スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに来てしまった

考査が近づいているため、明日から3月上旬まで更新を行いません。
ただし、コメントはどうぞ。(笑)

こんな言い方をするのは何ですが、今回のテストで仮に全教科0点だったとしても、結局0点にはならないのです。
今回のテストは、今回の点数にこれまでの点数を足した平均で評価されるので……。


※今、個人的に気になっているCM
ANAの「♪いつでも嬉しい 旅割~~ 旅割~~ ANA♪」皆さん知ってます?
スポンサーサイト

クイズの講評

おとといのクイズの発表をします。
回答してくれた2人、ありがとうございました。

まず、答えは7番「自分のメールアドレスについて」でした。

では、ここから講評です。


問1)僕が今真剣に考えていることは多分これだ!と思うもの

≪タムさん≫「7【メールでのやりとりから推測】」
正解です。おめでとうございます。「アドレスを変えた」という連絡に対し、
「僕のアドレスももうじき2歳だから変えようか」と返信をしてしまい、
当てられるかな~~と思っていましたが、やっぱり当てられました。

≪福鉄副機長さん≫「4・20【いや、普通に(そのまえに4の人物知らねぇよ・・・)】」
タムさんより不利な出題になってしまってすみません。
さて、まず20の「神戸空港の必要性について」ですが、これは全くのでたらめです。
伊丹空港の騒音問題などから考えれば、決して不要なものではないと思っています。
逆に、不要だと思っているのは、新福岡空港。
関西・伊丹・神戸が「大阪空港」として同様の扱いとなっているように、
福岡・新北九州・佐賀を「福岡空港」としてひとくくりにし、
福岡空港の路線を新北九州や佐賀に振り分ければ済むことのように思えますがね……。
まぁ、半径25kmに密集している「大阪3空港」と比較すると、
僕の提唱した「福岡3空港」は若干距離が離れすぎている感がありますが……。
次に、4の「クラスの●●さんについて」ですが、これも全くのでたらめです。
副機長さんあたり、これにのってくるんじゃないかと思ってましたよ。(笑)


問2)僕が今真剣に考えていることは多分これではない!と思うもの

≪タムさん≫「23【最近関が原の戦い自体聞かないし・・・】」
これも全くのでたらめです。なので、選択は正しい。
ヒーローワーワー関が原の1600年って、あまりにうまくできすぎている、
と思うことはありますが……。

≪福鉄副機長さん≫「17【社会なんてどうでもいい感じな印象だったから(ぇ)】
うーん、そうか!?別に社会なんてどうでもいいなんて思ってないぞ?
そんなふうだった?
ちなみに、小6の頃「人物新聞」という課題で、このことについて意見を書いたことがあります。


問3)僕が今真剣に考えていることがこれだったらおもしろい!と思うもの

≪タムさん≫「3【そのまんま東(違&古)】」
確かに本気で考えていることがこれだったらおもしろい!

≪福鉄副機長さん≫「11【おれだったらこれを選ぶw】」
なるほど。これを選ぶか。ああいうのって、意外と気づかんよね。
授業が済んで友達に言ってみたら、やっぱり気づいていなかったようです。


問4)僕が今真剣に考えていることがこれだったらちょっと引く!と思うもの

≪福鉄副機長さん≫「15【これで悩んだら生きていけないぜよw】」
えーっ!!これ、けっこう悩みのタネになってますよ!!
ヴァ~~ンいうとったんが突然消えまんねんで!
ほいで、フタはぐってエラーメッセージの意味を調べてみたら「振動」やいうんですわ。
ワシは静かに机について勉強しとるのに、でっせ?
あれ以上静かに勉強せぇなんて、ムリやがな!
母に聞いてみると、そのヒーターはそれなりにお年を召していらっしゃるので、
僕も目をつぶっています。

いろいろいろいろ

まず、今日はネタに困っていないのでクイズの発表はしません。
(というか、もともと今日するつもりはなかったけど)

さて、ちょっと前に「1年前は受検の日だった」と書いたのと同じことで、
今日に関して言えば「1年前は合格発表の日だった」のです。
(正確には「合格『内定』発表」ですが……。
 でも、内定とはいっても、内定をもらった後急に態度が悪くなったとか、
 うかれて川に落ちたとかいうことのない限り取り消されることはありませんので、
 合格内定=合格と思って間違いありません)
あの日は、帰りの学活が終わったあとに廊下でしばらく待って発表を受けました。
よくある「高校に出向いて、掲示板を見て『あったッ!』」とやるやつではなく、
高校から中学校宛に内定の通知が行き、担任から直接発表を受ける方式なので……。
同じ日に別の高校を受けた人も含み、クラス10名程度が廊下で待機していました。
で、僕はその中の2人目。
順番が来て入った教室は、いつものそれとは大きく雰囲気を違えていました。
ドアのガラスには、合唱コンクールで歌って優勝した「未来へ」の歌詞の
書いてある大判用紙を貼って中の様子がわからないようにしてあり、
さらに電気さえつけられていないという、なんともいえない雰囲気。
そんな教室に入り、先生と向かい合って席に着きました。
まず、先生は一言「どうでしたか。」
いや、どうでしたかって、そりゃこっちのせりふですよ……と思いつつ、
感想を話して気持ちを落ち着けました。
「どうでしたか」の話題で2分くらい過ぎた後、合格の内定をもらったと伝えられました。
そしてその後に、高校からの課題や書類などの説明を受け、
後に大きな思い出となる、クラスの卒業文集の作成への依頼を受けて退室しました。
この間、約5分くらいか?しかし後の人生に関わる、大きな5分でした。
そして次の日の朝刊には「よしピー氏、高校合格」と掲載されているはずがなく、
「中部国際空港開港」と掲載されていました。
ここで話題が変わります。

今日で中部国際空港の開港から1年です。
これも約1年前の話、「セントレアってどういう意味なん?」と級友に聞かれたことがあります。
「Central Japan International Airport」の略ですね。

予定ではここで終わるはずだったのですが、6時間目になって話題が1つ増えました。
うちの高校の同級生のうち、携帯電話を持ってない者の人数がわかったので……。
200人中16人だそうです。
その栄えある16人のうちに、僕が含まれているのです。
調査をされた先生によると、
「(持っていない人数が)もっと少ないかと思っていたので、ホッとした。
 (持っていない人には)これからも頑張って欲しい、と思う」
とのこと。
いや~、そういっていただけて光栄ですわ。

予定ではここで終わるはずだったのですが、放課後になってさらに話題がもう1つ増えました。
時刻表の最新号が出たはずなので本屋に行って見てみると、やっぱり出てましたよ。新ダイヤ。
東海道・山陽新幹線の東京~博多間の「のぞみ」が1時間2本になる、あのダイヤ。
で、それを見てみるとなんと!新山口に停まる「のぞみ」は数が増えたものの、
6時台の上りと22時台の下りを除いて、すべて700系になっているではありませんか!
500系でないと、「のぞみ」と言う感じがしませんなぁ~~。

30択クイズ

昨日はコメントがなかったな~~。
それなりにおもしろい話題だと思ったのに……。
今からでも遅くはない!提出物は遅くなっても出した方がよい!

さて、突然ですが30択クイズです。

問1)~問4)の答えとしてふさわしいと思うものの番号を下の選択肢から選び、
その理由を答えなさい。1つの問について2つまで解答できます


問1)僕が今真剣に考えていることは多分これだ!と思うもの
問2)僕が今真剣に考えていることは多分これではない!と思うもの
問3)僕が今真剣に考えていることがこれだったらおもしろい!と思うもの
問4)僕が今真剣に考えていることがこれだったらちょっと引く!と思うもの

≪選択肢≫
1.日本の今後について
2.死後の世界について
3.クッキーとサブレとビスケットの違いについて
4.クラスの●●さんについて
5.公共輸送の安全性について
6.原子力発電の必要性について
7.自分のメールアドレスについて
8.「出雲」の廃止について
9.新しい総理が誰になるかについて
10.国語の先生が「孝」を「考」と書き間違えておられたことについて
11.社会の先生が「市町村」を「市長村」と書き間違えておられたことについて
12.オリンピックのメダルの個数について
13.電子辞書の購入について
14.鉄道模型の購入について
15.部屋のファンヒーターが最近よく突然消えることについて
16.青春18きっぷで特急に乗れないことについて
17.「卑弥子」でなく「卑弥呼」なことについて
18.ホンダのクルマづくりについて
19.円周率が無限に続くことについて
20.神戸空港の必要性について
21.国会議員の給料の高さについて
22.バレンタインデーという行事の存在意義について
23.関が原の戦いが1600年という実にキリのいい年にあったことについて
24.自分の性格について
25.1年前には自分が受検を終え、合格発表を待つ身だったことについて
26.新聞で「JR西日本」「JR東日本」はそれぞれ「JR西」「JR東」と表記されるのに、
  「JR九州」は「JR九」と表記されないことについて
27.ホリエモンが今どうしているのかについて
28.自分の今後について
29.2000円札を全然見かけないことについて
30.来週火曜に受けなくてはならない音楽の弾き語りのテストについて

もちろん答えは1つで、他の29の選択肢はすべてでたらめです。
でたらめを29個も考えるのに苦労しましたよ……。

孔子はかく語りき

古典の時間。今、漢文の「論語」をやっています。
そのなかの一節。「仁」についての話の口語(現代語)訳から。
 「富貴は人が誰でも欲するものである。
  しかし、正しい方法によってでなければ、
  たとえ富貴を得たとしてもそこに落ち着かない。」

そして、このあとの先生の話。
「誰のことを言いよるかわかるか?カタカナで?
 ホリエモンさんのことぞ。ヒューザーの小嶋社長のことぞ。
 東横インの社長のことぞ。」
ホリエモンに「さん」づけをすることと、ヒューザーの社長には名字をつけているのに
東横インの社長(西田社長ですね)には名字をつけておられないところが
個人的には引っかかる……。
まぁ、そんなことはどうでもいいとして。
あの先生は時折、このように世相の評価(批判)をされます。
その話を聞いていると、その先生が幕末の志士に見えてくる……。(?)
生徒を堂々と注意することのできる、今時貴重な先生です。

話は変わって、話題その②。
保健の時間、「心肺蘇生法の実習」をやりました。
ただ、全員がやる時間はないため、先生自ら割り箸(?)の先に数字を書いたくじを用意し、
約10人(クラスの1/4)を指名しての実施です。
まぁ、内容を簡潔に述べておくと……。
 ① その辺を歩いているところから、倒れている人(人形)を発見する。
 ② 肩をたたいて体をゆすり、「大丈夫ですか」と声を掛ける。
 ③ 出血の確認をする。
 ④ あごを上げ、気道を確保する。
 ⑤ 口から息を吹き込み、5秒置いてからもう1度吹き込む。
 ⑥ 心臓マッサージを15回する。
 ⑦ ⑤・⑥をもう1度繰り返す。
 ⑧ 次の人のために、人形の口をふく。
 ⑨ 人形から出てくる用紙を受け取ってもどる。
①・⑧・⑨は別に関係ないか……。
で、僕が当てられたかどうか。当てられませんでした。
将来交通事業者になる者としては、別に当てられてもかまわなかったのですが……。

バレンタインデー

ネタはありますが、まず「2年前の日記 ぬきうちチェック!」。
 バレンタインデー。今日これを書いている時点で、まだ1人しかくれていない。
 (別にいいのですが)
 小学校の頃はもっともらっていたのに……。なぜ?
  (先生のコメント:かくれ‘●●(名字)ファン’がきっといるはず……)


次に、「1年前の日記 ぬきうちチェック!」。
 2月14日といえば……。今回は誰もくれなかった。
 (2,3日たってくれたというケースがあるのでまだわからないが)
 しかしなんですな、誰っにももらわないというのは何年ぶりか……。
 毎年誰かにはもらっていた。
  (先生のコメント:ま、そんな年もある。何日か遅れでもらえるかも。
             買っているけど渡しそこねたという時もありましたから……。)


去年の先生が「何日か遅れでもらえるかも」と書かれたように、
一昨年は1人、去年は3人が「何日か遅れで」くれました。
で、今年はどうだったか……?
ゼロでした。

まぁ、敗因(?)はと言われれば、
 「過去に1度たりともくれた人が、同じクラスはもとより同じ学校に1人もいない」
ことだ、とでも言っておきましょう。
覚えている限りでは小4の時から、誰かにはもらっていたのに……。

I like to buy …… .

buyのあとの目的語は何になるか?
いろいろありますが、今回話題にするのは「きっぷ」。
僕は、みどりの窓口できっぷを買うのが好きです。
(多分日本中探しても、こういう人は希少でしょうが……。)
目的地や列車名を告げてから発券されるまでの駅員さんの動作を見たり、
発券したあとの説明を受けたりするのは、とて~~も楽しい!
(うん、やっぱりこんな人が他にいるはずないや。)

一昨日のことですが、その楽しみを味わってきました。
今回買うきっぷについていろいろな情報源に当たってみたところによれば、
駅員さんによってはそのきっぷについて正しく把握していない方がおられるようです。
そういう駅員さんに当たってしまうと、発券に手間取ることがあるとのこと。
そこで、(いつもの駅の駅員さんに限ってそんなことはないと思いますが)
あらかじめ正しく把握しておられない駅員さんを相手に想定したやりとりも練習し、
さらに、最終的な手段として、あるスジから仕入れた(?)そのきっぷの発券方法も持参し、
駅へ向かいました。

いつものように窓口で「このきっぷをもらえますか?」
(注:僕はいつも購入する切符の情報を手短にメモして持参します。)
すると、駅員さんは(さすがいつもの駅の駅員さん!)あわてる様子もなく、
希望通りのきっぷを発券してくださいました。
そして、その後のやりとり。
「実際に乗りに行ってんかね。」
「はい。そうです。」
「列車が好きやね~~。」
さて、何のきっぷか予想がつきましたか?
窓口へ出したメモ用紙は以下のものです。
DSC04880.jpg

ですから、購入したきっぷは以下のもの。
DSC04881.jpg


ちなみにその駅員さんというのはその駅の駅長さんで、
中2の頃の職場体験で大変お世話になりました。
記憶に新しい「新新幹線!」の改正に伴い駅の規模を縮小するとのことで、
学生の職場体験で受け入れられるのは僕が最後だと言っておられました。
「何か欲しいものがあれば、お金以外なら何でもあげるから。」
そういって、珍しいポスターやペン立てなどをお土産に持たせてくださいました。
そして、最後にかけていただいた言葉を、僕は一生忘れないでしょう。
「将来JR西日本に就職するなら、社長になるくらいの気持ちでおいで。」
40年後、JR西日本の新社長就任会見で僕はこの経験を語ることになるのでしょう。(笑)

207系

ある街の、買い取り専門のホビーショップへ行ってきました。
何度か行ったことのあるところなので、いつもの通り「チョコエッグ」の中身や、
チョロQやトミカなどを見た後、やはりいつもの通り向かったのが鉄道模型のコーナー。
すると、なんと……。
「!!!!」
なんと、生産中止になった、Tomixの207系旧塗装の模型が!!
4両の基本編成のセットで、中古であるゆえそれなりに安い。
それに、中古なのに状態がいい!!
買うか。どうするか。か~~なり悩みました。
店を出て書籍コーナーへ向かい、数学の参考書を読んだり、
おもちゃ売り場へ向かい、プラレールの207系(僕の街の電車セット)を見たり、
かなりじっくり考えました。
で、下した決断。買うのはやめました。
やはり、衝動買いとしては高すぎる値だったし……。
それに、普段(今日のような遠出のときでも)必要以上に金を持ち歩かないので、
不足分を母から借りないと払えない値段だったし……。
そして、次回行くときにもしあれば、買うことにしました。
ちなみに、帰ってからネットで新品の価格を調べてみると、3倍以上でした……。
やっぱり買うべきだったかな~~?
1両ずつばらして1/4の価格で売ってくれれば……。(無理無理)

≪余談≫
そのホビーショップの鉄道模型コーナーには、1年半売れないままのスーパー雷鳥の模型や、
半年売れないままの500系の模型などがあります。
この分だと、次行くのがいつになるかわかりませんがこの207系も残ってるかも……?

懐かしい写真

むかしむかしの、懐かしい写真を発見したので紹介します。
(小1の頃撮った紙の写真をデジカメで撮影し、部分的に拡大しました。)

【1枚目】キハ23 広島色
DSC04876.jpg


【2枚目】キハ58 国鉄色
DSC04878.jpg


【3枚目】キハ58 広島色
DSC04879.jpg


父から買ってもらったレンズ付きフィルム(いわゆる使い捨てカメラですね)で
撮ったような記憶があります。
ちょうどこの写真を撮った2~3ヶ月前に関西から引っ越してきて、
鉄道事情の田舎との違いにかなり驚いていたことだろうと思います。
いや~~、しかし、あの頃はこの辺でもキハ23やキハ58が当たり前に走っていたんですね~~。

合唱を語る

我が家でインターネットができるようになって、もうすぐ2年。
インターネットができるようになってすぐの頃、同業者の友達から
「新幹線ファンのページ」を教えてもらい、そこの掲示板へ人生初の書き込みをしました。
(その「同業者の友達」は、高校で同じクラスになり、今ではこのブログの貴重な読者です。
気が向いたら、コメントしてくれてもええよ~~。ぇぇょ~。ぇぇょ~。
(話を戻し)そこで知り合ったのが、キノさん。今で言う、福鉄運転手さんです。
つまり、ネット友達の中では、福鉄運転手さんが一番長い付き合いというわけです。
さらに、僕が初めてあって活動をしたネット友達は、福鉄運転手さんです。
(ちなみにそのときのことは彼のページの特集から見られます)
それもあってか、福鉄運転手さんは自身のブログでよく僕のブログのことを紹介してくれています。
さらに、その度にうまい肩書き(?)をつけてくれていて、
「毎度おなじみ超常連のよしピー様」
「超常連様で同じ鉄仲間」のよしピー様様」
さらには
「超ウルトラ誰がなんと言おうとも常連のよしピーさん」
とまで書いてくれています。
で、昨日・今日の彼のブログの記事を要約すると、以下のような感じ。
 卒業式の合唱での指揮者の候補者になっている。
 現時点で定員ジャストであり、さらに希望者がいるとの噂であるから、
 自分の立場は危うい。
 よしピーは「TOMORROW」と「旅立ちの日に」を伴奏したことがあるらしいが、
 同じ学校で同級生だったら、きっとよしピーが伴奏者に立候補し、
 自分を指揮者に推薦してくれるだろうな。
 (以下、今日の話)
 結局希望者は増えず、指揮者に決定した。
 よしピー、ぜひこちらまで伴奏に来て!
 (福鉄運転手さん:もし誤りがあれば指摘してください)
ここまで僕のことを書いてくれているから、僕の話題も合唱関係にします。
(彼のブログアドレス:
http://blogs.yahoo.co.jp/shinkansen_fan_tai3311/MYBLOG/yblog.html?fid=1150109&m=lc

僕は嬉しいことに、中1のときから合唱コンクールでは毎年伴奏をしています。
中学校では、「人気者で活発な男子の指揮と、経験豊富で腕のある女子の伴奏で」で
合唱が成り立っていて、実際多くのクラスが(課題曲・自由曲両方)そのパターンをでした。
一方、僕のクラスは毎年課題曲・自由曲のどちらかでそのパターンを破っていたわけです。

この「パターン」は高校で変わりました。
高校では、男子の伴奏者や女子の指揮者も多くいて、僕の「相方」となる指揮者も、
中学3年間では毎回男子だったのが、今年は女子でした。
あと、3年のあるクラスはやはり伴奏者が男子で、かな~~りかっこよくて、
正直あこがれました。

うーん、何か「合唱について無理やり書いた」というような文になってしまったかな?

ふくの日

今日は2月9日、語呂合わせで「ふくの日」です。
「ふく」というのは共通語に直せば「ふぐ(河豚)」のことで、
地元山口では「ふぐ」のことを福とかけて「ふく」と読んでいます。
「下関ふくフク号」だって、共通語にすれば「下関ふぐフグ号」なわけですね。
(なんか重い感じ……。)

ここで皆さんに質問。「ふぐとかに、あなたならどっち!?」

あれから1年……。

今日、受検生の一部が入試を受けに来ました。
(在校生とは完全に隔離されていて顔は見ていないので、正確には「来たそうです」と言うべきかな?)

思えば僕も1年前の今日、彼らと同じように入試を受けに来たものです。
あの日のことは今でもよく覚えています。

朝はいつもより少し早く登校し、担任の先生から高校へ提出した書類にかかれたことを
教えていただきました。
普通、内申書の内容を生徒に教えるものなのかどうかよくわかりませんが、
僕を思って書いてくださった内容を教えてもらえるのだから、足しにできました。
(人によってはプレッシャー?)
で、その後受検者6名で歩くこと3分、高校へ。(早ッ)
受付を済ませた後、小論文の会場へ。時間が来るまでしばらく待ちます。
今思えば、この時にでも周りの人をよく見ておけばよかったかと……。
少なくとも2/3、多分それ以上は春から3年間共に机を並べる人になるわけだから……。
実際、今の友達でこの時の入試を一緒に受けていたという人もいます。
「あの時会っていたのか~~」と今思っているのです。
時間が来て、点呼を済ませて、小論文の開始。
実は受検の1月前(3学期開始時)から試験中以外は毎日1枚小論文の練習をし、
先生に添削してもらっていたのです。
そのため、かなり奥深いテーマまで練習したつもり。
なのに、与えられたテーマは何と「環境」。
もちろん1度練習していたテーマなのでちゃんと書けましたが、かなり拍子抜けでした。(笑)

小論文を書き終えたら次は面接。ただ、僕は数十名いる受検者の最後から2番目で、
面接はもちろん番号順にやるので、かなり待ちました。
小論文の教室(=待っている教室)はかなり設計年次の古い校舎にあり、
ヒーターをかけても寒いし、緊張するし、で大変でした。
で、待っていた間(1時間はあった)何をしていたかといえば……。
まず、腕を押さえて時計を見つめて……。脈をはかっていました。
当日の日記によれば、「脈が5回/2秒のペースだった。(だいたい)」とのこと。
あと、心の中で歌を歌っていました。(なんとのん気な)
合唱コンクールで歌った歌って、何か勇気付けられますよ。
「♪ほら 足元を見てごらん これがあなたの歩む道
  ほら 前を見てご覧 あれがあなたの未来」
「♪涙の数だけ強くなれるよ アスファルトに咲く花のように
  見るものすべてにおびえないで 明日は来るよ君のために」
「♪懐かしい友の声ふとよみがえる 意味もないいさかいに泣いたあの時
  心通った嬉しさに抱き合った日よ みんな過ぎたけれど思い出強く抱いて」
「♪涙の後にはいつも君がそばにいて 生きる喜び教えてくれた」
などなど。まぁ、こんなことをしていると、やっと呼ばれました。
通されたのは3畳ほどの白い部屋で、長机の向こうに先生が3人。
(ちなみにこの時の3人のうち2人は僕の授業を担当されています)
その3人としばらくありふれたやりとりをしていると……。
あるところから発展し、(ちなみに総合学習についての質問から)
「日本の新幹線の駅について思うことを」と問われてしまいました。
まさに、想定外。
(「想定外」くらい日常会話で使う語なのだから、遠慮なく使わせてくださいよ)
で、しどろもどろで……。
「えっと、山口県には徳山(駅)のような大きな市のものから、
厚狭(駅)のような小さな町(今は市になったが)のものまで、
どの地域にも平等に設けられていると思います。」

今考えても情けない……。
まぁ、利用しやすいように一定の間隔で設けられているということを言いたかったのですが、
それならそれで「街の規模によらず一定の間隔で設けられていて、
さらに3種の列車を走らせることで必要に答えられるようになっていると思います。」
とか、もっと別な言い方があっただろうに……。
最初で最後の高校受検、後悔するとすればこの点だけです。(笑)

面接が終わったら受検もおわり。学校に帰りました。
ちなみに、4時間目が始まってすぐのタイミングで帰り着きまして……。
4時間目が何かと言えば、そう、僕の敵の体育!!
あと10分で終わりとかならそのままで体育館へ行ってやり過ごせばいいですが、
始まってすぐだったので……。
やむを得ず体操服に着替えてバスケットボールに参加しました。

さらに時は過ぎ、給食の時間。
班に別の高校を受けに行った人がいたので、小論文のテーマを聞いてみると……。
「高校生になって頑張りたいこと」だったそうです。
小論文のテーマなんて、なんとも単純なものだ。
と、このあたりで1年前の回想を終わります。

ユーロスターとレールスター

以前書いたとおり、現代文の先生は鉄道ファンだそうです。
(昔東京から東北へ行くにはどの駅から電車に乗った?と授業中僕に質問してこられた、
あの先生です。)
さて、今日の現代文の授業中。
今日から、アメリカ文化をテーマにした評論を読み始めます。
まず先生が、映画やファーストフードなどで自分達も日頃アメリカの文化を体験している、
といった話をされました。
このあと、いつものとおり内容の要約を始めたとき……。
教室を回って様子を見ておられる途中、僕の席で止まり、小さな声でささやきました。
「私はね、ユーロスターに乗ったことがあるんよ。」
僕としては
「なるほど!でも、僕もレールスターになら乗ったことがありますよ。」
などとボケてみたりしてもよかったのですが、周りが静かにやっているのでやめました。

B席の法則

かなり前にも少し書いたことがありますが、うちの教室が使っている男子トイレには、
ある「暗黙の了解」があります。
横に3つ並んでいる便器の両端だけを使い、真ん中は空けておくというもの。
つまり、みどりの窓口や郵便局のATMのような「フォーク並び」にならい、
真ん中の便器の後あたりに並んで両端のどちらかが空くのを待つということです。
これを僕は「B席の法則」と名づけました。
つまり、新幹線の3人がけ座席において、指定席でも自由席でもいえる
「両端を先に埋め、真ん中は最後まで空けておく」ということから……。
少々下品な話題で失礼しました。

さて、話を変えて……。
今日は通学の際カバンがかなり重く感じました。いや、実際重かったのです。
月曜は1週間で唯一授業がすべて主要教科で荷物が多いし、
今日は英語の単語テストや数学の学年末テストPart1があるからその準備物もあったし、
僕は各教科の資料(図説)以外はすべて持ち帰っているので……。
ここで問題。
今日の教科書・ノート・副教材等学習に必要なものの重さは、全部で一体何kg?
下の写真のすべてが対象です。
20060206163950.jpg


最後に、昨日書いた「♪この街が好きだよ~~」の歌の視聴できるページを見つけたので
紹介しておきます。
(聴けるのはサビの部分、約20秒です)
タイトルもズバリ「この街が好きだよ」でした。
「旅ものに使われそう」とコメントをくれたタムさん、聞いての感想は?
http://www.fantasista-web.com/kato/real/konomachi.ram

♪この街が好きだよ~~

昨日のことですが、「決定!グランプリ 山口県ふるさとCM大賞」という番組を見ました。
名前の通り、「山口県」の「ふるさとCM」の「グランプリ」を「決定!」する番組。
僕の中学校には、自分のクラスでふるさとCMを作って応募している先生がおられて、
一昨年は優秀賞、そしてなんと去年は最優秀賞をGETされました。
ふるさとではなく、中学校のよいCMになったものです(笑)。
今年はどうなのかな~~と思っていたのですが、3年の担任をされているからか、
その中学校の作品はありませんでした。
受検と重なるゆえに泣く泣く応募を諦めた(であろう)先生の心中を察するに、
胸の痛む思いがいたします。

ちなみに、今日のタイトルの「♪この街が好きだよ~~」というのは、
この番組のテーマソングです。
作品募集のCMのときや昨日のエンディングでしか流れませんが、
1度聞くと絶対耳に残るような歌です(と僕は思っている)。
全国の皆さんにわかるように言えば、「はじめてのおつかい」の歌とでもいうかな?
「♪だ~れにもないしょで おでかけなのよ ど~こへいこうかなぁ~~」
という歌、1度聞くと耳に絶対残るでしょ?

キハ58

我が家(の地域)には、月1回程度JR西日本広島支社長門鉄道部のチラシが入ります。
「ふれあいパル」や「旅路」を使ったツアーの案内が載っており、
ダイヤ情報を読まなくてもジョイフルトレインの運用がある程度よめるという優れもの。
それによれば、今日地元を通って津和野のお稲荷様に参拝に行くツアーがありました。
で、チラシのほかのツアーには「旅路で行く」などと書かれているのですが、
今日のツアーにはなにで行くということが明記されていませんでした。
というわけで、過去に長門鉄道部のツアーとして使われた実績のある
「ふれあいパル」や「旅路」、「12系レトロ客車」などではなく、
普通の車両で催行されるのではないかと判断し、今日の日を迎えました。
最終的に下した判断は、「新山口のキハ58系だろう!」というもの。

さて、今朝起きてみると辺りは雪化粧していました。
とはいっても、屋根がちょいと白くなった程度ですが……。
そんな寒い中を、自転車で20分かけてお気に入りの撮影ポイントへ。
やってきたのは……。案の定キハ58系でした。
DSC04840.jpg

おそらく、こっちへやってきたのは「萩・津和野号」として走って以来
約1年ぶりではないかと思います。
で、この後すぐに停車する駅があるため、撮影したらすぐに自転車で後を追い……。
駅で追い抜いて、もう1枚。
DSC04845.jpg

さらに、津和野から帰ってきたのも迎えに行き、撮影。
DSC04861.jpg

またしばらくは見られなくなるんでしょうね……。
DSC04868.jpg

節分

中学校の頃は、給食で行事の到来を知ることができました。
たとえば、クリスマスが近づくとケーキが出たり、節分の日には豆のおやつが出たり、
バレンタインでーにはパンに塗るチョコレートやハート型コロッケが出たり……。
しかし、今は給食を食べませんから、行事の到来(?)は自分で知らないといけません。
That's why(そういうわけで)、危うく今日が節分であることを知らず過ごすところでした。
クリスマスやバレンタインは言われなくても覚えていますが、
(もっとも、今年のバレンタインは期待できそうにないのでスッパリ忘れた方がいいのかも)
節分というのは今ひとつ存在感のない(?)行事のようです。
ただ、節分は字のごとく季節を分けるわけで、明日からは暦の上で春。
本来はクリスマスやバレンタインよりも重要な行事なんですけどね……。

≪おまけ≫
情報科でウェブページの製作実習(メモ帳での作製)をしているのですが、
今日「青地に黒」という、かつての「鉄道一筋」の配色で作製してみました。
すると、周りのみんなが言うことには
「うわっ、●●君の水色、ちかちかする~~」「目ぇ悪くする~~」
そうかな?

小郡

春休みに他校と合同で1日行事があるのですが、その要項が教室に掲示されています。
それを見て、ふと目にとまったのが「小郡駅」の文字。
前に書いたことがありますが、数年前まで「小郡町の小郡駅」だったのが、
現在は「山口市の新山口駅」となってしまい、「小郡」という地名は不要です。
それなのに今もって「小郡駅」と書かれるということは、
県民にとって「小郡」という名称がいかに大きなものだったのかということの表れでしょうね。
実際、今でも窓口で「小郡」といって切符を買うお客さんをたまに見ますし、
僕だって差しさわりのない範囲で(?)「小郡」と使っています。

ところで、新幹線の駅の放送を聞いていると「新山口」だけ暗く聞こえると思うのですが、
気のせいでしょうか?
駅の自動放送の、以下のシーンを思い浮かべてみてください。
「この電車は、途中新神戸・岡山・広島・新山口・小倉に停まります。」
よーく聞いていると、新山口だけ声のトーンが違うというか。
MDに記録している人がいれば、ぜひ聞いてみてください。(いるかな~?)
ちなみに、車内の自動放送の以下のシーンも思い浮かべてみてください。
「途中の停車駅は、新神戸・岡山・広島・新山口・小倉です。
 (中略)
 We will be stpping at Shin-Kobe, Okayama, Hiroshima, Shin-Yamaguchi,
 and Kokura stations, before arriving at Hakata terminal.」

車内の自動放送の声は、日本語、英語問わず、新山口も明るいトーンなのです。

ところで、駅や車内の英語放送って、けっこう英語の勉強になると思うのは僕だけ?
「consist of」や「bound for」、「arrive at」など、重要な熟語がいっぱいだし、
何より生きた英語に触れることは大切ですよ。
先生から頼まれれば、いつでも録音したMDを貸し出すつもりでいます(冗談)。

さてさて、お待ちかねの!!昨日の問題の結果発表です。
残念ながら正解者はいなかったものの、惜しい人が3人いました。
この3人については、以下のように表彰します。
まず。正解を。27番です。
よって、
1つ横の26番と答えた鉄ファンさん
1つ後の33番と答えたCAP7AINさん の2人を「準正解」に、
2つ横の25番と答えたタムさん を「準準正解」とします。
「正解」ではないため、ごほうびは残念ながら(?)ありませんが、今後の参考にします。
つまり、今後の問題で
「うわっ!惜しい~~。でも正解じゃないし……。
 おっ、あのとき「準正解」をとってたなぁ~~。じゃ、正解扱い!!」
ということがありうるわけです。さぁ、今後も頑張れ!!(?)

席替え

--おことわり--
もともと席替えの話題の前にもう1つありましたが、
長くなりすぎたことと、それだけで1日分に使えそうなネタだったこととで
明日の記事に回すことにしました。
--おことわり終了--

今日は今年度最後となる席替えがありました。
うちの担任の先生は、ご自身の経験から
「席替えには、人間の意志を介入させてはいけない!」
と思っておられるようで、完全なくじ引きにより席を決定します。
で、結果。
「中途半端なところへ来てしまったなぁ~~。」
こう思いました。
前は最前列の廊下側という極端なところだったから余計そう思うのかもしれませんが、
やっぱり前の列の方が、勉強するための環境はかなりいいと思いました。
今年度最後の席替えとしては、ちょっと残念な結果でした。
(僕の学科は3年間クラスのメンバーが変わりません。
また、噂によれば教室の場所も担任の先生もずっと同じとのことなので、
今年度最後だからどうのということはないのですが。)

さて、最後に問題です。
僕の席は、いったいどこでしょうか?
以下の見取り図から想像して、番号で答えてください。
ちなみに、前回は10番でした。
正解者には、ごほうびをします。(?)

     ≪教卓≫
 -  1  2  3  4  -
 5  6  7  8  9  10
 11 12 13 14 15 16 →
 17 18 19 20 21 22 廊
 23 24 25 26 27 28 下
 29 30 31 32 33 34 →
 35 36 37 38 39 40
プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。