スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫才の素人ネタ

A「おいおい、ワシなぁ、クラスで1番になってもうた!!」
B「ホンマかいな!?お前、クラスで1番!?カシコイやんけ~~!!」
A「なにゆーとんねん!!1番いうのは、学校に着くのが、やがな!!」
B「どないやねん!!」

つまらん……。
でも、書いてあるのは本当のことです。
今日教室に上がったら誰もいませんでした。1番乗りは初めてだったな~~。
これまでで一番早かったのは3番目だったかな?
とりあえず教室と廊下の窓を開け、新鮮な空気を取り入れました。
3階建ての2階ともなれば、やっぱり朝でも暑いです。

さて、次のニュースです。
僕は今日ある事情で先生方(教頭・生徒指導・担任)の印鑑をもらって回る
必要があったのですが、課外の後に担任の先生に印鑑をお願いすると……。
「あとの分ももらっちゃろう。ついて来い!!」
ということで、僕は先生の後ろにくっついて職員室を歩くだけで、
「生徒指導」・「教頭」の欄も埋めてもらうことができました。
先生がサービス精神を発揮されなかったら、自分で職員室の中で先生を探し、
おられなかったら何度も職員室を訪問する羽目になりますのでね。
過去、それで2日くらいかかったこともありました。

最後のニュースです。
今、「熱血テレビ」(プロフィールを読めば何のことなのかわかる)を見ているのですが、
「これなら貯まる!倹約母娘(秘)生活」という特集?をやっていました。
それによれば、このお母さん(50代?)は、娘さん(20代)の所へ行くのに、
「青春18きっぷ」を使っているそうです。(ちなみに、所要時間は5時間)
で、そのお母さんはそのことについて「もう慣れましたから」とのコメント。
すごいですね~~。
スポンサーサイト

♪日曜日の朝~~

「あなたひとりじゃない」というギャグソング(でも合唱曲)があります。
で、その歌詞の中に、
 「日曜日の朝 友達からメール 遊びの誘いと思って読んだら『アドレス変えました』」
という1節があります。(歌詞は不確かだが)

さて、皆さんの中には、今日の午前中に僕からのメールを受け取った人がいるでしょう。
実際、20人近くの人にメールを送ったのですが、その用件はというと、
あの歌と同じく、「アドレス変えました」。
まぁ、「遊びの誘い」と思って読んだ人がいるかどうかわかりませんが……。(笑)

ここで、アドレス決定のウラ話でも。
かなり悩んだ挙句、「これにしよう!!」と決めたアドレスがあったのですが、
いろいろと見てみると、なんと管理人(急行丹後さん)のとそっくりだった!!
これはいくらなんでもな……と思い、今日皆さんに連絡した方にしました。
今思えば、最終的に決めた方(今日皆さんに連絡した方)がいいと思いますけどね。
とにかく、いいのができてよかったよかった。

ちなみに、なぜかドコモのケータイに「アドレス変えました」のメールを送ると、
「送信できませんでした」といって戻ってくるのです。
ドコモのケータイのユーザー3人のうち2人は先ほどやり直したら送信できたものの、
残る1人にはいまだ連絡できていません。
まぁ、1ヶ月間は万が一昔のアドレスに送ってもちゃんと届けてくれるらしいから、
今後1ヶ月中に連絡できればいいので……。
というか、明日学校で会う人なので……。いざとなったら口頭で。

扇風機

今日「ダイソー」(100円)に行ったのですが、そこで「ミニ扇風機」を見つけました。
思えば2ヶ月くらい前、部活でいる(文化祭に使いたいので)からということで、
あちらこちらの100円を探して回ったものですが、さすがにまだ売られていなく……。
結局文化祭から1ヶ月以上たって入荷されたわけですね。
あのときのことも懐かしくなり、特に用はないのですが買って帰ってしまいました。

ところがこれがなんと、思いのほか役に立つ!!
「たかが」と思っていたのですが、けっこう風が強いのです。
珠にキズなのは、音がやかましいこと。
でも、すごくいい買い物をしました!!

≪告知≫
明日、僕の身に何かが起こる!!

≪生活記録の傑作選 No.38 2005年3月9日≫
ついに卒業式の練習まで始まった。
最後の「旅立ちの日に」を伴奏するという夢?はかなわなかった。
(「卒業写真」を引き受けたばっかりに……)
せめて友達からは名字でなく「よしピー」と呼ばれるという夢?もかなわなかった。
(アピールしたのに……)
通知票は12日ですか。

うちの中学校では、卒業式の一番最後に卒業生が「旅立ちの日に」を合唱するのが
定例?となっていて、僕はそこで伴奏することにあこがれていたのです。
そういうわけで、秋の合唱コンクールでも学年の課題曲の「旅立ちの日に」の方を弾き、
(本当はクラスの自由曲の「未来へ」の方を弾きたかったのですが……)
さらに市内の中学校音楽会での発表の際の伴奏者にもなることができ、
着々とキャリアを積み重ねていったのです。
が、大きな誤算が!
卒業式の前に「卒業生を送る会」での「卒業写真」の伴奏を引き受けてしまったために、
卒業式での伴奏の声をかけてもらえなかったのです。
まぁ、オチとしてはいいか。

ネタを出し尽くしたので、「生活記録の傑作選」は今日で終わりです。

課外の時間割

3週間ある課外ですが、1週間ごとに時間割が変わります。
1週目は、英語→国語→数学。
2週目は、数学→英語→国語。
3週目は、国語→数学→英語。
どの教科もおもしろいので、とりたてて「これは嫌!!」というのはないのですが、
それでも教科によってずいぶん時間の感じ方が変わります。
長く感じる順番としては、国語>英語>数学。
そんな僕には、1週目は
 「まぁまぁ楽な英語がトップで、次に国語で長い時間を過ごし、
  最後に楽しい数学で締める!!」
そして、今の2週目は
 「楽しい数学を先に済ませてしまい、まぁまぁ楽な英語がきて、
  最後に長い国語で終わる……」
と感じるわけです。
では、来週はどうか?
 「長い国語を最初に終わらせて、真ん中で数学を楽しみ、
  最後に英語でまぁまぁ楽に締める」
となるわけです。なかなかいいですね。

≪生活記録の傑作選 No.38 2005年3月8日≫
留守番組だった。コピー機が1台しか使えず、30分交代で行ったため
印刷のできない間が1時間30分もあり、その間はページ順に整理したりする以外は
「勉強」という名目で、県庁所在地名と県名を一致させるカルタをしていた。

わかる人にはわかるでしょうけど、卒業文集のことですね。
「留守番」というのは、この日が公立高校の一般入試だったからです。
関係のない人は学校で文集関係のことをやっていました。

部室の掃除

今日は「部室の掃除」をしました。
僕の入っている科学部には実は部室が2箇所あるのですが、
今日掃除をしたのはそのうちの普段使わない方です。
入ったことさえ片手くらいしかなく、それの掃除といったら宇宙旅行みたいなもんです。
まぁ、いろんなものが出てくるわ出てくるわで……。
たとえば、
 ・平成7年度の部員の名簿
僕たちより10年くらい先輩に当たるわけですね~~。
それにしても、人数が多かった……。
あと、
 ・平成7年度の夏休みの活動予定
この頃は秋に文化祭があったらしく、内容は文化祭関係のものでした。
で、笑える(別に笑うところではないですが)のが、下の注意書き。
「集金業務は、信頼の厚い者にさせる。」
「無断欠席が多い者や態度の悪い者は、重労働等を課すことがある。」
「やる気のないものには、厳しく対処する。」
すごいわ~~……。
あと、なぜこんなものが?というものもたくさん出てきて、
 ・何十年も昔のレコード
体育祭のBGMの入ったレコードなどがあったのはまだ納得できるのですが、
わからないのが、なぜか「Mr.サマータイム」のレコードとか、
「軍艦マーチ」「月月火水木金金」などの軍隊もののレコードなど。
誰が何のために?
ほかには、
 ・現金51円
 ・ダーツの矢
など、あげればきりがありません。
ただ、過去の活動のまとめのようなものも発掘されましたので、
その辺は今後の参考に致したいと思います。いいものも出てきてよかったよかった!!

≪生活記録の傑作選 No.37 2005年3月4日≫
四国で、特急が終点の駅で止まらず、そのまま進み建物をこわしたそうだ。
ちょっと聞くと笑うが、それどころではない。
終点ということで話題を変えて「ホームが上図(略)のようになっている駅」。
門司港(JR)・福岡(西鉄)・あべの橋(近鉄)・梅田(阪急・阪神)……
まだまだある。

「上図」というのがどういう図かはわかりますよね?
しかし、思えばこれが去年の鉄道事故の幕開け(?)だったな……。

エアコン

雨ばかりの天気も終わり、今日から晴れて気温の高い夏らしい天気となりました。
そのため、昨日まで使えなかった教室のエアコンが使えるようになり、
早速課外の1時間目のときに数学の先生がスイッチを入れられたのですが……。
このとき書いたとおり、教室のエアコンはききがかなり悪いのです。
つまり、きくようになるまでは閉め切った室内でかなり暑い思いをするということ。
で、案の定今日もなかなかきかず……。
きかん……!!使いにくいエアコンやのう!!
 ちょっと、窓開けようで!絶対その方が涼しいから!!」
という先生の鶴の一声(?)でエアコンをあきらめ、自然派に転向したのでした。
ちなみに、あのときは「温度の制限がない」と書きましたが、
一部のクラスで温度を必要以上に下げたために使用できなくなるクラスが出たそうで、今は制限されているようです。

で、おそらくどのクラスもエアコンをあきらめ窓を開けているだろうと思ったのですが……。
数学が終わり次の教室へ移動してみると、なんと入り口のドアが閉めてある!!
おまけに、入ると、涼しい!!
なんと辛抱強いクラスがあったもんです。
そのおかげで2時間目の授業は快適で、授業が終わるころには寒ささえ感じました。
で、その後。
3時間目の授業にこられた先生は、【どうせ職員室だって涼しいくせに】、
ふうふう言って登場し、しばらくしてエアコンのスイッチをなにやら調節されていました。
ふうふういって登場した直後にエアコンを調節するといったら、あれしかない……。
事実、それから寒さはどんどん厳しくなっていき……。
半袖の僕にとっては、南極で授業を受けているようでした。(笑)
おまけにその先生が熱心な方でして【それは大いに結構ですが】
授業の終わりを10分もオーバーされ、もうどうなるかと思いましたよ。
今思えば、この時期に「寒くて……」なんて、贅沢な悩みではありますが。

さて、昔の話の始まりです。
小3の夏休みは、今日(7/26)からあさって(7/28)まで、
2泊3日の大阪旅行に行っていました。
近畿日本ツーリストのフリープランを利用したのですが、あれがすごいのです!!
なんと、
 「福岡から大阪(伊丹or関西)まで飛行機で往復して、
  大阪では泣く子も黙る『ホテルニューオータニ』に泊まり、
  1人あたり26,800円
」(大人3人の場合)
というもの。
「関西の優雅な休日」というプランでした。
あと、小6の夏休みには、明日(7/27)からあさって(7/28)まで、
「山口きらら博」と「海響館(水族館)」に行っていました。
統計的に見ると、7/27前後に我が家が旅行に行くことはけっこうあるようです。
ただ、今年はどうかというと、今こうしてブログを書いていることからもわかるとおり、
今日は家にいます。
しかし!!夏休みの旅行の予定が完璧に完成し、切符もすべてそろいました!!
もちろんその内容をここで書くつもりは毛頭ございませんが、
この休みはこれまでと比べ「雲隠れ」の回数・日数がかなり多くなりそうです。
どんなことになるのか、どうぞお楽しみに!!

≪生活記録の傑作選 No.36 2005年3月3日≫
調理実習が今日で最後だった。カレーうどんのうわさを聞かれませんでしたか?
40分も残ってしまったので年号あてなどをして時間をつぶしていたが、
●●君が他の班のものをもらいに行ったのでついて行き、
ある班の豪華なケーキをもらった。
たこやきやカレーうどんとはレベルが違うね~と話をした。

僕は中3の選択教科の1つで「家庭科」をとっており、調理実習が何度かできたのです。
作ったものは、文中にある「たこやき」「カレーうどん」をはじめ、
「ドライカレー」「大福」などいろいろ。
大福のときは大失敗でしたが、後はおおむねうまくでき、昨日の文集じゃないですが、
これも中学時代の思い出の1つです。

新しい校舎

夏休み限定でバックのデザインを変えましたよ~~!!

このときなどにちょっとだけ書いた(覚えている人はいないでしょうけど)のですが、
うちの学校で1年ほど前から校舎の一部の建て替えがされていました。
それがこのたび完成し、監査も通り、晴れて使用の許可が下りたようです。
建て替えられたのは校長室・応接室・事務室・図書室などの入る棟なので、
普通の生徒にはそれほど縁がありません。
ですが!!図書委員の僕は、図書室の作業に関して出入りすることがあるため、
十分縁があるのです。
そういうわけで、今日はじめて新しい校舎に入ってきました。

うちの高校は県でトップクラスの名門……ではなく、県でトップクラスの歴史があるそうで、
それゆえか、図書室の蔵書の顔ぶれもすごいのです。
今日僕が作業した際に見たものには、「教育勅語」とか、「18●●年版」など、
かなり歴史を感じさせるものがあります。
それらから発せられる歴史臭(?)と、新しい校舎独特のにおいが混ざって、
なんともいえない環境の下で作業をしたのでした。

ちなみに、作業が終わったころには手はまっくろけ。
というわけで、トイレに入ってみると……。
なんと、流しの水は自動で流れるタイプではないか!!
おおーっ!!などと感心しながら手を洗い、ふと便器の方に目をやると……。
なんと、便器の水も自動で流れるタイプではないか!!
大してその必要もなかったのですが、便器の方も利用しておきました。
それにしても……。普段僕たちが使う教室棟(古い校舎)には、
便器に水を流す仕組みさえないのに……。
(一定時間置きに自動的に水が流れるようになっているよう)
こりゃ、トイレは新しい校舎のを利用するしかないですな……。

その後さらに新しい校舎の1階へ降りてみると……。
いわゆる「玄関」にあたるところなど、市役所か何かみたいな開放感で、
おまけに時代に遅れをとらない完全バリアフリー化!!
さらに、廊下の隅っこに歓談用の(?)ベンチまである!!
なんとすばらしい校舎を建ててもらったものです。
税金の有効な使い方として、何かと話題になったO阪市などには見習っていただきたい!!

≪生活記録の傑作選 No.35 2005年2月25日≫
副になった。実はねらってました(笑)気はゆるめませんが楽しいと思う。
小学校の時も、文集の役だった。ちなみに、当時のクラスの文集担当は
●●●●、○○○○、■■■■、□□□□の4名。
みんな若かった。

この日、僕の中学時代の思い出のひとつである「卒業文集の制作」に関する話があり、
僕が副となったわけです。
今思えば、あのころ(中学時代)の文集担当もみんな若かったな……。

課外2週目

課外授業が2週目に突入しました。
前にも書いた「課外限定の70分授業」ははじめはなかなかこたえますが、
ようやく慣れてくるのがこのころです。
また、課外だけに(?)普段できないような授業が行われるわけですが、
それに慣れてくるのもこのころです。
ここで、各教科のレポートでも……。

【国語】
内容は、夏休みの宿題の問題集の授業です。
つまり、国語の課外を受けていれば自動的に古典の宿題は終えられる!!
しかも、問題集をじっくり説明してもらえるということで、
休み明けに行われる課題テスト(=問題集の内容を出題)にも断然有利!!
かなり「取り得」な授業となっております。

【数学】
数学は「数IA」・「数ⅡB基礎」・「数ⅡB発展」の3コースがあって、
大学の希望などを考えて「数ⅡB発展」を選んだのですが、
このコースの内容は「大学入試の問題演習」です。
全部で41問あって、1日4~5問のペースで進んでいますが、中身はけっこうすごいです。
「京都大学」「立命館大学」「青山学院大学」「早稲田大学」など、
名だたる名門校の問題がぎっしり。
先生は「(この授業から)大学入試の数学なんて大したことはないと感じてほしい」そうです。
まぁ、解説してもらえば「なるほど!!」と思うし、中には自力で解けたのもありますが、
やっぱり大学入試の数学は大したことあるわ……。

【英語】
内容はいたって普通で、専用の問題集(宿題の問題集とは違う)の授業です。
ただ、先生の授業がかなり歯切れよく、わかりやすい!!
そんな先生の唯一にして最大の欠点は、汽車のことを「電車」と仰ることくらいか。

≪生活記録の傑作選 No.34 2005年1月26日≫
体育で、3km走った。17分49秒。これではよくわからないでしょう。
2クラス合同の人数で、後ろに5人いました。
それと、やはり3kmは長く感じた。
(参考に……。滑走路で比較!萩・石見……2km 山口宇部……2.5km)

思えば、このころよりずいぶんと長距離のタイムがましになったものだ……。
あと、僕は長距離のことを書くたびに滑走路の話題を持ち込むらしい……。

仁義なき戦い

昨夜寝る前、自室の障子と窓との間にハチ(体長約3cm)がいるのに気づきました。
早いとこかたをつけてしまいたいので、何とか部屋から追い出そうとするわけです。
ところが、「障子と窓の間」という、外へ出すのにベストなポジションから、
部屋の中央という難しいところへ取り逃がしてしまい……。
そのあとはもう、大騒動でしたよ。詳しくは書きませんが。
なんといっても、戦況は圧倒的に僕に不利なのです。
相手が相手なだけに、変な攻撃はできない。おまけに、武器を持ち合わせていない。
武器にしたのは、部屋に偶然あった朝刊1日分、あと、うちわのみ。
あの手この手を試したのですが、1時間たっても部屋から追い出すことはできず……。
日付も今日に変わってしまったし、夜の1時間は貴重だし、とりあえず寝ました。
夜の夜中まで敵とのにらみ合いなんて、あさま山荘事件じゃあるまいし……。
(※今の時期、僕は自室では寝ていません。安心を(?))

そして今朝、いの一番に部屋に上がり、戦いの続きです。
敵も眠りについていたようですが、僕の気配に気づいてか飛び始めました。
するとなんと、すぐに第一発見箇所であった障子と窓の間に移動してくれて……。
窓を開けてやると、程なく飛んで行きました。
それなら昨日のうちに外へ出ろよ~~と思いましたね。
とにかく、長い戦いでした。

さて、話はこれで終わりではありません。
実は、おとといの夜も似たようなことがあったのです。
夜の10時ごろ上で勉強をしていてのどが渇いたので水を飲むのと、
あと紙を数枚取るために下に下りたわけです。
で、プリンタの前に来ると……。そこにいたのはなんとゴキブリ!!
このときは玄関が近かったのでとりあえず虫取り網と火バサミを取ってきて……。
いろいろとやってみたのですが、結局たんすの裏に逃げられ僕の負けとなりました。
ただ、このとき新たな事実を1つ知りました。
なんと、ゴキブリは飛べるのです!!知ってました!?

≪生活記録の傑作選 No.33 2005年1月25日≫
今日は15人だった。1クラス10人台の少人数学校(学級)にあこがれているので、
今日は少しよかった。
それと、受ける人にしてみればそんなのん気なことではないが、
JRを利用した人がうらやましい。

この日は、隣の市の私立高校の入試の日でした。
そういうわけでクラスの半数近くがJRを利用して受検に行ったわけです。
そういえば、この日教室のストーブから灯油がもれていて大変なことになったっけ。

鉄道ファン

今月の「鉄道ファン」の特集が「新幹線街道」とのことだったので、
購入することも検討して本屋に行ってきました。
……で、売り場で立ち読みをしてかなり悩んだのですが……。
結果、買うのをやめました。
[理由その1]値段が……。1,100円は大きい!!
[理由その2]量が……。新幹線の特集がもう少し多ければ。
新幹線特集の雑誌なら、
 「新幹線大旅行大研究」(「旅」2003.11)
 「九州新幹線開業と3月ダイヤ改正」(「鉄道ジャーナル」2004.6)
 「新幹線で旅立つ 2005」(「鉄道ジャーナル」2005.10)
 「つばめ」(「鉄道ファン」2004.5)
 「のぞみ時代」(「鉄道ファン」2005.8)
 「新幹線NAVI」
 「The新幹線」
 「新版・The新幹線」
など、いろいろ持っているし……。
でも案外、そのうち気が変わって今月の「鉄道ファン」も買うかも……。

久しぶりに

今日は久しぶりに雨が降らなかったので、学校(課外)に自転車で行こうと思いました。
それで、自転車を出してみると……。なんかどうもおかしい、と。
よく見てみると、前輪がパンクしていました。
僕はここ数日乗っておらず、かつ、その間に乗った人物がいるので……。
まぁこの話は置いておきましょう。

課外が終わり、久しぶりに町へ出て用事を済ませることにしました。
そのためにも自転車をどうにかしないといけなく、とりあえず近所の自転車やさんへ。
自転車やさんのおばちゃんは僕の自転車をしばらく見て、なにやらいらってみて、
「どこやらがさびているのでしばらく時間がかかる」と言われました。
で、代わりの自転車を貸してもらったのですが……。
その自転車が、何というか、「漁村のおばあちゃんが乗っていそうな型」とでもいうか、
(この辺のレンタサイクルはいまだにほとんどがこの型だったりしますが)
これで町へ出るにはちょっとなんだかなー……といった感じだったので、
一度家に帰り母の自転車を借りることにしました。
(だったら初めから「代わりはいいですから、歩いて帰ります」と言えばいいものを)

母の自転車は僕のより低重心な走りで、走行性能は僕のよりちょっと劣っていました。
僕は割合スピードを出す方なのですが、一定の速度[v]に達するためにかかる時間[s]が、
僕のよりかなり大でした。つまり、加速度[a]は僕のより小になるわけです。
ちょっと物理みたく書いてみました。(笑)

とりあえず母の自転車で図書館へ行って本を返し、本屋へ行って時刻表を買い、
駅へ行ってキップを買い(おっ!)、うちへ帰りました。
そして再び「漁村のおばあちゃん」の自転車に乗って自転車やさんへもどり、
ようやく僕の自転車に乗れたのでした。
ちなみに僕の自転車は中1の6月に買って以来、もう5年になります。
ブリヂストンの「アルベルト」ですが、最新の「アルベルト」には「アイパネル」と呼ばれる、
スピードメーターなどの集合体(?)が装備されているものもあって、
あれにちょっと魅力を感じます。

≪生活記録の傑作選 No.32 2005年1月24日≫
「入試が近づいて 髪を切ってきたとき もういいかげんにと 君に言い訳したね」
これを「いちご白書をもう一度」の「就職が決まって」の所へのせて歌ってみてください。

『「いちご白書をもう一度」の「就職が決まって」の所』と言われて皆さんはわかりますか?
僕の好みが懐メロであることを知っている人は、すぐに「知らん!」と言うんでしょうね。
該当部分の歌詞を書くと、
「就職が決まって 髪を切ってきたとき もう若くないさと 君に言い訳したね」
「入試が近づいて……」の替え歌と、見事に合うでしょ!?
(「替え歌」と言うレベルにはないですが……。ほとんど変わってない

よしピー通信

今日は特に書くことがないし、≪生活記録の傑作選≫がけっこう長くなりますので、
いきなり≪生活記録の傑作選≫に入ります。

≪生活記録の傑作選 No.31 2005年1月11日≫
図書委員になりそこねた。まぁ班員(委員のしたっぱ)にはなれたから良かったが……。
表(省略)のように、学級委員になってしまった時以外は図書委員をやっていた。

……と、これがこの日の記録です。
だがこの時、僕はあまりのショックで「よしピー通信」という「生活記録の号外」を書いたのです。
恥をかいたとき・失敗したときなどに、それを新聞やマンガにしてみると
なかなかおもしろいのができますよ。
というわけで、続きをどうぞ。

よしピー通信 発行日:2005年1月11日
11日行われた図書の委員選挙で、5回連続当選をめざす●●候補(15)(僕)が、図書委員の経験なしの新人、○○候補(15)に破れ、図書班員になったことがわかった。
選挙は11日午前10時30分ごろ開始。図書委員(男子)の候補に●●・○○の2名が挙がり、2人は話し合いで決着をつけようと試みたが話はまとまらず、やむを得ずジャンケンをしたところ、●●候補が敗れた。
●●候補は1・2年の(それぞれ)1学期以外はすべて図書委員に立候補し、すでにのべ6回当選していた。対して○○候補は生活・厚生の委員や整備・図書の班員など、あちらこちらを転々としており、今回の図書委員への立候補も「気まぐれ」であった可能性が高い。
※女子委員は無投票で△△候補に。
≪コメント≫
(落)●●氏「残念っ!」
これまで学級委員以外はすべて図書委員ですって言うじゃない?でも、最後の最後で敗れましたから!!残念
(当)○○氏「これはこれで面白い」
(●●氏がこれまでの図書委員の顔だったことに対し)これはこれでいいんじゃないか?おもしろいだろう
(当)△△氏「かわいそう」
(●●氏、○○氏のどちらとやりたかったかとの問に)どちらでもいい。でも●●氏はこれまでずっと頑張っていて……。かわいそう。

この日の先生の返信は
 「職員室でおもわず笑ってしまいました。私の通信よりおもしろい」
でした。

どうです?皆さんも恥をかいたり失敗したりしたら、新聞にしてみましょう!!
もちろん、笑い飛ばせるような恥や失敗に限りますが……。

課外

今日から課外が始まりました。
8時40分から12時40分まで、70分の3時間です。
うちの学校の授業は50分なので、70分となればやはり長いですね。
ちなみに、昔登場した「高校β」は普段の授業から65分だそうです。
普段からそれだけ長い授業を受けていれば、模試や受験で長いこと座りっぱなしでも
苦にならないのかな……?
またまたちなみに、「高校β」には学食があるらしい!
田舎の公立高校で学食はすごい!うちにもほしいものです。

課外の話に戻りまして、2年生は国語・数学・英語の授業があります。
僕は全て取っていますが、数学の内容はすごいです。
希望調査のプリントに「入試問題を中心とした問題演習」みたいに書いてあったのですが、
今日もらったテキストを見るとまさにそのままで、「京都大」などもちらほら。
なんともハイレベルな授業になりそうです。ついていけるだろうか……。(笑)

≪生活記録の傑作選 No.30 2004年12月6日≫
音楽で、歌のテストがあった。
前に出て歌うのかと思ったら、4人ずつ上(の階)へ通されて、
会議室で集団面接形式で行われたのでちょっと拍子抜けした。
けどよく考えてみればこの方が緊張せず、歌いやすいことがわかった。

曲目は「旅立ちの日に」で、ソプラノ1・アルト1・男声2の4人ずつでした。

電力輸送

今日で授業は終了しました。明日からはついに夏休みです。
ただ、今日は午前中には普通に授業があり、午後から全校集会があっただけという、
まるで「夏休み前」という雰囲気のしない終わりでした。
まぁ、「2学期制」のなす業(?)でしょうか?

ところで、約1ヶ月後に登校日があるのですが、危うくそれに気づかない所でした!
「夏休みの心得」みたいなプリントがあるのですが、その右下の方に
ちょろっと小さく書いてあるだけだったのです。
学校からの連絡は一切なし。こりゃ、7割の人は登校日の存在を知らないとみた!
「夏休みの心得」を熟読するような人はどうせたいして居やしないのだから、
登校日のことくらいちゃんと言えばいいのに……。

さて、冒頭に「午前中は授業」と書きましたが、今日は「課題研究」というものがありました。
うちの学科限定のレアな(?)授業で、化学・物理・生物・数学から1つ好きなのを選び、
それぞれで与えられているテーマに沿った実験や研究をするのです。
僕は物理をとった(最後までかなり悩んだのだが)のですが、
「電力輸送の模擬実験」なるものをしました。
発電所で作られた電気は、変圧器を用いて高電圧にしたのち家々に送られるのです。
なぜわざわざ危険な高電圧にするのか?
そのことを、発電所から家庭までの電線を再現し、実際に実験して確かめるわけです。
僕(たち)はまだ「物理Ⅰ」の「運動」の範囲しかやっていないのですが、
この実験は「物理Ⅱ」の「電力」の範囲に該当するもの。
実験の理屈そのものはさっぱりわかりません。(笑)

≪生活記録の傑作選 No.29 2004年11月26日≫
自画像を仕上げた。とはいっても、「仕上がった」レベルにはないと思う。
いろいろとやってみたがうまくいかず、自分のレベルならこのぐらいかな、というところで
終えることにしたからだ。さわらぬにたたりなし!

美術で卒業前に自画像を描いたのです。
うまい人はすごくうまかったな~~。

はじめてのおつかい

今、「はじめてのおつかい」を見ているところです。
プロフィールに書き忘れてましたが、あの番組、大好きなのです!!
前に見たのは、正月に「新大阪ステーションホテルアネックス」で、でした。
半年に1回か……。もうちょっとやってほしい……。
どうせなら、この番組はレギュラー化して毎週やってほしいですね!(笑)
(そんなにも「おつかい」が集まらないだろうけど)

あの番組のいいところは、一部の「おつかい」について、「あれから○○年」ということで、
おつかいをした子どもの現在の姿も一緒に紹介してくれるところ。
まぁ、「(現在は)こんなになったか~~……。(やっぱり小さいうちがかわいいな)」と、
ちょっと複雑な気持ちになることもありますが……。

なお、プロフィールに書き忘れていたのは重大なミスだといえますので、
あとで(他の項目を含め)更新しておきます。

さて、今日は県庁のある山口市に行ってきました。
早速ですが、山口市には以前207系旧塗装中間車の模型を買った
「中古専門のホビーショップ(ホビーオフ)」があります。
というわけで、そこへも連れて行ってもらいましたよ。
今日の品揃えは以下のような感じでした。
 ≪中間車≫
  ・E1系(旧塗装)
  ・485系(国鉄色)
  ・103系(青・緑)
  ・E217系
  ・24系
  ・14系
  ・DD51(北斗星色)
 ≪セットもの≫
  ・883系(黄色)
  ・205系(首都圏)
  ・285系
  ・E217系
で……。
欲しくて手ごろなものはなかった(金がいくらでもあれば883系なんかいいですが)ので、
今日は何も買わずに帰りました。
そりゃ、中古専門なのだからいつでも好みのがあると思ったら大間違いですわな。

≪生活記録の傑作選 No.28 2004年11月18日≫
インフルエンザの予防接種をしに行った。
待ったり何とかで退屈するかと思ったら、
待合室に何と!!「翼の王国(ANAの機内誌)」があった。

行ったのは小さな病院なのですが、本当、待合室に「翼の王国」があったことは、
いまでも不思議です。

なつやすみファンクラブ

小3の頃、全日空機内で「ピカチュウのなつやすみ」という映画を見ました。
(当時、「ミューツーの逆襲」と一緒に映画館で上映されていた分です)
その映画には「なつやすみファンクラブ」という挿入歌があり、一部を紹介しますと、
「♪去年の夏休み終わった時から ずっと待っていたんだ 今年の夏休み」
など、なんともほのぼのとした歌詞です。

僕もようやくしあさってから夏休みになるわけですが、早速8月上旬までは課外があり、
部活も盛んになりそうで、いろいろと忙しくなりそうです。
「♪去年の夏休み終わった時から ずっと待っていたんだ 今年の夏休み」
こういう時代に戻れるなら戻ってみるのもいいかな……と思います。

≪生活記録の傑作選 No.27 2004年11月14日≫
鉄道の旅がしたい。
手元の記録(利用した切符をもらっているので、それのこと)を見ると
2月以外は20km~2000kmぐらい鉄道の旅をしているので、
そう思うのは無理もない。
(2000kmというのは5月で、新山口~新大阪2往復プラスアルファです)

去年は年間の乗車距離が6,000kmを突破しましたが、今年はどうなるかな?
(ちなみにこの年(2004年)には乗車距離の記録をとっていなかったが、
6,000kmにはまず達していないと思われる)

電気屋

昨日オープンしたての電気屋さんに行ってきました。
オープンしたてといっても、新たに進出してきたわけではなく、
もともとあった店が大リニューアルされたということなのですが……。
それにしても、あの変わりようはすごいですよ。
もともとは敷地の半分が店舗・半分が駐車場という狭い店だったのですが、
リニューアルを機に、1階が駐車場・2階が店舗といういかにも都会風の様相になり、
こりゃ行かねば!ということで行ってきたわけです。
とにかく、2階建ての商業施設というだけで珍しいので……。
着いたのは開店(10:00)の10分後だったのですが、既に駐車場は埋まり、
店内では「レジ付近が大変込み合いまして申し訳ございません。……」などと、
新幹線の自由席の客にあてたのと似たようなセリフが流れていました。
繰り返しますが、10分後でですよ!?
(ちなみに、駐車場に関しては、近所の市営駐車場からのシャトルバスなるものも
走っていたらしい)

どうも、「新しいものに飛びつきやすい」のがうちの県民性ならぬ市民性(?)のようで、
数年前に「ミスター・ドーナツ」が初めてできた時なんて、
しばらく(数日間)は店の外まで行列になってましたからね。

≪生活記録の傑作選 No.26 2004年10月22日≫
社会の点が2点上がった。
自分の問題集で覚えた答えを書いたら×になっていたが、
その問題集と共に提出したら2点上がった。
すみませんでしたと言ったらそんなことはないと言われた。
(不要な手間をかけさせてしまったので一応言っておいた)

忘れもしない、「景気の変動」を「景気循環」と書いていたのでした。
(ちなみに、高校の「現代社会」では「景気の変動」なる言葉は出てこず、
 「景気循環」と習いました)

合唱コンクール終わる。

昨日が「迫る」なら今日は「終わる」で……。

さて、昨日書いたことについてですが、あの時は確かに自信を持っていたのです。
が、今日実際にやってみて、あきらかな間違いだったと思われる箇所が2つもありました。

まず、
  で、表彰されるのは17クラス中8クラス。
の所。
今年は、表彰されるのがなんと5クラスでした!!
いくらクラスが昨年度より1つ減ったとはいえ、表彰の枠があんなに狭くなるとは……。

次に、
  しかし、この2クラス(むしろ、表彰される8クラス)に1年生が入れることはありえません。
の所。
これまでの記録を見る限りではめったにないことのようだったのですが……。

ということでどういう結果だったのかはわかったことでしょう。
我ら2年6組は表彰の枠には入れませんでした。
優勝したのはベテランの音楽教師が担任をされる3年生のクラス。
(まぁ、あのクラスが優勝するであろう事は予期していたが)
そして次についたのが、何と1年生!
こりゃー……。もう、本当にビックリでした。
残りの3クラスは全て3年生。
当然の顔あり、意外な顔ありのベスト5でした。

ちなみに、以前書いたことがありますが、うちの高校の合唱コンクールは
体育館でではなく、公の施設(市民館)で行われます。
そこまでの移動にあたり、自転車通学をしている者に限り自転車の使用が許されます。
昨年自転車通学の許可を取っていなかった僕は当然このことに不満を感じていましたが、
僕1人でどうすることもできず、今年は自転車通学の許可をとりました。
なので、今日は晴れて「自転車で合唱コンクールへ参加」デビュー(?)したわけです。
ちなみに、許可を取る際提出する書類に「申請の理由」なる欄があったのですが、
(自転車通学の許可を求める理由なんて、「歩いて行くのが大変(または面倒)」に過ぎないのだから、
「申請の理由」もなにもあったものじゃないだろと思いますけどね)

そこには堂々と「学校行事での移動の際不便だから」と書かせていただきました。
いやー、しかし、全校生徒が自転車で一気に移動している姿を見ると、
何か「中国の街角」といった感じがしましたね~~。
僕は(伴奏のことがあるので)誰とも話さず集中して移動していたのですが、
その頭の中では、こんなしょうもないことを考えていたのです。(笑)

あと、合唱コンクールが終わって部活がありまして、僕の提案により、
夏休みにみんなでちょっと遠出をすることになりました。
それを先生に提案する時の、僕と先生とのやりとりです。
~~前略~~
 「で、(交通費は)なんぼくらいかかるん?」
 「JRに『青春18きっぷ』という切符があって、それだと1日2,300円で
  全線が乗り放題になります。」
 「ちょっと待ち!そりゃ、あんたらーだけ やし じゃーね!
  (※「やし」……共通語で言う「ズル」に近い意味を持つ方言。)
  私は使えんのやろ?」
 「いや、それが、よくある勘違いなんですけど、『青春18』って言っても
  年齢に制限はないですよ。」
 「あっ、そうなん……。」
絵に描いたような「鉄道ファンと素人さんのやりとり」が繰り広げられたのでした。

≪生活記録の傑作選 No.26 2004年9月2日≫
(前略)
それと、今更しかも普通紙(はがき大のケント紙)で失礼ですが暑中見舞いです。
(8/20(登校日)に忘れていた)
  ----ありがとうございます。
     いそかぜはず~~っとその姿をかえず山陰線をはしっています。
     山陰の風景に合う汽車です。

この年の暑中見舞いは「いそかぜ」の写真を使っていたのです。
それにしても、先生のコメントがいいですね~~。

合唱コンクール迫る。

1ヶ月前に「文化祭迫る」というタイトルをつけたのだから、
今日は「合唱コンクール迫る」です。(何かバランス悪いけど)
そう、合唱コンクールがついに明日となりました。

ここで、どうしても言ってみたいことがあるので、どうぞお聞きください。

この電車は「空も飛べるはず」号、本日は2年6組の貸切となっております。
運転手(指揮)はメールアドレスに関する話題で過去に2行程度登場したあの人、
車掌(伴奏)は中1から5年連続の実績を誇る私よしピーが、終点まで担当いたします。

あー、恥ずかしい(笑)。でもこういう表現をしてみたかった……。
僕の持論ですが、「合唱の伴奏と電車の運転は同じである!」
合唱の伴奏なんていうのは、始発(=楽譜の最初)から終点(=楽譜の終わり)まで、
乗客の状況や標識、指令(=歌う方の様子や楽譜に載っている注意点)にしたがって、
ただひたすら安全運転(=安定したペースで演奏)するだけなのですよ。

さて、せっかくなので、明日の結果を予想してみたいと思います。
うちの学校の合唱コンクールは、学年に関係なく全クラスが平等に勝負します。
で、表彰されるのは17クラス中8クラス。
3年生はやはりというか何というかかなり熱心にやりますので、
6クラス全てを表彰させてあげることにしましょう。
そうすると、1・2年生に残された枠は2クラス分。
しかし、この2クラス(むしろ、表彰される8クラス)に1年生が入れることはありえません。
したがって、残る2クラスはいずれも2年生に回ってくる、と。
そこで、6クラスある2年生のどのクラスが入れるか。
実は、2年生の6クラスのうち男女のバランスが取れているのは3クラスしかありません。
(コース別に分かれているので、男子20人:女子10人などというのはまだいい方で、
中には男子4人:女子18人などというクラスもある)
そこで、表彰されるとしたらこのバランスの取れた3クラスのうちのいずれかである、と。
そういうわけで……。結論!!
 うちのクラスは、きっと8位以内に入り表彰されるだろう!

≪生活記録の傑作選 No.25 2004年7月8日≫
水泳が2日連続であった。
他の面ではほとんどゼロのできなのに水泳はできる(25m泳げる)のに
先生は驚いておられると思う。

そうそう、今日第2回考査の成績が返されたのですが……。
なんと、体育で半分以上(50点≦x)取れていました!

指揮

今日、なんと生まれて初めて合唱の指揮というものをやってしまいました。
放課後の練習の際に指揮者が抜けることになってしまい、
伴奏者ということで歌わずに教室の隅にいた僕に目が向けられたわけです。
やってみて思ったのが……。難しい!
ピンチヒッターで、しかも単なる練習なのにそう思うのだから、
緊張するシーンに、しかも大勢の前でとなればものすごく大変なのでしょう……。

ところで指揮といえばおなじみの福鉄運転手君がいますね。
時々彼はブログで僕のブログを紹介してくれていますので、
たまにはこちらから。
彼のブログのアドレス:http://blogs.yahoo.co.jp/shinkansen_fan_tai3311/MYBLOG/yblog.html?fid=1150109&m=lc

≪生活記録の傑作選 No.24 2004年6月12日≫
TOKIOの「AMBITIOUS JAPAN!」というCDをインターネットで注文した。
この曲は、JR東海(東海道新幹線)のキャンペーンソングになっていて、
昨年の紅白歌合戦で歌われました。

生まれて初めて買ったCDがこれでした。

旅立ちの日に

この日曜に「合唱の練習という名目でクラスの人の家に行った」際、
なぜかそこにいた人たちで「旅立ちの日に」を歌うことになりました。
ソプラノ・アルト・男性ともそれぞれ3~4人程度で程よくバランスが取れており、
即興でやったのにも関わらず、なぜかとてもきれいでした。

その場にいた人と後から話をしたのですが、彼が言うことには、
 「あの曲は、いけん(よくない)。歌うと涙が出てくる。」
僕にもその気持ちがとてもよくわかります。
何がそうさせるのか、詩といい響きといい、とても感動的なものを感じます。
あの曲には、「卒業式の定番ソング」としてこれからもずっと歌い継がれていってほしい。
ふとそう感じました。

しみじみとした話はここまで。ここからは、いつものような話です。

今年度うちの高校には各教室にエアコンが設置されたのですが、
今日それがようやく使われました。
これまでは、授業に来られた先生が窓を全開にしたままエアコンを使わせたかと思ったら
次の時間の先生がスイッチを切られたり(扇風機代わりに使っているのだから当然ではあるが)
ためしに全部締め切ってスイッチを入れてみたらかえって蒸し暑くなったりで
まったく機能していなかったのですが、今日は温度の制限をしないそうなので、
おなじみの(?)数学の先生の提案により、スイッチを入れることとなりました。
「今日はなんぼ下げてもいいそうだから、25℃にしてみることにする。」
「……。冷えん。22℃にしよう。」
「……!!20℃!!」
と、バナナの叩き売りみたいに設定温度が下がっていき、教室はかなり快適でしたよ。
(ある程度冷えた所で常識的な温度に戻されました)
別の教室で数学を受けて来た人たちは、教室に入って「寒っ!!」と言っていました。

あと、今日も数学の先生が笑わしてくださいましたよ。
今「三角関数のグラフ」というものをやっています。
「グラフ」といえば、小学生以来のお付き合いとなる「y=ax」から、
高1の中ほどで習う「y=a(x+p)2+q」までさまざまですが、
三角関数(y=sinθ)のグラフはそれらとは違い横にかなり長くなるのです。
で、そのグラフを黒板に書かれるとき……。
先生はまず教室をグルリと見回し、そしておもむろに掃除道具入れを開け、
中から取り出したのが……。ほうき!
そして、「まさか!?」という僕の想像の通り、やってくださいましたよ。
そう、ほうきを黒板にあて、グラフの軸を取られたわけです。
さすがにこれには数名の人がちょっとだけ反応していましたが、僕はというと……。
もう、黒板をまっすぐ見ることができないくらいうけてしまい、
危うく(さんまさんみたいに)「ヒーッ」と声を上げて笑うところでした。
明日からもしばらくこの内容が続くので、そのたびに笑いをこらえることになるのか……。
つらいな……。

≪生活記録の傑作選 No.23 2004年6月11日≫
●●先生(国語)に、作文(中学生のメッセージ)がとても良く書けていたとほめられた。
嬉しいけど、あの内容(読まれましたか?)でほめられても……。
けど、昔からずっと思っていた内容がかけてそれもほめられて良かったと思う。

うちの市では「中学生のメッセージ」(青少年の主張!みたいなの)という行事があって、
その時期に全校生徒に作文の宿題が課されたわけです。
で、僕が何を書いたのかというと……。
 ・市は、伝建地区での工事をする時に景観美への配慮を著しく欠いていた
 ・観光客の相手をする施設で、実に粗末で無責任な対応をされた
  (地元の人間の相手をできんヤツは観光客のあいてなんぞすんな!と言いたい)
など、「市への提言」ということで、早く言えば文句を書き連ねたわけです。
いかにも僕らしいじゃないですか。
そして、それを先生にほめられてしまったわけです。
(ちなみに、その先生には卒業前に「あなたはジャーナリストが向いている」と言われた)

クラスマッチ

予告していた通り、今日はクラスマッチでした。

卓球はあらかじめ5チームずつの予選リーグが3つできており、
僕はそのうちのCリーグのチームに属していました。
Cリーグの5チームの内訳は、1年×2、2年×1、3年×2という感じ。

で、細かい所は省略し、結果だけいくと……。
Cリーグ内で3勝1敗となり、上へはいけませんでした。
かなり時間は余っているのだから、5チームのうちの上位2チームくらいまでは
上に上げてくれてもいいのに……。(笑)
次は来年3月。今度は3年生抜きでやるので、2年生の僕たちにも
優勝の可能性が多いにあるのです。
期待しましょう!!

≪生活記録の傑作選 No.22 2004年5月14日≫
新幹線に乗る練習があった。自分は便利な趣味をもったなと思った。
ホーム(と想定されている場所)から席(と想定されている場所)に座るまで、
全て景色が目に浮かぶのです。あー今客室の扉を通ったとか……。
ちょっと思ったのですが、次回はパイプいすやビニールのテープ(ライン)などを使って
新幹線を再現してみたらおもしろいような……(約20m×4mの空間が2ついる)

これ、もちろん体育館でやったわけですが、なかなか楽しかったですよ。
ちなみに、この訓練にのべ4時間くらい割きました。

疲れた~~

今日は、合唱の準備という名目である人の家に行ってきました。
もちろん歌もちょっとはやりましたが、大半がお菓子を囲んでのトーク(?)でして、
足がしびれてしびれて、筋肉痛みたいなことになっています。
もちろん適宜座り方は変えましたが、それでも何か……。
ちなみに、他人の家に遊びに行くのが中3の夏以来で、ちょっと緊張しました。

≪生活記録の傑作選 No.21 2004年5月13日≫
(前日の先生のコメント
  「●●先生が■■君(僕)たちの(修学旅行の)班の(自由行動の)計画が
   とてもしっかりしているとほめていらっしゃいましたよ。」 を受けて)
そうですかー。移動に関してはほとんど1人で作ったようなものですから(笑)
こういう計画を練ったりするのは大得意なのです
(将来ツアコンをやってもいいと思っている)

修学旅行!懐かしいです。
そして、あの時練った京都市内での活動計画!われながらよくできていた!

クラスマッチ

今度の月曜にクラスマッチがあります。
最初、2年の男子の種目はサッカーのみと聞きひどく絶望したものですが、
昨日聞いた話によれば、卓球もあるようです。
サッカーなんかやったってチームに迷惑をかけ、足を引っ張って終わるだけなので、
もちろん卓球を選びましたよ。
早速中学(卓球部)時代のラケットを取り出し、月曜の用意をしたところであります。

それと、近日中にメールアドレスを変更することとなりそうです。
2年間にわたり使ってきた「odyssey1550」ですが、まぁ、早く言えば飽きたので……。
それに、近日発売の新型ストリームも全高が1550mmになるらしく、
「立駐に入れるミニバン」が、なにもオデッセイに限った話じゃなくなりますからね。
ちなみに、変更を告げる相手は少なくとも20人くらいいそうです。
大変な作業になりそうです……。

答案

このたびの試験の答案が、11枚中9枚返ってきました。
僕は一応理系の学科に入って2年目となるわけですが、今回の答案を見て言えるのが
 「理系の学科なのにも関わらず、理数系に弱い!!」
ということです。
英語や古典などはけっこういい点を取っているのですが、化学・数学が……。
言い訳をするなら、
 「文系の教科は学年で共通の問題だからとっつきやすいのだが、
  理系の教科はうちのクラス(学科)専用の問題だからとっつきにくくなっている」
ということです。

それから、昨日のクイズのことです。
あるいは誰か当てるかもしれないなと思っていたのですが、幸い今の所その兆候はありません。
ですので、ちょっとヒントを出してみようと思います。
 ≪ヒント1≫
   買いに行った駅(近所の駅です)での発券の実績はそれほどないようで、
   駅員さんは大騒動してどうにかキップを発券し、僕から誤りを指摘されてやり直し、
   電話でどこかへ問い合わせてようやく発券できたようです。
 ≪ヒント2≫
   あの写真で、どこのJRで使うキップなのかということが、
   大変大雑把ながら予測できます。
ヒントはまだありますが、また今度~~。

♪さ~さ~の~は~、さ~らさら~……

キセルその3

以前、「英語の先生に『キセルってどういう意味?』と聞かれた」と、
また後日談として「『あの意味わかった?』と聞かれた」と、それぞれ書きました。
最初に聞かれたときは「社交事例」で特に意味はないだろうと思っていたのですが、
2度目に聞かれたときは、「あっ、あれは本当だったのか」と思い、
数日後に「キセルのレポート」を書き上げて先生にお渡しいたしました。
すると!
今日配布された英語のプリントに、そのレポートが印刷されているではありませんか!!
……。まぁ、名誉なことでございます。
将来はちゃんと鉄道職について、ちゃんと「鉄道ファンで食べていける」と皆に示さねば。

あと、放課後に図書委員の仕事でB4の用紙を65枚ほど2つ折りしていたのですが、
それを見た先生(キセル先生とは違う)が、
 「そういうのはね、4・5枚一気に折ると早いんよ。」
とおっしゃる!!
……。まぁ、人それぞれでございます。
とりあえず、
 「いや~~、こういうのは1枚ずつ折らないと気がすまないので。」
とお返事いたしました。

それと、昨日かけなかった「その1」の話です。
いるきっぷがあって、それを買いに行ってきました。
ただ、それが何のきっぷかはもちろん、いつどこで使うのかなど、
いつものように、旅行記になるまで公表するつもりはありません。
ですが、程よく虫に食わせた状態の写真を載せますので、
何のきっぷなのか当ててみてください!
(どこがどうなので、何のきっぷ!というように書くこと)
わかったらすごいと思います。
(いわゆる「きっぷのコレクター」のような人にはすぐわかると思いますが。)

kippu.jpg


≪生活記録の傑作選 No.20 2004年3月13日≫
九州新幹線、ついに開業。
5:30に起き、出発式の中継を見た。
8年後(7年後かも)博多に伸びる時には福岡市民になっている予定なので、
一番列車に乗りたい。
その時には奥さんや息子がいるといい。
息子の名前を「つばめ」くんにしたらマスコミから取材を受けるだろう。

お恥ずかしい……。

復活

こんにちは。久しぶりです。
試験明けに更新を再開するときには何かいい文句を考えるようにしているのですが、
毎回そんなのが浮かぶはずがないので、今回は普通に始めます。

さて、試験明けの数日は更新をしてもコメント数がいつもに増して伸び悩むゆえ、
大きな話題は後回しにしている、いやらしい僕ですが……。
今回は大きな話題が2つもあります。

が、今日が雨なので1つ目は流れてしまいました。
というわけで、1つ目は2つ目の話です。

この日曜の午前中に放送された「トリビアの泉」の再放送を録画しておいたのですが、
その中になんともいい?トリビアがありましたね。
再放送(もちろん本放送でもよいが)見た人いますか?
まぁ、鉄道ファンにとっては「それが何」程度のものですが……。
  JR九州の特急「ソニック」のグリーン車の中は、
  あのネズミのキャラクターがいっぱい座っているっぽく見える。
というやつです。
気になる人のために、放送を再現してあげましょう。

DSC05785.jpg


DSC05788.jpg


(スタジオ)
「見える!」「キレイに並んでる!」「(ミッキーの)団体さんじゃないすか!」

DSC05789.jpg


(スタジオ)
≪補足トリビア≫
1)平成7(1995)年にJR九州で博多~大分間を走る特急「ソニック号」が誕生した。
 シートはグリーン車・普通車共に形状は同じである。
2)シートをデザインしたインダストリアルデザイナーの水戸岡鋭治さんが、
 「車両を近未来型のダイナミックなフォルムに仕上げ、
  シートは動物の耳をイメージして楽しさを表現した」と発表している。
3)特急ソニック号の車両は1995年グッドデザイン賞を受賞している。

DSC05792.jpg


……と、こんな感じです。
ちなみに、「グリーン車」と指定しているのはなぜかというと、
普通車のヘッドレストは黒ではなく、3色に塗り分けられているからです。
あれだと、形はミッキーでも色が違いますのでね。
今の(リニューアル後の)ソニックは普通車でもヘッドレストが単色になったので、
「色違いのミッキー」(?)みたいな感じではありますね。
プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。