スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでも特集 12-2 広島電鉄のインターンシップに行ってきました(2)

2日目です。

ホテルに泊まっているので、前日のような5時15分起きの必要はありません。7時15分までゆっくり寝た後、朝食会場へ。

変換 ~ DSC06981

ここの朝食、1,000円します。僕は楽天トラベルから朝食付きの4,900円を予約したのであまり「高い」という印象は持たないんですが、普通に申し込むなら1,000円もするので、かなり豪華なのだと思われます。

変換 ~ DSC06980

電車通りを眺めながら優雅に食べました。メニューの写真はここには載せませんが、もちろん和食も洋食もあって、もちろん両方食べました。(笑)

で、8時20分ごろチェックアウトして、稲荷町の電停から電車へ。途中、同僚(笑)が乗ってきました。余裕を持って出たつもりだったんですが、路面電車は地下鉄のように速くはないということを考慮していなくて、広電本社前にはけっこうギリギリに着きました。ギリギリはギリギリでも2人なのが大変幸いでした……。(笑)

ところで、ここの朝はラジオ体操から始まるようです。昨日はラジオ体操が流れても何となくみんな会ったばかりで緊張していて体を動かそうとする人はいませんでしたが、今日はすでに打ち解けているので仲良くラジオ体操をやっていました。(笑)

午前中は待ちに待った電車カンパニーの研修です。まず、電車の事業について20分程度の説明を受けた後、実際に本社内のあちこちを案内していただきました。定期券の販売窓口とか、運転士さんのロッカーとか、車庫とか!!、養成所とか……。

車庫では、車両の清掃とか、台車の点検とか、取り外された車輪など、インターンシップとかイベントでないと見られないような光景を色々と見ることができました。案内の冒頭、「マニアの方っていらっしゃいますか?」と聞かれた時に手を挙げたのが僕1人だったんですが、(笑)確実に8人の中で一番楽しんでいたことと思います……。このために生きてきたと言っても過言ではないくらい幸せでした!!

その後、LRT化の様子を実際に見るため、バリアフリー化の完成した電停とそうでない電停を比較しに出かけました。

変換 ~ DSC07003

このときは腕章が渡され、これ(この腕)を車掌さんに見せることで電車にタダで乗れました。幸せすぎるっ……!!(笑)

変換 ~ DSC07004

従来の電停(中電前)と、

変換 ~ DSC07005

バリアフリー化の完成した電停(市役所前)です。違いは、インターン生全員が1つずつ挙げられるくらいありました。

こういった研修を終えて、本社に戻って質疑応答の時間。ここで僕の本性がむき出しになります。(笑)かねてから思っていたことや、はじめの座学で生じた疑問をぶつけてみました。

「3つほど伺いたいんですが。」

「まず、グリーンムーバーを国内ではなく海外から輸入したのはどうしてですか?」
「海外であることには何の理由があるんでしょうか?国内じゃダメなんでしょうか?」という聞き方もありうる)(笑)

グリーンムーバーというのは、広電で最初の低床式連接車(5両)です。1999年の3月にドイツから飛行機でやってきました。これについては、当時の日本には低床式連接車を生産する技術がなかったため、海外から、具体的にはLRT化の進んでいるドイツから輸入した、とのことでした。

「次に、パセオカード(バスカード)の廃止が迫っていますが、それとあわせて、1日乗車券や乗り換えカードを現在の磁気カードに代わる方式に改める予定はありますか?(パセオカードを廃止しても電車にカードリーダを残すのでは、維持費の無駄だと思うんですが。←言えばよかった!!)」

これについては、1日乗車券は磁気カードに代わる方式として他の事業者が採用しているものが参考になる(スクラッチ式、スタンパーなど)が、乗り換えカードともども特に切り替えの予定はないとのことでした。

さらに、最も気になっていたのが、

「最後に伺います。私は昨年広島で開催された『LRT都市サミット』に参加しましたが(こちら、その際、路面電車を考える市民団体の方が『マツダスタジアムに電車を延伸すべき』といった主旨の主張をしていました。これについて、会社としては、どのようにお考えになりますか?」

最初に配られた資料の計画線のところにマツダスタジアムのマの字もないので、会社としては検討していないということだろうと思っていましたが、やはり検討に上るようなものではないみたいです。それでいいんです。マツダスタジアムに電車なんていりません。あんな空気読まずのじいさんの言いなりになってもらっちゃ困ります。(笑)

ともかく、色々と質問できて参考になりました。個人的には、相手の目を見つめて「会社としてはどのようにお考えになるか?」と質問することに一種の快感を覚えました。(笑)

昼食は昨日と同じ3人で食堂に行きました。そして、昨日と同じ社員さんに出会い、3人でヒソヒソと話をして「今日もおじゃまするのは悪いから、あの人とは別に食べよう!!」と決めたんですが、チラッとその方のところを見たらすでに3人分のお茶をくんでくれていたので、それならばとおじゃましました。

午後からはバスカンパニーの研修でした。ダイヤグラム編成の体験ということで、実際に過去に使われていた路線の時刻表をもとに、ダイヤグラムを作成しました!!これがまた楽しくて、4時間があっという間でした。

具体的には、A地点からB地点までを30分ごとに往復しているある路線のダイヤグラム編成で、3台のバスと3人の乗務員のローテーションで回します。実際には(同じ人がずっと担当するなら)2台のバスと2人の乗務員のローテーションで済むんですが、「4時間以上続けて乗務をしてはならない」「乗務時間をリセットするには、連続30分以上の休憩が必要」という条件があるため、ローテーションがごちゃごちゃになります。そして、かなり非効率なダイヤグラムでよければすぐにできるわけですが、「できるだけ3人の乗務員の総拘束時間が短い」方がダイヤグラムとしては効率がいいわけで、そのあたりも考慮するとかなり複雑になります。

僕が苦心して完成させたダイヤグラムは、Aさんが7時21分から16時33分までの9時間12分、Bさんが8時06分から19時35分までの11時間29分、Cさんが8時13分から20時05分までの11時間52分、3人合わせた総拘束時間が32時間33分になるというものでした。自分でもけっこう効率のいいのができていた自信はあったんですが、実際に使用されたダイヤグラムだと、3人の総拘束時間は32時間03分とのこと。理想的なものにあと30分届きませんでした……!!中には32時間03分で完成させていた人もいて、正直、悔しい思いをしました。(笑)

ということで、2日間のインターンシップが終了しました!!2日間お世話になった若い社員さんが最後に言われた「来てくれたのが皆さんでよかった」という言葉には、思わずグッとくるものがありました。あと、別の社員さんは「人と違うことを言えば勝ち」「企業は、周りと違う人を求めている(周りと同じような人は採らない)」「2日間で得たものを参考に、今後、周りとの違いを見せつけてほしい」と言っておられました!!「あなたとは違うんです」という言葉こそ出てこないものの、言わんとされているのはそこです。これにどれだけ励まされたことか!!(笑)

解散した後、昨日と同じように同じ方面に行く人は同じ電車に乗りました。で、時間に余裕のある3人でお好み村にお好み焼きを食べに行きました!!あとの2人は僕とはちょっと雰囲気を異にするタイプの人で、僕は楽しかったんですが、逆に僕がいて迷惑じゃなかったかなと後から少し不安になりましたが……。お約束の(?)恋バナに転んでも、「私には彼女はいませんし、過去に誰かと付き合ったこともありません。あなたたちとは違うんです」としか言いようがなくて(そんな言い方はしていませんが)きっとつまらなかったと思います。(笑)

(でも、そういう話題が豊富なことが大学生男子の必須条件であるなら、僕は大学生であることをやめてもいいです。僕は僕なりに毎日を楽しんでいますし、そりゃ、心配せんでも死ぬまでにはきっと1度くらい誰かと付き合うこともあるでしょうから……。

で、終発(20時30分)のグリーンフェニックスで東広島に帰ってきました。「来てくれたのが皆さんでよかった」じゃないですが、僕も、「唯一行ったインターンシップが広電でよかった」という感じです。この2日間を通じて広電の取り組みを幅広く経験し、「この会社に行きたい」と感じることができました。「行きたい大学・学部」として「広島大学総合科学部」を見つけた高校3年生の5月のあの日のように、今、「行きたい企業」として挙げられる企業を見つけることができ、とても嬉しいです。
スポンサーサイト

なんでも特集 12-1 広島電鉄のインターンシップに行ってきました(1)

久々の「なんでも特集」です。

この夏休み、ぜひ鉄道会社でインターンシップをしたい!!と思い、JR東海・名鉄・阪急・阪神・広電の5つへのエントリーを検討しました。結局、日程の重複や他の行事との兼ね合いでエントリーしたのは阪急と広電の2つで、それを突破できたのが広電だけ。貴重な経験になります。

●2日

広電の本社(広島市)に9時に集合なんですが、そのためには、広大中央口発6時30分のグリーンフェニックスに乗らなくてはなりません。広島バスセンターまでが約1時間、そこから広電本社までが約20分なんですが、6時30分発の次が7時30分発で、かなりギリギリになるんです……。ということで、朝は5時15分から起きました。

変換 ~ DSC06931

こんな早いグリーンフェニックスに乗るのは初めてです。広島まではほとんど寝ていました。朝が早かったので実によく眠れました……。(笑)ただ、途中で放送がかかった時には目を覚ましたんですが、

「この先、交通事情により遅れが発生します。ご了承ください」

という案内がありました。「により発生する」は「によっては発生することがある」という意味に解釈したんですが、その直後にバスが動かなくなったので、運転士さんにはこの時間帯に道路が混雑することはよくわかっていて、この時も先の渋滞が目視できたのだと思います。(僕はとにかく寝たかったので後ろの方に座っていた)

福田首相の辞任の会見の中で、「私のこの先を見通す、この目の中には」というフレーズがあります。ここも実は好きなんですが、まさに、運転士さんの先を見通す目の中には渋滞が見えていたんでしょう。(笑)

ともかく、道路の混雑によって広島バスセンターには20分遅れで着きました。やっぱり余裕を持って東広島を出ておいて正解でした。

とはいえ、まだ7時50分。余裕を持ちすぎています。

変換 ~ DSC06932

変換 ~ DSC06933

隣の旧広島市民球場に行ってみました。すでに施設は閉鎖され、年内には取り壊されるそうです。

紙屋町西から路面電車に乗って、日赤病院前へ。

変換 ~ DSC06935

かつて広島大学の本部があった、東千田公園です。何かあるとここに来たくなります。愛する広島大学のルーツがここなんですから……。

変換 ~ DSC06936

変換 ~ DSC06937

変換 ~ DSC06938

過去にガイドの人と来ていますが、この3枚は、ガイドの人にはわかる思い出があります。(笑)

ここから電停ひとつ分歩いて、広電本社へ!!

変換 ~ DSC06939

3階の会議室が集合場所になっていました。今回集まったのは8名(男5・女3)で、全員3年生でした(大学院1年生の参加もあり得ましたが)。あと、出身か在籍が広島の人ばかりだろうなぁと思ったんですが、意外や意外、東京出身で東京の大学に在籍している人と、山口出身で大阪の大学に在籍している人も参加していました。それ以外はすべて出身か在籍のどちらかは広島でした。

9時になったら担当の方が2人来られました。そのうち1人は今年度入社されたばかりだそうです!!この方をはじめとした社員さんからは、「若いうちから責任ある仕事を任してもらえる」という趣旨の発言がありました。

まずは全員で自己紹介をしましたが、件の「山口出身で大阪の大学に在籍している人」は高校が僕のいとこと一緒で、いとこのことを知っていました。さらに、その大学にはつい最近行ったばかりで、その点でも話が弾みました。(笑)

あと、8人の自己紹介の中で、「鉄道ファン」と名乗ったのは僕1人でした!!みんな、動機は「広島が好きだから」とか「広電のバスを利用していたから」といったもので、全員とは言わずとも数名は鉄道ファンがいるだろうと思っていたので、これも意外なことではありました。

それと、同じ学部の人が1人いたのにもビックリしました。入学前の新歓のイベントで同じ班になってはいたもののそれ以来何の関わりもなく、ここでまさかの再会です。

10時から、会社の概要説明がありました。まず、白い紙を1枚渡されて、真ん中に「広島電鉄」と書き、そこから知っていることの葉を付けてみてほしい、とのことだったんですが、僕の紙は

広島電鉄
 →越智社長
 →電車
  →グリーンムーバーmax
  →グリーンムーバー
   →ドイツ
  →被爆電車
  →PASPY
   →くまぴー
  →パセオカード
  →LRT化
   →PASPY(上と同じ葉)
    →くまぴー(上と同じ葉)
 →バス
  →グランドアロー
  →クレアライン
  →PASPY(上と同じ葉)
   →くまぴー(上と同じ葉)
  →パセオカード(上と同じ葉)
 →不動産
  →紙屋町開発

という感じでした。

で、ここに書いたように、広電には「電車」「バス」「不動産」のカンパニーがあり、それ以外にも人事や経理などのグループがあります。もし僕が就職するなら、「PASPY事業グループ」か、「電車輸送企画グループ」の「企画チーム」かがいいなぁと思います。ちなみに、PASPY事業グループに関してですが、広島市にはかなり多くのバスが走っています。例えば、広島市内を普通に歩いていると「広電バス」「広島バス」「広島交通」「中国JRバス」のバスをよく目にしますし、それ以外の会社も含めて、PASPYは広島県だけのカードなのに10もの事業者が加入しています。その会社間での連携はけっこう難しいそうです。

そのあとに、広電の電車やバスの乗車人員の推移のグラフを示されて、そこからわかること(要は、減少していること)と、増加に転じるためにはどのような取り組みが必要なのかということを1人ずつ発表しました。グラフを見ると平成21年度にはかなり大きく落ち込んでいますが、これは新型インフルエンザや不況の影響で広電に関わらずどの会社にもみられた現象なので、個人的にはそこまで深刻にとらえなくてもいいんじゃないかなぁとまず思ったんですが、それは置いておいて、(笑)宮島へ行く観光客をJRに取られないためのアイデア」(?)を提案しました。広島駅に着いた観光客が宮島へ行くには、JRか広電で宮島口に行き、フェリーで渡ることになります。宮島口までは、JRだと約30分、広電だと約70分です。大きな差がありますが、それを逆手にとって、川の多い広島市の町並み、JRだと走らない都心部の様子、美しい瀬戸内海(広電はJRより海寄りを走る)を楽しみながら、あえて時間をかけてゆっくり行ってみませんか?ということをPRしてはどうか、というのがアイデアの骨子です。他にも、「車内に自転車を持ち込めるようにする」とか「ポケモン電車を走らせる」などのアイデアがありました。

ちなみに、発表はしませんでしたが、もうひとつ考え付いたのが、JR西日本の指定席往復割引きっぷに倣い、「高速バスを2人以上で予約すれば運賃を大幅に割り引く」というアイデアです。ただ、これはJR西日本の完全なコピーだし、「運賃を割り引け」とは若干言いにくかったので(笑)やめておきました。

12時から1時間ほど休憩がありました。特に食事が提供されるわけではなく、食堂に食べに行くか、隣のスーパーに買いに行くかをするように指示がありましたが、僕は3人で連れだって食堂に行きました!!で、居合わせた社員さんのテーブルに寄せていただき、話を聞きながら食べました。こういうつながりも持てるのでやっぱり食堂に食べに行くべきです。隣のマダムジョイに買い物に行った人とは違うんです。(笑)

午後からは不動産カンパニーの研修で、まずは不動産事業の概要を聞き、その後、実際に進行中のプロジェクトの現場を視察に行きました。初めに、車3台に分乗して宇品(うじな)の住宅地へ。周りにはすでに住宅がたくさんあることもあり、普通なら8時から17時までである作業時間を、小学生の登校の時間と重ならないように9時からにしているそうです。

本社に戻り、ここからは電車で紙屋町の再開発ビルへ。このとき、

変換 ~ DSC06951

往復分の乗車票を渡されました!!初めて見ました!!正直、この乗車票は記念に取っておいて、手持ちのPASPYで運賃を支払いたかったです……。(笑)

あと、この車内は割と空いていたのでみんなで座っていたんですが、途中で小学生の子供たちが乗ってきて、1人だけ座れませんでした。ということで(一番彼らに近かった)僕が席を譲ったんですが、それをみんなが見て「優しい~~」と褒められました。(笑)外観では分かりませんが僕は広電の関係者として乗っているので、他の人を立たせてまで座るのには抵抗があります……。

紙屋町の再開発ビルは、そごうの斜め向かいに建設中です。僕が広島に来た頃にはまだ古いビルが建っていましたが、現在は何もありません。そこに新たに建つビルは以前の倍の高さになるそうで、地下街ともつながります。実際に、地上から、地下の工事の様子を見降ろすことができました。

この後建設会社にも行ってプレゼンテーションルームなる部屋で話を聞きました。このとき、眠さがピークにきていました。(笑)

不動産の研修が終わったら、本社に戻り、感想を記入して解散になりました。まだ特に「一緒に食事に行こう!!」みたいな流れにはならなかったんですが、同じ方面に帰る人は行動を共にしていて、4人で路面電車に乗りました。今度は自分で運賃を払います。(笑)で、このときに「山口出身で大阪の大学に在籍している人」と話をしたんですが、ICOCAで路面電車に乗れるので、「ICOCA持っちょる?」と聞いてみたら「持ってない」とのこと。「あ、じゃぁPiTaPaなん?」と聞いても「違う」、「じゃぁスルッとKANSAI?」と聞いても違うとのことでした。ICカードは持たない主義なんだそうです。僕と同じじゃないですか!!(笑)友達と電車に乗る時も、みんなICOCAやPiTaPaを持っている中自分ひとりだけ券売機で切符を買っているそうです。さては、誰かさんみたいに、使った切符を記念に残すためにICカードをあえて持たないんでしょうか!?この人、自己紹介で「鉄ちゃんとかではないが電車に乗るのは好き」だと言っていましたが、仮にそういう思いがあってICOCAを持たないなら、相当な鉄子さんだということになります。(笑)

よくよく話を聞いてみたら、ICOCAを購入するためには面倒な手続きが必要だと誤認していたみたいで(確かにPiTaPaは必要ですが)、そうまでしなくても……と思いICカードを持たなかったそうです。それに、日常的に乗る路線は回数券を愛用していて、あえてICOCAを持つほどでもないという口ぶりでしたが、僕の説得に多少心が揺らいだようでした。(笑)

さて、わざわざ東広島に帰るのは面倒なので、広島市内にホテルを予約しています。電車の車内放送にもある「広島インテリジェントホテルアネックス」です。

変換 ~ DSC06956

このホテル、電停のすぐそばにあり、

変換 ~ DSC06958

変換 ~ DSC06962

変換 ~ DSC06977

窓からは電車が見えました。

久しぶりに真面目なことをして1日を過ごしたからか(笑)けっこう疲れていて、本当はすごく眠かったんですが、21時からの「秘密のケンミンショー」は絶対に見ているので眠い中無理やり見て、22時には寝ました。こんなに早く寝たのは久しぶりでした……。

なんでも特集 11 集中講義!1日詰め込み2009年

例年、6日に分けてその年を振り返る「6日完成200x年」という記事を年末にあげていました。ただ、今年はそれをする余裕がなかったため、趣向を変えて「集中講義!1日詰め込み2009年」と題して、1日で今年をかなり浅めに振り返ってみます。

●1月
・メールの通じる携帯を持って初めての正月、メールがものすごく来て驚く。
・友達とカラオケに行ったら、団体用の広い部屋に案内される。
・交通科学博物館の0系企画展「『夢の超特急』の時代」を青春18きっぷで見に行く。
・昨年の年末に見た「恋空」のロケ地を青春18きっぷで巡る。
・オリキャンで同じ班だった友達が3人うちに来て、鍋をする。
・ドイツ語の成績が足りなかったばっかりに、2年次からの「ドイツ語プロフェッショナル養成特定プログラム」を受講できないことが発覚し、「勉強すればするほど、自分の未来はとてもたくさんの方向に開けていく」「勉強しなかったら、自分の未来の選択肢を自分で狭めることになる」と悟る。(それが今でも活かされているだろうか!?)(笑)
・携帯の着信音を、音声着信は「あぁ日本のどこかに」、メール着信は「遥かな島並み 錆色の凪の海」(それぞれ、YouTubeにアップされている新幹線のメロディーを録音したもの)に変える。(今もそれです)
・「積分学」の期末試験の結果が振るわず、先生のご厚意により追試を受けさせてもらう。

●2月
・ドイツ語の音読のテストがあって、先生にできをほめられる。
・ガイドの先輩(アイスココアの先輩)からバレンタインにチョコレートをいただく。これにより、4連敗は回避される。(が、この先輩が卒業されてしまったため、来年はどうだろうか?)
・萩にいて、暇だったので「ひとカラ」に行く。
・ガイドを卒業される先輩へのプレゼントを、2年生(当時)の先輩とうちで作る。その際、ヴァイオリンを持ってきてくれたので、僕のキーボードとアンサンブルを楽しむ。
・線形代数学の単位を落とす。

●3月
・雪が7cmくらい積もる。
・急行「つやま」に乗りに行く。
・東広島駅で、500系が500系を追い越すシーンを撮影する。
・3月9日の朝、「はやぶさ」の車内で、レミオロメンの「3月9日」を聴く。
・授業の延長として行われた研修旅行で、島根原発や石見銀山を見学する。
・ガイドの先輩が4名卒業される。
・KRYのラジオ番組「KOIKAN R」の最終回を聴く。メールを送り、読まれる。
・りんくうプレミアムアウトレットに行き、ウィラーエクスプレスの夜行車両に初めて乗る。

●4月
・1年ぶりに「先輩」と呼ばれる立場になり、嬉しさと恥ずかしさを感じる。
・いきものがかりの「花は桜 君は美し」を歌いながら自転車をこいでいたら、ガードレールに張り付きそうになる。
・うちで「合班」が行われる。26人が部屋に集う。(笑)
・リバーウォーク北九州で開かれた川嶋あいさんのミニライブに行き、握手会にも参加する。
・20歳になる。
・企画サイドとしてオリキャンに参加する。
・先輩の紹介により、食堂でバイトを始めることを決意する。
・AO入試を受けるつもりだという高校生がキャンパスガイドに参加する。
・食堂のバイトに誘ってくれた先輩と食堂に行き、店長さんに挨拶をする。店長さんが戻ってこられるまで先輩としゃべっている中で、ドイツに留学することが決定したと打ち明けられてさびしく思う。

●5月
・「1000円乗り放題」効果で高速道が大渋滞し、1時間50分遅れの5時間45分かけて広島から萩までバスで帰省する。
・KRYの大河原あゆみさんが「熱血テレビ」でテレビに初登場。もちろん録画する。
・新しいデジカメを買う。
・祖父の法事に出席する。
・GWの帰省中、高校の友達と角島にドライブに行く。
・プログラムの新歓が行われる。
・YouTubeで「渡良瀬橋」という曲を知り、足利市に行ってみたいと感じる。
・学会に参加し、若干2年生にして15分の発表をする。
・キムチとごはんを炒めて食べる。おいしかったが、あえて炒めなくてもよかったのではないかと考える。
・YouTubeで「ハイケンスのセレナーデ」の原曲を聴き、小学校の時に給食の準備で流れていた曲だと知る。

●6月
・山口県光市で川嶋あいさんの全国ライブがあり、聴きに行く。KRYのアナウンサーも数名来ておられ、大河原あゆみさんと話をする!!
・ライブの帰りに500系のぞみのグリーン車に乗る。
・「飛翔」のメンバーで「MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島」に取材に行く。
・キャンパスガイドがテレビ局に取材され、広島県内で放送される。
・バイトの同級生が、高3の時に山口市で開かれた大学説明会に行っていたことが発覚する。僕もその場にいた。
・2本のペンを同時に持ち、必要に応じて両者を使い分ける技術を習得する。

●7月
・展開研究(ミニ卒論)のポスター発表会が行われる。
・読売新聞(全国版)に僕のことが掲載される。
・大学説明会松江会場に参加する。
・ガイド後、その回のペアだった先輩と学内のカフェにかき氷を食べに行く。この日以降、ブログで「かき氷の先輩」という呼び方を用いるようになる。(笑)
・理系の授業で「黒い線」と言われて「プロイセン」と聞き間違える。
・大学のトラベルセンターに普通乗車券(のみ)を買いに行ったら、「ムーンライトか何かかと思った」と言われる。
・「飛翔」でよく関わっている後輩の学生番号が僕と1ケタ違いだったことに気づく。
・大学説明会の山口会場に参加する。
・バイトの時、「ありがとうございました」と言うべきところで「ごちそうさまでした」と言ってしまう。
・大学説明会の神戸会場に参加する。
・入学センター学生スタッフとして学長室を訪問し、学長と話をする。

●8月
・学部の35周年記念同窓会大会に「飛翔」のメンバーとして取材に行く。
・オープンキャンパスで一緒に司会をする他学部の2年生と、カフェでかき氷を食べながら打ち合わせをする。
・オープンキャンパスのガイドの活動の準備中、かき氷の先輩と、大学周辺のバス停の写真を撮りに行く。終わったらちゃっかり食堂に寄ってお茶を飲んでから準備に戻る。(笑)
・オープンキャンパスで、入学センター学生スタッフとして「学長との懇談」の司会、キャンパスガイドとして「バーチャルガイド」の司会をする。
・かき氷の先輩が留学される。
・カラオケで「碧いうさぎ」を歌う。
・入院中の父方の祖父の容体が悪化したため、予定していた10日間の北海道旅行をあきらめる。
・高校の友達に、東広島まで車で連れて帰ってもらう。
・四国鉄道文化館に行って0系新幹線(展示車両)を見る。
・オバマ大統領効果で知名度を上げた小浜市、ひこにゃん効果で知名度を上げた彦根市を訪問する。
・佐久間レールパークに行く途中、祖父の容体が危ないと連絡を受けて萩に引き返す。
・祖父が亡くなる。
・祖父の葬式後、法事の前に家の畳が抜ける。
・衆議院議員選挙で、人生初の投票をする。小選挙区は河村建夫氏・比例代表は自民党に投票する。
・24時間テレビに合わせてKRYに行き、大河原あゆみさんと話をする。

9月
・学部のOBを訪ね、西宮を訪問する。行き帰りは後輩の女子と2人きりであった。(笑)
・タムさんの広島観光のガイドをし、その後青春18きっぷで大阪までご一緒する。解散後、あこがれのホテルグランヴィア大阪に宿泊する!!
・関西本線の大河原駅に青春18きっぷで行く。入場券を買う。その後、ガイドの先輩から勧められた姫新線に乗りに行く。
・第93代首相に鳩山由紀夫氏が選ばれる。その後、支持率が下がるたびにニンマリしています。(笑)さっさとおやめになるべきだ!!
・パワーポイントをゲットする。
・「JALリゾート ホテルシーホーク福岡」に宿泊する。
・萩で暇なので、「ひとカラ」に行く。
・バイトに行ったら学生が僕を含めて2人しかいなく、ちょっと気まずい思いをする。

●10月
・名古屋で開かれた、中国地区国立大学の合同説明会に参加する。
・KRY秋まつりに行き、大河原あゆみさんと話をする。ライブのゲストだったRYTHEMのにわかファンになる。
・昔住んでいた大阪府松原市を青春18きっぷで訪問する。
・展開研究の優秀賞(発表賞・論文賞)を取り損ねる。
・九州大学伊都キャンパスを見に行く。
・同じ日に開かれた小倉工場の「工場まつり」、博多総合車両所の「新幹線ふれあいデー」をはしごする。
・ガイドの先輩とカフェに行き、パワーポイントのスライド作りをする。
・食堂で「朝カレー」がはじまり、ハマる。
・「LRT都市サミット広島」のパネルディスカッションを聴きに行く。

●11月
・高松に「ミュージカルオペラ 龍馬」を観に行く。
・大学祭でキャンパスガイドが案内所のスタッフをする。
・大学祭の打ち上げで、ガイドのメンバーで2時まで飲む。大恋バナ大会になる。
・福岡に時刻表検定を受けに行く。
・2コマ目の授業を丸々寝過ごす。
・成人式のスーツを買いに、「こだま指定席往復きっぷ」を使って母と福岡に行く。
・「飛翔」のOG紹介の取材で、「こだま指定席往復きっぷ」も使って田主丸に行く。県外にOB/OGの取材に行くことは、僕が編集長である間に必ずやりたかったことだった。
・うちの学部のAO入試の受験生に知り合いがいるので、カフェで会って話をする。
・ガイドの先輩と3人でパスタを食べに行く。先輩が「モッツァレラ」を「モッツァラレラ」と噛んで、笑いをこらえるのに必死になる。
・クラス会の連絡に対する担任の先生の非常識な応対に腹を立て、連絡役を降りる。

●12月
・風邪をひく。
・奈良県立大学で開かれたイベントにガイドの先輩と参加し、活動報告などをする。新型Aceに乗る。
・ガイドの研修旅行で京都に行く。2日目に嵯峨野観光鉄道に乗る。新撰組のコスプレ(笑)をする。帰りにはレールスターのコンパートメントを利用する。
・BSで「恋空」を見る。
・大阪のなんばと梅田で同日に開かれた川嶋あいさんのミニライブをはしごする。「海が運ぶうた」をすごく気に入る。
・学生証が非接触式ICカードに変わり、食堂での支払いも財布をタッチすれば済むようになる。
・年賀状を出す人数を大幅に減らす。
・高校の友達と忘年会をする。やはり、大恋バナ大会になる。
・この文章を書く。

これでどうでしょうか!?
こんな感じの1年でした。(笑)

なんでも特集 10 夏休みを振り返る

ついに今日で夏休みが終わりです!!ということで、この夏休みを振り返ってみることにしましょう。なお、この「なんでも特集 10」を、年末に公開予定の「なんでも特集 11 6日完成2009年 8・9月」にかえます。なお、「6日完成2009年」ではすべての日を取り上げることはしませんが、「夏休みを振り返る」ではすべての日を取り上げたいと思います。

ただ、忙しいので今日は書きません。
それに、本来こういうのは夏休みの記録をすべて書いてから書くものだと思いますが、
未だ、8月30日・9月24日・9月25日の分が書けていないので……。
(本当は昨夜8月30日の分を書いていたのですが、
かなりいいところでおじゃんになりました……。)(笑)

なんでも特集 9 24時間テレビはKRYで……。

祖父の葬式でバタバタとしましたが、それも落ち着き、東広島に帰ります。ただ、普通に帰ることはしませんよ!!

まず、投票へ。人生初の投票が今回のだったとはすごいことだなぁと、後からしみじみ感じています。(笑)

変換 ~ DSC01366

ところで、初めてだった……のは関係ないでしょうが、小選挙区の候補者の名前を書き間違えてしまい……。

変換 ~ SBSH0061

「たけお」の「お」は「男」じゃなく「夫」でしたね……。こんな票が有効票として扱われたかどうかはわかりませんが、まぁ、どっちにしてもこの候補者は当選しているのでいいでしょう。(笑)
(これは投票用紙ではなく、あとで別の紙に再現したものです)

で、その後に母に近くの無人駅に送ってもらって青春18きっぷで長門市行に乗りましたが、この「無人駅」がキーワードです!!というのが、ずっとずっと気になっていたことがあったんですよ。

無人駅から青春18きっぷの旅行を始めて、ワンマンの列車に乗り、無人駅で下車したらどうなるのか!?

皆さん、どうなると思いますか……?僕の考えとしては、

正規の欄に運転士さんが日付を手書きし、列車番号を記入し、捺印する

のかなぁと思ったんですよ。いくらなんでも、「次に乗る列車の車掌か下車する駅でもらってください」だと、公認キセル乗車になってしまうので……。(笑)ともかく、それを確かめるべく、長門市駅で仙崎行きに乗り換えて、仙崎駅で下車することにしました。本当は長門市駅での乗換え時間に窓口で日付を入れてもらうべきでしょうが、短い乗換え時間に橋を渡って乗り換えなくてはならないので、そんな時間はないんです!!(笑)

ということで、仙崎駅で

僕「すみません、日付を入れてもらえますか?」

と言って青春18きっぷを渡してみました。すると、

「(余白を指差して)……ここに書いたらいいんですか?」
僕「……、とにかく、今日使えるようにしていただきたいんですが。」

で、結局、余白に「8.30 入挟済」と赤のボールペンで書いて丸囲いされました。これは思ってもみなかったやり方であるとともに、なんとなく心配にもなりました。というのが、例えばこのきっぷの5日目を使うとき、窓口で「スタンプが4つと、この(余白に書かれた)赤い字の1回とですでに5回使っているからこの切符は無効だ」などと言われることが、なきにしもあらずかなと……。とはいえ、単に「09.8.30 入挟済」と(しかも余白に)書いただけで、しかも列車番号や捺印もないので、きっとこれは「落書き」に過ぎないはずです。そうはいいつつも心配になったので、

僕「じゃぁ、この先の駅か車掌さんに、正規の場所に日付を入れてもらえばいいということですね?」

まったく、変な実験はするものじゃないですね。(笑)ただ、どうしてもそうせざるを得ないケース(無人駅からワンマン列車に乗って、駅員配置駅を通らずに下車するケース)は特に地方では現実に起こりうるので、そうなったときの応じ方は徹底しておくべきではないかと思いますが。

で、長門市駅に引き返して美祢線の厚狭行きに乗り換えますが、ここでは時間があったので、改札口で

僕「すみません、さっき仙崎駅で降りるときにとりあえずこう(指差して)書いてもらったんですけど、ここ(正規の場所)に日付を入れてもらえますか?」
さらに
僕「こっち(さっき書いてもらった部分)はこのままでいいですかね?」

多分「長門市」の駅名小印と「誤入挟」の印鑑を押されるかなと思ったのですが、

「あぁ……あんまり押してもめんどうないことになりますから、このままでいいですよ。」

「めんどうない」というのは、方言で「みっともない」とか「見た目が悪い」という意味です。どうも、駅員さんは、途中下車印だらけの青春18きっぷに駅名小印や誤入挟印を押すことをためらわれたのでしょう。さすが、よくわかっていらっしゃる!!(笑)

長門市駅からは美祢線の厚狭行きに、厚狭駅からは山陽線で新山口駅、さらに乗り換えて徳山駅に到着しました。ここまでで話としては十分面白かったと思うのですが、肝心なのはここからです。(笑)

というのが、今日は衆院選の投票日であるとともに、24時間テレビの放送の日でもありますね!!徳山駅は我が愛するKRY山口放送の最寄り駅であり、24時間テレビの放送の様子を見に行こうということであります。ここで、ブログの読者であり、色々とお世話になっている缶コーラさんと合流し、KRYまで連れて行っていただきました。

ところで、実は僕がKRYに行くのは初めてではありません。高3のとき、いとこの家(この近郊にある)に泊まりに行ったとき、いとこが部活に行っているすきに自転車を借りて数十分かけてKRYまで来たことがあったんですね。ただ、入り口に守衛さんがおられて(当たり前といえば当たり前のことですが)(笑)あぁ入れんのか……と思って引き返したという思い出があります。そして、その後、当時聞いていたKRYのラジオ「ラジKING」で「行ってみたい場所」のようなテーマでメッセージが募集されたことがあって、「KRYに行ってみたい」と送ってみたら番組で読まれて、別に入ってもよかったのだということがわかったという後日談つきです。さらに付け加えると、この番組で毎週1名に番組特製の携帯充電器つきラジオつきライトがプレゼントされますが、その週は僕が当選しました。(笑)結局「ラジKING」より「KOIKAN R」にメールを出すようになったので、「ラジKING」には1回しかメールを出さず、しかもそのくせ1回でプレゼントをもらってしまったという、何とも申し訳ないことに……。

さて、着いたらすぐ各地の放送局の時間になり、KRYからも中継が始まりました。

変換 ~ DSC01372

奥(左)から順に脇田美代さん中谷隆宏さんそしてそしてそして大河原あゆみさんです。(名前をクリックするとそれぞれのプロフィールにとびます)

変換 ~ DSC01370

大河原さん、レポートもばっちりされていて、山口の顔として活躍されているのが嬉しくなるとともに、ファンも着実に増えているだろうと考えると僕もウカウカしていられないなぁと(?)思いました。

などと言いつつ、僕としては生で姿を見られただけで大満足だったのですが、そこは場数を踏んでいる缶コーラさんのおかげで、ちゃんと話もでき、握手もでき、ツーショットの写真まで撮らせていただきました!!ただ、いくら大河原さんと話ができるのが3度目だとは言え(ちょっと自慢)(笑)あんなきれいな方を前にベラベラと話ができるはずもなく、こればかりは今後の要検討課題であるなぁと感じました。(笑)ただ、すごく嬉しいことに、僕の努力のかいあってか(?)僕の存在はキチンと覚えていただけたので、まずはそれだけでも感謝すべきことだなぁと思います!!

あと、入場時に募金をしたら「来年もよろしくね」ということか(笑)募金箱をもらったのですが、

変換 ~ SBSH0062

そこにサインをもらいました!!言うまでもなく、川嶋あいさんの「DEAR ○○サン(僕の下の名前)」のサインと並べて机上に飾り、我が家の家宝になっています。

ということで、明日からは不幸が続くのではないだろうかというくらいいい思いをしました。どうしてもこういう長いレポートを書くには時間と気持ちの余裕が必要で(言い訳ですが)この文章を書いているのはあれから1ヶ月以上経った10月5日ですが(ただ、授業の空き時間に大学のパソコンで書いているので、書こうと思えばいつでも書けたのかもしれませんね……)、高速道の無料化を公約に掲げる民主党が選挙に勝って政権交代が実現してしまったこと以外、不幸なことは起こっていません。(笑)ともかく、駅からKRYまでの往復や、KRYを出た後の食事などでお世話になった缶コーラさん、本当にありがとうございました!!

で、徳山駅からは再び青春18きっぷで西に進路をとり、西条駅まで戻ってきました。さらにバスで大学に戻って自転車で帰宅したのですが、時間にして20時すぎ。24時間テレビのエンディングはちゃんと見てKRYも一瞬写ったことを確認し、(笑)21時からは選挙の開票が始まります。やっぱり、自分が始めて投票した選挙、しかも確実に政権が交代するだろうという選挙なので、いつも以上に、結果がどんな具合かには興味がありました。で、地デジのテレビのある環境に身を置いて初めての選挙でしたが、地デジのテレビってすごいですよね……!!

変換 ~ DSC01382

開票速報の番組を見ていたんではなかなかいいタイミングで思う選挙区のことを伝えてくれませんが、地デジのテレビならこういう情報もすぐに検索できるんですね!!で、自民党王国の山口県は、予想通り、1区・3区・4区で自民党候補(高村さん・河村さん・安倍さん)が、2区で民主党候補が当選していました。要は、今まで通りだったということです。(笑)一方、東広島市の含まれる広島4区においては、自民党の中川秀直さんが落選していてビックリしました。

ということで、24時間テレビと選挙を存分に楽しんだ1日でした。
プロフィール

よしピー

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。