スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪さよーならー……

タイトルは一応、合唱コンクールで歌った「オレンジ」のラストのところです。
「『さよなら』ずっと色あせぬように……。」だったかな?

まぁそれはいいとして、「さよなら」というのはいろいろあります。

1)さよなら9月
今日で9月が終わりです。今月は史上初の毎日更新となりました。
今後もよろしくお願いします。

2)さよなら山口市
山口市は明日、合併します。それにより、人口が増えます(もちろん)。
現在、山口市は「日本一人口の少ない都道府県庁所在地」ですが、
その地位を他市へ返上することになるのでしょう。

3)さよなら「●●テレビ」の司会者
個人的ですが、僕が好きな民放の夕方のローカル番組の司会者が1名交代になりました。

4)さよなら教室
僕たちの教室は、同じ学年の他のクラスとは棟も階も違い、
直線距離で100mくらいは離れています。
ですが、このたび校舎の建て替えにあたり、僕たちの教室は
同じ学年の他のクラスの隣に移ることになりました。
これまでは3階(同学年多クラスは1階)で眺めがよく、
ベランダが2箇所もあるというすばらしい環境だったのに、このたび1階に移動です。
担任の先生いわく、
「こんなすばらしい(元の)教室を他のやつらに使わせるのはしゃくだから、
 なるべく早く戻りたい」   (下線部注:元教室は多目的室になる)
そうです。同感です。きっとクラス中がそう思っているでしょう。
スポンサーサイト

よくわかっていらっしゃる

先日の英語の時間に、相手を誘う(内容・時間・場所などを打ち合わせる)内容の
スキット作りをしました。
その台本が今日返却されたのですが、驚いた!!
僕のスキットのあらすじは「一緒に大阪へ旅行しない?」というものだったのですが、
先生のコメントが、
「Good!
 Have a nice trip on Shinkansen to Osaka.」
だったのです。
「新幹線で」というところまでは、スキット内で言及していないのに……。
先生、よくわかっていらっしゃる。

新記録

学校に居残った記録としてまず破られまいと思っていた「18:30」。
それが、今日なんと1時間も破られてしまいました。
17:00から感想文の推敲や書き直しをはじめ、終わったら19:30になっていたのです。
今度こそ、まず破られないでしょう。

いろいろあった1日

今日はかなりいろいろなことがあった1日でした。
そんな1日を軽く振り返ります。

≪1.朝 学≫
今日の朝学は英語。内容は、
「昨日の単語テストで点数が悪かった者(具体的に、半分以下)はやり直す」
というもの。
ちゃんと半分は取れていましたので、この時間は友達と談笑をしていました。

≪2.1時間目 保健≫
先生が15分延着。到着時の第一声は「すまん、待たせた。」

≪3.2時間目 情報≫
コンピュータ室ではなく、教室でノート(注:副教材)をもとに学習。

≪4.3~4時間目 音楽≫
先週の時間、「今日は歌のテストをする」といわれていた通り、歌のテストでした。
「野ばら」(♪ラ・ラ・ラ・ラ ドシ♭シ♭ラソー、ソ・ソ・ラ・シ♭ ドーファー)を、
元の歌詞、つまり外国語で歌うのです。
日本語の歌詞でさえ、一朝一夕では覚えられないのですから、
外国語の歌詞なんて、とてもとても……。
途中記憶が何度か途切れかけましたが、どうにか終わり。
そのあとは、もうひとつの「野ばら」(♪ラーラ ドーシ♭ラ ソーソソ)を、
6人程度のグループを作り合唱するということをやりました。
僕のグループ6人のうち、僕を含む3人はピアノを弾ける人。
ですが、物のよくわかる(笑)女子が「●●君、弾いて!!」と言ってくださったので
旋律を弾きました。周りに貢献できました(そうだろうか?)。

≪5.5時間目 数学≫
今学習しているのが、「期待値」というもの。
たとえば、
「1万円が1本、1000円が5本、100円が10本含まれる1000本のくじがある。
このくじ1本を引くとき、期待できる金額は13円である」
というようなこと。
ここから話が発展し、わけあって先生が宝くじをよく買うという話になって……。
結構笑えました。

≪6.6時間目 体育≫
バレーボール。
今の内容なら、体育音痴の僕でも「恥をかかず、かつ回りに迷惑をかけ」ずに
やれます。

≪7.7時間目 現代文≫
先生が授業の終わりを勘違いされ、7分も早く終わった。

≪8.放課後1 図書委員の仕事≫
もうすぐ、図書室が「劇的ビフォーアフター」のようになるのです。
そのための後始末の手伝い。

≪9.放課後2 読書感想文の推敲≫
1時間30分くらいかかりました。
僕のクラスで、感想文が選ばれた人がもう1人いるのですが、
その人の選んだ本と僕の選んだ本(無論それは内容のすばらしさにもつながるだろう)の
格差にビックリです。
終わったのは18:30ごろでした。
ちなみに、もう1人の人はまだ残っていたようです。
優しい(?)僕は、教室の電気をつけておいてあげましたとさ。
(廊下は真っ暗です。本当、歩いていて怖いくらい……)

長かったため、文のおかしなところがあるかもしれませんが、これで……。

女性専用車両

先月はじめに大阪駅で撮影をした際のこと。
女性専用車両に乗り込んでそのまま座っているおじいさんを見かけました。
彼の態度や表情などからして、やましい気持ちで(笑)乗ったわけではなさそう。
あのあと、おじいさんはどうなったのでしょう……。

最近、放課後の教室では女子が集まっておしゃべりをしたり問題を解いたりしています。
そんな教室へ入ったときの自分と、あのおじいさんの姿を思わず重ねてしまいます。

愛・地球博

愛・地球博が今日で終わりました。
とうとう5月に1回行ったきりでした。もう1度行きたかったなー。
今日NHKで放送された閉会式の模様は、DVDに録画して永久保存版にするつもりです。

「博覧会」そして「大成功」というと、2001年夏に地元で開かれた博覧会を思い出します。
あの時期、福島や北九州でも同様の博覧会が開かれました。
会期は、山口・福島が2ヶ月半、北九州が4ヶ月。目標入場者はいずれも200万人。
このデータから、当時の僕は「北九州は圧勝、山口・福島は完敗」を予測したのだが……。
「山口は超圧勝、北九州は辛勝、福島は完敗」という、
なんともわけのわからん結果になりました。

よしピーです。いまだに、モリゾーとキッコロの区別がつかんとです。

萩・石見空港まつり 写真

昨日行ってきた「萩・石見空港まつり」の写真を数枚。

1)到着案内
DSC04234.jpg

現在、東京・大阪1便ずつの運行です。
なので、これだけしか表示できなくても十分事は足りるというわけ。
「こんなんじゃ足らん、もっと(表示部分をを)増やさんにゃー。」
こんなことになる日が、いつか来て欲しい……。

2)滑走路から見たターミナルビル
DSC04245.jpg

まつりにあわせて滑走路が歩けるというのも、地方空港ならでは。
というわけで、滑走路から見たターミナルビルです。
こののどかな雰囲気が好きです。

3)空弁
DSC04254.jpg

大阪便(昼)限定の「石見神楽弁当」と、
東京便(夕)限定の「さざえ弁当」。
いずれこういうのを買って、機内で食べられるようになりたい……。

4)大阪便
DSC04262.jpg

以前ここで書いたとおり、大阪便の機種の定員は、
開港時のものの半分以下です。
74人乗りのこのプロペラ機、降りてきた客は59人でした。
つまり、搭乗率は79.7%。これならいいほうです。

萩・石見空港まつり

前からここに書いていた通り、萩・石見空港まつりに行ってきました。
思っていた通り、バスに乗る予定だったところを歩いたり、
道路沿いのお店にふらりと入ったりでいろいろありました
(こうなることは予想されているときには一人旅が融通がきいていいですね)が、
大変よろしい1日でした。
写真はそのうちここで紹介しましょう。

僕の名字って……。

今日のある授業のとき、隣のクラスから僕の名前が3回連呼されました。
一瞬「はぁ!?」と思ったのですが、謎はすぐに解けました。
ある教科のある内容では、僕の名字がよく登場し得るのですよ。
ちなみに、偉人と同じ名字とか、そういうわけではありません。

DVD

先月ついに我が家に導入されたDVDプレーヤーを使って、
VHSに録りためた番組をDVDにダビングする作業を行っています。
順調に進んでいたはずが……。昨日ダビングしたものは、なぜか入っていませんでした。
おまけに、ディスクの残量はキッチリ(予定通り)減っているのです。
DVD-R(1回録画)にダビングしているので……。ボツだな。
(ちなみに、ディスク1枚は43円なので、幸い金の影響はほとんどなしです)

S・A・G・A・佐賀~~♪

クラスの友人で、昨日家族で佐賀に行ったという人がいました。
なんでも、有田焼を見に行ったとか……。
そうですねー。僕がもし佐賀に行ったとしたら、博多まで特急に乗車してくるとか、
そういうイベントを組み込んでしまいそうですが……。
有田焼を見てくるとかいうことはまずないでしょう。

バスまつり

ちょっと前のブログに書いた、バスまつり。行ってきましたよ!!
この田舎でのイベントとは思えないほどすばらしい催しでした。
何より良かったのが、部品の販売。
JRの車両基地とか工場のイベントで販売されるものと大体似ていますが、
今回買ったのは以下の2つ。

1)灰皿
DSC04227.jpg

1つ100円。

2)降車ボタン
DSC04228.jpg

1つ80円。

バスファンにはたまりませんよー。すばらしい。
ちなみに、母の反応はーー。
降車ボタン → うけた。なぜか喜んでいた。
灰   皿 → うわっ!?何これ!?といった感じ。
        すぐに洗わされました。価値観のちがいかな?

また、部品ではありませんが、もうひとつ買ったのが

3)チョロQ
DSC04231.jpg

1つ700円。
オリジナルチョロQの中ではかなり安いのでは。
参考までに、以前買った萩循環まぁーるバスのチョロQは2つで1500円だった。

残念!!

昨日書いた「萩・石見空港まつり」ですが、
実は益田市上空の遊覧飛行に応募していたのです。
その落選通知が昨日来ました……。
でも、まつりには行きますよ。

萩・石見空港

萩・石見空港という空港を知っていますか?
島根県の益田市というところにあり、最寄の空港です。
大阪便・東京便ともに1往復ずつあるのですが、
大阪便の存続が問題となっています。
当初A320(177人乗り)だった機種も、B737-500(126人乗り)となり、
今はQ400(74人乗り)というプロペラ機です。
それでも搭乗率が半分いかないというありさま。
反対に、東京便は当初のA320からB737-500になった過去がありましたが、
今は再びA320に戻っています。搭乗率いいんでしょうねー。
この23日に「萩・石見空港まつり」が催されます。
僕はもちろん空港へ足を運ぶつもりです。

まさか……。

昨日の話の続きみたいな感じで読んでください。

なんと。
僕が夏休みに書いて提出した感想文がコンクールに出されることになりました。
先生いわく、「おもしろいから出そう」とのこと。
まぁ、ユニークさを表に出した戦力は僕の専売特許なので、
それが受けたことは嬉しいですね。
ただ……。本当に出していいのかな?
以前も書きましたが、僕が選んだ本は、宝塚線の事故の遺族の手記ですよ!?
いいのかなーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

クラスで、コンクールに選ばれた人はもう一人いるのですが、
その人と担当の先生との(感想文の推敲の)打ち合わせを聞いていると、
「障がい者」という言葉が聞こえてきました。
本来あるべき感想文ですよ……。普通、そういう本で書きますよね……。
ちなみにその人は、トップを争う頭脳の持ち主です。
そういう人と、文章力ででも肩を並べられるということには感謝しないと。

意外な発見

今日の現代文の時間。全員が黙々と課題に取り組んでいたとき、
先生が僕の隣に来て言われました。

先:「●●君、JR好きなん?」
僕:「エッ!!そうですけど。」
先:「私(僕だったかも)もJRが好きなんよー。
   特急サンダーバードがええねー。」
以下、しばらく小声で語り合ったのでした。
ちなみに、先生が声を掛けてこられたのは、
僕が読書感想文を鉄道関連の本で書いたからだと思います。

これまで、話題を共有できる先生といえば、
 1)中学校で理科を3年間習った先生(車の話ができた)
 2)小学校5年のときの担任の先生(鉄道の話ができた)
の2人がおられますが、その歴史に新たな名が加わったことになります。

禁断症状(!?)

最近、常に新幹線に乗りたくあります。(変な文ですが……。)
頭の中では、いつも
「♪ミーミファソード、ラーソファソー
  ファーミレミード、ラドシレドー」(昔のひかりチャイム)
とか、
「♪ミラードミー、ミソーシミー
  ミファミソソーファミレミレー」(今の西車両チャイム)
などと響いています。      ・・
新幹線には、在来線では味わえない何かがあるんですよ。
その何かが何なのかは、鉄ちゃんの永遠の課題といっても過言ではないでしょう。

音楽室

僕が思うに、音楽室の設備というのは学校によってかなりまちまちだと思います。

小学校の音楽室には、机がなく、全員が床に直接座っていました。
机が必要なときには、パイプいすで代用していたっけ……。
ちなみに、床は木です。フローリングではなく、生(?)の木です。
校内に文化財が多数存在している、歴史的な小学校でした。

中学校の音楽室は近年新築されたばかりで、冷暖房完備でした。
教室にあるのと同じいすが置かれており、やはり時には机に早代わり。
(ひと頃、机があった頃もあったけど……。)

そして、今の高校の音楽室。机はオルガンなので便利ですが、いすがちょいと……。
座面が高く、背もたれは低い。おまけに、机(オルガン)との高さが変。
かなりおかしな姿勢で授業を受けることになります。
おまけに、音楽は2時間続きなので……。
下手をすると、エコノミークラス症候群もどきになります。
今日音楽の授業をうけての感想(?)でした。

いろいろあった1日(昨日)

昨日は長い1日でした。また、いろいろあった1日でもありました。

その1)出身中学校の体育祭に行く
旧友・恩師・後輩などなどいろいろな人と話ができました。
また、去年まで自分達がやっていた組立体操を初めて客の立場で見ました。
あんなことをやっていたんだなー。

その2)市内各所で用事を済ませる
途中で市役所の横を通った際、ふと見ると……。
「まぁーるバス(市内循環バス)が何かつけている!!」
見ると、国勢調査の案内でした。
偶然カメラを持っていたので、撮影。僕はバスマニアでもあるのです。
20050917121242.jpg


その3)ふらりと東萩駅に立ち寄る
列車が来る来ないに関わらず、ふらりと駅に立ち寄る。これぞ鉄ちゃん!!
というわけで、「ふらりと」行ってみると……。
「おっ!バスの新車か!!」
山口行きのJRバスに新車が入ったということはなんとなく知っていたのですが、
まじまじと見るのは初めてでした。
なんといっても驚いたのが、側面の電光表示。地元じゃこれが珍しいんだ。
ちなみに、ISUZUの「GALA(ガーラ)」という車です。
JRbus.jpg


その4)「ふれあいパル」撮影
駅でホームを見ると、なんと「ふれあいパル」が停まっている!!
駅員さんに出発時刻を聞き、海沿いの(自分の中では)有名なポイントで撮影。
DSC04210.jpg

天気ヨシ!

今朝6時およびたった今、のろしが上がりました。
ちゃんと体育祭はあるようです。よかったー。
去年まで自分達がやっていた組立てを、
第三者の立場で客観的に見るのが楽しみです。

天気が……。

以前書いた、卒業中学校の体育祭のことですが、
明日の天気が雨だそうで……。延期かなー。
延期だとすれば平日になるはずなので、見にいけません。
残念……。とても楽しみにしているのですが……。

仕事

最近、放課後は図書室に缶詰で仕事をしています。
あまり書くとお里が知れますが、うちの高校の図書室は現在移転作業中です。
天井まである高い本棚にはしごで登り、1冊ずつ確かめながら抜き取って箱詰め。
普通の人が聞くと「うえっ」となるかもしれませんが、僕にとってはとても楽しいのです。

そういえば、この2月~3月に経験した「卒業文集の編集委員」も、
大変やりがいのある、いい仕事でした。
楽しむ気がありゃ、つらいことなんてないんだ――。(byよしピー)

母校の体育祭

僕の出身中学校の体育祭が今週末催されます。
友人(中学時代の)にメールを送り、一緒に見に行くことになりました。
当時の同級生や先生に多く会えるといいですなー。楽しみです。

副管理人@よしピーの 駅名とは何だ!!

某番組で、「○○(人名)の 人間とは何だ!!」などという企画をやっておりましたが、
それとは全く関係ありません。

さて、今日は駅名について考えてみましょう。
対象は、山口県の新幹線の駅(5つ)です。
西から順に「新下関」「厚狭」「新山口」「徳山」「新岩国」の5つがありますが、
この5つには「本名」よりも独自の「通称」の方が定着している例がみられます。

事例1)新下関駅の例
 本名は「新下関」ですが、県民の多くは「新下(しんしも)」と言います。
 僕もその1人です。

事例2)新山口駅の例
 本名は「新山口」ですが、県民の多くは「小郡(おごおり)」または「新山(しんやま)と言います。
 僕は「小郡」派の1人です。
 ちなみに、「小郡」というのは、ご存知2003年9月末までの駅名。
 また、「新山」は
  ・先月ある路線で乗り合わせた高校生
  ・クラスメイトの1人
  ・大阪・京橋駅のみどりの窓口の駅員
 が使っていたので、まだ若い通称名ですがカウントしました。
 「小郡」を使うのは、小郡駅世代の中高年の方たちが主でしょうから、
 今後数十年をかけて、通称名は「新山」となっていくのでしょう。

空港名を考える

僕が、先日学校での草取りの時間にかなり深く考えていたこと。
それが、「空港名を考える」です。

この調査の結果によれば、全国の空港(ただし、離島の空港を除く)は、
 半分以上が「都道府県名」または「都道府県庁所在地名」をつけられている…①
ということがわかりました。
また、それ以外の空港は、
 「広く浸透している市名」をつけられている…②
ことが多いようです。
この、①・②に該当しないものは、単なる地名では知名度が低いため、
 知名に「旧国名」や「名物など」が付け加えられている…③
のです。

それぞれの例をあげてみましょう。
 ①…福岡空港(福岡県) 広島空港(広島県) 札幌空港(北海道)
   長崎空港(長崎県) 岡山空港(岡山県) 仙台空港(宮城県) など
 ②…北九州空港(福岡県) 米子空港(鳥取県) 小松空港(石川県)
   出雲空港(島根県) 能登空港(石川県) など
 ③…萩・石見空港(島根県) 山口宇部空港(山口県)
   南紀白浜空港(和歌山県) コウノトリ但馬空港(兵庫県) など

台風

台風がやってきます。
地元に最接近するのは、明日の夕方とのこと。
ということは、明日は小中高とも休みになるのかな?
明日はもともと体育祭の振り替えで休みなもので……。何か損したような……。

体育祭

体育祭を終えました。疲れた~~。
簡単にふり返ってみましょう。

1)障害物競走
障害の内容は、「はしごの中をくぐる」→「網をもぐる」→「跳び箱をとぶ」→
「前転をする」→「はちまきで両足首をくくり、両足とびでゴール」なのです。
ちなみに、8人中4位でした。僕にしてみればまぁまぁいいでしょう。
そういえば、途中「○○(僕の名字)君がんばれー」という声を聞いたのですが、
声の主はだれだったんだろうか……。

2)応援合戦
これまでに書いたとおり、「体育祭の練習」=「応援合戦の練習」です。
つまり、応援合戦しか練習していない(他の競技については、前日並び方を習った程度)だからか、
どの色もかなり手のかかったものでした。

3)騎馬戦
感想を簡潔に述べれば「怖い」。
中学校までのものとはけた違いに違います。
もちろん僕は上には上がっていませんが、もし上がっていたら命はなかったかも。

4)終了後
午後から下り坂だった天気が悪化し、雨の中の片付け。
テントをしまっておかないと、明日明後日の休み中に飛んでしまいますので……。

5)終了後-その2
中学校の体育祭では、
―閉会式の後に各色団長が泣きながらコメントを述べ、それを聞いた団員がともに涙する―
というのが流れでした。
ところが高校ではそれはなく、HR後に各色別に集められ、
負けた組の団長でも笑いながらコメントを述べているのでした。
・まとめ・
 中学校の体育祭 → 目的は「勝利」
 高校の体育祭  → 目的は「楽しむ」
といったところかな?

体育祭

体育祭がついに明日になりました。
で、これまでこつこつと練習をつんできたかといえば、そうでもない。
進学校だからか、体育祭の練習にはあまり時間が割かれておらず、
毎日午後に2~3時間程度行うのみです。
また、それはすべて応援練習。
つまり、騎馬戦などの団体競技や徒競走などの個人競技の並び方、練習などは
全くやっていないということ。
すごいもんです。なにもかも行き当たりバッタリなのです。

放課後の話

今日の放課後は、いつになく多忙でした。
15:40 体育祭練習終了   ※定刻25分オーバー

15:55
  ↓   H.R       ※定刻10分オーバー
16:00

16:05
  ↓   委員会の仕事    ※臨時
16:20

16:25
  ↓   体育祭練習     ※色別の応援練習
17:05

17:10
  ↓   委員会の仕事    ※先ほどの「臨時」の続き
17:30

17:35 教室に戻る
  ↓   更衣、帰り支度など

校内放送「ただ今より、校舎を施錠して回ります。
      校舎内に残っている者は、直ちに下校しなさい。」


  ↓
17:45 大急ぎで更衣、支度をすませる

その後は、廊下を限界いっぱいで走り、どうにか学校に閉じ込められずに済んだのでした。
皆さん、余裕のない状態での行動は予期せぬ事故を招くもとです。
余裕を持って行動したいものです。
(上のダイジェストの中には「○○分オーバー」「臨時」「限界いっぱい」などなど
 余裕のなさがありありと示されていますね。)

9月です!!

9月になりました。今月は抜けなく毎日更新できるよう努めます。

さて、今日学校でちょいと興味深いプリントが配られました。
教室へのクーラーの設置の是非を問う内容なのですが、その中より一部を紹介します。
「本来学校設備の充実は県予算で図られるものだが、県立学校においては
 校舎耐震化が優先されており、県費による設置は難しい。」

へぇ~~。そうなんですね。耐震化か~~。
「県内の普通高校においても、既に●●高校、○○高校……には設置されている。
 ■■高校、□□高校……は来年度より使用の予定。」

この、伏せ字をした高校は、すべて進学校です。
それも、県内で最もレベルの高いあの高校、数ヶ月前新聞紙面を騒がせたあの高校、
中学時代の同級生の一人が通っているあの高校など、トップクラスのところばかり。
教室の環境と学力には、何か深い関係があるような気がします。(笑)
 
プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。