テストがあるようですが……。
うちのコースで小テストは初の試みです。
今後も突然あるかも……。復習はそのつどキッチリやっとかねば。

模試

3泊4日の旅行に出る前であったこの日の模試の結果が返ってきました。

あの翌日の旅行記の冒頭に、
(前略)
ところが、心配というのは得てして外れるもので、当日は旅行の「り」の字も考えることなく、集中して模試を受けることができました。また、自己採点の結果も思いのほかよく、すがすがしい気分で旅行に出かけることができそうです。
(後略)
とある通り、できはなかなかだと自負していました。
で、結果も予定通り、なかなかでした。
大学の5段階評定が出るのですが、昨年夏の同じ模試、今年夏の別の模試と比較しても、
ちゃんと評定は上がっていました。
第1希望の評定をもうちょっと上げたく、それは今後改善の余地があるというものです。

さて、最近(特に昨日今日)鼻水やくしゃみがよく出ます。
別に風邪をひいたりしたのではなく単なるアレルギーなので、相変わらず半袖ですが。(笑)
しかしながら、とても困ります。
こんな中途半端な時期に、しかも半袖でいるくせに、鼻を垂らしとるというのは、
あまり見てくれのよいものではない!!
この点は、今後改善の余地があるというものです。(改善のしようがないが)

散髪

今日は散髪に行ってきました。
なにせ、頭髪検査で引っかかって目を付けられて?いるので……。

ただ、いつも行っているところだし、さし当たって書くことはありません。
強いてあげるなら、中3のとき同じクラスだった人の弟が来たことくらい?
ただ、そう言っても、顔を見て分かったわけではなく、自転車を見て分かったのだし……。
おそらく先方も僕の顔を見ても正体が分からず、自転車を見ても同様であろう……。
とにかく、せっかく散髪に行ったのに書くことはないということです。

他にも話題を探してみますが、やっぱり書くことはありません。
ということで、今日はおしまい!

♪初めて会った頃より~~

……ずいぶん髪が伸びたよね~~♪ と。

2学期制をとっているわが校では、今日から後期が始まりました。
というわけで1・2時間目には体育館で全校集会・表彰式などがありました。
で、その最後を飾るのが……。「頭髪・服装検査」。

ただ、僕は、今日「頭髪・服装検査」をやる、と言うことは全く知りませんで、
まぁ、考えてみれば、今日「頭髪・服装検査」があるのは普遍の事実というか、
自明の理というか、予見できなかった僕にすべての責任があるのですが、……。
というわけで……。
頭髪検査に引っかかってしまいました!!
引っかかる覚悟で臨んだので特に驚きはしませんでしたが、驚いたのはつめの検査。
これもダメじゃ~~と思って見てもらうと、先生2人は「まぁええでしょう」とのこと。
ダブル引っかかり(?)にならなくてよかった……。

さて、今日は我が家にとって歴史に残る1日となりました。
なんせ、優等生のボクが頭髪検査に引っかかったのだから!!
……というのは冗談で、何があったかというと、新車がやってきたのです。
何を買ったということは申しませんが、やっぱり新車はいいですね!!
前の車は小4の2月にやってきて以来6年半で13万kmも走っており、
あれ以来6年半ぶりの新車となったわけです。
何の車が来たのかが気になって夜も眠れないという人がいれば、
過去の話から我が家の家族構成や経済状況を割り出して、想像してください。
(経済状況はこのブログからは読み取れないか)

新山口駅3周年

僕の泊りがけの旅行の出発点でおなじみの、JR新山口駅。
小郡駅から改称されて、今日で3年目となりました。
昨夜はなぜかあまり眠くならなかったので1時過ぎまで勉強をしていましたが、
思えば、僕が勉強をしていた時間から3年さかのぼったまさにその頃、
新山口駅の北口(在来線口)の「新山口駅」の看板がお披露目されたのでしょう。

そして、今朝僕が起きた時間から3年さかのぼったまさにその頃、
新山口駅の新幹線口の記念式典で、「新山口駅」の看板の除幕式があったのでしょう。

あの日は水曜だったので僕はもちろん学校に行っていましたが、
今年のように土日だったなら、ひょっとして行っていたかもしれません。
改称された10月1日なら、3,000円でJR西日本全線が乗り放題になるし……。

ここで、あの日の新聞を。読売・朝日・毎日・山口・中国の5紙を保存していますが、
やっぱり地方紙が強いということで、山口新聞の記事をご覧ください。

DSC06457.jpg


これが1面の記事でした。読んでみますと、

 JR山陽新幹線のぞみが1日、県内に初めて新山口駅と徳山駅に停車した。
 地元の長年にわたる要望が実現し、両駅では記念の出発式をはじめ
 さまざまな歓迎イベントがあり、歓迎ムード一色に包まれた。

 小郡駅から名称変更した新山口駅では駅名看板の除幕式があり、
 JR西日本の垣内剛社長が「交通の利便性は向上し、
 山口県の玄関口として全国に知られる駅となる」とあいさつした。
 二井関成知事は「観光振興や企業誘致などで経済波及効果などを期待する」。
 岩城精二小郡町長は「名実ともに県の玄関口。県央中核都市の形成と
 県全体の発展をめざす」と祝辞を述べた。
 (後略)

また、中面の記事は、

DSC06458.jpg


ちなみに、この左のページでは、品川駅の誕生を同じ規模の記事で取り上げていました。
地方紙なのに、品川駅の誕生まで大きな記事にするとは……。すばらしい……。

また、地方紙の強みを見せつけられたのが、今年1月に発生した下関駅の放火事件。
読売・朝日・毎日・山口の4紙を保存していますが、やっぱり山口新聞が強い。

DSC06459.jpg


これが1面です。
切り抜いているのでピンときませんが、1面のほぼ全体を占めていました。

DSC06460.jpg


これが中面です。
やはり、ほぼ全体を占めていました。

最後に、僕が新山口駅をどれだけ利用したかということを紹介します。

DSC06472.jpg


新山口駅発または着の乗車券です。なんと26枚。
さらに、「発または着ではないが、経由はした」というもの(18きっぷなど)を含めば、
数はさらに増えます。
さらにさらに、特急券・指定席券なども含めば……。もっと増えます。

さて、山口県では今日から「地上デジタル放送」が始まったとかで、
現在KRY山口放送ではそれを記念する番組を放送しています。
何度か書いた「KRY秋まつり」の中継や、県内各地の高画質の映像など、
まさに盛りだくさんの内容の1時間30分。
僕がそれをDVDに録画していることは、言うまでもありません。
プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。